人間関係はとても複雑な問題であり、簡単に解決できるような問題ではありません。

今までの人生で人間関係で悩んだ事がないという方はあまりいないでしょう。

どんなに細かい事を気にしないという方でも、人生で一度くらいは人間関係で思い悩んだ経験は必ずあるはずです。

そもそも人間は生まれ育った環境、自分の周りに存在している人間などが必ず違いますので、形成される人格、性格であったり、物事に対する価値観なども必ず違います。

だからこそ複数の人間と関わると価値観のずれによる意思のすれ違いなどもありますし、意見が対立する事で人間関係にずれが生じることは考えてみればなにも不思議な事ではありません。

もちろん、意見が対立するという事は必ずしも人間関係が悪くなるという事ではありませんが、人の性格によっては自分が否定されるという事を恐れ、相手に対して不快な行為や言動を行う人がいます。

これが人間関係が悪くなってしまう大きな原因と判断することが出来ます。

あなたは相手と違う自分の意見を主張して相手から暴言、罵倒などをされた経験、もしくは影で自分の悪口を言われた事はありませんか?

許容性の高い人間であれば、悪口、暴言などを流すことが出来るかもしれません。

しかし、必ずしも人間はそのような許容性の高い人だけだとは限りません。

中にはそれに対して怒り、相手と同じように熱くなってしまう人もいるでしょう。

しかし、なるべくそのような状況は避けたいですし、自分自身も行うべきではありません。

そこで今回は悪口をテーマにして、サンドバックのように一方的に悪口を言われた時に切り抜ける方法についてご紹介します。

一方的に言われるのは辛い…

人から悪口を言われるということは決して気持ちの良いことではありません。

人から悪口を言われて嬉しがる人間はあまりいないでしょう。

勘違いしていただきたくないのは、あくまで今回ご紹介している悪口というものは中身のない相手に対するただの批判です。

自分が本当に悪い時に指摘されたり、注意されたりする内容は悪口ではなく自分を高める事ができる、間違いを気付けるチャンスとしてとらえるべきです。

しかし、先ほども述べたように自分を否定されることを恐れて相手を攻撃するような人間は少なからず存在しています。

大抵の場合そのような人間が発する言動は中身が伴っていないただの中傷や批判です。

これが今回テーマにする悪口になります。

このような悪口を一方的に言われてしまうのは誰しもが耐え難いことだと思います。

精神的に強い人間であれば相手の悪口に対しても真っ向から対立して相手を言い負かすことができるかもしれません。

しかしそれはあくまで精神的に強い人間が行える行為であって、全ての人間が行えるかというと決してそうではありません。

しかしだからといって一方的に相手の悪口をただ聞いているだけでは何の解決にもならないのです。

我慢してストレスを溜めないように

一方的に相手の悪口をただ聞いているだけでは自分の体の中にストレスという負の物質を蓄積させてしまう行為にしかなりません。

たまにこのようなことがあるくらいでは人間の精神はまだ耐えられるかもしれませんが、これが日常的になると考えるとどうでしょうか。

毎日理不尽なストレスが積み重なり続けると。

もしかしたら拒否反応が起こりうるかもしれません。

会社に行きたくない、あの人と会いたくない、体調が悪い、何事も前向きに考えられなくなってしまった。

このような事が起こってからでは遅いのです。

だからこそ一方的に悪口を言われた時に切り抜ける方法を身に着けるという事は逃げることではなく、自分自身を守るために身に着けておかなければいけない方法でもあります。

まさか自分が経験するはずがないと思うかもしれませんが、誰しもがこのような状況になり得る可能性は秘めています。

自分がこのような状況になった時にどう行動・対処するべきなのか。

これを誰しもが危機感を持って考え、実際にどのようなスキルが求められるのかということを真剣に考えておかなければいけないのです。

一方的に悪口を言われた時に切り抜ける5個の方法

中身のない悪口を言われるのであれば、相手を言い負かすことは簡単にできるはずだ。

そう考えている方もいるかもしれませんね。

しかし、これが簡単に出来ない状況という場合も現実の世界では多く存在しています。

例えば、あなたよりも上の立場の人間が一方的に悪口を言ってきた時、精神的に強い人間だったとしても立場の違いから相手に対して強く主張することができない可能性もあります。

