男性が女性から褒められる言葉を考えた時、嬉しい事の一つにダンディというものがあります。

イケメンなどのちょっとチャラい言葉とは違って大人の魅力がありますよね。

これは主に40代を過ぎた男性に多く言われる言葉であり、多くの男性がこうなりたいと思う事でしょう。

女性から見られた時に「あの人ダンディだよね」なんて言われたら心が躍りませんか?

そしてダンディな男性にはやはり共通する特徴も存在します。

身なりであったり行動であったり似た行動をしているのです。

それはどうしてなのでしょう?

今回のテーマですが「ダンディ」な男性になりたい方は必見!

どんな人がダンディになれるのかという事について追及していきたいと思います。

男性から見てもダンディな男性はカッコイイですよね。

大人の男性の魅力とはどのようなものかを16個の特徴と共に見ていきましょう。

ダンディな人の16個の特徴

まず始めに「ダンディ」というには全体的にどのような人を指すのかについてご説明します。

イメージとしてモテる男性やお金持ちといった事が思い浮かべるでしょう。

この人たちに共通しているのは「心の余裕」です。

どうしても心に余裕がない人は落ち着いた雰囲気には見られません。

どこかせわしなくて頼りなくもあります。

ダンディな男性というのは、何か起きてもどっしりと構えていて周りが安心できるオーラを発しています。

それが女性を惹きつけているのです。

これは最初からあった訳ではなく、様々な経験をしていく中で出来上がったものなのですが、誰でも出来る事になります。

それさえわかってしまえば実行するだけのとても簡単な事なのですが、ダンディという事を理解した上で始めなければ意味はありませんよね。

自分の解釈のままでスタートさせてしまうと間違った方向へと進んでしまうかもしれません。

そうなってはせっかくの努力も報われないという結果になりかねませ。

最初はダンディな男性はこのような特徴を持っているという事を理解していきましょう。

それでは最初の特徴になります。

1.スーツが似合う


ダンディという言葉を思い浮かべた場合に、一番最初に浮かぶのはスーツを着た男性ではないでしょうか。

スタイルがよく優雅な雰囲気で周りの目が集中してしまうような男性です。

女性だけではなく男性からの視線もあり、その場にいた人はとても興味をもってしまうのです。

とても不思議ですよね?スーツを着ている男性なんて沢山いるのに何故その人だけが目立ってしまうのか。

疑問に思った事はありませんか?

スラっとした体型でもあり清潔感があり、笑顔が絶えないような男性ならば、女性は誰だって話してみたいと思います。

どんな楽しい話しを聞かせてくれるのかワクワク感も止まりません。

ダンディな男性はスーツを着ただけでも色々な事を女性に感じさせてしまうのです。

それくらいダンディな男性には異性を惹きつける何かを持っている事になります。

また、そういった男性の髪型にも特徴があります。

2.髪の毛は長め

短髪な男性でダンディという方はあまり聞きませんよね。

ちょっと長めの髪型で不快な印象を与えないという特徴があります。

長めの髪だとどうしても不潔なイメージをもってしまいますが、ダンディな人はそういった事が全くありません。

むしろそれがカッコよさを倍増させているようですし、髪に手をかける仕草なども女性にはとても素敵に映るのです。

これを普通の男性が行うと女性はこう思ってしまいます。

「なんかキモい」

なんとなく想像はつきますよね。

ダンディとはキモさと紙一重の存在でもあるという事が分かります。

ただ、その事を今までの経験からステキな存在に変えている事も事実です。

ダンディな男性は長い髪でもステキに見られる存在なのです。

そしてこの事も特徴です。

これも髪の長さと似たような印象があると思います。

3.髭を生やしている人が多い


女性から見た男性の髭ですが、あまり好印象は持たないと言えます。

ここにも髪と同じ様に不潔といったイメージが出てくるからです。

ボザボザに伸ばされた髭はかなりのイメージダウンとなり逆効果ですが、不思議とダンディな男性は髭もお洒落に見せてくれます。

どこが違うのでしょう?

口髭にしても顎周りの髭でもとにかく清潔感があるのです。

ここが一番重要なポイントとも言えて、不快に感じてしまったらその瞬間にダンディとは呼べなくなってしまいます。

それでも髭を味方につける事ってかなり難しいですよね?

