皆さんの周りにもかまってちゃんな彼氏がいるとか、そのような友達がいる人いませんか?

ラブラブな時はこのかまってちゃんぶりが可愛かったりもするのですが、少々落ち着きが出てくるとだんだんとそのかまってちゃんぶりがうっとうしくなってくるということがあります。

では、かまってちゃん彼氏とはどのような特徴があるのでしょうか?

また、かまってちゃん彼氏を持つことでどのような大変なことがあるのかなどいろいろな観点から見ていきましょう。

かまってちゃん彼氏を持つと大変!

ラブラブな時は、そのかまってちゃんぶりがかわいいんですよね。

どんなに何回も電話されたりしてもそれほどに自分に愛情があるのだと感じられ、そこまで気にならないことも多いです。

でも、付き合ってちょっと日が経ってきたりするとだんだんとそれが負担になってきます。

では、かまってちゃん彼氏を持つとどんなに大変なことがあるのでしょうか?

彼氏の言動に振り回されてない?

また、そのようなかまってちゃん彼氏であると、言動に色々と悩まされることがあります。

やはり不安感が強い特徴もあり、言葉で色々と振り回してくることがあるのです。

初めは、そんな彼氏も可愛いと思っていてもだんだんとそれが負担になってきますよね。

あなたの彼氏はかまってちゃん?

さて、皆さんの彼氏はかまってちゃんですか?

著者の場合は、彼氏ではなかったのですが、ネット上の知り合いの人でちょっとかまってちゃん要素があるような男性と知り合ったことがあります。

いろいろと、試すような言葉を言われたりして少々気疲れがするようなところがありました。

初めから色々と約束事を決めていたにもかかわらず、だんだんと割り切れないような気持ちになってきたと言うようなところもあったようです。

友達としてお付き合いを望んでいたのですが、やはりそれも難しく彼との付き合いも終わってしまいました。

もう今くらいの年代になると、男性に初めから純粋な友達を求めるということが間違いだったなと思うのですがね^^;

そのような反省はありますが、かまってちゃん彼氏だとそのような大変なところがあると言うのはこのような体験から想像がつきます。

かまってちゃん彼氏の14個の特徴

皆さんの彼氏はかまってちゃん彼氏だと思われますか?

これから挙げるような特徴持ち合わせていると、少々かまってちゃん要素が強い傾向にあります。

では、そんな困ったかまってちゃん彼氏の特徴を14個あげてみましたので見ていきましょう。

1.落ち込みやすい

やはり、落ち込んでる人を見ると言うのはこちらとしても辛いものがありますよね。

特に彼氏であればその辛さはひとしおです。

ですが、そのかまってちゃん彼氏というとやはり落ち込みやすいところがあります。

やはり気分の浮き沈みが激しかったり、気持ちが不安定なところがあるのでそこでそのようなところが落ち込みやすいところに出ているのでしょう。

2.嫉妬や束縛をしがち

そのような気持ちの落ち込みなどもあり、自分に自信がないことから、何かにつけ嫉妬しやすく、行動を束縛しがちな傾向にあります。

日常生活に支障がない範囲であれば良いのですが、中には仕事のことであっても自分の束縛したい気持ちを優先するような彼氏もいます。

そのようになると、仕事と言うとライフスタイルの1つですので、なかなかお付き合いするのが難しくなってきますよね。

3.他人と比較する

またそのような人は、他人と比較する傾向にあります。

比較の対象は、女友達かもしれませんし、お母さんかもしれませんし、前の彼女かもしれません。

ただ、相手が誰とは言え、他人と比較されるのは気持ちの良い話では無いですよね。

もし、そのような他人と比較をするような発言が多いようでしたら、その発言が不快である事は正直に伝えた方が良いのではないのでしょうか?

