あなたは、フィアンセという言葉をご存知ですか?ひと昔前であれば、よく使われていた方も多いのではないでしょうか?今回は、そんな「フィアンセ」にまつわるイロハについてお伝えしていきます。

フィアンセの意味から、どんな時に使うのかなど、詳しく解説していきます。

あなたのフィアンセと、婚前に素敵な思い出を作りましょう。

2人の思い出が、より素敵なモノになる事で婚後の2人の生活にも影響が出て来るかもしれません。

フィアンセを喜ばせることで、よりいつまでも仲良く過ごしていけるのではないでしょうか?そんな、フィアンセとの思い出作りに素敵なスポットや思い出に残るプランを考えていきます。

ぜひ、ご参考にして下さいね。

️フィアンセと思い出作りをしよう

フィアンセは、この先一生あなたと過ごしていく関係になります。

そのため、これから一生一緒に過ごすための準備として、2人だけの思い出作りをする事で、より2人の愛が深まる事になりそうです。

きちんと、婚前の思い出を作っておく事で、その後の結婚生活がスムーズにスタートさせられそうです。

あなたがフィアンセとの思い出など一つ一つの工程を丁寧に行っていく事で、よりその後の生活も楽しいモノになるでしょう。

フィアンセとたくさんの思い出を作り、結婚してからも素敵な思い出になる事でしょう。

また結婚生活でも、これまでの思い出と共に新しい2人の生活が豊かになるでしょう。

️そもそもフィアンセって?


これまでフィアンセとの思い出について、様々な事をお伝えしてきていますが、そもそも「フィアンセ」とは何の意味かご存知ですか?フィアンセとは、フランス語で「婚約者」・「結婚を約束した相手」を意味します。

またフィアンセは、「婚約者」でも女性に対しても男性に対しても同じ呼び方になるため、男性に対しても使われる、女性に対しても使われる言葉になるのです。

また、スペルは男性は「fiancé」、女性は「fiancée」になるのです。

しかし、どちらも呼び方は同じになりますので、男女双方に使われています。

あなたも、婚約者やいいなずけのことを「フィアンセ」と呼び合うといいかもしれません。

この後、さらに詳しくお伝えしていきます。

また、お互いにフィアンセで居られる時期も決まっていますので、決められた期間にフィアンセとしての時間を楽しむのもいいですね。

フィアンセの意味

婚約者

婚約者とは、つまり結婚を約束した2人のことになります。

「婚約者」と言う言い方が恥ずかしい場合、「フィアンセ」と言う言い方をしてもいいかもしれません。

婚約者とは、結婚する前の男女のことを示し、結婚の約束した男女2人のことにもなります。

この頃の、婚約者たちは結婚のことを前向きに考えて過ごしているため、結婚をすることで2人の生活が始まり、新しい生活を迎えることで、その婚約期間を終える事になります。

婚約する事で、よりお互いに2人の結婚生活に向かい、どのような結婚生活を送りたいのか、2人の間で話し合う事も大切です。

婚約期間を利用し、2人だけの素敵な思い出を沢山作れるようになるといいですね。

許嫁


「許婚」とは、読み方を「いいなずけ」と読みます。

「いいなずけ」と言葉で聞いたことはあるけど、漢字までは知らなかった!と、いう若い方も多いのではないでしょうか?また、いいなずけも、婚約者同様の意味になります。

つまり、結婚を迎える男女双方の呼び方になります。

最近では、あまり聞かない言葉になっています。

「フィアンセ」を始め、「婚約者」や「いいなずけ」など、あなたは婚約者のことを何と呼びますか?名前や付き合っていた頃のあだ名や、呼び名などで読んでいますか?そうですね、なかなか「フィアンセ」や「婚約者」「いいなずけ」など、あまりカップルでの間でも使う言葉ではありません。

最近はあまり見かけない言葉

「フィアンセ」や「婚約者」や「いいなずけ」など、最近は聞きなれない言葉になってきています。

会社の上司や目上の人と、婚約した事を話すときには「婚約者」と伝えるのが一般的なのかもしれません。

このように、「婚約者」という言葉を使っていても、なかなか「フィアンセ」や「いいなずけ」などという言葉は聞きなれないので、その言葉を使うのもなんとなく恥ずかしい気持ちになるかもしれません。

使い方はあなた次第ですが、あまり聞きなれない言葉を使う事で、気恥ずかしさとキザな感じになってしまう事も考えられます。

しかし、「いいなずけ」は、昔の呼び方のようで恥ずかしく感じても、「フィアンセ」なら呼ぶ時にそれほど抵抗も無いのではないでしょうか?

