共働きの先輩の女性で、すごく心配性の人がいます。

何かをするときには、誰でもいろんなことを考えて、もし思い通りに行かなかった場合の対策を考えておくものです。

今度の週末の土曜日は一人息子の幼稚園の運動会だそうです。

まだ4日間も余裕があるのですが、天気予報をずっと見ています。

あいにく、秋雨前線が発生して雨の心配もあるようです。

するとそこから心配性の性格が現れるのです。

天気が良ければパパに席取りをお願いして、予定通り弁当を作って持って行くのです。

しかし、雨が降ってきて延期になると、開催は翌々日の月曜日だそうです。

すると、延期になると自分とパパの休暇の届けをしなければならないこと、もしパパが休めない時の席取りとビデオや写真の撮影に困る問題、雨が小降りの時に開催の可否の連絡がいつ来るか、どんな服装で出かければ良いのか、などなど心配が増えるのです。

私の意見として、どちらでも良いように月曜日に休暇届を出しておけば、とアドバイスすると、そういう考え方もあるんだと納得していました。

では、心配性の人とそうでない人との差は何なのでしょうか。

心配性な人の17個の特徴を考えてみました。

心配性な人必見!特徴や改善方法を知ろう

心配性というのは病気ではありません。

他の人よりも、細かいことまでよく気がつく人だと思います。

そこまで考えなくてもと思われたり、少しネガティブな考えを持っている性格の人と思われるのです。

ただ、自分で自分の性格が心配性かな?と悩んでいるなら、改善したリ克服する方法を取らなければならないと思います。

自分で心配性だと思っている人に、参考になる情報をお届けします。

心配性な人に共通する特徴とは?

心配性の人には、共通する特徴があります。

この特徴に該当する人は、要注意です。

1.何度も聞いてしまう

心配性の人は、些細なことでもともかく心配で仕方がないのです。

忘れてしまわないかと、不安で落ち着かないのです。

誰かと待ち合わせをしても、スケジュールはスマホに入力して保存しておくのですが、いざその時になると、場所や時間を何度も見直して確認するのです。

そして、自分の記憶が正しいか不安になって、相手に何度も聞いてしまうことを止められない性格なのです。

不安な気持ちを振り払いたいのです。

2.確認は怠らない

ビデオカメラが必要になって、電気店に飛び込みました。

価格と機能とメーカーを確認しながら、操作が簡単なビデオカメラを絞り込みました。

子供もの成長を記録しておきたいという目的ですが、いざという時にすぐにピントが合って、取りやすい機種を決めたのです。

それから、実際の取説を見ながら、操作方法を教えてもらうのですが、電気店の担当者はベテランで、専門用語を交えながら説明してくれます。

概要は理解したのですが、いざ手に取って試し撮りするのときに、スイッチはどれで遠近のピントを合わせるのはどのレバーだとか何回も聞いたうえで、スイッチをONにしますよ!ズームのボタンを押しますよ!と何度も担当者に確認しながら進めてしまうのです。

こんなに確認だらけの私は、心配性なのでしょうか?

3.持ち物がたくさん

6歳の子供と家族3人で、一泊旅行に出かけることになりました。

わたしは、仕事で宿泊出張する時も、下着の着替えくらいで手軽に出かけるタイプです。

しかし、家内の方は心配性で、自分と子供の着替えは3日分ぐらいを目途にカバンに詰め込み、タオルも自前のモノをまとめて持って行くのです。

化粧品から腹痛や頭痛の薬、傷薬・バンドエイド、さらにはティッシュも大目に持って行くので、大きな旅行カバンになってしまうのです。

これだけでも、少なくなるように絞り込んだと自慢しているのです。

旅先で、何が起こるか分からないし、何か足らなくなっても自分のモノで補えるので安心するようなのです。

タオルも、備え付けのタオルは、誰が使用したか分からないので心配性の人は嫌がるのです。

このようにして、心配性の人は持ち物がたくさん増えるのです。

4.万が一の対策に備えている

心配性の人の考えは、普通の人にとっては想定外のことが含まれています。

誰でも何かを企画して行動する時には、万が一のことを考えて準備しておくものです。

この場合の万が一とは、予定外のことが起こった時のことで、これが起こると企画が成立しなくなるというような場合です。

例えば、誰かの誕生日会に、本人には知らせずにどっきり企画を準備して驚かそうと思っていたが、当日になってどっきり企画を仕掛ける本人が急病で倒れて参加できなくなったなどです。

