私たちは長い人生を通して様々な困難に当たり、それを乗り越えることで自分自身を強くしていく事が求められます。

様々な困難に当たっていくことはとても辛く、大変な気持ちになるかもしれませんが、その辛い気持ちから逃げていてはいつまでたっても自分自身を成長させることはできません。

辛い時こそ真正面から立ち向かって、それを乗り越えられるようにしなければいけないのです。

しかし、人によってはその辛い場面から逃げてしまいたくなり、逃げ癖がついてしまったり、他の人に助けを求めたりすることに慣れてしまっている人がいます。

時には人と共謀して、辛い気持ちにならないようにグルになって乗り切ろうとしたりすることがあるかもしれません。

今回はそんな馴れ合いをテーマにして、馴れ合いを今すぐやめるべきだと思う理由についてご紹介していきたいと思います。

️馴れ合いは今すぐ辞めたほうがいい

あなたがもしも誰かと馴れ合いの関係を築いているのであれば、それは早いうちに解消しておいた方が良いはずです。

なぜなら馴れ合いを辞めなければいけないのかと考えた時に、馴れ合いの関係を続けていく事で様々なデメリットが存在するようになるからです。

馴れ合いをしているうちは楽に感じるかもしれませんが、楽な気持ちを味わい続けても人間的な成長はできません。

辛い事を自分の力で乗り越える事に意味があるのです。

努力する事を忘れて、馴れ合いをする事を選び続けた人は努力し続けている人に絶対に勝つことはできません。

もしも馴れ合いの関係を築く事を癖づけてしまっているのであれば、早いうちに悪い癖を直すようにしましょう。

馴れ合いとは


そもそもな恋愛とはどのような意味を持っているのかと考えた時に、馴れ合いとは「当事者同士が事前に打ち合わせてお互いに都合のよいように計らうこと、密かに通じ合いグルになって事を運ぶこと」を意味している言葉です。

ある程度親密な関係性にある場合であったり、お互いに利害関係が一致した場合に手を組んだりするような場面が多いと思いますが、馴れ合いをしている場面はよく考えてみると様々な場面が思いつくようになります。

例えばプライベートの場面においても、ビジネスの場面においてもん馴れ合いの関係というものは存在しています。

本来であればビジネスの場面に関しては必要以上に個人個人の関係性を強く持つ必要はありません。

なぜならば、個人でしっかりと成果を出せばそれで良いはずだからです。

もちろん仲良くしてはいけないというわけではなく、仲良くするのも大事ではありますが、必要以上に仲良くしす過ぎるのが危険なのです。

必要以上に仲良くなってしまうと、場合によっては馴れ合いの関係に発展し、その人間に肩入れをしたり、その人のためにならないような事でも助けてあげたりする場面が見受けらるようになります。

これがまさに馴れ合いの関係性だと考えることが出来ます。

もちろん様々な人との関係性は大事ですが、その関係性を一歩間違えると馴れ合いにしかなりませんので、その点を間違わないようにしながら人間関係を構築していくようにしなければいけないのです。

