CoCoSiA(ココシア)

サンドバックのように一方的に悪口を言われた時に切り抜ける5個の方法


人間関係はとても複雑な問題であり、簡単に解決できるような問題ではありません。

今までの人生で人間関係で悩んだ事がないという方はあまりいないでしょう。

どんなに細かい事を気にしないという方でも、人生で一度くらいは人間関係で思い悩んだ経験は必ずあるはずです。

そもそも人間は生まれ育った環境、自分の周りに存在している人間などが必ず違いますので、形成される人格、性格であったり、物事に対する価値観なども必ず違います。

だからこそ複数の人間と関わると価値観のずれによる意思のすれ違いなどもありますし、意見が対立する事で人間関係にずれが生じることは考えてみればなにも不思議な事ではありません。

もちろん、意見が対立するという事は必ずしも人間関係が悪くなるという事ではありませんが、人の性格によっては自分が否定されるという事を恐れ、相手に対して不快な行為や言動を行う人がいます。

これが人間関係が悪くなってしまう大きな原因と判断することが出来ます。

あなたは相手と違う自分の意見を主張して相手から暴言、罵倒などをされた経験、もしくは影で自分の悪口を言われた事はありませんか?

許容性の高い人間であれば、悪口、暴言などを流すことが出来るかもしれません。

しかし、必ずしも人間はそのような許容性の高い人だけだとは限りません。

中にはそれに対して怒り、相手と同じように熱くなってしまう人もいるでしょう。

しかし、なるべくそのような状況は避けたいですし、自分自身も行うべきではありません。

そこで今回は悪口をテーマにして、サンドバックのように一方的に悪口を言われた時に切り抜ける方法についてご紹介します。

一方的に言われるのは辛い…

人から悪口を言われるということは決して気持ちの良いことではありません。

人から悪口を言われて嬉しがる人間はあまりいないでしょう。

勘違いしていただきたくないのは、あくまで今回ご紹介している悪口というものは中身のない相手に対するただの批判です。

自分が本当に悪い時に指摘されたり、注意されたりする内容は悪口ではなく自分を高める事ができる、間違いを気付けるチャンスとしてとらえるべきです。

しかし、先ほども述べたように自分を否定されることを恐れて相手を攻撃するような人間は少なからず存在しています。

大抵の場合そのような人間が発する言動は中身が伴っていないただの中傷や批判です。

これが今回テーマにする悪口になります。

このような悪口を一方的に言われてしまうのは誰しもが耐え難いことだと思います。

精神的に強い人間であれば相手の悪口に対しても真っ向から対立して相手を言い負かすことができるかもしれません。

しかしそれはあくまで精神的に強い人間が行える行為であって、全ての人間が行えるかというと決してそうではありません。

しかしだからといって一方的に相手の悪口をただ聞いているだけでは何の解決にもならないのです。

我慢してストレスを溜めないように

一方的に相手の悪口をただ聞いているだけでは自分の体の中にストレスという負の物質を蓄積させてしまう行為にしかなりません。

たまにこのようなことがあるくらいでは人間の精神はまだ耐えられるかもしれませんが、これが日常的になると考えるとどうでしょうか。

毎日理不尽なストレスが積み重なり続けると。

もしかしたら拒否反応が起こりうるかもしれません。

会社に行きたくない、あの人と会いたくない、体調が悪い、何事も前向きに考えられなくなってしまった。

このような事が起こってからでは遅いのです。

だからこそ一方的に悪口を言われた時に切り抜ける方法を身に着けるという事は逃げることではなく、自分自身を守るために身に着けておかなければいけない方法でもあります。

まさか自分が経験するはずがないと思うかもしれませんが、誰しもがこのような状況になり得る可能性は秘めています。

自分がこのような状況になった時にどう行動・対処するべきなのか。

これを誰しもが危機感を持って考え、実際にどのようなスキルが求められるのかということを真剣に考えておかなければいけないのです。

一方的に悪口を言われた時に切り抜ける5個の方法

中身のない悪口を言われるのであれば、相手を言い負かすことは簡単にできるはずだ。

そう考えている方もいるかもしれませんね。

しかし、これが簡単に出来ない状況という場合も現実の世界では多く存在しています。

例えば、あなたよりも上の立場の人間が一方的に悪口を言ってきた時、精神的に強い人間だったとしても立場の違いから相手に対して強く主張することができない可能性もあります。

それ以外にも一対一であればまだ言い返す勇気があるが、相手が複数になるとこちらの意見を主張する事が難しい場合もあります。

だからこそ、先ほど述べたように必ずしも言い返せる状況だとは限らないのです。

これを理解した上で、一方的に悪口を言われた時に切り抜ける方法を一つの保険・対処法だと考えてみてください。

もちろん一番良いのは相手の悪口をしっかりと受け止め、きっちり対応して互いに理解し合い、認め合うことが求められます。

しかしそれができない場合、ただ相手の悪口を聞いているだけでは何も解決しません。

むしろ、ストレスを溜め続けて自分が壊されてしまう可能性もあります。

だからこそ、言い返すことが出来ない時に選択することができるひとつの優れた対処法として身につけておいてください。

この方法をマスターすることが必ずしもあなたに損を与えるようなことはないはずです。