それ以外にも一対一であればまだ言い返す勇気があるが、相手が複数になるとこちらの意見を主張する事が難しい場合もあります。

だからこそ、先ほど述べたように必ずしも言い返せる状況だとは限らないのです。

これを理解した上で、一方的に悪口を言われた時に切り抜ける方法を一つの保険・対処法だと考えてみてください。

もちろん一番良いのは相手の悪口をしっかりと受け止め、きっちり対応して互いに理解し合い、認め合うことが求められます。

しかしそれができない場合、ただ相手の悪口を聞いているだけでは何も解決しません。

むしろ、ストレスを溜め続けて自分が壊されてしまう可能性もあります。

だからこそ、言い返すことが出来ない時に選択することができるひとつの優れた対処法として身につけておいてください。

この方法をマスターすることが必ずしもあなたに損を与えるようなことはないはずです。

それを踏まえた上で、これからご紹介する方法をひとつの優れた選択肢として自分の生活習慣の中に入れてみてください。

きっといずれあなたの大きな役に立ってくれるはずです。

1.聞き流す

まずはじめにご紹介する一方的に悪口を言われた時に切り抜ける方法は聞き流すということです。

相手から一方的に悪口を言われてしまった時、大切なのは相手の悪口をひとつひとつ間に受けないということです。

一方的に悪口を言われた時に関しては大抵の場合相手が興奮している可能性が高いです。

興奮している時の方が冷静でいる時よりも意見が雑になってしまうことが多いです。

とにかく相手を攻撃しよう、攻撃しようと考えて目につく悪口となりえる要素で意見を固めて口に出している可能性が高いです。

しかしその場合は、事実の伴っていないただの悪口でしかない場合がほとんどです。

そのようなことを全て真に受ける必要性がありませんし、真に受けたところで学ぶべき点は皆無なので、相手の悪口を聞き流すことも時には大切なのです。

その人だけの個人的な意見だと割り切る

相手から一方的に悪口を言われた時に聞き流す理由として、大抵の場合その人だけの個人的な意見になっている可能性が高いです。

もしも相手が指摘している悪口がその人間だけではなく自分の周りを取り巻く人間誰しもが感じている意見なのであれば、それは真摯に受け止めなければいけません。

なぜならば、一人だけの意見ではなくたくさんの人間が感じているということはその人間だけの個人的な意見ではないからです。

しかし大抵の場合興奮している人間が悪口を連発している場合、個人的な意見である可能性がとても高いです。

なので、相手の口にした悪口が個人的な意見だとあからさまにわかる場合は真に受けるよりもその悪口をただの個人的な意見だと割り切る方が自分自身にとってもストレスをためない方法につながります。

そもそも人間は考え方や価値観などが人によって全く違います。

それを個人レベルで合わせるとなるとどう考えても不可能な話です。

全ての人間と仲良くする必要性はありませんし、それは無理なことです。

だからこそ個人的な意見に関してはそこまで重大な事でない限りは重要視する必要性が低い場合が多いです。

なので、個人的な意見は割り切って聞き流すようにしてください。

気にしないことが一番大事

相手からの悪口を言われた時に聞き流す理由の中の一つの大切な理由として、相手の言っていることをいちいち全て真に受けて受け入れてしまうと自分自身が冷静を保てなくなる可能性があります。

