挙動不審と聞いて何を思いつきますか。

まず最初に思い出すのは「怪しい人」、「ちょっと関わらない方がい人」って思いますよね。

目立って挙動不審な人もいれば、こっそり挙動不審な人もいます。

それは会社の同僚だったり、友達だったり、旦那さん、奥さん、自分の子供。

様々な人があるきっかけ挙動不審になります。

もちろんあなただってそうです。

もしかしたら挙動不審と思われるその人は何か悩みや、誰にも言えない大事なことを抱えているかもしれません。

もしあなたがその悩みをいち早くキャッチできたら相手も、自分も問題を解決できて楽になれるかもしれません。

大事な人の挙動不審な仕草を見つけたら、放って置かないで助け舟を出してあげてくあさい。

そのために今日は挙動不審の特徴や、その解消の仕方をお伝えします。

挙動不審とは?

様子のおかしな人を見て、自分の知識の範囲内で「アイツは挙動不審だ」と決め付けてしまうのは良くない事です。

それは偏見につながります。

また、そう決め付けて誰かに話すこともあまり良くない事ですのでおやめください。

優しい思いで支えてあげるように努めてあげてください。

挙動不審になるには必ず原因があります。

もちろん自分も何か衝撃的な出来事や悲しい出来事があれば挙動不審になります。

きっと誰もがそうなるでしょう。

そして自分が挙動不審な状態になっているか知らずに、周りの目からは挙動不審に映ったり、あるいは、「今、自分は挙動不審だ。

でもこの自分の状態を止める事ができない」と思って焦ってしまうこともあるはずです。

まずはどのようなことが挙動不審なのか知る必要があります。

挙動不審の意味とは

挙動とは、「立ち振る舞い、動作」などを意味します。

それに不審「疑わしく思うこと、疑わしく思えること」をプラスして挙動不審。

つまり、その人の立ち振る舞いが疑わしいことを意味します。

しかし、見る人によっては挙動不審だったり、そうじゃなかったりするものです。

人によって挙動不審の意味が違ったりもします。

自分は別に焦っているわけでも、困っているわけでもなくいつも通りの行動なのに、「あの人なんか変じゃない?」と思われてしまうこともあります。

また、病気などが原因で行動が人と違ってしまい、それが挙動不審に見えてしまう場合もあります。

これは悲しいことですよね。

なるべくなら全ての人を偏見の目で見たくないものです。

だから少しでも挙動不審とは何か意味を知る必要があるのです。

またそれを知ることで挙動不審になっている友人などがいたら手を差し伸べて解決に導いてあげることもできます。

挙動不審の状態は不安定な状態です。

ぜひ助けてあげてくださいね。

心理学でみた挙動不審

挙動不審は心の働きが表すものです。

極度の緊張状態にあったり、誰かに知られたくない何かを隠しているときが挙動不審になりやすいです。

嘘をついているときもそうです。

このような状態の時に、こちらが話しかけたり相手を少しでも責める様な言動をすると、急に怒り出して攻撃的になったり、泣いたりする場合もあります。

これは自分のついた嘘などがばれてしまわないかと恐怖のあまり過剰反応をしてしまうからです。

もし相手が挙動不審な動きをしているときに声をかける場合は、そっと声をかけてあげてください。

そしてじっくりと話しを聞いてあげましょう。

あまりしつこく聞いてしまうと更に不安になる可能性があるので、話したくなさそうな時は、時間を置いてからきいてあげるなどしょう。

周りからみた挙動不審の動きとは

挙動不審の動きは分かりやすいものと、気をつけて見ないと分からないものがあります。

大声で話したり、普段よりも明るく振舞ったり、やたらイライラしたりします。

ここまでは分かりやすい行動ですが、分かりにくいものは髪をやたら触ったり、手や背中に汗をかいていたり、こちらが話しかけても返事が曖昧だったりと、「ん?」と思うかもしれないけど”まぁ、きのせいか”と流してしまいがちな仕草だったりもします。

