人間の雄は元々、ハンターという本質を持っているのです。

実際に狩猟に出ていた先史時代に比べ、農業革命や産業革命を経て、ずいぶん男性も楽になりました。

現代になると、スピードと体力勝負によるつらい生産は減り、男女が同じように工場やオフィスで働くケースが増えたからです。

ところが現代になって表れた役割の変化の中には、意に沿わない変化もたくさんあります。

現代の男性は、大変ストレスフルな状況に置かれているのは間違いありません。

その点では同情に値すると言えます。

つまり21世紀における人間の雄とは、ハンターとしての地位が低下しています。

または現代のすさまじい変化に耐えきれず、退化してしまった、と言い変えていいのかも知れません。

ハンターのたくましさは消えてしまった。

しかし自分はそれに気付いていない。

雄としての魅力を欠いている上、プレッシャーにはからきし弱く、親の世代以上に威張り散らす。

現代における勘違い男の本質とは、この辺りを探ればわかりそうです。

そしてこれは、めんどくさい男の典型的な在り方でもあると思うのですが、実際のところは、どうなのでしょうか。

今回は、そんなめんどくさい男の16個の特徴と対応方法についてご紹介します。

本当に対応に困るめんどくさい男

このような男の増える状況を招いたのは、男性側、とくに本人の責任とばかりは言えないと思っています。

このところの現代社会の変化は、むしろ女性が主導権を取って動かしてきたからです。

草食男子などと呼ばれ、パワー不足を指摘される昨今の男性たちは、その母親世代がそう望んで作られた、丹精込めた作品といってもいいのではないでしょうか。

そのため今の若い女性がパートナー探しに、母親世代以上に苦労させられている、ということになってしまったようです。

めんどくさい男とは、おそらく父親の関与が少なかった家庭に育った、母親を主な作家とする作品です。

未完成というならまだしも、粗悪品となっているケースが多くて困るのです。

彼氏だったらマジでうざい

そうした少々粗悪な造りの男たちには、年齢相応の社会的な装いは、身に付いていません。

居心地のよい犬小屋からでてきたばかりの、小犬のような存在なのかも知れません。

見知らぬ状況に遭遇すると、キャンキャン吠えかかります。

社会の荒波の中でしっかりやっていける自信もなければ、自分が何者なのかの確信もありません。

これでは彼氏であろうとなかろうと、そばにいるだけでうざい存在といえるでしょう。

【うざい彼氏については、こちらの記事もチェック!】

めんどくさい男にはどうしたらいいの?