それさえもお洒落に変えてしまうのはとても不思議に感じますが、髭を生やしている人が多い事も事実なのです。

中々受け入れにくい人もいると思いますが、この髭を生やすという事も大切になってきますので頭に入れておいてほしいと思います。

次の特徴は女性の心へ直接語りかける事に繋がります。

4.声が低めで良い声をしている

映画などを見ているとダンディな男性の声ってとても低く、それでいてかなり良い声をしてるって思った事はありませんか?

透き通るような声でもあり低音の部分がとてもステキに聞こえますよね。

何か一言話しただけで女性の心は虜にされてしまうのです。

この声の効果ですが女性の場合は男らしさというものを男性に対して求めています。

これが高音の声ですと一気にしらけてしまうでしょう。

先ほどの髭にしても男らしいという事になってきて、声をセットで考えていくといいのかもしれません。

動作はゆったりとしているのですが、それが優雅に見えて尚且つ声などでも魅了してしまう人がダンディな男性という事になります。

このゆっくりとした動作というものは女性のこんな部分へも使われていきます。

5.女性への気遣いがある

レディファーストという女性への気遣いは昔から行われてきましたが、落ち着きのあるゆっくりと動作をする事で効果は倍増していきます。

同じ事をせわしない動作でやってしまうとかえってマイナスの要素となってしまうのです。

女性をリードする時には落ち着いた雰囲気というものがとても大事になってきて、決して急いではいけないのです。

ダンディというものは心に余裕のない状態では決して生まれる事はないでしょう。

優しく気遣うという事も相手の女性がドキドキとしてしまうような落ち着きが必要なのです。

今までは女性から見える特徴についてお話ししてきましたが、ちょっと視点を変えて男性から見えるダンディについてもお話しします。

6.誰に対しても親切

女性にとってもダンディというものはだいたい理解出来たと思いますが、男性から見てみても見習うべき点がいくつも出てきます。

まずは優しさです。

これは男女関係なく誰に対しても親切に出来るという事になります。

女性にだけ優しく出来なかったり気遣う事が出来ない方は決してダンディとは呼ばれません。

男性から見てもステキに見える人だけがダンディなのです。

女性だけにモテる男性は数多く存在しますよね?それだけではいけないという事なのです。

男性からの嫉妬や焼きもちといった感情はマイナスのオーラが出てしまいます。

そういったオーラが自分に向けられたとしたらどうでしょう?

