人のもつ価値観とは、その人の人生そのもとも言えます。

大事にしている項目と、その順位付け、ともに人により千差万別です。

したがって価値観を語るときには、違っていて当然と考えることこそ出発点となります。

ここを間違えると、互いのそれを押し付けあう出口の見えない闘争にもなりかねません。

それに男と女では、性同一性障害でない限り、同じということはあり得ません。

いつも理解する努力を忘れず、尊重し合う、これを忘れないことが何より大切です。

価値観。人間関係を築く上で重要な要素

安易に人の価値観を否定することは、その人の存在を抹消することにもつながってしまいます。

お前などいなくてもいいよ、と言っているに等しい、極めて危険な行為ではないでしょうか。

ですから他人の価値観をジョークの種にすることはもっての外です。

この大事なものについて語り合うときには、老若男女の別なく誠実な話を聞く態度で臨まなければなりません。

それに世間的な常識にも十分従っておきましょう。

人間関係の基本を外れた話し合いは成立しません。

よく耳にするのが『価値観の違い』


価値観の違いとは、お互い独立した人間であることの証拠です。

仕事で交渉がうまくいかなかったときなどにも「価値観が違いすぎるな」などと総括することはよくあります。

男女の関係においても、価値観が一致する場合よりも価値観が違う、という使い方のほうがはるかに多いでしょう。

そしてあまり違っていると人は不安になってくるようです。

このような不安も含め、価値観とは本当はどのように扱えばよいのでしょうか。

仕事・恋愛でよく言われる

仕事では価値観の違うもの同士がスパークし合い、クリエイティブな業績へとつながることはいくらでもあります。

すぐれた仕事とはそのようなものが断然多いのではないでしょうか。

ただし一般に素晴らしいチームほど仲たがいすることが多く、あまり長続きはしないようです。

恋愛においても価値観の違う人に出会いハッとするような、新鮮な驚きがえられることもあります。

その後は互いの価値観を摺り合わせ、影響を与え合う時期に入ります。

その過程で、長続きするかどうかおのずと明らかになっていくでしょう。

その反面、仕事でも恋愛でも、断ろうとするときの理由付けとしても使われます。

あまり安易に口にすべきではないでしょう。

恋愛においては別れの原因にも


恋愛において互いの価値観を摺り合わせる過程の中で、どうしても受け入れられないものがある場合、またはその作業に疲れてしまった場合、それは別れの原因となるかも知れません。

