今日本では少子高齢化というとても大きな問題に直面しています。。

なぜ少子高齢化が起こっているのかと考えた時に、昔と比べて子供の数が減少傾向にあるからだと言われています。。

ではなぜ子供の数が減少傾向にあるのかと考えた時に、一般的な理由とされているのが結婚時期が遅れることによる晩婚化、そもそも結婚という選択をしない人が増えている未婚率の上昇、そして子供を産む時期が一般的な平均に比べて遅い晩産化が原因だと言われています。。

あなたの身の回りにいる男性は昔と違って積極的な男性が少なくなったと感じていませんか?
いわゆる草食系男子が増えているというのも未婚率の上昇の一つの要因になり得ていると考えられます。。

女性においても、結婚するのは面倒だし、特に子供も欲しくないから一人で生きていこうと考える方が増えています。。

自分自身の考え方次第にはなりますので、結婚するしないも自由ではあるのですが、その結果、今私たちは大きな問題に直面しているのです。。

そして、大きな理由にまではなっていませんが、昔と比べて性の自由化がある程度認められているという事も一つの理由であると感じられます。。

性の自由化というのは、いわゆる男性が男性を好きになったり、女性が女性を好きになったりするという事です。。

今の世の中には様々な性のあり方が認められている時代です。。

なので、それも少子高齢化の一つの原因であると考えられます。。

そこで今回は性のあり方について考えた時に、一部の少数派の方ではありますが、無性愛者という存在に焦点をあてて、ご紹介していきたいと思います。。

無性愛者とはどういう意味なのか、そして無性愛者であるポイントについてご紹介します。。。。

無性愛者と言う言葉、知っていますか?

あなたは無性愛者という言葉を聞いたことがありますか?

大多数の方は無性愛者という言葉を聞いたことがないはずです。。

一般的に、私たちは男性であれば女性を、女性であれば男性を好きになる事が多いです。。

しかし、先ほどご紹介したように時には男性が男性を好きになったり、女性が女性を好きになったりするようなことは起こり得ます。。

いわゆるおねえだとか、おなべ、ゲイ、レズビアンなどと言われているような存在の方達です。。

昔はこのような方達の存在を社会は認めていない傾向にありました。。

このような考え方は間違っている、自分の身内にこのような考え方を持った人間がいると恥ずかしいと思われていました。。

しかし、今では性の自由化を認めようとする風潮が世の中には存在しています。。

なので、今の時代ではおねえやおなべといった存在の方たちがテレビなどのメディアに出て活躍している時代へと変化しました。。

マツコ・デラックスやはるな愛などはその代表的な存在だと思います。。

このような芸能人が生まれることによって、ある程度その立場が認められて、たくさんの方が受け入れられるようになっています。。

これはとても良いことですが、特殊な考え方を持っている人間はこれらだけではありません。。

無性愛者に関しては、これらのどれにも当てはまる事がなく、かなり理解されにくい考え方を持っている人達だからです。。。

LGBT等『性』について取り上げる機会が増えた


なぜ世の中全体が様々な性の形を認め、認識するようになったのかと考えた時に、今ではLGBTについて取り上げられる機会が圧倒的に増えているからだと考えられます。。

そもそもLGBTとは、女性同性愛者(レズビアン)男性同性愛者(ゲイ)両性愛者(バイセクシャル)トランスジェンダー(性同一性障害)などの総称です。。

いわゆる性的少数者という言葉でも表現されている言葉です。。

その名前の通り、世の中に存在してる人間に比べるとかなり小数の割合でしか存在していなかったので、昔はそこまで重要視されるような事でもなく、単純に考え方が違うので認められない傾向がありました。。

しかし、時代は変化していき、2006年の7月に開催された第1回ワールドアウトゲームズにおいては、性的思考であるLGBTが取り上げられるなど、世界全体の概念として認められ、考えられるようになっています。。

