最近何だか「自分の人生上手くいってないなぁ…」なんて感じてはいませんか?

人生には「正解がなく」、また良い状況を持続させる事も非常に難しいものです。

そんな中、自分の人生をよりよいものにしていくためには、「自らの人生に対する考え方や行動」が重要になってきます。

物事に対する「判断力・思考力・行動力」などの事ですね?

こういった「自己の能力」を伸ばしていく事によって、人生が徐々に豊かなものに成っていき、更なる成長・向上が図れるのだと思います。

当り前の話にもなりますが、自分の成長は「自分の手にかかっている」といっても過言ではありません。

自分の人生を向上させる意識があって初めてできるものなのです。

そこで今回は「自己啓発」という観点から、自己を見直し、自分の人生のより良い発展を目指す為の方法を順番にまとめていきたいと思います。

「正しい自己啓発」を通じて、より良い生活を送り、愉しい人生にしていきましょう。

 

「自己啓発」ってなに?

最近、テレビでも「自己啓発」という言葉を耳にする機会があると思います。

一部のニュースでも、「自己啓発セミナーで…ムニャムニャ」なんていうようなものがありました。

有名なのはやはり、「X JAPAN」のボーカル「ToshIさん」の洗脳騒動ですよね?

こう聞くと何だか、メディアでは聞こえの悪い印象のある「自己啓発」という言葉ですが、

実際はどのような事を示すのでしょうか?また「自己啓発」を行う際の注意点、メリット、デメリットなどもまとめていきたいと思います。

正しい「自己啓発」を考えて、人生をより明るく、前向きに生きていきましょう。

意味

「自己啓発」とは、「己の能力と精神の発展」を指し、自分で自分を「セルフプロデュース」していくことを言います。

大切なのは「どういう自分に成りたいか」という「自発的な思い」です。

理想の自分を強く思う事で、その自分に成るまでの「道筋」も自ずと見つかっていく事もあると思います。

しかしながら、なかなか「理想の自分に成るためには…」と考え過ぎ、答えが見つからない状況もあると思います。

そういった状況に陥ってしまったら、「自分で自分を決めつけるのではなく」、先人たちの知恵を借りる事も重要です。

一人で考えていてもなかなか良い方法や結果が導き出せない時だってありますからね?

つまり「自己啓発」をまとめると、「自分の意思で、自身の能力や精神を成長させること」を指し、

そのために必要な訓練の方法を自分、もしくは他者の力で見出し取り組んでいく事と言います。

そのためには冒頭でも触れたとおり、「理想の自分とは何か?」ということを自分自身よく考えておく必要があります。

 

主要テーマ

「自己啓発」の意味が何となく分かってきたと思いますので、次にその「理想の自分」に近づいていくための、「テーマ」を挙げていきたいと思います。

「理想の自分とは何だろう…」と悩んでいる方は、これから始める「自己啓発」に向けてのご参考にしてみて下さい。

ではいきましょう。

①生きがい

人が人生を楽しく生きていくためのは、「ただ単に食べて、寝て…」だけでは「不十分な場合が多い」と思います。

「ただ食べて、寝て…」とは、「生きる」ということは言えるかもしれませんが、人として「活きる」という意味からは遠いように思います。

つまり「活きる自分」を考えていくためには、自身の生活の中で「活力」を見いだせる何かがないと、「人生を活かすこと」は出来ないのだと思います。

自己啓発の観点から考え、「生き甲斐」を設定することにより、

人生の中で多少のストレスがあったとしても、「良いガス抜き」ができ、

つまらない事でチャンスを棒に振ってしまう、「不安定な人生」からは無縁のものに成るかも知れません。

②行動力・スピード

日本人はよく、「行動力が無い」と言われる事が多いように思います。

「石橋を叩いて渡る」という慎重派が多い事で、「躊躇」とも取れる様な事態に陥り、

物事を好転させる時期を逸し、よりよいチャンスを逃してしまうケースがあるのだと思います。

こういった中では、チャンスを活かす「行動力」が重要になります。

確かに何でもかんでも出たとこ勝負の「見切り発車」では困ります。

しかし結局、「行動しない」という選択肢を取ってしまうよりも挑戦している以上、マシな気もします。

「理想の自分」に近づくまでに、こういった「チャンスを逃してしまう思考を持ったこれまでの自分」が邪魔をしていると思う方は、

「行動力・スピード」を重要視した「自己啓発」を目指していくのはどうでしょうか?

