なんとなくちょっと身構えてしまう怪しい人っていませんか?

今回は怪しい人の特徴をいくつかご紹介したいと思います。

️なんとなく怪しい人

特に危害を加えられている訳でもなく、危ない人かと聞かれたらそうとは言い切れないのだけれども、なんとなく近寄ると危なそう、何かありそうという怪しい人ってたまにいますよね。

️怪しい人の27個の特徴


怪しい人によく見られる特徴というものがいくつかあるので詳しく1つずつ確認していきたいと思います。

挙動不審

挙動不審な人は怪しい人に見えますね。

なんだか落ち着きが無く、きょろきょろしていてなんとなく怪しく見えます。

いわば、立ち振る舞いが怪しいという事ですね。

具体的に挙動不審だと捉えられる人は、目が泳いでいます。

話していても常に目が泳いでいる、視点が定まっていない、人ごみできょろきょろ色々なところを見続けているという場合などです。

また、動きとしてはそわそわしています。

同じ場所を行ったり来たり往復を繰り返していたり、座るべき場所があるのに座らずに立ったり座ったりを繰りかす、同じ動作を何度もするのです。

会話もスムーズにできず、目を合わせて会話をしなかったり、話がかみ合わなかったり、突然驚いたり突然怒ったりします。

どうして挙動不審になってしまうのかという心理としては、1つ目は緊張していて挙動不審になっているという事が挙げられます。

人は緊張すると、その緊張感を和らげようと、意味のない無駄な動きをしてしまいがちです。

そうしているうちにどんどん落ちつきのない挙動不審で怪しい人に見られてしまうのですね。

2つ目は、不安を抱いているという事が考えられます。

不安な気持ちが大きく、周囲の人に目を配る余裕もなく、何かにおびえたり不安な気持ちがダイレクトに行動に出てしまっているため、挙動不審に見られます。

3つ目は、隠し事をしている可能性があります。

自分は相手にどう思われているのだろう、気づかれてはいないだろうかと極度の緊張感や不安泣気持ちに駆られ、うまく話してごまかそうと思えば思うほど、目が泳いだり話がかみ合わず、挙動不審で怪しいと思われます。

4つ目は、自信がないという場合です。

自分に自信がないあまり、一度行ったことを何度も確認したり、今から行うことがうまく出来るか不安になり、挙動不審な態度になってしまいます。

いつも挙動不審な人がいて怪しいなと思っている場合、特にこの日に挙動不審になっていたという訳ではなく、常に挙動不審な人は怪しいという訳では無く、単に極度の不安や緊張にさいなまれ苦しんでいる可能性が高いですね。

いつもは普通なのにその時だけ挙動不審だったという場合は、何か重大なことを隠していたりしてしまったの可能性がありますが、いつも挙動不審な人は悪気はないので見守ってあげるか、一言声をかけてあげると救われるかもしれませんね。

【挙動不審については、こちらの記事もチェック!】

話し方が大げさ


話し方が大げさな人が嘘をついているのでは?怪しいな。と思ったことはありませんか?

その読みは当たっているかもしれませんよ。

話し方が大げさな人は、自分の事を話すのが大好きで、人の話を聞かずに自分の事ばかり話してしまう傾向があります。

その時に話す内容としては、自慢話が8割を占めていると言っても過言ではないでしょう。

自分の昔の話、知り合いが◯◯だ、こんなことをしたことがあるなどと言う話が多いですね。

しかし、そのほとんどの話が大げさに盛っている話になっていると思ったほうが良いです。

全てを信じ込むのは危険です。

半分くらいは嘘かな~程度で聞いていれば痛手を負う事はないでしょう。

話し方が大げさな人が話す内容はすべてが嘘とも言い切れませんが、嘘が混ざっている可能性も大いにあると考えられますね。

馴れ馴れしい

初対面なのに馴れ馴れしい人は怪しいですね。

例えば訪問販売などでよく出くわしたことがあるという人が多いのではないでしょうか。

玄関を開けたらずかずかと強気で足を踏み入れ、「最近何か困っていませんか?」「育児・家事大変ですよね~」などとあたかも知っているかのように話し始める人・・・。

馴れ馴れしいですよね、なぜあなたに知らせる必要があるのかと疑問に思うほどです。

また、友人関係でも初めて会ったのに、「◯◯ちゃんって呼んでいい?◯◯ちゃんってどこ出身?何が好き?いつも何しているの?」などと詳しい情報を聞き出そうとしてくる人、怪しいですね。

