職場恋愛をしているそこのあなた!

その相手って、上司や同僚ではなく“後輩”にあたる部下なのではありませんか?

職場における後輩というと、学校社会とは異なっているので同い年であったり、立場としては後輩だけれでも年齢としてはあなたよりも上であることもあるでしょう。

そんな年齢の関係ない会社社会で好きになってしまったのだから仕方がない!

きっとその恋愛を成就させたい気持ちでいっぱいでしょう。

でも職場恋愛なんてしちゃいけないのに…とか、こんなことしていちゃ仕事に身が入らない!

なんて悩みを持っている方もいるかもしれませんね。

そんなあなたのためにこの記事では「職場の後輩に恋したとき」に罪悪感なくどのように恋愛を続けていけばいいのかをご紹介しています♪

今はまだ、その後輩と恋愛関係になっていることなんて想像できないかもしれません。

でも大丈夫!

この記事を読めば、きっとあなたもその職場恋愛を成就させることができるはずです。

職場の後輩に恋してしまったあなたへ

毎日通っている会社。

毎日見かけるあの人。

特定のプロジェクトのときのみに顔を合わせるあの人。

会社の規模にもよりますが、毎日顔を合わせる人だからこそ好きになることもあるでしょう。

また、たまに顔を合わせたり、見かけるからこそその“会えない時間”が「好きという気持ち」を育てている方もいるかもしれませんね。

職場恋愛で、それも後輩を好きになってしまった自分に気づいたときはいったいどのような気持ちになりましたか?

おそらく多くの方が「まさか私が荒廃を好きになるなんて!」と驚いたはず。

そんな驚きの気持ちと一緒に、なかなかその気持ちを受け入れることができなかった人もいるでしょう。

これまでに“後輩”という存在に恋をしたことがなかった人ほど、そのように感じるでしょうね。

また、なかには「こんな感情は持ってはいけない!」「職場恋愛なんてありえない!」「こんなはずではなかった!」と自分を責めている方もいるでしょう。

そんなに自分を責めないで。

後輩を好きになってその恋愛を楽しんでいる人を見習っていきましょう。

相手と出会ってから時間がたっていなかったとしても、相手が好きだという気持ちを受け入れることができなくても、「この恋愛はかなわないに違いない」なんてどこかで決めつけていたとしても、「恋愛関係になりたい」と思うその気持ちを大事にしてほしいのです。

その悩みもぶっ飛んでしまうくらいに、あなたから後輩へアタックを開始していきましょう!

心配しても不安でも大丈夫。

この記事では、これからどのように行動すればいいかをじっくりとお伝えしていきますからね!

安心して恋愛に向かっていきましょ♪

職場恋愛が増えている

ひとつ前の項目でも出てきましたが「職場恋愛はしてはいけない」とか「職場恋愛はおかしい」と感じている人もいるかもしれないですね。

ひと昔前では、会社自体で「社内恋愛は禁止!」なんて張り紙をしているところも珍しくはありませんでした。

なぜならば、職場恋愛をすることによっていつも恋人がそばにいるので仕事に身が入らなくなるからです。

そうすると会社としての利益を上げることも難しくなりますから、そうしていたのでしょう。

しかし、現代では少し変わってきています。

なんと“職場恋愛OK”とわざわざ社員に伝えている会社までもあるくらいなんです。

それは、職場恋愛をすることによって利益アップが見込めるからということ、そして会社全体の雰囲気も良くなっていっているということです。

それに、あなたの周りでもあなたが知らないだけで職場恋愛をしている人ってたくさんいるはずなんです。

なぜならば、今の時代では職場恋愛をしている人がとても増えているからです。

みんな口に出していないだけでお付き合いをしていたり、過去にお付き合いしていた経験があることもあるはず。

要するにあなたがお付き合いしたい・仲良くなりたいと考えている相手の後輩ちゃんが誰かに奪われない前にあなたは行動しなきゃいけないってことになりますネ。

後輩の魅力とは?


あなたにここで質問です。

あなたは、いったいどうしてその後輩を好きになったのでしょうか?