③思考法

「世の中は考え方一つで大きく変わる」ということが、世間ではよく言われていると思います。

私もつくづくそう思います。

世の中に「ポジティブな思考」と、「ネガティブな思考」と大きく分けて2つあった時、

世の中で上手く生きていくためにはどちらが「有利」でしょうか?

私の見解では「どっちも重要」だと思います。

ポジティブだけでは「無謀さ」が見え隠れしてしまいます。

きちんと「客観性や根拠を持ったポジティブ」ならばとても良いと思います。

しかし根拠のないポジティブさは周りの人間にも悪影響を与えてしまうこともあり得ます。

「ポジティブさ」と「ネガティブさ」を上手く使いこなせる人材が、人間社会では大成していくと私は考えております。

④集中力

人は何かの物事に従事するとき、その物事に対する一定の「集中力」が必要になります。

物事に対し効率的に「集中」するためには、幾分かの「ストレス・緊張感」が重要になると思います。

これは「単純作業」を思い浮かべてみると分かると思いますが、単純な工程を長時間やり続けていくことで、

緊張感がなくなり、思いもよらない失敗に繋がってしまうことがよくあると思います。

「いつもやっている…」、「慣れているから完璧…」という一種の「オゴリ」のような発想が、

物事の完了・達成を邪魔して、結果的に失敗をもたらしてしまうケースは誰だってご経験がある事でしょう。

そんな中重要になって来るのはやはり、「集中力」です。

仕事の質を向上していくためには、この「集中力」が必要不可欠です。

与えられた仕事以上のものを評価されたい場合は、この「集中力」を身につけて、自分にしかできない仕事を周りに示していくのはいかがでしょうか?

