あなたはガチという言葉をご存知でしょうか?

マジではなくて、ガチです。

若者がよく使う言葉なのですが、実際マジとガチ、何がどう違うのかよくわかりませんよね。

ガチです、ガチでやばいそれ、リアルガチだ、あいつはガチだなどと若者の間では一般的に使われています。

そもそもガチの意味って、いったいどういうことなんでしょうか?

なんか似たような言葉もたくさんありますし、どう使っているかもよく分からない言葉だと思います。

今回はそんな若者がよく使うガチという言葉の意味を詳しく紹介していきます!

さらに若者がよく使うであろうシチュエーチションも合わせて紹介していますよ♪

そんなガチという言葉がイマイチよく分からないあなたも、若者だけどそんな言葉を使っていない、そして使ってみたいあなたも、今回はガチという言葉について知っていきましょう!

️ガチってどういうこと?

そもそもガチの意味っていったいどういうことなのでしょうか?

ガチンコなどとは、大人な人も使うと思いますが、ガチってあまり使わないですよね。

ガチとはガチンコの略から来ているとも言われています。

ガチンコ=つまり真剣な真向勝負を指します。

そんなガチという言葉は、若者が主に使う言葉で、もしくは芸能人など流行に敏感な大人が使っていることでしょう。

若者の普段の生活の中ではたくさん使われていて、高校生などは毎日使っている人も大勢いることでしょう。

さらに、芸能人の人たちもテレビでガチバトルやガチの言い合いなどと使っていますね。

意外と私たちの身近で使われている言葉で、誰しもが耳にすることがある言葉なのです。

それではそんなガチという言葉について、実際に詳しい意味を見ていきましょう♪

ガチの意味


ガチの意味は、本気だったり真剣だったり、そんな本物を指す言葉なのですね。

ガチな態度やガチなものなど、完全なものを指したりします。

中途半端ではなくて、しっかりとした態度なども指し、ガチで喜んでいる、逆にガチで怒っているとも使いますね。

色々な言葉に使える言葉で、基本的には本気だと思ってもらって結構ですよ!

真剣

真剣なことを指すときも、ガチという言葉が使われて、真剣=ガチの意味になっています。

真剣な態度を取る、真剣だった=ガチな態度を取る、ガチだったと言い換えることができます。

そんなしっかりとした態度を示す言葉にも使われていて、ガチな勝負などと、真剣な言葉が使われる時に、若者などは使っているのですね。

しかし、そんな言葉も言い慣れてしまえば、日常的に使われることも多く、何かとガチだと言ってしまう学生などもたくさんいるので、ガチという言葉が軽くなっている傾向にもあるのですね。

なので、ガチです。

ガチだ。

と言っていても、それが学生だったり若者だったりすると口癖程度になっていることもあるので、あまり真剣にとらえなくても良い時もありますよ。

真面目に


真面目に好きだという言葉も、ガチで好きだという言葉に置き換えることができます。

真面目だ=ガチだとも意味して、真面目に思っていることをガチに思っていることと言っていることがたくさんあります。

自分はガチなんだよと言っていることは、自分は真面目にこうなんだよと言っているのと同じで、良く分からない時もあると思いますが、ガチという言葉の意味はつまり本気で真剣、そして真面目にということなのです。

しかし、真面目な人がガチな人という言葉の意味ではなくて、真面目な人の場合は真面目な人と言いますし、ガチな人という時は、本格的にやっているマニア的な、本気な人を指します。

それは仕事をガチでやっている人とも言いますが、ゲームをガチでやっている人とも言い、ガチの定義はたくさんあるのです。

しかし、基本的には本気、真剣、真面目にこうだということなので、簡潔に覚えてみてください♪

本当に

本当にそうなんだよ!という事は、ガチでそうなんだよ!と若者などからは言われています。

真実だということを示したい時も、これはガチなんだよと言うことがあります。

ガチの告白などは、本当の告白といったことを意味して、ガチという言葉にはこんな意味もあるのですね。

実に使い勝手のいい言葉で、何かしら本当だという時はガチだとササッと言い換えちゃっているのです。

また、本当に?と聞き返すこともできて、ガチ?と言い換えることもできるのですよ!