普通ならどっきり企画を中止して、単純な誕生日会にするのですが、心配性の人が仕切ると、代理の人を決めておいて、その人ともどっきり企画を覚えさせておくのです。

照明係や撮影係、MCも代理を決めていたりと事細かく対策をしておいて、当日は予定通りどっきり企画を実行できるようにしておく性格の人なのです。

心配性の人にお願いしておくと、案外予定通りに進むことも多いようです。

5.心配が的中するとパニックになる

心配性の人は、万が一のことに対して対策を考えています。

しかし、万が一の中でもこんなことは起こり得ないと思っていることもあります。

たとえば、沖縄に二泊三日で旅行に行くときに、天候の悪化で飛行機が欠航する時があります。

これを計算に入れて二泊余分に滞在しても仕事に支障が出ないように対策して出かけます。

しかし、運悪く沖縄の近海で熱帯低気圧が急速に発達して居座ったのです。

当初は、こんなこともあるので予定が延びてもいいように、有給休暇を二日間追加で取得していました。

しかし、何とその熱帯低気圧は沖縄近海をゆっくり巡回して、海水温が高いので消滅しそうにありませんでした。

空港に問い合わせても、風雨が強く再開のめどは立たないとのつれない返事でした。

すると、追加で取得していた有給休暇の二日間も越えて、まだまだ欠航が続くことになり、起こり得ないと思う心配事に突入することが分かりました。

すると、たちまち冷静さを失い、なぜこんな事態になるんだと万一の中あり得ないと思っていた心配が当たると、たちまちパニックに陥ることもあるのです。

6.忘れ物はしない

心配性の人は、自分がやることは箇条書きでキチットメモっています。

外出する時も、持ち物のリストと、今回の目的(買い物だったら、買う予定のものなど)をメモしています。

もちろん、メモを作るのに時間をかけますが、ちゃんと準備するのです。

そのメモを見ながら持って行くものをチェックしますから、忘れ物はしないのです。

7.時計を何度も確認する

心配性の自宅には、各部屋に必ずと言っていいほど、時計を置いています。

性格な時刻を知るために、ほとんどは電波時計に変えています。

テレビをつけておいて、画面の時刻表示も確認するのです。

出発時刻になるまでにも、時計を何度も見るのが習慣です。

予定に遅れるのが不安で、時計を何度も確認するのです。

8.時間に遅れない

時計を何度も確認するので、時間に遅れることはありません。

心配性の人は、さらに早め早めに行動する性格で、交通の乱れによって遅れることも想定して対応するのです。

だから、時間には遅れません。

9.困ることがないように確認している


何かのセミナーに参加することになって、初めての場所のビルに行くことになった時には、確認してから行きます。

それは、例えばGoogleの地図で検索して、地図のコピーを取っておきます。

次に、具体的なルートの検索をして、曲がり角とか最寄りの駅などのポイントをメモっておきます。

そして、現地に行くとスマホでGoogleのナビを利用して道筋を確認しながら進むのです。

心配性の人は、困ることがないように確認しているのです。

10.周りを常に気にしている

心配性の人は、安全に関しても非常に敏感です。

地下鉄で移動する時も、ホームで電車を待つの時は先頭に立ちません。

周りの人を注意深く観察して、危険人物はいないかを把握しておくのです。

たまたま、挙動不審な人物がいると、別の車両の方に移動して、接触しないように避けるのです。

心配性の人は、周りを常に気にしています。

11.常に不安でいる

心配性の人は、絶対に安全な場所は自宅以外には無いと感じているのです。