LGBTが深刻な人権問題に発展しかねない要因であると認められたという事です。。

それから現在に至っては、世界でもゲイやレズである事を公表して、本当の自分をさらけ出して生きていける人が増えつつあります。。

これは日本においても同じであり、例えば東京都渋谷区の例を考えてみると、2015年には同性のカップルを結婚に相当する関係だと認める条例などが可決されています。。

これは全国初の条例であり、性的少数者の権利を守るための条例として支持されています。。

このように世界全体、私たちの住んでいる日本もそれを認めようと動きつつあるからこそ、LGBTが世の中で広く認識され、認められるようになっているのです。。。

日本での認知度は低い

LGBTなどについては先ほども述べたように、日本で認められようとする傾向が多くなっています。。

しかし無性愛者に関してはまだまだ取り残されている存在なのです。。

なぜかと言いますと、LGBTと違ってまだそこまで多くの方が認識していないという事もありますし、無性愛者が取沙汰にされるような事は圧倒的にLGBTと比べて少ないからです。。

事実、無性愛者という言葉を聞いたことがないという方もたくさんいるはずです。。

しかし、LGBTと同様に無性愛者も一つの人権問題になります。。

今後しっかりと向き合っていかなければいけない大きな問題でもありますので、それを受け入れるために社会は変化していかなければいけません。。

もしも無性愛者という言葉自体を知らないのであれば、この機会に無性愛者とはどういう存在なのか、どういう考え方をしている人間を指し示しているのかという事を理解する必要性があります。。。

無性愛者の意味


そもそも無性愛者とはどういう意味なのかと考えた時に「他者に対して性的な欲求を抱かない性質」という言葉の意味を持っています。。

この時点で明確にLGBTと違いが発生している事に気づきますか?
LGBTは対象が違うだけで、人を好きになっているということに変わりはありません。。

男性が男性を、女性が女性を好きになっているという事なので、それが異性か同性かの違いなだけです。。

しかし、無性愛者に関しては他者に対してそもそも性的な欲求を感じられないということです。。

本来であれば、私たちは異性、もしくは同性に対してタイプの人間がいたり、魅力的なフェチなどを感じたりすることが多いですよね。。

例えば、男性であれば女性の胸を見たり、女性のお尻を見たりする事で興奮したりすることが多いと思います。。

女性であれば、男性から守ってもらったり、男性の筋肉を見たりすることで興奮したりすることがあると思います。。

結局は興奮するポイントなどを持っている事が多いのですが、無性愛者に関してはこれがないのです。。

人それぞれの考え方次第にはなりますので、無性愛者の人からすればこれが普通なのかもしれませんが、一般的な恋愛があり方を知っている人間からすれば、恋愛をすることの楽しみを知らないという点においては少し可哀想な人間であると感じられることが多くなるかもしれませんね。。。

無性愛者の8個のポイント

あなたはこれまでの人生で他人に対して好きだという感情を持ったり、興奮するような感情を持ったことがありますか?
もしもこのような感情を持ったことがあるのであれば、一般的な感覚を持っている性的多数派の考え方かもしれません。。

しかし、先ほどご紹介したように無性愛者の方は他人に対して好きだという感情を持ったり、性的に興奮するような感情を持つことはありません。。

しかし、これはなかなか自分自身では判断がつきにくいことなのです。。

なぜかといいますと、一般的な考え方を持っている人であれば、人を好きになることや興奮するようなことは当たり前の事なので、それが当たり前だと自覚していますが、性的少数派である無性愛者の方であれば、好きという感情を持たなかったり、興奮するような感情を持たないことが当たり前なので、周りと明確な区別をつけようとしない限り、意識することはありません。。

むしろ周りの行動が理解できないので、自分がおかしいと考えたりしない事も多かったりします。。

気付いていたとしても、自分もいつかそのような感情を自然に持てるはずだ、と考えて放置する人もいます。。

なので、自覚が難しい症状でもあります。。

そこで、今回は無性愛者の方に該当するポイントをいくつかご紹介していきますので、もし今自分が無性愛者なのではないか?と考えているのであれば、該当するポイントがあるかどうか確認してみてください。。。

