挙動不審と聞いて何を思いつきますか。

まず最初に思い出すのは「怪しい人」、「ちょっと関わらない方がい人」って思いますよね。

目立って挙動不審な人もいれば、こっそり挙動不審な人もいます。

それは会社の同僚だったり、友達だったり、旦那さん、奥さん、自分の子供。

様々な人があるきっかけ挙動不審になります。

もちろんあなただってそうです。

もしかしたら挙動不審と思われるその人は何か悩みや、誰にも言えない大事なことを抱えているかもしれません。

もしあなたがその悩みをいち早くキャッチできたら相手も、自分も問題を解決できて楽になれるかもしれません。

大事な人の挙動不審な仕草を見つけたら、放って置かないで助け舟を出してあげてくあさい。

そのために今日は挙動不審の特徴や、その解消の仕方をお伝えします。

挙動不審とは?

様子のおかしな人を見て、自分の知識の範囲内で「アイツは挙動不審だ」と決め付けてしまうのは良くない事です。

それは偏見につながります。

また、そう決め付けて誰かに話すこともあまり良くない事ですのでおやめください。

優しい思いで支えてあげるように努めてあげてください。

挙動不審になるには必ず原因があります。

もちろん自分も何か衝撃的な出来事や悲しい出来事があれば挙動不審になります。

きっと誰もがそうなるでしょう。

そして自分が挙動不審な状態になっているか知らずに、周りの目からは挙動不審に映ったり、あるいは、「今、自分は挙動不審だ。

でもこの自分の状態を止める事ができない」と思って焦ってしまうこともあるはずです。

まずはどのようなことが挙動不審なのか知る必要があります。

挙動不審の意味とは

挙動とは、「立ち振る舞い、動作」などを意味します。

それに不審「疑わしく思うこと、疑わしく思えること」をプラスして挙動不審。

つまり、その人の立ち振る舞いが疑わしいことを意味します。

しかし、見る人によっては挙動不審だったり、そうじゃなかったりするものです。

人によって挙動不審の意味が違ったりもします。

自分は別に焦っているわけでも、困っているわけでもなくいつも通りの行動なのに、「あの人なんか変じゃない?」と思われてしまうこともあります。

また、病気などが原因で行動が人と違ってしまい、それが挙動不審に見えてしまう場合もあります。

これは悲しいことですよね。

なるべくなら全ての人を偏見の目で見たくないものです。

だから少しでも挙動不審とは何か意味を知る必要があるのです。

またそれを知ることで挙動不審になっている友人などがいたら手を差し伸べて解決に導いてあげることもできます。

挙動不審の状態は不安定な状態です。

ぜひ助けてあげてくださいね。

心理学でみた挙動不審

挙動不審は心の働きが表すものです。

極度の緊張状態にあったり、誰かに知られたくない何かを隠しているときが挙動不審になりやすいです。

嘘をついているときもそうです。

このような状態の時に、こちらが話しかけたり相手を少しでも責める様な言動をすると、急に怒り出して攻撃的になったり、泣いたりする場合もあります。

これは自分のついた嘘などがばれてしまわないかと恐怖のあまり過剰反応をしてしまうからです。

もし相手が挙動不審な動きをしているときに声をかける場合は、そっと声をかけてあげてください。

そしてじっくりと話しを聞いてあげましょう。

あまりしつこく聞いてしまうと更に不安になる可能性があるので、話したくなさそうな時は、時間を置いてからきいてあげるなどしょう。

周りからみた挙動不審の動きとは

挙動不審の動きは分かりやすいものと、気をつけて見ないと分からないものがあります。

大声で話したり、普段よりも明るく振舞ったり、やたらイライラしたりします。

ここまでは分かりやすい行動ですが、分かりにくいものは髪をやたら触ったり、手や背中に汗をかいていたり、こちらが話しかけても返事が曖昧だったりと、「ん?」と思うかもしれないけど”まぁ、きのせいか”と流してしまいがちな仕草だったりもします。

