CoCoSiA(ココシア)

ツーカーな仲の人の8個の特徴


あなたには親友がいますか?

私たちは生きていく中で様々な人間と出会って生きています。

まず生まれた時点で私たちの周りには家族が存在しており、そしてある程度の年齢になると同じ年代の子供達が集まる環境に身をおくようになります。

例えば保育園、幼稚園、小学校、中学校、高校、専門学校、短大、大学などがこれらに当たります。

もちろんこれ以外にも考えてみれば部活動であったりサークルの活動などもたくさんの人間と共通の作業する場として考えることができます。

そのような場所に身を置くことによって様々な人間との関わりを持つようになりますが、たくさんの人間と関わっていくと自然と一緒にいて居心地がいい人間関係を築くことが可能になると思います。

例えばプライベートの時間を一緒に過ごしたいと思えるような仲間が該当すると思います。

一般的に距離感が存在している立場の人間であればなかなかプライベートの時間まで一緒に行動しようと思ったりはしないですよね。

しかし気心知れて距離感がかなり近づいた人間とはプライベートを一緒に行動しても楽しい気分を味わうことが可能になります。

そしてそれを何度と繰り返していくなかで自然と様々なことを一緒にこなすような人間関係を築くことが出来、気づけば自分の事なら何でも話せるような親友になっていたというようなことがあると思います。

より良い人生を生きるためには良い人間関係を築くことが大切です。

良い人間関係を築いてたくさんの親友を作ることによって人生において様々な場面で助けてもらえたり、楽しいことを経験したり、楽しい思い出を作ったりすることができるからです。

しかし親友の中にも自分の中でランクが存在している場合があると思います。

特にこの人間とはたくさんの時間を共にしてお互いのことを理解し合えていると感じている親友の中でも一番最高のランクに位置している人がいると思います。

今回はそのような立場の人間、つまりツーカーの仲をテーマにしてツーカーの仲の人の特徴をご紹介していきたいと思います。

この記事の目次

ツーカーな仲の友達はいますか?

親友がいる人はたくさんいると思いますが、その親友の中にツーカーの仲の友達がいるかと聞かれるとはいと答えられる人は少なくなるかもしれません。

なかなかツーカーの仲に発展するためにはそれなりに共通の時間を過ごす必要もありますし、自分のことや相手のことを知っておかなければ発展できるような人間関係にはならないからです。

一般的に私たちは他人と仲良くなる時には共通点を探し出しその共通点からたくさんの話を行っていき、自分のことを知ってもらい相手のことを知り、距離感を短くすることによって居心地のよい人間関係を築いてたくさんの時間を過ごしていくという方法が一般的です。

しかしこの方法を考えてみるとどうしても時間は有限ですのでたくさんの人間と仲良くしたいと思ってもツーカーの仲まで発展することを踏まえるとなかなかたくさんの人間がこのような関係に発展できるわけではありません。

つまり、どうしても親友止まりになってしまう人が存在するということです。

もちろん親友レベルまで行けばある程度のことはお互いわかると思いますし、それだけでとても大切な存在にはなるのですが、ひとりくらいはツーカーの仲の友達を築くことも人生において大切な様子であるということを理解いただきたいと思います。

もしも今ツーカーな仲の人が存在していないのであれば、ツーカーの仲の友達を一人ぐらいは作れるように自分なりに工夫して人間関係を築いていくことをお勧めします。

ツーカーな仲って何?

そもそも人によってはツーカーの仲という言葉自体がよくわかっていない方がいるかもしれません。

今の若い方からしてみればこの言葉が通じないのも当然の話です。

ツーカーの仲という言葉に関してはかなり昔から使われており、現在に関してはあまり効かなくなった言葉として知られているからです。

もともとの始まりとしては昭和40年代頃から使用されているとされており、現在から考えるとかなり昔の話に感じるようになると思います。

なのでこの言葉を聞いた時は買い方は業界用語か何かなのかなと感じる方も多いと思います。

そこでまずはツーカーの仲を理解していただくためにツーカーの仲という言葉がどういう意味を示している言葉なのかということをご紹介していきたいと思います。

意味

ツーカーの仲という言葉が持っている意味は「お互いに気心が知れていてちょっと言うだけで通じる様」を表している言葉としても知られています。

つまり簡単に言ってみれば親友という言葉の上位互換という存在になると考えていただければわかりやすいかもしれませんね。

先ほどご紹介したように親友という存在の中でもトップクラスにお互いのことを知り尽くしている存在と言えるかもしれません。

なかなかここまでの関係性になるということは簡単なことでもありません。

それなりにお互いのことを知るためにはある程度まとまった時間が必要になりますし、お互いのテンポを合わせるためにはそれだけ長い時間コミュニケーションをかけなければ得ることができないからです。

なので友達の中でも最終形態に位置している関係性になると考えることもできますね。

もしも今あなたにとって親友がいるのであればその親友とツーカーの仲になるために自分なりにもっと相手のことを知れるように工夫してみると、気心の知れた最強の存在になってくれるかもしれませんよ。

語源

なぜツーカーの仲という言葉で表現されるのかと気になっている方もたくさんいると思います。

なのでツーカーの仲という言葉がなぜ成り立つようになったのかということを簡単にご紹介していきます。

ツーカーの仲という言葉の元々の語源は私たちが一般的につかっている「つうかぁ」という言葉によるものが由来になっています。

「つうかぁ」とは、もともと「つぅことだ」という言葉の返答の言葉として「そうかぁ」という言葉が用いられていたように、この言葉がセットになっている事から、片方の人間が相手に対して説明する時にわざわざ内容言わなくても伝わるような親密な関係性であるということを唱えた言葉として知られています。

つまり、長い時間一緒に時間を過ごすことによって、お互いの考えていることであったり、お互いが話そうとしている内容について全てを話さずとも理解できるような親密な関係性であるということを表した言葉として考えられています。

そこから親密な関係性を表す時に使われる言葉として発展したと言われています。

それ以外にも様々な言葉の由来が存在しているのですが、他のものに関しては少し成立した時代関係などを考えると考えづらいものも存在していますので、一般的にはこのような成り立ちで作られた言葉であると考えてください。

使い方

ツーカーの仲という言葉をもしも日常生活で使う場合はどのような方法で使えば良いのか分からない方も多いと思います。

もしも日常生活でツーカーの仲という言葉を使うのであれば具体的にどのように使うのか例文を交えてご紹介していきます。