外に出ると、誰かに襲われないか、事故に遭わないかと常に不安なのです。

それと、昨日郵送した申込書は、あれで良かったのだろうかとか、無事に届いたのだろうかとか、何事にも常に不安でいるのです。

このように、心配性の人には共通している事実があります。

それは、まだ起きていない未来を悪い方向に想像していることです。

将来のことは、どうなるかはわからないはずです。

それを真剣に悪いことが起きることを、いわば期待するような行為です。

これが常に起こるようなら、全般性不安神経性という病気の可能性もあるのです。

取り越し苦労ということわざもありますので、悪い事ばかりに捕らわれないように注意も必要なのです。

12.理想主義

心配性の人の本質は、真面目で責任感が強いのです。

何かを目標に持つと、それの達成のために忍耐強く働く性格なのです。

不安を抱えながらも、自分の理想に向かって頑張る理想主義とも言えます。

13.完全主義

心配性の人は、細かいことまでキチッと準備していますので、やり残すことは無いのです。

問題が無ければ、何ごとも予定通りに実行できる完全主義者でもあります。

14.マイナス思考

心配性というのは、何事にもすごく不安を覚えてしまい、これから行うこと一つ一つが上手く行かないのではと悪い妄想ばかりしてしまうのです。

こういう考え方は、マイナス思考というようで、場合によっては精神的な病の疑いもあるのです。

普通に考えれば何ともないことでも、クヨクヨしてしまって弱音をはいてしまうのです。

例えば、子供の帰りが少しでも遅くなると、学校で先生に残されて怒られているのではないかとか、帰り道で交通事故に巻き込まれているのでは、救急車で病院に運び込まれているのでは、ベッドの上でわたしが来るのを待っているのでは、などと次から次にマイナス思考を繰り返してしまうのです。

あげくの果ては、自分の人生は結婚してから周りで不幸が多かったので、結婚が良かったのだろうかと、いろんなことに波及して考え込んでしまう時も多いのです。

全てがマイナス思考に繋がってしまうのです。

心配性が強くなると、マイナス思考にも、そして精神的なうつ病にも繋がってしまいます。

こんな時は、気分転換をするために近場でも旅行に行くか、楽しい趣味を見つけて仲間をたくさん作って、積極的に会話を楽しむか、何か工夫してください。

ウォーキングで身体を動かすことも良いそうです。

【マイナス思考の直し方は、こちらの記事もチェック!】

  • マイナス思考を直すための23個の注意点

15.いつも最悪の事態を予想

心配性の人は、そこまで心配するのかというほど深く考えるようです。

わたしの友人は、いつも発売されるジャンボ宝くじを5万円単位で購入します。

わたしにも購入を勧めるのですが、その勧め方が何故か面白くて笑ってしまうのです。

それは、わたしが購入していないと判ると「なぜ購入しないのか?」から始まり、連番で購入すると当選すれば5億円とか10億円が手に入ること、手に入るとそれを元手に投資をして、残りで世界の有名な避暑地に別荘を買って、半年は別荘で暮らすそうです。

現地で素敵な女性と結婚して、お手伝いを5人ほど雇い、自宅のプールサイドでパーティをして楽しむことができるんだ、と言い続けて10年が経ちます。

それにもめげず、また今年も何回かのジャンボを購入しているのです。

このケースは、毎回最高の事態を想像した時ですが、逆にいつも最悪の事態ばかりを予想する人もいるのです。

このジャンボ宝くじの場合では、当選番号は合っているが組違いの外れだったり、一桁だけ数字が違っているとか、ギリギリで外れて悔しい思いをすることを予想してしまうのです。