1、人を好きになる感覚が分からない

無性愛者に該当するポイントの一つとして人を好きになる感覚がわからないということが挙げられます。。

無性愛者の定義として「他者に対して性的な欲求を抱かない性質」という特徴を持っていますので、一番の判断基準はこの部分になりえます。。

本来であれば人間は思春期を迎えた頃から異性に対して強く意識し始めます。。

しかし、人を好きになる感覚が分からない場合は当然ながらこのような感情を持つことができません。。

なので、周りが異性に対しての話をしたり、恋愛の話などをすることに対して全く興味を持てなかったり、理解ができなかったりすることが多くなると思います。。

早い方であれば小学生の頃から人を好きになったりする気持ちを持つことがありますので、それと同時に自分自身がほかの人間と少し違う考え方を持っているのかなと薄々感じたりするためもあるかもしれません。。

ある程度年齢を重ねても、日常生活を送る中で特定の誰かを好きになる経験が一切なかったり、そもそも人を好きになるような感覚がわからないと感じている方は無性愛者である可能性がとても高いです。。。

2、恋愛感情が生まれない

無性愛者のことを考える上で絶対に勘違いしていただきたくないのは、あくまで恋愛感情や性的な欲求に関して抱かないという性的指向なだけです。。

つまりどういうことかと言いますと、自分の家族に対して愛しいという気持ちを持ったり、大切に感じているという感情は当たり前に持っているということです。。

あくまで性的な観点においての話であり、性的な観点以外のことを考えるとそれは一般的な人間と同じような考え方を持っているのです。。

なので、自分の家族を大切に思ったり、親友のことを大切に思ったり、異性の相手に対しても、恋愛感情ではない愛しいと思う感情は当たり前に持っているのです。。

なので、相手のことを性的に考えた上で恋愛感情が芽生えているかどうか、ということがひとつの判断基準になり得ます。。

もしもこのような観点において、相手に対して恋愛感情が生まれた経験がないと考えるのであれば、それは無性愛者である可能性が高く、自分の過去のこれまでの経験を良く振り返ってみて、該当する可能性が他にないか確かめる必要性があります。。。

3、結婚願望を抱く事がない

結婚願望を抱くことがないという特徴も無性愛者に共通するポイントになります。。

本来であれば好きな人と結婚して温かい家庭を築いていきたいという考え方を持つ人間はかなり多いです。。

自分が育ってきた環境を思い出して、自分も家庭を築いていき、家族に囲まれながら人生を過ごしていきたいという考え方は年齢を重ねるとともに自然に芽生えさせていきます。。

しかし、無性愛者に関しては結婚願望を抱く事はありません。。

そもそも人を好きになる感覚がわからないですし、恋愛感情を持つこともありませんし、異性に対して興奮するようなこともありませんので、そんな感情が入り乱れている中で結婚願望だけを持つということはありえない話ですよね。。

人を好きになるからこそ、その人と家庭を築いていきたいと思いますし、相手に恋愛感情を持つからこそその相手と過ごしたいと思いますし、相手に対して興奮するからこそ自分の子供を産んで欲しいと思うはずです。。

なので、無性愛者は結婚願望を抱くことがなく、いつまでたっても結婚願望を抱くことがないので、この考え方が該当する場合は無性愛者である可能性が高いということです。。

しかし、人によっては普通に異性のことを好きになったり、恋愛感情を持ったりするのに結婚願望だけはどうしても芽生えさせることができないという人もいます。。

それは無性愛者ではありませんので、基本的な概念が該当するかどうかということをよく考えた上で判断してください。。。

4、性行為に嫌悪感は感じていない

無性愛者のことを勘違いしてしまう点として、無性愛者の方はそもそも性行為が嫌いなのではないかと考える人間もいます。。

しかしそれは間違っています。。

無性愛者の方でも性行為に対して嫌悪感を抱いたりすることはありません。。

むしろ、性行為に対して嫌悪感を抱くような性嫌悪の場合は無性愛者とは異なります。。

性嫌悪に関しては精神障害の一種として扱われており、無性愛者とは別になります。。

なので、無性愛者の人間であったとしても特に性行為に対して嫌悪するような考え方を持っておらず、ただ単に自分が興味がなかったり、そう思わせてくれるような対象がいなかったりするというだけの話なのです。。