マジとほぼ同じ意味

そんなガチという言葉の意味が分かってきたと思いますが、実は似たような言葉ってあると思いませんか?

それはマジという言葉です。

あなたもうすうす感じていたと思いますが、マジという言葉に響きが似ていますし、意味も同じような気がしますよね。

そうなんです。

ガチとマジはほぼ同じ意味になっているのです。

マジは本気と書くといいます。

ガチは本気や真剣という意味があります。

なので、マジという言葉はガチという言葉に置き換えられることがたくさんあり、どちらも若者はたくさん使っているのです。

難しいことはなくて、ただの口癖だったりするので、どちらを使っていても本人達はそれほど自覚を持ってはいないのですよ。

マジより少し強いニュアンス

ガチには実はマジより少し強いニュアンスもあったりするのです。

意味はほぼ同じなのですが、ガチの方がよりリアリティのある言葉だと思っていいでしょう。

マジな勉強よりかは、ガチな勉強の方が真剣勝負といった感じが強いのです。

若者も無意識の内にその言葉をしっかりと使い分けているのですね。

つまり言葉でより強調したい時や、真剣さをさらに伝えたい時、また本当にそうなんだ!と伝えたい時に、マジではなくて、ガチという言葉を使っているのです。

ただ復唱にもなりますが、ガチという言葉を口癖程度で使っている人も大勢いて、特に若者などは、何かとガチだと言っている傾向にもあるので、それほど真剣にとらえなくても良い時もあります。

️ガチの使い方

ガチの意味についてや、マジと似ている点や少し違うニュアンスがあることが分かりましたね!

それでは実際には若者や芸能人達はどんなガチの使い方をしているのでしょうか?

今回はそんな使い方をたくさん紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

それでは実際に見ていきましょう。

それってガチ?

それってガチ?という使い方は、それって本当?それってマジ?の使い方とほぼ同じです。

割と軽く使える使い方で、日常的に若者が多く使っていますね。

若者の軽く使っていて、また軽く反射的に、うんガチ!と答えているのが一般的です。

なので、それってガチ?と聞かれたと言って、「いやガチかどうかまでは分からないけど。」と真剣に答えなくてもいいのですよ♪

ガチだよ!と軽く答えてOKな場合なので、ガチの中でも日常的な使われ方です。

ガチでヤバい!

この「ガチでヤバイ!」はすごい!という意味を持つこともありますし、本当にすごい!ヤバイ!と言った2パターンの使い方がありますね。

「いやそれガチでやばいじゃん!」と軽く使うこともあれば、「この動画はガチでやばい!」とすごさを表している時もあります。

ガチでヤバイと若者言葉が連続していて、年配の方には伝わりづらいと思いますが、これが今の若者の一般的な言葉なのです。

それだけで伝わるの?と思うかもしれませんが、若者の間では実に共感が持てる言葉となっています。

いい意味でも悪い意味でも、そのガチでやばいという言葉は使われて、実際にはどちらの意味なのか分からないと思われがちですが、若者はそれを理解しているのですね。

例えば、良いものを褒めるであろうタイミングの時、ガチでやばいは誉め言葉です。

また、悪いものを罵るときやリアクションを取るときは、悪い言葉なのです。

普通に考えて、そのものが良い悪いがはっきりしている時には、どちらの意味だが分かることができるでしょう。

ガチで楽しい

これはマジで楽しいと同じように、ガチの正しい、そして良い使い方ですよね♪

決してガチという言葉は雑に使われていたり、嫌な言葉だというわけではなくて、楽しい気持ちを最大限表したい時にも使われます。

ガチで楽しいとは、本当に楽しいの最上級で、心のそこから楽しいという言葉を縮めた言葉だと言えます!

