CoCoSiA(ココシア)

おしゃれ坊主がモテる理由と芸能人10人


最近は髪型などにも個性が見られるようになり、坊主頭でもモテちゃうって男性が増えてきました。

女性の目線からみると坊主の男性はとにかくファッションにも気をつかうし、なによりも清潔感があるから惹かれてしまうのだと思います。

第一印象もモテる要素の一つです。

普通の格好をしている人と違って坊主の人って目立つんです!やっぱりパッと見てしまうから存在感もありますよね。

その時代によって色々なモテるタイプの人が出てきますが、今はお洒落坊主の人がダントツの人気です。

男らしくもあり身だしなみもチェックできている男性は普通の人と比べてみるとどこか輝いて見えるのも事実ですし、こういう男性が増えてきたのも意識している人が多くなったからだと感じます。

そこで今回はおしゃれ坊主のモテる理由などについてお話していきます。

ちょっと坊主には抵抗があった人でも坊主の良さをわかってくると違う自分にもチャレンジしたくなるかも!

この記事の目次

おしゃれ坊主になろう!

よく雑誌などで男性の髪型についてアンケートの結果が出ていますが圧倒的に短髪や坊主の支持が高い事がわかります。

理由としては「サッパリとしているから好き」「清潔そうだから」「男性的だしワイルドな感じ」など、様々な女性からの視点で好まれているようです。

一番大事なのはどのアンケートでも出てくる「清潔感」です。

どんなに顔がカッコ良くても不潔なイメージや髪が油でギトギトだったら嫌ですよね?それだけで幻滅って女性もいると思いますし、男性の友人同士でもあまり良い印象は持たないと思います。

こういう事もあってか男性同士でも坊主の集団とか出来るくらいですので、みんなが坊主に対しる関心はとても高いのではないでしょうか。

男性側から見てもメリットはありますよね。

まずは洗髪が楽すぎる事です。

時間が掛からないですしセットも楽なので普段の手入れ的な面を考えるとメリットですよね。

それともう一つ、人の目を気にするというものがあります。

男女共に同じ事が言えますが、人に見られてると意識するとお洒落に気をつかう人って増えますよね?

誰かに見てもらいたいとか色々な心理も合わさっていき、結果として見た目にも気をつかうようになります。

では、どのようなおしゃれ坊主が実際に流行っているのかを一つづつお伝えしていきますね。

1.おしゃれ坊主が流行っている!


今は色々なファッションを気軽に楽しむ事が出来る時代です。

洋服を買いに行く事も出来ますし、ネットで注文する事も出来ます。

とにかくお洒落というものがとても身近になっているのです。

その中でもお洒落坊主の男性が増えてきているのはなぜでしょう?

とても簡単なのですが、女性からの人気を得やすいからが理由の一つです。

誰だって異性にモテたいという願望があるように、男性も女性の好む服や髪型を研究しているんですよね。

こういった人達は周りの人も巻き込むのがとても上手です。

コミュニケーションをとるのが上手な人も多いですし、どんどん自分達の居場所を広げていってるように感じます。

最初はその個性的な髪型にビックリしたとしても、慣れてくると不思議なものですよね。

男性からみてもカッコイイって思えてくるからお洒落坊主の連鎖が始まるようです。

加えて女性からの受けも良いとならばやっぱり若い男性の間で流行っていくのも頷けますよね。

見た目的も良いですし色々な面でプラスになれば坊主にする人も増えて当たり前です。

そこで実際の髪型についてですが、どのような髪型を指すのかをご説明します。

2.おしゃれ坊主とは?

坊主という言葉で連想するのが高校野球の球児ですよね!

真剣な眼差しを気迫あふれるプレーの連続でファンもいっぱいだと思いますが、ここで言う坊主はそこまでの短髪ではありません。

ツーブロックのしたサッパリ感を意識した髪型であったり、それこそ自分の個性を最大限アピールしていく部分になります。

サイドや後ろの部分を刈上げる方も増えてきています。

こうする事でとても清潔感が全面に出てきて洋服選びも幅が広がってきます。

男性の場合は洋服の色などが女性用と比べても少ないといった傾向があるので、その弱点ともいえる服の色を髪型のサッパリ感でカバーできる事に繋がります。

色々と素晴らしい要素を持っているお洒落坊主だからこそ、ファッションを楽しむ事が出来るのでしょうね。

今までは同じ様な服装ばかり選んでしまいがちですが、自分に自信を持ち始めると皆さんが個性のアピールをするのです。

これはとても良い事でもあり自分磨きにも繋がります。

こういう所も坊主の男性が増えている理由なのですね。

1.全くの坊主ではない


前述もしていますが、お洒落坊主は五分刈りなどとは全く違います。

そこまで坊主にしてしまうとファッションを楽しめなくなります。