CoCoSiA(ココシア)

めんどくさい男の16個の特徴と対応方法


人間の雄は元々、ハンターという本質を持っているのです。

実際に狩猟に出ていた先史時代に比べ、農業革命や産業革命を経て、ずいぶん男性も楽になりました。

現代になると、スピードと体力勝負によるつらい生産は減り、男女が同じように工場やオフィスで働くケースが増えたからです。

ところが現代になって表れた役割の変化の中には、意に沿わない変化もたくさんあります。

現代の男性は、大変ストレスフルな状況に置かれているのは間違いありません。

その点では同情に値すると言えます。

つまり21世紀における人間の雄とは、ハンターとしての地位が低下しています。

または現代のすさまじい変化に耐えきれず、退化してしまった、と言い変えていいのかも知れません。

ハンターのたくましさは消えてしまった。

しかし自分はそれに気付いていない。

雄としての魅力を欠いている上、プレッシャーにはからきし弱く、親の世代以上に威張り散らす。

現代における勘違い男の本質とは、この辺りを探ればわかりそうです。

そしてこれは、めんどくさい男の典型的な在り方でもあると思うのですが、実際のところは、どうなのでしょうか。

今回は、そんなめんどくさい男の16個の特徴と対応方法についてご紹介します。

本当に対応に困るめんどくさい男

このような男の増える状況を招いたのは、男性側、とくに本人の責任とばかりは言えないと思っています。

このところの現代社会の変化は、むしろ女性が主導権を取って動かしてきたからです。

草食男子などと呼ばれ、パワー不足を指摘される昨今の男性たちは、その母親世代がそう望んで作られた、丹精込めた作品といってもいいのではないでしょうか。

そのため今の若い女性がパートナー探しに、母親世代以上に苦労させられている、ということになってしまったようです。

めんどくさい男とは、おそらく父親の関与が少なかった家庭に育った、母親を主な作家とする作品です。

未完成というならまだしも、粗悪品となっているケースが多くて困るのです。

彼氏だったらマジでうざい

そうした少々粗悪な造りの男たちには、年齢相応の社会的な装いは、身に付いていません。

居心地のよい犬小屋からでてきたばかりの、小犬のような存在なのかも知れません。

見知らぬ状況に遭遇すると、キャンキャン吠えかかります。

社会の荒波の中でしっかりやっていける自信もなければ、自分が何者なのかの確信もありません。

これでは彼氏であろうとなかろうと、そばにいるだけでうざい存在といえるでしょう。

【うざい彼氏については、こちらの記事もチェック!】

めんどくさい男にはどうしたらいいの?

めんどくさい男とは、一般的には指針を欠いている男といえます。

母親に猫かわいがりされるだけで、父親の背中や、あこがれの兄貴分などの存在とはおそらく無縁だったのでしょう。

さらに新興住宅地や団地などで育った人は、周囲も同じようなサラリーマン家庭ばかりです。

多様性を著しく欠いていています。

こういう環境下では、目指すべきイメージがはっきり描けません。

どうしたらいいのか、わからないまま育つ可能性が高いのです。

めんどくさい男に対する場合、そのあたりの個人的な背景が理解できるかどうかは、重要なポイントになります。

こういう育ちなら仕方がないかな、と腑に落ちるかどうかです。

納得がいった上で、将来性や改善可能性を感じるとしたら、サポートしてあげましょう。

そういうときは、粘り強く付き合ってあげてください。

何も感じなければ、さっぱりスルーしてしまいましょう。

まずは特徴をおさえよう

めんどくさい男の特徴の一つは、荒削りで未完成なことです。

家庭で学んでおくべきことを、うまく学べていなかったからでしょう。

未完成な建築をイメージするとわかりやすいのではないでしょうか。

雨漏りしたり、風がびゅうびゅう入り込むくらいならまだしも、柱がかたむいていたり、土台さえ腐食しているかも知れません。

基礎の部分から不具合を調べてみましょう。

さまざまな原因が考えられます。