ちょっとオシャレな言い方

「フィアンセ」は、「婚約者」などの堅苦しい呼び方に対して、「いいなずけ」などちょっぴり恥ずかしいく、古風な呼び方に比べ「フィアンセ」という言葉はオシャレな言い方に聞こえませんか?また、「フィアンセ」と呼ぶ事でオシャレな呼び方に聞こえる事と、日本語より英語やフランス語の方が却って呼びやすい言葉もあります。

そのため、「フィアンセ」と呼ぶ事でよりオシャレでカッコイイ呼び方に聞こえる事も…。

このように、「フィアンセ」と呼ぶ事で、よりオシャレな呼び方で婚約者を呼ぶ事が出来るのです。

️フィアンセの由来

それではこちらからは、「フィアンセ」の由来をさらに詳しくご紹介していきます。

「フィアンセ」の意味は「婚約者」と、いう事は分かって頂いていますがさらに、「フィアンセ」の由来についてご紹介していきます。

フランス語のフィアンセ

「フィアンセ」とは、フランス語から来ている事はご紹介いたしました。

因みに、英語で「婚約者」は「fiance/fiancee」となり、フランス語から借り入れ語になります。

フランス語では、女性名詞の語尾に「-e」を追加するのが習慣になっていますが、実は英語の中でもそのままの形で使われているのです。

ちなみに、男性名詞である場合「fiance」となり、女性から男性へ婚約者を呼ぶ場合に使われます。

さらに、女性名詞の場合「fiancee」となれば、男性から女性への婚約者に呼ぶ時に使われます。

このように、日本語と同じように「フィアンセ」は、アメリカや英語圏でもとってもポピュラーに使用されている言葉なんですね。

海外の方と英語で話をする時にも、使えそうですね。

また、男性名詞と女性名詞と若干呼び方が「フィアンセイ」となりますので、気をつけて使用しましょうね。

婚約中の男性=fiancé

婚約中の男性はフランス語のスペルで「fiancé」になります。

読み方は、これまでもお伝えして来ましたように、「フィアンセ」になります。

英語やフランス語には、日本語には無い男性名詞や女性名詞が存在します。

例え読み方が同じでも、スペルが男性名詞と女性名詞とで違う場合もあります。

このように、使用上話す場合にはスペルなど気にする必要はありませんが、文章にする時など男性名詞と女性名詞で変わりますので、気をつけて使用するようにしましょうね。

婚約中の女性=fiancée

また、婚約中の女性に対しては「fiancé」となります。

このため、男性名詞とは違い「e」が増える形になります。

また、全てに当てはまる訳ではありませんが、フランス語で男性名詞と女性名詞を見分ける事が出来る単語も存在します。

例えば、ほとんどの場合「e」で終わる形には女性名詞が多いようです。

あなたが、女性名詞や男性名詞を見分けたい時など、探してみると面白いかもしれません。

このように、フランス語には、日本語にはない特有な男性名詞や女性名詞がある事で、言葉を使い分けているのですね。

どちらも発音は同じ

このように、どちらも発音は同じなため会話で使う分には男性名詞や女性名詞を気にする必要はありません。

「フィアンセ」と呼べば、すぐに「婚約者」と分かるのです。

スペルの表記も、特に気にする事なく男性名詞と女性名詞で違うんだな…。

くらいで、後は発音に気を使うこともありません。

あなたも、豆知識で周りの人との会話に使ってみてはいかがでしょう?周りの人に、ちょっぴり知的な部分を見せる事が出来そうですよ。

️フィアンセは婚約中の人のこと

これまでご紹介して来ました「フィアンセ」ですが、婚約中の人の事という意味は理解して頂けた事かと思います。

それでは、その「婚約中」とは、一体どのような期間の事を示すようになるのでしょうか?ここからは、さらに詳しく婚約中についてご紹介していきたいと思います。

