例えば何か行動をする際に考えて動いたりしますよね?

理にかなうか考えて動くというような人もいると思います。

理にかなうという言葉は論理にあっている最適な行動という風に捉えてください。

例えば仕事に遅れたとなった場合はまずは謝るところから始まりますよね?何も連絡をせずにそのままにするというようなことはしないと思います。

他にも理にかなう行動や言動というのはたくさんあります。

例えば洗濯物を干していているときに雨が降りそうな天気になるとなった場合は取り込むことをまず考えますよね?そして雨が降る前にその対処をすると思います。

雨が降ってきたら取り込むのではなく、雨が降る前に取り込むことで事前にその対処をすることができるのではないでしょうか?

理にかなうというのはこの様に最適な行動を取ったりすることも言うのです。

では理にかなう考え方というのはどの様なものがあると思いますか?

行動に出るべき理由というのはご存知でしょうか?

少なくとも皆が思うのは自分にとって「最適であるかどうか」ということを考えるかもしれないですよね。

その行動を取るべきには必ず理由というものがあります。

会社に遅れたという時はまずは会社に遅れたことを謝罪するからというのが理由になりますし、洗濯物の場合は雨が降りそうだからというのが理由になると思います。

その時にいかにして行動をするのか、対策をすることができるのかで、人というのは変わることもできますし、注意して生活をすることができます。

今回はそんな理にかなう行動や言動、考え方や対策などについてお話をしたいと思います。

少し難しい話ですが、とても面白い話とも思うので是非見てみてください。

理にかなう言動をしていますか?

理にかなう言動をしていたりしていますか?「そもそも理にかなうって何?」と思う人もいるかもしれません。

これはどの様なことを言うのかというと簡単に言えば「常識的な行動を取っている」ということになり、例えば物事を常に冷静に見たりすることで理にかなう行動や言動ができたり、心に余裕を持つということも理にかなう行動に近づくことができるでしょう。

また何より考えても無理だということであればたくさん経験を積むということが大事になります。

理にかなう行動というのは、難しく言うと思想などがしっかり反映されているか、道理に一致しているかなど難しく考えてしまうとこの様な意味になってしまいますが、簡単に言うのであれば「常識的な行動をするようにしているか」という最適な行動や言動をすることができるかということになります。

少し難しいでしょうが更に詳しく見てみたいと思います。

理にかなう、とは?


理にかなうというのは元々どの様な意味を言うのでしょうか?簡単に言うと合理的であるということです。

合理的というのはその目的にあっている無駄が無いような状態のことを言います。

例えば先ほどいった洗濯物に関しては雨が降るから洗濯物を畳むという目的があって、その目的に対して無駄がなく動くというようなことを言います。

その時にあった適切な動きをするというのが理にかなうということになるのです。

簡単に説明をするとこの様な意味になりますが、更に難しく説明をするのであれば、常識を逸脱しないことであったり、人の尊厳に反しないことであったり、理念や思想がしっかり反映されていることであったりと、何かがあってその事に関してしっかりとできているかどうかということを全部含めて理にかなうということになります。

これらの行動というのは全て意識をすることでできることというのをまずは頭に入れておいてください。

そしてその行動というのは様々ありますが、その時にあった適切な行動をすることが理にかなった行動とも言えます。

では具体的な意味を見てみたいと思います。

1.常識を逸脱していないこと

常識を逸脱していないことを理にかなうとも言います。

まず逸脱という言葉の意味をご存知でしょうか?

常識というのは常にある皆が持っている意識、事柄ですが、逸脱というのは決められたものから外れるということです。

例えば決められたことから違うことをするとなった時に逸脱という言葉を使います。

常識を逸脱していないということは常識から外れた行動をしていないことということです。

この様に捉えると少し解りやすいですよね?常識を逸脱していないというのはつまり常識的な行動をしているということです。

先ほどの会社に遅刻をしたから電話をするというのは常識の範囲内の行動ですよね。

仮に電話をしないということであれば常識を逸脱していることになると思います。

2.道徳や倫理に合っていること


道徳や倫理に合っているということも理にかなったことと言えるのではないでしょうか?