楽しいけれど、得はナシ

馴れ合いの関係性についてははっきりとお伝えすると嫌に感じるようなことは少ないかもしれません。

なぜならば、親しい関係性の人間関係を形成しており、なおかつ自分が困った時には助けてもらえるような泣くな環境を作り上げることができるようになるからです。

しかしながら、果たして私たちの人生はすべて楽しいことだらけで良いのでしょうか。

確かに人生は楽しいことも絶対に必要です。

名前人生を生きていく上で楽しいことが全くなければ、生きていて楽しいと思えないですよね。

ただ、楽しいことばかりという事も少し問題があります。

なぜならば、辛いことや苦しいことを経験して初めて楽しいことをより楽しいと感じられるようになりますし、辛いことや苦しいことを経験して自分を成長させていくものです。

厳しくて辛い環境に身を置いている人間が優れている人間になりえるように、楽な環境に身を置いてる人間は優れた人間になりにくくなってしまいます。

それを踏まえて考えてみると馴れ合いの関係性については楽しいことは楽しいかもしれませんが自分にとって大きな特はない関係性ということに気づかなければいけないのです。

それを築いていながらチャレンジしようとしていない人は最も考え方を変えないといけない人に該当します。

努力をする事は大変かもしれませんが、自分を成長させる大きなチャンスなので、根本的な考え方を改めるようにしなければいけません。

️馴れ合いを今すぐ辞めるべき10個の理由


馴れ合いの関係性があまり良くないということに触れていますが、なぜ馴れ合いの関係性になってはいけないのかと疑問に思う方もいるかもしれませんね。

例えば、人によっては、助け合える関係性を築くという事はとても素晴らしいことですし、自分がやるよりも得意な人間にやってもらった方がはるかに効率が良いと感じる方もいるかもしれませんね。

確かに馴れ合いの関係性が一概に全て悪いかと言われればそうではありません。

しかしながら、すべてが馴れ合いになってしまう事が悪いと指摘されているのです。

それを踏まえた上で、馴れ合いの関係性がもたらす弊害、つまりデメリットについてここから詳しくご紹介していきたいと思いますので、馴れ合いの関係性を築いている方は自分が該当していないかどうかよく確認してみてください。

成長し合えない

なぜ馴れ合いの関係性を辞めなければいけないのかと考えた時に、馴れ合いの関係性にあると成長し合えないというデメリットが生まれてしまうからです。

なぜ、馴れ合いの関係性にあると成長のし合えないのかと考えた時に、馴れ合いの関係性になると相手を必要以上に助けてしまったり、かばってしまいがちになってしまうからです。

これはプライベートでもそうですし、ビジネスの場面においても該当する場面がたくさんあると思います。

例えば、プライベートの場面において自分の友達が本来は行ってはいけない悪いことを行ってしまってもそれを見過ごしてしまったり、それを咎めたりすることができない場面というのがあると思います。

しかし、これは完全に友達同士の馴れ合いであり、本当にいけないことをしてしまっているのであればそれは相手に注意をしてあげなければいけないのです。

なぜならば、やってはいけないことをしている自覚を持たせてあげ、それを行わないようにしてあげる事で相手を成長させることが出来ますし、相手を守る事に繋がるようになるからです。

しかし、馴れ合いの関係性になると相手の気分を害してしまうのを恐れてしまったり、二人の人間関係が悪くなってしまうのを危惧したり、友達だから悪い事をしても目をつぶってあげようといった変な関係性が出来上がってしまうのです。

その延長線上には必ず良い人間関係を築くことはできませんので、その点はしっかりと注意をしてあげなければいけません。

ビジネスの場面でも必要以上に手助けをして、壁を乗り越えるという事をさせないようにしてしまい、成長を阻害してしまう行為などはたくさんあります。

いずれの場面でも根本的に本人の為にならないので、結論として馴れ合いの関係性を続けると成長し合えない関係性になってしまうので辞めなければいけないということになります。

尊敬の念がない

馴れ合いの関係性をすぐに辞めなければいけない理由の一つとして尊敬の念がなくなってしまうということが該当します。

なぜ馴れ合いの関係性になると尊敬の念がなくなってしまうのかと考えた時に、結局馴れ合いの関係性になるということは必要以上に距離感が近づきすぎるということが原因になるのです。

必要以上に距離感が近づけすぎることによって相手と悪い関係性が生まれるようになるのです。

そして距離感が近づきすぎることによって相手に対して尊敬の念を抱かなくなるような傾向があります。

尊敬の念を抱かない関係性に関しては人間的な成長を見込むことができない関係性であると考えることができます。

本来考える良い人間関係とはお互いが成長し合えるような関係性が望ましい関係性だと考えられます。

相手のことを尊敬できないような人間と継続して人間関係を形成したところで、自分にとって得になるような事は何もありません。

その逆に、自分自身も相手から尊敬されるような自分であり続けなければ、関係性を解消されてしまう可能性もあるかもしれませんので、相手から継続して関わりを持ちたいと思われるような魅力的な人間になれるような努力を行う必要性があります。

