「ニュアンスが伝わらないなぁ」「君にはこのニュアンスが分からないの!?」なんて、問題にもなってしまう”ニュアンス”。

あなたが伝えたいそのイメージ、その傾向などを伝える時にそのニュアンスを伝えることが多いでしょう。

それになんといってもニュアンスというのは、伝わりにくいものです。

あなたがイメージしているニュアンスを伝えたとしても、100%相手に伝えることが出来ないことの方が多いのです。

あなたもそのような経験をしたことがあるのではないでしょうか。

この記事では、そんな説明の難しい”ニュアンス”についてご説明していきます。

ニュアンスという言葉の語源、そして意味からどんな物事で使われることが多いのか。

また、その場合にはどんな方向性で使われているのか。

難しいニュアンスだからこそ、それぞれの傾向を知っておくことによって会話などに現われた時に瞬時に判断できるようになることでしょう。

また、ニュアンスを用いた例文もご紹介していますからぜひ確認してみてくださいね。

そして、難しいニュアンスについてあなたなりの見解を持ち、あなたの生活に取り入れていきましょう。

ニュアンスの意味を理解しよう

ニュアンスを伝えるどうこうの前に、その意味を確認していきましょう。

あなたは、ニュアンスについて説明しろといわれても、しkkりとしたあなたの言葉で説明できないのではないでしょうか。

会話の中だったり自分自身に言い聞かせるためにニュアンスを用いているのでしょうが、それを説明しろといわれたら話は別なんですよね。

だって、ニュアンスはニュアンスだから。

「ある特定のイメージを伝えること」であり、それは物事ということもあれば気持ちのことだってあるんですよね。

なかなか難しい…。と思っていてももう大丈夫!

ここでは、まずはニュアンスの意味について詳しく、そして簡単にご紹介していきます♪

ニュアンスの意味が分かれば、きちんとその言葉を理解してから使いこなせるようになりますよね。

また、ニュアンスを伝える時にそれがヒントとなり、相手に伝えやすくなるかもしれません。

そんなニュアンスの意味は、説明が難しいような微妙な違いや意味合いなどを示しています。

ピンク色といってもさまざまなピンク色がありますよね。

あなたはショッキングピンクという濃い色をイメージして「ピンク色」と感じているかもしれません。

そのあなたが誰かに「ピンク色のワンピースが欲しい」といったとしましょう。

その相手はピンク色=パステルカラーのピンク色と感じていることがあるのです。

そうするとプレゼントされるのはもちろんのこと、ショッキングピンクのワンピースではなくパステルカラーのワンピースになるわけなのです。

そこであなたは言います。

「イメージしていたのと違う!ニュアンスがちがうの」と。

このようにちょっとした違いでも大きな違いを生むことがあります。

それがニュアンスの難しいところですが、以心伝心をしている仲間や恋人同士、家族であればそれを同調し共有しているので「同じニュアンス感覚」を持っていることが多いんですよね。

だって、同じものを見ていたり、見てきたからです。

まぁこんな話はさておき、次にニュアンスの語源についてみていきましょう。

ニュアンスの語源は?


”ニュアンス”といったカタカナ語ですから、多くの方は英語から誕生したと思っていることでしょう。

しかし、違います。

ニュアンスという言葉は、フランス語が語源になっているんですね。

フランス語を勉強なさった方は、既にそのような子と知っていたかもしれません。

知らなかった人にとっては、なんとなく「えええ!?」とおどろいてしまうのではないでしょうか。

でもよくよく考えてみてください。

ファッションにしてもあらゆる文化にしても、繊細なものが多いフランスです。

ちょっとした違いに大きく口を挟むようなイメージはありませんか?

もともとはフランス語「nuance」

フランス語で、ニュアンスは「nuance」と書きます。

そのまま「ニュアンス」とローマ字読みすることができますね。

意味ももちろん同じであり、英語ではshadeなんていうワードで表現されることになります。

まぁテストには出ませんから、雑学程度に頭に入れておいてもいいでしょう。

ニュアンスってどういう意味?


