私たちは誰しもが、日々他の人と関わり合いながら生きているものです。

「一人で生きていける!」「すべて一人でうまくやっていける!」なんていう人は一人もいません。

でも中には、他の人に上手に甘えたり、困った事や助けて欲しいことがあってもなかなか素直にSOSを発信できない人もいます。

それには色んな理由があるかもしれません。

誰に頼ったらいいか分からない、頼る人がいない、という方もいるかもしれませんし、もともと持つ性格がそうさせてしまっている人もいるでしょう。

責任感が強い人、頼られることの方が多い人、他人に気を遣い過ぎる人、プライドがあって弱さを見せたくないという人、そうした性格の人は特に「自分の力だけで何とか限界まで頑張ってみよう」とか「他の人に迷惑はかけたくない」という感情が先行して、一人で抱え込もうとするかもしれません。

でも、本当にSOSの状態の時というのは、絶対に自分の力だけでは解決できなくなっているものです。

その状態をそのままにしておくと、心身ともに壊れてしまう可能性だってあります。

SOSを周囲の人に伝えて、解決方法の糸口を見つけてもらったり、背負っているものを相談することで軽くしもらう時も必要です。

️SOSを周りに伝えたい!

でもどうやって上手にSOSを伝えればよいのか分からない、なんていう方もいらっしゃることでしょう。

これまで何でも一人でやってきた人にとっては特に、誰かにSOSを伝えたくても、伝え方や頼り方が分からないという人が多いかもしれません。

どういう状況の時は素直に助けて欲しい、と言ってよいのか判断に困ると考える方もいらっしゃるでしょうし、誰に「助けて欲しい」「相談に乗ってほしい」「手伝ってもらいたい」と言ってよいのか悩む、という人もいるかもしれません。

そんな方のためにここでは、SOSをどのように伝えることができるか、その方法や、どんなシチュエーションでSOSを伝えればよいのか、また誰にSOSを伝えて良いのかを取り上げていきたいと思います。

️SOSをわかりやすく伝える5個の方法


まず、SOSの伝え方が分からない、という方のために、他の人に自分がSOSであることをどのように分かりやすく発信すればよいのか、5個の方法をお伝えしたいと思います。

それは、「誰かに深刻に相談する」「素直に直接助けて欲しいと言う」「電話やメールというツールを利用する」「SNSを使って発信する」「表情や行動に表す」というやり方です。

もちろん他にも方法はたくさんありますが、簡単に取り組めることだけここでは取り上げます。

誰かに深刻に相談する

自分が抱えている悩みや、つらいとか苦しいという感情を誰かに相談してみましょう。

自分のことをよく知ってくれている人でもいいですし、自分と似たような環境や境遇にある人、同じような経験をしてきた人でもいいですし、その悩みのプロに相談に乗ってもらうこともできると思います。

一人でずっと背負い込んできたものを、誰かにただ聞いてもらうだけでも気持ちがスッと軽くなることってあると思います。

たとえ問題や悩みがすぐには無くならないものであったとしても、相談して誰かに聞いてもらったことで、共感してもらえた安心感も得られるかもしれません。

また、自分では思ってもみなかった視点や方法での、問題の解決の仕方を教えてもらえることもあるでしょう。

深刻な悩みを抱えている時は自分の状況を客観的に判断することが難しくなっているかもしれません。

そんな時に、周囲の適切なアドバイスはきっと役立つに違いありません。

素直に直接助けを求める


「どうやって分かりやすくSOSを伝えよう…」なんてグチグチ悩んでいるんだったら、素直に直接的に、「助けて欲しい」と伝えてみませんか?