あなたが、「フィアンセ」の言葉を上手く使いこなし、さらに素敵な使い方が出来るように、詳しい意味を理解しておきましょう。

プロポーズや約束をすると婚約になる

つまり、「婚約中」という事はプロポーズや結婚の約束をした時点で、相手もあなたからのプロポーズや婚約を受け入れた場合、そこから「婚約中」になります。

これまで、お付き合いしてきたカップルは、プロポーズや結婚の約束をする事で、さらに一つ上の段階へ登るわけです。

このようにプロポーズし、またプロポーズを受け入れる事により、2人は「婚約中」という事になります。

また、婚約が成立した場合に「婚約指輪」をプロポーズに渡す習慣があります。

そのため、結婚をする時の結婚指輪と婚約指輪は違うため、婚約をした段階から婚約指輪をはめる女性もいる訳です。

このように、婚約する事で、お互いに結婚を約束する仲になります。

これまでの2人とは違い、また新たな絆が生まれてくることでしょう。

【プロポーズについては、こちらの記事もチェック!】

つまりまだ結婚前にあたる

簡単に言ってしまえば、「まだ結婚前」という事になります。

結婚前のカップルですので、これより先には結婚が待っています。

婚約する事により、結婚に一歩近づくため、結婚へのドキドキ感とワクワク感も計り知れないモノになるでしょう。

しかし、その一方で遊び過ぎた人の中には「マリッジブルー」に陥る人も…。

今回、このテーマではないので、詳しく解説はいたしませんが、もし「マリッジブルー」を迎えてしまったカップルにも、婚約中に2人で素敵な思い出を作ることで、より結婚に対して前向きになれる事も考えられます。

「マリッジブルー」にならないためにも、2人だけの幸せな時間を過ごして行けるよう、心がけておくといいですね。

結婚前の思い出作りをしてあげよう

結婚前に、「マリッジブルー」になってしまうのは独身時代が楽しく、また「まだまだ遊びたい!」「本当に、今結婚しちゃっていいの?」などの気持ちになってしまう事が考えられます。

しかし、「結婚」に対していい思い出作りをしてあげる事で、より不安な気持ちやまだまだ遊びたい気持ちから、結婚へ向けて前向きで素敵な気持ちになっていくのかもしれません。

このように、結婚前の思い出作りをきちんと行っていく事で、結婚への一つ一つの工程を丁寧に行っていく事により、2人の思い出が増えるだけでなく、結婚してからの生活も楽しめるモノだと、前向きな気持ちで結婚を受け入れやすくなるのかもしれません。

️フィアンセにしてあげると良い思い出になる9個のこと

こちらからは、さらにフィアンセにしてあげると、より喜ばせることが出来、また良い思い出になる事についてお伝えしていきます。

結婚をするにあたり、これまでの2人ではなく互いにこれからの人生を共に歩んでいく事を意識して、結婚してからもお互いに素敵な結婚生活を送る事が出来るように、素敵な気持ちで思い出作りをしていきましょう。

また、お互いに素敵な気持ちで結婚に挑める事と、フィアンセとの素敵な思い出を作っていく事で、より結婚生活に向けての準備と心構え、また2人なら力を合わせて生活していけると感じるようになるかもしれません。

このように、結婚前に2人の絆がさらに深まる事をしておく事で、より結婚してからの2人の生活がスムーズに過ごして行けるようになりそうです。

行ったことがない場所でデートする

行った事がある場所は、新鮮さに欠けます。

しかし、行った事がない場所でのデートはワクワクするだけでなく、新鮮な気持ちでデートを楽しむことが出来ます。

また、お互いに行ってみたいスポットやテーマパークがあるなら、そこへ行ってみる事もいいですね。

2人が共感できるような思い出作りこそ、これから先もお互いに結婚生活が始まっても力を合わせて生活していけると思うことができるので、2人が共感できるような気持ちになるような場所で思い出を作ることで、より2人の絆や愛情が深まるようになるのかもしれません。