これらはまだ見て分かる範囲ですが、人によっては長年一緒にいる人じゃないと気づかない挙動不審な動きもあります。

例えば瞬きの回数が多いとか、お茶のすすり方がいつもと違うとか。

もうここまでいくと、「感」と言ってもいいでしょう。

例えば旦那さんの何気ない行動も、長年一緒にいる奥さんにしてみたら息遣い一つで気づいてしまう場合があります。

なので挙動不審と思える行動は、挙げたらキリがありませんが、特徴的なものが二つありますのでご紹介しますね。

挙動不審の2個の特徴

最近あの人、何となく様子がおかしいのよね。

何かあったのかしら?と思っている方はその人の様子をよく観察してみてください。

きっと分かりやすい特徴のある様子があるハズです。

1.行動

雄弁に語るよりも行動というのはその人の中身を表します。

どんなに取り繕ってもどうしても行動に出てしまうものなのです。

それがどのような行動なのかを前もってしっておけば、挙動不審な相手の動きや心境をいち早くキャッチできますよ。

目が泳ぐ

挙動不審になると瞳が左右に動き、あらぬ方向を向いたりします。

会話をしている相手がなかなか目を合わせなかったり、下を向いて考えているフリをしている行動は、その人は何かを隠しています。

もしくは誰にも知られたくないことを隠し持っています。

しかも、そのことがバレると自分の身に被害が及ぶような事を隠しているのです。

もし、あなたがその様子を見ていたらきっと「なんか変だよ?どうしたの?」と聞きたくなるかもしれませんが、その場で聞いたとしても相手は正直に何が自分に起こっているかとか、何を隠しているかを正直には答えないかもしれません。

なので、もし真相を聞きたいならに日にちを置いて聞いてみるのがよいでしょう。

挙動不審だと思われている時は人と話している場合じゃないと思っている人が多いのです。

それくらい心が揺れ動いているのです。

感情の起伏が激しい

感情の起伏が激しくなるのは、何かに怯えているからです。

そしてとても不安で不安定な心の状態になっています。

この状態の時、本人はかなり心が張り詰めた状態だと言っていいでしょう。

こちらが何か話しかけた時に大きな声を張りげて怒鳴ったり、そうかと思うと急にションボリして泣き出したりすることもあります。

注意したいの上は、声をかけたこちらも一緒になって感情を出してはいけません。

声をかけてみると「あ?」みたいなそっけない返事がくるかもしれません。

そこでムっとしてはいけません。

落ち着いて冷静に話をしましょう。

泣いている時も同様です。

一緒にオロオロしてはいけません(オロオロするフリはいいです)どちらの場合も相手と同じ感情になってはいけないのです。

その場で言葉のやりとりが炎上してしてしまい、どんな言葉も相手に通じなくなります。

こちらの心が落ち着きを保てない場合はそっとしておくほうが得策といえます。

落ち着きがない

落ち着きのない人はよくいますよね。

いつも何かをして動いている人も「落ち着きがない」と表現をする場合があります。

例えば子供は落ち着きがありません。

あっちでウロウロこっちでウロウロとしたりすものです。

子供は落ち着きがないと世間では認められています。

しかし大人はどうでしょうか。

大人が落ち着きが無くなる時は何か意味があります。

しなくてもいい用事を始めたり、急にどこかに出かけたりするのは挙動不審の表れです。

例えば、浮気をした男性は落ち着きがなくどこかソワソワしているいると聞いたことがありませんか。

いつもスマホの画面を気にしていたり、突然コンビニへ行ってくると出かけだしたりとすることがあります。

もちろんこれは「浮気」という理由でソワソワしているのですが、それ以外の理由で落ち着きがなくなる場合もあります。

例えば、何か犯罪を犯してしまった場合も落ち着きがなくなります。

バレたくないために何かしようと行動するのですが、それが側からみれば落ち着きが無く挙動不審な人に映ってしまうのです。

2.言動

挙動不審は行動だけでなく言葉にも出てきます。

心の動揺が隠し切れず出てきてしまうのです。

挙動不審の相手と話しているとき「?」となる場合もあるでしょう。

でも次にあげる態度になっても揚げ足をとったりせずに、こちらは落ち着いて話をきいてあげてください。

そうすることで相手も落ち着いてきますよ。

急に話が変わる

自分が知られたくない話題や、触れられたくない話題になった時に相手が急に話題を変える場合があります。

こちらが何か話題を出すと、「あ!そういえば」と切り替えされたことはありませんか。

たまたまなのかもしれませんが、核心をつく質問や話題をされて話題を変えたいのかもしれません。

そんな時は話しを蒸し返したりせずにいったん話を流しておいてあげて、時間を置いて聞くとよいでしょう。

もし心配事などがあるなら遠まわしに聞いてもいいし、先に「最近、あなた疲れているみたいだけど大丈夫?なんかあったら相談に乗るからね」と声を掛けてあげるのも良いでしょう。