初対面なのに馴れ馴れしい人は、なにか企んでいる可能性が高いです。

その人の弱みを握り、その弱みに付け込んで利益を得たい、何か情報を掴みたいなど、危険な場合が多いですね。

人間はパーソナルスペースというものがあり、初対面の人がズカズカと自分の領域に侵入してくることを嫌うため、なんだかこの人距離が近くて不愉快だなと思ったときは、自分の怪しいなという勘を信じて、距離を開けたり詳しい話はしないほうが良いかもしれませんね。

張り付いた笑顔

張りついた笑顔のような表情の人がいると何となく怪しいな怖いなと思う事はありませんか?
あの人本心ではどう思っているのだろうなどと思ってしまいますね。

常に本当に笑顔が素敵な人もいるはずです。

しかし、なんとなくその張りついた笑顔に暗さを感じ、無理している感じが伝わってきたり、不意に素の表情が見られ、笑顔は作り笑顔だと感じるため、怪しいなという気持ちが生まれるです。

また、口元は笑っているのに目は笑っていないという場合も、不気味さというか何か企んでいるのではないかという怪しさが感じられます。

このような人は無理に自分の必死な気持ちや不安な気持ち、辛いことを隠して笑っている人かもしれません。

しかし自分に恨みを持っているのにも関わらず笑顔を見せていて、近寄って情報を得たり、隙あらば何かしてやろうと思われている可能性も考えられますね。

やたらと褒めてくる

やたらと褒めてくる人も、最初は気分が良いものの、次第に怪しいなと思います。

嬉しく受け止められる程度の褒め言葉であれば気分が悪くなることは無いものの、当たり前のことをしているだけなのに褒められたり、些細なことで褒められすぎると、この人は自分に何かをもT目ているのではないか、褒めて褒めて気分を良くしてから何か爆弾を投下する気かな?などと言う気持ちが生まれ、怪しいなと思うのです。

実際に褒めてばかりいる人の心理としては、自分に自信が無く、相手を本当に尊敬している場合や、人に良く思われたくて、気に入られたくて褒めてしまうという人もいます。

一方で褒めて褒めて褒め捲り、褒めた挙句何か頼みごとをしようとしている気持ちや、褒めて有頂天になっている姿を見て嘲笑いたいという残念な気持ちで褒めているという心理が秘められている場合もあるので注意が必要ですね。

肩書きが変にすごい

肩書が変にすごい人っていますよね。

その人に肩書で自己紹介されると最初は凄いなと思いますが、徐々になんだか怪しいなと思ってきます。

本当にその肩書き通りすごい方であれば、自分でその肩書を見せびらかしたり自慢げに口にしたりしないはずです。

しかし、本当は実力が伴っていない人や、自分にその肩書きがついているという事だけで満足しているような人は、変にすごい肩書を強く強調して見せびらかしたり自慢します。

肩書きだけで人を判断するようになってしまうと、相手の本当の姿が見えなくなってしまい、相手の思う壺です。

上手く騙されてしまいます。

相手を肩書を見て表面で判断するのではなく、中身を見てから人を判断できるようにしたいですね。

そうすれば自分の事を守る手段にもなるはずです。

社長だからお金持ち、お金持ちだから偉い、大企業に就職しているからすごい、多くの人に知られているからすごいという訳ではないという事を忘れずに肩書を見るようにすると良いでしょう。

上から目線で偉そう

何かと上から目線で偉そうな人を信用するのは難しく、怪しいなという気持ちになります。

怪しいと思いながらも上手く関わっていたとしても、自分が偉い、自分が正しいと思って会話をするので、徐々に人間関係のもつれも出てくるでしょう。

上から目線で話している人は、自分の答えが全て正しいと思っているため、視野が狭い傾向があります。

上から目線で話す人の情報は実は間違えているという場合もあるので気を付けてください。

自分の判断に口を挟まれた時に、上から目線の人に否定されると否定的な意見に代わってしまいやすいのですが、自分の判断を信じるべき時もあるということを忘れず、上から目線の人の意見に翻弄されないでください。