ガチで楽しいとは、嘘なく正直に、自分が本当に思っているんだということを伝える言葉でもあり、ガチで楽しいと言われたら、本当に楽しいんだなと思ってもいいでしょう♪

先程の意味の全てを当てはめていったら、変な意味になってしまうので、ガチで楽しいといえば、正直に楽しいことを伝えたいんだと思ってみましょうね。

リアルガチ

リアルガチとはいったいなんだ?と思いませんでしたか?

ガチにリアルもへったくれもないのではないのかと。

実はそうではないのですね。

ガチという言葉は、一般的に日常的に使われだしているので、若者の間では言葉自体が軽く頻繁に使われています。

そうするとガチという言葉に真剣さが減っていっているのですが、リアルガチはガチなことが本当だとさらに強調しているのです。

これは有名人気リアクション芸人、出川哲郎さんが編み出した言葉で、リアル、リアルとよく口にしている出川さんが、さらにガチをよく使うようになり、そして最終的には言葉同士がくっついちゃったという、おもしろな場面から生まれたのです!

さらに出川さんは若者から人気もあり、テレビではかなりの確率で出演しているので、目に入る人も多く、広く浸透して使われるようになったのですね。

あいつはガチだ

あいつはガチだともよく使われる言葉で、あいつは真剣だという意味なのです。

これはいたってシンプルで分かりやすい言葉ですよね♪

真剣さをガチという言葉で表しているので、良い言葉だと思います。

しかし、悪い言葉にも使われることや使えることがあり、あいつはギャンブルにガチだ。

キャバクラに通うことにガチだと、よくないマニアック性やつぎ込んでいること、またのめり込んでいることも意味します。

それほどあいつはガチだという言葉は利便性が良く、良い意味も悪い意味にも使えることができるのですね。

ガチだから!

ガチだから!と若者の中でも使われることがあり、自分が本気だから!と表したい時に使われます。

ガチだから聞いて!おれの気持ちはガチだから!と使うことがあり、真剣な場面でもこの言葉を使う時があるのですね。

少し真剣さが少なく感じる言葉にも思えますが、若者からしたら本気そのものの言葉でいたって真剣な使い方をしています。

でも大人がそれを言われても、どうガチなんだと思いますよね。

そんな場合はガチ以外の言葉で言ってみてと言えば、きっと真剣であることや真面目に話していたんだということが分かることでしょう。

ガチでいくよ

ガチでいくよとも若者はガチという言葉を使います。

本気でいくよ。

と言った言葉と同じ意味で、手加減しないよとも意味します。

何かスポーツや勝負事をする時に使ったりするのですね。

または旅行にガチでいくよと言う場合もあります。

それは口だけではなくて、本当に行くんだということを伝えることでもあります。

今まで行っていなかったけど、今度こそは本当に行くよと伝える時も、今回はガチで行くよと言うのです。

ガチでいくの?うんガチでいくよ!そんなやり取りも若者の会話から耳にすることでしょう。

また親御さんへこの学校に真剣に行きたい。

本当なんだよ!と伝えたい時も、ガチでいくよと伝えることもあるでしょう。

しかしこの場合は、真剣さを伝える相手と使い方が間違っているとも言えるので、親御さんであるあなたの場合、その使い方を正してあげることが大切だと思いますよ。

ガチ恋

ガチ恋とも若者はガチという言葉を使います。

そもそも恋自体が真剣なものなのですが、ガチをさらに付けてガチ恋と言うのですね。

本当に好きな人と付き合った恋、また真剣な恋、本気で遊び程度の付き合いではない時にこの言葉は使われます。

しかし、自分の恋をガチ恋だということはあまりなく、ドラマなどを観てこの恋ガチ恋だよねーなど、また友達が今ガチ恋している、そしてあの二人きっとガチ恋なんだよねーと使っています。

それは第三者の恋について使うことが多いのが特徴で、周りの恋をカテゴライズ、つまりテーマ付けしているのですね!