もしかしたら安心してあなたに話してくれるかもしれません。

その時は親身になって聞いてあげましょう。

どもったり、噛んだりすることが多い

ここでいう「どもり・噛んだりする」というのは、吃音とは違いますのでご了承ください。

心にやましいことがあったりすると、言葉を噛んだりすることがあります。

「あわわわ」とか「そそそ、それはさぁ~!」とまるで漫画のセリフのようですが、あれはあながち間違いではなかったのです。

そうなる時は、やましいことがある時ばかりではありません。

相手によってどもってしまう場合もあります。

例えば相手が自分にとって脅威の存在または緊張してしまうなどもあげられます。

いつも自分を厳しく叱ってくる上司などが対象となる場合があります。

あと、このような場合もあります。

「片思いの相手」などもそうでしょう。

好きすぎて緊張してしまい、言葉が出てこない。

なんてこともありますよね。

いずれにしても、どもったりするのは相手が緊張している場合が多いのです。

緊張から来るどもりは、交感神経と副交感神経のバランスの悪さからきていることが多いです。

これを改善するにはまずはリラックスが大事です。

緊張している時にいきなりリラックスしろと言われてもムリなことだと思います。

そこで心がけたいのは「一息つく」ことです。

息を深く吸ってみてください。

これだけでも、噛んだりすることは少なくなると思います。

自分もそうですが、誰かが慌てていて言葉を出せないような場合は「深呼吸してみて」と声をかけてあげてください。

きっとあなたの親切に感謝しますよ。

会話が成り立たない

相手と話していて話がかみ合わずに、「?」となることがあります。

この場合、理由がいくつかあります。

例えば相手が「うわの空」だった場合です。

簡単に言えば“今は会話なんかしている場合じゃない”という時です。

なぜそうなのかというと、あなたとの会話より上回る楽しいことがあったか、衝撃的な出来事がありその衝撃をまだ引きずっているからです。

後はこんな理由もあります。

話し相手を喜ばそうとしたり、何を話そうかと一生懸命考えすぎて、しまいには頭の中が真っ白になり会話がチグハグになる場合もあります。

後者は可愛い理由の挙動不審の形ですが、理由が前者の場合もあるので、うわのそらを理由を聞いてあげるとはなすかもしれませんよ。

挙動不審の直し方

相手の「挙動不審」の特徴などをお伝えしてきましたが、自分たちもいつの間にか挙動不審になっていることもあります。

自分で自分を挙動不審だと思うあまりに、何とかしようと慌てふためいてさらに挙動不審になってしまったりするものです。

また、挙動不審と思われる行動を自分でしていると自覚しながらも、いつも直すことが出来ずにおかしな動きの自分に自己嫌悪を感じて落ち込む事もあるでしょう。

時間はかかりますが直し方はちゃんとありますのでご安心ください。

直し方の決め手は「冷静」です。

周りを気にしない

挙動不審の元の原因はいろいろありますが、そのひとつに「周りをきにしすぎる」ということがあります。

一目を気にしすぎて行動がおかしくなる場合もあります。

そのおかしな行動がさらに人の目が集まりまた焦る。

そんな悪循環に陥ったりします。

人の目を気にする、言い方を変えると自意識過剰なのです。

まったく周りを気にしないのも良くないですが、気にしすぎはかえってよくありません。

自分が思っているほど周りはあなたの事は見ていません。

もし、あなたが「周りの人間は自分をジロジロ見ている」と思っているのであればそれは、あなたが周りの人達をジロジロ見ているからかもしれません。

ジロジロ見てしまうから周りの人と目が合ってしまい、結果的にそう思えてしまうのです。

ですから、最低限の礼儀や振る舞いができるなら周りを気にせずに行動するのが一番自然な自分を出せるので気持ちを楽にして毎日を過ごすのが良いのです。

自分を信じる

自分に自信がない人ほどオドオドとした態度となり、挙動不審に見えてしまうことがあります。

そういう人は自分に自信をつけるのが良いでしょう。

いつも自分で「どうせ自分なんか」と思わずに、自分の良いところを見つけるのです。

