私たちは一人で生きていく事はできません。

生まれた時から一人で生きてきたという人はいないはずです。

最初は言葉も話せず、何の行動も出来ない状態で生まれてきますが、それを見守ってくれ、育ててくれた親が当然いるはずです。

子どもの時からなんでも自分一人で行動して、自分で身の回りのことを行っていたという人はいないはずですよね。

ある程度大きくなれば一人で生きていくという選択はできるかもしれませんが、それは寂しい事です。

普通に生きていれば、学校で出会う仲間や、アルバイト先、部活の仲間、仕事の仲間など、集団生活においてある程度たくさんの人と共通の時間を過ごしていくはずです。

気が合う人も気が合わない人もいるかもしれませんが、なるべく多くの人と深い絆をつないでおけば、いざという時に助けてくれるかもしれませんし、楽しい事に誘ってもらえる可能性も高くなり、人脈があるからこそ有利に働く可能性などもあります。

なので、なるべくたくさんの人と絆を深めておく事に越したことはありません。

とはいえ、絆を深めるという事にはたくさんの方法がありますが、具体的にどういう方法があるかあなたはご存知ですか?

人間関係に慣れている人であれば無意識のうちに行えるでしょうが、人間関係を形成する事が苦手な人はピンと来ないかもしれませんね。

今回は絆をテーマにして、絆を深める方法についてご紹介していきます。

人生には絆を深めた人間関係が必要です

人生はとても長いです。

日本は特に世界で見ても長寿国として有名です。

世界保健機関(WHO)が発表した世界保健統計2016によると世界一の長寿国は前年同様に日本で男女平均が83.7歳と言われています。

データがない国を除けば最も寿命が短い国では男女平均が50.1歳と言われています。

なので人によって違うことは当然ですが平均して80歳以上も人生を生きることができます。

人生が長いから絆を深めることが大切かと言われれば、そうではありませんが、長い人生を生きていく上では絆を深めた人間関係はとても大事な事です。

なぜなら人生が充実しているかどうかという事を考えて見ると、そこには人間関係は必須であるとも考える事ができます。

一人で孤独に生きるだけでは人生は楽しいとは思えないからです。

一人で生きるよりも、自分の人生を通して、様々な事を楽しく行えるような素晴らしい仲間がいてこそ楽しい時間を過ごすことが出来るはずです。

絆を深めた人間関係は簡単にすぐに形成できるようなものではありません。

しかし、絆を深める事によってしか得られないように幸せがそこにはあります。

例えば、極端な話一人でスポーツをしても楽しくないですが、たくさんの人とスポーツをする方が楽しいですし、一人で食事をするよりも誰かと一緒になって話をする方が楽しいですよね。

当たり前の事ですが、気心知れた仲間がたくさんいるのは人生にとって財産であると考える事も出来るからです。

絆とは?

人生において絆がいかに大事であるかということは先ほどご紹介した通りです。

それでは、あなたにとって絆という言葉はどのように解釈できますか?

絆は目に見えない物であるため、言葉で説明しようとするとちょっと難しいかもしれませんね。

絆とは簡単に一言で言えば人と人との結びつきそして支え合い助け合いという言葉の意味を持っていると考えることができます。

あなたにも一人ぐらいは大切だと思える人間がいると思います。

あなたが大切に思えば大切に思うほど大切に思っている人間もあなたのことを大切に思っているはずです。

人によっては気づいていない人もいるかもしれませんがいつか必ずその大切だと思っている気持ちに気づいてくれるはずです。

その想いに気付いた時に感じるのが絆です。

お互いが思いやりその気持ちが高まれば高まるほど強い絆が存在するはずです。

その絆を強くするには簡単な事ではありません。

しかし、相手の事を思えば思うほどそれが相手に伝わる可能性はとても高くなります。

絆は、その意味が表すように、一人だけの一方的な気持ちではなく、お互いが感じて思う事で初めて結び付きます。

だからこそ、まずは自分から相手に対してその思いを発信する事が大切であると考えられます。

絆を深めるための10個の方法

無意識のうちに人生を通して関わりを持つ人に対して、あなたは絆を深めている行動を取っているはずです。

しかしながら人によっては無意識で行っているために具体的に絆を深めるためにはどうすれば良いか?と問われると具体的な方法を述べることができない方も多いと思います。

気づかないうちに深い絆で繋がれていたということはよくある話です。

しかし、人によっては無意識で行動しているので、なぜ気づかないうちに深い絆で繋がれているのか、絆を深めるためにはどうすればよいのかと疑問に思う方も多いと思います。

人によっては人間関係を形成する事が得意な人もいますし、不得意な人もいますので、具体的な方法を持ち合わせている人といない人と別れます。

持ち合わせていない人は、まずは絆を深めるための方法について知る必要があります。

絆を深める事は人生を充実させてくれる仲間を増やす大切な事です。

早い段階で絆を深める方法を知り、人生において財産ともいえる深い絆をもった仲間を作る事を実践してみてください。

1.打算で付き合わない


まずはじめにご紹介する絆を深めるための方法は打算で付き合わないということです。

元々打算をするという言葉の意味は勘定をすることという意味を持っています。

それ以外に利害や損得を見積もるという言葉の意味も持っています。

なので、打算で付き合うとは、初めから利害関係や損得関係を想定した上で相手とコミュニケーションを取るという事です。

計算高い人は世の中に存在しています。

計算高い人は自分が好きだから相手と付き合うとか、相手が嫌いだからあまり関わわないようにするということで人間関係を考えるのではなく、自分にとってこの人間は得な関係になるのかそれともそんな関係になるのかということを考えて接近している場合が多いです。