お互いに思いやりと愛情を持って取り組むことで、より素敵な婚前の思い出になる事でしょう。

思い出の場所でデートする

2人の思い出の場所と聞かれて、すぐに答えられますか?初めてデートした場所ですか?それとも、告白した場所でしょうか?このように、いくつかの候補が上がりそうですが、2人が行った場所で楽しい思い出になった場所に行くのもおすすめです。

思い出の場所は、その当時の2人の気持ちも思い出させてくれるため、思い出の場所へ訪れる事で、付き合った頃の新鮮な気持ちを思い出せるかもしれません。

また、懐かしい場所を訪れる事により、これまでお付き合いしてきた2人の思い出を振り返る機会にもなる事でしょう。

いい思い出も、色々あった事も全て含めて2人の思い出になり、またこれからは、結婚という新しいステージへと向かう2人の思い出の場所になる事でしょう。

思い出の場所へ訪れる事で、より当時の2人のような気持ちに戻れるかもしれませんね。

特別なデートをする

特別なデートは人それぞれ違いますが、2人が特別な気持ちになれるデートをしましょう。

どちらかがやりたい事をやるデートではなく、2人で楽しめるようなデートをしましょう。

例えば、2人でバンジージャンプをしてみるプランも楽しそうですね。

これまで、やった事のない、今後もやる事が無いような内容がおすすめです。

また、富士山に登ったことのないカップルなら富士山に登ったり、また北海道へ美味しい物を食べに行った翌日には沖縄へ海水浴など日本の最北端から最南端への旅行などもあまり出来ない事を目標に、普段のデートで出来ないような内容を考えてみましょう。

他の人と被らないような内容の特別なデートを楽しむようにしてみてくださいね。

さて、そんな2人はどのような内容の特別デートをしたいと考えますか?

結婚後の話で盛り上がる

ここからは妄想の話になりますが、「結婚したらどんな事がしたい?」と、いう内容について語り合いましょう。

結婚する前にアレコレと考えるのってどうなの?なんて、意見がありそうですが、案外結婚生活が始まればなかなか結婚してからの事についてゆっくりと話をする事もありません。

このように、結婚してからの生活についてなかなか話せる機会が無いため、結婚してからの生活についてじっくり語り合ってみませんか?結婚してからの生活や2人の生活スタイルを合わせていくのに必要な話し合いや、2人の理想の結婚生活を話し合うのもいいですね。

結婚後、楽しい生活を思い浮かべて2人で楽しめるような生活を考えていけると、さらに結婚に向いて前向きに生活していけるように楽しい結婚生活での妄想を繰り広げて行きましょう。