さきほど、簡単にニュアンスの意味をご説明しました。

覚えていますか?「説明が難しいような微妙な違いや意味合いなどを示している」とのことでしたね。

あなたが「ニュアンスが違う」という言葉を使うとき、それはちょっとした違いがあるからその言葉を使っているはず。

さきほどのピンク色の例にあるように、本当にささいな違いによってニュアンスの違いが起きてしまうのです。

あなたがイメージしているものではなく、別のものが目の前にやってきてしまう。

それはピンク色に関わるような色であることもあるし、ファッションアイテム、髪型、小説の内容、質問の答え…などなどさまざまな場面で”ニュアンスの違い”が起きてしまうんですね。

あなたも友だちと会話しているときに、あなたが意図した質問へ友達があなたが思っていたような回答をしなかったとき「なんか違うぞ」「かみ合っていないな」なんて感じたことがあるのではないでしょうか。

ずばり、そのようなちょっとした違和感、ちょっとした違いだけどとても気になることだとイメージしておいてください。

これから、ニュアンスの意味について「説明が難しい」「わずかな違い」「微妙な雰囲気」この3つに分けて、さらに詳しくご説明していきますね♪

ニュアンスは説明が難しい

ニュアンスというのは、とても説明が難しいものです。

それは筆者があなたにニュアンスの意味を伝えることよりも、あなたが思っているニュアンスを誰かに伝えることの方が難しいものです。

ピンク色はピンク色でも、あなたはショッキングピンクよりもちょっと濃いめのピンク色をイメージしているかもしれないのです。

しかし、その色の名前を知らないから「もっと濃い色!そうじゃなくって、それは濃すぎ!」なんていうのと同じこと。

あなたの考えていることは、相手には全て伝わることはありません。

とても喋るのが上手だったりコミュニケーション能力が発達している方であれば、きちんと伝えることは出来ますがすべての人がそれを出来るわけではないんですよね。

だって、難しいからです。

伝えたくても語彙が見つからなかったり、その物事に対する知識不足などによって言葉で説明できないんですよね。

しかし、それはあなたがバカといっているのではないんですよ。

そのようにニュアンスを伝えるのが難しいと感じるのは、あなただけではなく多くの人間が思い感じていることなのです。

特にイメージを商売にしている方(ファッションアイテムのデザインをしている、など)は、サンプルを作る際に工場などに作品のイメージを伝えますよね。

その時にあなたのイメージしていたものがサンプルで現われることもあれば、そうではないこともあるはず。

その原因はあなたのイメージしていたニュアンスが、相手に伝わっていたのか否かということなんです。

あなたの説明不足であっても、相手に汲み取る力があればそれは最初のサンプルから成功するでしょうし、そうでなければ何度もやり直しになることもあります。

みんな違う考えを持っている人間です。

ロボットのようにいつも同じことを考え、みんな同じことを行なうような、イメージしている生き物ではないのです。

私たちはそれぞれの人間が考え、生きています。

その一人一人の個性があるからこそ、この世界がより豊かになっていっているのです。

そのため、ニュアンスの違いをすぐに理解できなくても、なかなか伝えることが出来ないのも仕方のないこと。

仕方がないからといって諦めるのではなく、相手に伝えられるように努力することも大切になるんですよね。

わずかな違いのこと

ニュアンスには、わずかな違いという意味が含まれています。

女性であれば、Aラインのスカートといってどのようなスカートを思い浮かべますか?ロング丈でしょうか?それともショート丈でしょうか。

また、Aラインのスカートの広がり方だって、それぞれのブランドやメーカーによっては全く違うデザインになっていますよね。

そうなんです。

Aラインのスカートといっても同じものは存在しません。

あなたが欲しいと思っているAラインの形のスカートがあなたの家の近くの百貨店に販売しているとは限らないのです。

男性も同じことがいえます。