これがいちばん分かりやすいですし、手っ取り早い方法です。

今あなたのいちばん近くにいる人でも良いでしょうし、頼りになる存在の誰かでもいいでしょう。

助けて欲しいと素直に甘えられるのは、どんな人にとってもまんざらでもないと思います。

「迷惑をかけるんじゃないだろうか…」と心配に思うかもしれませんが、求められた側にとっては頼られたことを嬉しく感じるに違いありません。

「はずかしい」とか「情けない」「申し訳ない」といった感情は置いて、「ごめん、今助けて欲しいことがあるんだ」と正直に、素直に伝えて甘えられるようになりましょう。

そのほうが実は人間関係もうまくいくものです。

電話やメールで連絡する

面と向かってSOSを伝えることには抵抗がある…とか、身近なところには相談できる人がいないような場合は、電話やメールで親しい家族や友人、さらには相談に乗ってくれるサービスなどに連絡を取りましょう。

最近は無料であなたが抱えている悩みや相談に乗ってくれる電話窓口やサービスなど、公的機関もたくさんあります。

24時間いつでも相談できるところもありますし、メールでも対応もしてくれるので、どうしても周囲に相談できる人がいない場合や、知っている人には知られたくない場合に活用できると思います。

何からどのように話したらよいのかまとまらないような場合は、メールはとてもいいツールですよね。

頭の中を整理しながら、伝えたいSOSの内容を相談することができます。

プロのカウンセラーや専門家が対応してくれるサービスがとても多いですし、内容が外に漏れることもありませんから、身近な人だと抵抗がある人にはとてもおすすめの方法です。

SNSでSOSを発信する

近年では、ツイッターやフェイスブックといったSNSを利用して助けを求める方法が、若い世代を中心に多く見られています。

SNSのメリットは、自分がどこにいたとしても、たとえば見知らぬ場所や土地で何らかの助けや救助を求める状況に遭遇して、誰も頼れる人がいないとか、助けてもらえそうな人が近くにいないという場合にとても役立つツールと言えます。

SNSはどんな場合に特に利用すると良いでしょうか。

またSNSを使ってSOSを発信する際、どんなポイントを押さえておくと良いでしょうか。

協力者が増える可能性

ツイッターやフェイスブックなどのSNSは、不特定多数の人が24時間いつでも目にすることができます。

日本だけでなく、世界中の人とつながれるサービスです。

近くに家族や友人など、助けをすぐに求めれば駆けつけてくれる人がいない場合や、連絡がどうしても取れない場合、さらにはよりたくさんの人の協力が必要な場面において、このSNSを使えば協力してくれる人がどんどん増えてくれる可能性があります。

