学生のみなさん、学生を謳歌していますか?

人生に一度きりの学生時代、今はめんどくさいな、早く社会人になりたいななどという気持ちを抱いている学生さんも少なくないと思います。

しかし、学生時代は社会人になって振り返ると、あっという間の出来事のように思えるほど貴重な時間となります。

また、社会人になってからではできない、学生時代ならではの特権もたくさんあるのです。

学生の皆さんが後悔しない為にも、社会人になった人たちが学生時代にやっておけばよかったなという事をご紹介したいと思います。

学生時代にやっておけばよかった17個のこと

では学生時代にやっておけばよかったと思う事17個をご紹介していきます。

1.海外旅行

学生時代に海外旅行に行っておけばよかったと思う人は少なくありません。

海外旅行に行くという事は、普段の日常生活では出会うことが出来ない人に出会う事も出来ますし、自分の視野も広がり価値観にも大きく影響します。

海外旅行に行った経験がある人は、広い視野で物事を見ることが出来るようになったり、自分の価値観が変わるだけではなく、相手の価値観を理解できるような考えを持つことも出来るようになる、とても良い経験だと言えます。

社会人になってからはまとまった時間が取れない

しかし、自分にとっての大きな成長に繋がる、見たことのない世界が見られると思っていても、
なかなか社会人になると就職先の勤務日数勤務時間が決められ、自由に旅行に行くからと言う理由で休無ことは難しくなります。

ましてや、国内旅行で2、3日休むのであればまだしも、行き帰りに時間を費やし、連絡もまともに取れないかもしれない海外旅行のために長期休暇を取ることは難しいでしょう。

というか無理に等しいですね。

更に社会人になってから海外旅行に行くとしても、年末年始やゴールデンウィーク、お盆等の混み合い、人気の旅行地であるほど、旅行費も高くなりがちな時にしかいけません。

現地も大変混み合い、逆に疲れてしまうことも・・・。

しかし学生時代であればオフシーズンに海外旅行が出来るので、旅費も安く納まりやすい傾向がありますし、現地も思う存分ゆっくりと楽しむことが出来るでしょう。

学生の特権を活かして海外に興味がある、更なる自分の成長を望んでいるという場合などは、是非学生時代の内に海外旅行に行ってみると良いでしょう。

2.恋愛


学生のうちに恋愛なんてと言う意見もあることでしょう。

しかし社会人になってからもっと学生時代に恋愛をしておけばよかったと思っている人は少なくありません。

社会人になってからの恋愛と学生時代の恋愛は大きく異なります。

学生時代は結婚したいね。

などと言葉にすることはあるかもしれませんが、現実的なことはあまり強く意識していない恋愛が出来るはずです。

社会人になると結婚というものがかなり現実的になり、収入を気にして恋愛する人や家柄を気にして恋愛する人も増えてきます。

自分自身もそのようなことに縛られた環境で相手を選ぶようになってくるかもしれません。

しかし、学生時代は特に相手の収入を気にすることもなく、家柄を気にすることもなく、自分の好きなタイプの人を好きになりがむしゃらに恋愛することが出来ます。

悪く言えば残念ながら、大人になってからの恋愛はお金の話など汚い恋愛しかできなくなってしまう可能性がr高いということですね。

また、社会人になるとアルバイトの時よりも収入の低い会社に勤めることになる場合もあります。

給与が低くなったり、福利厚生などで引かれる分で手取りの給与が少なくなったり、女性とのデートに使えるお金も気持ちの余裕もなくなるという場合があります。

更に社会人になると出会いが少なくなるでしょう。

学生時代であれば、恋愛ウェルカムの女性も周囲にたくさんいるはずです。

しかし社会人になってから出会うのは会社の同僚、又はお客様ということで、しがらみがあったり自由に恋愛に踏み切るという事は難しくなってしまいます。

周囲のあこがれられるような女性は結婚を早々としてしまうこともあり、社会人になると学生と比べてかなり恋愛の幅は狭まりますね。

甘酸っぱい恋愛は学生特有のもの

更に甘酸っぱい恋愛は学生特有ですよ。

学生の内は気づきにくいかもしれませんが、学生ならではの甘酸っぱい恋愛は社会人になってからは絶対にできませんよ。

例えば学園祭などの準備期間に好きな人、又は彼氏と準備をしてキュンキュンした、好きな人と咳が隣になった、学校からの帰り道、など学生ならではの恋愛シチュエーションは学生時代でしか楽しめません。