これはどういうことかと言いますと、本来人間は自分を批判されることに大きなストレスが伴います。

だからこそ相手の批判を自分自身が受け止めることで強いストレスを感じるようになります。

なので、ストレスを感じると不満、怒り、憎しみなどで自分自身が興奮してしまいやすく、冷静を保てなくなる可能性が高くなります。

しかし相手の言っている悪口を受け止めなければ、自分自身に必要以上にストレスがかかることがありません。

相手から悪口を言われた時にとてつもなく強いストレスを感じている場合、相手の言っている悪口を全て真に受けて自分の中にしまいこんでしまっている可能性があります。

そのような方は相手の悪口をいちいち自分の中にとどめるようにしないようにしてください。

あくまで右から左へ受け流すことによって自分の中にストレスを必要以上に蓄積させずに行動することができるはずです。

なので気にしない事は自分を守る行為でもあります。

2.可哀想な人だと思おう


次にご紹介する一方的に悪口を言われた時に切り抜ける方法は可哀想な人だと思ってください。

相手と争う場合に考えていただきたいのは、争いを始める場合は同じような人間であるからこそ争いが始まります。

圧倒的な実力差があるような関係性にあると争いが起こる事はあまりありません。

同じような立場で同じような人間だからこそ起こりうる事なので、相手と争うという事は相手と同じ人間だと認める事にもなりかねません。

子どもが悪口を言ってきて、本気で起こるような大人がいればそれは精神力が子どもと同じレベルな大人だという事です。

なので、相手の事をいちいち認めずに心の中で見下して可哀そうな人間だと思うようにしてください。

そうする事で、相手の意見を真に受けないようにし、必要以上に相手からの発言によって自分自身が傷つかないようにすることが出来ます。

そういう言い方しかできない人間性を憐れもう

そもそも悪口を一方的に入ってくるような人間はあなただけに悪口を言っているとは限りません。

おそらくそのような方は高い確率であなた以外にも様々な人間の悪口を言っている可能性が高いです。

つまりもともと悪口を言う人間は悪口を言いやすい性格をしているのです。

なので、あなたが本当に悪いことをしたのではなく、ただ相手の性格によってそれを言葉として口に出しているだけの可能性がとても高いです。

そして大抵の場合、相手が悪口を言う状況としてはこちらが本当に悪いことをしたのではなく、自分自身を守るためにあなたを悪者にしている可能性も高いのです。

悪口を言うことでしか自分を保つことができない可哀想な人間性を持っている人間だ。

そう相手のことを思ってしまえば、相手の発言などはとても重要視するべき発言ではない、と考えられるはずです。

少し言い方は悪いかもしれませんが、相手のことを心の中で見下して考えてみると相手の発言にいちいち耳を貸さないようにすることができますよ。

3.他の人にも意見を聞こう


次にご紹介する一方的に悪口を言われた時に切り抜ける方法は他の人にも意見を聞くということです。

なぜ他の人に意見を聞くことが悪口を切り抜ける方法につながるのかと考えた時に、他の人の意見を聞くことによってその悪口が周りの人間の総意なのか確認することができます。

先ほどご紹介したように、興奮した時に出てくる悪口は大抵の場合中身が伴っていない悪口である可能性が高いです。

しかし、時には相手の言っている事がもっともだという状況もあるかもしれません。

例え相手がイライラするような言い方をしてきたとしても、それが事実なら受け入れて改善した方が自分の為にはなります。

なので、他の人の意見を聞く事によって事実なのか確認することが出来ますし、中身のない意見ならその時点で周りの賛同は得られないはずです。

より公平な判断要素を求めるのであれば他の人に聞くという事も大切です。

他の人に話すことで心が軽くなる

他の人の意見を聞く、別の理由として単純に他の人に話すことで自分の心が軽くなるというメリットもあります。

あなたは理不尽の悪口を言われて耐え忍んだ時に、その悪口がどうしても自分の心の中の負担になっている場合どのような行動でそれを解消しますか?

ストレス解消になる行動をとることが一般的だと思いますが、大抵の場合自分の周りの親しい人に話を聞いてもらうということがストレス解消につながる選択肢として採用されています。

自分の身の周りの人間に自分が体験したことを話すことで、共感してもらうと心が軽くなりますよね。

単純な方法ですがこれはかなりストレス解消効果が高いです。

身の回りの人間に話を聞いてもらうことで、それと同時に先ほどご紹介した、周りの人も本当にそう思っているのかということを確認する方法としても利用できますので、理不尽な意見なのか、それとも正しい意見として受け入れるべきなのか、その判断要素も含めて周りに相談する事は一方的な悪口の対処法になり得るはずです。