男性からしてみれば、セクシーな女性が目の前にいるのに興奮しないというのが理解できない感情だと思うかもしれませんが、あなたが子供の頃を思い出してみてください。。

セクシーな女性が目の前にいたところでそこまで性的に興奮するようなことはなかったですよね。。

このような感覚のまま今存在していると考えると少し理解ができやすいかもしれません。。。

5、性欲がないわけではない

無性愛者の人間は性欲がないわけではありません。。

性欲自体は持っていますし、性行為に対しても嫌悪をしているような考え方をしているわけではないのです。。

では、何が決定的に違うのかと考えると、他人に対して性的な欲求を感じられるかどうかという点が違うのです。。

無性愛者は「他者に対して性的な欲求を抱かない性質」という定義があります。。

つまり、性欲はあるけれど、他人に対して性欲を持ったりはしないのです。。

男性であれば、不特定多数の人間に性的に魅力を感じたりすることがありますよね。。

このような欲求を持てないということです。。

つまり、性欲がそもそも存在しない無性欲とは異なると言われています。。

少し複雑な意味合いになるので理解するのが難しいかもしれませんが、無性愛者の方が性欲がないわけではなく、性欲はあるのに、他人に対して特に性的な魅力を感じないという場合は無性愛者である一つのポイントになりえます。。。

6、異性や同性を「美人」「カッコいい」と思う事はある

無性愛者の判断基準が難しいポイントとして、異性や同性を「美人」「カッコいい」と思う事はあるのです。。

一般的な人間からすれば、この部分がかなり理解しがたく、難しいかもしれません。。

なぜならば、美人の人は見たりすれば当然興味がわきますし、興味がわくということは相手に対して意識をするということであり、継続的な意識を持てば相手のことを好きになる可能性も高くなります。。

これはかっこいいと思うことも全く同じです。。

なぜその延長線上に恋愛感情であったり、性的な欲求を相手に持てないのかと言うことが理解できないからです。。

そして、このような感情を持っているまでは他の人と全く同じなので、余計に区別がつきにくくなってしまうのです。。

無性愛者の区別はかなり難しいですが、ひとつのポイントとして、異性や同性を「美人」「カッコいい」と思う事はあるという事は覚えてください。。

その上で、その延長線上に常に恋愛意識や性的興奮が伴わない場合は無性愛者である可能性が高いです。。。

7、恋愛の妄想をする事もない

一般的な考えを持っている性的多数者であれば、思春期などを過ぎると好きな相手が自然とできるようになり、その相手と恋愛に関する妄想をしたりすることも多くなります。。

例えば男性であれば、気になる女性の体を想像したり、その女性とデートをしているところを想像したり、その女性とエッチなことしてることを想像したりすることが多いと思います。。

女性であれば、気になる男性と手をつないだり、気になる男性とたくさんの楽しいことをしたり、その男性とキスをしたりする場面を想像するはずです。。

このような恋愛の妄想することは人間であれば当たり前の行為であり、特におかしい行為ではないのですが、無性愛者の方はそもそも相手に対して恋愛感情を持ったり、性的な欲求を伴うことがないので、恋愛の妄想するようなこと自体がありません。。