一人では何もできないような状況でも、たくさん協力してくれる人がいたことによって助けられたり、解決できることもいっぱいあると思います。

安易にSOSのために使うべきものではありませんが、緊急の場合などは非常に便利なツールの一つと言えます。

事故や災害なら情報を詳しく

最近はどこにいても、突然の事故や、水害や大地震のような災害に巻き込まれることがあります。

孤立した状態になった時、見知らぬ土地で巻き込まれた時などは特に不安に感じますよね。

そうした緊迫した場面で、助けや協力を求めたい場合には情報を正確に、より詳しく載せるようにすることが重要です。

今自分がいる場所の目印となるものや、位置情報はなるべく詳しく、どんな小さなことでも良いので書くようにしましょう。

助けて欲しい内容も具体的に書くことができます。

さらには、どれほど緊急を要するものなのかも書くようにします。

さらには、助けを必要としている人数なども伝えれば、どれだけの人がその場に行くと良いかの判断材料にもなるので役立つと言えます。

そして、かならずハッシュタグ(#)を付けて救助要請をすることも忘れないようにしましょう。

画像付きならインパクトあり

助けを必要とする内容でも、場所でも画像があるととても便利ですし、よりたくさんの人に見てもらえるようなインパクトを与えることにもなります。

周囲の状況や情報がSNSを見る人により伝わりやすいように、できれば写真を撮って載せることで、より多くの人から助けや協力を得られることにつながっていくと思います。

強がらず表情や行動であらわす

私たちは他人の心の中を読み取ることができないので、どんなに近くにいる身近な人であっても、心の中で悩んでいる事や助けを求めていることまでは気付いてあげられません。

実は苦しい事や辛いことが今起きているのに、表面では明るく何事もないように明るく振る舞う人であれば、なおさら気づいてもらうことは難しいに違いありません。

自分が困っている時、助けて欲しい時、辛かったり苦しんでいる時は無理に頑張ろうとするのではなくて、時には強がらずに表情や行動に見せるようにしてみましょう。

泣くほどつらい状況であれば涙を見せたり、何かに苦しんでいるなら怒りを表わしてみたりするのです。

弱さを見せることは恥ずかしいことでも、情けないと感じることでも決してありません。

表情や行動にいつもとは違う自分を見せたことで、自分の立場が弱くなってしまう、なんてこともないのです。

むしろ、人間味のある近づきやすい人だ、と好印象に見てもらえる結果になると思いますよ。

️SOSを伝えるシチュエーション

ではどんな時であればSOSを伝えても良いでしょうか。

明らかな緊急事態の時はすぐに助けを求められても、自分自身のことになると「これぐらいなら、自分で解決したほうが良いんじゃないか」と考えて、限界まで抱え込んでしまう事が多いかもしれません。

「限界までは自分で何とかしよう」と思って誰にも頼らなかったら、実はすでに自分のキャパシティを超えていて、もうどうしようもない状況にまで落ちていた、なんてことにならないように、こんなシチュエーションの時はSOSを出しても良いんだよ、というありえそうな場面をまとめてみました。

もちろん、他に考えられるシチュエーションが思いついたり、ここにはない事で悩んだり思い詰めているのであれば、それも助けを求めて良いシチュエーションだと思いますよ☆

仕事が回らない

やるべき仕事がどんどん増えていって、手が回らないという場面に陥ることはあるものです。

職場においての仕事であれば、自分で責任を負わなければ…と考えるかもしれませんし、できないと言ってしまったら自分の立場が悪くなるのではないかと思うこともあるかもしれません。

さらには他の人に仕事をお願いするのはプライドが許さない、なんて思うこともあるでしょうか。

小さなお子さんがいる母親も、毎日家事と育児とやるべきことが多すぎて手が回らないことがあるかもしれません。

みんな同じような状況を上手にやってきているんだから、自分だけできないというのは恥ずかしいとか、ダメな母親に感じてしまうでしょうか。

でも一日の時間は決まっています。

時間を延ばすこともできませんし、仕事の期限も決まっていることでしょう。

仕事が膨大で、一人では背負いきれないならば遠慮せずに近くにいる誰かに助けてもらいましょう。

一人で完ぺきに何でもこなせる人はいません。

多少なりとも他の人の助けを借りながら生活しているものです。

職場であっても家庭の中であっても、一人で回らない事は近くにいる誰かの協力を得て、そして別の時には自分がその人の助けになってあげれば良いだけのことです。

体調不良

突然体に何らかの不調をきたして、生活に影響してしまう事は誰でもあります。

でもやらなければならない事がたくさんあるし…といってその体調不良をほっておくと、後に取り返しのつかない状態まで悪くなっていた、なんてことにもなりかねません。

体調が何かおかしいと感じて続くようならば、病院に行くなどして助けを求めましょう。

家族や友人など、周囲の人に相談して原因を突き止めてもらうこともできます。

体調不良は体が何らかのシグナルを出しているサインです。

心身に不調を感じているようならば、我慢し過ぎないでその原因をまずは取り除くことが最優先です。

突然のトラブル

何らかのトラブルに突然自分が巻き込まれたり、遭遇することもあるかもしれません。

自分ですぐに対応し、解決できる範囲のものであれば良いですが、トラブルが長引きそうだとか、厄介なことに発展しそうだとか、素人では判断しきれないものであるなら、それはそのままにしておかないですぐにSOSを求めるようにしましょう。

たいていトラブルを自分だけで何とかしようとすると、さらに問題が悪化したり、周りまで巻き込んでしまいかねない状態に発展してしまうことが多くなります。

トラブルがまだ小さいうちに、周りの誰かの助けを借りることがいちばん良い方法と言えそうです。

悩みを抱えている

一人で対処できる程度の悩みなら良いのですが、時にはその悩みがあまりにも辛すぎて、他のことが手に付かなかったり、不眠症状や精神状態の悪化、体調不良に表れるほどになってしまっているとしたら、SOSをぜひ求めるようにしましょう。