黒色のオシャレなポロシャツが欲しい!と考え、欲しい形をイメージしているとしましょう。

黒色のポロシャツなんて近所で買えばいいや、そんなことを考えお店にいってみると、黒色のポロシャツはあったものの「なんか違う」と感じるのです。

それはあなたがイメージしていた”黒色のポロシャツ”とそのお店にあったものに、わずかな違いがあったからなんですね。

それは、ポロシャツの生地かもしれないですし、丈、質感、形そのものかもしれません。

どこか違うのかはっきりと分かることもあれば、ニュアンスの違いだけでイメージを捉え「これじゃない」と感じることになるでしょう。

Aラインのスカートやポロシャツのように、自分の気に入ったデザインを探す洋服の旅に出ることになるかもしれないですね。

わずかな違いが目の前に現われた時、私達は「違う」と感じるよりは「ん?」と何かしらの違和感を感じることが多いようです。

もしも、何か出来事に出くわしたり、相手の発言などに違和感をかんじたときは、あなたとその対象物の間に何かしらの小さな違いが存在しているのかもしれません。

反対に少しの違いもないものであれば、あなたの求めているニュアンスにピッタリするものがあり、違和感を感じることはないはずですよ。

微妙な雰囲気のこと

あなたが何かを誰かに伝えたくて、その気持ちを伝えたとしましょう。

しかし、相手はあなたが言いたいことを全く理解できません。

そのようなときにあなたとその相手には、微妙な空気が流れるはずです。

もしも、ポジティブな内容であるならばそのように微妙な空気が流れることはないはずですが、ネガティブな内容のときには微妙な空気を流したくなくても流れないものなんです。

そんなことを言っても分かりづらいはず。

もしも、男性Aさんが恋人に内緒でCさんという女性と2人きりで会っていたとしましょう。

Cさんとは現在の恋人に出会う前からの知り合いで、女性というよりは”妹”的な存在としてみなしています。

その時は、その女性Cさんから「恋愛の相談にのってほしい」といわれ、困っている人を助けずにはいられないその男性は、その誘いに応じたのです。

しかし、そのことが彼女に伝わると「どうして女性と2人きりで会うの!?」なんて怒られるわけです。

なぜならば、彼女はその男性がCさんと浮気していたのではないかと考えているからですよね。

しかし、男性はシロ。

その女性のことは妹のような気持ちしか抱いておらず、それにその恋人と出会う前からの知り合いでそれなりの信頼関係もできているんです。

それなのに、しかもいつも自分の悩みを相談してのっていてもらったのに、自分だけ断るなんておかしいと男性は感じていました。

そのこと「Cさんは妹のような存在」だと伝えても、妹のいない恋人はそのような気持ちを全く理解してくれません。

そんなとき、2人の間には微妙な雰囲気が流れることになるんですよね。

それに男性は、「妹のような存在」というのをどのようにして伝えようかいろいろな考えをめぐらせるわけです。

もしも、その彼女にも後輩で妹的な存在、弟的な存在がいれば理解するのに時間はかからなかったことでしょう。

このように同じような境遇になっていれば分かるニュアンスというものもあるんですよね。

あなたもこのように「伝えたいのに伝わらない」「相手がこのニュアンスを理解してくれない」なんていうことは、ありませんか?そんなとき、決まって伝える方が不利になりやすいんですよね。

悲しいものです。

ニュアンスは感覚的なもの

これまでにニュアンスの意味をお伝えしてきました。

そこでなんとなく感じるものがありませんでしたか?ニュアンスとは、イメージが主体になっているから「感覚的なもの」であるということです。

また、ニュアンスを伝えようとした経験がある方、相手のニュアンスを受け取ろうとした方であればこの”感覚的”はすぐに理解できるのではないでしょうか。

感覚的だからこそ、同じような感覚を持っていなければすぐに分かり合えず、理解することができないものです。

しかし、反対にお互いに意識をあわせ、そしてお互いの立場になって物事を考えるようにした時、または相手の言い分をしっかり理解しようとした時にそのニュアンスを受け取ることが出来るようになるんです。

