CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

理にかなうか考えてから行動に出るべき理由とそのための対策とは?


例えば何か行動をする際に考えて動いたりしますよね?

理にかなうか考えて動くというような人もいると思います。

理にかなうという言葉は論理にあっている最適な行動という風に捉えてください。

例えば仕事に遅れたとなった場合はまずは謝るところから始まりますよね?何も連絡をせずにそのままにするというようなことはしないと思います。

他にも理にかなう行動や言動というのはたくさんあります。

例えば洗濯物を干していているときに雨が降りそうな天気になるとなった場合は取り込むことをまず考えますよね?そして雨が降る前にその対処をすると思います。

雨が降ってきたら取り込むのではなく、雨が降る前に取り込むことで事前にその対処をすることができるのではないでしょうか?

理にかなうというのはこの様に最適な行動を取ったりすることも言うのです。

では理にかなう考え方というのはどの様なものがあると思いますか?

行動に出るべき理由というのはご存知でしょうか?

少なくとも皆が思うのは自分にとって「最適であるかどうか」ということを考えるかもしれないですよね。

その行動を取るべきには必ず理由というものがあります。

会社に遅れたという時はまずは会社に遅れたことを謝罪するからというのが理由になりますし、洗濯物の場合は雨が降りそうだからというのが理由になると思います。

その時にいかにして行動をするのか、対策をすることができるのかで、人というのは変わることもできますし、注意して生活をすることができます。

今回はそんな理にかなう行動や言動、考え方や対策などについてお話をしたいと思います。

少し難しい話ですが、とても面白い話とも思うので是非見てみてください。

理にかなう言動をしていますか?

理にかなう言動をしていたりしていますか?「そもそも理にかなうって何?」と思う人もいるかもしれません。

これはどの様なことを言うのかというと簡単に言えば「常識的な行動を取っている」ということになり、例えば物事を常に冷静に見たりすることで理にかなう行動や言動ができたり、心に余裕を持つということも理にかなう行動に近づくことができるでしょう。

また何より考えても無理だということであればたくさん経験を積むということが大事になります。

理にかなう行動というのは、難しく言うと思想などがしっかり反映されているか、道理に一致しているかなど難しく考えてしまうとこの様な意味になってしまいますが、簡単に言うのであれば「常識的な行動をするようにしているか」という最適な行動や言動をすることができるかということになります。

少し難しいでしょうが更に詳しく見てみたいと思います。

理にかなう、とは?


理にかなうというのは元々どの様な意味を言うのでしょうか?簡単に言うと合理的であるということです。

合理的というのはその目的にあっている無駄が無いような状態のことを言います。

例えば先ほどいった洗濯物に関しては雨が降るから洗濯物を畳むという目的があって、その目的に対して無駄がなく動くというようなことを言います。

その時にあった適切な動きをするというのが理にかなうということになるのです。

簡単に説明をするとこの様な意味になりますが、更に難しく説明をするのであれば、常識を逸脱しないことであったり、人の尊厳に反しないことであったり、理念や思想がしっかり反映されていることであったりと、何かがあってその事に関してしっかりとできているかどうかということを全部含めて理にかなうということになります。

これらの行動というのは全て意識をすることでできることというのをまずは頭に入れておいてください。

そしてその行動というのは様々ありますが、その時にあった適切な行動をすることが理にかなった行動とも言えます。

では具体的な意味を見てみたいと思います。

1.常識を逸脱していないこと

常識を逸脱していないことを理にかなうとも言います。

まず逸脱という言葉の意味をご存知でしょうか?

常識というのは常にある皆が持っている意識、事柄ですが、逸脱というのは決められたものから外れるということです。

例えば決められたことから違うことをするとなった時に逸脱という言葉を使います。

常識を逸脱していないということは常識から外れた行動をしていないことということです。

この様に捉えると少し解りやすいですよね?常識を逸脱していないというのはつまり常識的な行動をしているということです。

先ほどの会社に遅刻をしたから電話をするというのは常識の範囲内の行動ですよね。

仮に電話をしないということであれば常識を逸脱していることになると思います。

2.道徳や倫理に合っていること


道徳や倫理に合っているということも理にかなったことと言えるのではないでしょうか?

道徳や倫理というのは、まず道徳というのは簡単に言うと生活などをする上での例と言う形で捉えてください。

よく小学生の授業でも道徳というものがありますよね。

良いのか悪いのかという例を学ぶことができることを道徳と言います。

次に倫理ですが人として守るべき行動という解釈で良いでしょう。

これらに合っているかどうかということです。

難しいと思うので簡単に言うと「人としてその行動が合っている」というような事を言います。

例えば困った人を助けてあげるというのはこの道徳や倫理に合っていると思いませんか?

ページトップ