道徳や倫理というのは、まず道徳というのは簡単に言うと生活などをする上での例と言う形で捉えてください。

よく小学生の授業でも道徳というものがありますよね。

良いのか悪いのかという例を学ぶことができることを道徳と言います。

次に倫理ですが人として守るべき行動という解釈で良いでしょう。

これらに合っているかどうかということです。

難しいと思うので簡単に言うと「人としてその行動が合っている」というような事を言います。

例えば困った人を助けてあげるというのはこの道徳や倫理に合っていると思いませんか?

人として困っていることがあれば、自分が手助けをしようというのを小学生の頃の道徳でもやっているはずです。

倫理にも合っていることなのでこの様なことも理にかなうということを覚えておいてください。

3.人の尊厳に反しないこと

人の尊厳に反しないことというのも理にかなった行動の1つなのではないでしょうか?尊厳というのは簡単に言うと「人間らしいこと」ということです。

なので人間らしいことに反することをしないことという意味になります。

少し難しいと思いますが、例えば普通の生活を送ることができないという人もいると思います。

普通に起きたりしてご飯を食べるということは普通のことですよね?でもできないという人ももしかしたらいるかもしれません。

そんな事にならないような最低限のことを人の尊厳ということになります。

これを反してしまうといわゆる差別などができてしまったりするのです。

4.正義が守られていること

正義というものが守られているということも理にかなっています。

正義という言葉をよく聞くのではないでしょうか?いわゆる正しいという事で解釈していただいて結構です。

よくドラマやヒーローアニメなどでも「正義が勝つ」という言葉を使いますよね?その正義というのはいわゆる「正しくすべき事」なのです。

なのでその様なテレビの場合は、正しくしようとする人と悪さをしようとする人で解りやすく分けられていますよね?

理にかなったことというのは正義が守られていること、つまり正しくすべき事が守られているということにもなるのです。

5.理念や思想がしっかり反映されていること

理念や思想がしっかり反映されていることも理にかなった行動と言えるでしょう。

例えば洗濯物の雨が降りそうなので取り込んだというのは、とても反映されている行動なのではないでしょうか?理念や思想というのはいわゆる「考える」というようなことを言います。

考えてその行動などがしっかりと反映されていることも理にかなうというのです。

理にかなった行動というのは基本的に今までのものを含めて、理念や思想が反映されて行動をするということになります。

少し難しいかもしれませんが、考えるということも理にかなうということを覚えておくようにしましょう。

6.道理に一致していること

道理に一致しているということも理にかなったことと言えます。

これは簡単に言うと人とし正しいと思うことをするというようなことです。

例えば困っている人を助けるというのも道理に一致していると言えるでしょうし、例えば何かをしてもらった際に「ありがとう」と言ったりしますよね?

これも人として正しいと思う動作だと思いませんか?これらの事、普段の生活からでも常識だと思うことは全て道理に一致しているからこそできることなのです。

仮にこれが「間違いだ」ということになれば誰もしませんよね?

道理に一致しているというのは正しいと思うことをしているということなのです。

7.自然界の法則に沿っていること

自然界の法則に沿っているということも理にかなうということを言います。

例えば自然な現象というのはいくつもあると思います。

それに対してその通りになるというような行動や言動というものは必ずあるのです。

自然界の法則に沿うというのはこの様なことを言うのです。

理にかなうというのもその自然な流れにより行動をしてしまったりするということもあるでしょう。

人というのは考えて行動をしたりもしますが、自然の流れというものに沿って行動をすることもあるのです。

8.無駄がなく合理的なこと

無駄がなく合理的なことも理にかなうことの1つです。

無駄がないというのはそれほど余計なものがなく、合理的というのは先ほど言った通りです。

行動をする時には必ず無駄というのがあったりしますよね?

洗濯物を取り込むといった際にも常に無駄なく動ければ良いのですが、降ってから行動をするというのはあまり理にかなっていないと思います。

それは天気が怪しい、雨が降るかもしれないというのにも関わらず雨が降るのを待っていたということになるので、これだと無駄があるように思えますよね?

合理的な行動というのは無駄がなく、道徳や倫理にも合っていることなので、それらを含めて理にかなうということになるのではないでしょうか?

