CoCoSiA(ココシア)

役割を全うするためにビジネスマンが気を付けた方が良い6個のこと


自分の役割、そして自分が何者であるか把握しておくことは、とても大切なことです。

忙しい時や現在を見れていない時、自分の芯がぶれてしまうことがあります。

自分の仕事の役割は何だったか、どこまでが良いか、どこまでがダメなのか、把握しておかないと大変なことになってしまいますよ。

️あなたは自分の役割を把握してる?

あなたは自分自身の役割を把握していますか?

私は昔医療事務をしていた経験があり、その時よく上司から医療事務の役割をちゃんと把握しなさいと言われたことがあります。

医療と言われると、会計処理や受付業務というイメージを抱かれる人が多いようです。

実際はただ会計処理や受付業務をすれば良いだけではなく、患者さんへの対応、薬剤等の発注や雑務がとても多く簡単なものではありません。

医療事務の役割とは、看護師や医師がスムーズに仕事をしやすくするための潤滑油のような役割だと思っています。

事務ができないとなると、医師や看護師だけではなく、患者さんにも支障が出て来てしまうものです。

それを忘れないために、自分は何者であるか時々思い出すようにしていました。

私のは例にすぎませんが、全ての事務や職種に当てはまるものだと考えています。

自分の役割は何なのか、改めて考えてみるのも良いでしょう。

️そもそもビジネスマンとは?


ビジネスマンってあまり耳にしない言葉ですよね。

日本と海外では少し意味が変わってくるそうです。

ビジネスマンの意味についてご説明致します。

英語のビジネスマンの意味

英語のビジネスマンは意味は実業家や経営者を意味します。

日本人が思っているような働き詰めの状態ではなく、もっと上の立場の人間のことを指すようですね。

実業家や経営者の言葉を聞いたことはあるけど、よくわからない人もいると思います。

実業家と経営者とはどんなものか、説明致しましょう。

実業家や経営者

海外のビジネスマンは、実業家や経営者を指す場合があります。

まず実業家、経営者とは何か?

実業家は大まかに言うと生産や経済などに関わる事業を営む人間のことを意味し、事業を経営する人、すなわちオーナーのことを指します。

主に生産や流通、そして販売などの事業です。

誰もが知っている日本人で有名な実業家はと言えば、やはりソフトバンクグループの孫正義さんでしょう。

他にも芸能人でアパレル関係で実業家として有名なのが、元ポケットビスケッツの千秋さん、浮気ヒモ旦那があまりにも有名すぎる川崎希さんなどが、実業家そして経営者です。

いわゆる成功者、という言い方が正しいかもしれませんね。

日本のビジネスマンの意味

海外のビジネスマンとは正反対に、日本のビジネスマンという意味合いは少し異なります。

ある意味でいえば成功者かもしれませんが、海外のように実業家や起業家というイメージを抱いている人は少ないでしょう。

会社員や事務員

日本のビジネスマンというと、一般的な会社員や事務員などを指します。

最近では海外のように実業家や起業家ではなく、バリバリ仕事をしている、仕事が出来るイメージの方が強いようです。

国によって大きく意味合いが違うのが面白いですね。

️ビジネスマンとサラリーマンとの違い


そもそもサラリーマンとは、フルタイムで働いている給料生活者という意味を持ちます。

しかしサラリーマンは会社務めをしているというイメージを持っている人が多いですが、一般的に正社員として働いている人は、全員サラリーマンに当てはまるのです。

同じ仕事をしている人でも、ビジネスマンとサラリーマンはどのように違うのか?
それぞれのイメージや考え方にも大きな差は出てくるでしょう。

イメージに違いがある

日本ではビジネスマンと聞くと誰もがすごい人だと認識しますが、サラリーマンと聞くとどうでしょう?

本質的にはビジネスマンと同じかもしれませんが、根本的な部分が大きく変わってくるかと思います。

この記事を読んであなたはサラリーマンなのか、それともビジネスマンなのかが分かるかもしれませんね。

サラリーマンのイメージ

サラリーマンに抱いているイメージは営業職など会社勤めをしている、スーツを着ている人というイメージがあります。

どちらかと言うとバリバリ仕事をこなしている訳ではなく、どちらかと言うとあまり良いイメージを持っていない人が多いでしょうね。