なので、馴れ合いの関係性になってしまうと尊敬の念がなくなってしまうやすくなるので、馴れ合いの関係性をすぐに辞めなければいけないというわけにつながります。

世界が広がらない

なぜ馴れ合いの関係性を辞めなければいけないのかと考えた時に、馴れ合いの関係性が継続してしまうと自分の世界が広がらない可能性が考えられるからです。

馴れ合いの関係性と世界が広がることの因果関係がよくわからないと感じる方がいるかもしれませんが、例えば馴れ合いの関係性にあった場合を想像してみると、馴れ合いの関係性にある場合は必要以上に傷つかないように自分たちの馴れ合いの関係性の範囲内でしか行動する事をしようとしません。

つまり、必要以上に外の世界に出て行こうとしなくなってしまうのです。

なぜならば、外の世界に出て行くことによって傷ついてしまったり、嫌な気持ちを抱えたりしたくないからです。

しかし、そのような内気な考え方を持っていたら広い視野で物事を見ることはできなくなってしまいます。

頭が固くなってしまいますし、コミュニケーションにおいても支障がでるのは明白ですよね。

様々な考え方に触れ、様々な経験や体験をして、辛いことを乗り越えていき、たくさんの人間とコミュニケーションを交わしていくことで自分自身を成長させることができるようになるはずです。

自分の世界が広がらないことには魅力的な人間になることは絶対に出来ませんので、なので馴れ合いの関係性を止めないと世界が広がらないということです。

大事な話ができない

馴れ合いの関係性になってしまうと相手に対して大事な話ができなくなってしまうというデメリットが存在しています。

なぜ馴れ合いの関係性になってしまうと相手と大事な話ができなくなってしまうのかと考えた時に、馴れ合いの関係性になってしまうと相手に対するリスペクトがなくなってしまう、つまり尊敬の念が無くなってしまうという事は先ほど触れました。

これを考えてみると、相手に対して尊敬の念を持てないような関係性である場合、相手に対して自分にとって大事な話をしたとしても真剣に聞いてもらえない場合が多くなります。

なぜならば、相手に対して尊敬の気持ちを持っていない場合は相手の真面目な話を真面目に受け取ろうともしないですし、相手が自分よりもレベルの高いようなステップに行こうとしているのを見て止めるような人間が多い環境にもなり得るからです。

結局は、馴れ合いの関係性になってしまうと足の引っ張り合いにも発展する可能性があるのです。

それを踏まえて考えてみると馴れ合いの関係性になってしまうと大事な話をすることができなくなってしまうので、馴れ合いの関係性については辞めなければいけないということにつながるのです。

刺激がない

馴れ合いの関係性になってしまうことによって、その関係性が原因で刺激のない人間関係を形成してしまいやすくなります。

なぜ馴れ合いの関係性になってしまうと刺激がない関係性になるのかと考えた時に、先ほども触れたように馴れ合いの関係になるとお互いを尊敬し合えるような関係性ではなくなります。

お互いのことを尊敬できない人間関係を形成したところで、お互いの存在がお互いにとって刺激になり得るようなことはなくなってしまいます。

それとは逆に、相手のことを尊敬し合えるような関係性を結んでいる場合、相手の行ってる行動や言動などに対して、何かしらの刺激を受けたりする場面が多くなります。

その刺激を自分自身でも感じることによって、自分自身を成長させていくことに繋がるようになります。

なので、尊敬し合える関係性を結べばお互いに刺激を受けることが出来ますし、尊敬しあえないような関係である馴れ合いの関係性を結んでしまうと刺激を受けることができなくなってしまうということになります。

だから結論として馴れ合いの関係性になってしまうと刺激がなくなるので、その関係性は辞めなければいけないということになります。

甘えが生まれる

相手と馴れ合いの関係性を形成してしまうことによって、知らず知らずのうちに甘えが生まれてしまう可能性があります。

甘えが生まれてしまう人間関係を形成しているのであれば、すぐにこの関係性は辞めるべきだと考えられます。

なぜ、馴れ合いの関係性を形成してしまうと甘いが生まれてしまうのかと考えた時に、馴れ合いの関係性とは必要以上に距離が狭まってしまっている状態になり、相手との距離が近ければ近いほどそれと同時に甘いが生まれてしまいやすくなります。