行事や普段の学生生活での恋愛もしていたほうが良いですよ。

3.遊び

遊びは学生時代にしかほぼできません。

社会人になってしまったら、先ほども言いましたが、勤務時間や勤務日数、シフトなどに縛られ、自由に遊べる時間などほぼほぼありません。

もし社会人になってから遊ぶとすれば、自分の睡眠時間を削るしかないでしょう。

遊ぶ予定があったのに残業になってしまった、遊んでいても翌日の出社が心配で羽目を外せないという事もあります。

オールでの飲みなど

オールでの飲み等は絶対に無理といっても過言ではありません。

オールで飲んだ後の出社はとても辛いものがあります。

眠気、吐き気に襲われ仕事にならずミスを連発なんてこともあります。

また、二日酔いで具合が悪すぎて仕事が出来ないという場合もありますね。

無理をすることで体調が崩れて仕事に支障が出ることもあるでしょう。

オールで飲みをするのは学生時代までの特権遊びですね。

体力があるうちに思いっきりはしゃぎたかった

鬼ごっこ、サバイバルゲーム、バスケやサッカー、野球など、全力でスポーツや遊びをするのは学生時代にしておくことをおすすめします。

社会人になり仕事の休みの間を縫って体力を使う遊びをしようとしても、身体が動かなくなっている、体力が衰えていて、なかなk体がついて行かず楽しめないという状態になることが多いのです。

全力で楽しむためには体力がある学生時代の間に楽しんでおきましょう。

4.合宿

何か目標を共にめざし行う学生ならではの合宿は、社会人になってからは一切ないという人がほとんどです。

学生時代は合宿なんて面倒だなと思うかと思います。

しかし、社会人になってから思い返すと参加しておけばよかったなと後悔するのです。

学生の特徴である合宿に1回も行けず後悔

合宿は本当に学生時代にしかないものです。

スポーツ系ではなく普通に会社に就職すれば同僚や会社員と合宿なんてものはありません。

一回も行ったことが無いという場合は行ってみたほうが良い思い出になるでしょう。

5.部活やサークル


部活やサークルに参加していない学生さんは、部活やサークルに積極的に参加することをおすすめします。

部活やサークルは学生時代にしかありません。

無所属で思い出がなにもない

部活やサークルでは好きなことが同じ仲間、仲間と共に頑張る日々、仲間と出した結果を共に喜ぶ、ただただ練習する日々、きつい練習を一緒に頑張るという事は、全て数年後に思い出した時に良い思い出となるはずです。

