あるテレビ番組の中で、日本人のイグ・ノーベル賞(人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究へ送られるノーベル賞のパロディー)研究について紹介をしていました。

それは生物学の分野で、とんでもない雌が見つかった、というのものです。

哺乳類ではなく昆虫なのですが、確かに雌雄の概念をひっくり返す大発見です。

それは「トリカエチャタテムシ」といい、なんと雌がペニスを持っているのです。

それを雄に挿入して精子を受け取ります。

しかもそのとき70時間も雄に抱きついて離さない、という恐ろしい雌です。

目的のために手段は選ばず、といったところでしょうか。

この例は極端にしても雄雌の役割は、おのおのの生物種によって千差万別です。

また時間とともに変化していくものでもあります。

人間以外の種のは、突然変異によるところ大ですが、人間界では社会的な影響も大きく受けます。

世界にはまだいろいろな男女関係のパターンが残っています。

現代日本では、経済的に豊かになるにしたがい、雌雄の関係が冷え冷えとしてきたようにも見えます。

生物界の中では、不思議な関係となりつつあります。

日本は世界に先駆けて、トリカエチャタテムシ化へ向かうのでしょうか。

今回は男と女の違いを7個のポイントで解説していきます。

男女は分かり合えない?男と女の違いとは?

男性が女性から派生した「第二の性」であることは、間違いありません。

それは種の間の多様性を確保することによって、生存競争を生き抜くための、大きな戦略として始まりました。

男性はぶっちゃけて言えば、精子の運び屋として生まれたのでした。

創造者によって、割り振られている役割は決定的に違っています。

もう一つ人間の雄には食料の調達、ハンターとしての役割も付与されました。

雌雄に分かれている生物種では、同じということはあり得ません。

その中で人間は、比較的性差の少ない生活を送っている種族の一つではないでしょうか。

例えば生殖、子育てが終わってからも一緒に過ごすというのは、他に例をみません。

生物界では実に仲の良い種族と言えないこともありません。

結局人間男女の行き違いとは、仲が良いゆえの反発ということなのでしょうか。

男性、女性の特徴を知ろう

先日また別の民放のテレビ番組で、男女の能力差について、面白い特集していました。

記憶力など全般的に女性の方が能力は高いという結果でした。

男性の方がすぐれていたのは、立体的に物事をとらえる感覚くらいです。

しかしここは重要な点で、男性のハンターとしての遺伝子に依っているのは間違いありません。

もう一つ印象深かったのは、味覚は女性の方が優れている。

しかしプロの料理人には男性の方が向いているという点でした。

その理由は、女性は生理のリズムによって、味覚が変わってしまい、高いレベルで同じ味の料理を、提供し続けることができないということでした。

ここには男女の特徴がよく表れています。

まず男性が女性より優れている項目は、実は1つしかないこと。

女性はほとんどの点ですぐれているが、生理のリズムにより、それらの能力はさまざまな制約を受けている、ということの2つがポイントです。

男性


男性にはどこを探しても、ハンティングの能力以外に、優れたところは見当たりません。

その能力を磨くため筋肉の力、特に瞬発力を集中的に発達させました。

今でも男と女では、生来持っているスピードと力は違います。

したがって脳力に少し問題のある男性は、ときとして大変なことをしでかしてしまいます。

獲物がとれないというだけでは済みません。

その強い筋力をコントロールできず、周囲に大迷惑をかけてしまうことが多いのです。

古今東西の歴史を通じて、最も殺人犯の多いのは、20代男性と決まっています。

下手に刺激をすることは禁物です。

うまくストレス発散させてやらなければなりません。

上手に遊んでガス抜きすることは、決定的に重要なのです。

単純

若く成熟していない男性は、単純な力比べで優劣が決まると思いがちです。

ハンター時代の遺伝子は、今でも男性にそう働きかけてきます。

そしてときどきそれは、思わぬ形で発現します。

その争いはとても単純で、まったく幼稚な内容でしかないこともしばしばです。

しかし、肉体労働から解放された男性にとって、遺伝子プログラムに残されている大事な儀式の一つです。

はた目には単純でも、当人は真剣なのです。

ここでそれらを小馬鹿にするような行為は禁物です。

話は真面目に聞いてあげましょう。

勝負心がある

何かに決着をつけようとする勝負心は、男性によるもっとも手っ取り早い自己表現の方法です。

個人的成功にとっては、最も大事な資質の一つです。

闘争心を失くした昨今の草食男子には、適度にくすぐるなどして、刺激してあげたほうがよいくらいでしょう。

しかし度を超えると、すぐにギャンブル依存症にまで突き進んでしまいます。

こういうとき、男性は単純だから困ります。

周囲による見守りが一番です。

一つのことしかできない

男性は、特に若いころは、情緒不安定です。

人間集団の中では、たとえそれが親しい身内ともいえる範囲内でも、落ち着いていられないことが多いのです。

そのため何か自分の世界に集中したいという欲求を常に持っています。

しかし、大体において不器用な表現しかできないため、誤解を招きがちです。

いずれにしても男性は一つに集中する場面が多いと思います。

そういうゾーンに入っているときは、うかつな批評などしないよう気を付けましょう。

自閉症になりやすい

男性は見た目とは違い、生命力には女性ほど恵まれていません。

その精神も極めて傷めやすいものです。

実際のデータもそれを証明しています。

アメリカで2012年に発表された報告書によると、女児の自閉症の人数は189人に1人の割合に対し、男児は42人に1人の割合なっており、女児よりも男児の方が4倍多いということです。