4.言われたことをちょっとだけ反省してみよう

次にご紹介する一方的に悪口を言われた時に切り抜ける方法は言われたことをちょっとだけ反省してみるということです。

あくまで相手の言っている悪口の全てを受け止める必要性はありません。

しかし時には相手の言っている悪口の中で自分も心当たりがあるものがあるかもしれません。

先ほどお伝えしたように、相手がどんなに腹が立つような言い方で意見を伝えてきたとしても、それが事実なのであれば真摯に受け入れなければいけません。

そこで相手の意見を受け入れないようであれば、結局あなたも悪口を言う相手と同じようなレベルだということです。

なので、本当に自分に非があったのであれば、その部分は正しく受け入れて自分を高めることができるチャンスとして前向きに捉えるようにしてください。

そうすることでそれを乗り越えた時、ストレスではなく一つの自信に変化するようになるはずです。

5.その人を褒めよう

次にご紹介する一方的に悪口を言われた時に切り抜ける方法はその人を褒めるということです。

この方法に関してはおそらく読み手の意見として意味がわからないと感じる方が多いと思います。

しかし意味がわからないと感じることこそがこの方法の一つのミソになります。

あなたは日常の中で意味が分からないことがあった時どのような対応を行いますか?

おそらく大抵の方が一瞬思考が停止してしまうと思います。

あえてそれを狙う事によって一方的な悪口から切り抜けられるかもしれません。

具体的な方法についてご紹介します。

【おすすめの褒め言葉は、こちらの記事をチェック!】

悪口を言われたことに対して相手を称賛してみよう

相手から悪口を言われた時には一般的には相手に対して反論を行うということが大きな選択肢になります。

当然ながら悪口を相手に言った人間もそれは予想して悪口を伝えている可能性が高いです。

しかし、その反対の行動である相手を褒めるという行動をあえて選択してください。

例えば「遅いんだよ、のろま」→「私自身も気にしていたんです、あえて注意してくださってありがとうございます、もっと早く仕事ができるようになりたいので、良ければそのコツを教えて頂けませんか?」などに変換して相手に伝えるようにしてください。

