皆さんの周りにもかまってちゃんな女子、いませんか?

最近は、インスタやツイッターによく出現することもありますね。

女子たちは表面上はうまくコミュニケーションを取りながらも、裏では『で何?』『なんでこんな事をわざわざ言うの?』と思っているそうです。

そんな色々な現代版かまってちゃんについて書き綴っていきたいと思います。

かまってちゃんも色々なレベルや種類がある

かまってちゃんの中にも、色々なレベルや種類があると、私は思っています。

実は私もどこかのレベルや種類に属しているような気もしますし、皆さんにも少なからずその要素はあるはずです。

そのかまってちゃん要素が強くなればなるほど、煙たがられる存在になってしまうということなんですよね。

ではどういう種類があるのかを順番に見ていきましょう~

かまってちゃんの種類

まずは“かまってちゃん”の5つのタイプについて解説していきます。

それぞれタイプによって、目的も得たい欲求も、ちょっとずつ違うかまってちゃん。

①「私イケてるでしょ」タイプ

まずは「私イケてるでしょ」という、自己アピールをするタイプ。

これって案外無意識にやっている人が、多いのではないでしょうか?私も無きにしも有らずです。

SNSなどでイケてるアピールしていませんか?
特に女子に多く見られる傾向ですよね!?

素敵と思われたい気持ちは誰しもあるけど…

自慢したい、素敵って思われたい!っていう気持ちは誰にでもあるものです。

でもそれが多すぎると、女子の間では僻みの感情を引き出してしまい、嫌煙される結果に…

自分を知ってもらうことは大事で、そういった意味ではSNSは便利なツール。

これで憧れられる存在になるか、嫌われるかは紙一重なのかもしれません。

自己アピールは、承認欲求にも近いもの。

SNSでの「いいね」依存にならないように、気を付けたいものです。

②「メンヘラ」タイプ

かまってちゃんとメンヘラの違いは微妙なもので、判断がつきづらいですが、メンヘラタイプのかまってちゃんは、かまってもらうことだけでは満足出来ないタイプと言えるのでしょう。

よくあるのは、うつアピール・病みアピール

ツイッターで見かけるこのタイプの投稿。

例えばこんな投稿などですね。

「わたし辛い。

誰か助けて、かまって」という裏の声が聞こえてきそうです。

扱いに困る

とてもナーバスな状態で、周囲の人はとても扱いに困る存在です。

精神的に病んでいる状態であれば、相手にしないでいると、予想もつかない行動に走ってしまう恐れがあるからです。

イケてるアピールをしてくるくらいなら、「はいはい」とあしらってもいいかもしれません。

でもネガティブなかまってちゃんの場合は、相手にしてあげないと、まるでこっちが悪い人かのよう。

罪悪感が引き出されるのです。

そういった扱いづらさから、メンヘラなんて言葉が生まれたのかもしれませんね。

③「褒めて欲しい」タイプ

扱いづらいと思われやすいメンヘラタイプと比べたら、褒めて欲しいタイプのかまってちゃんは可愛いものかもしれませんね。

褒めて欲しいタイプの人こそ、承認欲求の強いかまってちゃんと言えます。

承認欲求の強い人というのは、自分で自分の価値を確立できず、人に評価されることで自分の価値を見出すタイプの人です。

人に依存しないと自分を保てない

褒めてもらわないと自分に自信が持てない。

人に依存しないと自分を保てない人なんですよね。

そんな人は褒めてあげればいいのですが…このかまってちゃんが嫌われるのは、自分の欲求を満たすことだけを考えているからでしょう。

褒めてもらえれば満足で、相手を褒めることをしない。

または、相手をやたら褒める代わりに、自分を褒めてもらうことを要求してくるタイプ。

常に自分の欲求が優先されている人というのは、嫌われてしまうんですよね。

④「ごちそうして」タイプ

「ごちそうして」もかまってちゃんなのか…と、ちょっと耳が痛い気もしますが(笑)

ごちそうしてもらえると嬉しいし、どこかで「食事をごちそうしてくれる」という行為は大切にしてもらえているような感覚もあります。

何かのお礼に、食事をごちそうすることもありますしね!

食欲って人間の3大欲求のひとつですから、食欲を満たしてもらえることって、結構大事だったりします。

ただ、この感覚の押し付けがあると「ごちそうして」タイプのかまってちゃんになってしまうのかもしれませんね。

私に与えて~!という、やはり自分の欲求のみを押し付ける行為。

注意しなければなりません。

人との付き合いは、相互の気持ちの通い合いが大事。

一方通行だと、不公平感が否めません。

そうして、嫌われる「ごちそうして」かまってちゃんになってしまうようですね。

⑤「ぶりっ子」タイプ

昔から嫌われ者の代表“ぶりっ子”。

このタイプのかまってちゃんは、相当面倒そうですね…。

とはいえ、かまって欲しいからぶりっ子を演じているとも言えるんですよね。

ぶりっ子の人は、もれなくかまってちゃんであるということです。

ぶりっ子の目的はかまわれること。

男うけは良かったりしますし、目的は果たしているのがこのタイプかもしれません。

一方で、女性からはとっても嫌われるのがこのタイプ。

でも本人は、男性にかまわれるのを目的としているので、女性からはどう思われようと、あまり気にしていないのでしょう。

そんな態度がますます、女性の反感を買う…。

そんな図式が成り立っているのは昔からです。

そんなぶりっ子が鼻につくのは、やっぱりどこかで羨ましいからかもしれません。

隠れかまってちゃんもいますよね

隠れかまってちゃん…人は皆、かまって欲しい欲求があると思うので、みんな隠れかまってちゃんかもしれませんけどね。

ただ、かまってちゃんであることを隠しているにも関わらず、かまって欲求が強いタイプは案外厄介だったりしますよね。

一番計算で動いているのが、隠れかまってちゃんと言えるかもしれません。

実は隠せていないだけで周りは気付いている(笑)

欲求が強いと、本人は隠しているつもりでも、大抵隠せていません。

言っていることとやっていることが食い違っていて、余計にウザイと思われてしまいます。

実際に私の父や姉はこのタイプ。

一見面倒くさくないサラッとした性格を演じていますが、中身はかまって欲求でいっぱい。

これって言葉や行動の端々に表れてしまうもので、完全に隠すのって無理なんです。

それならいっそ、分かりやすいかまってちゃんのほうが、可愛げがあったりもします。

人は誰でもかまってちゃん要素を持っているはず…それでも、嫌われる人とそうでない人がいる。

それは、ちょっとした違いなのかもしれませんね。

かまってちゃんとの付き合い方

適切にかまって上げれば、良い関係を気づける!

それによって、周囲の対処の仕方も変わってくるんです。

的確に欲求を満たしてあげれば、満足して大人しくなるかもしれませんよ。

でも、仲良くなるべきかは人それぞれ

私の場合、かまってちゃんだからと言って、特に相手にはしませんし…全くかまってくれそうもない私に、かまってちゃんが近寄ってくることもあまりありません。

かまってくれそうな相手を見極めているというのも、かまってちゃんとメンヘラの違いかもしれませんね。

ただ、かまってちゃんが家族だったりしたら話は別です。

かまわない訳にはいきませんからね。

それでも、言いなりにはならないようにしていますよ。

相手の自立心を促すように、対応するのが共依存を防ぐ方法なんだと思います。