現在では男性と女性の違いを語る際に「男性は理系、女性は文系」と言う分類の仕方当てはまらなくなりましたね。

女性でも男性でも、理系が得意な人は理系になりますし、文系科目が得意な男性もいます。

最近では女性の医者も増えていますし、女性が色々な理系の世界で働いていることも珍しくはありません。

そんな理系の世界で働く女性、理系の世界に進もうと勉強している女性のことを「リケジョ」と言うのです。

皆様もリケジョと言う言葉はどこかで一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

リケジョと言う存在が身近にいるかどうかは分かりませんが、珍しがって取り上げられていたこともあり、何となくその生態について気になるという人もいるようですね。

実はそれほど珍しくもないリケジョという女性ですが、彼女たちにはいったいどのような特徴があり、どのような人がリケジョになるのでしょうか。

話題になることはあるけれど、なかなかその具体的な人が見つからないリケジョについて詳しくまとめてみました。

リケジョとは?どのような人のことを言うの?

リケジョと言う言葉は、以前にマスコミが取り上げていたこともあり、知っている方も多いのではないでしょうか。

リケジョ、リケダンなど最近では色々な言葉がありますよね。

ここではまず、そもそも、リケジョがどのようンものであるのかについてご説明します。

実は分かっていなかったという方は、ぜひここで勉強してみてくださいね。

世間的な意味

リケジョと言うのは、世間一般的な意味では「理系女子」の略となります。

つまり、理系を得意としている女性のことです。

とはいっても、理系教科が得意だというだけではリケジョには少し意味が弱い印象がありますね。

大学以上の教育機関において理系関係の学科に進んでいる人、または、そのまま理系の研究をしている人、もしくは理系教科と密接にかかわる企業に進んで理系の仕事をしている女性のことをリケジョと言うのが一般的なように思えます。

珍しい話ではありますが、文系の強化に進んでいるものの、数式や生物学と関わっているような分野で勉強を勧めている女性は、自分自身のことをどう表現するのか分からないと悩んでいることもあります。

そのため、世間一般的には、一応「理系」と呼ばれる「工学」「理学」「医学」「薬学」などを専攻している女性のことをリケジョと呼んでいると考えられるでしょう。

最もリケジョと言うのは厳密な定義があるような言葉ではありませんから、自分自身がリケジョだと思っていればリケジョですし、それが他の人からも見てそうなのだとすれば、必ずしも自分の専攻などは関係がないようにも思えます。

リケジョがもてはやされていた理由の一つとしては、やはりそういった女性が少ないからということが挙げられるでしょう。

世間一般には少し変わり者と言ったような印象も含んでいるように思えますね。

リケジョとはこんな人!共通する特徴


リケジョはそもそもの数が少ないと言われていますが、そういった女性にはいったいどのような特徴があるのでしょうか。

ここでは、リケジョと呼ばれる人に共通するような特徴についてご紹介します。

最も、リケジョが必ずしもそういった人であるという保証はありませんので、世間一般の「リケジョのプロトタイプ」と考えても良いかもしれません。

周りのリケジョがどのような特徴を持っているのかについて見てみても面白いですよ。

性格は?

リケジョの性格について見てみることにしましょう。

理系を好んでいるということや、理系の社会の中で生きているからこそ、共通しているような特徴を持っている人が多いのです。

世間一般には珍しいと言われている理系の女性には、いったいどのような特徴がるのでしょうか。

1.真面目

リケジョはとても真面目な人が多いですね。

そもそも理系の世界の中で生きて行こうと思ったら、真面目に色々なことに取り組まなければいけません。

そんな世界の中で生きていくことができるのですから、本人のそもそもの資質が真面目だったからということ替えできるでしょう。

2.熱心

リケジョは基本的にとても真面目な人が多いと言われているようですね。

そもそも、理系教科と言うのはふんわりした理解だけで問題を解くことができないものです。

答えをはっきりと求める気質があるからこそ、理系の強化を楽しいと思うことができるのです。

つまり、とても熱心だということもできるかもしれませんね。

あまり女性が多くない世界にわざわざ足を踏み入れようと考えるような人は、その世界に対して熱心でなければできません。

女性であることが不利になりそうな男性優位の世界に足を踏み入れるのはそう簡単なことは出はありませんが、それができるのは、とてもねっしんにまなびたいとおもっているからでしょう。