恐らく相手は全くこんな言葉が返ってくるとは想像していないはずです。

相手は拍子抜けしてもう言わなくなります

自分が想像していたことではないことを言われた時ほど人間は思考が停止しやすくなります。

だからこそ相手の悪口を言った際に、予想している反対のことが返ってくると相手は拍子抜けする可能性が高くなります。

そうすることによって相手はそれ以上悪口を言ってこなくなる可能性が十分に考えられます。

素直にこちらが丁寧に対応すれば時によっては、相手との人間関係が良い方向に改善される可能性も高まります。

しかし注意しなければいけないのは相手に対して必要以上に謝ったりする言葉を取り入れないということです。

もしもそこで必要以上に相手に謝罪してしまうと相手はつけ上がってくる可能性もあります。

なのであくまで今回の方法は相手に対して感謝の気持ちを述べるということを徹底的に考えた上で行うようにしてください。

悪口を言われた時にしてはいけないこと

ここまでは相手から一方的に悪口を言われた時に切り抜けるための方法をご紹介しましたが、その反対に悪口を言われた時に決して行ってはいけないことも存在しています。

意外と行ってはいけないことを実践している方はかなり多いです。

しかし、それによって、招いてしまうのはさらなる人間関係の悪化であったり、状況の深刻化が懸念されます。

もしもこれからご紹介する行ってはいけない事を日常生活の中で実践している方は、自分の行動を考え直すきっかけとして受け止めてください。

言い返すのはやめよう

悪口を言われた時にしてはいけないことの一つに言い返すということがあります。

人間は自分を否定されることはストレスがかかってしまうことであり、認めたくないと思ってしまう傾向があります。

だからこそ相手から悪口を言われた時に自分を守るために防御反応として相手に言い返してしまうことがあるはずです。

しかしそれでは悪口を一番初めに行ってきた人間と全く同じ行動になりますので、結局お互いが交わることはなくなってしまいます。

その延長線上に待っているのはさらなる人間関係の悪化でしかありません。

相手に言い返すことで状況が改善した経験を持っている方は少ないはずです。

最終的に解決するためにはお互いがお互いを認め合い納得できるようになるしかないのです。

それを考えてみると言い返すということが何の結果も生み出さない行為であるということは明白です。

自分を否定されて言い返したくなる気持ちは分からなくもないですが、興奮している時ほどその先のことを考えて冷静に対処しなければいけません。

笑うこと

悪口を言われた時にしてはいけないことの一つに笑うということがあります。

相手から悪口を言われた時につい笑ってしまうという人がいますが、それは何の改善にもなりません。

なぜならば相手が悪口を言ってきた時に笑われたと思うと自分をバカにされたと捉えてしまいます。

それはすなわち、先ほどご紹介した相手に対して文句を言い返すということと全く同じことです。

相手をさらに興奮させてさらなる悪口の応酬が始まる引き金になってしまいます。

それでは何の解決にもなりませんし、相手との関係を改善する有効な手段にもなり得ません。

強がって笑うくらいなら、心の中で相手を見下した方が良い選択になります。

なので、相手から悪口を言われた時には笑ったりするような事はしないようにしてください。

サンドバッグのように一方的に悪口を言う人の特徴

相手に対して一方的に悪口を言ってくる人間には少なからず特徴が存在しています。

そもそも相手に対して悪口を言う時はある程度状況を絞ることができます。

例えば考えられる状況としては、自分の思い通りにならなかった時、自分のプライドを傷つけられてしまった時、馬鹿にされた時などが主に該当する場合です。

なぜ相手に悪口を言うのか?という根本的な原因を踏まえて考えてみると、ある程度悪口を言う人間に共通して該当する人間性などの特徴が見えてくるはずです。

これを知っておけば、あなたの身近にいる人がこのような悪口を吐く人間になりかねない可能性、要素を事前に見定めることも出来ます。

もしくは自分がそうなってしまう危険性を理解する事にも繋がりますので、自分や周りの人間がそうならないための抑止するための指標として覚えてください。

1.実は自分に自信がない

一方的に悪口を言う人の特徴として実は自分に自信がないということが挙げられます。

なぜ自分に自信がない人間が相手の悪口を言うのかを考えた時に、自分に自信がない人間ほど、自身がない事がコンプレックスになっています。

自分に自信がないからこそ周りにいる成功している人間や自信を持っている人間に対して敵意をむき出しにする傾向があります。

そして自分の自信のなさを埋めるために相手に対して悪口を言うことでなんとかその均衡を保つように自分自身で工夫しているつもりになっているだけなのです。

もちろんただ悪口を言うだけで自分に自信がつけるはずがありません。

しかし悪口を言うことでしか自分の自信を保つことができない、努力するということができない人間なのです。

努力するという事が辛い事だからこそ、努力を行わずに簡単に行うことが出来る意味がない悪口という手段を行います。

しかし、それはいつも逃げて自分を正当化しようとしているという事を知ってください。

それを知っていれば悪口を言う人間の事を流す事も出来ますし、自分にその片鱗があるのであれば改善しようとする事に繋がるはずです。

先制攻撃をすることで上に立ちたがる

悪口を言う人間は、相手より先に自分が悪口を仕掛けることによって自分の立場を上にし相手を下の立場にさせて優越感に浸っている場合がほとんどです。

自分に自信がない人ほど先に攻撃を仕掛けて有利な状況を作り出そうとする場合がほとんどなのです。

本当に強い人間は自分に自信を持っているため、あえて自分が有利な状況を作ろうとせずとも堂々としていられるのです。

そして大抵の場合相手に悪口を言う人間は自分よりも立場が下な人間や弱そうな人間を選んで攻撃している可能性が高いです。

それも結局根本的に自分よりも弱そうな人間だから悪口を言っても反論されないだろうし、言い返してきたとしても、この人間なら勝てると考えて行動しているのです。

だからこそ自分よりも立場が上の人間に対してはへこへこしたり、態度を変えて接している可能性も高いです。

2.プライドが高い

一方的に悪口を言う人の特徴としてプライドが高いということもあげられます。

プライドが高いということは決して悪いことではないのですが、プライドの高さが原因で問題に発展するということはよくあります。

プライドが高いことによって、ちょっとしたことで自分のプライドを傷つけられたと勘違いして、必要以上に騒ぎ立てたり、神経質になっている人間は多いです。

そしてそのような人間に関しては無駄にプライドが高くて、なおかつ自分に自信がなかったり、実績が伴っていないような人である場合がほとんどです。

このような組み合わせになってしまいますと、些細なことですぐに相手を攻撃して自分の無駄なプライドを守ろうとしてしまいます。

その結果自分を守るために相手を悪口という手段で攻撃して防御反応を示すようになるのです。

なのでプライドが高い人間は悪口を言う人の特徴として考えられる場合があります。

【プライドが高い人については、こちらの記事もチェック!】

3.常に上から目線

一方的に悪口を言う人の特徴として常に上から目線ということです。

あなたの周りにも何事に関しても上から目線で発言する人間はいませんか?