⑤情報収集

昨今の「ネット社会」を考えると、「知らない事」が余計に「恥」を感じる世の中に成ってまいりました。

誰でも簡単に「情報」を手に入れられるという状況が、「知らない事への恐怖や羞恥」をより強めているのだと思います。

そんな中「情報収集」は、「知りたい情報を集める」という意味ですが、これを能力と捉えると、難しい部分が出てきます。

「知りたい情報だけを、迅速に・正しく・簡潔にまとめること」に成ってくると「急に自信が無くなってくる」と思います。

ネット社会が普及する一方で、「正しい情報」と「間違った情報」が錯綜し、

その結果、その多過ぎる情報に振り回され人々の判断や行動を歪めていっています。

そんな一歩間違えれば危険な状態に陥ってしまう情報社会で勝ち抜くためには、

「正しい情報をどれだけ迅速に的確に集められるか?」が勝負の分かれ目です。

虚偽情報に振り回されないために、「情報収集能力」は今後の社会では必須事項となるでしょう。

⑥成功哲学

今や本屋に行けば「ビジネス書」として、専用の本棚が設置される程、多くのタイトルが日々出版されています。

この「ビジネス書」を読み、自身の価値観を見直していていき、最終的に自身の行動を修正していく事も、列記とした自己啓発に当たります。

先人たちの「成功と失敗」を紐解き、今度は己の血肉として活用していくことで、「自分の人生をよりよいものに…」という目標を達成できるのです。

成功哲学は全てが自分に当てはまる訳ではありません。

きちんと「なりたい自分」を見据えて、いるもの、いらないものの「取捨選択」をきっちりやっていく事が必要です。

何でもかんでも考えなしに取り入れていくと、効果が出る前に慣れない事を無理して、自分が先に潰れてしまう事もあると思いますので注意が必要です。

⑦積極的態度

「自己啓発」では、「ネガティブシンキング」を否定したりはしません。

「不安に思う事」は決して悪い事ばかりではありません。

「不安に思う」からこそ、「まだ足りない」と努力するのだと思いますし、

実際今もこの記事を読んでいる方は「今の自分から変わりたい…」と「不安」に思っているからこそ、「自己啓発」を考えているのでしょう。

ある種「不安」は「自己啓発」の原動力にもなります。

ですから一部の「ネガティブシンキング」は「自己啓発」において重要なのです。

しかしながら、毎回毎回「ネガティブが良い」という訳ではありません。

きちんと訓練を反復し、ある程度の時期が来たら、「勇気を出して前に進もうとする」という意識が全くないのも、

「折角自己啓発してきた意味が無い」ということになってしまいます。

ですから、ここで言う「積極的態度」というのは、「自身の努力の結果」によるまぎれもない「自信」の事です。

物事に取り組む「実行力」がなければ、どんなに努力を重ねても意味がありません。

そういった「積極性」は「ネガティブ」が根源でもいいのです。

「ネガティブ」を抱えながら、「変わりたい」と努力できれば、十分な「自己啓発」に繋がります。

人生における自己の発展への「積極性」を考えるのなら、「その自分に成る為の多岐に渡る数々の方法」がありますので、考えてみて下さい。

「本当に意味での積極性」とは一体何でしょうか?

⑧セルフコントロール

「セルフコントロール」とは、簡単に言うと「自制」のことです。

「一か月で○○キロ痩せる」と「テーマ」を掲げた時、たまには大好きな「お菓子食べたい…」、「今日くらいケーキ食べちゃお…」と、

「テーマ達成が遠のく行動」をしてしまいがちです。

こういった時に重要になるのが「セルフコントロール」です。

きちんと目標を見据え、それには「何が必要なのか?」を考え、不必要・悪影響を及ぼすものに対しては「自制すること」が出来なくては、

いつまでも結果に結びつかない地獄の泥沼ダイエットは終わりません。

目標達成のためには何が必要か、冷静に自制できる能力が必要不可欠でしょう。

⑨人間関係

自分の身を置いている環境でのびのびやっていくためのは、「人間関係の形成」が非常に重要でしょう。

居心地が良いのにも関わらず、「反りの合わない上司が一人いる」だけで、その状況は簡単に一変していまいます。

下手に敵を作り、己の「大切な居場所」を手放してしまうのはとても勿体ない事としか言いようがありません。

いまいる自分の環境の全体像をしっかりと捉え、その中で自分はどうあるべきなのかをある種客観視できなければ、

「よりよい人間関係の形成」はなかなか難しい能力が問われるものとも言えます。

つまらない事で自分の大切な居場所を無くしてしまわぬよう、よりよい人間関係を形成できる「自己防衛」の能力を培う事を考えてみるのはいかがでしょうか?