3.さっぱり気質

リケジョにはさっぱりした気質の人がとても多いようですね。

あまりずっと相手について恨んだり悩んだりすることがありません。

これはリケジョだけではなく、理系の人にはとても多い傾向だと言えるのではないでしょうか。

さっぱりと物事や人に対して向き合っているので、深く付き合わない人間関係の場合には、とても接しやすいでしょう。

あまり人に対してこだわることがないようなあっさりしたところは、逆に対人関係では不利になることもありますが、そのさっぱりした性格が好きで寄ってくると人もいるでしょう。

4.論理的

理系女子は、論理的なところがとても多いように思えます。

論理的に生きているからこそ理系教科が得意であるのか、理系教科を学ぶうちに論理的になって言ったのかということは分かりません。

どちらもが正しいのかもしれません。

とにかく、リケジョにはとても論理的な人が多いように思えます。

女性はどちらかと言うと感情的になる生物だと言われていますが、リケジョは、どこか男性にも近い考え方をしているかもしれませんね。

さっぱりした人間関係などもそういったところが影響しているのかもしれません。

5.討論したい

リケジョは討論好きな人が多いかもしれませんね。

理系教科はどこか一人で行うものだという印象があるかもしれませんが、実は、逆に文系教科の方が一人で行うことが多く、理系の方がブレインストーミングを必要としています。

共同研究なども多くありますし、そういった意味では、色々な人と関わって討論をするのが理系なのです。

そうしたことを気軽にできるのは、そもそも誰かと討論をするのが好きな人が多いいということになるのではないでしょうか。

また、理系の中で暮らしているうちに、討論が生活の中で身に沁みてしまっているという人もいます。

6.個性的で不思議ちゃん

個性的にで不思議ちゃんと言う評価は、外から見ての評価ですね。

リケジョ自身はそういった評価を自分には下していないでしょう。

そもそも、外から見てみると、わざわざ理系の強化を勉強しようとしているところからして、変わっていると思う人が多くいます。

また、人があまり好きにならないような理系教科をわざわざ絵勉強しているところが、不思議に思われるのではないでしょうか。

リケジョが必ずしも不思議ちゃんと言うことはなく、リケジョは最初に述べたとおりに、とても真面目な人が多くいます。

最も、その真面目の方向が、大半の文系にとっては不思議な方向に思えて仕方ないということはあるかもしれません。

7.負けず嫌い

リケジョは、自分の生きていく世界の中ではとても負けず嫌いなところがあるでしょう。

他の人に負けても良いと思っている人は、そもそも競争の多い世界の中では生きていくことができません。

負けず嫌いで人より先に色々なことをしたいと思っている負けん気の強さは、結果を必要とする理系の社会の中ではとても大切な気質だと言えるのではないでしょうか。

しっかりとしたデータが必要な理系社会では、シビアな競争が行われています。

男性にも、女性のライバルにも負けないようにと頑張ることができる女性は、負けず嫌いで気が強いところがあるのではないでしょうか。

そもそも、負けても良いと思っている人は、競争社会の中からは、すぐにドロップアウトしてしまうでしょう。

8.探究心旺盛

リケジョに限らず、研究分野に進もうと考えている人間には当てはまる話かもしれませんが、リケジョはとても探求心があります。

分からないと思っていることをきちんと調べたいという気持ちがあるのです。

その心がなければ、辛いと分かっているような世界にはいていくのは難しいですよね。

理系の世界が必ずしもつらいというわけではありませんが、あまり女性が少ない現状を考えると、女性と言うだけで不利になることがあるかもしれない世界だということは分かります。