引き出しに入れて忘れていた一枚の宝くじが、実は高額当選番号であったが、引きかえ期限が過ぎてしまっていた夢を見たり、いつも最悪の事態を予想するのです。

16.考え始めると止まらない


心配性の人の、心配のタネは尽きません。

何かについて考え始めると、次々と心配の連鎖が起こって止まらなくなります。

自分で納得できる結論が見つからないと、イライラしてしまいストレスになるのです。

例えば、今晩の旦那さんとの夕食のメニューを考える時に、今日は少し肌寒いので温かい鍋料理にしようと考えます。

材料を買いにスーパーに出かけると、今日は会議で遅くなるかもということで、それなら鍋は変更しようと思い直します。

でも、スーパーに着くと、寒いので鍋料理の材料が安くて豊富に揃えています。

やっぱりお鍋にしようと思い直し、野菜を買いますが何鍋が良いか考えます。

旦那さんがキムチが好きなのでキムチ鍋に決めたのですが、白菜を貰っていたのを思い出し、豚バラと白菜の重ね鍋を考えました。

そこで豚肉を買おうとすると大根も残っていたことを思いだしました。

また考えます。

すると鮮魚コーナーでは、新鮮なサンマがあります。

すると、焼きサンマに大根おろしを添えて醤油で食べることを思い付き、結局はこのメニューに決めたのです。

心配性の主婦は、考え始めると止まらないのです。

17.根拠のない不安に襲われる

心配性が過ぎると、何も悪いことは無いのに、不安になってくるのです。

問題が怒ったり、悪いことも無いのに、それがこれから何かとんでもないことが起こる前兆みたいに感じるのです。

それは何もまったく根拠が無いのですが、心配してしまうのです。

テレビで交通事故のニュースがあると、自分も事故に巻き込まれると心配するのです。

もし、自分が強い心配性だと思い込んで不安に襲われて、生活に支障が出てきたり対人関係にトラブルが起こるようなら、一度心療内科に相談するのも必要かと思います。

心配性の克服の仕方

心配性は、ある程度は努力で変えることもできます。

心配性は病気という訳でもなのですが、不安が続くと精神的に参ってしまったり、体調にも影響を与えるので、できる限り不安を除いておくことが必要です。

心配性は、軽いものと重いものに分かれます。

軽度の心配性であれば、軽い不安を覚える程度でそれほど気にすることもなく、生活に追われている時に忘れてしまうほどです。

子供が学校に行くときに、誰もが言う台詞「気を付けてね!行ってらっしゃい!」というぐらいのことです。

しかし、子供の後ろ姿を追いかけながら、角を曲がって見えなくなるところで、車と衝突することはないだろうかとか、何か大事なものを忘れていないだろうか、などと全てにポジティブに考えてばかりの状態になっていれば、ちょっと重い心配性かも知れません。

そんな時に、何か克服する方法はないのでしょうか。

不安なことを書き出す

心配性だと自分で思うのなら、どんなことを心配しているのか一度考えてみましょう。

そのために、どんな心配があるのか、箇条書きで書き出してみます。

思いつくままに書いてみてください。

その中で、はっきりとした原因があって心配していることと、漠然と心配なことの二種類に分けてみることです。

人間は、自分や家族の健康のこと、生活のこと(生活費や仕事など)、犯罪(強盗や泥棒被害に遭わないか)のこと、災難(交通事故や災害など)のことに対して、少なくとも誰でも不安を抱えているものです。