もしも、これまでにニュアンスを伝えるのが苦手だと思った方は、相手がどのようにすれば理解しやすいのかを検討してみましょう。

また、これまでに相手のニュアンスをなかなか受け取ることが出来なかったのであれば、これからそのような場面になったときには相手の気持ちになって考え、相手の言い分をしっかり理解するようにしてください。

どんなときでも「あなたの基準」で物事を見ないことです。

この世界にはたくさんの人々がいます。

あなたの当たり前だと感じていることは、他の人にとってはありえないことなんてことは普通なんです。

要するに、あなが感じたことのない感情を相手は感じたことがあるかもしれないんですよね。

そのように相手を理解しようとし、相手の考えを理解することはあなたにとってプラスになります。

「コイツ頭おかしい」と思うのではなく、「ああ、こういう考え方・捉え方もあるのか」と勉強することに繋がるのです。

生きることは、学生がおわっても”学び続ける”こと。

どんなときでも学べる姿勢を維持していたいものです。

本当に自分の当たり前が世界の、隣人の当たり前だと感じている人がとても多いです。

あなたが親御さんから習った当たり前は当たり前ではありません。

世界を見てください。

あなたがどんなにちっぽけな存在なのか、どんなに小さな常識にとらわれているのかを垣間見ることが出来るはずですよ。

それだけであなたは人生を損しているのということも、気づいてしまうかも。

話はそれてしまいましたが、感覚的なもののためニュアンスを伝えるのは難しいということなんですね。

ニュアンスが出るもの

これまでの人生の中で「ニュアンス」という言葉に出くわしたのはどれくらいありますか?あなたと同じ考えの持ち主、いわなくても通じる相手といつも一緒に過ごしていた方は、そのような経験をしたことがないのではないでしょうか。

しかし、反対に自分とは全く違うタイプの人との交流にも臆せず、自分の殻を破ってきた方であれば、多くのニュアンスの違いをいろいろな場面で感じてきたはずですよね。

そのように人生という航海に出た方であれば、そうではなく井の中の蛙になっている人よりはニュアンスの違いを感じやすいのです。

そこでは当たり前同士のぶつかり合い、そして個性のぶつかり合いがありますから必然的にニュアンスの違いがおこってしまうんですよね。

しかし、何度出くわしてもなかなか対処できないのがニュアンスの違いです。

それにこれまでにニュアンスの違いを感じたことのない人にとっては、いつか必ずやってくるその違いに恐怖を感じることがあるかもしれないですよね。

そんなあなたたちのために、人生のなかでニュアンスの違いに出くわしてしまうようなことをご紹介します!

