CoCoSiA(ココシア)

うるさい人の18個の特徴


静かにしたいのに!もっと落ち着いて過ごしたいのに!

近くにうるさい人がいて、思うように生活することが出来ない!

行動することができない!なんてことはありませんか?あなたと同じように感じている人はこの世界にたくさんいます。

うるさいのが当たり前にかんじている人もいれば、それをうるさくて迷惑だと感じる人もいるもの。

しかし、うるさいことは時にメリットとして作用することもあるんです。

それを知れば、もしかしたらうるさい人に対して少し寛容になれるかもしれません。

この記事では、うるさい人の特徴やその人たちがいることによってよく作用すること、そして誰もが「うるさい!」と感じてしまうシーンなどをご紹介しています☆

うるさい人に対して考えを変えたい人、もしくは「うるさい」と言われたけれど自分がどのような被害を与えているのか全く想像できない方にオススメの記事となっております!

この記事の目次

うるさいのも度を過ぎると大問題に!

うるさい人…。

うるさいがために、とても存在感のある人が多いですよね。

そこまでして大きな声を出さなくていいのに、わざわざ大きな声で話す人をみるとたまにイライラしてしまうもの。

たまにどころか、毎回のようにイライラを感じている人もいるのではないでしょうか?
この世界には、さまざまな性格の人がいますね。

静かな性格をしている人もいれば、うるさく騒ぎ立てるのが普通だと感じている人もいるのです。

あなたは、どちらのタイプでしょうか?うるさくない人にとっては、うるさくする人の気持ちが分からないもの。

それどころか「よくもそこまで大きな声でうるさくする元気があるなぁ」なんて皮肉もこめて、褒めることもあるでしょう。

うるさいということは、時には内容によっては、集団の中で大活躍することがあります。

しかし、反対にそれらをしっかり理解せずに自分の内容をペラペラとうるさく話すのは、その話を聞きたくない人の耳にまでその内容が入ってしまいます。

聞こえてしまう人は、聞きたくなくても聞こえてしまうため、ストレスになってしまうんですよね。

それに近所迷惑などになり、警察沙汰や民事裁判を起こすなんてことになることも…。

そうなれば、うるさくした人は警察に捕まったり、周囲の人々をストレスにさらし、精神的な病に追い込んでしまい、大問題になってしまうんです!

集団の中に必ずいる、うるさい人!


あなたの周りにも、そのような度の過ぎたうるさい人はいませんか?

うるさい人というのは、自分がうるさいというのを分かっていないことが多いんです。

それになぜだか、周囲に必ずひとりはいるもの。

これまでに静かな生活を送ることが出来ている方は、きっと幸福なのでしょう。

社会に出たり、引越しをしたり、会社であれば入社・転職・異動をすれば必ずいることでしょう。

その人以外は静かなのにその人がうるさいことによって、その場の空気が乱されてしまうんですよね。

それによって仕事には集中できないわ、ストレスはたまるわ、あげくに自分と話すときにも大きな声で話すので周りの人に内容がダダ漏れなんてことも。

プライベートなことまでも大きな声でうるさく話すので、自分の大切なことを話してしまったら全員に広まってしまうと覚悟したほうがいいでしょう。

もしも、周りに「うるさい人がいないなぁ」なんて感じているのであれば、もしかしたらあなた自身がうるさい人なのかもしれません!

うるさくても内容によっては良い

誰でもうるさい人は、周りにいてほしくないもの。

電車の中というちょっとの時間を共有するだけでも、うるさい人がいるとなんともいえない不快感を感じてしまうものです。

しかし、うるさくしている人にも良いところがあるんです!ずばり、”うるさく話す会話の内容がよいもの”である場合のみです。

静かな人ばかりいるところだと、少しうるさくするだけでもその場にその声が響き渡りますよね。

静かだからといってよいことだらけではないのです。

例えば、静かすぎて自分の意見がいうのが難しい状況になってしまっていたり、自分の意見を伝えても声が小さいために”弱気”だとか思われてきちんと聞いてもらえなかったり。

自分がうるさい人ではないと感じている人は、そのようなシーンに出会ったことがあるのではないでしょうか?

ずばり、うるさい人はそのような場面を乗り越えることが出来ちゃうんです!

うるさい人によって得られるメリットを2つみておきましょう。

1.集団を統率する


うるさい人は、声が大きいのが特徴的。

そのため、集団をまとめるのが上手だったりします。

声が小さい人がリーダーになってしまうと、自分の声を誰かに伝えるのに必死になりがち。

だって、それまでの人生のなかで大きな声をあまり出したことがないからなんですよね。

でもうるさい人であれば、どんなに小さな声で話そうとしてもうるさくなってしまうので、多くの人の気を引くことが出来るんです。

また、うるさいのが当たり前ですから「皆の気を引かなきゃ!」というよりは、それを乗り越えて「しっかりまとめるぞー」と本来の目的を目指し、そして達成することができるんです。