⑩人間的魅力

上の能力に付け加えると、「人間的魅力」があればさらに上手い「人間関係」が築けるでしょう。

「人間的魅力」とは何でしょうか?「優しさ」、「気さくさ」、「頼りがいがあること」、「美しさ」、いろいろとあると思います。

これについても「今の自分には何が必要か?」をきっちりと考え、「自己啓発」の流れを組む事が重要でしょう。

⑪不動心

前述の「セルフコントロール」にも繋がりますが今の時代、「不測の事態」というものがいろんな場面で起こる事が考えられます。

ネットの普及により、SNSなどが発展し、「個々の意見の強さ」がより大きくなっているのが現代の特徴だと思います。

そういった中で「○○ハラスメント」という言葉も横行し、ある一部の個人的意見が強くなる一方で、

それを向けられた個人が不必要に叩かれる状況をテレビでも多く目にする機会が増えました。

そういった中で、揺れ動く己を律する「不動心」を持つことで、その「不測の事態」から身を守ることが重要になると思います。

相手の怒りにつられ、こちらまで迂闊に怒ってしまうと今度は、論点のズレたところである「怒った事」について責められるという訳の分からない事態も招きかねません。

ですから飽くまで「冷静に」、「ブレない自分」を持っておくことが非常に重要で、何かと騒動の多い今の世の中では必要不可欠な能力でしょう。

⑫問題解決

そんな問題が起こってしまったら、次に「解決する方法」を考えなくてはなりません。

「問題解決」には、「問題の経緯・原因」、「どうすれば事態を収拾できるのか?」、「次からどうすればいいか?」

という大きく分けて3つの事柄が重要になります。

この3つの事柄を冷静に見据え、判断していく事は出来ないと、前項のような「相手に乗せられて迂闊に怒る」という最悪の事態を招いてしまいます。

この問題の当事者は「何に対し問題視しており、それがどうなればいいのか?」という事を誤解のないようにきっちり整理して、

問題の全体像とひとつひとつの詳細を見ていく必要があります。

自分の問題解決であっても、他者の問題に第三者的に介入する状況でも、非常にレベルの高い能力が問われるのがこのテーマです。

⑬リーダーシップ

組織には「良きリーダー」が必要不可欠です。

その部署その部署に「代表者」がいることで、多数の人間が働く進捗状況を正確に捉える事ができ、

その状況をまとめて進路修正したり、組織の上層部や外部の取引先に情報を伝える事が出来るのです。

つまり「リーダー」が悪ければ、組織の中にも関わらず、「全くの個人主義」で全ての工程を任せる事に成ってしまい、「連携」が崩れてしまうのです。

そうなったら、組織である意味はなくなってしまうというのが恐ろしい事です。

どのように「リーダーシップ」を取ればよりよい結果が導き出せるのか、

組織の中では一番重要とも言っていい能力であり、これが備わっていたら重宝される事は確実と言えるでしょう。

自己啓発の方法

ここまではいかがだったでしょうか?「理想の自分」になるために、自分に足らない能力を考え

「問題提起」ができたところで次は、「実際の自己啓発の方法」に話を移りたいと思います。

まだまだ「自己啓発」に対して何だか恐いような「抵抗感」があるかも知れません。

恐い自己啓発セミナーのようなものに騙されないように、しっかりと要点を踏まえてみていきましょう。

ビジネススクールに通う

「足りない能力・精神」が見つかったら、それを補うために必要な事が学べる「学校」に通うのはごく自然な選択と言えます。

ビジネススクールとは、仕事に必要なさまざまな能力を培うための授業を行う学校の事で、

大学のように長期間みっちり教えてくれるような学校もあれば、一つの科目や要件を短期間で学べる、まるで「塾」のようなものまで幅広くあります。

大手のビジネススクールでは「無料相談」や、「体験入学」を行っているところもありますので気になる方は調べてみるのが良いと思います。

料金もさまざまですが、「小さな講座」のようなものでも「三万円」くらいは見ておかないと受講できない事が多いようです。

また長期間を有するものであれば受講料も高くなるので、「自己投資」と考えれば安いものかも知れませんが、無理は禁物です。

その道のプロに質問でき、周囲の「同級生」と切磋琢磨し共に頑張れるのが「ビジネススクール」の良いところですよね?

いろんな価値観を持った人に会う

「お金が掛る事はちょっと…」と思う方は、「人に会う」ということだけでも「自己啓発」につながることがあります。

しかしこれは「相手を否定しない」、「相手の考えを受け入れる」ということが非常に重要で、

「こんな奴の言っている事どうでもいい」と始めから決めつけている節のある人には向かないでしょう。

いろんな価値観を持った人との交流を深めることで、自分の考えとの違いに気づき、それと共に「自分には足らない何か」をその人から見出す事が出来るのです。

ですからなるべく、「普段は会わない人」の方が良いでしょう。

それは「職業」でも、「性格」でも、「年齢」でも、「性別」でもなんでもいいです。

自分からかけ離れた人であればある程、「刺激」は大きいでしょう。

「他人の振り見て我が振り直せ」から学べる事は多いと思いますよ?

本を読む

前述でもご紹介しましたが、「本を読む」のも自己啓発に当たる場合があります。

しかしここで注意しておきたいのが、「物語」が中心となっているような本は「自己啓発には当たらない」ということです。

「自己啓発」とは、自己の足りない価値観や能力を啓発し、それを補う訓練を積むことでした。

つまり、物語がメインの小説などを読んでも「自己啓発」にならない場合が多いです。

ここで「自己啓発」に用いてほしい本は、「人と上手く話す為の○○の方法」や、「経営者に必要な人を動かす能力」などの「ビジネス本」のことです。

その本を読んで「なるほど、自分にはこんなことが足らない能力だったのか…」とか、

何らかの「自己能力向上」に繋がる内容が書かれている本を読まないと「自己啓発」には繋がりません。

自分の足らない考え方や、身体的な能力などは「どの本を読めば改善できるか?」という問題点をきちんと整理してから本を選ぶのが重要です。

手当たりしだいにやり過ぎると、「頭がこんがらがる」し、「お金もバカにならない」のでどちらにしても計画性が重要です。

セミナーに行く

つづいては「セミナーに行く」ということをご紹介したいと思います。

記事冒頭の「洗脳騒動」が頭に思いつく人は何だか「避けて通りたくなる」ように思うかも知れません。

しかしここで言う「セミナー」は、前述の「学校や塾」のような形式のものを指します。

恐いセミナーは「このセミナーには逆らうな」、「お前らは間違っている、俺が全部正しい」という「抽象的な事しか教えてくれないもの」は注意が必要でしょう。

それこそ「カルト宗教」のようになっているでしょうからね?