どのように見つけるかといいますと。

一番てっとり早いのは、誰かに褒めてもらうと自信がつきます。

だからと言って誰かに「ねぇねぇ、私の良い所言ってみて」とは言いづらいですよね。

でも聞ける人は聞いてみてください。

信頼が置ける友人か、母親に聞いてみるのがいいです。

人と言うのは他人の事はよく見えるのに、自分の事は全然見えてない場合があります。

だから最終的には自分を信じてあげるしかないのです。

そのためにどうすれば良いかといいますと。

日々の小さな行動で自信を付けて行くのです。

例えば出来なかったジョギングを1キロだけ走ってみるとか、資格を取ってみる、身体を鍛えるなどをして小さな結果でも出てきたら必ず自身につながります。

そしてそれが自信へとつながり行動や会話も堂々としてきますので、ぜひ試してみてください。

冷静になって自分を見直す

挙動不審な行動をとってしまう人は、心の状態が冷静ではありません。

冷静な挙動不審な人はあまりいません。

冷静になることは結構難しいことです。

なので自分がどのような時に挙動不審な行動を取ってしまうのか、自分が冷静な時に考えておくのがよいでしょう。

頭の中でただ考えるのではなくてノートに箇条書きするのがおすすめです。

自分が何が苦手なのか思い出すのです。

例えば“あの上司の前だと怖くてスムーズに動けない”、”たくさんの人の前だと緊張してしまう”、”仕事でミスをしてしまうと頭が真っ白になりまた次の仕事をミスしてしまう”など具体的に書いてください。

そして一つずつ対処方法を考えるのです。

自分が何を恐れているかわかれば対策を練ることができます。

挙動不審になった時の対処法

自分が挙動不審になった時にどう対処したらよいのか。

これは難しい問題です。

何故ならその時に冷静ではないから挙動不審になるのであって、その時に冷静に「よし、あの方法で挙動不審を治そう」という考えに至ることがなかなか出来ないからです。

ではどうすればよいのかというと、緊張して挙動不審のまま「開き直る」です。

正直に緊張していることを伝える

もうそのまま自分の今の心境を周りに伝えるのです。

「今、めっちゃ緊張してるんですけどー!」と言ってしまうのです。

正直に心境を伝えるのは恥かしいと思うかもしれませんが、正直になる事こそが自身の身を助ける最大の武器だと思っていいです。

正直に伝える事で周りは「大丈夫だよ」と励ましてくれたり、背中を摩ってくれるかもしれません。

周りの人間は、あなたが思っている以上に優しい人達です。

緊張している事を言ったからといって、白い目であなたをみることなどないでしょう。

少なくとも気持ちを声に出すことで、緊張がほぐれます。

挙動不審になる原因は、自分をどうにか取り繕うとするから行動がおかしくなってしまうのです。

正直でいいのです。

恥かしがらずに言葉に出してみてください。

笑顔を忘れない

緊張しているのに笑顔になんかなれるか!と言われそうですが、窮地に追われたときこそ笑顔になってみてください。

出かける前に、何か自分が苦手とする人と会う前など鏡をみて少し微笑んでみてください。

笑顔の練習をするのです。

笑顔は周りを和ませますし、和んだ雰囲気の中にいればあなたも少ない緊張で済むかもしれません。

作り笑顔になってしまうかもしれませんが、頬を動かすことで緊張で固まった顔を解すことができて、自然な顔立ちになりますよ。

力を抜く

緊張を解くには力を抜いてリラックスすることが大事です。

そうは言ってもいつの間にか力が入ってしまうものです。

力を抜く一番の方法は深呼吸をすること。

何か緊張するようなことをする前に深呼吸をしましょう。

深呼吸は、副交感神経の働きを強くすることでリラックスした状態へ切り替えししてくれる効果があります。

でも何かしている最中に挙動不審になってしまうようなショックな出来事が起きてしまってパニックになったら深呼吸をしている暇はないので、そういう時は少し深めにすっと息を吸うだけでもリラックス効果がありますよ。

あと、ちょっと影に隠れて両手をあげて背伸びしてストレッチして体の強張りを取るのもいいですよ。

時と場合によって挙動不審になる?