これらはまだ見て分かる範囲ですが、人によっては長年一緒にいる人じゃないと気づかない挙動不審な動きもあります。

例えば瞬きの回数が多いとか、お茶のすすり方がいつもと違うとか。

もうここまでいくと、「感」と言ってもいいでしょう。

例えば旦那さんの何気ない行動も、長年一緒にいる奥さんにしてみたら息遣い一つで気づいてしまう場合があります。

なので挙動不審と思える行動は、挙げたらキリがありませんが、特徴的なものが二つありますのでご紹介しますね。

挙動不審の2個の特徴

最近あの人、何となく様子がおかしいのよね。

何かあったのかしら?と思っている方はその人の様子をよく観察してみてください。

きっと分かりやすい特徴のある様子があるハズです。

1.行動

雄弁に語るよりも行動というのはその人の中身を表します。

どんなに取り繕ってもどうしても行動に出てしまうものなのです。

それがどのような行動なのかを前もってしっておけば、挙動不審な相手の動きや心境をいち早くキャッチできますよ。

目が泳ぐ

挙動不審になると瞳が左右に動き、あらぬ方向を向いたりします。

会話をしている相手がなかなか目を合わせなかったり、下を向いて考えているフリをしている行動は、その人は何かを隠しています。

もしくは誰にも知られたくないことを隠し持っています。

しかも、そのことがバレると自分の身に被害が及ぶような事を隠しているのです。

もし、あなたがその様子を見ていたらきっと「なんか変だよ?どうしたの?」と聞きたくなるかもしれませんが、その場で聞いたとしても相手は正直に何が自分に起こっているかとか、何を隠しているかを正直には答えないかもしれません。

なので、もし真相を聞きたいならに日にちを置いて聞いてみるのがよいでしょう。

挙動不審だと思われている時は人と話している場合じゃないと思っている人が多いのです。

それくらい心が揺れ動いているのです。

感情の起伏が激しい

感情の起伏が激しくなるのは、何かに怯えているからです。

そしてとても不安で不安定な心の状態になっています。

この状態の時、本人はかなり心が張り詰めた状態だと言っていいでしょう。

こちらが何か話しかけた時に大きな声を張りげて怒鳴ったり、そうかと思うと急にションボリして泣き出したりすることもあります。

注意したいの上は、声をかけたこちらも一緒になって感情を出してはいけません。

声をかけてみると「あ?」みたいなそっけない返事がくるかもしれません。

そこでムっとしてはいけません。

落ち着いて冷静に話をしましょう。

泣いている時も同様です。

一緒にオロオロしてはいけません(オロオロするフリはいいです)どちらの場合も相手と同じ感情になってはいけないのです。

その場で言葉のやりとりが炎上してしてしまい、どんな言葉も相手に通じなくなります。

こちらの心が落ち着きを保てない場合はそっとしておくほうが得策といえます。

落ち着きがない

落ち着きのない人はよくいますよね。

いつも何かをして動いている人も「落ち着きがない」と表現をする場合があります。

例えば子供は落ち着きがありません。

あっちでウロウロこっちでウロウロとしたりすものです。

子供は落ち着きがないと世間では認められています。

しかし大人はどうでしょうか。

大人が落ち着きが無くなる時は何か意味があります。

しなくてもいい用事を始めたり、急にどこかに出かけたりするのは挙動不審の表れです。

例えば、浮気をした男性は落ち着きがなくどこかソワソワしているいると聞いたことがありませんか。

いつもスマホの画面を気にしていたり、突然コンビニへ行ってくると出かけだしたりとすることがあります。

もちろんこれは「浮気」という理由でソワソワしているのですが、それ以外の理由で落ち着きがなくなる場合もあります。

例えば、何か犯罪を犯してしまった場合も落ち着きがなくなります。

バレたくないために何かしようと行動するのですが、それが側からみれば落ち着きが無く挙動不審な人に映ってしまうのです。

2.言動

挙動不審は行動だけでなく言葉にも出てきます。

心の動揺が隠し切れず出てきてしまうのです。

挙動不審の相手と話しているとき「?」となる場合もあるでしょう。

でも次にあげる態度になっても揚げ足をとったりせずに、こちらは落ち着いて話をきいてあげてください。

そうすることで相手も落ち着いてきますよ。

急に話が変わる

自分が知られたくない話題や、触れられたくない話題になった時に相手が急に話題を変える場合があります。

こちらが何か話題を出すと、「あ!そういえば」と切り替えされたことはありませんか。

たまたまなのかもしれませんが、核心をつく質問や話題をされて話題を変えたいのかもしれません。

そんな時は話しを蒸し返したりせずにいったん話を流しておいてあげて、時間を置いて聞くとよいでしょう。

もし心配事などがあるなら遠まわしに聞いてもいいし、先に「最近、あなた疲れているみたいだけど大丈夫?なんかあったら相談に乗るからね」と声を掛けてあげるのも良いでしょう。