知識が浅い

知識が浅いのにも関わらず、うんちくや自慢話が多い人も怪しいですよね。

自慢げに堂々と話していたのに、少し深い知識の質問をするとおどおどしたり、人の質問には上手く答えずはぐらかすような姿を見ると、この人の言っていることは信じられないなと思ってしまいますね。

また、よくカタカナをよく使用し、自分は英会話的な事も出来てしまうほど知的だと見せびらかす人もいますが、実際は見栄っ張りで頑張って覚えた単語をちりばめているのでしょう。

知識が浅い人が話すことをよく真剣に聞くと、実際は薄っぺらい内容を口上手く話しているだけなので、しっかりと聞くようにすると、本当に知識がある人なのか、浅い人なのかという検討はつくはずです。

豪遊している

豪遊していることを話したり、見せびらかしている人も怪しいなと感じます。

豪遊できている秘訣などを教えてきたら、更になんだか危ない怪しい人に見えますよね。

本当にお金を持っていて豪遊できている人は、その生活が当たり前であるため、人に自慢したいという気持ちや、人に見せびらかしたいという気持ちは湧かないはずですよね。

実際にお金はさほどないけれど、無理して豪遊しているからこそ、その頑張りを誰かに見せたい、見てほしいという気持ちで見せびらかしたり自慢してしまうのでしょう。

実際はさほど豪遊できるほど儲かっていない可能性が高いので、豪遊っぷりを見せ甘い話を持ちかけられても引っかからないようにしましょう。

人に言えないような過去がある

過去の話を持ち出すとはぐらかしたり、あまり触れてほしくないような素振りを見せる人も怪しいので気を付けたいですね。

人に言えないような過去がある人は、やはり過去は過去とはいえ少々怖いですよね。

その人に言えないような過去ではあるものの、素直に自白している人のほうが信頼はできますね。

だからと言って、あなただけに過去を教えると言われたところで、何か巻きこまれそうで聞きたくないでしょう。

人に言えないような過去があるという噂を聞くこともあると思いますが、真実なのかは別として過去の話を一切しない、したがらないという場合は少々警戒したほうが良いですね。

変な商売を持ちかけてくる

変な商売を持ちかけてくる人も怪しいです。

特に変な商売を持ちかけてくる人は、年収などを公開して教えてくれ、その金額が夢のような金額で、商売に手を出してしまいそうにるものです。

しかし、実際に高額な年収を得ている芸能人やスポーツ選手、政治関係の方や有名大企業の社長などは年収を公開することはまずないですね。

自分の年収を明かす人ほど嘘をついて自分のカモにしようとしている可能性があるので、怪しいと察知し深入りしないようにしましょう。

職務質問される

職務質問される人も怪しい人だと思われているからこそ職務質問をされるのですね。

警察官が職務質問する人には共通する特徴がいくつかあります。

職務質問でどのような人に声をかけるのかという具体的な項目は公開されていないものの、靴が汚い、汗だくなどという項目があり、その項目に当てはまる人へ職務質問をしているようです。

また、老人や若い女性にピッタリとくっついて移動しているような人や、顔を隠すような服装をしている、明らかに挙動不審、前歯が無いなどと言う場合なども職務質問が行われているようです。