日本には詳しいデータはないようですが、傾向は同じで、間違いありません。

人よりものに興味がある

男性には、物言わぬ相手に熱中する傾向が確かにあります。

コレクションやテレビゲームなど生身の人間が関わらない趣味に夢中になるのは、男の方が多いでしょう。

人間が関わらなければ、ウソ偽り、裏切りなどに悩む必要はありません。

まして女性のリズムに振り回されるリスクも避けられます。

ものに没頭しているぶんには、面倒に巻き込まれることはありません。

心の平静を保てます。

女性


小学校の高学年から中学生にかけて、女子の体は大きく変化します。

男子よりさきに身体も心も大人となり、運命と向い合うことになります。

ここで男性より先に、人生を生き抜く決意を固めます。

そして精神的な成熟度では、ここからグッと先行していきます。

優位に立ち続けると言ってよいでしょう。

手腕にすぐれた女性は、このときのアドバンテージを終始保つわけです。

感情や直感で動く

女性は直観に優れているとは、結構強引に作られたイメージであるように思います。

創作とくに映像作品の影響が強いのではないでしょうか。

実際には、直観の働かない女性も多くいるからです。

占いなどを重視する女性が多いのはその証拠でしょう。

作られた“女の直感”神話に惑わされず、男性は冷静な対応を心がけましょう。

女性が占いに頼っているときは、主導権を取り戻すチャンスです。

ただし占いによって別れを切り出されることもありそうです。

基本わがまま

女性は生来持っている生理のリズムに忠実に生きているのでしょう。

男性には、感情のおもむくままに生きているように見えますす。

品の良い女性は、それを理性で押さえているようです。

ここで無理をしているように見えない、さりげない女性こそ、真の美しさを備えているといえます。

清涼感を感じますね。

色欲とは別次元の高みで、こういう女性に出会いたいものです。

細かい観察力がある

人をやり込めようとするときの女性の観察力は、すさまじいものがあります。

能力のケタが上がります。

ただしひどく鈍感なときもあります。

このときは何も見えていないような感じです。

例のリズムのせいでしょうか、一定していません。

都合のいいように使い分けているとしか思えないときさえあります。

しかし、男性がそこまで気を回していると、女性はしゃくにさわるのでしょうね。

余計な指摘はしないようにしておきましょう。

ベストを求める

女性がベスト求めることは、欲張りであることの証でもあります。

何もかも手にいれてやる、という気迫を感じます。

この気迫は、人体でいうと細胞に当たります。

ここから、分裂、増殖を繰り返し、発展していきます。

家庭と社会が発展していく基礎となります。

女の夢を達成するため、男たちが働かされている、という一面が見えます。

人間関係を重視する

女性の人間関係は、狭く深く、そして好き嫌いが優先するのが特徴です。

最近の女性議員の醜聞を見ていると、やはり自分優先で、狭い人間関係で頭がいっぱいなののだなあ、という感しを強く受けます。

人品骨柄に優れているようには、とても見えません。

全国民に適用される法律を作るために選ばれたのだ、という自覚は本当にあるのでしょうか。

国会議員のレベルでは、一般社会より先に、男女の公平が達成されたということなのかも知れません。

男と女の違いを7個のポイントで解説します

以下、現代的な視点で男女の違いを、もう一度見てみることにしましょう。

男は競い合う、女は協力し合う

男性はこれまで見てきたように、ハンターとしても子孫を得るためにも、競い合うようにプログラムされています。

哺乳類の大勢に素直に従っているといってもよいでしょう。

人間の女性も他の哺乳類同様にパートナーを選ぶ側に位置していました。

そのため、ある程度どっしりかまえていることができました。

女同士でひどく対立するような必要はなかったのです。

しかし豊かになるとともに、この前提は崩れ始めました。

男性の遺伝子が変異したのでしょうか、女性にあまり寄って行かなくなってしまったのです。

有職女性が増え、自立の進んだことの影響は、もちろん大きいでしょう。

一方で情けない息子を育てた親世代、特に母親にも問題があります。

先進国では、フランスの出生率が上昇に転じたそうです。

問題は解決可能だからこそ、問題なのです。

ここは男女が協力し合って、フランスを目指したいところです。

