CoCoSiA(ココシア)

仕事のミスが起きてしまう9個の原因と対策集

仕事のミスをすると怒られてしまい、モチベーションも下がりますよね。

仕事のミスに気づいたときのヒヤッとした気分は、二度と味わいたくないと考えている人も多いのではないでしょうか。

あまりミスを繰り返すと信頼を損なう可能性もありますから、常にミスをしないように気を付けていなければなりません。

ですが、だからと言って簡単にミスをなくすことはできないでしょう。

どれだけ気を付けていても、人間はミスをしてしまう生き物だからです。

ただし、あまりにも多い仕事のミスは、自分の仕事の方法を間違っている可能性があります。

少し仕事の仕方を変えるだけで、仕事のミスが減るかもしれません。

では、仕事におけるミスを減らすためには、具体的にどのようなことをすれば良いのでしょうか。

ミスを繰り返さないためにも、気を付けるべき仕事のコツについて詳しくご紹介します。

この記事の目次

目的を理解していない

仕事でミスをする方は、仕事の目的を理解していないことが多いのではないでしょうか。

仕事は自分自身を養うために行うものでもありますが、しっかりと責任をもって会社に貢献するという目的も含まれています。

遊び感覚で行うものではないので、ミスを繰り返してはいけないのです。

ミスをする人は、自分自身を慰めて終わるのではなく、きちんとミスを分析して、ミスをしないためにどうすれば良いのか考えなおしてみましょう。

以下に、仕事でミスが起こる原因や対策方法を記しました。

自分がどのタイプに当てはまるのか、どういった原因でミスをしてしまうのか、確認してみましょう。

1.仕事の内容を理解していない

ミスがないように仕事の内容を聞く

仕事でミスを繰り返してしまっているときには、仕事の内容をきちんと理解してないという可能性があります。

仕事の内容が分かっていなければ、ミスをしてしまうのは当たり前です。

仕事内容を理解せずに仕事をするなどありえないと考える方がいるかもしれませんが、

ミスを多く繰り返してしまう人の場合には、仕事内容を理解していないというのはそう珍しいことでもありません。

知ったかぶりになっている

仕事内容を理解せずに仕事をする人は、知ったかぶりになってしまっている可能性があります。

思い込みが激しいタイプであるということができるかもしれません。

業務に対して間違った知識を持ってしまっているので、自分が間違ったことをしてしまっているということに気づかないのです。

自信過剰なタイプですと、こういったことが良くあります。

間違っていることに気づいていないので、必ずミスを犯すのですが、その原因が分かっていないということになるのです。

こういったタイプの人は、周囲から間違っていることを忠告されても聞き入れないということもあります。

自覚がある人は、周囲の忠告はきちんと聞くようにした方が良いでしょう。

また、思い込みでミスをしたことがある方は、知ったかぶりをやめて正しい業務の知識を突けるようにしてください。

または、本当はよく分かっていないのに、聞き返すことができずに適当に仕事を行ってしまう人もいます。

入ったばかりの新入社員や、まだ新人と呼ばれる年代の人にはありがちなミスです。

分からないと言って聞くこともできず、一度教わったことをもう一度聞くのが嫌で自分流のやり方を通してしまい、結局はミスを犯してしまうというパターンですね。

分かっていないことを聞くのは恥ではない

分かっていないことを分からないというのが恥ずかしいという風潮もありますが、それは違います。

分からないことは分からないままにせず、しっかりと聞き返してくれた方が、上司も先輩も嬉しいのです。

確かに、メモも取らずに指示を聞いて忘れてしまったのなら、それは問題かもしれません。

ですが、きちんとメモを取って最大限のことはしていたのに、分からなくなってしまったのなら、そのときにはきちんと聞いた方が良いでしょう。

説明を受けているときでも同様に、きちんと分からないことはその場で質問する勇気を持ちましょう。

分からないことを分からないままにしておくことは、後からの大きなミスにつながってしまいます。

分からないことを聞くのが恥なのではなく、分からないことを分からないままにすることでミスを犯してしまうことが恥だと思いましょう。

2.チャットやメールなどに気を取られて注意力が低下しがち

注意力低下で仕事にミス
仕事をしていると、チャットやメールを多く利用することもあるでしょう。

毎日、色々な連絡がある度に業務内容が変わって、それについていくのが大変だという方も多いはずです。

メールやチャットに気を取られて、つい、目の前の仕事に対して気もそぞろな状態になってしまっているという人もいるのではないでしょうか。

他のことに気を取られているときには、満足に仕事をすることなどできるはずがありません。

注意力が低下してしまった状態ではミスを連発してしまうこともあるでしょう。

ワーキングメモリ不足は集中で解決!