顔がかわいい・かっこいいとか、性格がいいとか、なんか合う・・・などなどいろいろな理由で相手を好きになっていることでしょう。

実は、あなただけではないんです。

職場の後輩に恋をしている人ってこの世の中には、あなたが知らないだけでたくさんいるんですよ。

でもどうして後輩を好きになるのでしょうか?

ここでは、後輩の魅力をどのように感じてその人を好きになったのか、実際に後輩のことを好きになった人の意見をもとにお伝えします。

先輩から告白されて戸惑っている人も、自分の気持ちを整理することができずに悩んでいる人もぜひ目を通してみてくださいね。

きっと後輩の魅力がどのようなところにあるのか、どんなものなのかを知ることができるはずです。

可愛く見えて癒される

さきほど後輩といえども、年齢が年下だとは限らないとお伝えしました。

そのため「年上の後輩に対してこんなことを思うのってありえないんじゃない?」と思われている方もいることでしょう。

しかし、そうじゃないんですよね。

後輩が何歳であったとしても、かわいいんです。

あなた自身はそれなりのキャリアを積んで“先輩”として働いているわけですから、知らないことのほうが珍しいですよね。

しかし、後輩というのはあなたほどのキャリアを積んでいません。

あなたにとっては当たり前の仕事や出来事だったとしても、後輩には“初めての経験”かもしれないんです。

そんなできない姿、知らないことに悩んでいる姿、仕事に無我夢中で奮闘する姿をみて「カワイイ」と感じるんですよね。

これは相手をばかにしているわけではありません。

相手のことを大切にしているからこそ、の目線になります。

そんな姿が癒されるんですよね。

いつまでもできないのは問題ありですが、最初の壁にぶちあたって頑張っている姿ってどうしてもかわいく見えるものです。

頼られるのが嬉しい

女性でも男性でも、誰かから頼ってもらえるのってとてもうれしく感じるもの。

なぜならば、その相手から認められているからなんですよね。

それなんです。

後輩ってわからないことがあれば、先輩であるあなたにいろいろと聞いてきませんか?

そんな健気な姿もかわいいですし、「自分は頼りにされている」という気持ちがあなたの仕事のモチベーションをあげてくれることもありますよね。

また、私生活ではなかなか頼られることがない人であれば、後輩から頼られることに快感を覚えることも。

そのためになんでもしてあげたくなっちゃうんですよね!

まるで年の離れた兄弟を見ているかのように。

手伝ってあげたくなってしまう

ひとつ前の項目にて、後輩というのは“年の離れた兄弟”に接しているのとほぼ似ているところがあるとお伝えしましたね。

それに後輩というのは、すべてが初めての経験の連続だったり、これまでに経験したことがないことで悩んでいたりするものです。

そんな姿を見ていると、自分がそのことを初めてした時の経験を思い出すはず。

その対処方法を知っているからこそ、「そこまで悩まなくていいんだよ」なんて声をかけていませんか?

また、「もっとこうしたらいいのにな」なんて新しいアイディアを教えてしまいたくなることも。

すべて手取り足取りで後輩に教えるのはよくないことであるというのは、あなたもわかっているかと思います。

その後輩自身のやる気をそぐ原因になってしまったり、彼らが成長するステップをじゃますることになるからなんですよね。

また、仕事としてのスキルもずっと身につかないなんていうことも。

それでも、そのことが分かっていてもちょっと頼りない後輩のことであれば、なんでも手伝ってあげたくなってしまうんですよね。

気持ちがよく分かって同情してしまう

あなたもいつかは誰かの“後輩”として、その部署や会社の“新人”としていろいろと新しい出来事に向き合って来たり、さらに複雑な問題を抱えて苦しい思いをした経験があることでしょう。

誰もが通る道というものは、必ず存在するものです。

そのような道を通っている後輩の姿を見ると「自分もこうだったなぁ」なんて感じるんですよね。

そこで同情する気持ちが浮かぶんです。

「私があの時は、こんな風にしてもらったらうれしかったな」なんて思うことがあれば、それを後輩に実践することも。

そのように体験したことがある人だからこそ語れること、アドバイスなどをされることによって後輩はなおさらあなたをみなすことになります。

しかし、その伝え方によっては“ただの頼ることのできるデキる先輩”で止まってしまうこともありますし、逆にあなたがなりたくて懇願している“好きな人”に転がることもあります。

後者になり、幸せな時間を過ごすためにも次の章で荒廃と恋愛を進めるためにはどのようにしたらいいのかを勉強していきましょう!