職務質問をよくされるという人は、それなりに怪しい行動、見た目をしてしまっているという事ですね。

信用されてない

周囲の人に信用されていない人も怪しい人ですね。

周囲の人に信頼されていないという事はそれだけ人の信用を失うな行動、言動をしてきた人という事です。

また、周囲の人は自分の鏡というように、信頼されていない人は人を信頼することが出来ない人であるという可能性もあります。

信用できない、信用してもらえない人と深く付き合うという事は、いつ裏切られても仕方がないという状況に陥ってしまうことになります。

信用されていない人とは一線置いて付き合ったほうが、自分への危害が及ぶことを回避出来るでしょう。

自慢が多い

自慢が多い人も怪しいというか信用はできませんね。

自慢話が多いという人は、実は自分に自信がない、本当の自分を知られたくないという場合があります。

自分に自信がないのに、自分を大きく見せようとするので、自慢話を聞いてもらえない状況に成ればなるほど自分の話ばかりをしたがります。

また、本当の自分を知られない為に、架空の理想像を自慢話として話している場合もあり大嘘つき化である場合もあります。

嘘ばかりつく人は、自分のプライドの為だとはいえ、深くかかわるのは疲れてしまうでしょう。

また、自分がした危険なことや恐ろしいことを自慢話にしてしまう人も怪しいですね。

相手が警戒心を持つようにわざと仕向け、そんな恐ろしい人が、自分よりも劣っている人がこんなにも成功していると自慢してきて、そんな人生に憧れさせ、仲間に引き入れるという事もあるので、自慢話に乗ってしまわないようにしなければいけません。

メリットしか話さない

よく甘い話には罠があると言いますよね。

まさにその通りで、何事にもメリットデメリットというものは存在するのにも関わらず、メリットしか話さずデメリットには一切触れないという人のHなしは怪しいと思って聞いたほうが良いですね。

メリットばかりをうのみにせず、あら捜しのようにデメリットを自分で探す力が必要です。

先にメリットばかりを聞いてしまうと、デメリットが見つかりにくくなりますが、一度冷静になりメリットをいったんリセットしてから商品や状況を知らない状態の自分が見たとき、聞いた時に思う事を考えてみてください。

デメリットが見えたときは質問してみるのも良いのですが、デメリットをいいように言いくるめメリットのように説明する話上手な人もいるので要注意ですね。

噂話が好き

噂話が好きな人も怪しいですよ。

噂話が好きな人は「ここだけの話なんだけど」「誰にも言わないでね」などと言う言葉を述べたうえで秘密の話をしてくることが多いでしょう。

しかし、その人が本当にあなただけにその話をしているとおもえますか?
噂話が好きな人は、自分の中でその秘密をとどめておくことが苦手な人が多いので、「ここだけの話」と言いながら色々な人にその話をしていることが多いのです。

自分だけに話してくれたんだ、二人だけの秘密があるんだと思うと、その人と親密な関係になりやすく、自分の秘密も打ち明けてしまいがちですが、噂話を好きな人に話してしまったら一気に自分の秘密が噂話となり広がるという事を覚悟してください。

噂話が好きな人はさみしがり屋で、他人の事に興味がありすぎる結果、多くの人の秘密を知りたいと思うようになりますが、さみしがり屋なので、それを他の人に話して信頼を得ることも大好きです。

本当に秘密を守れる人というのは、噂話などはとても苦手です。

人の噂を教えてくる事もないでしょう。

それは他人に興味が薄いからです。

それだけ自分の秘密を打ち明けたとしても、その秘密を誰かには話したいという意欲が少ないので、本当に秘密にしてくれる信用できる人だと言えるでしょう。

噂話を持ちかけてくるような人は怪しいので注意しましょう。

八方美人

八方美人な人も怪しいですね。

もともとは八方美人とはどの方向から見ても美しい人という意味だったのですが、現代では誰にでも愛想を良くし、誰からも気に入られるようなそぶりを見せる人」などと言う意味がありますね。

しかし、誰にでも愛想を良くしているという事は本心を隠しているという可能性が高く、嫌いな人にも愛想を良くしているのではないかという疑わしい面があるのです。

八方美人な人の心理としては、人に嫌われることを恐れ、周囲の人から嫌われないように必死なのですね。

その為嘘をついてでも自分を良い人に仕立て上げたくて、どんどん自分の気持ちにも嘘をつき、気に入られようとしてしまうのです。

最終的に相手も自分のように嘘をついているのでは?と思うようになるため、人を信じることも出来なくなってしまいます。

八方美人は嘘をついていい人に見られたいから嘘をつき、必死に本心を隠しているため、信用できないな、本心は違っているのだろうな、怪しいなと思われてしまうので、八方美人な振る舞いをして理う人は自分に自信を持ち、誰からも好かれる人を演じるのを辞めてみましょう。

