「今日は野暮用で一緒に行けないんだ!ごめん」なんて言葉をきいて「野暮用ってなんぞや!?」と疑問に思ったことがあるのではないでしょうか?

野暮用と言われたことに対して「それってどういうことなの?具体的にどういうことなの?」なんて更に質問をすると嫌な顔をされて、こちらまで嫌な気分になってしまうことがあります。

では、如何してその人はわざわざ”野暮用”という言葉を使い、それを問い詰めたらいやな顔をしたのでしょうか。

ずばり、野暮用とはあまり知られたくない、公にしたくないような出来事をあらわす言葉だからです。

当たり前のことだったり、相手に伝える必要の無い出来事であればあなただってあまり多くの人にその物事についての話をしないのではないでしょうか。

しかし、あまり聞きなれない言葉だからこそ聞きなおしてしまうんですよね。

この記事では、「野暮用」という言葉について特集しています!

また、どんなときにその言葉を使うべきなのか、その言葉を使うことによって相手にどのような印象を与えることになるのかもお伝えしています!

間違った意味で使わないように”野暮用”の言葉をしっかり理解しておきましょう!

️野暮用ってどんな用事?

「野暮用があるからさ」なんていわれたって、初めてその言葉を聞く方にとっては「なにいっとんじゃぁい!」とつっこみたくなるはず。

だって、野暮な用事ってなんなのよ、って話だからです。

「君は野暮だなぁ」なんて言葉葉使うけれど、野暮用という言葉は遣ったことが無い人は多いのでは?
それなのに急に会話のなかで「野暮用」なんていわれても困ってしまいますよね。

だって話がまったく理解できないし、どのように返事をしたらいいのか全く分からないからです。

では、想像してみましょう。

”野暮な用事”とはいったいどのような用事なのでしょうか?

あなたなりの答えをイメージしましたか?

または「そんなことくらい知っている!」と知識を頭に思い浮かべたでしょうか。

では、野暮用の本当の意味を確認していきましょう!

実は、野暮用というのはひとつの出来事だけをさすのではなく、話の状況やその話しての状況によってあらゆる意味になるんです。

野暮用の意味は…

日常的な用事


野暮用(やぼよう)とは、日常的な用事のことをさすことがあります。

例えば、「会社帰りにのみに行く」「一人でショッピングを楽しむ」「家族と一緒にでかける」「毎朝または会社帰りにコーヒー専門店でコーヒーを飲む」なんて、日常的にやっている行動があるのではないでしょうか?

それって誰かに伝えるまでもなく、自分のなかの出来事として完結してるはずです。

逐一何かをするたびに行動を誰かに報告するなんて、子供じみたことをきっとしていないはずだからです。

それにわざわざ「これから一人でのみに行くからさ」なんて伝えたら、その伝えた相手が「じゃあ一緒にいきますよ!」なんて言い出すかもしれない。

そうしたら、”一人で楽しむお酒”が飲めなくなりますよね。

また、家族との用事があるからなんて伝えたら「家族はどういう人なのか」なんていう話題になりかねません。

そんな話題になることが想像できてしまい、その内容を話すのがめんどうくさいと感じるのでわざわざ”野暮用”と表現するんですよね。

あなたもそのように”誰かに触れて欲しくない日常的な用事”ってあるのではないでしょうか?

職務上の用事

仕事をしていたら当たり前のように行う仕事があるはずです。

出勤後の取引先の会社周り、さらには書類をまとめることだってそうですよね。

そういう”やることが当たり前”のことに関しても”野暮用”と使うことがあります。

また、そのように当たり前のようにこなしている仕事だけではなく、仕事関係の人間関係の話や人付き合いのことも含まれます。

「上司とのみに行く」「部下を慰める」なんていうのも会社に関連する出来事ですよね。

会社にいなければその人に出会うことは無かったし、会社にいるからこそその人間関係がなりたっているわけです。

そのように職務上の用事のことも使われるということを覚えておいて下さい。

社会人の方であれば、仕事づきあいをしている中で「野暮用があるから」なんていう言葉をよく耳にしているのではないでしょうか?