しかし、「リーダーシップを発揮するには何が必要か?」ということを直接的に教えてくれるようなセミナーは、「勉強会」とも言え、

学校や塾のように「自分の能力を向上させること」が出来ると思うのでお勧めです。

きちんと「セミナーの目的」を調べ、「金額・場所・運営元」などもしっかり調べれば、「怪しいセミナー」は高確率であぶり出せると思います。

自分の目的ときっちり合致した安全なセミナーを選んで、集まった方々と大いに意見交換をしましょう。

【セミナーについては、こちらの記事もチェック!】

コーチングやコンサル、カウンセリングを受ける

どうしても「公の場では話せない」というのならば、「プロのカウンセラー」に診てもらうことも必要だと思います。

セミナーなどの公の場所ではなかなか言えない「悩み」もありますし、

本などでも「より一般論に近いものばかり」で、それが自分にピッタリ当てはまるかどうかは分かりません。

そこでプロのカウンセラーと、一対一で向き合うことで「自身の秘密も守られ」、なおかつ「自分に合った」ような自己啓発ができ、無理なく能力向上が図れる事でしょう。

しかし、時間が掛る事は大いにあり得るので、その分「労力やコスト」は大きくなってしまいます。

なるべく長期間診てもらった方が、プロの目にも間違いが無いでしょうし、より細かな注意点も教えてもらえると思います。

自分に合った、自分だけの自己啓発が出来る可能性がある一方で、時間とコストが大きく掛かることが予測されるので、その点は十分な注意が必要です。

経営者の話を聞く

経営者は物事の全体像や、先見の明を見通す力が備わっていると思います。

ある種「クールな物の見方」も重要な時があります。

そういった「感情論」や、「綺麗事」に流されない為の冷静なもの判断を養うためには「もってこいの相手」とも言えると思います。

立場が違えば物事の見方も当然変わってきます。

経営者目線で物事を捉えられれば、自身の求めている「リーダーシップ」や、「問題解決能力」、「成功哲学」などが学べるかもしれません。

普段はなかなか話せない相手でしょうから、そういった点でも話す価値は大いにありそうですね?

自己啓発のメリット

ではつづいて「自己啓発のメリット・デメリット」について簡単にまとめていきたいと思います。

ここで今一度「自己啓発を行う意味」と、「自己啓発をする上での注意点」を頭の中でまとめていき、実践に努めて頂きたいと思います。

自分自身の能力アップ

自己啓発は「自身の足りない能力や価値観を見出し、直すこと」でした。

つまり自己啓発が正しく完了出来れば「自己の能力が上がる」ということです。

自身の能力を上げて、よりよい仕事、プライベートと、生活の質を向上していきましょう。

知識が増える

自己啓発を行う上で、「一発で上手くいくこと」はなかなかないでしょう。

今までやってこなかった分、結果が出るまでは一定の時間や労力が問われます。

しかし、それもこれも全て「無駄になる」訳ではありません。

いろんな物事に注意を向けて鍛練して来た事によって、少なくとも「自身の能力・価値観」を向上させやすい、身体や精神状態になっていると思います。

そういったことからも、単純に「今までなかったような知識が増える」ということは、どんな自己啓発を行っても必ず身につく事で、無駄な事は無いと思います。

新しい考え方ができる

自己啓発を行うと、「今までに考えなかった価値観」を学ぶことになると思います。

そこで例え納得できなくても、「そういう考え方もあるのか」と思っておくだけで、単純に世の中に対する「視野が広がること」が考えられます。

物事の考え方一つとっても、「知っているか?知らないか?」で大きく変わったりもします。

つまり、自己啓発を通じて、今までになかった新たな考え方などを吸収することにより、今までとは捉え方の違う、「新しいものの考え方」が養われる事でしょう。

物事を深く理解する為には、「いろんな角度から多角的に見る事」が非常に重要です。

皆さんもここに重きを置いて自己啓発してみてはいかがでしょうか?