なので、周りの人が妄想したりして楽しんでいるのに、自分はまったく妄想したりすることがなく、そもそも妄想しようとも思わない場合は無性愛者である可能性が高いです。。

もちろんその前提として、性的な欲求が湧かなかったり、恋愛感情がないという事を踏まえた上での話です。。

それがすべて共通した場合は、無性愛者のポイントを踏まえていると考えてください。。。

8、全く『愛』が理解出来ないわけでない

全く『愛』が理解出来ないわけでないという事も無性愛者のポイントの一つです。。

これは先ほど触れた通りですが、自分の身内の人間に対して、自分と親しい存在に対して、愛情を持っています。。

これは恋愛的な愛情とは全く関係のない愛情なはずです。。

誰でも自分を育ててくれた家族が存在しているように、家族に対しては恋愛感情とは違った愛情を抱えていますよね。。

このような感情は無性愛者の方でもきちんと持っている感情なのです。。

つまり、恋愛に関する愛情がないだけで、一般的な愛情は無性愛者の方でも十分に持っている感情です。。

ペットに対してもそうですし、普段から自分の事を気にかけてくれるような存在の人間に対して感謝の気持ち、愛情を感じたりするのは当たり前なのです。。

なので、愛情が理解できない冷たい人間だとは思わないでください。。

恋愛感情だけはないけど、それ以外の感情はきちんと持っていると思うのであれば、それは無性愛者のポイントを十分満たしていると捉えてください。。。

「無性愛者かも」と決めつけるのは危険

人によっては無性愛者のポイントに自分自身が該当してしまう方もいるかもしれません。。

しかし、それだけで自分が無性愛者だと断定してしまうのは時期尚早ですし、危険な行為になり得る可能性もあります。。

なぜ、ポイントに該当するだけで無性愛者だと判断するのは早いのかと考えると、あくまで該当しているのは現時点だけの可能性も考えられるからです。。

特に思春期の時期に関しては、ある程度の年代から思春期は始まると決まっていますが、人によって個人差がありますので、周りとちょっと違うだけで深く気にしすぎてしまうのは危険です。。

人によっては周りよりも成長が遅いなど、若干程度異なる部分もあるからです。。

周りと違うことによって深く傷ついてしまって、マイナスな思考になってしまいやすくなる可能性もありますので、たった少し該当するポイントがあったとしても決めつけないようにしてください。。

それでも、該当するポイントがたくさんあるのであれば、自分はそうなのかもしれないとゆっくり自分を振り返ってみて、自分を受け入れていく作業から始める必要性があります。。

自分を否定する事だけはせずに、受け入れながら、自分を分析するようにしてください。。。

思い込みは人生を大きく変えてしまう

人間は不思議なもので、もしかしたら自分はそうなのかもしれない、と一旦心の中で決めつけてしまいますと、本当にそのようにしか判断できなくなってしまう可能性が生まれます。。

例えば、トラウマという言葉があるように、自分がある物事で何かの失敗を経験した時に、再び同じような状況が生まれた時、自分は過去のようにまた失敗してしまうかもしれないというトラウマが植え付けられる可能性があります。。

そうなってしまいますと、本来は成功する可能性がとても高いのに、精神的に萎縮してしまうことによってまた失敗を繰り返してしまう可能性が生まれます。。

これと同じように、自分がそう思い込んでしまうことによって、本当はそうではないのにそう感じざるを得ないような考え方になってしまいます。。

なので、思い込みをしてしまうと時には自分の人生を大きく変えてしまう可能性が生まれ、それが悪い方に働く可能性がある場合は注意しなくてはいけないということです。。。

10代20代で無性愛者と判断しない

思い込みは人生を大きく変えてしまうという事を念頭において、無性愛者に該当すると自分で判断した場合は、10代20代の年齢だと無性愛者と判断しないようにしてください。。

なぜかといいますと、人によって成長は全く異なります。。

特に年齢が幼い方に関してはまだ大人の考え方ができていない可能性も十分考えられますので、自分が無性愛者だと判断するには早すぎるのです。。

様々な経験や体験をしていく中で、自分の考え方が変わるようなきっかけなどがたくさんあるはずです。。

なので、10代20代で無性愛者と判断しないようにしてください。。

大人になってからも全く考え方が変わらず、他人に対して性的な欲求を抱かないと悩んでしまっている場合はしかるべき場所に相談しにいくようにしてください。。。

うつ病等の病気が原因の場合もある

もし無性愛者に該当するポイントにたくさん当てはまっていたとしても、それは自分自身が無性愛者だからではなく、うつ病だからという事も考えられます。。

なぜならば、うつ病になってしまった場合に、精神疾患によっては周りに対して性的な欲求を持てなくなるような事は十分考えられるからです。。

例えば性機能が障害を持ってしまうことによって役割を果たせなくなってしまう場合であったり、そもそも精神疾患が原因によって性欲が出るような体の器官が性欲を出す機能を果たさなくなってしまっていることなども考えられます。。

なのでこの前に関しては明確に無性愛者とは異なる状況になります。。

だからこそ、無性愛者に該当するポイントがたくさんあったとしても、きちんと医療機関などで診察を受けてみないと詳しい原因は不明なのです。。

一方的に決めつけてしまう事によってマイナスな考え方をしてしまったり、本当の原因に気付けないまま年月を経過してしまうという事を防ぐためにも、かならず該当したとしても決めつけるような行為、考え方はやめてください。。。