無所属で何の思い出もないという方は絶対に学生時代の内に参加し思い出を作っておくことをおすすめします。

その思い出は社会人になってから自分自身が頑張る糧になってくれる事もありますよ。

また、部活やサークルでは仲間とのチームワーク力も高まります。

仲間と協力するということ、仲間と助け合うという事が出来る力は、社会人になってからも大きく役に立ちます。

学生ならではの部活やサークルで思い出を作り、自分の活力となる力を付けてみましょう。

6.資格や学校の勉強

学生時代は勉強も一生懸命しましょう。

特に社会人になってからもう少し教養を付けておけばよかったと後悔することがあります。

更に結婚をし子供が出来たときにもう少し勉強しておけばよかったと思う事もありますよ。

また社会人になってから資格が欲しいと思っても、資格の勉強を仕事の合間に行うという事はとても大変な事です。

学生の内であれば資格の勉強をする時間を作ることも出来ますよね。

資格の勉強内容も社会人になってからよりも学生時代のほうが覚えが早いというメリットもあります。

資格は社会人になってからもかなり役立つものです。

学生時代の内にたくさん習得しておきましょう。

その資格を保持していたおかげで、就職が有利になった、給与がアップしたという嬉しいことがあるケースも少なくありませんよ。

特に習得しておくと役立つ資格がいくつかあります。

まず1つ目はTOEICです。

英語の資格となります。

就職の際TOEICスコアを何点以上持っていることが条件という事があるほどです。

また、就職後も急な英語の対応に柔軟に対応できるという事で必要な人材だと評価されることもあるでしょう。

受験料5725円で年に10回開催されていますので、是非受けてみてはいかがでしょうか。

2つ目は日商簿記です。

日商簿記をもっていると就職の際にかなり役立ちます。

とりあえず自分が就職しようと思っている職種に簿記が必要無かったとしても、就職後に何が起こるかわかりません。

職を失ってしまうことも人生の中ではあるかもしれません。

しかし日商簿記を持っているという事で、再就職の幅は広がるでしょう。

受験料は3級であれば2570円、2級は4630円、1級は7710円で年に3回ほど開催されていますよ。

3つ目はMOSです。

MOSとはマイクロソフトオフィススペシャリストと言う資格で、企業などでは良く使用されているwordやexcelなどを使いこなせるという事を証明できる資格です。

毎月1回から2回ほど開催されていますし受験料は10584円と、少々高めですが、かなり就職や会社で役立つ資格です。

他にも上司から必要とされる人材になれる秘書検定や相談者の目標を達成させることができるファイナンシャルプランナーという資格、インテリアコーディネータ-やカラーコーディネータ-という資格も良いですね。

7.アルバイト

学生のうちにアルバイトをしておくこともおすすめします。

アルバイトをした事がないと、就職した後の人間関係やコミュニケーションがうまく行かなかったというケースがあります。

学生時代にアルバイトをしてくことで、職場という場所での人間関係の築き方やコミュニケーションの取り方を知っておく事ができます。

そうすることで就職後も周囲の人と馴染むことが出来る人に慣れるでしょう。

更に一つのアルバイトに従事するのではなく、様々な職種についてみればよかったという意見もあります。

社会人になって正式に就職してしまうと、簡単に転職が出来なくなってしまいます。

その為、学生時代の内に様々なアルバイトをしてみて、自分に合う職種を探してみる経験してみるのも良い手なのです。

お金を稼ぐという事の大変さを知ることも出来るので、学生時代から急に社会人として就職した時の辛さのギャップに慣れておくことも出来ますね。

逆にアルバイトをもっとしなければよかったという人も

しかし逆にアルバイトをたくさん学生時代にしていた人はアルバイトをしすぎたことを後悔しているという人もいます。

アルバイトがあるため、友人と遊ぶ時間が無かった、部活などに専念できなかった、恋愛が出来なかったという理由です。

その為、アルバイトがだけに専念するのは後後後悔してしまう事にもなるのでほどほどにしておくと良いでしょう。

【大学生におすすめのバイトは、こちらの記事もチェック!】

8.免許の取得

社会人になる前に時間があるうちに自動車免許を取得しておけばよかったという人も多いです。

運転免許証を使わないと思っていても、免許証を持っていれば長期休暇にどこかにお出かけをしてリフレッシュをすることが出来ます。

また、免許を習得すれば、学生のうちに春休み、夏休みなどに今以上に楽しむことが出来ますよ。

更に社会人になってから免許を習得するとなると、普通に自動車学校に通わなければいけませんが、学生のうちに休みの期間を利用して、合宿で短期で免許を習得することも可能です。