つまり打算で付き合うということは相手の人間性を考えて関係を作るのではなく、相手をただの道具としてしか見ていない一面を持っていると考えることが出来ます。

絆を深めたいと思うのであれば、打算的な考え方の元で人間関係を構築する事が絶対に避ける必要があります。

損得勘定で付き合うとすぐ破綻する

損得感情をむき出しにして人間関係を形成している人は時々見受けられますが損得勘定を元にして人間関係を形成している人はいずれその関係は破たんしていますので、絆を深めたいと思うのであれば、損得勘定などで判断して人間関係を形成しようとは思わないようにしてください。

損得勘定で相手とコミュニケーションを取ったところで必ず自分の思っていることは相手に伝わる様になってしまいます。

そもそも損得勘定で相手と付き合っている場合は自分にとって得な事をして相手を利用しようと考えていますので、自分にとって都合が良いような事を相手に主張してしまいやすいです。

絆を感じて、相手の事を本当に思いやっているのであれば、自分が損をしてでも人間関係を形成します。

それを感じて相手もいつか自分を助けてあげよう、困った時には力になってあげたいと思うものです。

しかし、得な事でしか利用していない場合は、いずれ相手は利害関係の元でしか自分を利用していないと気付きます。

それに気づかれれば、すぐに距離を置かれて、いずれ関係性は破たんしてしまいます。

本当の意味で絆を深めた人間関係を築きたいと思うのであれば、相手に対して「打算で付き合わない」事が大切です。

打算で付き合う癖をしている方は早めにその性格は直す必要があります。

なるべくフェアな関係を築こう

絆を深めたいと思うのであれば損得勘定を考えずになるべく相手とフェアな関係を築くことが大切です。

フェアという言葉は公明正大であることを意味しています。

公明正大と言う言葉は心をさしてはさまず、公正に事を行うこと、若しくはその様を意味する言葉です。

四文字熟語が苦手な方は意味がわからないかもしれませんが簡単に言えば相手と公平に接するということです。

損得勘定が相手に対して損か得か利害関係を考えてコミュニケーションを取るということと反対に公明正大は相手に対して利害関係などを求めずに、不正や隠し立てをせずに相手と正面から付き合うということです。

つまり相手に対して嘘をついたり、利用したりしようと考えずに、自分の心の素直に相手と仲良くなりたいという気持ちを持って接する事が大切です。

相手と仲良くなりたいと純粋に思っていれば、自分のことを相手が知っていくうちに信用できる人間だと判断してもらえます。

相手が自分のことを信用できる人間だと認識してもらえればそこからは二人で楽しい時間を過ごすことによって自然と良い人間関係が形成できるはずです。

結果的にそれが絆を深めるということにつながりますので相手に対してやましいことを考えて付き合うのではなく、素直な気持ちでフェアな関係を築いていくことが絆を深める上で大切な行為だということを認識してください。

ギブアンドテイクに努めよう

相手と絆を深めたいと思うのであればギブアンドテイクの概念をもって相手と接することが求められます。

ギブアンドテイクという言葉は公平にやり取りをする若しくは互いに譲り合うという意味を持っている言葉です。

例えばあなたが良い人間関係を築きたいと思っている人がいるとします。

その人がある時たまたまお金がなくて食事をすることができずに困っていたとします。

その姿を見て相手の為を思って、あなたは食事をご馳走してあげたとします。

そして後日、その人が給料が入ったから前回のお礼で食事をごちそうしたいとあなたに連絡が来ました。

これがまさにギブアンドテイクです。

食事をご馳走してあげるという事は相手に対してお金をただで渡すということと全く同じことです。

食事をご馳走する場合は相手に何かしらの見返りを求めることなく行っていることも多いです。

人の受け止め方によって違うかもしれませんが、大部分の方は自分が困っている時に無条件で助けてくれる人に対して必ず感謝の気持ちを持つはずです。

下心を見せずに純粋に困っている相手を助けてあげたいと思うその気持ちに対して相手は必ずお礼をしたいと思うはずです。

関係を深めたいと思う人間に対して、まずはこちらから無条件で相手の事を思ってあげる事で、それに気づいた相手はあなたに感謝し、相手もあなたの事を思いやってくれ、絆が生まれるという事です。

自らが率先して相手に対して思いやりの行動をとることが一番大事なポイントです。

ギブアンドテイクを自分から率先して行う事でよりたくさんの人と深い絆で結ばれるようになる事を、あなたは知り普段の行動に取り入れるべきです。

2.相手の良いところをたくさん見つける


次にご紹介する絆を深めるための方法は相手の良いところをたくさん見つけるという事です。

相手と人間関係を深めたいと考えるのであれば当然相手のことを好きになる必要があります。

嫌いな相手と深い人間関係になりたくないと考えることと同じように、相手のことが好きな場合は相手と深い人間になりたいと願うはずです。

では相手のことを好きになるとはどういうことかといいますと、相手の良い所をたくさん見つけるという事です。

例えばあなたが嫌いな人を心の中に思い浮かべてみてください。

おそらくあなたがその人のことを嫌いだと思うのは、相手に対して嫌な部分が複数存在するからではありませんか?

逆に好きな人を思い浮かべてみると、おそらく相手の素晴らしい部分や、好きな部分がたくさん出てくるはずです。

なので相手のことを好きか嫌いかと言うのは相手の良いところをたくさん知っているかどうか、ということに他なりません。

だからこそ、相手との絆を深めるためには相手のことを好きになる必要があります。

なので相手と深い絆を築くためには相手の良い所をたくさん見つけて、相手の事を好きになる必要があります。

人間は相手の嫌な部分にどうしても目を向けがちです。

しかし、発想を転換して、嫌いな人ほど相手のすごいと思う事を見付けるようにすると相手に対しての見方が変わる事を理解しましょう。