でも「自分の心の内を見せるのは恥ずかしい」、とか「周りに迷惑をかけたくない」と思って、悩みを相談したくてもできなくて困っているという人も、中にはいるかもしれません。

誰かに相談したからといって、いま抱えている悩みや辛さがきれいさっぱり無くなるわけではないから、話しても仕方がない、と思う方もいらっしゃるでしょう。

もちろん、その悩みや苦しみは当人にしか分からないこともあります。

でも、誰かに悩みを打ち明けることで、気持ちを受け止めてもらってホッとしたり、重荷が少しだけ軽くなった気がするということもきっとあると思います。

辛い気持ちを分かってくれて、自分の味方になって親身に考えてくれる人は必ずいます。

全部を一人で抱え込まないで、勇気を出して辛い気持ちや悩みを誰かに打ち明けてみてください。

きっとあなたの味方になってくれる人はいるはずです。

もしかすると、自分では思いも付かなかった対処法や、解決法を見つけてくれるかもしれませんし、適切なアドバイスがもらえるということもあるでしょう。

人間関係のこじれ

ほとんどの人は、家族、学校、職場、ご近所など、さまざまなところで毎日他人と関わりを持ちますが、時に価値観の違いや、ちょっとした行き違いや誤解、ケンカなどによって、人間関係にズレが生じてしまうこともあるでしょう。

もちろんいちばん良いのは当人同士で関係の修復をすることですが、それができない場合もあると思います。

そうした時は、できればお互いのことをよく知っている人に助けを求めて、関係を取り戻すために協力してもらいましょう。

人間関係のこじれが生じた時は、とにかくなるべく早く関係の改善を図ることがベストです。

問題を長引かせれば長引かせるほど、相手への嫌悪や憎しみや、妬みなどの不快な感情がお互いに強くなってしまい、修復するのがもう困難だというところまで溝が深くなってしまいかねません。

対応をすばやくして、スピード解決するためにも、周りの助けを積極的に借りるようにしてみてください。

無気力

やらなければいけないことはたくさんあるのに、なぜだかやる気が全く起きない、気力が出ない、行動になかなか移せない、というのが、いわゆる「無気力状態」です。

そういう無気力状態が続いてしまうと、自分が怠けているような気がして、情けなく感じたり無責任だと感じてしまうことがあるかもしれません。

でもそう思うのにできなくて、どんどん落ち込むというスパイラルに陥ってしまうのはとても危険です。

無気力になってしまう原因はさまざまあると思いますが、基本的にストレスや疲労が限界に達して、心身がシグナルを出していることが無気力の要因です。

つまり、頑張りすぎてすでに自分のキャパシティを超えてしまっているサインなのです。

あまりに無気力状態が悪化してしまうと、うつ病などを患ってしまうことにもなりかねません。

ゆっくり休んで休息をしたり、趣味などリラックスした時間を持つ必要があります。

そうした時には、仕事であればだれか別の人に委ねてみたり。

家族や友人に正直に打ち明けて、バランスを取り戻せるように助けてもらったり、協力してもらうことが大切と言えます。

交通事故

車やバイクを運転していて、突然事故を起こしたり、巻き込まれてしまった時は誰でもパニックになってしまいます。

でも急な事でどうしてよいか分からなくなっている間に、事故相手のペースに飲まれて、言われるがままに修理費用や、慰謝料を支払う約束をしてしまってはいけません。

事故が起きたならすぐに警察や、自分が加入している保険会社の人に連絡を取り、助けを求めるようにしましょう。

事故は問題が悪化してしまう時もあります。

法外な修理費用や、示談金や慰謝料を請求してくる悪質なパターンも多いので、必ずプロの人に間に入ってもらって解決することが大切です。

金銭関係

金銭に関するトラブルほど面倒で、厄介なものはありません。

金銭の額に関わらず、貸した返さないといった金銭トラブルは、当人同士だけでなく周りにも迷惑をかけたり、巻き込んでしまうことにもなりかねません。

身近な人など、第三者に間に入ってもらうことも大切ですし、支払いで法外な金額を要求されているだとか、会社で仕事に見合った適切な額をもらえていないといった、素人だけでは判断や対応が難しい事に関しては、その道のプロにアドバイスや適切な処理の仕方を必ず確認するなどして、自分だけで何とかしようとせずにSOSを求めるようにしましょう。