ガチ恋と言われる恋愛はそれほど多くなく、若者の間、特に学生の場合だとそんなガチ恋に憧れる人も多く、また周りからガチ恋をしていると言われるのが憧れという人もいることでしょう♪。

ガチ勢

ガチ勢とは普通にしている、または普通に何かが好きな人とは反対に、かなりやりこんでいる人や、ものすごく好きでたまらない人たちの事を言います。

オンラインゲームをしている時やスマホの課金制ゲームをしている時に、こんなガチ勢という言葉は使われます。

オンラインゲームの場合、普通に楽しみ程度、趣味程度でしている人もたくさんしていて、ノーマルプレイヤーと言えるでしょう。

しかし、オンラインゲームを夜通しガチでしている、そんなプレイヤーやレベルや強さが明らかに桁外れで普通の人と違う人、そんな人たちをガチ勢と言います。

またスマホの課金制ゲームをしている人も課金をしていない人は無課金プレイヤー、そして課金をしていてもほどほどの課金しかしていない人は、一般的なプレイヤーと言えるでしょう。

そんな人とは違って、課金をかなりしていて、その額が高額な人、またゲームをトコトンやりこんでレベルがマックスになっている人、そんな人たちもガチ勢と言われます。

最近のガチ勢という使われ方で一般的なのがこの2つでしょう。

他に、アイドルが好きな人でライブに必ず行く人や、グッズをたくさん買っている人、またはアイドルが好きすぎて休みやお金をほとんど使ってしまう人たちもガチ勢と言えるでしょう。

️ガチの類語

ガチという言葉が実際にどんな風に使われているのかが分かりましたね♪

色んな使い方がありましたが、日常的なことや軽いこと、また真剣な場面でも使うことがあるのです。

それではそんなガチという言葉ですが、ガチという言葉に似た言葉って存在すると思いますか?