ちょっとした言い方のせいでお互いに固まってしまうこともあります。

そうなる前に自分は価値観の受け入れを相手に強制していないかかどうか、それによって感情的になりすぎていなかったかどうか、よく検証しておく必要があります。

そういう人は同じ失敗を繰り返す可能性が高いからです。

男女の5つの相違点

男女の最大の違いとは何でしょうか。

それを筆者は男性は生きている意味が確信できない。

女性はおおむね確信を持てている。

この点にあると考えています。

子供を産むという重大な機能を持っていない男性は、自分のこの世に存在する意味がよくわからない。

その分考え込みやすくなるのです。

男女の能力差とは、文学や芸術、科学やビジネスなど、ほとんどの分野においても微々たるものに過ぎないと思っています。

ただし哲学者、思想家と呼ばれる人は男しかいません。

これはおそらく自分の存在を突き詰めて考える結果だと思います。

男は基本的に情緒不安定で何かをせざるを得ない。

考えこんだり、権力を欲しがったり、女性遍歴を重ねたり、など発現のタイプはいろいろ分かれます。

バリエーションは豊富です。

それに比べ女性は、身体のリズムが狂わない限り、精神的に極めて安定して見えます。

ここはぜひ押さえておきたい大事なポイントです。

1、仕事に対する価値観

男性にとって仕事は自己表現の大切なステージとなりやすいものです。

これが唯一となってしまうと金を稼ぐだけの手段ではなくなり、生きがいとなり、さらに一種神聖なものとなってきます。

自分の生きている意味を追求したい、ストイックなタイプの男性はとくにそうなりがちです。

思い込みが激しく、少し行き過ぎが目立ちます。

これに対して女性の場合は、生活の一部の域を大きく出ない方がい多いでしょう。

たとえ創造的才能や表現力に恵まれた女性でも、生活の全部とはならないのではないでしょうか。

女性は仕事の順位が変わる

これに対し女性の仕事に関する優先順位はしばしば変わります。

女性は何事もリセットして上書きが可能といわれますが、仕事に関してももちろんそれは可能なのでしょう。

恋愛と仕事の優先順位は状況に応じて柔軟に変更できます。

これは男性にはうらやましい限りの便利な機能を備えている、と言えます。

そして男性は、女性は何を考えているのかわからない、と嘆くことしきり、となるわけです。

男性は何よりも仕事優先

男性は何事も簡単にはリセットできません。

失恋の痛手も仕事の失敗も引きずることの方が多いものです。

その間、納得できる理屈を見つけて、落ち込みから脱出したいと願っています。

または仕事に打ち込むことで個人的な悩みを封印しておきたい、という時期でもあります。

中には一向に自律回復できない困った男性もいます。

ただし女性側にとってみれば、自分のペースに男性を取り込むチャンスではあります。

素直によく言うことを聞くと思います。

2、愛情に対する価値観

愛情生活だけで自分を表現しよう、自分探しを極めよう、と考えている男性はあまりいないでしょう。

若いツバメや間男のイメージです。

そういった生産性を欠く男性は、女性にとって魅力的であるはずはありません。

やはり男女に対する期待値は異なる部分は多いということです。

それを反映して男女間には愛情に対する価値観には大きな開きができます。

大きすぎて一言で総括することは、とてもできません。

以下ポイントを絞って考察していくことにしましょう。

女性は”言葉”を求める

女性は言葉の内容よりも言葉それ自体を欲していますから、ここでもうギャップが生じています。

男性は言葉の内容を吟味することが多く、発声はワンテンポ遅れる、または女性より少なくなります。

遊びなれた男性は、ここの処理が巧みで女性を飽きさせず自分のペースに巻き込みます。

ただしあまり言葉巧みな男性も考えものです。

一般に得意技は見せたがるものだといわれています。

つまり他所でもやっているかもしれません。

これに対し、通常の男性を言葉が足りない、と言って非難するのも逆効果になります。

男性側はそれを論理的でない、と反発を感じることでしょう。

男性は”行動”で伝える

男性はしっかり筋道を立ててから話を始めたい、と思っています。

思考よりも先に言葉がほとばしる(ように見える)女性は不思議な生物に見えます。

しかもしばしば内容ではなく、迫力で圧倒されてしまうとあってはなおさらです。

したがってしゃべりの土俵では対決を避け、行動で語ろうという傾向になりやすいのでしょう。

3、悩み事に関する価値観

女性の悩み事の多さはははっきりいって男性の理解を超えています。

はっきり言ってその多くはどうでもよいことばかりです。

はっきりわかるのは、ああ話がしたいんだな、ということのみです。

前に述べた感想を蒸し返したり、同じことに何度も確認を求めたり、支離滅裂なことを言っていると思うことが多いのです。

この価値観の違いは埋まることはありません。

理解した振りをして、うまく付き合うようにすればそれでよいと思います。

女性は話をしてスッキリしたい

やはり女性は気分屋と言うしかありません。

話をしたい、と迫ってきたときの押しの強さを見ると、明らかに何かを溜めこんでいるのがわかります。

男性は、面倒だなあ、と思いながら嵐の過ぎ去るのを待っているわけです。

女性のみなさんはスッキリしたところで早めに切り上げて下さい。

中には話が最初に戻ってしまう女性がいます。

同じことを繰り返すのです。

このタイプは男性にとって最悪で、よくモテる女性の中にはいません。

男性は1人で考えたい

男性は何事も突き詰めて考えたいときがあります。