色合い

まずは、色合い。

これは誰でも感じたことがあるのではないでしょうか。

さきほど冒頭近くで「ピンク色」を例にとってご説明しましたが、覚えていますか?ピンク色といっても、濃いピンクもあれば薄いピンクもあるんです。

あなたがピンク色=桜色と理解していたとしても、あなたの隣人はピンク色=ショッキングピンク色と理解しているかもしれないんですよね。

色には、ひとつの色の名前であってたくさんの色合いが存在しているんです。

それはピンク色だけではなく、赤色、青色、黄色などなど全ての色に対して同じことが言えます。

そのため、微妙な違いが存在するんですよね。

もしも信じられないのであれば、カラー表を参照してみてください。

「こんなにも色って存在するのか!」と驚くことになるでしょう。

音色

楽器を演奏したり、音楽を聴くのが好きな方は”音色”にも好みのニュアンスがあるのではないでしょうか。

”優しいイメージ”だとか”躍動感”などなど、その人によってそれらに対する感情、心の持ち方、楽器による演奏の仕方なんて違ってきますよね。

そのため、あなたが誰かに「優しく演奏して欲しい。

そうじゃなくて、もっとなめらかな、そして心のこもった・・」と説明をしても、そのニュアンスを伝えるのって難しいんです。

ひとつの音でさまざまな表現方法があるからこそ、楽しめる音色です。

しかし、音楽製作者や指揮者にとってはすこし厳しいかもしれないですね。

料理

料理には、味付けがあります。

どんなに見た目が悪くても味付けがよければ、その料理はおいしい食品になります。

しかし、これまでに料理をしたことがある方、または毎日のように料理をしているとイメージしていた味付けと全く異なる味付けになってしまって、「ガッカリ」したことはありませんか?

例えば、ナスの肉味噌いためを作るときに”ちょっぴり辛くて、でも甘さもあるもの”をイメージしていたとしましょう。

しかし、いざその料理が完成すると辛味が多いし、さらには甘みも足りない。

自分のイメージする味付けに近づけるために、さらに調味料を加えたらなんとなくイメージしていた味に近づけることは出来たけれど、100%ではないということがあったはず。

それこそ、感覚的にあなたがイメージしているものであり、ニュアンスというのは自分自身に伝えるのも難しいということなんですよね。

態度

目上の人に対しては尊敬する態度をしろだとか、同じ立場の人にはそのような立場をしなくていい・・なんてマナーの世界には、難しいしきたりがあるものです。

しかし、目上の人といってもその立場によって、あなたはきっと態度を使い分けているのではないでしょうか?社長と直属の上司、またはあなたの教育係となった方への態度はそれぞれ違うはずです。

そこにもニュアンスの違いがあるんですよね。

社長にはきっとものすごく尊敬した態度にするでしょうし、直属の上司はその社長ほどではなくても尊敬する態度を示すでしょう。

そして教育係になった上司に対しては、どこか打ち解けた感情を伝えることもあるのではないでしょうか。

そのように態度ひとつとっても、相手の立場、そしてあなたとの関係性によってニュアンスが異なってくるのです。

意味

言葉の意味もそうですね。

「あなたのことが好き」と誰かに伝えられたら、「それは恋愛対象なのか」「人として好きなのか」と悩んでしまいませんか?

そのようにひとつの言葉であっても、複数の意味合いを持っていることが多いんです。

また、複雑な考え方をする人にとっては、「恋人対象の気持ちが6割で、普通の人としての感情が4割」なんてとても難しいことを伝えてくることがあります。

人によっては、そんな複雑に伝えてくる人に苛立ちを感じてしまうものですが、相手もしっかりとあなたに伝えようとしたからそうなったということをしっかり頭にいれ、八つ当たりしないようにしましょう。