でもこれが普通なのです。

自分の意識の中に、ネガティブな考えが発生するのは、現在の状態が幸せと思っているので、これが壊れないことを願っているからです。

箇条書きでまとめた心配の中に、このような不安の項目は正常なので省いて下さい。

すると、明確な原因があって心配している項目が残ってくるはずです。

例えば、昨夜38℃の熱を出したが、今朝は下がっていたのでそのまま学校に行った子供の体調などです。

高熱を出したのは間違いないので、もしかしたら授業中に熱を出すかも知れません。

こんな心配は原因がある心配です。

このような心配事はそれほど多くはないはずです。

しっかりとフォローして確認し、不安を払しょくしてください。

このように、原因がある不安は区別して、これらを確認して行けば不安は解消されていくのです。

ポジティブな単語をつぶやく

心配性を克服する手軽な方法は、一度考え方を変えてみることです。

つまり、心配性の人は何かがあると常にマイナス思考で悪いように考えてしまいがちだからです。

プラス思考の人は、これとは真逆で、何でもプラスに考えてしまう性格です。

といっても、今までマイナス思考の人に、今からプラス思考に変えてみてくださいと言っても、そんなに簡単に変えれるものではありません。

そこで、頑張ればできる対策は、いつもポジティブな単語をつぶやくことです。

その言葉とは、「大丈夫!」「できる!」「安心」「冷静に!」などです。

自分が提案したことを実行する時に、「大丈夫」「できる」「冷静に」などと自分でつぶやいて自分に言い聞かせるのです。

たくさんの人の前でスピーチする時に緊張してしまうので、手のひらに「人、人、人」と文字を指で書いて、それを飲み込む仕草をする人がいます。

人に呑まれないように人を呑んでしまうというおまじないですが、これと同じように「安心」「大丈夫」とつぶやくのです。

ポジティブな言葉をつぶやいているうちに、だんだんと冷静に対処できるようになってくれば、軽度の心配性は改善されて行きます。

この言葉で落ち着くなら、自分の習慣にすればよいと思います。

うまくいく時のシーンをイメージする

「今回はうまくいかないのではないかな?」と、つい悪い方向に考えてしまうマイナス思考の心配性なのです。

わたしがうまく行かないと、すぐに困ってしまう人の苦悩に満ちた顔付が頭に浮かぶのです。

そして、それだけではなくて、うまく行かなかったことで損をしたとか、責任はあいつだとばかり言い触らす様子も思い浮かぶのです。

それを思うと、過剰に緊張してしまい、本当にうまく行かなくなりそうです。

それほど、先の悪いことを考えるのであれば、もっと逆のことを考えてみてはどうでしょうか。

スポーツの世界では、イメージトレーニングを行います。

普段の練習の通りに身体を動かして、練習の成果をうまく引き出すのです。

練習通り行っても、絶対に勝てると言うことはありませんが、勝っても負けても実力を出し切ったと納得できるからです。

心配性の人は、どうしてもマイナス思考に走りますので、実力を出し切れません。

うまくいく時のシーンをイメージして、つまりプラス思考で結果までイメージして、自信を持って行動する習慣を持つのです。

これを繰り返しているうちに、良い結果がついてくるようになるのです。

表情や姿勢は明るく

政治家も俳優も、多くの人の前で活動する人達は、表情や姿勢は明るくなるように振る舞っています。

サービス業で接客に携わる人達も、笑顔をうまく作ることを覚えるのです。

鏡を見て、口元を緩めてにっこり白い歯を見せて、笑顔で接客する時の顔を作る練習をするのです。

俳優のブロマイドの顔は、たいていはそういう顔付です。

心配性の人は、普段から笑顔が少ないようです。

心配事が多くて、のんきにしていられないという気持ちがあるからです。

笑顔が無いということは、その人に余裕がないということの証でもあるのです。

近所で知り合いの人と出会っても、愛想笑いはしますが目を反らしてお世辞だけを言って、すぐにその場を立ち去るのです。

ごく親しい人とは、心配事を長々と話をすることができます。

この時の表情はしかめっ面で困った顔をしており、その態度だけでも相手に不安を抱かせてしまいます。

これでは、みんなに自分は心配性ですよと告知しているようなものです。

この心配性を改善するには、話す時の態度も変えなくてはいけません。

話の内容は別として、お世辞を言う時にも表情は明るく笑顔で接して、姿勢もキチット相手の方を向いてしかも相手の目を見て、ゆっくりと話すことを心がけるのです。

別れ間際にも、相手の目を見て会釈をするだけで、あなたのイメージは明るくなります。

シミュレーションする

宝くじ愛好家の友人から、よくされる質問があります。

「もし、おまえが買った宝くじで、10億円が当選したら、何に使う?」という質問です。

わたしは面倒なので「当たってから考えるわ!」といつも答えます。

彼は、それにも懲りずに、「俺だったら、世界一周の旅に出て、帰ってからは自然の中に建てた別荘で暮らすわ」と、さらに「お前にも、百万円プレゼントするわ」と言います。

心の中では「当たりもしないのに、よくそれだけ夢を追いかけることができるわ」と思いながらも、いつまでも付き合っているのです。

彼のように、上手く行った時のことを考えて行動することは大切です。

宝くじは運ですが、仕事や生活は自分が行動して運を引き寄せることができるからです。

預金が目標の金額に貯まったら、好きなバイクを買って、夏に北海道を一周したいという夢を叶えることができるのです。

このことは、「北海道一周なんてできないかな?」というネガティブな心配性の気持ちを始めから吹き飛ばし、実際にバイクに跨って走っていることをシミュレーションしているからです。

前向きなプラス思考で夢を引き寄せるのです。

シミュレーション通りに進めるように、毎日を努力する気持ちにさせるのです。

心配をやめる

ポジティブに考えるようになると、自然に心配性の傾向は減少していきます。

何かことを始める時に、小さな声で「できる」「大丈夫」と自分を奮い立たせることを習慣にすると、それを聞いていた仲間も、同じように「そうだ、大丈夫だ」と声を出し合うと、前向きな雰囲気が盛り上がって、イメージ的にもうまく行った時のシーンがみんなの頭の中に生まれるのです。