意外と、無意識に行っていることがあるので、もし指摘されたら改善しようとしているのであればまだ付き合っていけそうですね。

ただそうでないと少々お付き合いが難しくなりそうですね…。

4.世間話で不機嫌になる

本当にちょっとした世間話でも不機嫌になってしまうような特徴があると、話をするような内容を気をつけていかないといけないところがあります。

本当に純粋に世間話と思って話していたにもかかわらず、自分が貶められていると思ってしまうようなところがあるのかもしれません。

付き合い始めて日が浅いのであれば、そのような地雷がどこにあるのかをまだよくわかっていない状態だと思いますので、だんだんと経験(?)を積むことでその地雷を踏まないように気をつけることで改善するかもしれません。

ただその地雷があまりにも多いと付き合いが難しくなってきます。

5.自分が特別と思っている

また、自分が特別と思っている人もかまってちゃんなところが出てくる可能性があります。

このような人は、人を振り回してもなんとなく思っていたり、むしろそうするべきだと位に思っていることがあります。

特に男性ですので「女性は自分の言うことを聞くべきだ」と思ってるようなタイプであれば非常にめんどくさいタイプであること間違いなしです。

そのような傾向がないかどうかと言うのは、付き合い始めの時はなかなか見えてこないかもしれませんがなるべく冷静に見るようにしましょう。

このようなタイプは敵に回すと少々厄介なタイプです。

6.女々しい

また、女々しいタイプの人が多いのもかまってちゃんタイプの人の特徴です。

著者もそのような男性と知り合ったことではありますが、やはり、いろいろとこちらの同情引くようなことを言うようなところがあり、少々気疲れをするところがありました。

このように、少女女々しいところがあると言うのも特徴です。

初めはそれが何とも思わないのですが、だんだんとそれが心理的な負担になってくるのです。

7.独りよがり

また、独りよがりなところがあるのもかまってちゃん彼氏である人の特徴の1つです。

いろいろなことを良かれと思ってやっていたいも、相手はそれを実はあまり喜んでいないところがあっても構う事はなく、むしろやってあげたのだからと言うような感じでいることが多いです。

8.察して欲しがり

基本的に女性を察するのが得意と言うこともあり、察してほしい思っているところがある人もかまってちゃん彼氏かもしれませんね。

察することが苦なくできるタイプであれば、問題ないのかもしれませんが察することが少々苦手な女性であれば非常に苦労するかもしれません。

また、「本当はこうして欲しかった。」とか「気付いて欲しかった。」と言うようなことを言われることがあり、そういうのが苦手な女性にとっては心理的な負担を大きくします。

また、人の気持ちを正確に察すると言うのはたとえそのようなことが苦手ではない人でも難しいことです。

察したけれど、それが正解とは限らないからです。

この場合は、「女なのに気がきかない」などと言う彼は要注意です。

9.鬼電&鬼LINE


連絡がマメと言うふうに付き合い始めは思うのかもしれませんが、だんだんと付き合って日数が経ってくるとまめな連絡が鬼電と鬼lineに変わり、ぐったりと疲れが増すようになります。

例えばですが、30件連続すべて彼氏の名前で着信が入っていたと言うようなことがあれば、少々恐怖を感じるレベルです。

最近は、電話ばかりではなく、LINEもありますので電話ではなくLINEで鬼の様にメッセージを送ってくるようなこともあります。

付き合い始めた時は、連絡がマメだと嬉しいんですけどね。

だんだんとそのマメさがしんどくなってきて、それをマメさを強要されるようなことがあればさらにめんどくさくなること間違いなしです。

10.ネガティブ思考

また、このような人はネガティブ思考な人が多いです。

ですので、ポジティブな話であれば仮に鬼電、鬼LINEであってもそこまででは無いのですが、そこに連絡を取ることでネガティブな内容だと疲れがどっとと増します。

また、ちょっと連絡が取れなかっただけで、実は怒っているのではないか?とかフェイドアウトをされているのではないか?と不安になっているようなところがあるようです。

そのようなネガティブな性格から、鬼電、鬼LINEをひき起こしている可能性は否めません。

11.不幸話が多い

基本的にネガティブ思考の人が多いかまってちゃん彼氏ですので、その話も不幸な話が多いです。

楽しい時間を過ごしているので楽しい話をしたいと思っていても、話の内容は不幸な話が多いことから、だんだんと付き合ってから日にちが経っていくに当たってだんだんと心理的な負担が増してくるタイプです。