いつもは普通な自分。

むしろ落ち着いている方だと言われているのに、ある状況になると挙動不審になってしまう。

そんなことありませんか。

それは人としてよくあることなので安心してください。

ただ、人によっては困る事もあるでしょう。

特に大人は毎日人の前に出て何かをしなければいけません。

毎回アワアワと焦るわけにもいかないし、その行動は延いてはその人のお給料や昇進に関ってくるかもしれません。

出来れば早めに原因を掴んで治してよい方向へ持っていきたいものです。

挙動不審に陥りやすい状況

誰にでも苦手なシチュエーションがあります。

その状況を分析して冷静に判断できたら大丈夫ですよ。

緊張しているとき

誰でも緊張します。

緊張しない人などいないでしょう。

心が張り詰めている状態の時に挙動不審になりやすいです。

そしてこのすぐに緊張してしまうクセをなんとかしたいと思っている人は多いでしょう。

まったく緊張を解くことは出来ないので、方法としては緊張と上手く付き合うのが良いでしょう。

緊張と上手く付き合う方法は「場数を踏む」ことです。

たくさん経験して、慣れることが大事です。

そうは言われてもどうやって慣れたらいいの?と思うでしょうが、対処法はいくつかあります。

まずはイメージトレーニングです。

自分が緊張してしまうシチュエーションを思い出し、自分に自分は出来ると言い聞かせるのです。

あと、不安を除くことが大事です。

自分の緊張してしまう原因を探るのです。

どうしてこの時に緊張してしまうのかノートなどに書いて細かく分析すると、自分の緊張のカラクリが分かってきますよ。

嘘をついているとき

嘘はよくありませんよね。

でもどうしても付いてしまうときもあるものです。

その嘘を隠そうと必死になる余りに言動がおかしくなる事もあります。

上手く隠しているつもりでも、世の中には感のいい人がいますので、そういう人達には挙動不審に写ってしまうかもしれませんね。

だからなるべくなら嘘のない人生を送るのが一番いいとは思いますが、理由があって嘘をつかなければならない状況になったときはウソを突き通せる強いメンタルを持ち合わせておきましょう。

隠し事をしているとき

嘘も隠し事も似たようなものなのですが、隠し事と言っても良い隠し事もあるものです。

例えばサプライズで誰かを喜ばそうとした時などがありますよね。

隠し事が上手な人なら上手くいくのでしょうが、そうじゃない人はどこかギクシャクしてしまい仲のよい人には「ん?なにかあるな」と悟られてしまうこともあるでしょう。

そうして相手に追求されるとついポロっと喋ってしまう人もいるでしょう。

でも、そんなどこか嘘や隠し事が出来ない人は何かあっても憎みきれないものです。

だから嘘や隠し事を持つと苦しくなってしまう人はそこにはなるべく嘘や隠し事をしなければいけない場所に近づかないことが一番の解決策でしょう。

知らない間に挙動不審に!?

どうしよう!今自分は挙動不審になっている!と気づければ良いのですが、大抵の人は自分がいまどんな状態か分からないものです。

人に言われて初めてわかるものです。

では知らない間に挙動不審になってしまう場合とはどんな状況なのでしょうか。

脳が極度の緊張になってしまう

こんな経験はありませんか?大勢の人がいる前に立つと頭が真っ白になってしまう。

これは脳が極度の緊張状態になっているためです。

どうしてそうなるかというと、過去の記憶がそうさせている場合もあります。

例えば、過去に大勢の前で赤っ恥をかいた事がある、怖い思いをしたことがあるなど強烈な思いをしたことがあるなどが原因の一つです。

その記憶を引きずっている為に昔苦い思いをしたことがある関連した場所や人に出会ったりすると脳に「緊張」のスイッチが入ってしまうのです。

上手く緊張と付き合える人なら問題ないのですが、緊張のあまり動きがチグハグしてしまい挙動不審になってしまうことはよくあることです。

これは人として当たり前のことです。

ですので過度に気にすることはないのですが、どうしても治したい方は、自分が緊張するデあろう場面を想定してイメージトレーニングしたり、スポーツをして体を鍛えたり、克服する為に実際にその場に立ち何度も練習してみるなどをするといいでしょう。