2週間から3週間ほどで免許を習得できるので自動車学校に通うよりも楽ですよ。

また合宿中は他の合宿に来ている生徒たちと共に過ごす時間もあり、BBQや花火などをたのしむ場所もあるので、良い思い出も出来るでしょう。

合宿だと普通に自動車学校に通うよりも費用も安くおさ納まるので嬉しいですね。

運転免許証は就職時に必要条件に指定されているところも少なくないので取得しておいた方が良いですよ。

9.クレジットカードの発行

クレジットカードは使い方さえ気を付けておけば、毎日の買い物で使えて、ポイントが溜まったり、ネットショッピングなどでの支払い楽だったりポイントが溜まったり、とても便利でお得です。

しかし、なぜ学生のうちにクレジットカードを発行しておけばよかったと思うのでしょうか。

学生のうちにクレジットカードを作るのは早いのではないかなどと思う方も少なくないでしょう。

社会人は審査が厳しい

学生なら社会人に比べて学生の方がクレジットカードを作る際の審査に通りやすい傾向があります。

クレジットカードは海外旅行や留学に行く際も必需となります。

海外旅行や留学先のホテルなどで、チェックインやレンタカーを借りる際も、クレジットカードの提示を求められます。

海外通貨もクレジットカードを持っておくと簡単に使用できるので買い物などにも役立ちますよ。

なかでも三井住友VISAデビュープラスカードは、18歳から25歳限定の若者向けのカードですし、年会費無料でネットショッピングでポイント最大20倍で溜まるので、お得です。

セキュリティーも万全なので安心です。

26歳になれば三井住友VISAプライムゴールドカードと言うものに自動切り替えされるので心配ありませんよ。

10.人脈を広げておく

学生時代に人脈を広げておけばよかったと思う人が多いです。

学生時代は友人は特定の人しかいない、特定の人以外とは交流をもたないという方も少なくありませんよね。

しかし、様々な多くの人と出会うチャンスがたくさんある学生時代に友人として人脈を増やしておくことで、その人脈が社会人になってから自分の力になってくれる人になる可能性もあるのです。