9.原因と結果の流れが自然であること

原因と結果の流れが自然であることも理にかなうと言います。

例えば原因が天気が怪しい、結果的に雨が降るというのは自然の流れですよね。

仮に天気が怪しくて自分で何かをして雨を降らせることを止めることができるのであれば、それは自然の流れとは言えません。

自分で改良をしたということになります。

原因と結果の流れが自然であるということは、その流れのままになるということです。

例えば冬になると寒いというようなものも原因と結果でなりたっていますよね?

普段の生活からでも原因と結果というものはついてくるものだと考えてみてはいかがでしょうか。

「理」は「道理」の理

理という言葉は道理の理であるということです。

難しいと思う人もいるかもしれませんが、人というのは考えて行動をして、常識的なことをいつもしていると思います。

道理というのは正しいと思っていることでもあり、その道理の理を取って「理にかなう」という言葉が出てきたのです。

この理にかなうというのはとても意味が深い言葉だと思います。

もっと色々な思想や思考があると思いますが、簡単に言うのであれば道理の理を取っているという考えで良いのではないでしょうか。

理にかなうか考えてから行動に出るべき理由

理にかなうか考えてから行動をするというような人が多くいると思います。

考えたりして動くというのはとても大事なことですよね。

これにも必ず理由というものがあります。

例えば失敗が少なくなるというのも1つの理由なのではないでしょうか。

慎重にするということで、何があっても大丈夫なように考えて動く、理にかなった動きをするというようなことをしたり、周囲に無謀な人だと思われないということもあると思います。

理というのは常識的なことをするということであり、無謀なことというのは他の人達にとっては非常識的なことになってしまうからです。

様々な理由がありますが、これらは全て理にかなうか考えてから行動をするというのをまずは覚えておきましょう。

必ずその様にしているという人にも理由がいくつかあると思います。

ではその詳しい理由について見てみたいと思います。

心当たりがあるという人もいるかもしれません。

1.失敗が少なくなる

失敗が少なくなるというのも1つの理由だと思います。

失敗というのを恐れてしまったりすると人というのは慎重になったりしますよね?

失敗というのはよくあることだと思いますが、それを恐れるということは普通では失敗しないというような事をしているということにもなるのです。

常識に近いものを感じますよね。

それが出来ないという事は非常識に見られてしまうという可能性があるので、それを防ぐために理にかなった行動をし、失敗が少なくなるというような結果に導くことができるのです。

2.周囲に無謀な人だと思われない

周囲に無謀な人だと思われないようにするために行動をしているという人もいます。

人というのは道徳で育ち、そして理にかなった行動をする人達ばかりです。

例えば自然の災害などがあれば避難するというのは理にかなった行動ですよね。

ですがこの時に避難しないとなればそれは常識というものから少し外れてしまうのではないでしょうか?

別の理由があるという人は大丈夫でしょうが、普通であれば避難というものは必ずすると思います。

そうでないと身の危険というものが迫る可能性があるからです。

無謀な人というのは自分でその様なことをしたりどう思われても良いという人に多いですよね。

ですがそれは理にかなった行動とはいえないのです。

3.人に信頼される

人に信用されるということから理にかなった行動をするという人もいるのではないでしょうか?

常に人というのは信頼の上で成り立っていることが多く、友達も家族も全ては信頼で結ばれているのではないでしょうか?

その時に人に信頼をされるというのはとても良いことですよね。

理にかなうか考える際にも人から信用されているかどうか、信頼されているかどうかで判断をしたりするという人もいますが、基本的には人に信頼されるから理にかなった行動をしてしまうという人も多いのです。

常識な行動、道理に一致しているような行動を取るなど、その様なことは全て理にかなった行動ですよね?

それをふまえた上で人というのは信頼などをされたりするということを覚えておきましょう。

4.冷静な行動ができる

冷静な行動ができるというのも理にかなった理由の1つです。

時には熱くなってどうにでもなってしまいたいという時があるでしょう。

ですがそんな時にこそクールに行動をしたいものですよね?

冷静な行動ができるということは物事をそれだけ見ているということでもあり、その時に冷静な対処を取ることができると理にかなった行動をしているということになるのです。

雨が降ってきたから慌てるのではなく、まずは冷静にどうすれば良いのか、何かすることはあるのかなどを考えると、物事がスムーズに運んだりもするのではないでしょうか?