財布やスマホをなくした

うっかりして財布やスマホを紛失したり、盗難に遭ってしまったらどうしますか?もちろん警察に届けてすぐに見つかったり、戻ってくればそれまでですが、戻ってこない場合も多いでしょう。

まずは財布の中にクレジットカードやキャッシュカードが入っている人も多いでしょうから、利用できないように停止しなければいけません。

スマホも同様です、すぐにカスタマーサポートに連絡をして止めてもらいます。

財布の中にキャッシュカード、クレジットカード、免許証、保険証などすべてが入っていてお金は持っていない、銀行で下ろすこともできない、電話もできないといった状況の時は一人では何もできませんよね。

家族や友人に言ってお金を借りたり、誰かに頼らなければ解決できないこともあります。

さらに財布やスマホが戻ってこなくて、スマホを買い直したり、カード類や免許証などを再発行しなければいけない時にも、本人確認ができるものを何も持っていないと手続きできません。

その時にも家族に頼んで、助けてもらう必要も出てくると思います。

多かれ少なかれ、誰でも他の人に頼って助けてもらわなければ生きていけない時もある、という事がよく分かりますよね☆

️SOSは誰に伝える?

生活している中で、SOSを発信しなければならないシチュエーションは色々とあることが分かります。

伝える方法もさまざまあるということも分かりましたね☆

あと大切なのは、SOSを誰に伝えるか、ということです。

普段から助けて欲しいと周囲の人にお願いできている人にとっては、頼れる人をすでに見つけていることと思いますが、常に「自分で何とかしよう」とか「他の人に迷惑をかけられない、かけたくない」と一人で抱え込んでしまう人にとって、いざ何か起きた時に誰に頼っていいか迷ってしまうかもしれません。

身近な人で、自分が頼れると思う人や、信頼できると思える人を今のうちから見つけておくようにしましょう。

意外とすぐ近くに頼れる人がいるかもしれませんよ☆

家族

自分のいちばん身近にいるのは家族でしょう。

夫や妻、兄妹、父親や母親といった家族は、あなたが何か困っていたら必ず助けになりたいと思って行動してくれるはずです。

あなたの性格や気質もよく知ってくれているのも家族であるに違いありません。

すぐ近くに住んでいないとしても、電話やメールといったツールを利用して悩みを打ち明けたり、アドバイスを求めることもできるでしょう。

もし一緒に住んでいるならば、あなたが何も言わなくても、表情や行動を見て「何かあった?」とすぐに察知してくれるのも家族だと思いますし、言いにくいことも親や配偶者であれば打ち明けやすい、ということもあるでしょう。

まずは、あなたのことをいちばんよく理解してくれて、いちばん親身になってくれる家族の存在を大切にするようにしてください。

友人

あなたが相談したい人は?と聞かれて、頭に思い浮かぶのはいつも一緒にいてくれる友達かもしれません。

友達というのは、楽しい時ばかり一緒にいるのが友達ではなく、友人が苦しんでいる時やつらい目に遭っている時にこそ、近くにいてくれて励ましてくれたり慰めてくれるのがホンモノの友情関係であると言えるでしょう。

話しをよく聞いてくれたり、気持ちを受け止めて一緒に親身になって考えてくれるような友人がいますか?そうしたあなたの味方になってくれる友達の存在はとても貴重です。

あなたから頼られた友人も、頼りにしてくれたことをきっと喜ぶに違いありません。

家族や友人といった信頼できる人には、より具体的にSOSを発信しやすいと思います。

お互いにどんな時でも甘えたり、頼れるような友達関係を大切にしましょう。

恋人

恋人がいる方であれば、精神的にあなたを支えてくれたり、癒してくれる恋人はとても大切な存在と言えます。

悩み事がある時や落ち込んでいる時でも、無条件に愛情を注いでくれる存在があるだけで心の支えとなり、また頑張れるような気がする、という経験をされた事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