恋愛未経験で無性愛者と自称するのもNG

これまでの人生で全く恋愛をしたことがないからこそ、自分は無性愛者なんだと決めつけるような事も絶対にやめてください。。

なぜ恋愛が未経験だから無性愛者だと決めつけてはいけないかと言いますと、恋愛未経験の人間が必ずしも無性愛者だとは限らないからです。。

例えば、普通に一般的な感覚を持って異性を好きになり、異性に対して性的欲求を抱えている人間でも恋愛をした事がない人はいるはずです。。

また、そのような欲求が存在していたとしても、これまでに感じたことがないのであれば、単純にストライクゾーンが狭いだけな可能性も考えられるからです。。

あまりにも極端にストライクゾーンが狭すぎてしまうと、身の回りにそのストライクゾーンに該当している人間がいない事も考えられます。。

例えば、若い年代の時に全く恋愛をしたことがなく、人に対して性的な欲求を感じなかったという人が、社会に出た時に、年上の人間と関わることによって、自分のストライクゾーンがかなり年上だったということに初めて気づくような人もいるはずです。。

なので、恋愛をしたことがなく、これまで相手に性的な欲求を感じづらかったという人でも、正常な感覚を持っている可能性は十分考えられますので、締め付けるような考え方は持たないようにしてください。。。。

無性愛者になる原因ってあるの?

無性愛者と認定されている人はかなり人数が少ないので、あまり大々的に取り上げられるようなこともありませんし、自分の身の回りに無性愛者であることによって悩んでいる人は多くないはずです。。

では、どのようになると無性愛者になってしまうのかと考えた時に、無性愛者になる原因は複数存在しています。。

そんな原因の中でも、かなり原因が高いと言われてることに関して項目別にご紹介していきたいと思いません。。。

現時点では環境ホルモンが原因と言われている

無性愛者になってしまう原因の一つに環境ホルモンが原因であると言われてます。。

環境ホルモンとは一体何なのかと考えた時に、環境ホルモンとは化学物質のことを意味している言葉です。。

私たちの今の生活には様々な化学物質が存在しています。。

例えば、食品の中に化学物質を入れ込むことによって、利便性の高い食品として扱うことが出来るようなります。。

具体的には防腐剤などはその代表例です。。

防腐剤を入れる事によって極力新鮮な状態を維持したり、腐らないようにするなどのメリットがある反面、それを人体に取り入れるので、体に良くない影響があるのも事実です。。

その極端な例のひとつとして無性愛者が存在しているのです。。。

コンビニが拍車をかけている

今ではコンビニはなくてはならないような欠かせない存在になっています。。

仕事が忙しくて、家に帰ってご飯を作ったりするのが面倒な時にはコンビニに通って食品を購入したりすることがあると思います。。

便利な反面、コンビニの販売している商品にはさまざまな化学物質が入っています。。

化学物質の入っている食品を摂取することによって、自分の体の中で正常な働きをしてくれるホルモンの働きを壊してしまうことになりかねません。。

自分の体が影響を受けて、時には生殖器などがダメージを折ったりする可能性も示唆されています。。

それによって性的な考え方が変わってしまったり、無性愛者に該当するようなポイントが引き起こされる可能性もあります。。

なので、コンビニが無性愛者の原因になる環境ホルモンの影響に拍車をかけていると考えることが出来るのです。。。

もし無性愛者でも恥ずかしいと思わないで

もしも、自分自身が無性愛者だったとしてもそれを恥ずかしいとは思わずに、必ずそれも自分の一つの個性なんだと受け入れるようにしてください。。

人間は否定されることを極端に恐れています。。

自分自身が自分を否定してしまうということは絶対にあってはならないことです。。

自分自身を否定してしまうことによって、自分に自信が持てなくなってしまい、精神的な病気を引き起こしてしまったり、うつ病になったり、自分は必要ない存在なんだと思い込んでしまう可能性があります。。

しかし、無性愛者の方でも子供の親として結婚生活を送っているような人がたくさん存在しています。。

あくまで一つの個性なのであって、存在を否定されるようなことにはなりません。。

なので、最初は戸惑うかもしれませんが、時間をかけても良いので少しずつ自分を受け入れていく気持ちに考え方をシフトするようにしてみてください。。

そうすることで、自分を受け入れて楽しい毎日を過ごせるようになるはずです。。