冷静な行動というのはときには落ち着かせたりすることにも使うのでとても大事になるでしょう。

5.結果がある程度予測できる

結果がある程度予測できたりすることも1つの理由です。

この様に行動をしていればこうなるという結果がある程度予測できます。

雨が降りそうとなった時でももしかしたら止んだりするかもしれないですよね?ですがその時にならないと解りません。

人というのは自然の法則に沿っていたりするので、その時では結果論でしか無いというような人もいるでしょう。

ですが理にかなった行動というのはその結果を予測することができるようになるのです。

慎重な考え、どうするのかなどその事を含めて理にかなうのか考えてから行動に出るべき理由の1つになるのです。

6.敵を増やさない

敵を増やさないというのもあります。

例えばどんな事であれ、人というのは時には苦手な人がいたりしますよね。

また意見が違うとなればその人は敵だと思う人が多いのではないでしょうか?

その時に敵を増やさないというのも理にかなうか考えてから行動に出るべき理由の1つなのではないでしょうか?

例えば仮にこれで敵を増やしてしまうと圧倒的に自分にとっては不利だと感じますよね?
また自分が間違っていることに対して相手が悪いと感じたり、敵を増やしてしまうと自分の周りには人がいないという状態になってしまうこともあると思います。

これらの事は全て倫理なども含めてその様なことになるのでこの行動も立派な理由の1つなのです。

理にかなう行動をするための対策とは?

理にかなう行動をするたの理由というのは様々あります。

よくあるのが冷静な考えができたりということですが、それぞれにも対策というものがあると思います。

例えば常識的な高度うをすれば敵などを増やさずにすみますし、冷静に物事を常に見るのであればどんな時でも冷静に対処をすることができるようになりますよね?

理にかなう行動をするためにも実は対策というものがあり、それを継続することで理にかなう行動ができるようになるのです。

直ぐに変わるというような事は難しいと思いますが、理にかなう行動をするためにはいくつかの重要なこともあるので、それについて詳しく見てみたいと思います。

あなたも理にかなった行動をしたいというのであれば、是非実践をしてみてください。

1.常識的な行動をする

理にかなう行動をするための対策の1つとして常識的な行動を取るということがあります。

これは常に常識的な行動をすることにより敵を増やさないでいたり、また信頼なども得たりすることができるようになるからです。

人の信頼などは全て常識がある上で信頼というものが決まります。

例えば約束を破るというようなことがあれば非常識と思いますよね?常識的な行動というのは誰もが見ているあなたの行動なのです。

誰も見ていないなんていうようなことがなく、非常的な行動をしてしまえばそれは必ず他の人に目がつくようになるでしょう。

常識的な行動をすることで理にかなう行動をするための対策となるので、まずは常識を持って物事を見てみたり、対処をしたりしてみてはいかがでしょうか?

例えば急ぐのであれば急ぐ、マイペースでしないようにするというような事もその1つだと思います。

会社での仕事を頼まれた、早急にとあれば急ぎますよね?その時にマイペースにいつも通りしていては相手から指摘をされることは間違いないでしょう。

2.常に冷静に物事を見る

常に冷静に物事を見るというのも大事になります。

例えば物事を冷静に見ることができないということになると、その事に対しては常に感情的に見たりすることという風になります。

感情というのは思想にあっているので理にかなった行動とも言えますが、感情的な行動というのは自己制御というものがきかないですよね?例を言うのであれば感動したり怖いと思う映画やドラマを見た時に泣いてしまうことがあると思います。

その時には感情的になって泣くということになり直ぐにはとめられないですよね?

そんな時にでも常に冷静に物事を見ることで純粋に対処をしたり、落ち着いて物事と向き合ったりすることができるようになるのです。

3.自分の利害を優先しない

自分の利害を優先しないというのも理にかなった行動の1つの対策です。

これは自分の損得を考えるというものではなく、相手のことを第一に考えるようにしようというものです。

例えば自分の利害というのは、どうしても考えてしまいがちですよね?

人というのは損があればそれを避けて得をすることがあればそちらを利用するといった形で動くと思います。

その様な損得感情で動いてしまうと、いざという時にもその様に考えてしまい相手のことを考えずに行動をするというような事にもなってしまいます。

相手を思いやったりするという感情が無くなるというのもあるので、自分の利害を優先しないというのはその様なことを防ぐ理にかなった行動の対策でもあると言えるでしょう。

4.心に余裕を持つ

心に余裕を持つというのはとても大事なことなのです。

対策の中でも一番に重点を置くようにしましょう。

心というのは人は影響をされたり、ちょっとした事でも変わったりするようなものですよね?