男は仕事を、女は人間関係を大切にする

男性は子供を生めないため、自分が生きていることの実感を他の事に求めるようになります。

昔、司馬遼太郎のエッセイにこういうことが書いてありました。

彼は定期的に仲間との会合を持っていたそうです。

当然、自分のビジョンを持った知的な人たちばかりです。

ところが誰が連れてきたのか、子供の自慢をするばかりで、創造的な話ができない人が来ていました。

その人は二度と呼ばれることはありませんでした。

会の目的は、知的な刺激を与えあう機会を作ることです。

子供の自慢しかできない男の来るところではなかったのです。

これは気取った文化人の集まりだから、という特殊なケースではありません。

男性には、家庭以外での存在価値の確認が必要なのです。

それを探してフラフラしていることも多いのです。

一方女性は、人間関係を大切にしますが、それはごく近い身内といっていい範囲に限られます。

まして結婚すると、さらに狭くなりがちです。

政治、経済のトピックにも、できる関心を向けるようにしましょう。

男はストレスで黙り、女はストレスで話す

男はストレスで黙る、というのは極めて日本的な在り方のような気がしてなりません。

筆者がビジネスで対してきた、儒教圏の中国人や韓国人男性は、ストレスを弾き飛ばそうとして、しゃべりまくります。

例えば今もっともストレスを感じている儒教圏の男性と思われるのは、北朝鮮の金正恩でしょう。

しゃべりまくり、食べまくっているのでしょう。

一体どこまで太るのでしょうか。

何しろ今度の相手は、本当に攻めて来ないとも限りません。

脅しとはったりがこれまでのように機能しません。

弱みを見せれば、取り巻き連中は平気で裏切ります。

どう収拾すればよいかわからす、恐ろしくて夜も眠れないのではないでしょうか。

それでも多弁、大食になる男性もいるということを押さえておきましょう。

日本にもいると思うからです。

男は一夫多妻、女は一夫一妻

男は精子の運び屋として創造され、遺伝子の多様性を確保するという使命を負っています。

したがってもともとできるだけ広範囲に運ぶようプログラムされている、と考えられます。

遠くとは広範囲ということでもあります。

実際にこの広範囲ばらまき指向が強い男性もいます。

近代以前は、世界の各地で、日本でも西日本の一部では、「夜這い」が盛んだったそうです。

独身男性は、独身女性の部屋に忍びこ込みます。

女性は迎え入れる、拒否する、どちらでも選べます。

とうぜんモテ女には人気が集中します。

その結果、妊娠した場合、女性は父親を指名することができます。

身に覚えのある男性は指名を拒否することはできないそうです。

これも近親相姦となりやすい閉ざされた地域社会の、種族を守る知恵の一つだったのでしょう。

世間的に、プレイボーイ、浮気者と呼ばれる連中は、オリジナルの遺伝子プログラムに忠実ななだけ、なのかも知れません。

男は行動、女は言葉

男は行動をj重視しますが、女性は言葉を重視しているのでしょうか。

少なくとも内容は重視していないようです。

内容が豊かとはとても思えません。

言葉を交わすこと自体が目的化しています。

コミュニケーション能力の発露ということです。

それがまたリズムによる支配を受け、ちょくちょく感情的になります。

そして根拠のない怒りが身近な男性に向けられます。

これはたまったものではありません。

男は単純、女は深い

男性はいろいろなタイプに分かれ、バラエティに富んでいます。

ストイックな宗教的情熱を燃やすものから、性本能に忠実なものまでさまざまです。

しかしいずれのポジションに位置していても、単純な思考であることは共通しています。

複雑に見える男は、育ちの悪いことが多く、あまりおすすめできません。

これに対し女は、自分のポジションに深く根をはろうとします。

したがって引っ越し好きは男性の方が多いだろうと思いネットを調べていると、男2回、女3回という答えが一番多かったそうです。

これは意外でした。

女性の行動力はなかなかあなどれないものです。

ただし10回以上という人は、男の方が女の2倍でした。

男は自立を求め、女は帰属を好む

男は考えることが多くあります。

歴史時代以前のハンターとして作戦を考えてきた遺伝子が残っています。

そして家族、一族の指針、生き残り戦略も、男が中心となって立案してきました。