一緒の生活について

結婚後の生活で、一番大切なのが一緒の生活について考えておくといいですね。

結婚してから、相手の生活スタイルにズレを感じるより、ある程度相手と生活スタイルを合わせておけるようにしておく事で、結婚後にバタバタしてしまう事もありません。

そのためには、結婚前にきちんと話し合いをして、生活スタイルについてどのようにしておきたいのか考えておきましょう。

また、旦那のおこずかいは小遣い制にするのか、また奥様がお金のやり繰りをしていくのかなど、現実的な話をきちんと詰めておきましょう。

今後、2人が一緒に生活して行きやすいように、ある程度生活で煮詰まった話をしておく事も大切ですね。

例えば、ゴミ出しや洗濯担当など、新生活を迎えるにあたり2人が共働きなどの場合、家事の役割分担などをしておくといいでしょう。

子どもについて

2人が共働きの場合や結婚してから、子どもを授かる場合、どのようなタイミングで子どもを授かるのかなどをしっかり考えておく事も大切です。

子どもが出来れば、当然子ども中心の生活になりますので、計画的に子作りをしている夫婦は多いのです。

とは言え、授かり婚の場合であれば、このように子どもについて計画的に考える時間が無いため、なかなか子どもや自分たちの生活についてなど考える時間もありません。

このように授かり婚の場合、きちんと結婚してからの生活ややり繰りなどを考えておく事で、よりスムーズに結婚してからの生活が楽になる事も考えられます。

さらに、子どもの養育費やこれからの貯蓄などについても、いくら位を希望するかにより、今後の生活やスタイルなども変わってきますので、よく話し合っておきましょう。

子どもができて嬉しい反面、子どもが出来たことにより、後でバタバタしてしまう事が無いようにきちんとした計画を立てておきたいモノですね。

将来の夢や目標について

結婚してから、マイホームや新居についてなど詳しく話をしておきましょう。

将来、自分はどれくらい今の仕事でキャリアを積みたいのか、今後の仕事内容についてなど、話を進めておきたい話です。

もし、旦那がサラリーマンでも奥さんが妊娠した事で、退社や産休に入った場合、産休期間が長引く事で、産休手当などが減少したり入らなくなってしまう事も考えられます。

このように、将来の夢や目標についてどのようなプランでお互いの仕事をやりたいのかなどを具体的にきちんと話し合いをしておく事で、より将来の夢や目標について具体的に計画を立てていけるのかもしれません。

もし、近い将来に子どもやマイホームなどが欲しい場合、どのような設定でマイホームや子作りをして行きたいのかをよく話し合い、それに向けた資金のやり繰りを同時に考えていく事も大切です。

旅行に行く

2人が行きたかった場所へ、旅行に行ってみませんか?新婚旅行とは別に計画を立てましょう。

旅行へいく事で、より2人の仲を深める計画を立てる事で、フィアンセとしての心構えも湧いてくるかもしれません。

つまり、婚前旅行をする事で、お互いの愛を確かめ合い、さらに愛が深まる事で、より結婚に前向きになりお互いにフィアンセとして一つの家庭を作り上げて行こうという気持ちにさせる事が目的です。

そのため、2人が行きたかった場所へ旅行し、2人が楽しめるプランを練りましょう。

また、2人が楽しめるように、喧嘩はご法度です。

譲り合いや、お互いに楽しめる事を目的に旅行を楽しむようにしましょうね。

結婚までの道のりでつまづきがないように、2人で楽しめる時を過ごすばかりでなく、結婚するまでの思い出作りもしっかりと出来るような気持ちで計画して行きましょう。

結婚指輪を一緒に買いに行く

婚約指輪は、あなたがフィアンセのために指輪を選び、購入した事に対して、結婚指輪はフィアンセと一緒に買いに行くのはいかがでしょう?これからこの先、一生フィアンセはあなたとの結婚指輪を左手の薬指にはめる事になるのです。

きちんと、自分が気に入ったデザインの物を選ぶ事により、さらに愛着の湧いた結婚指輪になる事でしょう。

さらに、2人が結婚指輪をお互いに選ぶ事で、2人の気に入ったデザインの指輪になるため、お互いに大切に左手の薬指に結婚指輪をはめる事になるでしょう。

また、予算をしっかり決めて自分たちの無理のない範囲で、結婚指輪を選ぶようにしてくださいね。

無理をして、借金してまで結婚指輪を買うのも悩むところです。

これからの新生活にさらにお金がかかる事を考えれば、ある程度抑えた出費で済むようにしておきたいモノですよね。

このように、指輪の予算や今後のお金の計画もしっかりと視野に入れた指輪を選ぶように、2人できちんと話し合っておきましょう。

結婚式のプランを考える

結婚式のプランを考えるのは、とても楽しい計画になります。

また、奥様主導権の結婚プランで予定を立てていく方が上手く行きます。

結婚式の主役はやはり旦那さんより、奥さんになります。

ウェディングドレスから、結婚式の場所選び、さらに細かいところを計画するのであれば、結婚式の招待状や新郎新婦の登場の曲など様々な面で、奥さん優先で考えてもらいましょう。