そういうときは静かな環境に身をおきたいと思っています。

男性がそういうモードに入っているときに、やたらと話しかけるのはやめにしておきましょう。

常に自分に関心が向いていないとがまんできない女性もいますが、この呼吸を間違えないことは、関係を長続きさせる秘訣のひとつです。

見極めのできる女性はモテ女に間違いありません。

4、結婚に関する価値観

現代の日本人男性が結婚について怖気づいているのは間違いありません。

それは昭和の末期から続いて、もう社会風土にまで化しているようです。

その間、男性は便利になるのは良いことだという現代社会の価値観を全面的に受け入れました。

その結果、一人暮らしは前時代とは比べ物にならないくらい快適となったのです。

男性の価値観は大きく変わり、結婚しなくなりました。

これに比べて女性の結婚に関する価値観は、どうでしょう。

未婚が当たり前となった現代でも、男性ほど変わっていないのではないでしょうか。

何よりも結婚を恐れてはいないでしょう。

不安がある、ということとはレベルが違います。

現代の結婚には、女性が男性の恐怖心を解く、という作業が加わりました。

いかにプロポーズさせるか、そのための必須項目になっているようです。

女性は『スタート』と思っている

女性にとって結婚はスタートに間違いありません。

まず配偶者を手に入れました。

次は子供、マイホーム、おしゃれな家具、そしてお金、何でも手にいれてやろうと闘志を燃やしていることでしょう。

こうした女性の欲張りな本能こそ、ヒューマンビーイングという我々の種をここまで導いてきた、70億人まで人口の増えた原動力です。

結婚直後の女性側の空は、どこまでも晴れ渡っています。

では男性側の天気はどうなっているでしょう。

男性は『ゴール』と思っている

それに対し男性側の空模様は曇りがちです。

結婚は人生の墓場、結婚は修行である。

これらは主に男性たちのつぶやきです。

結婚を人生の苦行と重ね合わせています。

最も楽しい時間は終わりを告げた、これからは耐え忍ぶ日々がはじまる。

できるだけ軽い荷物で過ごしたい、などという気持ちはどこかにありそうです。

もちろん進んで家族を形成し、その責任を引き受けようとする男性もいます。

しかし恋愛時代と違い、何事につけ淡泊になるのは当然だろうとは思っているいうわけです。

何しろ修行なのですから。

違う空模様を見て片や日傘、片や雨傘をさしているわけですから、やはり結婚生活とは最初から大変です。

5、恋愛に関する価値観

恋愛中の男女は結婚後のように、違う天気の下にいるわけではありません。

一緒にいて楽しいわけですから、2人の気圧差による変化は生じても同じ空の下にいるわけです。

すでに価値観の違いは擦り合わせられるところは摺り合わせ、できないところは凍結になっているはずです。

仮契約にすぎないのかも知れませんが、一種理想的な状態に近くなっているのではないでしょうか。

これが結婚するとあちこちほころびが出てくる、ということでしょう。

女性は『線の恋愛』

筆者は遠距離恋愛が破たんする原因は男女どちらに多いのか、という視点からネット内を探索してみました。

しかししっくりする答えはありませんでした。

こういうことが別れのサインであるから注意しよう、その他何々に注意、というタイプの記事が大半です。

それらの記事から得た印象は、やはり女性は自分の持ち物を支配しようとする気持ちが強い、ということです。

LINEなどのSNSを駆使して男性の行動を監視する、それは線でつながっていたいから、などの記述が見えます。

これは少し一方的な感じがします。

男性は『点の恋愛』

これは男性にとって思春期になり、少しその言動が疎ましくなってきた「お母さん」に近いものがあります。

遠距離恋愛中の男性の多くは、仕事のため遠距離となったのですから、やはり仕事をメインとして考え、彼女とは必要なとき会えればよい、くらいに思っているでしょう。

それでだめならしょうがないと決意しているかも知れません。

点か線と言われれば、点だけでかまわない、と考えているわけです。

しかしSNSで行動を四六時中監視されるようでは、自分は首輪とリードでつながれた飼い犬に等しい、という感覚を抱くかもしれません。

こうなるとほとんど破たんしています。

遠距離恋愛をダメにするのは、男性を信じてあげられない女性の不安、とまとめてもよさそうな気がします。

相手に支配欲を感じさせてしまっては、何もいいことはないでしょう。

なぜ価値観の違いが生じるのか

価値観の違いは、身体の違いのようなものです。

何を摂取して何を身につけてきたか。

どの部分を鍛えてきたのか。

それは脳内記憶の歴史に基付いています。

またその記憶の出し入れの仕方によっても現行の価値観は大きく変わってきます。

自分のパートナーに変なこだわりがないかどうか、検証してみる必要はありそうです。

それはそれとして以下価値感の違いが生じる主な原因について考えてみましょう。

家庭環境

家庭環境は、恋愛、結婚感に決定的な影響をもたらします。

仲の良い両親の家庭で育った人は、性格が安定し、パートナーを選び、一緒に暮らすことにあまり迷いはありません。

お手本があるからです。

いい悪いは別として、それを参考にしながら自分のスタンスを決めればよいのですからこれは簡単です。

これが片親などで育った人になると、自分勝手な想像や何らかの思い入れが強く出てしまい、性格ばかりか価値観もまた不安定です。

恋愛や結婚に対して現実には通用しないあこがれや、理想などを抱え込んでいることが多く、これらは育ちのよい人から見れば欠点として映ります。