言葉

さきほどの意味と同じく、言葉ひとつとってみてもさまざまなニュアンスがあります。

さきほどの「あなたのことがすき」なんて、もっとも分かりやすい文章ではないでしょうか。

そのように人によっては、誤解してしまうようなニュアンスを含んだ言葉というのがたくさんあるのです。

ここで質問です。

あなたが思う「早朝」とは何時でしょうか?あなたがもしも「4時」と答えたとしても、他の人は「3時」と考えているかもしれないのです。

そのため、あなたが「明日は早朝に出かける」といったところで、2人の間にニュアンスの違いが出ているんですよね。

そして何かのトラブルになってしまう、なんてこともあるのです。

感情

特にニュアンスの違いを感じるのは、感情ではないでしょうか。

これまでは今の恋人のことを「恋愛対象」としてだいすきだった。

でも、ある事件が起こってからは「その気持ちが少しなくなった」としましょう。

それを聞いたその恋人は「私のことを嫌いになってしまったんだわ」なんて感じているかもしれません。

しかし、その言葉を話した本人は相手のことを嫌いになったわけではないのです。

ほんのちょっぴり恋愛感情がなくなってしまっただけ。

しかし、その”ほんのちょっぴり”の感情というのはその本人でしか理解することができません。

どう説明をしてもその相手には完全には伝わらないのです。

それに感情は目に見えず、感覚的なものですよね。

髪型

女性であれば、前髪の形によってその日1日の運勢が決まってしまうほど「前髪のニュアンス」を大切にしている人が多いのではないでしょうか。

男性であれば、いつもセットしている髪型と少しでも違うところが出てきてしまうと、「なんか違う」「失敗だ」なんて感じることがあるのではありませんか?

また、美容室にいってあなたがなりたいイメージを美容師さんに伝えたとしても、それが全て伝わっておらず、ものすごい変な髪形とはいわないけれど自分の求めていたものと違う髪形になっていることってありますよね。

それは、美容師さんにあなたの伝えたかったニュアンスが届いていなかったんです。

写真などを見せて、「ベースはこの写真で、前髪はもっと長くて・・・」なんて具体的に伝えることが必要になりますね。

メイク

メイクをしている方は、アイラインの長さが1ミリ違うだけでもその顔の印象の違いに驚いたことがあるのではないでしょうか?

目じりのラインをまっすぐにするか、上にハネあげるか、それとも下に下げるかによって全く別の顔になりますよね。

それがメイクの楽しいところですが、人によってはそのちょっとしたニュアンスによって雰囲気が大きく変わってしまうんです。

いつもは優しい雰囲気をしているのに、たいしてメイクを変えているわけではないのに急にキツイイメージになった。

それは、メイクのニュアンスが関係しているのかもしれません。

夕焼け

夕焼けときいて、あなたはどのような夕焼けをイメージしていますか?

太陽が地平線に落ちるギリギリのところ?それとも太陽が完全におちたけれど、その太陽の明かりがオレンジ色に照らされているところでしょうか。

そのように夕焼けひとつをとってみても、人によってイメージする夕焼けというのは全く違うんですよね。

それはその人の親御さんが「夕焼け」といっていたことを夕焼けと理解しているはずですから、当たり前の違いがあるんですね。

きっとあなたが思う夕やけも、他の人が思う夕焼けも正解なんです。

しかし、ちょっとニュアンスが違うだけ。

その違いをマイナスに捉えるのか、プラスに捉え「それも夕焼けとみなす考え方があるのか」と考えるか。

それによって、2人の関係は変化しますし、その人たち自身が成長するかどうかも変わってきますよね。

何度も繰り返していますが、ニュアンスというのは人生の勉強でもあるのです。

ニュアンスの使い方

では、ニュアンスの遣い方を確認してみましょう!

いくつかの例文によって、どう使われているのかチェックしてくださいね。

「グラデーションのニュアンスが最高」

グラデーションってしっていますか?

さまざまな色が虹色に輝いているような、そんな色合いのことです。

そこにはさまざまな色の違いが現われており、赤は赤でも明るい赤、暗い赤などが存在しています。

そのちょっとしたニュアンスの違いが、その人の心を捉えたのでしょう。

たしかにグラデーションってきれいですよね。

「彼の態度には否定的なニュアンスが見える」

彼はきっと否定的な態度をとっているのでしょう。

しかし、それはこの言葉を発した人にしか感じることができなかったことかもしれません。

周りの人にはそれが理解できないのです。

その微妙なニュアンスをキャッチしてしまうと、そのことが気になってしまい神経質になっちゃいますよね。

ニュアンス、理解できた?

この記事では、ニュアンスについてご紹介してきました。

いかがでしたか?

ニュアンスというのは、説明が難しいものです。

しかし、その難しいものが伝わった時、とても嬉しい気持ちになるのではないでしょうか。

ぜひあなたも生活の中でニュアンスを伝える場面に出くわしたら、諦めずに伝える姿勢を貫いてくださいね!