恋人は、どんな些細なことでも、あなたが頼りたい時に駆けつけてくれたり、電話やメールで精神的にも感情的にも支えて励ましてくれる、大切な存在です。

あなたのSOSにも心から助けになりたい、と思ってくれるに違いありません。

上司

心から尊敬できて、頼りになる上司がいますか?頼れる上司にならば、仕事上の悩みであっても、個人的に抱えている問題であっても、相談しやすいかもしれません。

人生経験を積んできた上司からはきっと、ハッとさせられるような適切なアドバイスであったり、あなたの気持ちや考えを前向きにしてくれる、役立つ内容のアドバイスをもらえることでしょう。

もしかすると、ビジネス上の事であるなら、上司の権限を使って問題を上手に解決してくれるかもしれませんし、同じような経験を潜り抜けてきた視点から教えてもらえるかもしれませんよ☆

そのためには、日頃から上司との良い関係を築いておくことも必要です。

「一緒に飲みに行きませんか?」とあなたの方から積極的に声をかけて、頼りにしていることを言葉にしてみるのはいかがでしょうか。

同僚

職場の同僚の中に、助けになってくれそうな信頼できる人がいないか、探してみることもできます。

一日のうち、いちばん長く一緒に時間を過ごしているのは職場の同僚であるという方も多い事でしょう。

仕事の悩みであるならば特に、同じ職場で同じ経験をしている人に相談した方が分かってもらえることも多いかもしれません。

もし職場内でいじめやパワハラなどの、人間関係に関係した問題で辛い思いをしているなら、同僚が愚痴を聞いてくれたり、何らかの仕方で支えになってくれる場合もあるでしょう。

一人暮らしをしている、気軽に普段会える友人が近くにいない、という方でも、一日のうちのほとんどを一緒に過ごしている同僚なら、あなたのことをよく知ってくれていますし、頼ることができるかもしれません。

先生

学生の方であるならば、信頼できる先生、親身になってくれる先生を探してみてください。

重い病気で苦しんでいる方であれば、心から助けになってくれそうな信頼できる医者の先生を探しましょう。

信頼できる学校の先生であれば、もしあなたがいじめにあって苦しんでいるなら必ず助けになってくれるはずです。

どんな進路にしようか悩んでいるなら、あなたにとってより良い将来になれるような道を、一生懸命見つけようと奮闘してくれるに違いありません。

お医者さんの中にも、あなたにとっていちばん最善の治療法や治療薬を懸命に捜してくれる先生もいます。

病気の苦しみや悩みは、自分だけでは解決できないこと、乗り切れないこともたくさんあると思うので、我慢せずに、SOSを受け止めてくれる先生に頼りましょう。

️SOSは伝わらなければ意味がない

ここまでで、SOSをどのように分かりやすく伝えることができるか、その方法や、どんなシチュエーションでSOSを伝えればよいのか、また誰にSOSを伝えて良いのかを取り上げてきました。

自分にとって伝えやすい方法や、伝えやすい人を探すことがまずは大切です。

また、「助けて欲しい」と素直に甘えたり、頼ったりする勇気も必要です。

一人で生きていける人は世の中に誰一人いません。

他の人の助けを借りながら、みな生活しています。

「助けて欲しい」「手伝ってほしい」「相談に乗ってほしい」というSOSを言葉にしたり、表情や行動に出せるように意識してみましょう。

SOSを自分では出しているつもりでも、それが周囲の人に伝わらなかったら何の意味もありません。

SOSが他の人に伝わらなければ、その伝えられた方も行動しようがありませんし、当人もいつまでも一人で抱えている羽目になります。

素直に正直になって、助けてと分かりやすく伝えることが大切なのです。