例えば、プライベートの場面においては、ちょっとくらい悪いことしても目を瞑ったり、ビジネスの場面においては仕事のミスをしても必要以上に咎めなかったりするなど、甘い関係による人間関係が招いてしまう弊害がそこにはあるのです。

ただ、それは相手の成長障害している行為にもなりますし、フラットな関係性であるとは言えなくなりますよね。

そのような関係性が続くことによって、自分自身だけではなく身の周りの人間に対しても迷惑をかけてしまうを行いになる可能性があります。

そこまでして続ける人間関係に本当に価値はあるのでしょうか?

馴れ合いの関係性を形成してしまうことにより甘いが生じやすくなり、悪い人間関係になる確率が上がりますので、その点を考慮すると馴れ合いの関係性はすぐに辞めた方が良いということになります。

調子に乗ってしまう

相手と馴れ合いの関係性を続けてしまうことによって調子に乗ってしまうことが考えられます。

なぜ馴れ合いの関係性を続けると調子に乗ってしまうのかと考えた時に、馴れ合いの関係性を続けるということは距離が近い人間が複数存在している状況を作り上げる事になり、距離が近い人間が集まれば集まるほど調子に乗りやすいので人間の性です。

例えば、複数の人間で集まっている時には気が大きくなって大胆なことをしたりするくせに、一人では何もできないような人間を見かけることはよくありますよね。

複数の人間で集まっている時に大きな声を出して騒いだり、周りの迷惑になるようなことを平然と行ったりするような人間も、一人でいる時にはそのようなことをしたりはしない場合が多いです。

このように、たくさんの馴れ合いの関係性の人間が集まることによって自分自身の気持ちが大きくなったりすることがあります。

ビジネスの場面で考えてみると、馴れ合いのグループを作って、その馴れ合いのグループの中ではイエスマンにならないといけない空気が作られたり、同調しなければ嫌われてしまうような意味の分からない人間関係などが形成されやすくなります。

プライベートの面で考えるとママ友のグループなども該当する場合が多いです。

こんな関係性では自分を高めることなど絶対にできないですし、余計にストレスが溜まってしまう関係性になりますので、馴れ合いの関係性を続けてしまうと調子に乗りやすくなり、決して良い環境とは言えなくなってしまいますので、馴れ合いの関係性は辞めなければいけないという結論につながります。

時間が勿体無い

馴れ合いの関係線を続けない方が良い理由の一つとしては時間がもったいないということが挙げられます。

なぜ馴れ合いの関係性を続けることによって時間がもったいなく感じてしまうのかと考えた時に、馴れ合いの関係性を続けるということは無駄な時間を作ってしまいやすくなるということになるからです。

例えば、何かをするにしても馴れ合いの関係性にある人間同士が行う場合は無駄話が多くなってしまったり、相手の足を引っ張ってしまうような行為などが見受けられる場合があります。

該当する画面を考えてみると、仕事行わなければいけないのに、ふざけあったり話をしたりして業務に集中する環境を作ることができなくなってしまったり、仕事のモチベーションを下げるような言動を行ったりすることで、お互いの作業効率を下げてしまったりする場面が考えられます。

果たしてこのような関係性が本当に良い関係性であると考えることができるのでしょうか。

確実に馴れ合いの関係性を続けることは自分の大切な時間を消費してしまうもったいない関係性だと断言することができます。

なので、馴れ合いの関係性を続ける事は大変な時間を消費する愚かな行動であり、馴れ合いの関係性を続けない方が良い理由として考えることができるのです。

お金がもったいない

馴れ合いの関係性を続けない方が良い理由の一つとしては、馴れ合いの関係性を続けることによってお金がもったいなく感じてしまうということが挙げられます。

なぜ馴れ合いの関係性を続けることによってお金がもったいなく感じてしまうのかと考えた時に、馴れ合いの関係性を続けるということはそれなりに親しい関係である場合がほとんどです。