段々と憎しみなども生まれてしまい、とてもダンディという存在とは呼ぶ事は出来ないと思います。

男性に親切に出来るという事は同性からも慕われるという事です。

この事からわかるように周りに自分の敵が存在しないという大切な特徴があります。

かなりハードルが高くなっていますが、気持ちの切り替え一つで親切にしたいという心は生まれてきます。

ダンディと呼ばれる人が最初から誰にでも親切であったとは限りませんよね。

色々な経験の中で悔やむ事もあり、自分を変えていった方だっているはずです。

その中には失敗があり、修正してきた時期も存在します。

数々のうまくいかなかった事などを繰り返しの中で見つめ直し、今の状態を作り上げた人だっているのです。

ダンディになる為に一番重要な事が、誰にでも親切に出来る事でもあり基本の考え方にもなってきます。

さらにこの基本の考え方は他人との礼儀へも影響してきます。

7.礼儀正しい

男女関係なく優しく出来る人というのは、誰かと会った時に失礼のないように行動します。

礼儀正しいというのもかなり重要になります。

これが相手を見てコロコロと態度を変えてしまうようでは意味がありませんし、かえって評判も悪くなります。

裏表のある性格では人から慕われるという事はとても難しいでしょうし、ダンディとはかなり遠い事になってしまいます。

礼儀正しいというものは歳下の方へも同じです。

年齢など関係なく誰でも平等に接する事が出来る人こそがダンディなのです。

私たちが育ってきた環境では学校であったり、職場であったり必ず上下関係というものが存在します。

先輩は後輩といった状況もかならず出てきますよね。

歳下の後輩にはきつく当たってしまったりする場合もあると思います。

しかし、ダンディな方はそういった状況でさえも優しく接する事が出来るのです。

理由はとても簡単なのですが、心の余裕になります。

心の余裕はとても優しさに包まれた感情で溢れる状態になっていきます。

こういった気持ちになるとあまり年齢などは意識しませんし、相手が同性であっても問題とならないのです。

こういう気持ちが誰にでも礼儀正しく出来るという事へと繋がってきます。

実行する事は簡単ではありませんが、誰にでも行動する事は可能です。

こうした心の余裕ですがこんな効果も発揮してくれるようになります。

8.持ち物が高そう

余裕のある行動というものは身なりの見え方にも違いが出てきます。

例えばバッグや財布、時計といったものにも影響します。

実際に高価なものではなくともダンディな男性がつけているものは高そうに見えるものです。

これは行動の一つ一つが生み出すマジックのようなものでもあり特徴でもあります。

相乗効果的なものもあるのですが、たとえ平均的な持ち物だとしても不思議と高そうに見えてしまいます。

ダンディというものはこういった「自分をより高く評価される」といった一面も持ち合わせているのです。

普通の人であれば高価に見えなくと持つ人によって見え方は全く違ってきます。

これも魅力の一つですよね。

極端な話ですが、近くのイオンなどの品でもダンディな人が持つと高価に感じるのです。

さらに物について掘り下げていくとある共通点があります。

ダンディな人はこんな所にこだわりをもっています。

9.物にこだわりがある

物に対する思いは人それぞれで何が一番なのかは人によって違います。

ダンディな談栄というのはその辺りにもこだわりがあり、物の金額ではないようです。

例えばですがハンドメイドにこだわる方がその一人です。

自分の持ち物は愛着が出てくるものですので手作りの物にこだわる人が出てきます。

金額的には世界中に一つしかないものですので支払ったお金というものは想像できませんが、これも心に余裕がなければ出来る事ではありません。

この心の余裕には経済的な面も含まれています。

ダンディという事は誰に対しても親切に出来るという事をお話ししてきました。

これは自分の仕事にも直結してくる事になります。

当然ですが仕事も順調になり経済的にも豊かになってきます。

こういった事でも余裕というものが生まれてくるのです。

また色などへのこだわりを持つ方も多いです。

好きな色ならばどのようなブランドでも良いし、全く知られていないようなブランドでもいいのです。

これもまた余裕がみられる部分でしょう。

ブランドというものに振り回されるのではなく、自分の気持ちを優先して購入するものを決めるといった事になります。

その豪快でもある考えがどんな物をつけたとしても似合ってしまうのですね。

ダンディな男性になるという事は次からお話しする事がとても重要です。

これは自分を変えていくという意識的な事になりますが、どんな事でも気持ちを変えていかないと結果は出てきません。

10.知的でよく本や新聞を読んでいる

まずは知性を養う事にあります。

新聞などに書かれている経済や話題といったものは会話をする上でとても大切になっていきます。

ダンディな人はこういったボキャブラリーも豊富にあると言えるでしょう。

身なりなどある程度は誰でも真似る事も出来ますが、知的な要素は努力して磨いていくしかありません。

最初から持っていたものではなくこういったものは自身で作り上げていくものです。

最初は色々と悩んでみたり苦労する部分もあったと思います。

しかしながらダンディな人はくじけない心も持っています。

これが決定的な差にもなってきます。

諦めない強い気持ちはどんどん自分を高めていってくれるのです。

ダンディな人ですが、容姿だけではなく精神的な部分においても強くある事が必要だという事がわかると思います。

精神的に強い人は感情も完璧にコントロール出来るようになってきます。

11.感情の起伏がない

感情の起伏がないという事はどういうことなのでしょう?

普段の生活には楽しい事ばかりではありませんよね?イライラする事だって多いはずです。

時には落ち込んでしまう事もあるでしょう。

ダンディな人ですが、こういった時の感情のコントロールがとても上手なのです。

これはどんな時も落ち着いて冷静になる事が大切だと知っているからになります。

イライラする時などは行動が焦りがちになります。

しかもどう動いているのか自分自身見えない場合も多いです。

この感情の波が激しければ周りの人を傷つけてしまうこともありえます。

ダンディな人はこういった事を嫌うのです。

自分がしっかりとした対応をすれば大丈夫という自信もあり、どんな時でも気持ちに余裕というものがあるのです。

周りの人はとても心強く感じるのではないでしょうか。

頼りがいがあるとも言えますし、そうした行動は魅力的もありますよね。

普段の生活でも感情をコントロールできるようになる事で、取り乱したりといった事がなくなります。

当然ですが落ち込んだりといった事もありません。

常に冷静な判断が出来て、日頃からの勉強のおかげもあり適切な処置をする事が出来るからです。

色々な事を知るという事は突然のアクシデントなどでも必ず役に立つ時が出てきます。

こういった将来への不安をなくす為にも日々の勉強、学習といった事は欠かさない事も自分を大きくしていく上で大切な事になるのです。

こうした努力は結果にも結びついてきます。

この結果というのは金銭的な余裕へとなります。

12.仕事ができる

色々な事を学ぶようになると自然と会話が上手になります。

そして笑顔も増えてきて相手の心を掴む事が非常にうまくなっていきます。

そうすると仕事でもかなり違った結果になりますよね?