職場の後輩を好きになったときの恋愛の進め方


後輩のことが好きになってから毎日が楽しいのではありませんか?

これまではただお給料のためだとか、利益のため、なかにはやりがいのために仕事をするために会社に通っていたかもしれません。

しかし、そうじゃないんですよね。

後輩を好きになると、そのことにプラスして「後輩に会える」「あの笑顔を見れる」「話せる」なんて、後輩のことでワクワクすることができるからなんです。

たしかにそのように毎日のように顔を合わせて、会話をして…。

それだけでとても幸せな気持ちを感じているかもしれません。

しかし、それじゃあだめです!

そのままでは、さきほどもお伝えしたように「優しい先輩」で終わってしまうから…。

では、職場の後輩と恋愛を進めるためにはどのようにしたらいいのでしょうか?さっそく確認していきましょう。

絶対に周囲にバレないようにする

もしも後輩と恋愛関係を持続させたい、この関係を少しでもうまくいかせたいというのであれば、「絶対に周囲にばれないようにする」というのを徹底してください。

周囲にばれないようにするというのは、とても簡単に聞こえるかもしれませんが、二人が両想いになるとそれはとたんに難しくなります。

どうしても見てしまったり、その人に関することに過剰に反応してしまうからなんですね。

あなたがまだ片思いの場合でも、あまり周りには知られないほうがいいでしょう。

不利になる可能性があります。

社内では接触をしない

恋愛関係になれば、どこでもいつでも会いたいもの。

特に会社であれば、同じ建物の中にいるので会いたいときにいつでも会うことができますよね。

しかし、そのように好き勝手あったりするのはNG。

もちろん会社以外の場所であればいいのですが、社内では絶対に接触しないようにしましょう。

とはいっても、仕事の関係でいつも一緒に行動する機会がある人や同じプロジェクトを進めている人にはそれは難しいことかもしれませんね。

そんなときは、お互いに他人のフリをしたほうがいいかも。

職場恋愛が広まっているとはいえ、まだ良からぬ思いを抱いている人はたくさんいるからです。

社内では、必要以上に接触しないでくださいね。

アイコンタクトなどもNG

好きな人のことは、どんなときでも視野に入れておきたいもの。

そりゃ好きだし、「今何してるのかな」なんて気になってしまいますよね。

そうするとアイコンタクトをとってしまうことも増えるかと思います。

それもやめましょう!

アイコンタクトって誰にもばれないような気がしませんか?

誰も気づかないと思っていませんか?

いやいや、アイコンタクトをとっている二人ってなぜだかその周りにいる人たちから浮いてしまうんですよね。

誰も見ていない!と感じていても、必ず誰かがあなたたちのことを見ています。

それにその“変な雰囲気”から「あの二人には絶対に何かある」とうわさされることも。

そんな噂がたつと大好きな人とのこととはいえ、仕事がしづらくなることもあるので注意したいですね。

一緒に帰るのもNG

大好きな人と手をつないで一緒に帰宅♪

…なんていうのは、学生時代までのものだと思ってください。

特に職場恋愛をしている方は、会社の入り口付近で待ち合わせをしたり、会社の最寄り駅で待ち合わせをして一緒に帰宅しがち。

しかし、そこに会社のほかの社員がいないとでも思っているのでしょうか?

今では、勝手に写真を撮影してSNSにばらまくという陰湿な人もいるものです。

そんなことされたらどうでしょうか?

