CoCoSiA(ココシア)

好きすぎて辛い人の為に!6個のアドバイス

「あの人の事を好きすぎて、毎日が辛い」という悩みを抱えている人は意外と多いのかもしれません。

では、相手のことを好きすぎて困っている気持ちは、どうすれば解消できるのでしょうか?

今回は、好きすぎて辛いという人のためにアドバイスをご紹介します!

好きすぎて辛い時ってありませんか?


昨日までは何とも感じずに、普通に会話をしていたあの人の事を、ひょんなきっかけから急に意識してしまい、もう寝ても覚めても頭に出てくるのはあの人の事ばかり。

正々堂々とこの気持ちを伝えられればいいのですが、それが出来ない。

言ってしまうくらいなら死んだ方がまし、なんていう切なくはかない気持ちに陥ってしまった事って、ありませんでしょうか?

これは間違いなく、恋の兆候。

そして大昔から数えきれない人がかかってきた「恋の病」というお医者さんでも治せない重病でもあるのです。

では相手の事を好きすぎて辛い時の状況は、どういう時の事を言うのでしょうか?

好きすぎて辛い時ってどういう時?

では、具体的に好きすぎて辛くなってしまった時の状況を見ていきましょう。

片思いをしている時


人を好きになる時というのは、何の予告もなく、ある日、ある時、急に襲ってきます。

ところが、この気持ち、ほとんど多くが片思い。

自分の方が一方的に熱を出してしまっているだけで、相手の方はそんな気持ちになっていないかもしれませんし、あなたの気持ちを察することもできていません。

だから、辛いのです。

片思いのままでいれば、辛いことは辛いけど、好きな人の事を思う権利は永久的に確保されています。

しかし、辛い気持ちを何とかしたいと思って勇気を出して告白すれば、簡単に振られてしまう可能性も否定できません。

それならば、辛いけど片思いを続けている方がフラれる心配もないしショックもないからこのままでいこう、と考える方もいるでしょう。

いずれにしても片思いというのはしんどいものです。

自分の気持ちをいつまで隠して通して生きていかなければならないのか、出口は見えません。

相手に好きな人がいる時


自分が好きになった人に既に好きな人がいる。

そのことは当の昔から知っていました。

ところがどういう訳かそんな事知っているのにあの人の事を急に好きになってしまった。

「これじゃ望みのないただの片思い。自分が惨めになるだけだ」と思って早く忘れようと思っても…、それが出来ないのです。

それが恋煩いの厄介な症状なのです。

相手に好きな人がいるから、自分の方を振り返ってくれる望みなんて1%もないのに思い続けてしまう。

それが恋であり人間が持っている理屈ではどうしようもなく説明できない、自然発生感情なのです。

好きな人にも好きな人がいる。告白したら、あっさりフラれるだろう。

そう思うと本当に辛いですよね。

好きすぎて辛い時の対処法6個

では、こんなに辛くてしょうがない恋の悩み。

どうやったら解消できるのでしょうか?

誰でもできそうな6個の対処法を紹介していきます。

できるだけ沢山の人とコミュニケーションをとる


好きすぎてたまらない、辛すぎる、というモヤモヤを打ち消す手っ取り早い方法は、そのことを考える暇を頭に与えないことです。

そこでまず思いつくのが、出来るだけ沢山の人とコミュニケーションを取ってみるという方法です。

人はおしゃべりをしている時は、どんなに心に悩みがあるとしても、その瞬間は忘れることができます。

その瞬間を途切れさせることなく延々と続けていくのです。

こうなった場合は女性の方が得かもしれませんね。

おしゃべり好きな女性には、おしゃべり仲間が多数います。

職場の人とでも友人とでも、誰でもいいのでとにかくコミュニケーションをとって辛い気持ちを、例え一時だけでもいいので忘れるようにすることです。

自分にとって興味のある内容の話であれば、時の経つのも忘れることができるのがおしゃべりの時間。

手当たり次第に人を見つけては話題をみつけてコミュニケーションをとっていきましょう。

あえて忙しくしてみる