ネガティブな人が多いと言うことで、話の内容が不幸話に偏っていくのもある意味は納得の結果なのかもしれませんね。

12.甘えん坊

基本的にかまってちゃん彼氏甘えん坊な人が多いです。

付き合い始めはこの甘えん坊さんかげんがかわいいんですよね。

これで、ラブラブな時期があるのです。

だけど、その時期が落ち着いてくると甘えん坊の熱量が皆さんよりも高いような状態になると疲れが増すようになります。

ですので、付き合い始めた皆さんも甘えん坊の彼氏と言う自覚があるのであれば、後にかまってちゃん彼氏になる可能性があるということわ視野に入れた方がいいかもしれません。

13.いじける

甘えん坊でネガティブなところがあると言うところからすると、よくいじけるのも特徴です。

初めは、いじけてもなだめて機嫌良くしてくれるのが楽しいのですが、だんだんと「あー、またかよ。」とだんだんと気持ち的に負担になってきます。

本当に、あまり長引かせたくないのであれば、うまくなだめて機嫌よく過ごせるようにしたほうが後々が楽かもしれません。

このタイプは突き放すと少々面倒だと思われます。

14.よく泣く


著者も、男兄弟がいたりすることから、男性がよく泣くのあまり想像がつきません。

特に、その男兄弟が兄だからと言うのもありますが、男の人はあまり泣かない人が多いと言う印象です。

ですので、そのような著者と同じような印象を持っている人が多いとしたら、よく泣く彼氏については少々驚くかもしれませんね。

ですが実際にそのような男性もいるようです。

もし、皆さんの彼氏でよく泣く彼氏さんであればひょっとしたらかまってちゃん彼氏である可能性があります。

かまってちゃんとは?を知りたい人は、こちらをチェック! →

かまってちゃん彼氏への彼女の対策

そんな、かまってちゃん彼氏の特徴を色々と見てきましたが、実際に彼氏がかまってちゃん彼氏だった場合は、どのような対策をしていけばいいのでしょうか?

もし、付き合いが難しいのであれば別れるという選択肢もあります。

でもそのようなかまってちゃんなところ以外は好きなんだけどと言うことであれば、無理に別れる事はありません。

うまく対策を立てることでそんな彼氏さんともうまく付き合っていくことができます。

ではそんな彼氏との付き合い方について色々と考えていきましょう。

2人のルールをつくる

基本的に、彼氏さんが不安になるのはその先のことが明確にわからないからです。

明確にわからないことに対して不安になると言う気持ちがあると言うのであれば、ある程度の見通しを事前にわかるように話してあげることで大半を解決します。

著者の子供にも、かまってちゃんではありますが発達障害傾向にある子がいます。

その子たちは、やはりわからないことに関しては不安を持ちますが、事前に説明してあげれば納得し安心します。

ですので、ルールを決めてあげればかまってちゃん彼氏も安心し、執拗にコンタクトとってこない可能性が高いです。

連絡のルール

執拗な連絡に悩んでいると言うような女性の方もいるでしょう。

例えばですが、仕事中なのにそんなに電話やLINEができないのにしつこくlineを送ってきたり連絡取ろうとしてきたりするということがあれば困ってしまいます。

ですので、仕事中、何時から何時まで連絡できないと言うような感じのルールを決めることが大切です。

逆に、この時間だったら連絡を取ってもいいと言う時間も合わせて教えてあげると安心します。

このように、連絡できる時間をしっかりと話しておきましょう。

会う頻度のルール

また連絡の時と同じようになるのですが、会う頻度のルールも明確にしましょう。

例えば、土日の何時から何時までと言うような感じです。

ここから線引きをはっきりすることで、皆さんの心理的負担は減ります。

また彼氏にとっても、会いたいと言ったのに拒否をされると言うと自分のことを嫌いになってしまったのではないかと不安になってますますかまって欲しいような態度になることがあります。

