CoCoSiA(ココシア)

社内恋愛のきっかけを作るためにやってる意外なサインとは?男性編・女性編


職場は普段の時間の大半を過ごす場所。

そこで毎日一緒にいる男女なら自然と恋愛が生まれるのも当然といえます。

とはいえ、社内でイチャつくわけにもいかないし、もし別れてしまったら…と考えるとなかなか周囲にはバラせないもの。

そのスリルが楽しいのも社内恋愛のおもしろさですね。

社内恋愛に憧れがある人は、相手のサインを見逃さないようにしたいところです。

男女別で確認していきましょう。

社内恋愛のきっかけになる?!ドキドキしちゃおう♡

社内恋愛に興味があるならまずは相手をみつけなければ始まりません。

周囲の異性に目を向けてみましょう。

気になる人や、良いなと思っている人はいるでしょうか。

もし見当たらなければ、どんな時にドキッとして恋が始まったのか、社内恋愛している友人などの話を聞いてみるのもいいかもしれませんね。

また、社内恋愛をしてみようと思ってみるだけで、ふとした異性の仕草や会話が気になってドキドキしてくることもあります。

社内恋愛に興味を持つ理由


『社内恋愛が盛んな会社トップ100ランキング』が東洋経済ONLINEに掲載されるほど、社内恋愛は職場選びの対象になるまで興味を引くもののようです。

夫婦の出会いの3割近くが職場恋愛によるものというデータもあるとのこと。

社内恋愛に興味が無い人も、興味を持つ人の理由を知ればメリットがあると感じられるかもしれません。

どんな理由があるのか具体的に見てみましょう。

仕事へのモチベーションが上がる

仕事が大好きすぎて毎日職場に行くのが楽しみ!という人は、はたして多いのでしょうか。

Twitterなどを見ても仕事に行きたくない人で溢れているように見えますよね。

しかし、社内恋愛はその下がったモチベーションを変えてくれます。

たとえ片思いでも好きな人に会える職場には自然と行きたくなります。

また、好きな人に仕事をテキパキ進めて信頼される姿を見せたいという気持ちも出てくるので、仕事自体にもモチベーションが上がるでしょう。

身だしなみも整うようになります。

出会いの場でもある

ブラック企業だと平日も休日も職場に缶詰ということもありますね。

自然と職場しか出会いがないわけですが…成功してもデートなど行けそうもないのでブラック企業内同士で恋愛できるかは別としても、日中の時間の大半を占めている職場に出会いを求めるのは一番手っ取り早い方法です。

そして、たとえデートに行く時間がとれずとも社内で顔を合わせることができるので、一緒に残業して帰りに夕食を一緒にとるなど行動を共にしやすいという利点があります。

なんとなく憧れる

ドラマや映画で社内恋愛を主題にしたものも多いため漠然と憧れているケースです。

あるいは、大人になると中高生のように毎日同じ異性と会える場所は職場になりますから、学園物の恋愛が好きな人が現実的に社内での恋愛へ憧れるのも自然です。

とくに周囲へバレまいとドキドキしながら、エレベーターで二人だけのときにこっそりイチャイチャしたり、ポストイットを書類につけてメッセージを送ったりなど社内恋愛の定番的なイベントにも妄想がはかどりますね。

社内恋愛のきっかけを作るためにやってる意外なサインとは?(男性編)


男性と女性では好きな人へのアピール方法、つまりサインの出方が異なります。

つまり、自分基準で考えていると異性のサインを見逃してしまいます。

まずは男性のサインの特徴を見てみましょう。

用がなくても話しかける

おしゃべりな性格で普段から誰にでも無駄口を叩いている人が相手なら判断のしようもありませんが、確実に自分にだけ話しかける頻度が高い人なら脈ありかもしれません。

しかし、あくまで職場のため露骨に恋愛に直結するような口説き文句を言ってくるとは思えません。

判断が難しいところですが、休日の予定や趣味などを聞いてきたり、自分が暇だった話をするなら期待できます。

男性は興味のない人にわざわざ休日の過ごし方を聞いたりしませんし、自分のプライベートをペラペラしゃべることも少ないからです。

声のトーンは話しかけてくる距離、仕草や表情も見ながら判断しましょう。

髪型や服装の変化などに気付いて褒めてくれるのであれば、女性として見られているということなのでアピールするのが吉です。

仕事以外のメールを送ってくる

普段からむやみやたらと個人連絡先を職場の人に教えていない方が社内恋愛をみつけるには役立ちます。

その上で職場で個人連絡先を交換しているのですから、既にその男性との距離は近いです。

仕事に関係のない個人的な内容のメールを送ってくるということは、それだけ自分のことを知ってほしいと思っていたり、仕事以外のことも話がしたいと考えています。

休日に送ってくるようであれば、間違いなく好意のサインです。

もし良い相手ならメールを何通かやりとりした後、仕事終わりに直接食事に誘ってみましょう。