実はたくさんの言葉で言い換えたり、そんなことができる類語が存在するのです。

今回はそんなガチの類語も紹介していくので、ぜひ混雑しない程度に参考にしてみてください♪

本気

本気と書いてガチと読む、そんなことは実はガチとも言えて類語となっています。

これについては本気なんだ!という言葉は、これについてはガチなんだ!と若者たちは言っています。

ガチな姿勢、ガチな態度、ガチで頑張る、その言葉のすべてが本気だと言っているようなもので、実に本気に近い言葉なのですね。

大人からしたらあまりピンとこない言葉だと思いますが、若者がガチだからと聞いたら、本気だということを理解します。

なので、この子ガチだと言っていたけど、本当に本気なんだと分かる時もあるでしょう。

そうやって理解してあげるためにも、ガチという言葉を知っておくのもおすすめです♪

最高

ガチとは意味がまったく一緒とは言えませんが、近しい、似ている言葉といしてこの最高という言葉があげられます。

ガチな瞬間だったと言えば、最高な瞬間だったと理解することもできて、類義語だと言ってもいいでしょう。

しかし、ガチには様々な意味が含まれているので、ガチな瞬間は本気な瞬間?真面目な瞬間?真剣な瞬間?そんな風に混雑してしまうこともあると思います。

なので、この言葉を口にしている人がいたら、どうガチなの?最高?と聞き返してみてもおかしくないと思いますよ♪

あまりガチをふんわりとさせておくのも、意思疎通ができないことでもありますので、ふんわりしていて分からない時は聞いてみましょう。

最強

このボスガチじゃん!とゲームをしている時などにもガチは使います。

それは最強じゃんと言っていることと等しいことで、最強=ガチだとも言えます。

先程紹介したガチ勢という言葉もそれを意味することがあり、ガチ勢、つまり最強勢とも言い換えることができます。

またスポーツをしていて、あの人ガチだから強いよと言う言葉も、まとめて最強だと言っているとも言えます。

最強という言葉はガチだけではなくて、最強=ガチすぎるとも意味しているのです。

あの人はガチすぎて敵わなかった、決勝まで残っているからあのチームはガチだと、最強を使う場面でも多く使われるので、まさしく類義語だと言えることでしょう。

ありえないくらい

ありえないくらいという言葉も、ガチと似ている類義語だと言えます。

このご飯の量ありえないくらい多い!といったような時にも、このご飯の量ガチだと言い換えている、そんな使い方をしている若者はたくさんいます。

またありえないくらいひどいと言った、マイナスな言葉でも、「ガチでひどい」と言えるのです。

逆も言うことができて、ありえないくらい嬉しいが、「ガチで嬉しい」といった言葉にもなっているのですね。

ありえない、信じられない、そんな驚きをガチと言った言葉で示している、そんな傾向にも若者はあります。

ガチな事はありえないくらいのこと、つまり普通ではないと考えていいでしょう。

スゴく

スゴくと言った言葉は驚きがある、または普通ではないといった言葉ですが、ガチも同じような意味です。

大きな驚きや、普通ではない、そして絶賛、非難することにも使えます。

「スゴく大きな建物だった」、「スゴい映画だった」、「スゴい綺麗な場所だったなど」、全てガチに言い換えることができますよ!

さらに、スゴく嫌だったなどいう時も、ガチで嫌だったと使うこともできて、スゴいとガチはとても近しい言葉だと言えますね。

しかし、ガチの意味を知っていないと、ヤバイなどの言葉と同様、何がガチなのか?と普通に思ってしまうこともあるでしょう。

ガチという言葉を多用することによって、伝えたい良いものや悪いものが伝わりづらくなっているのも現状なので、ガチを多用することはおすすめできません。

ここぞという時に使うことでガチという言葉がしっかりと相手に伝わりますし、伝えたいことを変な風に伝えることもないでしょう。

ガチを使う頻度と使う場面をしっかりと把握しておきたいものですね。

超という若者だけではなくて、今や一般的な大人世代も使う言葉がありますよね。

そんな言葉もガチと類義語で、ほぼ同じ意味だと思ってもいいでしょう。

超、つまりものすごいという意味ですが、ガチにもその意味が含まれています。

超かっこいいという言い方は、ガチでかっこいいと今時の若者は使っています。

また超かわいいも同じように使うことができて、かっこいいだけではなくて、ガチでかわいいと使えるのですよ。

また超スゴイと言った言葉も、まとめてガチに含まれているので、「この映画ガチだった!」と言えば、「この映画超スゴかった」という言い方をまったく同じなのです。

ここらへんになってくるともはや意味が分からないといった方も多いと思いますが、激という言葉も実はガチという言葉の類義語なのです。

激とは若者が使う言葉で、他の言葉の前に付けて、激〇〇と言ったりします。

激には非常に、とてもと言った意味があり、ガチに似ている意味なのですね。

しかし、激には激辛や激甘などといった、多くの人がしっている一般的な言葉でもあるので、それを言い換えるのは変な形になってしまうかもしれませんね。

例えば、激辛をガチ辛とは言いませんよね。

甘いもしかりでガチ甘とは言いません。

なので、そのように表現する場合は、ガチで辛い、ガチで甘いと、このように表現するので参考までに覚えておいてください♪

また激変するという一般的な言葉でも言い換えることはできずに、やっぱりガチ変とは言わないのですね。

ガチで変化するという言い方ならありますが、そんな激の使い方はちょっとややこしい言葉かもしれませんね。

鬼という言葉を普段の会話の中で、耳にしたことはありますか?

鬼という言葉はそのまま、神話に出てくるような、また童謡に出てくるような鬼のことではなくて、すごいの最上級の言葉なのです。

鬼すごい、鬼やばいなど、鬼という言葉を使って、ありえないくらいと言った意味を伝えます。

たまにあるのがこの人鬼だなーと相手が厳し過ぎることを指すことがありますが、それはガチだと言い換えることはできません。

そのような場合はこの人はガチで厳しいといった言葉で言い換えることができるので、こちらも参考程度に覚えておいてくださいね♪

また鬼ヤバイや、鬼スゴイなど、とりあえずスゴイ意味を持つ言葉もたくさん付け加えられて、使われることもあるので、鬼についてはそれほど理解しなくてもいいと思います

そんなに深い言葉でもありませんし、ただ単純にスゴイや超の上を行く言葉が鬼になっただけなので、鬼を聞いたときはガチと同じなんだなーと、スゴイことを伝えたいんだと思っていいでしょう♪

しかし、お歳を召された方などには鬼という言葉はそのまま伝わってしまって、鬼スゴイが鬼がすごいと言っているようなものなので、使う場合は世代をしっかり選んで使いましょうね!