めんどくさい男とは、一般的には指針を欠いている男といえます。

母親に猫かわいがりされるだけで、父親の背中や、あこがれの兄貴分などの存在とはおそらく無縁だったのでしょう。

さらに新興住宅地や団地などで育った人は、周囲も同じようなサラリーマン家庭ばかりです。

多様性を著しく欠いていています。

こういう環境下では、目指すべきイメージがはっきり描けません。

どうしたらいいのか、わからないまま育つ可能性が高いのです。

めんどくさい男に対する場合、そのあたりの個人的な背景が理解できるかどうかは、重要なポイントになります。

こういう育ちなら仕方がないかな、と腑に落ちるかどうかです。

納得がいった上で、将来性や改善可能性を感じるとしたら、サポートしてあげましょう。

そういうときは、粘り強く付き合ってあげてください。

何も感じなければ、さっぱりスルーしてしまいましょう。

まずは特徴をおさえよう

めんどくさい男の特徴の一つは、荒削りで未完成なことです。

家庭で学んでおくべきことを、うまく学べていなかったからでしょう。

未完成な建築をイメージするとわかりやすいのではないでしょうか。

雨漏りしたり、風がびゅうびゅう入り込むくらいならまだしも、柱がかたむいていたり、土台さえ腐食しているかも知れません。

基礎の部分から不具合を調べてみましょう。

さまざまな原因が考えられます。

しかし大切なことは、ちゃんと修理すれば、しっかりした屋敷になる可能性があるかどうかです。

まず問題の所在を探すことから始めましょう。

めんどくさい男の16個の特徴

めんどくさい男は、だいたいは底の浅いか、底の割れてしまった人たちが多いものです。

そのような連中には、目で見てすぐにわかる特徴がいくつもあります。

以下、一つ一つ挙げてみましょう。

高すぎるプライド

プライドとは、自分と他人との比較において、沸き上がってくるものです。

他人とは無関係に、自分をしっかり保とうとする自尊心とは、似て非なるものです。

そしてプライドが高いという場合、他人との比較で自信がないという場合が非常に多いのです。

それを見透かされないように、身を固くしているということなのだと思います。

いつもぎこちなく見えます。

あまり他人との比較にばかり熱心になっていてはいけません。

プライドの高さは、ときに客観的な見方を曇らせてしまい、判断を誤る元になるからです。

言い方が回りくどい

めんどくさい男たちは、だいたい言い方が回りくどいものと決まっています。

その原因は、物事の本質を常に外している、表現方法が稚拙すぎる、ただかまってほしいだけ、などいろいろ考えられます。

もしくはもともと意味がない言葉を羅列することしかできないのでしょう。

最近は老若男女を問わず、後者のように、何を言っているのかわからない、同じところをぐるぐる回っている人の増えた印象があります。

表現力不足は、現代的な傾向なのかも知れません。

自己顕示欲が高い

めんどくさい男には、大した実力を伴っていないことが多いものです。

それ故に、たまに成果を得たときなどには、ひけらかさずにはいられなくなります。

ただしそういう弾んだ気持ちを、うまく自尊心に転用することができれば、自己顕示欲も、プラスにも働くことは十分あり得ます。

それができそうもないのなら、自己顕示をするにしても控えめ、短かめの表現で済ませておきましょう。

嫌われない範囲にとどめておいた方が身のためです。

過剰な自己顕示は、嫌悪感を呼び起こします。

うるさい

めんどくさい男は、気の許せる身内の範囲内にいるときは、きゃんきゃんと、やたらうるさいものです。

それ以外に、ビジネスなど相手に一定の気を使う場面になると、借りてきた猫のようになっていることが多くなります。

そういうときにため込んだストレスの発散として、身内では吠えているとも考えられます。

中には、ウチ、外に関わらずうるさい男もいます。

危険はないと見られ、誰も注意しないのです。

これはあまり名誉なことではありません。

協調性がない

めんどくさい男は、父、兄、弟、先輩、後輩といった、男性的な秩序の世界からはずれて育った可能性が高いものです。

おそらくチームスポーツなどとも無縁だったのでしょう。

チームワークや責任感など、協調性を育てる環境があまりなかったと思われます。

これはさまざまな男の不具合の中でも、決定的ともいえる大きな欠点です。

とてもサラリーマン生活向きとは考えられません。

独立して一人でやっていける才能でもない限り、すべった転んだを繰り返す、苦しい人生となります。

空気が読めない

めんどくさい男は、他人の事情をおもんばかることができません。

当然流れを読むなどという、さらに難しい技術など、身に付いているはずはないと考えてよいでしょう。

そして空気が読めないうちに、何かしらの失敗をやらかしてしまうのが一般的です。

そしてその不始末をやらかした理由は、一般人の想像を超えたものであることもしばしばです。

それは周囲の人間を引かせるには十分です。

自分勝手な行動をする

めんどくさい男は、他人との距離感をうまくつかむことができません。

べたべたするかと思えば、冷たくあしらったりと、極端にふれる傾向があります。