つまらない用事

用事とはいえ、全ての物事がワクワクしないことってありますよね。

もちろん全ての物事にワクワクしている方もいるかもしれませんが・・・。

ワクワクしないような、ちょっとめんどうくさいような用事のことも野暮用と示します。

例えば、あまり乗り気ではない飲み会への参加だとか、やりたくもない仕事をすることなどです。

そのようにつまらない、自分はあまり興味を抱いていないことに対しても野暮用といいます。

あなたにも今の段階でそのような”つまらない用事”があるのではないでしょうか?そんなつまらない用事をいちいち話すことさえ、めんどうくさいだとかつまらんことだな、なんて感じてしまうはず。

だからこそ、そういうときこそ”野暮用”という言葉を使うんです。

言うほどでもない用事


相手に伝えるほどでもない用事ってありますよね。

自分のなかでは習慣化していることだったり、その物事に関係していない人物であればそれを伝える必要は無いはずです。

さきほどもお伝えしましたが、大人になってまでもいちいち何かに付けて誰かにプライベートのことを報告している人っていないですよね。

「ちょっとコンビニにいく」「美容院でカットする」「ちょっとスーパーで買い物をする」「ちょっと友達とお茶をする」なんていうのも、その買い物にいったり、お茶をする当事者であれば関係のある出来事ですがそこに行かない人や全く関係ない人には伝える必要はありません。

それにその物事をきちんと話したところでいちいちつっこみを入れられると困ったり、いらついてしまうような用事に関しては”野暮用”でおさめることが多いようです。

大切じゃない用事

言うほどでもない用事だとかつまらない用事っていうのは、その当事者にとってもあまり重要ではない出来事をさしています。

例えば、自分の結婚式であれば多くの人に知らせるでしょう。

それを「野暮用」なんていう人はいないはずです。

要するに、あまりにも大切じゃなさすぎる、価値がなさすぎる行動や用事なので人に伝える必要がないと感じているんですね。

しかし、大切かどうかというのは人それぞれによって価値観がちがうので後になって問題になることも。

信頼する人(家族など)には、出来る限りどんなに大切ではないと思うようなことでも情報共有しておくことが好ましいといえるでしょう。

信頼していると思っている関係の人に「野暮用あるから」なんていわれたら、不信感を感じてしまう人もいるからです。

特に男性がよく使う

この「野暮用」という言葉は、男女どちらも使う傾向があります。

しかし、特に男性がよく使うんですよね。

男性というのは女性に比べて社会に出ている時間が長いですし、それに秘密が多いもの。

秘密が多ければ、その全てを誰かに話していたのでは秘密になりませんし、最悪の場合その相手との離別をしなければならなくなりますよね。

男性というのは単純な考え方をしているくせに、こういうところにはとてもすごいパワーを発揮します。

仕事をしている場面で野暮用を使うのであれば、全く問題はありませんがなかには浮気をしていることだとか誰かに伝えたくないために”野暮用”を使うこともあるんです。

要するに誰かに知られたくないような内容を隠すため、話したくないためにも使われるということなんです。

ですから、男性が野暮用という言葉を使っているときにはそれらにも注意したいですね!女性のみなさん!

️具体的に野暮用ってどんな用事?

これまでに”野暮用”という言葉の意味を確認&おさらいしてきました!なかには、「想像していた通りだった」「使っていた意味であっていた」と確認できたことでしょう。

しかし、この言葉を知らなかった人にとっては驚くような意味だったのではないでしょうか。

なぜならば「野暮」という言葉から、多くの意味が派生していたからです。

しかし、意味を知っただけではその言葉をきちんと使いこなせるとは限らないですよね。

ここでは、”野暮用”という言葉をどのように使うべきなのか?

どのように使われているのかをご紹介していきます!さきほどの意味をお伝えする中でも、ちょっとした例文をお伝えしましたがもっと詳しく確認していきましょう!