特に、奥さんにこだわりがなくウェディングドレスや結婚式の場所ぐらい決めて、「後はあなたに任せるわ」と言う奥様の場合、その後一緒に結婚式での計画を考えていくといいかもしれません。

また、あなたがウェディングについて具体的にいい提案が無かったり、様々なことを考えられない場合、やはりその場合も奥様にプランをお願いするといいかもしれません。

また、この場合きちんと確認をしておくことも大切です。

後で、「知らなかった」って言う話になり喧嘩になっては困ります。

きちんと確認は怠らないことも大切です。

友達とたくさん遊ばせてあげる

結婚をしてからだとなかなか友達と遊びにくい状況も考えられます。

そのため、これまでなかなか遊べなかった友達などとたくさん遊ばせてあげるといいかもしれません。

友達との遊べる時間を設けることで、より結婚を前向きに考えられることがあります。

さらに、独身を楽しむためにお互いに様々な事をやりたくなるかもしれません。

しかし、火遊びはほどほどにフィアンセとの約束があればきちんと、フィアンセとの約束を守り、またフィアンセを悲しませるようなことがないように気をつけて行動していきましょう。

純粋に、友達とたくさん遊ぶことで、より自由にしてくれるフィアンセのことを大切に感じるのかもしれません。

このように、結婚前に友達とたくさん遊ぶことで、独身時代を謳歌でき、さらに結婚に向かってまっすぐに進んでいけるのではないでしょうか?さらに、友達と遊ぶことにより、結婚前の心境など友達に聞かれることがあるかもしれません。

周りの友達に独身が多い場合、周りの友達は結婚前の心境を知りたいと思う人も多いようです。

そのため、結婚前の友達の姿に周りの友達も幸せをおすそ分けしてもらいたいと感じるのかもしれません。

この人を選びたいと思わせる

これまで、計画してきた結婚前にしておきたい様々なことをご紹介してきましたが、やはりなんといっても結婚をするまでに「この人を選びたい!」と思わせることがポイントになります。

結婚前までに、フィアンセの気持ちが揺らいだりマリッジブルーにならないように、きちんと手綱を握りしめておきましょう。

「この人を選びたい」と思わせるためにはどのような行動すると良いのでしょうか?例えば、「この人でなきゃダメ」と思わせることも1つの店になります。

さらに、細かいところで相手の気持ちをよく理解してあげられる行動ができることで、より「この人と結婚を考えられる」と、言う気持ちになるのかもしれません。

このように、この人を選びたいと思わせることができることにより、さらに2人の結婚が楽しくまた結婚前に素敵な思い出を作ることができるようになるのではないでしょうか?例えば、これまで親孝行ができなかった人であれば、親孝行ができるように両親とフィアンセを旅行に連れて行ってあげたり、祖父母が好きのフィアンセがあれば祖父母と旅行に出かけたりなど家族ぐるみの計画がいいかもしれません。

このように、「この人を選びたい」と思わせることで、より2人の絆も深くなることでしょう。

️フィアンセと婚前の思い出をたくさん作ろう

いかがでしたか?フィアンセとの完全な思い出をたくさん作ることで、より結婚に向いて前向きに計画をしていけそうですね。

また、これまでフィアンセとなかなか時間が合わない理由や、思い出作りに時間が取れない場合、結婚までの期間でできることを考えていきましょう。

きちんとフィアンセとの婚前の思い出を作っておくことで、よりスムーズに結婚後の生活を送ることができるのです。

きちんと、お互いを思いやり支え合う気持ちができていないうちに結婚してしまうことで、お互いの気持ちがわからないまますれ違いになってしまったり、また相手の気持ちを理解できなくなってしまうことも考えられます。

いくら時間がなくても、大切なフィアンセのためにきちんと2人の絆を深めておくことも大切です。

お互いが幸せに結婚生活を送れるためにも、きちんと婚前の素敵な思い出を作っておくことで、より2人の愛が深まり結婚生活でも協力して素敵な家庭を築いていけるようになるのではないでしょうか。