そしてその振動のプロセスは、自分勝手な行動を取る人、と受け取られることが多いのです。

根本的な問題は、性格の不安定にありますから、これを矯正していくのは大変なことです。

並大抵のことではありません。

親身になって協力してくれる人が必要でしょう。

しかしそう簡単に、現れてくれるものではないでしょう。

自分の話ばかりする

めんどくさい男には、社会的な関心の広がりというものが備わっていません。

したがって話題はごく狭い内輪の範囲にかぎられます。

座を保とうとすれば、自分の話でもするしかありません。

それも世間の情報にうといため、実に面白くない内容ばかりです。

自分の持っている前提が、他人もあると誤解しているからです。

当然、人間関係は一向に広がりません、ステップアップのしようがない状態です。

人の気持ちを考えない

めんどくさい男は、おおむね人の話を聞くのが苦手のようです。

これではいつまでたっても、人の気持ちを思いやるようにはなれないでしょう。

そのための手段を、自ら遮断しているようなものだからです。

こちらから面白い話をしかけて、感動させてやってはどうでしょう。

黙って聞くように仕向けて、話を聞く訓練をさせるのです。

こうまでしなければならないところこそ、めんどくさい男の、めんどくささの極限といえるのではないでしょうか。

状況を読み取れない

人間社会において、あまり相手に合わせすぎれば、主体性を欠いた人間として軽んじられてしまいます。

逆に集団の状況を理解できない人も、同様の低い評価を受けます。

めんどくさい男は、このどちらかである可能性が、極めて高いのではないでしょうか。

あらゆるところにおいてバランス感覚が悪い、といわれることになります。

こうしたバランス能力は、親身な人のサポートが得られなければ、なかなか身に付きません。

かまってちゃん

めんどくさい男は、仲間内ではあまり重要視される存在とはなり得ていません。

自分から働きかけない限り、その存在はどんどん埋もれてしまいます。

したがって、機会さえあれば、いつでもきゃんきゃん騒ぐことになります。

ご主人様にかまって欲しい飼い犬と、あまり変わり映えしません。

【かまってちゃん男については、こちらの記事もチェック!】

優柔不断

めんどくさい男は、何を考えているのかよくわかりません。

当然はっきりした意見など、求めても出てきません。

自分の考え自体はっきりしていません。

それなりの主張や表現など、出てくるはずはないのです。

こうした思索の薄さは、彼らに話題の少ない理由の一つになっています。

何事もハキハキとジャッジすることができません。

そのことが、世間には優柔不断の印象を与えています。

言い訳ばかりする


めんどくさい男は、こちらが求めてもいないうちから、自分の立場の説明を始めることがよくあります。

しかしそれらは、どうでもいいような内容であることがほとんどです。

そのことは彼に影響力がないことの証明にもなっています。

そしてますます軽んじられる結果を招くことになります。

誤解されているときなら別ですが、あまり自分からベラベラ言い訳ばかりするものではありません。

自分のことしか考えていない人間と捉えられるだけです。

愚痴や文句が多い

めんどくさい男の話は、おばさんグループの世間話と同じように、愚痴や文句ばかり多いものです。

若々しい覇気などどこにも感じられません。

そのうちに避けられることが多くなり、組織においては、肝心な話には関与できなくなっていきます。

主流から外れていきます。

もちろん出世など望むべくもありません。

そしてますます愚痴が多くなっていきます。

大した用事じゃない連絡が多い

めんどくさい男は、物事における優先順位をあまり考えていません。

その結果、どうでもいいことを、思いつきで連絡してくることになります。

これは中国人奥さんのイメージによく重なります。

彼女たちは、夫が会社や組織でどんな高位にあろうとも、まったく平気で電話をかけてきます。

緊急の内容など一つもありません。

しかし社会的にはずいぶん偉くなった夫といえども、これを着信拒否する勇気のある人はほとんどいません。

妻には頭が上がらないのです。

ただしうっとうしくてたまらん、と思っていることは間違いありません。

日本人の場合ではどうでしょうか。

鬼嫁のような奥さんならまだしもあきらめがつくかもしれません。

しかし同僚の男性にこういうことをやられると、誰でも怒りは倍加することでしょう。

くだらない連絡はやめましょう。

女々しい


めんどくさい男は、細かいところでひっかかってしまいます。

それから一歩も前へ進めず、いじいじしていることが多いものです。

どうでもいいところにこだわりを持っています。

これも周囲を引かせる原因となります。

そのため、すがすがしさなどどこにも感じられません。

愚痴の多いおばさんのイメージに重なります。

たまには、ものにこだわらないスケールの大きさを見せて欲しいものです。

【女々しい男については、こちらの記事もチェック!】

めんどくさい男への対応方法

これは犯罪を防ぐ意味でも、対処の仕方は大変に重要です。