言葉には使う場面があって、伝える人相手がいるので、そこを考えてガチなどの言葉を使っていきましょう♪。

とびきり

とびきりという言葉は一般的な言葉で老若男女問わず、使うことばですよね。

例えば、とびきりのプレゼントを用意した、とびきりのディナーを食べた、そんな風に使われますが、特別、最高のといった意味があります。

ガチという言葉にもそんな特別だったり、最高といった意味が含まれているので、同じように使っても違和感はないでしょう。

プレゼントの場合はガチのプレゼントと言えば、しっかりと選んだ良いものなんだと思うことができますし、想いが込められている特別なものなんだと感じることができます。

そして、とびきりのディナーを食べたと言えば、最高に美味しい、または高くて本格的なディナーを食べたと意味しますよね。

それはガチなディナーを食べたと同じ使い方で、ガチなディナーを食べたと言えることができるのです。

でも言葉の綺麗さとしては、やっぱりとびきりのプレゼントなどの使い方の方が綺麗だと思うので、大人な年齢の人は、ここではそのまま、とびきりという言葉を使えばいいと思いますよ♪

逆に若者の場合、あまりとびきりという言葉を使わないでしょうし、使うのもなんか恥ずかしいものだと思うので、ガチで言い換えてもいいと思います。

本物

本物という言葉をガチと言う言葉を使って表すことは、かなり一般的なことでしょう。

偽物じゃない、つまり本物を指したい、示したい時に、これは偽物じゃなくてガチだからと言えることができます。

本物なんだよと言っていることと、まったく同じ意味になるので、若者の言い回し方を思えば結構です。

ガチな物と言われれば、本物なのかと思って良いのですが、ガチと言われるより本物だといってくれたほうが信ぴょう性がありますよね。

なので、より本物だと伝えたい時にはそのまま本物だと言った方がイイこともあるでしょう。

しかし、ガチだよ!それガチ!とポピュラーに使うことがたくさんできるので、簡単な場面での説明などではガチと言っても良いでしょう♪

マジモン

マジモンという言葉をあなたはそもそもご存知でしょうか?

マジモンとは簡単に言えば本物ということです。

簡単ですよね。

マジなもの。

縮めてマジモンという言い方です。

そんなマジモンはガチとも言えて、本物がガチと言うことができるのでそれも当たり前のことなんですね♪

どちらも最近流行っている、また若者が多く使っている言葉なので、同じ意味で違いはなく使っているんだと思っていていいでしょう。

️ガチを正しく使いこなそう

いかがだったでしょうか?ガチの意味についてはしっかりと理解することができましたか?

またガチの使い方については本当にたくさんあり、軽いものから重要なことまで紹介しました。

実際にガチと言う言葉は本当に多く現代では使われているので、これをきっかけにその意味を理解して、あなたも実際に使ってみてもいいと思いますよ♪

大人な年齢な人が使っていても、もう違和感はなくなってきているほど、浸透している言葉なので、気兼ねなく使ってみましょう♪

しかしガチが多く使われていることから、何が本当にガチなのか?

それが見えてこないこともあるので、多様には注意して適度に使っていきましょうね♪。

今日からあなたもそんな若者言葉だったガチを使いこなして、さらにポピュラーな言葉へと変えていきましょう!

とても便利な言葉で、色々な場面で使えることや、若者と意思疎通がしやすくなることから、ぜひガチという言葉を使うことをおすすめします♪