馴れ合いの関係性にある人間をのだらだらとお互いの時間を消費しながら、何かしらの行動を共にしたりすることが多くなります。

その結果、仕事が終わった後に頻繁に飲みに行ったりして、仕事の愚痴などをたくさんこぼして仕事のモチベーションをたくさん下げたりするような行動が見受けられるようになります。

そのような関係性にある場合は飲み代などが必要以上にかかる可能性などもありますし、ある程度グループを形成しているのであれば、本当は行きたくなっても周りの人が行くと言えば、行かなければいけない状況などにもなってしまいやすくなります。

そうなってしまうと自分が本来使いたいと思ったことにお金を使うことができなくなってしまい、無駄にお金を表現してしまうようなループにはまってしまいやすくなります。

なので馴れ合いの関係性を続けてしまうと、大切なお金をもったいない使い道に使ってしまうことになるので、馴れ合いの関係性は辞めなければいけないという理由に結論付けることができます。

希薄な関係

馴れ合いの関係性を続けない方が良い理由の一つとしては希薄な関係性を生み出してしまうからと考えることができます。

なぜ馴れ合いの関係性を続けてしまうと、希薄な関係性になってしまうのかと考えた時に、その大きな理由として相手に対する尊敬の念が欠けてしまっているからです。

相手に対して尊敬の念を持っているのであれば、本当に相手のためを思ったことを発言することが出来ますし、行動することができるようになります。

相手のことを本当に思っていないからこそ、適当な発言をしたり適当な行動をとってしまう安くなるのです。

そんな関係性になってしまうと、相手と本当に信頼しあえる関係になれるのかと考えるとそれは無理なはずです。

結局馴れ合いの関係性になってしまうと、相手と信頼しあえる関係性を結ぶことはできなくなり、希薄な人間関係しか生むことができなくなるのです。

なので、馴れ合いの関係性になってしまうと希薄な人間関係を形成してしまうので、馴れ合いの関係性は辞めなければいけないということにつながります。

希薄な人間関係をいくらたくさん形成したところで、自分自身のためにはなりません。

自分自身を成長させたいと思うのであれば、本当の意味で相手と成長し合えるような良い人間関係を形成していくように心がけてください。

️しかし馴れ合いも必要なときがある?

馴れ合いの関係性を続けることによって起きる弊害はたくさん存在することがおわかりいただけたと思いますが、馴れ合いの関係性が一概にすべてが悪なのかと考えた時に、そうとは言い切れない節もあります。

これまでにご紹介した内容を踏まえてみると、あまり良いことが起こり得る関係性ではないという印象を持つかもしれませんが、場合によっては馴れ合いの人間関係も必要になるという事を覚えておいてください。

その理由について詳しくご紹介していきます。

社会では人間関係の構築からは避けられない

なぜ馴れ合いの人間関係が必要になる場合があるのかと考えた時に、根本的に私たちが生きている社会では人間関係の構築から下げることはできないからということが理由として挙げられます。

つまり、どんな場面でも人間関係を形成する事は必ず求められるのです。

たくさんの人間と関わりながら生きていく社会なので、人と関わる事は絶対であり、人と関わるという言葉人間関係を形成するということになるので、考えてみれば至極当たり前な考え方にもなります。

それを踏まえて考えてみると、たくさんの人と人間関係を形成していくことで、相手とより理解し合えるような関係性になれることはたくさんあると思います。

その中には、時と場合によって相手と馴れ合いの関係性を結んでしまうような場面も必ずやってくるのです。

そして、場合によってはその関係性が自分を有利にしてくれる場合もあります。

それを踏まえて考えてみると、人間関係の構築から逃れることはできないので、時と場合によっては馴れ合いの関係性を生み出す場面もあり得ますし、そこから逃れることはできないので、受け入れる必要性があるということになるのです。