そして、アイコンタクトで「きっとうまく行く」となって、行動に移るのです。

心配がなくなって、一致団結できるのです。

自分でも、心配をしていたことが嘘のように、心配をやめるようになります。

言葉に発してみる

心配性というのは、何も悪い事ばかりではありません。

より慎重に完全に実施しようと思うと、不都合なところや不安なところを挙げていって、それが起こらないように事前に対処できるからです。

ただ、簡単なことや些細なことを大げさに心配することが、病的に見えるからです。

心配し過ぎて夜も眠れない時がありますが、翌日になるとそんなことは全く影響がなく、いつもの通りスムーズに事が進んだという経験はあるはずです。

俗にいう「取り越し苦労」というものです。

もし、心配で仕方がないという時には、友人や家族、先輩にひと言相談してみることです。

自分の不安を言葉で伝えてみるのです。

本当に心配なことなら、聞いた人も驚いて一緒に対策を考えるでしょうし、たわいもない事であれば、取り越し苦労だよと慰めてくれるかも知れません。

心にモヤモヤと心配事を抱え込まずに、言葉に発してみてください。

ネガティブを想像しない

プラス思考で考えて、良い事のシミュレーションをすることです。

その良いことが起こった場合の、次の良いシーンも続けて考えるのです。

ポジティブな想像を繰り返して、超ステキな想像も楽しいものです。

バカみたいなことは考えられないよ!と言わずに、一度素晴らしい夢を考えてみてください。

タイトルを長期保持している選手は、決してネガティブな発想はしないそうです。

世界最高の技術やスピードを誇っているなら、誰にも負けない練習を繰り返して、気持ちはチャンピオンの座は明け渡さないという強いポジティブな意思を持ち続けているのです。

ネガティブなことを想像する時点で、負けに繋がるからです。

【ネガティブについては、こちらの記事もチェック!】

長所として活かす

極端な心配性でなければ、不安を持つことも重要です。

特に、人の安全を守っている立場の人にとっては、マイナス思考も大切なのです。

乗客を安全に運ぶ仕事、JRや私鉄、航空機、連絡船や観光船などに携わっている人達にとっては、まずは最悪の事態から考えておく必要があるのです。

大地震で新幹線が脱線転覆した時、飛行機が飛行中にエンジンが止まった時、連絡船や観光船が座礁したリ衝突して沈没する危険が発生した時などです。

そんな大事故が発生しないように、どこを重点的に事前の対策やチェックが必要かは、ネガティブな発想で考えるしかありません。

できるだけマイナス思考で考えると言うことが重要なのです。

心配性と言うのは、それらの危険個所をあぶり出してくれる働きもあるのです。

長所として活かすこともできるのです。

心配性を克服して素晴らしい人生に!(まとめ)

心配性というのは、誰にでも起こる感情です。

心配性でないという人はいないほど、ごく普通のことなのです。

最愛の家族のことや、愛する恋人のことを思い続けていると、もしも誰かが病気になったり事故に遭ったりしたら、と心配するのは当然のことなのです。

しかし、あまりにも心配性が強くなって、体調変化や生活にも支障が出るようになってくると、ちょっとおかしいのではと考える必要があります。

その傾向が強まっている時に、心身ともに疲労が蓄積すると、ストレスが溜まって精神的な疾患にも繋がるからです。

それまでに、自分で改善できることもあります。

それは、マイナス思考の心配性に対して、プラス思考に徐々に変えていく努力をすることです。

簡単なことでは、何かをする時に失敗しないか心配になってくると、「大丈夫!」「できる!」「安心」などとひとりでつぶやくことです。

TVドラマのシーンで、気が弱い人が「大丈夫!」「頑張る」などとつぶやいて頑張るシーンです。

大舞台で堂々と演じている名俳優でも、舞台に出るまではドキドキで足が震えるのですと告白されていました。

誰でも心配はするのです。

ただ、ポジティブに気持ちを持って、プラス思考で明るく振る舞うことがまずは一番です。

もしも、自分は心配性だと感じたら、ぜひ克服して素晴らしい人生に変えてください。

【心配性を治すためには、こちらの記事もチェック!】