あなたの立場がゆらぐこともありますし、周りから「後輩に手出しした」と非難され、仕事がやりにくくなることも。

一緒に帰りたくなる気持ちもわかりますが、それは絶対にしないこと。

もしもどうしても一緒に帰りたいというのであれば、会社から遠い駅で待ち合わせをしましょう。

(大きな乗り換え駅などは避けるべきです)

同僚に相談しない

好きな人ができたり、それに後輩との恋愛が良いように進んでいくとどうしても誰かに話したくなってしまいますよね!

また、後輩とケンカしてしまったときにはそのモヤモヤした気持ちを誰かに相談したくなってしまうもの。

人って、なぜだか身近に感じている人に恋愛相談をする傾向があります。

ずばり、やってしまいがちなのが同僚への相談。

「私の同僚は口が堅いし、誰にも言わない!」と信頼している相手でも絶対に話さないこと。

一人に話したら30人に広まったと考えるほうがいいでしょう。

会社の同僚はしょせんは、同僚です。

あなたの友達でもなんでもありません。

友達でさえも、信じている人が裏切ることがある世の中です。

「あの時あの子に相談しなければよかった!」なんてならないように気を付けてくださいね。

ニコニコいい顔をしている人ほど、危険なのですから。

すべての同僚が猫かぶりちゃんととらえていたほうがいいかも。

他の人と平等に接する

好きな人ってどうしてもほかの人よりも“特別”に接してしまうものです。

距離が近かったり、会話の話し方が違っていたり、見つめる“目”が違ったり。

後輩ともなると、ほかの後輩よりも甘く指導をしてしまったり。

それは、完全にばれます。

「あの二人って絶対に何かあるよね」という噂の原因になります。

ですから、必ずほかの人と同じように接するようにしてください。

そうすることであなたがその後輩に特別な感情を抱いているということは伝わりません。

まだ片思いの間は、なかなか相手に気持ちを伝えることができないので悔しいかもしれませんが、今後のことを考えて“平等”に接するようにしましょう。

それが社会人としての上司の役割になります。

告白は社内でしないこと

社内で二人っきりになることもあるでしょう。

特に教育係になっているとか、同じプロジェクトを進めているなんていうときには、そういうことが多いもの。

そのように二人っきりになることがあると、どうしても気持ちが早まってしまいがちです。

要するに「勢いで告白をしてしまうことが多い」ということになります。

たしかにすぐにでもあなたの高ぶっている相手への気持ちを伝えたいことでしょう。

大好きな気持ちを吐き出してすっきりとしたいことでしょう。

誰かにとられる前に自分のものにしたいことでしょう。

そのように愛の告白をするのは悪いことではありません。

しかし、絶対に社内では告白をしないでください。

社内ってあなたが知らないところに監視カメラが設置されていることもあります。

誰にも聞こえないと思っていてもあなたの声が大きくて誰かに聞かれているとか、誰かが盗み聞きしているなんてよくあることだからなんです。

絶対に気持ちが高ぶっても告白は、会社以外のところで行いましょう。

意識して顔に出てしまうようになる

社内で告白をしようとすでに決心していた方もおられるかもしれません。

誰かに盗み聞ぎされる可能性があるというリスクだけではなく、これにはもうひとつのリスクが潜んでいます。

どんなことかというと、「あなたの顔に出てしまう」ってことなんです。

告白をする前の仕事をしているとき、ほかの後輩に指導しているとき、同僚とちょっとした会話をしているとき。

意識していること(告白をしようとしていること)が顔に出てしまいます。

そうすると「この人はなにかあるぞ」とほかの人から逆に注目されてしまうんですよね。

それじゃあ本末転倒。

このように意識して顔に出ないように最初から自分に手を打っておきましょう。

会社では仕事に打ち込む

好きな人ができたり、その人と両想いになったことがわかるとどんな大人であっても、なんだかソワソワしてしまうものです。

そのような“ソワソワしてる姿”に周りの人って敏感なんですよね!