これであなたも意味を間違えずに”野暮用”という言葉を使えるようになるはずです。

自販機で飲み物を買う

会社にいるとき、家にいるとき、自動車で誰かと一緒に乗っているときだって、私たちは生き物ですからのどが渇くことがありますよね。

そんなときに「のどが渇いたー」「ジュースのみたい」と言葉に出す人もいれば、自分の心のなかだけで叫んでおいて誰にも伝えない人だっているんです。

そんな”ちょっとした飲み物を買いに行く”ためにわざわざ誰かに伝えないですよね?近くにいる人や同じ行動をしている人であれば伝えるかもしれませんが、”重要事項”としてわざわざ全ての人に伝えないはず。

それに伝えられた人だって「勝手に行ってくれよ」と思ってしまうはずです。

あなただって、あまり親しくない人や仲良い人であっても「ちょっくら自販機いってくるわ」なんていわれたら、どう感じるでしょうか。

自分自身にいわれても何も思わないことを誰かに伝えようなんて思えないですよね。

コンビニに行く

コンビニってどこにでもありますし、気兼ねなく行くことが出来るところ。

だからこそ、いちいち誰かに報告する必要はないものです。

なかにはなんでもかんでも報告義務をつけて報告させたがる人もいますが、そういう人は頭がいかれているので相手にしないようにしましょう。

それにコンビニって行って帰ってくるのにそんなに時間がかからないですよね。

ちょっと雑誌を立ち読みしてしまうことがあっても、数時間も居座るようなお店ではないからです。

それに買えるものがスーパーなどに比べると凝縮されているので、お買い物に時間もかかりません。

少しスイーツを選ぶのに時間がかかってしまったとしても、そんなに時間はかからないですし誰かの迷惑になるなんてことは無いんです。

ただブラブラしているだけ

何も目的もなく、ただブラブラしたくなるとき・もしくはしたいと感じるときってありますよね。

そういうときこそ、これまで見たことの無かった視点で物事や景色をみることができたり、新しいお店などのこれまでになかった発見ができるものです。

そんなときに「今ブラブラしてるから」なんていちいち報告なんてしないはず。

それにブラブラすることってそんなにおかしいことでもないし、重要視するものでもないですよね。

日常的に誰もがやりうることです。

まぁ、世の中にはムダが大嫌いな人もいますから、なかにはブラブラしない人もいるのかもしれませんが。

説明が面倒くさいこと

あなたは、誰かに何かの説明を求められたときに全て説明しますか?それとも重要なところだけをピックアップして相手に伝えているでしょうか。

そのようにしているのであれば、あなたはとても心が広い方なのでしょう。

普通、少しでもながったらしい説明になるな、時間がかかるな、説明してもどうせ相手は理解してくれないにちがいない・・・なんて感じてしまうと、とたんに説明する気持ちがうせてしまうからです。

話すと長くなるから野暮用になる

話すと長くなるのがわかっている。

説明して理解してもらうためには、とても細かいところまで説明しなければならないと分かっている。

だからこそ、野暮用にしてしまうんです。

それってやりたくないことだし、手間のかかること。

だからこそ「それは野暮用だよ」なんて済ませてしまうことも。

または「説明が下手でつたわらないと思うから、自分で調べて理解したほうがいいよ」なんていう人もいますね。

あなたは、どうしているでしょうか?

後ろめたい用事

さきほどもお伝えしましたが、誰かに伝えるのが後ろめたいと感じるような出来事に対しても野暮用という言葉を使うことがあります。

例えば、奥さんにギャンブルをやめるようにいわれているけれども、どうしてもいきたい!そんなときに「今日は仕事の帰りに野暮用があるから」なんていうんです。

その場合はきっと奥さんに問い詰められてバレてしまうでしょうが。

または、やってはいけないといわれていることに手出しする用事があるとき、本当は行きたくないのにどうしても行かなければならないとき、その用事によって誰かを裏切ることになると分かっているときなどにも”野暮用”で済ませることがあります。

