CoCoSiA(ココシア)

ツーカーな仲の人の8個の特徴(続き3)

相手の好きなことを知るという事は良い人間関係を形成する上でとても大切なことです。

例えばあなたに恋人がいたとして、その恋人があなたの好きな料理を作ってくれていたとなるととても温かい気持ちになりませんか?

自分の好きなことを覚えていてくれてなおかつそれを実現するために行動してくれたということがとてつもなく嬉しいことになるはずです。

相手の好きなことを実現してあげるだけで一気に距離感を縮めることができますので、円滑なコミュニケーションを行うためにも相手の好きなことを知る努力を行うようにしてください。

嫌なことも忘れさせてくれる

次にご紹介するツーカーな仲の人に見られる特徴は嫌なことの忘れさせてくれるということです。

あなたは大切な人から嫌な経験をした時の気持ちを忘れさせてくれる気遣い、行動などを受けたことがありますか?
もしもこのような経験があるのであればツーカーの仲になっていると考えることができます。

友達という存在は冒頭でもご紹介した通り人生を生きる上とても大切な存在です。

私たちは生きている限りたくさん楽しいことも経験しますし、辛いことも経験します。

辛いことを経験した時にはどうしても身近な存在が人間に話を聞いてもらったりして元気を出せるように助けてもらったりすることが一般的だと思います。

ツーカーの仲であり友達であれば相手が悩んでいたり、悲しんでいたりする姿を見た時に自然とその状況から救ってあげたいと思うはずです。

それによって何かしらのアクションを行ってくれ、気持ちを軽くさせてくれようとしてくれるのです。

なので、このような行いを受けた事がある、もしくはして挙げたことがある方は心から相手の事を考えている、もしくは自分の事を考えてくれている証拠になるのです。

言葉も大切ですが、行動も同様に大切なことです。

これまでの過去を振り返ってこのような行動をしてくれた親友は一生大切にしてあげなければいけません。

いるだけで安心できる

次にご紹介するツーカーな仲の人に見られる特徴はいるだけで安心できるということです。

一般的に友達と呼ばれる存在は一緒にいて気楽な気持ちになれる存在なのですが、それでも友達と言っても様々な場合が存在しており、その友達ことによって適している距離感が存在しているはずです。

例えば友達ではあるけれど二人っきりで遊んだりするほど仲良くはないというような存在の友達っていませんか?

三人で遊んだりすることはあるけど二人っきりで遊んだことはないなぁという方はたくさんいると思います。

それ以外にも数時間程度なら二人っきりでも問題ないけど数日間一緒にいるとなると少し考えてしまうというような存在もあると思います。

このように友達のランクによって自然と出来した距離感などが存在しており、自分の心の安心などに直結して考えてしまうものです。

しかしツーカーの仲になれば一緒にいて全く苦にならないような存在であり、相手がいるだけでなんとなく安心するような気持ちに変化が見られる場合があります。

あなたが親友だと思っている存在が身近にいるのを感じて安心覚えたことはありませんか?
もしもその親友に対して安心感を感じているのであればあなたにとってはツーカーの仲になっている証拠なのです。

そして、あなたが安心感を感じているのであれば、自然と相手も安心感を得ている可能性が高いです。

なぜならお互いの気持ちは繋がっている可能性がとても高く、人間の心の中でも敏感に感じ取れる部分になるからです。

相手がこちらに対してギクシャクして気持ちを持っていれば自然とこちらもギクシャクしますし、話すときもつたない話し方になってしまいます。

だからこそ一般的には両方が安心感を感じているからこそ安心感は生まれるのです。

笑いのツボが一緒

次にご紹介するツーカーな仲の人に見られる特徴は笑いのツボが一緒ということです。

これはどういうことかと言いますと例えば笑いのツボが一緒であるということは感性が似ていると捉えることが出来ます。

物事に対して共通の考え方を持っているという事は感性が同じで、考え方なども似ている場合が多かったりします。

これは相手との人間関係を形成する基盤の中でもとても大切な部分になります。

例えば相手のことを嫌いではないけどなんとなく馬が合わないなと感じる様な人っていませんか?
それは相手の性格が悪いわけではないけど、自分の感性と相手の完成が合っていないことによるズレを感じてしまっている場合が大きいです。

例えば性格が正反対で、自分が好きなことを必ず相手が嫌いだと感じているような人とは仲良くなるのは難しいですよね。

何をするにしても意見が合わなかったりすると喧嘩が生じやすいですし、一緒にいても楽しくないと考えられがちだからです。

しかし笑いのツボが一緒だったり、他の完成なども似ている場合は相手とコミュニケーションが取りやすくなります。

なので例えば恋人を作るときもなるべく笑いのツボが一緒だったり、趣味や考え方が一緒だったり、価値観が似ている人間を選ぶことによって一緒に住んだ時にストレスを感じることなく過ごしたりすることが可能になります。

これはもちろん友達を作るときも同じですのでひとつの概念として考えていただけると気の合う友達を作りやすくなれますよ。

お互いのクセも許せる

次にご紹介するツーカーな仲の人に見られる特徴はお互いのクセも許せるということです。

これはどういうことかと言いますと、相手との信頼関係がより親密であればあるほど相手のクセに関しても許しやすくなるという事です。

例えば中途半端な関係性になればなるほど相手のクセに対して受け入れられなかったりする場合があります。

例えば例を挙げると、貧乏ゆすりを隣でされたらとても気になってしまいますよね。

他人であればあるほど何となくその行為が気になりだして、その人自体が性格が悪いわけではないのに嫌いになったり、関わりたくないと思ったりするようなことがあると思います。

しかし自分が知っている距離感の近い人間が隣で貧乏ゆすりをしていたとしてもそこまで気にならない場合が多いです。

相手のことをよく知っているからこそその行為をしたとしても特に自分の感情が揺さぶられることがないのです。