すぐに不安や臆病風に取りつかれてしまう人もいます。

いずれにしろ「つかれる奴」とみられる確率が高いのです。

こうした家庭環境まで含め、率直に話し合えるようになることが大切ですが、これはなかな難しいものです。

話しているうちに、コンプレックスや同情が表に出ないようにしなければなりません。

過去の経験

過去の恋愛経験は恋愛の価値観にとって、どのような作用を及ぼしているのでしょうか。

多くの人にとってプラスの上書きとなっているかどうかはっきりしません。

交際上手のプレイボーイ(ガール)にとっては、恋愛対応力をさらに高める方向に働くでしょう。

しかしいつも手探りの交際下手にとってはトラウマと化している可能性もあります。

こうなると恋愛恐怖症に取りつかれ、はっきりマイナスに働いてしまいます。

相手のこうした経験を読み解き、解きほぐし適切に対処すれば、恋愛の成功率は大きくアップするに違いありません。

脳の仕組み

STAP細胞の小保方晴子さんが所属していた理化学研究所では、ヒトの脳が他人の価値観を学ぶことを、世界で初めて科学的に解明したそうです。

それによれば、ヒトはシュミレーション学習にパターン学習を加えることで他人の価値観を学ぶそうです。

なんだかよくわかりませんが、私たちが多様な価値観を持つ他人に応対できるのは、このふたつの脳機能が補完しあうから、だそうです。

ここではヒトは他人の価値観は学ぶことができる、このことに科学的根拠が与えられた、ということで十分としておきましょう。

価値観の違いはなくせる?

ヒトは他人の価値観を学び、それに応対できることがわかりました。

しかしこれは価値観の違いをなくすことができる、ということになるのでしょうか。

先の理化学研究所の実験では、ヒトは他人の判断を予測し、シュミレーションしていることが明らかになっています。

要するに相手に合わせているのです。

このシュミレーションを継続している限りにおいて、相手の価値観を理解し、それに合わせ寄り添うことは可能ということになります。

残念ながらなくせない

このようにシュミレーションをして互いの価値観に寄り添うことは可能となっても、それは差異のなくなったことを意味していません。

逆に完全に一致したなどと思い込みを持たないほうがよさそうです。

相手を尊重しなくてもよい、ということに安易につながってしまうかもしれません。

価値観の差異はなくならない、だからこそ尊重し合おう、ということにしておくのがベストだろうと思います。

違いを受け入れる事が大事

つまり違いを受け入れることが大切です。

恋愛慣れしていない男性では、これがうまくできない人が多くいます。

彼らは意見や好みが一致しないだけで「俺がきらいになったのか?」などと頭が短絡的になりがちです。

こういうとき女性の冷静な一言は逆効果になります。

かといって黙っているのも無視しているととられそうです。

駆け引きもダメです。

とにかくこういうときには感情的にならないようにしましょう。

壊れ物には何かと注意が必要です。

そうして自然に違いを受け入れように持っていきましょう。

妥協点を見つける

必要と判断したときは迷いなく妥協しましょう。

あまり自分の価値観を主張すると妥協すらできない、という事態になってしまいます。

例えば生活面におけるルール決めのときなどです。

男性はここであまり厳しいことを言われると共同生活に興ざめしてしまいます。

もっとだらしない女性の方が良かったかな、といった雑念にさいなまれるでしょう。

生活ルールくらい価値観でも妥協できないないようなら、あなたはすこし厳しすぎます。

あまり深刻にならず、ときには笑い飛ばすことも必要でしょう。

男性は本当のところでは、これまでとは違う清潔な暮らしを望んでいると思います。

しかし女性があまりに潔癖症では逆に苦痛になってしまいます。

妥協が望まれるところです。

違いがあって当たり前と思う

違いがあって当たり前と思う広い心で接しましょう。

現代は日本社会だけでなく世界的にも、多様性が失われつつある、寛容性がなくなりつつある、と言われています。

これは個々の人間関係においても同様に欠いてはならない大切なのもです。

相手をを尊重しないかぎり、自分だけ尊重されることはあり得ません。

違いを楽しむような心境になれれば、それぞれの人間関係はきっとうまく回り出すに違いありません。

合っていいる所を見つける

価値観の一致する部分を見つけて、そこを高く評価することにしましょう。

そこを起点とすれば、何らかの一体感を得られるはずです。

そのことでで価値観の違いによるかつての不快な出来事は、思い出として包み込んでしまえばいいでしょう。

不要なものはここですっぱり捨てましょう。

女男に限らず異なる点が多い価値観。相手の価値観を理解する事が良い関係を作る

互いにどうしても理解できないところはある、ということを認め、もっと視野を拡げて、価値観の違いを扱うことがベストだと思います。

お互いこちらが折れて妥協したのだという思いが残れば、それは一時的な関係にとどまって、あとから溶け出してくる恐れがあります。

これは封じ込めてしまわなければなりません。

価値観の異なる人と組んで、仕事やチームスポーツなどで成功した経験を思い出してみるのもよさそうです。

そのときたとえあなたはエースではなかったとしても、なくてはならない一員として互いに重要な役割を果たしていたことを思い出すでしょう。

それを自分たちの関係に当てはめてみてはどうでしょう。

思いがけない改善点が見つかり、関係は飛躍するかも知れません。