しかしながら、その関係性がもしも自分にとって悪いものであると感じるならば、少しずつ距離を置いたりするなどの工夫が求められます。

上手な距離感を保つことによって、必要以上に自分に負担がかかることを防ぐこともできますので、上手な距離感の取り方なども学ぶようにしてみてください。

コミュニケーションを取ること

馴れ合いの人間関係が必要になる場合を考えてみると、それは相手とコミュニケーションを取らなければいけない場面と重ねて考えることができます。

馴れ合うということは相手と親密な関係性になるということでもありますので、裏を返せばその人とたくさんコミュニケーションを取るということにつながります。

コミュニケーションをとる言葉人間関係を形成していく上で最も大切な手段であり、自分の人生をより円滑に生きていくための一つの大切な手段ともなり得ます。

それを踏まえて考えてみると、たくさんの人間と親密なコミュニケーションを取る、つまりたくさんの人間関係のパイプを作っておくということは社会を円滑に生きる上で欠かせない行為になります。

社会的地位のある人間とパイプを結んでおくと、自分が困った時に助けを差し伸べてくれる可能性も十分考えられます。

そう考えると、ばんよっては馴れ合いの関係性を結んでおくことが良い方向につながる場面もありますので、馴れ合いの関係は一概に全て悪だとも言えないということになるのです。

️では馴れ合いを上手に避けるためには?

馴れ合いの関係性も時には必要な場合もあるのですが、大体の場合が必要がない馴れ合いの関係性になってしまっている画面の方が多いと思います。

それを踏まえて考えると、なるべく不要な馴れ合いの関係については断ち切ってしまいたいと思うのが当たり前ですよね。

しかしながら、世の中に存在しているたくさんの方は馴れ合いの関係性を待ちきれなくて困っている方も多いと思います。

そこで馴れ合いの関係性を上手に避けるためにはどのようにすればいいのかという事をこれからご紹介していきたいと思います。

馴れ合いの関係性を断ち切りたいと思っている方は参考にして日常生活で実践してみてください。

無駄な人間関係を切り捨てる

馴れ合いを避けるためには無駄な人間関係は気にする必要性があります。

必要以上になれないの関係性を作りたくないのであれば、自分にとってこの関係性は成長を阻害していると感じた時点で断ち切るようにしてください。

こちらから歩まなければ確実に距離はできりようになりますので、早い段階で決断をした方が自分の大切な時間を消費しなくても良いはずなので、必ず無駄だと思った時点で行動するようにしてみてください。

楽しいだけの関係性であったり、愚痴をこぼし行ったりできるような馴れ合いの関係性ではなく、自分のスキルを向上するためにしっかりと議論や語り合いができるような魅力的な人間関係を築くようにしてください。

自分のために時間とお金を使う

馴れ合いを避けるためには自分のために時間とお金を使うように心がけてみてください。

馴れ合いの関係性にあると、無駄な誘いが増えたりすることが多くなります。

ビジネスの場面においては、大抵の場合が無駄な飲み会に誘われたりする事が多くなります。

そうなると飲みに行くと5.000円以上の出費は確実ですし、2~3時間は無駄な時間がかかります。

これが何度も何度も続くと考えると、相当な無駄な出費と無駄な時間の消費になってしまいます。

そんな無駄なことにお金と時間を使うのであれば、自分のスキルを成長させられるような効率的な時間とお金の使い方をするべきです。

そうすることによって自分を高めることも出来ますし、そんな馴れ合いをするようなレベルの低い人間の水準とはかけ離れた自分になることができますので、相手も自分のことを誘ってきたりすることが少なくなると思います。

なので、馴れ合いを避けるためには自分のために時間とお金をたっぷりと使うように心がけてみてください。

️馴れ合いからはは何も生まれない

馴れ合うということは、人生において必要な場面もありますが、大抵の場合は無駄なものであるということがお分かり頂けたはずです。

たくさんの人間と関わりながら生きていかなければいけない時代だからこそ、どういう人間と関わって生きていくのかということをしっかりと判断する目を養わなければいけません。

それが結果的に自分の人生を有意義にさせる大事な選択になり得るはずなので、自分の大切な時間を消費して付き合っていく人間を選べるように、工夫をするようにしてください。

魅力的な人間と関わるようにすれば、自分自身も魅力的な人間に変化することができるようになるはずなので、自分を成長させるチャンスは目の前にたくさん転がっているということをよく理解した上で日常生活を過ごすようにしてみてください。