それらの出来事を直接ストレートに相手に伝えてしまったら、相手を傷つけるのは分かっているし、場合によっては自分自身が問い詰められると予想できるからなんですよね。

恋人がいるのに異性と会うなど…

一番多いのが恋人や配偶者がいるのに異性に会いに行くときなど。

悪い気持ちや後ろめたい気持ちが少しでもあるのであれば、会うのをやめればいいのにそれができないんですよね。

なぜかというと、その異性にも会いたい気持ちがあるからです。

会ってしまえば、その異性との二人の世界に入れるので嫌な気持ちはしない。

でもいざその人に会うまでの時間だったり、恋人や配偶者からお誘いがあったというのに他の異性との約束を優先しているときなどには、後ろめたさMAXに。

まぁそういう後ろめたい気持ちをしたままで浮気している人ってどこかよそよそしいのでバレてしまうんですけどね。

あなたはお気をつけて!

恥ずかしい用事

あなたには、恥ずかしい用事ってありますか?自分のなかで完結するのであれば全く問題はないけれども、誰かに伝えるとなるととたんに恥ずかしくなってしまうような用事のことです。

脱毛サロンに行くなど…

例えば脱毛サロンや全身の毛をそってくれるサロン、ダイエットをするライ◎ップ、周りから見たら自分にはあっていないと思われているであろう美容サロンなどなど。

人には、それぞれの人生があるようにそれぞれの恥ずかしい用事がありますよね。

男性であればギャンブルや風俗などの水商売などもありますし、女性であっても水商売に遊び行くことやガラでもないのにかわいいキャラクターのグッズが販売されているお店にいくことなどがあげられるはず。

誰かに少しでも話したら、自分が恥ずかしい思いをすることや場合によっては誰かにバカにされてしまうのが目に見えていると話したくなくなるものです。

あなただってそうなのではないでしょうか?

嫌いな人に対する説明

嫌いな人がいない人はきっといないでしょう。

嫌いとまではいかないけれども、苦手な人はいるはず。

そういう嫌いな認識のある人から自分のことを何か尋ねられると、どうしてもこたえたい気持ちにはなれないですよね。

だって、嫌いな人にわざわざ自分のことを教える必要が無いと感じるからです。

それい嫌っている理由には、自分のことを何かに付けてバカにしてくるからかもしれないですし、嫌味しかいわないような人なのかもしれないですよね。

あなたの嫌いな人に何か聞かれたら、いつもどうしていますか?

自分のことを話したくない

自分のことを話したくないときって、話をそらすようにしたり、その場からいなくなれるように仕向けるはず。

また、その嫌いな人がどこかに行ってくれるように何かしているのではないでしょうか。

それはあなただけではないんです。

嫌いな人に対しては自分のことを話したくないと感じているのはあなただけではありません。

嫌いな人がいる、苦手意識のある人がいる人であれば、誰だって感じるものなんです。

嫌いな人に自分のことを話したら、なんだか嫌悪感に包まれてしまうような気持ちさえしてしまいますよね。

早くその場を切り上げたい

また、少しでも自分のことを話してしまったら質問攻めにあったりして、その嫌いな人との会話を長時間にわたってしなければならないはず。

ただでさえ嫌いなのに、その人とどうして会話をしなければいけないのでしょうか?

誰だって嫌いな人とは、同じ空気を吸いたくもないし、顔も見たくないし、声だって聞きたくないはずです。

だって嫌いだからです。

理由はそれだけ。

だからこそ、その嫌いな人との時間を一分一秒でも短くしたいんです。

そのため、会話が長くなるようなことは一切しません。

相手が何か話題を出してきても、冷たくあしらっちゃうことだってあるはず。

️野暮用が与える印象

では、野暮用という言葉を使うことによってどのような印象を与えているのでしょうか?

「野暮用があって」と言われたら?

あなたは、コレまでに誰かに「野暮用があって」といわれたことがありますか?