9.明確な目標を持っている

リケジョは明確な目標を持っている人も多いですね。

何かを目的として実験行い、それに対して結果を出そうとするという理系の実験の流れを考えると、しっかりとした動機を持って物事を行うことの大切さがわかります。

そうしたところが生活の中でも出てきているのです。

明確で具体的な目標があれば、それに対して頑張ることができるでしょう。

10.冷静な判断ができる

リケジョは、とても冷静な判断ができる可能性が高いですね。

常に色々なことを論理的ンに考えているので、何かがあったときにも、あまり焦ることがないのです。

冷静に色々なことを考えて判断を下すことができるのは、理系の人にはよくあることですね。

自分自身の感情に流されないというところもあるかもしれません。

自分の実験の中でも冷静に色々なことに取り組まなければいけないために、そうした能力が身についているとも考えることができます。

冷静な判断を下しているところは、冷たいと評されてしまうこともありますが、生きていく上ではとてもメリットのある能力ですね。

11.暇な時間がない

理系の社会はとても忙しいと言われています。

結果を必要としているところが多いですから、しっかりと結果を出そうと思うと、どうしてもある時間をすべて使ってしまうということになるのです。

暇な時間がなく、常にそのことばかりを考えて生きている人もいるでしょう。

12.白黒はっきりつけたがる

理系の人に多くあることですが、白黒はっきりつけたがると言う性格であることが多いようです。

理系と言うのはきちんと答えが出る学問です。

文系教科は答えが出ないことの方が多いですが、理系と言うのはきちんと結果を出すことができる学問です。

そのため、「白黒」を求める学問であるともいえるでしょう。

そういったところが普段の生活にも出てきているために、白黒はっきりつけたがるような性格であると人からは言われるのではないでしょうか。

最も、最初からそういう気質であるからこそ、理系教科を得意としているのかもしれませんね。

13.頼れる存在

リケジョは、男性優位の世界の中でしっかりと生きていることになりますから、自然と頼れる存在のようになって言っているところがあるのではないでしょうか。

自分一人の力で、生きにくい社会の中で生きて行っているのですから、どこか意志が強いところもあります。

また、きちんと主張することができる女性が多いですから、そういったところが、他の女性は男性からしてみると頼れる存在のように見えるでしょう。

本人にそう言った意識があるかは分かりませんが、周囲からの視線には気付いているかもしれませんね。

14.一人の時間が必要

リケジョは一人の時間が必要だと考えている人もいます。

これはもちろん文系の人でもそうですが、より、自分の思考の中に没頭したいと思っている人は、理系の方に多いかもしれませんね。

これは、誰かといることが苦痛になるというような意味で貼りません。

一人の時間が必要だと言うだけで、人と生きるということを嫌がっているわけではないのです。

一人の時間を少し取れれば、だいぶ気持ちが落ち着いて、他の人と要ることが嫌ではなくなるという人もいるでしょう。

自分自身と言うものをきちんと持っている人は、一人でいることで自分自身の思考に没頭して、自分の中にある感情や考えをまとめることができます。

リケジョはこうした人間が多いのかもしれません。

外見は?


リケジョはどのような外見をしているのでしょうか。

人のよって異なりますが、理系と言う特殊な環境にいるからこそ、何となく共通してしまう外見の特徴と言者もあります。

その特徴について詳しく見てみることにしましょう。

1.派手は好まない

リケジョはあまり派手は好まない人語多いようですね。

それは、自分の生きている世界の中が何となくどのようなものなのかを把握しているからでしょう。

女性と言うのは、やはり男性よりも華やかな生き物です。

服なども、それほど派手なものではなかったとしても、男性の世界の中に入ると、どこかパッとして見えるはずです。

そんな中で派手な服装をしていると、完全に目立ってしまうでしょう。

目立つのが好きな人は良いかもしれませんが、あまりに派手で目立っていると、悪目立ちになりかねません。

同じように派手な女性がたくさんいれば、どんどん派手な格好もできるようになりますが、周りが男性ばかりの環境の中では、意識的にあまり派手にしないようにしているというリケジョもいます。

2.シンプル

シンプルな服を心がけているリケジョもいるでしょう。

これは上述の通り、派手にしないという特徴から考えられます。

また、実験などを行う際に邪魔にならないようにと言う配慮もあるはずです。

ですが、そこにおしゃれがないという意味ではありません。

シンプルでありながらオシャレな服もありますし、リケジョはそういったところでおしゃれを楽しんでいるのかもしれませんね。

少し見てみると、リケジョがシンプルな中でおしゃれをしているのが分かるかもしれません。

3.ネイルもしない

理系の女性の中ではネイルをしない人は多くいるようですね。

これは、手先を使う作業が多いためです。

例えばリガク関係などでは薬品を扱いますし、薬学関係でも同様です。

文系のように文献資料を読んだりすることは少ないかもしれませんが、その分だけ実験を行うことが多い理系では、手先のオシャレに気を遣っていられないという特徴を持っている人が多くいます。