その心に余裕を持つということはどんな事があっても直ぐに考えることができたり、自分の意思を持つことができるということになるのです。

よく相手に影響をされやすいという人もいるかもしれませんが、心に余裕を持つことでその様なこともなく、じっくりと考えていずれ理にかなった行動をすることができるようになります。

心の広さというのはそれほど相手のことも考えられる広さを持っているということになります。

仮にこの広さがどんどん小さい状況であればとても苦しいことになったりするでしょうし、時には自分のことを考えられなくなってしまうというようなこともあるのではないかと思います。

心に余裕を持っている人はとても広い人なので、是非心を広くして余裕を持つようにしましょう。

5.たくさん経験を積む

たくさんの経験を積むというのも大事なことです。

人というのはその様な経験をしなければ成長できないということもあります。

理にかなった行動と言ってもまだどうすれば良いか解らないという人もいますよね?

たくさんの経験を積んで理にかなう行動をするように心がけてみてはいかがでしょうか?
例えばですが本などを読んで理解するのと、実際にやってみて理解をするのというのでは差があると思います。

その時に本などを読んで理解をするとなれば良いのですが、この様な理にかなった行動や言動というのはたくさんの経験を積むことでも得られるものばかりです。

どんな事があってもその様な心を持つというものは難しいものですよね?

たくさん経験を積んで、直ぐに諦めるということが無いようにすることが何よりも大切になるのです。

理にかなう言動をする人の特徴とは

理にかなう言動をする人には必ず特徴というものがあります。

例えば真面目で道を逸れることを嫌うという人がいたり、論理的思考をすることができたり、自分から見ると真面目な人だと思う人も多いでしょう。

理にかなう言動をする人というのはとにかく真面目で自分の信念というものがあります。

ではどの様な特徴なのか具体的に見てみたいと思います。

1.真面目で道を逸れることを嫌う

真面目で道を逸れることを嫌うという人は理にかなう言動をする人の特徴でもあります。

例えばどんな事でもそれに対しては嫌ったりするという人がいますよね。

真面目な人というのはその様な特徴が多いのではないでしょうか?

その人にとって常識というものがありそれから外れているような行為や行動というのは極端に嫌うでしょう。

何故ならそれは常識ではなく非常識な行動になってしまうからです。

真面目で道を逸れることを嫌うというのも自分にとっては常識ではなく非常識であるということから、その様なことをするのを嫌い、自分が仮にその状態になったとしても自分のことを責めたりすることが多いでしょう。

【真面目な人については、こちらの記事もチェック!】

2.論理的思考ができる

論理的思考ができるという人も実は理にかなう言動をする人の特徴でもあります。

論理的というのは納得ができるような考えということです。

物事には順序というものがありますよね?その順序を組み立ててちゃんと筋が通っている人の考えを論理的思考と言います。

子の様な人というのは基本的に道徳がしっかりとしており、無駄がない人に多い特徴でもあります。

【論理的思考については、こちらの記事もチェック!】

3.無駄遣いが嫌い

無駄遣いが嫌いだという人も中にはいるでしょう。

その様な人も理にかなう言動をする人の特徴の1つです。

無駄遣いというのはその事を全て無駄にするという非常識的なことから考えてしまい、自分にとってはその様なことをするのが嫌いだという考えになるのです。

無駄遣いというのは時にはリサイクルとして使うこともできますが、その行為を嫌う人達は基本的に理にかなった考えや思考の持ち主ということになります。

4.自分の信念がある

自分の信念があるという人も特徴の1つです。

自分の信念というのは自分はこうである、自分は正しいとそのように思うことです。

人というのは時には道を踏み外したりするようなこともありますよね?

ですが自分の信念があるというのは、その様なことに対しても自分は正しいと信じ込むということがあるのです。

信念というのは人の影響などを受けることがなく、どんな事に関しても信念を貫いていくという人もいるでしょう。

ですが悪い性格ではありませんよね?

信念というのはそれほど自分を強くしてくれる良いものであり、自信にも繋がります。

信念があるという人はとても自信家な人が多く、どんな事に対しても理にかなった行動をするような人達ばかりです。