どのような時にも冷静に対処できる人はあまり多くありません。

何かのミスなどではパニックになってしまう方もいます。

こうした場合でもダンディな人は自分の学んできた知識をフル活用し解決していくのです。

この事は企業に属していても個人で仕事をしている場合でも同じ事になります。

企業の場合であれば上からの信頼や信用を得る事になり、どんどん出世する事にもなりますし、経済的な面でも豊かになっていきます。

個人的に事業をしている場合はクライアントなどの信用に繋がります。

仕事の依頼も増えてそれもまた経済的な余裕へと繋がっていきます。

ダンディとはどんな場合においても結果に結びつける力を持っています。

それが仕事が出来ることになり信頼を得られるものへ変わっていきます。

仕事が出来るという事に繋がってきますが、当然身なりにも気をつける事になります。

こういった事も気をつけなければいけないという事をお話しいたします。

13.清潔感がある

人と会った時に大切なのは第一印象と言われています。

その時の印象が最悪であれば色々な問題が出てきてしまいますよね。

ダンディを考える上で生活感というものは絶対です。

髪型にしても髭などにしてもこの「清潔感」というものが無ければ意味をなしません。

では、どのようにして清潔感を演出するのでしょう?

これに関してはとても簡単になります。

規則正しい生活を心がけていく事が清潔感へと繋がっていきます。

毎晩深夜まで起きたり、起床時間がバラバラであったりすると身体にも負担をかけてしまいます。

食事なども食べたり食べなかったりでは健康体にはなれません。

清潔感の第一は健康を保つ事にあります。

見た目的に疲れている人には清潔感というものはありません。

見た瞬間に病気だと誤解されがちです。

綺麗な服を着ているからといって清潔感というものは出ないのです。

健康的でイキイキとしている人がもつオーラはとても凄いと思います。

そのパワーが清潔といったイメージにも大きく関わってきます。

健康である事は色々な事にも作用してきます。

さらに気をつけたい部分になりますが、姿勢という事も大切になってきます。

14.姿勢が良い

少し考えてほしいのですが、猫背の人がお洒落な格好で歩いていたとしたらどう思いますか?

格好だけ見ればダンディであるはずがイメージはあまり良いとは言えませんよね。

姿勢を正すという事も自分の印象づける意味では忘れてはいけない事です。

見た目が良くても姿勢が悪いだけで持たれてしまうのは不快感です。

こうなると先ほどの清潔感というものは全く期待する事はムリでしょうし、どんなに他が特徴と合っていたとしても全てを否定されてしまいます。

先ほどの健康ですが姿勢にも大きく影響してくるのです。

頭が痛い場合でもお腹の調子が悪い時でも人の姿勢というものは悪くなりますよね。

痛い部分を庇う姿勢を知らない間にとるからです。

その為にも毎日を健康に過ごすという事が大切になってくるのです。

同時に健康体で何事も順調な人の場合はいつ見ても姿勢が良いと言えます。

生活も仕事も安定していてイキイキと過ごしているからです。

更に言える事はダンディな人はこういった事にも気をつけています。

15.言葉の使い方がきれい

言葉使いですが、こちらは心の状態を表す事になります。

人はイライラしていたりすると言葉使いも荒くなってしまいがちです。

こうした言動は相手を傷つけてしまう事にもなりかねません。

言葉使いがきれいな人ほど、精神的に安定していると言えます。

誰しもが色々なストレスを抱えながら生活をしていますがダンディな人はとにかく心をコントロールする事が上手です。

嫌な事があったとしてもすぐに切り替えてしまうことが出来るのです。

ですからどんな場合であっても言葉を荒げる事もありませんし、きれいな言葉で人を和ませる事が出来るのです。

こういった事も少しの事だと思いますが実際に言葉を向けられた時には全く印象が違います。

そして最後の特徴になりますが、今までの事が積み重なった結果ダンディな方はこのように変わっていきます。

16.経済的に余裕がある

心の余裕や健康への意識など色々な面でお話しさせていただきましたが、最後に到達する事は経済的な余裕です。

いくらダンディを気取ってみても経済的に苦しければ本当の意味でダンディとは言えません。

いつでも気持ちが穏やかで誰にでも優しく接する事が出来る人がダンディなのです。

これがないと物へのこだわりも持てませんし、生活への意欲も半減します。

お金を自由に使う事が出来る環境がとても大切になってきます。

男性であればこのような人物になりたいと思いませんか?