また、八方美人な人が言う事が本音かどうかはわかりません。

真実かどうか見極めることが出来ないと、付き合ってい苦のはとても難しいですね。

【八方美人については、こちらの記事もチェック!】

虚言癖がある

虚言癖がある人とは、簡単に言えば嘘をついてしまう人ですね。

虚言癖の人が話すことにはどこか怪しい部分、食い違う部分があるので、次第に信用できなくなってしまうでしょう。

こないだはこういっていたのに今回は違うな、本当とは信じがたいような話ばかりするなと言うことで虚言癖があるのだなと勘づくでしょう。

しかし、困ったことに虚言癖の人は、嘘をつくことに罪悪感などを一切感じていない場合が多く、嘘を指摘しても悪びれる様子もなければ治すこともほぼありません。

正論を述べても水掛け論となり、意味をなさないと言えます。

厄介なのは、嘘をつかれているという事を自分だけが気づいていて周りの人が気づいていないと、逆に嘘をついているのを自分にされ、実際に虚言癖の人はあなたを悪者に仕立て上げるかもしれません。

虚言癖の人はとにかく人に嘘をつくのがうまく、ばれない嘘、ピンチの時に上手く切り抜ける口実を身に着けています。

危害が及ばない程度の距離関係に保つことをおすすめします。

【虚言する人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

人の話を聞かない

人の話を聞かない人も怪しいというか信用できませんよね。

何を言っても自分の意見を通す、会話にならない、そんな相手と親密な関係になるのはとても難しでしょう。

人の話を聞かない人は自分が正しい、自分が考えていることが正しいと思っているので、自分の思い通りに行かない事や自分の意見を否定されると、ついカッとなってしまうことが多いのです。

言い聞かせることは不可能ですし、説明なんて聞く耳も持たないことでしょう。

自分しか見えていないので、自分の意見や考えを通すためなら、相手が傷ついてもお構いなしです。

気をつけないと相手のペースに飲み込まれてしまいます。

パワーストーンをつけている

パワーストーンは売り手側が、広告などで「このパワーストーンをつけたら人生変わりました!」「このパワーストーンのおかげで宝くじが当たりました!」などという胡散臭いセリフを打ち出しているため、パワーストーンは怪しい、詐欺っぽいというイメージが少なくともあるため、付けている人が怪しい人に見えてしまうのです。

実際にパワーストーンをただのブレスレット感覚で付けている人も少なくないので、一概に怪しい人などと判断するのは偏見になってしまいますが、自分が付けているパワーストーンを力説し、同じように付けてみな、購入してみなよ、などと強く紹介してくる場合は注意が必要ですね。

単にお守り代わりになればいいなと思ってなどと言うセリフでプレゼントしてくる場合は受け取っても問題なさそうですが、パワーストーンの魅力を細かく説明しながらプレゼントされた場合は、次回から自分で買うように仕向けられる段取りをされているかもしれませんのでご注意を・・・。

裏表が激しい

裏表が激しい人は怪しいですね。

裏表がない人というのは、誰にでも分け隔てない態度や言動で関わりますし、正直な人がおおいです。

一方、裏表が激しい人の特徴としては、性別や年齢、権力などで人を見分け、態度を変えます。

また、人をグループ分けしているような話し方や態度を見せます。

裏表が激しい人は人のネタを自分の戦力として利用し、相手に気に入られる為に、人のネタを使って自分の魅力をアピールすることがあります。

裏表が激しい人に、
自分のプライベートなことを話してしまうと、自分のための良い情報として使われてしまう事があるので、あまり詳しいことは話さないほうが身の為です。

また、裏表が激しい人は自分が持っている他人の悪口を共有しようとしますが、決して自分が悪い人には見られたくないので、悪口を言い出したのは裏表が激しい人なのに、ある場面ではあなたが言っていたなどと言われ罪をかぶせられる可能性もあるので、悪口を共有しようとしだしたら距離を置くと良いですね。