また、仕事でいっぱいいっぱいになり行き詰った時に学生時代の友人が相談に乗ってくれるようになることもあります。

社会人になると人脈が仕事を有利に進める力になる場面に出会うことが少なくありません。

是非、学生時代に人脈は増やせるだけ増やしておきましょう。

11.出会いを求める

学生時代には異性との出会いを求めておきましょう。

社会人になってから合コンに誘われたとしても、年収や就職先などに左右されて相手を見ることになります。

学生時代に出会っておくことで、その人の性格など本質的な部分で相手を見ることが出来るでしょう。

12.平日に遊ぶ

社会人になると平日に遊ぶという事は不可能となるでしょう。

しかし、学生時代の内であれば平日に遊ぶ事も可能ですよね。

学生のうちに平日遊びを満喫しておきましょう。

土日祝ではなく平日に遊んだほうが良い理由がいくつかあります。

まず1つ目は温泉です。

温泉は土日祝はかなり混み合う事が多いです。

しかし平日であれば空いていることが多いのでゆっくりできます。

また宿泊費も土日祝よりも平日のほうが1万円近くも安い費用で宿泊できる事もあります。

お得にいつもよりもゆったりと過ごすことが出来るのですね。

2つ目は高速道路を使う際です。

平日は土日よりも安く高速道路を使うこと出来ます。

平日の高速道路は平日還元システムというものがあり30パーセントから50パーセントほどやアスク利用できるのです。

車自体をレンタルしなければ行けない際も土日よりも平日のほうが安く借りることが出来ますよ。

3つ目はアミューズメントスポットは平日に行った方が楽しめます。

遊園地や動物園、水族館など土日祝は子連れも多くかなり混みあいます。

遊園地などは土日祝はアトラクションに並ぶ時間も長時間となり楽しむ時間が少なくなってしまいます。

しかし、平日であればあまり混まないので動物園や水族館ではゆったり見て楽しめますし、遊園地では次々とアトラクションを楽しめますね。

学生時代は平日におもいっきり楽しんでおきましょう。

13.留学

留学も学生時代にしておけばよかったと思っている人が多いです。

社会人になり就職してから留学することは不可能でしょう。

また留学できたとしても思いっ切り勉強に打ち込むことが出来ません。

学生時代の内は留学へ行く事に躊躇する気持ちもあるかもしれません。

もう少し大人になってからと考えている人もいるでしょう。

しかし学生時代にしか留学に行けないと言っても過言ではありません。

是非勇気をだして留学に行ってみましょう。

社会人になってからあの時留学しておけばよかったと後悔することになるかもしれませんよ。

14.映画をたくさん見る

社会人になってから映画を見ようと思っても、なかなか映画館に行く時間すらないほど忙しくなるでしょう。

せっかく映画館に仕事終わりに行ったとしても眠ってしまったり・・・。

また、見たいなと思っているDVDなどが溜まっている場合も、学生時代の内にたくさん見ておきましょう。

社会人になってから映画を見よう、DVDを見ようとしても、疲れてしまって1本見るだけで精一杯という形になってしまいますよ。

時間がある学生時代にたくさん見ておきましょう。

15.本をたくさん読む

学生時代に本をたくさん読んでおけばよかったという人も少なくありません。

本と言っても学生時代は恋愛小説やSF小説、雑誌などを読むという方が多いでしょう。

しかし、学生時代に読んでおいた方が良い本としては、ビジネス書等を良く読んでおくと良いですよ。

社会人になってから役立つ知識が多くつきますし、社会人担ってから知識が必要になりビジネス書を読もうと思っても時間が無くて読めないということもあります。

また、敬語やビジネス的な言葉の使い方についての本も読んでおくと良いですね。

学生時代の内に小説などに偏らず幅広い本を読んでおくことをおすすめします。

16.貯金

学生時代のアルバイト代を飲み代やおしゃれに全てつぎ込み、次の給料日の事しか考えず、貯金をしていなかったという人が多いでしょう。

学生時代にしか使えないような自由なお金の使い方を楽しむのも学生ならではなのでしておいた方が良いと思われることなのですが、少しでも貯金をしておいた方が良かったと後悔している人も少なくないのです。

学生時代にはかからなかった税金、保険、車の購入、一人暮らしの資金などた出費が増えます。

更に会社の締日の関係などにより、5月まで給料が入らず、4月の生活が一時的に危うくなるという会社もあります。

更に一人暮らしともばれば、引っ越しの際の敷金礼金、更新料、日常生活でも光熱費などがたくさんかかります。

そこであの時の学生時代のアルバイト代があればいいのに、貯金しておけば助かったと思うのですね。

自由にお金を使いながらも少しは貯金しておくと良いでしょう。

その貯金がいつか社会人になった時に自分を助けてくれるはずです。

17.何か好きなことに夢中になる

社会人になってから好きなことに夢中になるという事は仕事などの関係によりほとんどの人が出来ません。

しかし学生の内はとことん自分の好きなことに夢中になれるはずです。

そしてその好きなことで結果は残せないだろう、高みを目指すのは無理だと思っても、夢中で楽しむのです。

就職の際、もちろん好きなことで何か良い成績を残したら強みになるかもしれません。

しかし大切なのは、とことん打ち込んだかなのです。

就職の面接の際に学生時代に打ち込んだことを聞かれることもあるほどです。

何かに夢中になることが出来る人は、仕事に対しても夢中で打ち込むことが出来るのではないかと良い判断され安いのです。

自分的にも夢中になった時間と言うものは良い思い出になりますし、その後の人人生でも何かに夢中になって取り組むことが得意な人なれるでしょう。

思い出の詰まった学生時代

社会人になってから思い返すと、学生時代というものは、思い出の詰まった学生時代となるのですね。

現在学生の方はどんな学生生活を送っていますか?

有意義な時間を過ごせていましたか?