手先におしゃれをしていてもどうしようもないということ以上に、おしゃれをしていることで不便になってしまう可能性があるというのが大きいですね。

最も、爪のケアなど、派手ではないオシャレや美容を楽しんでいるリケジョはいるのではないでしょうか。

あくまで、派手なネイルをしている人は少ないという意味でとらえてください。

4.ちょっと地味

リケジョが普通の社会の中に入っていくと、少し地味だという印象になるのではないでしょうか。

男性ばかりの社会の中ではある程度シンプルな服装をしていても、女性と言うだけで目立ちます。

ですが、その社会の中で目立たないように過ごしていると、普通の社会の中に入ってしまうと、若干地味な印象になってしまうかもしれません。

そのため、とてもリケジョが地味な印象を持ってしまっている人も多いのです。

ですが、リケジョが地味好みと言うよりも、何となく気後れして派手なものを着れなくなってしまっていると考えると、リケジョの気持ちの分かるのではないでしょうか。

5.黒髪

黒髪が多いというのは、派手さを好まないというような特徴を共通しているかもしれません。

実験などをしているときには髪が邪魔臭いので、束ねているリケジョが多いものです。

そのため、あまり髪を派手にしていたところで、どうせ地味になってしまうということから、染めないようにしている人も多いのです。

最も、これは個人の趣味の範囲ですから、その限りではありません。

ただ、薬品を扱う際に髪を「ゆるふわパーマ」にしていても意味がないというところから、仕事中は特にヘアスタイルがシンプルだという女性は多いようです。

リケジョの恋愛

リケジョと言うと何となく冷静で頭が良いようなイメージがありますが、それでは、リケジョはいったいどのような恋愛をするのでしょうか。

もちろん、これも人によってさまざまと言うのが正確な答えでしょう。

リケジョとはいっても肉食系の女性もいれば、草食系の女性もいます。

ですが、その中でもいくつか共通しているであろう恋愛の特徴について調べてみました。

1.とにかく真面目

とにかく真面目に物事を勧めようとするのがリケジョの恋愛の特徴でしょうか。

何となくの感情よりは、理論的な考え方を優先する人が多いですから、そういった傾向の恋愛をすることもあるのです。

最も、理系の女性の中でも適当な人間はいますから、必ずしもそうであるとは限りません。

ですが、男性が優位になっている理系の世界で身を立てて行こうとしている女性はとても強いのです。

人一倍真面目に取り組んでいなければ潰されるという想いがあればこその、真面目と言う特徴があるので、それが生活にも影響している可能性はありますね。

とにかく真面目に生きているというところが、恋愛にも影響を及ぼす可能性は大きいでしょう。

2.多くの経験はない

リケジョの場合には、あまり多くの経験はないという人が多いかもしれません。

理系の世界で生きて行こうという強い意志を持っており、あまり恋愛には興味がなかったという人もいるからです。

最も、これに関しては、リケジョの一部を示しているだけとしか言えません。

リケジョでも普通に恋愛をする人はいますし、恋愛に対しての興味関心は人によるとしか言えないからです。

ですが、自分の生きている環境を考えたときに、つい、恋愛から遠ざかってしまい、それ以来恋愛経験がないために多くの経験があるわけではない、と言う女性は少なからずいるかもしれませんね。

その「恋愛から遠ざかってしまった理由」として考えられるものを下記に挙げます。

3.突き詰める前のリケジョにはモテ期もある

突き詰めてお宅の道を歩いているリケジョが恋愛の機会が多いかどうかは分かりません。

そもそも、リケジョと言っても生きている世界がとても広いので、出会いが多ければ恋愛の機会もあるでしょう。

ですが、リケジョにモテ期と言者が訪れる時期もあります。

それは、大学に入ったばかりのころです。

そもそも、理系女子と言うのは少ないですから同じ学科の中に女性が数えるほどということもあるでしょう。

そんな中であれば、自然とモテ期のようになってしまってもおかしくありません。

ただし、その狭いコミュニティの中で恋愛を繰り返すのは気が引けて、思わず恋愛から遠ざかってしまったという女性も少なくないのではないでしょうか。

男性優位の世界の中では、あまり恋愛で馬鹿なことをしていると、それだけで足を取られることになると考えている人もいたかもしれませんね。

4.理解できない世界観も…

リケジョは、その世界にどっぷりと足を入れている場合には、少し変わっていると思える特徴を持っているかもしれません。

つまり、自分の研究分野や勉強分野に対してはオタクなのです。

これは理系の男性にも言えることですよね。

その世界をしっかり作ってしまっているので、スイッチが入ると、つい語ってしまうようなリケジョも多いのではないでしょうか。

その背化の中で生きていくにはおかしなことはないのですが、他の分野に生きている人からしてみると、少し変わっていると思ってしまう特徴かもしれませんね。

できる限りスイッチを入れないようにして恋愛をするようにすれば、あまり他の女性との変わったところはないでしょう。

ただし、どこにスイッチがあるかは分からないということが多そうです。

5.理論詰めなところは男性と似ている?