人によって態度を変える

人によって態度を変える人にいい顔をされていても、どこかでは自分もののしられているのではないか
本心ではどう思っているかわからないが、何かを狙って近づいてきているのではないかと怪しみますね。

人によって態度を変える人は、ほぼすべての人間を自分よりも下の地位だとみている可能性が多く、自分に利益をもたらすと感じられる人にしかいい顔を見せないのです。

自にとって何の利益も与えてくれないと判断した瞬間、人が変わったような酷い態度に変わるでしょう。

しかし、そんな人と仲良くしていたところで、相手の機嫌ばかりを伺い、気を遣っていなければいけなくなるので疲れてしまうでしょう。

人によって態度を変えている人にわざわざ気に入られようとして頑張る必要は無いでしょう。

目つきが悪い

目つきが悪い人も怪しい人に見えますが、単に目が悪く目つきが悪いように見えてしまっている人もいます。

生まれつきの顔かもしれません。

しかしそういった人は自分が目つきが悪いと自覚しているので、明るく話そうとしたり「自分って目つきが悪いっつてよく言われるんだよね~あははは」などと明るく話すことでしょう。

しかし、目は口ほどに物を言うというように、目がつりあがっている人はいつも良く怒っている可能性が高いです。

目が笑っていない人は本心では暗く辛いことを良く考えている人である可能性が高いです。

人の目を見て判断するということは一概に間違えているとは言い難いのですね。

怪しい目つきをしている人はちょっと気を付けてみてください。

ブランドで固めている

ブランドで持ち物を固めている人も気を付けてください。

ブランドで自分を固めることで、人に見られる自分を作り上げることに必死です。

そんな人の意外な一面を知ってしまったときには何をされるかわかりませんね。

また他人よりも優れていると思われたいがために必死です。

プライドを傷つけるようなことを言ってしまったりしてしまったときも狂暴化する恐れがあります。

他はブランド品で固められている副業の話やブランド品を安く買える方法などを紹介してきたときも、何か怪しいことを勧めている可能性があるので、十分気を付けてくださいね。

キョロキョロしている

キョロキョロしている人は、必死に何かを隠している可能性があります。

人に気づかれないようにばれないように気を張っていることで、周囲の状況をより深く把握しておきたいのですね。

キョロキョロしている人に近づいたり、何をしているのかなと近づくと、なにかバレたのではないかと危害を加えていたり、口止めするために脅されたりという危険性もあるので、あまりキョロキョロしている人をじっと見たり気に掛けるのは避けたほうが良いですね。

責任を人に押し付ける

責任を人に押し付ける癖がある人には気を付けてください。

自分の否を認めず、何でも人のせいにしてしまうので、その被害にあう可能性は近い関係になればなるほど高まります。

責任を人に押し付け平気な顔をしているので、周囲の人は気づくこともなく悪者になってしまうこともあるでしょう。

責任を人に押し付ける人には必ずどこかしらに穴や言い逃れできない部分があるはずです。

そこを見つけて突けば、自分の無罪は証明できるでしょう。

しかし、口論になっても尚人に責任を押し付けるために苦し紛れな言い訳で押し切ってこようとする人もいるので、できれば近づかないほうが自分を守れます。

表情が怖い

表情が怖い人はあまり信用して近づかないほうが良いです。

表情は人の本心を暴くことが出来る手段です。

怖い顔をしている人は、やっぱり何か恐ろしいことをしていることが多いです。

しかし、それを隠すために無理に笑っていたり、優しそうな顔つきを心がけている人もいますが、不意に怖い顔になることも有るので要注意です。

️怪しい人には要注意!

怪しいなと思う人にはやはり怪しい部分があり、その勘は当たっていることの方が多いはずです。

怪しい人は人を言いくるめ人を操り、自分が思うとおりに進んできたからこそ、そんな自分を治さず続けているのです。

それだけ手強い相手なのですね。

無理に自分がうまく関わろうとするのは負担となりますし、取り返しのつかない酷い思いをさせられる事もあるので気を付けましょう。

怪しいなと思った人とは少し距離を置いておいた方が良いですね。