野暮用という言葉は、会話の流れにそっていなくてもつ買われるのでなかなか理解しがたかったのではないでしょうか。

また、これまでに使っている人に出くわしたことが無いのであれば、ぜひ言われているシーンを想像して読み進めてみてください。

誤魔化された感

野暮用という言葉には「隠したい何かがある」だとか「説明するのがめんどうくさい」などの意味があったのを覚えていますか?それって言われた側からすると、なんだか誤魔化されているような気持ちになってしまうんですよね。

だって、わざわざ野暮用なんて使わなくても完結に説明できるはずだと思うからです。

言えないことなのかと思う

秘密にしていることも野暮用でおさめることができるので、この人は自分にいえないことをしようとしているんだな・・・と相手を疑う目線でみてしまうことになります。

それまでは信用していたけれども、野暮用という言葉ひとつで信用に値しない人だと思われることも。

そのため、今後のことも考えてずっとお付き合いをしていたい人には野暮用という言葉は使うべきではありません。

怪しさを感じる

なんだか怪しい雰囲気を感じ取る人もいます。

なかにはコンビニに行ったり、自販機にいくだけの”ライト”な用事に野暮用を使う人もいますが、浮気相手とあったり、やってはいけないといわれていることをやるために野暮用という言葉を使う人がいますよね。

前者であれば質問されたときにサクッと答えることが出来ますが、後者だと別の回答を用意する必要があるのでなかなかそうもいかないでしょう。

怪しさを感じた場合は、必ずだれもが質問攻めにしてくるものです。

そこで答えられなかったらそれまでのその人との関係が一気に崩壊するでしょう。

また、疑われるということってとても苦しいものですし、反対に疑わなければいけない状況になってしまった人もとても苦しいものです。

言ってくれてもいいじゃんと思う

仲良しだと思っていたのに、お互いに信頼しあえる関係だと思っていたのにどうして隠すんだろう?と思う人もいます。

野暮用という言葉を使う人は、きっと秘密主義者なのでしょうし、それにいつも一人でいろいろなことをこなしてきた人なんですよね。

でも、世の中にはあなたのようなタイプだけが存在しているわけではないんです。

何かやるごとにいちいち誰かに伝える人だっています。

それを知っておくことによって誤解がとけるでしょう。

逆に気になる

どうしてわざわざ野暮用なんていって隠そうとしているんだろうか!?なんて気になってしまうことがあります。

あなただって、いつもは何でも話してくれる相方が急に「今から野暮用だから、これで失礼するよ」なんていってきたら「コイツなに隠してるんだ!?」と探ってみたくなってしまいますよね。

実はその内容はコンビニで買い物をするくらいにとても単純かつ普通のことなのかもしれません。

しかし、その話し手はわざわざ話す必要もないし、それを伝えたところでどうにもならないからこそ”野暮用”という言葉を使っているんです。

こればかりは価値観の違いでしかありませんが、どんな理由にせよ、どのような用事を野暮用にしているかにせよ誰だって気になってしまうもの。

それに話しているときの表情によっても、にこにこしていれば「楽しみな用事があるんだな」だとか悲しそうな顔をしていれば「嫌なことがあるんだな」なんて気になって仕方なくなります。

大切な関係であればあるほどに、そこに疑いの気持ちを持ってしまうこともあるので関係性によっては、野暮用を使わないようにしたほうがいいかもしれないですね。

それが疑念をよび、いつまでも疑われることになってしまうかもしれないんです。

適当にあしらわれた感

野暮用ってきちんと説明したくないとき、その必要がないと感じたときに使われる言葉です。

その意味を知っている人は、「ああ、あしらわれたんだな」なんて感じることがあります。

野暮用とうい言葉には、話したくないことを隠すために使うこともありますが、野暮用という言葉を使われた人はそのような意味ではなく「めんどうくさいのか」と思ってしまうんですね。

そのような感情は次第に「この人は、自分とはあまり会話をしたくないんだな」とか「私のこと自身をめんどうくさいと感じているのかもしれない」なんていネガティブな印象になってしまうことがあるんです。

