CoCoSiA(ココシア)

幼なじみとは?いつから?基準や異性でも成り立つのかなどを解説


皆さんには幼馴染みはいますか?

子供の頃から一緒に成長してきた仲。

お互いのことなら何でも知っていて、気取らずに何でも話し合える仲の良さに羨ましがられることも度々あるのではないでしょうか。

中には直接的な血縁関係はなくとも家族同然と言っても良いくらい、幼馴染と深い関係性を築いている方もいるかもしれませんね。

そこで今回は、幼馴染と呼べる人の特徴8選をご紹介していきます。

違う学校に通ったり、社会に出てから幼馴染と連絡を取っていないという方も、記事を通して昔のことを思い返し久しぶりに幼馴染に連絡を取ってみてはいかがでしょうか。

この記事の目次

幼なじみを大切にしよう!

離れ離れになってもう数十年、という場合では、連絡先も今どこにいるかも分からないかもしれません。

できることなら、今となっては「あの頃の誰にも言えない秘密」を共有してる唯一の友人との縁は切りたくないものです。

現代なら容易に連絡先も交換できますが、スマホやパソコンがなかった時代に生まれた人達は、人との縁を維持するということは今より困難でした。

生まれた時にはすでにネット社会だった、というのはそういう意味ではものすごく幸運なことです。

幼なじみを大切にするのも、今ならば昔よりずっと容易にできるでしょう。

では、改めて「幼なじみ」という存在について、具体的な意味合いを考えてみましょう。

幼馴染みとは?


幼少期の顔なじみ、子供の頃一緒に遊んでいた友人のことですね。

現代では、「ちょっとしたサブカルチャー」の影響で幼なじみイコール初恋の人といったイメージをする人も多いかもしれません。

いつからの付き合いのことを言うの?

厳密には定まっていないようですが、概ね幼稚園から小学生の頃に一緒にいた友人を指すことが多いようです。

田舎や地方で育つと幼なじみが多め

これは、田舎や地方では家族ぐるみの横の繋がりが非常に強いからです。

都会ではほぼそんなことはありませんが、田舎では他人も家族の一員のような親近感をもって接することが非常に多いのです。

当然同じ年ごろの子達は一緒にいる時間が増え、仲良くなったりします。

成長してからは、田舎に残る人、都会に出る人に分かれて、幼なじみとも疎遠になったりすることもあるようです。

しばらく会っていない時期があると再会時により盛り上がる

先ほどの田舎にいる幼なじみがいい例ですね。

たまに実家に帰るとその噂を聞きつけた幼なじみ達が歓迎してくれる、など温かい再会もあるようです。

幼なじみではなくても、地元の友人との再会はとても盛り上がりますよね。

大人になってからは、だいぶ印象も変わってるでしょうから、子供の頃のイメージで会うと新鮮だったり、逆に残念になったりするかもしれません。

そんなことすらもいい再会を演出してくれるでしょう。

幼なじみがいると羨ましがられる

幼なじみがいない人から見ると、幼なじみという存在はとても羨ましいものです。

小さい頃からお互いのことを知っている特別な絆がある友人と言えます。

きっと本人達にはそこまでの感覚はないかもしれませんが、幼なじみがいない人からすると特別な存在に思えるのです。

喧嘩をして以来ずっと会わないというパターンも多い

小さな頃ですから、些細な喧嘩もしたことでしょう。

男同士なら、なおさらつまらないことで喧嘩もしたことでしょう。

さらにその年頃だと妙に意地をはって、仲直りするタイミングを見失ったりして、そのまま疎遠になり今に至る、ということも多いようです。

幼馴染みと言える人の8個の特徴

さっきも書きましたが、本人達には自覚がなくても、周囲には羨ましく見える絆が幼なじみにあります。

具体的にはどんな特徴があるのでしょうか。

1.共通の知人が多い

子供の頃から一緒にいるということは、共通の知り合いも多いでしょう。

もし家が近所なら、幼稚園や保育園の頃から同じ環境にいることが多く、共通の友達もできますよね。

小学校、中学校も地元の学校に通うとしたら、ほぼ全員が共通の知り合いということになります。

互いの噂が耳に入りやすい

共通の知人が多いとなると、どうしても噂話が耳に入ってきます。

大人になって地元を離れても、親や友人から幼なじみの噂話を耳にしたりすることも多いでしょう。

遠くにいるはずなのに、幼なじみの情報はなぜか知っているというのは幼なじみあるあるなのかもしれませんね。

2.どんな悩みも話せてしまう

小さい頃から一緒にいる幼なじみは、家族のような存在です。