次のお話しはダンディという事について掘り下げていきたいと思います。

ダンディな男になりたいあなたへ

歳を取ってもみんなから好かれて女性にモテる男性って憧れますよね。

実際にダンディな男性になるにはどうしたらいいのでしょう。

まずはダンディとはどんな人なのかを知る事から始めたいと思います。

1.ダンディとは?

一言でダンディといっても曖昧な部分もあります。

ダンディな男なのですが、経済的にも精神的にも余裕を持った男であると言えます。

そして、巧みな話術に加えて他人への思いやりや気遣いといった全てにおいてバランスの取れている男性の事を指します。

かなりハードルが高く感じますが、16個の特徴を読んでいけばどのような行動を起こせば良いのかがわかってきます。

2.英語のスペルは?

ダンディを英語のスペルで表すと「dandy」になります。

服装を始めとした振る舞いがとてもキマッていて洗練されたセンスで人々魅了するなどの意味もあります。

同時に悪い意味でも使われています。

あまりにお洒落に気をつかいすぎるナヨナヨとした人などの意味もあり、日本での使い方とは全く逆の意味も持っています。

1.名詞にするとダンディズム

ダンディを名詞にした場合にはダンディズムと呼ばれます。

これは男性における身だしなみ等を指し、好みのスタイルや服装など自分のこだわりを追求していく言葉です。

そして、この事を実践する人の事をダンディと呼びます。

3.40代後半から50代くらいに多い

ダンディが似合う人は人生の経験を積んだ方が圧倒的に多いです。

過去には失敗も多かったかもしれませんが、色々と努力をした結果としてダンディと呼ばれるまでになったのです。

40代後半から50代の男性は仕事上でも充実しており経済的にも豊かです。

もちろん心のゆとりもあり条件的にはピッタリと言えます。

しかし、条件が整っているだけでがダンディとは呼ばれませんしそれ程甘くはありません。

どんな時でも人に優しく気遣いを忘れない男性がダンディなのです。

男性は20代や30代の頃は自分に自信がありすぎる方が多いです。

それはとても素晴らしい事ですが時には暴走してしまうかもしれません。

冷静な判断もそのような状態では出来ないでしょうし、精神的な部分においてもまだまだ改善できる所は沢山出てくるでしょう。

40代後半から多くなる理由はこのあたりにあるのだと思います。

歳が若い時はまだわからなかった事も年齢を重ねてくると理解できるという事が出てくるからです。

努力する事を忘れずに自分磨きを行ってきた結果、こういった年齢に多くなるもの頷けます。

そしてダンディな男性は女性の事に対しても意欲的です。

現在の若い男性よりも積極的かもしれません。

4.若い男性は草食系が増えている

草食系男子という言葉が目立つようになり、男性は女性への興味をあまり持たなくなりました。

男らしいといった事にも関心がなく結婚についても消極的です。

少し前であればとても考えられない事ですが、この事はダンディな男性がいなくなってしまう要因にもなりかねません。

男性自身が女性に対してアピールする事が減ってしまえば、女性にとっても何を基準に男性を選んでいいのかわからなくなりますよね。

色々な環境で育つ中で草食系男子が多くなっていくのはとても悲しい事のようにも思えますが、これからもっとダンディな男性を目指してくれるようになればとも思います。

最後にダンディな男性が人に与える影響などをお話しします。

これを見た瞬間にダンディな男になりたいと思うはずです。

ダンディな人は周囲からどう見られる?

ダンディはどんな風に見られると思いますか?