ですので、このように会える時間を教えてあげることで、この時間になれば会えると言う安心感を与えることが大切なのです。

線引きのルール

またこのような感じから、どのようなことがオッケーでどのようなことがダメかという線引きをはっきりと伝えてあげることが大切です。

このように明確にすることによって、彼氏もどのような振る舞いをしたらいいのかというのがよくわかるようになります。

基本的に、このようなタイプの人に察してほしいは通じません。

ですので、具体的に明確に線引きを伝えることが大切です。

具体的に言うと、大体とか頻繁になど回数や時間等がハッキリしないものはあまり通じないと思ってください。

もし、連絡回数の事について言うとしたら、二回以上電話をかけて出ないことがあったら、こちらから折り返すまで待ってほしいと言うような感じで具体的に回数などを数字を織り交ぜて話すようにしてください。

他人の話をしない

ついつい、他所の友達の彼氏はこうだよ!と言ってしまいたくなることもあるかもしれません。

ですが、そのような話は逆に逆上させるような可能性もありますのでしてはなりません。

ともすれば、じゃあその彼氏が好きなの?と言うようなことになって感情を逆なでしする可能性があります。

ですので、話すときはそのような他人の話を折り混ぜず、自分のして欲しいことをして欲しくないことに焦点を当てて話をするようにしましょう。

正論をぶつけない

またついつい、非常識だよ!と言いたくなるかもしれません。

ですが、このような言い方は逆に相手の感情を逆なでするだけでうまくいきません。

ですので、正論をぶつけるのはやめましょう。

なるべく、どのようにしてほしいかを具体的に言うことに徹してください。

マメに連絡をする

もちろん無理をする必要はありません。

ですが、かまってちゃん彼氏も決してあなたを困らせようとしているわけではありません。

むしろ、たくさん話したくて、たくさん会いたいからこそこのようにしつこくしているところがあります。

ですので、その彼氏さんが好きなのであれば、時間を見つけて連絡するようにしてあげましょう。

そうすることで彼氏さんも安心する可能性が高いですし、皆さんから行動を起こすということで心理的な負担はそこまでないはずです。

自分の生活スタイルを崩さない

また、元は好きだからこそ自分の生活を犠牲にしてでもと思っているかもしれませんが、自分の生活スタイルを崩して無理をする関係は長続きしません。

ですので、基本的に自分の生活スタイルを最優先にするのです。

先ほどのように具体的に説得をし、それ以降は柔軟に対応せず自分の時間を確保することを大切にしましょう。

初めはよくてもだんだんと負担になり、しまいにはその彼氏さんのことが嫌いになってしまう可能性があります。

だからこそ、無理はよくないのです。

優しい言葉で説得する

あまりにもしつこいと、ついつい声を荒らげたくなったりきつい言葉をかけてしまいたくなるかもしれません。

ですが、もし怒らせるのが目的ではなくわからせるのが目的ということであれば、優しい言葉での説得を心がけましょう。

分かりやすく愛情表現してあげる

また、基本的にかまってちゃん彼氏はストレートの愛情表現を欲しています。

ですので、わかりやすく愛情表現をしてあげましょう。

そうすることで彼氏も喜びますし、気持ちも落ち着いてそこまでしつこくしなくなる可能性があります。

かまってちゃん彼氏に流されすぎないで

ちょっと大変なところはあるかもしれませんが、悪意がないのでこちらがうまく主導権を握ればうまく付き合うことができるかもしれません。

もしうまく付き合っていきたいのであれば、こちらが上手になって円満にお付き合いをしていきましょう♪