CoCoSiA(ココシア)

馴れ合いは今すぐ辞めるべきだと思う10個の理由。仕事でも友達関係でも!


私たちは長い人生を通して様々な困難に当たり、それを乗り越えることで自分自身を強くしていく事が求められます。

様々な困難に当たっていくことはとても辛く、大変な気持ちになるかもしれませんが、その辛い気持ちから逃げていてはいつまでたっても自分自身を成長させることはできません。

辛い時こそ真正面から立ち向かって、それを乗り越えられるようにしなければいけないのです。

しかし、人によってはその辛い場面から逃げてしまいたくなり、逃げ癖がついてしまったり、他の人に助けを求めたりすることに慣れてしまっている人がいます。

時には人と共謀して、辛い気持ちにならないようにグルになって乗り切ろうとしたりすることがあるかもしれません。

今回はそんな馴れ合いをテーマにして、馴れ合いを今すぐやめるべきだと思う理由についてご紹介していきたいと思います。

この記事の目次

️馴れ合いは今すぐ辞めたほうがいい

あなたがもしも誰かと馴れ合いの関係を築いているのであれば、それは早いうちに解消しておいた方が良いはずです。

なぜなら馴れ合いを辞めなければいけないのかと考えた時に、馴れ合いの関係を続けていく事で様々なデメリットが存在するようになるからです。

馴れ合いをしているうちは楽に感じるかもしれませんが、楽な気持ちを味わい続けても人間的な成長はできません。

辛い事を自分の力で乗り越える事に意味があるのです。

努力する事を忘れて、馴れ合いをする事を選び続けた人は努力し続けている人に絶対に勝つことはできません。

もしも馴れ合いの関係を築く事を癖づけてしまっているのであれば、早いうちに悪い癖を直すようにしましょう。

馴れ合いとは


そもそもな恋愛とはどのような意味を持っているのかと考えた時に、馴れ合いとは「当事者同士が事前に打ち合わせてお互いに都合のよいように計らうこと、密かに通じ合いグルになって事を運ぶこと」を意味している言葉です。

ある程度親密な関係性にある場合であったり、お互いに利害関係が一致した場合に手を組んだりするような場面が多いと思いますが、馴れ合いをしている場面はよく考えてみると様々な場面が思いつくようになります。

例えばプライベートの場面においても、ビジネスの場面においてもん馴れ合いの関係というものは存在しています。

本来であればビジネスの場面に関しては必要以上に個人個人の関係性を強く持つ必要はありません。

なぜならば、個人でしっかりと成果を出せばそれで良いはずだからです。

もちろん仲良くしてはいけないというわけではなく、仲良くするのも大事ではありますが、必要以上に仲良くしす過ぎるのが危険なのです。

必要以上に仲良くなってしまうと、場合によっては馴れ合いの関係に発展し、その人間に肩入れをしたり、その人のためにならないような事でも助けてあげたりする場面が見受けらるようになります。

これがまさに馴れ合いの関係性だと考えることが出来ます。

もちろん様々な人との関係性は大事ですが、その関係性を一歩間違えると馴れ合いにしかなりませんので、その点を間違わないようにしながら人間関係を構築していくようにしなければいけないのです。

楽しいけれど、得はナシ

馴れ合いの関係性についてははっきりとお伝えすると嫌に感じるようなことは少ないかもしれません。

なぜならば、親しい関係性の人間関係を形成しており、なおかつ自分が困った時には助けてもらえるような泣くな環境を作り上げることができるようになるからです。

しかしながら、果たして私たちの人生はすべて楽しいことだらけで良いのでしょうか。

確かに人生は楽しいことも絶対に必要です。

名前人生を生きていく上で楽しいことが全くなければ、生きていて楽しいと思えないですよね。

ただ、楽しいことばかりという事も少し問題があります。

なぜならば、辛いことや苦しいことを経験して初めて楽しいことをより楽しいと感じられるようになりますし、辛いことや苦しいことを経験して自分を成長させていくものです。

厳しくて辛い環境に身を置いている人間が優れている人間になりえるように、楽な環境に身を置いてる人間は優れた人間になりにくくなってしまいます。

それを踏まえて考えてみると馴れ合いの関係性については楽しいことは楽しいかもしれませんが自分にとって大きな特はない関係性ということに気づかなければいけないのです。

それを築いていながらチャレンジしようとしていない人は最も考え方を変えないといけない人に該当します。

努力をする事は大変かもしれませんが、自分を成長させる大きなチャンスなので、根本的な考え方を改めるようにしなければいけません。

️馴れ合いを今すぐ辞めるべき10個の理由


馴れ合いの関係性があまり良くないということに触れていますが、なぜ馴れ合いの関係性になってはいけないのかと疑問に思う方もいるかもしれませんね。

例えば、人によっては、助け合える関係性を築くという事はとても素晴らしいことですし、自分がやるよりも得意な人間にやってもらった方がはるかに効率が良いと感じる方もいるかもしれませんね。

確かに馴れ合いの関係性が一概に全て悪いかと言われればそうではありません。

しかしながら、すべてが馴れ合いになってしまう事が悪いと指摘されているのです。

それを踏まえた上で、馴れ合いの関係性がもたらす弊害、つまりデメリットについてここから詳しくご紹介していきたいと思いますので、馴れ合いの関係性を築いている方は自分が該当していないかどうかよく確認してみてください。

成長し合えない

なぜ馴れ合いの関係性を辞めなければいけないのかと考えた時に、馴れ合いの関係性にあると成長し合えないというデメリットが生まれてしまうからです。

なぜ、馴れ合いの関係性にあると成長のし合えないのかと考えた時に、馴れ合いの関係性になると相手を必要以上に助けてしまったり、かばってしまいがちになってしまうからです。

これはプライベートでもそうですし、ビジネスの場面においても該当する場面がたくさんあると思います。

例えば、プライベートの場面において自分の友達が本来は行ってはいけない悪いことを行ってしまってもそれを見過ごしてしまったり、それを咎めたりすることができない場面というのがあると思います。

しかし、これは完全に友達同士の馴れ合いであり、本当にいけないことをしてしまっているのであればそれは相手に注意をしてあげなければいけないのです。

なぜならば、やってはいけないことをしている自覚を持たせてあげ、それを行わないようにしてあげる事で相手を成長させることが出来ますし、相手を守る事に繋がるようになるからです。

しかし、馴れ合いの関係性になると相手の気分を害してしまうのを恐れてしまったり、二人の人間関係が悪くなってしまうのを危惧したり、友達だから悪い事をしても目をつぶってあげようといった変な関係性が出来上がってしまうのです。