何かをみんなの前で話さなければならない人は無理に暗記して話そうとはせずに、何を話すか書いた紙をポケットにしのばせておいてチラチラ見てもいいでしょう。

見栄を張らず、等身大の自分で緊張しないように練習するのがいいです。

不安になりすぎている

不安が多いとその恐怖心から挙動不審になってしまうこともあります。

でも不安はどこからくるのでしょうか。

不安は自分が作り出した余分な世界だとしたらどうでしょうか。

もちろん不安材料は自分以外のことが多いと思います。

でも、考えてしまわなくてもいいことまで考えてしまい、不安を増やしてしまうとさらに不安になってしまいます。

不安を払拭する事が一番よい解決策なのですが、どうすればいいのかといいますと、不安だと思っている事柄に向き合い対処いていくのがいいでしょう。

根拠の無いありもしない不安を作り上げる時間があるなら、漠然とした不安を消すための努力をいた方がいいでしょう。

不安に向き合って冷静にどうすれば不安でなくなるか、解決策を練るのもいいし、部屋に閉じこもって暗くならないでスポーツしたり気分転換にカラオケなどに行ったりするのも不安をかき消すのにもいいでよう。

自分に自信がなさすぎる

自信がなさ過ぎるのは言葉を帰れば劣等感が大きすぎるとも言えます。

劣等感が大きいと何をするにもオドオドしてしまい傍から見ると挙動不審に写る場合があります。

でもそれはあまり気にする事はありません。

確かに挙動不審に見られてしまうのは恥かしいかもしれませんがそこまで気にしていたらキリがありません。

それよりも大事な事は劣等感にがんじがらめになり、したいことも出来ずに自分を責めながら小さく生きていくことしかできないのはとても残念なことです。

自分にはムリだとか思わずに、本当は自分は何をしたいのかこれから何をしたいのかじっくり考えてみてください。

人はもっともっとワガママに生きてもいいのです。

小さな成功を少しずつ重ねていき自分に自信を付けていきましょう。

そして劣等感を消していってください。

まとめ

いかがでしたか。

挙動不審とはどんなものなのか、また挙動不審の治し方などをお伝えしましたが挙動不審自体をそんなに怖がることはありません。

原因を探って対処すれば治すことができますし、過剰に自分の挙動不審な姿を気にする事はありません。

人はそれほど他人を見ていません。

それに人の挙動不審をジロジロ見るほうが挙動不審だと言ってもいいでしょう。

でも心の中にちょっと治しかたを入れておけばイザという時に自分だけでなく、周りの人を治してあげる事ができますので、復習をしましょう。

・挙動不審になったらまずは深呼吸をする。

友達が同じ状況になっても深呼吸をおすすめする。

・自分に自信をつける。

そのためにスポーツをして身体を鍛えたりしてメンタルを強くする。

・挙動不審になってしまうような場所に身を置かない。

嘘や隠し事は挙動不審になりやすい原因である
・周りの目を気にしない。

周りはそれほど他人を見ていない。

・緊張してしまう人は、イメージトレーニングなどをする。

でも一番いいのは苦手だと思うことの経験を重ねて慣れること。

・不安材料は最低限のものだけにしておく。

不安から根拠の無い想像をしてさらに不安材料を増やさない事
・不安と冷静に向き合い、何が自分を挙動不審にさせているのか見極める事

挙動不審になっている時間はそれほど多くはありません。

自分が思っている以上に短い時間ですので万が一、挙動不審な動きをしたなと思ってもいつまでも引きずらずに気分転換することで、次の瞬間から明るくハツラツとしたあなたを取り戻すことができます。

挙動不審を正すのはリラックスが一番です。

どんどん好きなことをしていつもの明るいあなたを取り戻してくださいね。