より早く結果が出せるようになる

精神的にも肉体的にも自身の能力が向上すると、「早く結果が出せる」という利点もあると思います。

物事の理解や取り組みの「最短距離」を走る事で、無駄な労力を省き、他者とは違ったアプローチで推し進めていく事が出来ます。

早く結果が出せれば、その分違う事に時間を使えるので、仕事や生活の「効率化」を図りたい場合は大きな自己啓発のメリットとも言えるでしょう。

自己啓発のデメリット

つづいて自己啓発をする上でのデメリットです。

自己啓発は良いものであるとし、何でもかんでも手を出してしまう事で、目的を見失い、何も得られない事もあり得ます。

そんなリスクもある自己啓発ですが、気を付けておきたい点を順番にまとめていきたいと思います。

お金や時間の無駄

無目標で自己啓発をすると、それだけ「ゴール」も「改善点」ないような状況に陥り、大切な「お金と時間」を浪費してしまうこともあり得ます。

きちんと目標設定して、掛かるお金や時間などもきちんと「計画・管理」していかないと、「無駄な時間」を過ごす事になってしまう危険性もあるので注意が必要です。

少なくとも、「自分で決めた目標」まではきっちりやり抜く覚悟だけは最低限持っておかないと「何も得られない中途半端な自己啓発」になってしまうかも知れません。

周囲から疎遠される

自己啓発に走り過ぎると、周りから疎遠される危険性もあります。

とくに「セミナーに通っている」とか、「カウンセラーについてもらっている」と言ってしまうと、

「個性を大事にしよう」と謳うこの現代社会もまだまだ、「許容できない部分はある」というのが正直なところでしょう。

自己啓発をする上で、飽くまで「クリーンなやり方」に努めることは最低限考えなくてはなりません。

そして何より、「自己啓発をしている自分」が「相手の目にはどう映っているか?」ということも自問自答できる事、

言わば「客観性がある」ということに重点を置く事が出来なければ、自己啓発自体が上手くいかないかもしれません。

誤った思考が身につく

自己啓発において、「決めつけ」が一番の敵です。

この「決めつけ」は自己啓発が上手く完了したように思えても、その時点で情報が止まり、「情報の更新」が上手くいかず、己の更なる発展に水を差すことになってしまいます。

一部の「勘違い」や「決めつけ」が、他者からの忠告や提案を門前払いし、自身の成長に大きなブレーキを掛けることは大いにあり得るでしょう。

誰もが、「他人の言う事に耳を傾けられなくなったら終わり」だと思います。

相手の言っている事を一時的にでも受け入れて、その後に「間違った部分を否定する」のなら良いと思います。

しかし、「自分は絶対に間違っていない」という決めつけが自身の目を曇らせ、間違った判断をしてしまうのは、みなさんも多くの映画やドラマなどでも見てきたとおりです。

そんな悲しい最期を遂げる悲劇の主人公にはならないように、正しい自己啓発に努めていきたいものですね。

いかがだったでしょうか?何とも魅力あふれる「自己啓発」でしたが、世間の見方はまだまだ「否定的な面もある」ように思います。

そういった「人様の不安を喰い物にする」ような悪徳業者が後を絶たないという現状が少なくとも関係しているのでしょう。

しかし自己啓発の実態は今回ご説明したとおりで、「自身をセルフプロデュースすること」も、自己啓発になります。

人生をよりよく生きていくためには、自身の能力や価値観が深く関わってくると思います。

そういった中で思い悩み、苦しむことは人生においては幾分かは重要な時間かとも思いますが、

あまりに酷過ぎるようならば「他者の力を借りること」も視野に入れないといけないと思います。

そういうところの「ビジネス本」や、「セミナー」、「カウンセラー」だと思いますので、きっちり調べて行えば、何も恐い事は無いと思います。

本当に恐い事は、「自身の悪い部分気づきながらも一向に直さない事」でしょう。

自身のよりよい人生のため、一度きりの人生の為、やれることはなるべく早めにやっておきたいものですね?

最後までありがとうございました。