そういう父親や祖父を見てきた男の子にとって、やがて自立して一家を構える、ということは、避けることでも負担でもなく、当たり前のことでした。

現代ではすっかり様変わりし、熟慮の上に選択して決めることが普通になりました。

女性の側は、社会的な活動の広がりは別にして、実はあまり変わっていないのではないでしょうか。

帰属集団を求める欲求などはとくにそうでしょう。

男と女の大きな違いはここ

女性は、子宮という大きな痛みに耐える強い臓器を持っています。

そしてそれは脳とは別のシステムでリズムを打っています。

これがゾーンに入ってしまうと、手がつけられず、男性は白旗を上げるしかありません。

そして男性にはこれを持っていないことで、理解が及びません。

これこそ男女の最大の違いでしょう。

男女間に起こる、すべての行き違いは、ここから発しています。

体型

男性は大きく肩幅が広い骨格を持ち、筋肉量も豊富です。

思春期には変声し、ひげが生えます。

女性は骨格が小さく。

くびれたウエスト、大きなヒップを持っています。

性器以外でもっとも異なるのは乳房で、大きな乳輪と乳首を持っています。

この差は初潮年齢の前後2年間くらいに、集中的に表れてきます。

男性的、女性的という表現は、これ以降の描写になります。

脳の作り

女性は、右脳と左脳を繋ぐ神経の束であるの脳梁という部分が大きいそうです。

多くの情報をやり取りできるため、周囲の状況や相手の表情などを感じ取ることができ、複数の物事を同時に行えるということのようです。

これに対し男性は、空間の認識能力にすぐれています。

ハンターとして過ごしていたころの名残りで、これは何度も強調していることですが、男性の持つ唯一のアドバンテージです。

仕事

男性にとって仕事とは、何でしょうか。

生きるための手段に過ぎず、苦痛に満ちたものになっている人がいる一方、完全に生きがいと化している人もいます。

後者の場合には、仕事は大事な自己表現の場です。

神聖なものと化している場合さえあります。

女性は、男性の仕事に対するスタンスをよく見極めましょう。

バランスが取れていないと感じたら、矯正するように働きかけましょう。

それにまったく聞く耳を持たないような男なら、一から考え直すべきです。

家庭のありかた

家庭の在り方は、ここ半世紀ほどで急速に多様化しています。

一概に男性の役割はこう、女性はこう、などと言い出せば、時代錯誤とでも捉えられかねません。

しかし男性には、口には出さないにしても、旧来の役割のほうが心地よいようです。

出世や、ノーベル賞など少年の夢がついえた後は、家族を養っているという気位が、心の支えとなるからです。

ここまで否定されると、男性はつぶれてしまいかねません。

新しい家庭の在り方を考える上でも、必ず押さえておきたいポイントです。

恋愛観

これは恋愛サイトの世界では、一番大きなテーマの一つになっています。

その中から個人的に最も重要と思ったものを、紹介することにします。

男は瞬間的にピークに達する電子レンジ型、見た目の一瞬の判断で入ってしまう。

ひとめぼれしやすいのです。

これに対して、女は時間をかけてピークにもっていく、という対比がありました。

OKまで時間がかかるのです。

これは当たっています。

たしかに男女間で、タイミングが合わないことはしばしば起こります。

したがって女性がピークレベルに上がるころは、男性にはもう受け入れがたくなっていることが、しばしばあります。

関心は新しい対象に向かっています。

筆者が20代のころ、おくれてヒートアップした女性の相談に乗ったことがあります。

相手は筆者の友人です。

しかしだめなことは明らかでした。

女性の方が周回遅れで燃え上がってしまったのです。

男女を理解することで分かり合える!(まとめ)

男が女を理解するポイントは、女が生理のリズムを持っていて、ときにそれに苦しんでいることに留意することです。

女が男を理解するポイントは、男のさびしさに思いを巡らせることです。

これらのポイントにときどき立ち戻ってみれば、無用の誤解が積み重なっていくことは、なくなるのではないかと思っています。

最近テレビを見ていても、男女差に言及することには、及び腰になっているような気がします。

タブー視され、進歩的ではない、ということなのでしょうか。

しかし幸せな人生を送るためには、この差を認識し、思いやり、理解を深めることが、絶対に必要だと思います。

あなたはそうは思いませんか?