そこで疑われて社内恋愛がバレても困るだけ。

だったら、好きな後輩のことをまったく気にしなくても済むように仕事に打ち込んでみるのがいいでしょう。

あなたは、今現在ですでに“好きな人のことばかりを考えていて仕事に集中できない”とか“仕事がおろそかになっている気がする”なんていうことはないでしょうか。

もしもそのように自分自身で感じているのであれば、それこそ仕事に無理をしてでも打ち込んだほうがいいでしょう。

頑張る姿に相手も惹かれるはず

仕事に打ち込んでいる間に好きな後輩が誰かと仲良くしていたらイヤ!なんて考えることもあるでしょう。

しかし、あなたは後輩のことを好きである前に後輩の“先輩”なんです。

あなたがこの状態において、しっかりと仕事をこなすことによって、その頑張る姿に後輩も心をうたれるはず。

また、普通に会話をしているときと仕事をしている時というのは、人って“全く違うオーラ”を出しているものなんです。

そんな“いつもとは明らかに違うあなた”を見て、後輩はあなたのことを惚れ直してくれることでしょう。

まだ恋人関係になっていないとか、後輩からただの先輩としか思われていないというのであれば、なおさらです。

そのような姿を見せつけることによって、“先輩”としてだけではなく、“人としてのすばらしさ”を相手に伝えることができるはずです。

当間のことをこなしているだけで、後輩へのアピールができてしまうと思うと一石二鳥ですよね!

他の社員と良い人間関係を構築しておく

あなたは、身の回りのほかの社員たちと仲良くやっているでしょうか?

会社というのは、学校とは違って“本音と建て前”が当たり前のような世界ですよね。

そのため、なかには「仲良くしていない」とか「必要最低限の会話しかしない」なんていう人もいるでしょう。

しかし、もしも本当に社内において後輩との恋愛を成就させたいと思っているのであれば、周りの社員たちとは良い人間関係を築いておくべきなんです。

「こんなやつらには関係ないじゃないか!」と思われるかもしれないですね。

職場の人間関係が良いところというのは生産性も上がるといわれていますし、あなたの“これから”に大きく影響すること間違いなしだからです。

後々その良い人間関係が恋愛に活かされる時が来る

いったいどのようなことなのかというと、仲良くしていたほかの社員たちがよからぬ形であなたの恋愛をサポートしてくれることもあるかもしれないんです。

仲良くしているふりをしている人もいるので、見極めたいところですが仲良くしておけば、あなたの“良いところ”を後輩に伝えてくれるでしょう。

また、なにかピンチに陥った時には協力して手助けしてくれるなんてことも(例えば社内恋愛禁止の会社においてその恋愛関係がばれそうになったときに、みんなでカバーしてくれる…など)。

「会社の人間付き合いはめんどうくさい」なんていわないで、少しは心を開いてみるといいですね。

変に色気付かないで着飾らないようにする

女性にありがちなのですが、好きな人ができると“必要以上”に色気付いてしまう人がいます。

大好きな人に見てもらいたい!もっと好きになってもらいたい!なんて気持ちが高まってしまうからですね。

いつもよりもメイクが濃くなったり、さらにファッションが攻めるようなものになっていませんか?少し思い返してみてください。

外見のちょっとした変化も周囲は気付く

そのような変化に後輩は喜んでくれるかもしれません。

これまでよりもあなたに素敵な魅力を感じてくれるかもしれません。

しかし、変に色気づいてしまうと後輩だけではなく、ほかの社員たちにも感づかれることになります。

「あの人ってば最近変な感じだけど、恋人でもできたのかな?」なんてあなたも誰かに対して感じたことがあるのではないでしょうか。

末永く恋をするためにも、“いきすぎない”程度にとどめるようにしましょう。

仕事の相談を聞くと言って飲みに誘う

後輩とまだ恋愛関係になれていないと、すぐにでも一緒に食事をしたいものですね。

そんなときにランチに誘ったりすると周りの社員に見られてしまう可能性があります。

ですから、そのようなときには「仕事の相談などのるよ!」といって飲みに誘いましょう。

お酒が入ることによって、お互いにいつもよりも緊張せずに会話が弾むんです!