もしかしたら安心してあなたに話してくれるかもしれません。

その時は親身になって聞いてあげましょう。

どもったり、噛んだりすることが多い

ここでいう「どもり・噛んだりする」というのは、吃音とは違いますのでご了承ください。

心にやましいことがあったりすると、言葉を噛んだりすることがあります。

「あわわわ」とか「そそそ、それはさぁ~!」とまるで漫画のセリフのようですが、あれはあながち間違いではなかったのです。

そうなる時は、やましいことがある時ばかりではありません。

相手によってどもってしまう場合もあります。

例えば相手が自分にとって脅威の存在または緊張してしまうなどもあげられます。

いつも自分を厳しく叱ってくる上司などが対象となる場合があります。

あと、このような場合もあります。

「片思いの相手」などもそうでしょう。

好きすぎて緊張してしまい、言葉が出てこない。

なんてこともありますよね。

いずれにしても、どもったりするのは相手が緊張している場合が多いのです。

緊張から来るどもりは、交感神経と副交感神経のバランスの悪さからきていることが多いです。

これを改善するにはまずはリラックスが大事です。

緊張している時にいきなりリラックスしろと言われてもムリなことだと思います。

そこで心がけたいのは「一息つく」ことです。

息を深く吸ってみてください。

これだけでも、噛んだりすることは少なくなると思います。

自分もそうですが、誰かが慌てていて言葉を出せないような場合は「深呼吸してみて」と声をかけてあげてください。

きっとあなたの親切に感謝しますよ。

会話が成り立たない

相手と話していて話がかみ合わずに、「?」となることがあります。

この場合、理由がいくつかあります。

例えば相手が「うわの空」だった場合です。

簡単に言えば“今は会話なんかしている場合じゃない”という時です。

なぜそうなのかというと、あなたとの会話より上回る楽しいことがあったか、衝撃的な出来事がありその衝撃をまだ引きずっているからです。

後はこんな理由もあります。

話し相手を喜ばそうとしたり、何を話そうかと一生懸命考えすぎて、しまいには頭の中が真っ白になり会話がチグハグになる場合もあります。

後者は可愛い理由の挙動不審の形ですが、理由が前者の場合もあるので、うわのそらを理由を聞いてあげるとはなすかもしれませんよ。

挙動不審の直し方

相手の「挙動不審」の特徴などをお伝えしてきましたが、自分たちもいつの間にか挙動不審になっていることもあります。

自分で自分を挙動不審だと思うあまりに、何とかしようと慌てふためいてさらに挙動不審になってしまったりするものです。

また、挙動不審と思われる行動を自分でしていると自覚しながらも、いつも直すことが出来ずにおかしな動きの自分に自己嫌悪を感じて落ち込む事もあるでしょう。

時間はかかりますが直し方はちゃんとありますのでご安心ください。

直し方の決め手は「冷静」です。

周りを気にしない

挙動不審の元の原因はいろいろありますが、そのひとつに「周りをきにしすぎる」ということがあります。

一目を気にしすぎて行動がおかしくなる場合もあります。

そのおかしな行動がさらに人の目が集まりまた焦る。

そんな悪循環に陥ったりします。

人の目を気にする、言い方を変えると自意識過剰なのです。

まったく周りを気にしないのも良くないですが、気にしすぎはかえってよくありません。

自分が思っているほど周りはあなたの事は見ていません。

もし、あなたが「周りの人間は自分をジロジロ見ている」と思っているのであればそれは、あなたが周りの人達をジロジロ見ているからかもしれません。

ジロジロ見てしまうから周りの人と目が合ってしまい、結果的にそう思えてしまうのです。

ですから、最低限の礼儀や振る舞いができるなら周りを気にせずに行動するのが一番自然な自分を出せるので気持ちを楽にして毎日を過ごすのが良いのです。