それは経験した事がないような男女の視線を浴び、周囲の人を幸せな気持ちにさせてくれる不思議な人物です。

女性はその男性に心惹かれてしまい話しをしたくてウズウズするでしょう。

男性も同性でありながら楽しい会話や優しさなどの友情を覚えて楽しい時間を過ごします。

これは普通の男性では決して出来る事ではありません。

女性に人気はあっても同性には好かれるという事はとても少ないのではないでしょうか。

その垣根を超えた存在がダンディなのです。

そしてその事にはきちんとした理由があります。

1.信頼感がある

まずは信頼できる人物です。

そこには絶対の信頼があります。

どんな事が起きようとダンディな男性は気持ちが乱れませんし、落ち着いた行動を起こします。

その行動は正しい方向へ導かれ人々を幸せにしていきます。

男性でも女性でもこうした姿を目の前で見てしまえば、信頼や信用といったものが出てくるようになるのです。

特に変わった事をするわけでもなくその時に一番合った方法を見つけるのが上手なのです。

その為には本や新聞などで知識を深めていき感情的にならないように精神を鍛える努力をしなければいけません。

努力があってこその結果ですから、人々は彼に信頼を寄せるのです。

2.女性に好かれる

女性に好かれるという事にもきちんとした理由は出てきますよね。

清潔的なイメージで自分に自信を持っている。

それでも人をさげすむような事は絶対にしませんし、どんな人に対しても優しい男性がいたら誰でも好きになってしまうのは当然です。

それを意識してするのと意識せずにやるのとは全く違います。

ダンディな男はこれらの事を意識せずにしてしまうから女性が心惹かれてしまうのです。

3.自分の上司にしたい

上司というのはとても厳しいような印象もありますが、ダンディな上司ですと仕事も楽しくなりますよね。

色々な相談にも乗ってくれそうですし叱る時も愛情を持った言い方で、きちんと答えに導いてくれる言葉を選ぶでしょう。

叱られた方も頭ごなしに怒鳴られたらとても気分が悪いですよね。

ダンディな男はその点をきちんと理解しています。

ゆっくりとした口調で何がいけなかったのか、その失敗をどうやって解決していくのかを教えてくれます。

それがいつしか上司と部下の信頼へと変わっていき仕事でも大きな成功をおさめるように変わってくるでしょう。

4.いろいろ相談してみたい

男女に人気のダンディな男性は色々な事をわかりやすく教えてくれる為に相談事も増えるはずです。

的確なアドバイスや落ち着いた口調は相談者に安心感を与えてくれます。

相談する上で一番大事なのは自分の話をよく聞いてくれる事です。

ダンディはその事をよく知っていて、とにかく最後まで聞いてくれます。

聞き終わった所で今までの知識や体験、自らの経験などを上手に噛み合わせてアドバイスを始めるのです。

恋の相談だったり仕事の相談、家族間でのトラブルの相談と幅広くありますが人生の経験が長いダンディだからこそ解決できる事でもあります。

5.落ち着きを見習いたい

そのうちにダンディを慕う人達は気持ちの変化に気づいてきます。

自分もダンディのような人物になるという事です。

落ち着いた話し方や行動はとても人を安心させるからです。

自分はいつもイライラとしていてきちんと頭の中を整理出来ないなど悩んでいる人ならば、一度相談しただけでもこういう人物になりたいと思うでしょうし、いずれ憧れにも変わっていくはずです。

6.精神的にイケメン

顔のイケメンと精神的なイケメンは全く違います。

顔であれば整形というものでいくらでも作る事が出来るからです。

ダンディな男性は顔もさる事ながら精神的な部分に皆が惹かれていきます。

色々な事に対して気遣いがあり決して感情的にならない様子は見ている人にとっては憧れの存在でもあるでしょう。

人を動かす力を持った人こそ本当の意味でイケメンなのです。

まとめ

ダンディという特別な存在の男性は数多く存在します。

しかし、そういった方との会話の機会があまり無い事も現実です。

それではどうすれば良いのでしょう?

自身がダンディと呼ばれるようになる事が一番なのではないでしょうか。

人の心を癒してあげる事は誰にでも出来る事ではありません。

ダンディな男になる事は簡単でもありません。

それでも一つ言える事ですが、ダンディな男に出会ったらみんなが幸せというオーラに包まれます。

普通の男性ではとても真似出来ない事をマジシャンのように次々と行っていき、幸せを届ける手助けさえしてしまいます。

女性にも男性にも人気がある人物って中々いませんよね?

そんな男性に憧れませんか?

ダンディな男性になる為の行動は難しいようで簡単です。

精神的なイケメンになると思えば自然とダンディへの扉は開かれるのです。