最初は二人きりは避ける

しかし、注意したいのが“二人きりを避ける”ということ。

二人きりを避けるということは、ほかの社員も交えて飲みに行くということです。

後輩によっては、急に二人きりで飲みに誘われるとセクハラに感じる人もいます。

また、周りに変な噂がたつことも。

二人きりで飲みに行くのは、みんなで飲みに行って仲良くなってからにしましょうね!

後輩を好きになってしまう人の特徴

これまでに後輩との恋愛を成就させるため、そしていつまでも続くような末永い関係にするためのアドバイスをしてきました!

いかがでしたか?

もうすぐにでもそのアドバイス通りに実践しようとしている方もおられるはずですね。

こんな疑問は浮かんだことはありませんか?「どうして後輩を好きになったのだろう?」と。

さきほど、後輩の魅力についていくつかお伝えしてきました。

その魅力だけではなく、ここでは“後輩を好きになる人の特徴”をお伝えします。

実は、後輩を好きになる人にはそれなりの共通点があることが分かっているんです。

あなたも特徴のうちの一つだけでもあてはまるはずです!

下に兄弟姉妹がいる人

あなたには下に兄弟がいませんか?

弟や妹などがいる人は、もともと年下の面倒を見るのが上手であることが多いです。

それは小さいころからお兄ちゃんやお姉ちゃんとして、弟や妹たちとかかわってきたから。

それに年下の扱い方だとか、年下がされてうれしいこともなんとなくで知っているのでそれを実践できます。

また、下の弟や妹たちの面倒を見てきたために、ちょっとでも困っている人を見るとまるで弟や妹をみるかのように気になって仕方がないんですよね。

どうしてもお世話したくなり、結果的に後輩のことを好きになります。

面倒見が良い

ひとつ前の項目にも共通するのですが、後輩を好きになる人は“面倒見がいい”ということがあげられます。

面倒見がいいということは、お世話が上手だということ。

それに後輩が何か悩みを打ち明けることがなくても、「この子はこういうことで悩んでいるんだな」と察することができます。

そこであなたから話すこともできるので、好きな後輩からだけではなく多くの後輩から慕われているはずです。

頼られたい

誰かに頼られたい!頼りにしてもらって自分の存在を認めてもらいたい!…そのように感じている人は多いでしょう。

特に後輩を好きになる人は、この傾向が強いです。

そのため、立場的に頼られることの多い後輩に対して恋心を抱きやすいのです。

要するに、同僚にでもたくさん頼られれば頼られるほどにその相手のことを好きになるなんて言うことも。

あなたはその傾向はありませんか?

これまでにちょっと頼りない人を好きになってばっかりだったとか、守ってあげたいタイプといわれるような人しか好きになることができなかったなんてことが多かったはずです。

今回はその的が“後輩”に向いてということですね。

自分にあまり自信がない

自分に自信がない人というのは、少しでも認めてもらえるような発言をされたり、頼られるだけでその相手のことを好きになってしまうことがあります。

自分のことを認めてほしいという気持ちを満たしてくれる人だからこそ、好きになるんです。

後輩は、立場的にあなたに頼らざるをえません。

あなたしかいないんです。

そんな「自分だからこそ頼ってくれている」ということにドキドキしてしまうんですよね。

精神年齢が高くない

精神年齢が高い人は、年下よりもむしろ同い年だとか先輩を好きになるものです。

なぜかというと“会話が合う”からです。

会話が合うということは、考え方そのものも似ているということ。

しかし、後輩を好きになる人(年齢が年下の後輩に限る)というのは、考え方が幼い傾向があります。

だからこそ、幼い考え方をしている年下との会話で盛り上がることができるんです。

つまり、「性格が合う」と錯覚するんですね。

その結果、その相手を好きになります。

あなたは、どこか幼いとか若々しいなんてことを言われたことはありませんか?

それって、精神年齢が低いということなんです。

もしもあなたの精神年齢があがれば、後輩よりも先輩のことを好きになり始めるかもしれません。