学生時代の思い出は大切なもの

学生時代の思い出はとても大切で、とても大きな思い出として心に残るのですね。

忘れられない思い出がたくさん作ることが出来る、人生で一番楽しい思い出が残る期間でもあるのかもしれません。

やり残したことがある人も…

しかし、学生時代が素敵な物、思い出深い期間と感じるのはほとんどの人が社会人になってからなのです。

学生の内は今の学生時代がそこまで素晴らしいものだと思っていなかったり、できれば早く卒業したい、学生を辞めたいと思っている人も中にはいるでしょう。

なんとなく毎日が過ぎるのをただただ過ごしているだけという学生もいますね。

今は思い出作りや楽しもうとしていない、したいと思わなくても、社会人になり様々なものに縛られるようになってから、必ず学生時代に、ああしておけばよかった、こうしておけばよかったと、やり残したことが浮かんでくるはずです。

社会人になったつもりで、のちに自分がしておけばよかった後悔しそうな事が思いついたら、思いついた分だけ全てやってみよう!と言う意気込みで勇気を持って、楽しむ心を持ってトライしてみたほうが良いですよ。

学生時代は二度と取り戻せない

いくらやり残したことがあって、学生時代に戻りたいと思っても、もちろん戻ることはできません。

学生時代は二度とやってこないのです。

もしかしたら今、将来に不安を感じ、一人で塞ぎこみ悩んでいたり、勉強以外には目もくれない日々を過ごしていたり、将来の事を悩んで毎日辛い日々に感じている方もいるかもしれません。

もちろん学生時代に将来の事に不安を感じ、悩んだり考えを確立させようとしていることは素晴らしいことです。

全く必要のないことだとは言えません。

しかし、多くの異性と交流したり、学生ならではの恋愛を楽しみ、一生モノの友人を作ることができる学生時代に友人との交流を深めたり、協力したり助け合いながら、ひとつの目標を達成したりと言った、学生ならではの楽しさを満喫しながら、そこで悩む時間を取るという形のほうが良いと思うのです。

学生時代にやっておけばよかった

学生時代にやっておけばよかったこと、人それぞれたくさんありますよね。

学生時代は社会人になってから思い返すと時間にも気持ちにも余裕があり、今学生時代に戻れたとしたら、何でもチャレンジしたい!チャレンジできる!と思う事でしょう。

大人のあなたは思い出に浸ってみて

もう既に学生時代には戻れない大人になってしまった方は、時々学生時代の思い出に浸ってみてはいかがでしょうか。

日々の生活に疲れたときなどに思い返すと、笑みがこぼれたり懐かしく温かい気持ちになれるでしょう。

また、学生時代の友人に久しぶりに連絡してみて再会したり、友人と久しぶりに電話で昔の思い出を語り合うのも有意義な時間となるでしょう。

学生時代って本当に素敵な思い出がたくさんありますよね。

学生時代は悩んでいたことや、辛かったことも、大人になってから思い返すと、良い思い出になっていたり、つい笑ってしまうような出来事に感じたりもするでしょう。

学生のあなたはやり残すことがないように

学生のあなたは、是非やり残すことが無いように学生時代を過ごしてほしいなと思います。

学生頃は、やり残すことが無いように!と先生や周囲の大人に言われても、別にやりたいこともないしな~、面倒だな、大人になってから!勇気がないしなどと言う理由でやらなかったという人が多いはずです。

学生のあなたもそう思いませんか?

しかし、良く考えて見と、必ずまだやり残したことがあるはずです。

億劫に感じる事もあるかもしれませんが、後悔しないように全力で満喫しましょう。

学生時代は一度きり!後悔のないように

何度も言うようですが、学生時代は一度きりです。

学生時代の事を振り返り、戻りたいな、やっておけばよかったなと思う人は山のようにいます。

是非後悔ばかりが残る学生生活ではなく、楽しかった、良い思い出だな、充実していたなと、社会人になって思い返した時に思えるような学生生活を送りましょう。