あまりあなたの発言に左右されないような人であればいいのですが、全てがそのような人だとは限らないですよね。

十人十色という言葉があるように、この世界にはさまざまな性格をした人が生きています。

そのため、あなたの野暮用発言によってどこかで傷ついている人がいるかもしれないということを忘れないでください。

とても簡単な言葉だからこそ、使うときに注意しなければならないんです。

本当に野暮用なんだと思う

野暮用という意味ガ分かっている人であれば、話すのがめんどうくさいんだな、あまりいいたくないんだな、ああ、話さなくてもいいことなのか・・・とストレートにそのままの意味を受け取ってくれます。

このように感じてくれる人というのは、その人自身も野暮用という言葉を日常使いしていることが多いんですよね。

もしもあなたが野暮用という言葉を良く使っているのであれば、その言葉を使っている人をみたらあまり疑いもしないし「そういう用事なのだ」で済むはずです。

このように一発でモノを分かってくれる人であればいいのですが、この世界には色々な性格をしている人がいるために必ずしもそのようになるとは限らないことを頭に入れておいてくださいね!

また、野暮用だからといっていて、本当は重要な用事であることだってあるので相手によって「このシーンは野暮用でいいのか」と考えるクセをつけたほうがいいかもしれません。

曖昧でよくわからない

野暮用ってたくさんの意味やニュアンスを持っていたことを覚えていますか?

それらって、野暮用を使っている人でも使わない人であっても野暮用という言葉に曖昧さを感じてしまうんですよね。

それは隠したいことなのか?ただ単に伝えなくても良いと思っていることなのか?

それとも話すのがめんどうくさいと感じているのか・・・判断しにくいからなんです。

全人類が相手の心理を読めるということはないので、相手の発している言葉や行動で相手の心境を判断するしかないんですよね。

そのため、野暮用なんていう言葉を使われてしまうと、本当は何をいいたいのかが分からないんです。

その曖昧さゆえに、違った意味で相手に解釈されてしまい嫌な気持ちを感じてしまうことも。

また、最悪の場合、関係の破綻にもなりかねませんのでやはり使う相手には注意したいものですね。

反応に困る

はっきりいって反応に困ります。

なかには野暮用という言葉を使っているけれども「それってどんな用事なの?」と聞いて欲しくてその言葉を使っている人もいるからです。

そのように感じてその質問をすると、急に嫌な顔をする人もいます。

知られたくないんですよね。

野暮用という言葉はとても曖昧なために、なかなか使っている意図が相手に伝わりにくいという難点があります。

さきほどもお伝えしましたが、人は相手の話す言葉や行動で相手を判断するもの。

だからこそ、そのような曖昧な言葉を使われてしまってはどのように反応したらいいのか困ってしまうんです。

それに対して「何も反応しないで、うん、とだけいえばいいのに」という方がいますね。

しかし、相手の求めている答えを出そうとしている人だって、この世の中に入るんです。

そういう性格をしている人に野暮用という言葉を使うと困らせてしまうので、やはり使わないほうがいいでしょう。

また、自分の求めている反応(例えば何も言わないでうなずくなど)が得られないときに怒らないこと
そもそもその言葉を使ってしまったあなたがいけないのですから。

️野暮用はあまり使わないほうがいいかも?

この記事では”野暮用”(やぼよう)という言葉について特集してきました!いかがでしたか?

野暮用という言葉には、さまざまな意味があって人によっては理解しがたい曖昧な言葉であるということでした。

そのため、誤解されやすく、理解してくれない人にその言葉を発した場合にはケンカや離別の原因にもなってしまいます。

野暮用はとても使いやすくごまかしやすい言葉ですが、できる限り使わないようにしたいですね。

でも、どうしても使いたいというのであれば、「それはどんな意味なの」ときかれても困らないものに使うといいでしょう。

そこで言い返せなかったらめんどくさがっている、隠したい秘密があると思われても仕方が無いからです。

人間関係を円滑にしていくためにも、これからは野暮用という言葉の使い方に気をつけていきましょうね!