リケジョは、その生活の中で理論的に考える癖がついてしまっています。

これは、自分の勉強している範囲がそうであるからこそ、思わず理論的に考える癖がついてしまっているのです。

もしくは、そういった気質があるからこそ、リケジョと呼ばれる分野で楽しくやって行けているのかもしれません。

こうした理論詰めなところは、恋愛においても現れることがあるでしょう。

人間関係もどこか理論詰めなところが出てきてしまい、相手にとっては感情的に理解してほしいところで、理解してくれないもどかしさを感じる人でもあります。

こうした理論詰めな恋愛と言うのは、男性の恋愛のスタイルと少し似ているところがありますね。

理論詰めなところ、論理的に説明しないと納得してくれないところは、文系の女性と付き合っていると期とは異なる連亜の進め方を必要とするかもしれません。

6.あっさりしすぎていてフラれることも

リケジョはどこかあっさりした恋愛をする人が多いようです。

それは、理詰めで色々考えているところからそう言えるのでしょう。

また、理系の女性と言うのはとても忙しいことが多いですから、そんな中で恋愛に咲くことができるエネルギーの量のことを考えると、あまり恋愛に熱をかけられないということがあるのではないでしょうか。

そのため、恋愛が始まったとしても、どこかあっさりしており、それが原因で冷たいと言われて別れてしまうということも少なくはないようです。

7.恋愛に頼らない人生観を持っている人も

リケジョの中には恋愛に頼らない人生観を持っている人も少なくないでしょう。

それは、特に理系の世界の中にどっぷり浸って生きている人に考えられることです。

一部の研究職を除いては、理系関係の仕事はそれなりに儲かるものが多いです。

そのため、自分一人を養うのは簡単だと思う女性が少なくないでしょう。

まして、男性がとても優位な世界の中では、少しのことで足を取られてしまう可能性があります。

恋愛や結婚によって時間を取られてしまうのが惜しいと考える人も少なくありません。

どうしても女性には結婚や出産と言ったライフイベントへのロスタイムを考える必要が出てきます。

男性が優位の世界の中で、そうしたライフイベントに時間を割くことがどう見られうのか?また、プライベートでのそういった充実が仕事にどのような影響を与えるのか?

ということを考えた場合に、本当に仕事が好きだという方は、最初から恋愛をしないという選択肢を持っているように思えます。

リケジョはリケジョをどうとらえる?

一時期、リケジョはマスコミで取り上げられて話題となりました。

女性が理系分野で活躍するということが珍しい風潮があったため、リケジョと言うのがどのような存在なのか、そうしたブームによって世間一般に広く生き渡りました。

このことに感謝しているリケジョもいます。

リケジョと言うのは家族にも理解を得られなかったという人もいるため、ブームが来て話題になってくれれば、自分がリケジョであるということが家族から認められやすいと考える人もいたのです。

また、そうした話題の中で活躍しているリケジョを見ることで、先を不安に思っていたリケジョが励みになるということもあったようです。

ところが、研究の世界の中でリケジョが起こしてしまった問題もありますし、やはりリケジョの数が少ないという事実は変えようがありません。

そんな中で、女性だからと言って「リケジョ」と言って存在を珍しがられるのは嫌だという人も出てきています。

また、物珍しく見られるということこそが、理系の世界の中で女性が働きにくいことを表しているようだと考えることもできますよね。

リケジョであるからと言って、トンデモな特徴を持っていると思われるのも困ると感じている人もいるでしょう。

たまたま自分の興味範囲が理系だったからと言うだけで注目されている人にとっては迷惑なのかもしれません。

リケジョにとっては、自分自身を「リケジョというだけで」誇りに思っていることはないでしょう。

その点で言うと、リケジョをあまり特別なもののように扱って、その特徴が当てはまると思って見ていると、それが相手にとっては迷惑だということもあるかもしれないと考えておいた方が良いのかもしれません。

とにかく不思議ちゃん!リケジョははまったら止まらない!

いかがでしたか?

女性に限った話で貼りませんが、理系の人間には少し変わった人がいるように感じることもありますよね。

最も、理系の人間から見ると、文系の人の考え方は変わっているように思えるかもしれません。

ですが、そこで理解を諦める必要はありません。

自分にないものを持っている人だとして、リケジョとも深くかかわってみると良いのではないでしょうか。

理系だからこその考え方をしているリケジョには、色々なことを教わることができるでしょう。

また、色々な刺激をもらうこともできるのではないでしょうか。

最初は相手が不思議に思えるかもしれませんが、それは人間関係を築く上で邪魔になる要素ではありません。

リケジョと呼ばれる人との交流が、新しい世界観を作ってくれるかもしれませんね。