めんどうくさい男たちは、下手をするとストーカーに変わる危険を秘めています。

ここは女性としての真価が問われる場面でもあります。

ちやほやされるのが好きということだけで、脈のない男に気を揉ませるようなことはしてはいけません。

男性とは、いとも簡単に勘違いできる生き物だからです。

そのことは常に頭に置いておきましょう。

相手にしない

最近になって、LINEのIDを教えてしまったがために、しつこく食事に誘われて参っているという中年女性から、さんざんぼやきを聞かされました。

相手は社内にいる初老の男性です。

簡単に勘違いできる男性とは、彼のような人のことを指します。

社内の人間ということで業務上の関わりもあり、まったく相手にしないわけにもいきません。

相当に深い悩みになっているようでした。

受け流す・聞き流す

つまり上記のようなケースでは、たくみに受け流し、聞き流すしか方法はありません。

似たようなシチュエーションは誰にも起こりがちです。

しかし撃退マニュアルはありません。

うまくスマートにスルーする具体的な方法は、その都度考えて、編みだしていくしかないでしょう。

いちいち心が乱れ、けっこうな心理的負担になります。

実に面倒なことと言うべきです。

キッパリ迷惑だと言う

このケースでは、IDを教えてはならなかったのです。

しかし、その時点でキッパリ迷惑だというのも難しかったのでしょう。

まさか大学生の子供がいる年齢の自分に、しつこく言い寄ってくる男とは思わなかったからです。

キッパリ迷惑だと告げるタイミングは難しいとはいえ、タイミングを逃してはならないことは明らかです。

まして、誰に対してもいい顔をしておきたいという、あまり自分に自信のない若い女性なら、なおさら細心の注意が必要です。

2人きりにならない

2人きりになるということは、それだけでいろいろなきっかけを提供してしまいます。

発展する可能性のない、いかにもめんどくさそうな男に、そうした機会を供給してはなりません。

想像力を働かせて、巧みに2人きりになる場面を避けましょう。

先を読んだ車の運転と同じ要領です。

遠くの交差点や信号もよく見ておいて、危険はあらかじめ察知しておきます。

連絡をシャットアウトする

どうにもならないほどうるさくなったら、断固とした態度に出ましょう。

もう連絡をシャットアウトするしかありません。

決意を持って実行するようにしましょう。

効果が表れるまで続けるべきです。

ブロック&着信拒否

いまは、スマホによるSNSのネットワークによって、つながっていますから、昔と違ってちょっとやっかいです。

携帯電話もない時代なら、固定電話に出なければ、それですみました。

連絡を取る密度自体が、いまとははるかに少ないということもありました。

ケータイ依存症の人間などいませんでした。

相手がいやがっている、という事態も、しっかり受け止めることができていたように思います。

やっかいな男は、間違いなく増えています。

通信機器の進歩に反比例して、人間は退化したような気がしないでもありません。

連絡が必要な相手なら既読スルー

仕事やサークル活動など、連絡が必要な相手なら、既読スルーするしかないはずでした。

しかし最近は何事も進化のスピードは上がっています。

「既読」を付けずに、内容を読む方法がLINEであればいくつもある、ということです。

ネット上に一つ一つ詳しく紹介されています。

これは何とかなりそうですね。

嫌味を返す

めんどくさい男には、ときには嫌味を返してみるのもよいでしょう。

しかし本当にめんどくさい男たちは、嫌味ととることができるような言語センスを欠いていることが多いはずです。

つまりあまり有効打とはならない可能性が高そうです。

それどころか、かまってくれたと勘違いし、火がついてしまうかも知れません。

これはリスクの方が大きくなってしまうでしょう。

無視をする

したがって、めんどくさい男には、無視をする方がより効果的でしょう。

この方が勘違いする余地は少ないはずだからです。

それでも勘違いし兼ねないのが、めんどくさい男の恐ろしいところです。

とにかく一度はじめたのなら、効果が出るまで無視し続けるべきでしょう。

あなたにとってめんどくさい男はどんなタイプ?

めんどくさい男と言えども、よく知ることによって、印象の変わることはあり得ます。

あまり相手を避けてばかりいると、見えるものででも見えていないことも考えられます。

よく観察することは怠らないようにしたいものです。

タイプに合わせて対応を考えよう

男性には女性に比べ、豊富なバリエーションが存在します。

実際にさまざまなタイプに分かれています。

彼らを落とすには、タイプ別の傾向と対策が必要です。

しかしめんどくさい男には、それほどバリエーションはないように思います。

低いレベルでまとまっているからです。

ここに述べた方法を駆使すれば、なんとかなるはずです。

一応、めんどうくさくても、相手の背景を考えてみましょう。

女性のうっかり一言は、思いがけないKOパンチになることがあります。

間違った手段を採用しないことにだけは、よく気を付けて下さい。