上から目線で発言をするということは言い換えてみれば自分の心の中では相手を見下している、自分は相手よりも立場が偉い人間であるということを考えているからこそ、上から目線で発言をしています。

しかし人間に上も下も存在していません、立場の違いはあれど、人間は人間なのです。

常に上から目線の人間はおそらく自分の周りの人間から慕われていないはずですし、積極的に関わりたいと思われていない可能性が高いです。

そして上から目線で発言する人間に限ってプライドが高かったり、神経質な一面を持っているので、自分に納得ができないようなことがあると身の回りの人間を攻撃して自分を保とうとしてしまうのです。

4.自分と他人を常に比べる

一方的に悪口を言う人の特徴として自分と他人を常に比べているということです。

自分に対して自信を持っている人間は人と比べるということをあまりしません。

他の人間と比べたところで何かが生まれるわけでもなく、自分自身が本当に努力しなければ変わらないということを知っているからです。

しかし自分に自信がなかったり、努力することができない人間ほど自分と周りを比べてしまう事が多いです。

自分と周りを比べて相手の方が優れているという事を目にした時に受け入れられずに、悪口などの手段を使って相手の立場を下げ、自分よりも下にしようと考えている場合がほとんどです。

そして相手と比べる時に自分よりも立場が上の人間ではなく自分よりも立場が下の人間に重点を置いて比較している可能性も高いという事を覚えてください。

5.嫉妬心が強い

一方的に悪口を言う人の特徴として嫉妬心が強いということです。

悪口を言う人間ほど相手に対して嫉妬したりする気持ちが激しいです。

例えば相手が成功したり、良い結果を出したりすることに対して素直に祝福ができない人間はこのケースに該当している可能性がとても高いです。

真剣に努力している人や、誠実な気持ちを持っている人間であれば周りが成功した時には素直に祝福し、モチベーションも高まるものです。

しかし努力せずに、自分に自信がない人間ほど成功した人間を認めようとはしません。

常に人の幸せを祝福できない人間は悪口を言う人間の可能性がとても高いです。

6.自分を客観的に見ることができない

一方的に悪口を言う人の特徴として自分を客観的に見ることができないということです。

なぜ悪口を言う人が自分を客観的に見ることができないのかと考えた時に、悪口を言う人間の大半が自己中心的な性格をしているからです。

先程ご紹介したように悪口を言う場合は大抵が自分中心になっている事がほとんどです。

そのような人間が客観的な目線で物事を判断できるわけがありません。

客観的な目線で物事を判断できるのであればそもそも悪口を言う自分の姿に対して危機感を覚えるはずです。

なので普段から自己中心的な性格をしている人間は悪口を言う可能性が一般的な人間よりも高い傾向にあります。

7.人のエネルギーを下げることが快感

一方的に悪口を言う人の特徴として人のエネルギーを下げることが快感ということです。

悪口を言う人間は自分を高めることよりも自分以外の人間を下げる事で快感を得ている可能性がとても高いです。

本当に強い人間や優秀な人間ほど、自分を高めなければ状況を改善することができないということを知っているので、悪口を吐くような、根本的な問題から逃げる行為を行わないです。

しかし、努力することができない人間ほど自分が努力して高まるよりも、周りを下げて自分の立場を維持しようとすることに努めている場合が多いです。

このような人間はすぐに自分に都合の悪いことが起こったときに他人のせいにします。

あなたは自分の都合が悪くなった時いつも誰かのせいにしていませんか?
それでは何も解決しませんし、自分が成長する事はありません。

自分が強くなる事でその状況を感じなくなるのであれば、自分を強くするという難しい選択を選びましょう。

そうすると自分の考え方が変わり、行動が変わり、人生が変わるはずです。