CoCoSiA(ココシア)

同期との恋愛を発展させる5個の方法!社内で注意するべき6個のことも!


社内恋愛はよくある話ですが、同期との恋愛となると、またちょっと違いますよね。

恋に落ちやすい状況ではあるものの、いざ付き合うとなったら気に掛けることがたくさんあります。

この記事では、同期との恋愛を発展させる5個の方法と社内で注意するべきことをご紹介します。

同期と関係を発展させたい人は参考にしてみてくださいね。

同期に好きな人ができた!そんな時はどうすればいい?

同期に好きな人ができる時期は大体新卒1~2年目です。

その後は…まぁそれは今はいいとして、新卒の頃というのは初めて覚えることばかりで大変ですから、一緒に乗り越えようとか、飲み会で相談し合おうとかしている内に恋心に発展しやすくなっています。

恋しちゃったらその気持ちをなかったことにはしづらいですし、出来ることなら付き合いたいと願うのも当たり前です。

では、どうすればいいのでしょうか。

社内恋愛とは?普通の恋愛と違う?

一緒です。

本人の気持ちとしては何も違いがありません。

が、しかし、対応は変わります。

そもそもビジネスの場にプライベートの感情を持ってくるのは完全にアウトなので、あからさまな恋愛モードを曝け出せるはずもないですよね。

家庭でのイライラを後輩にぶつけているオッサンや、なんだかずーっと怒っているお局と大して変わらなくなってしまいます。

そういうわけですから、社内恋愛が上手くいこうといくまいと、オンオフをきっちり分けなきゃならないことが大前提です。

別の職場の人と付き合えば当然できることでも、顔を合わせる分、難易度は高めといえます。

意中の人が社内にできてしまった人!

かくいう筆者もその1人です。

同期ではありませんけども。

結果ゴールインするだろうってところなので、社内恋愛を否定する気はサラサラありません。

ただ、その一方で社内恋愛のスッタモンダで汚い別れ方をした人を何人も知っています。

彼らに共通することはただ1つ。

それは後半でご紹介します。

同期との恋愛を発展させる5個の方法

まずは同期の気を惹くために何ができるかを考えてみましょう。

一般的な恋愛と大差ないものと、社内ならではの行動とに分かれます。

いずれにしても、振られると気まずいので相手の好意が明確に感じられるまではグイグイ行かないというのがコツです、

1.さり気なく会話をする

最初から恋愛モードで話しをすると、相手からすると「職場で何やってんのこの人」と思われてしまいます。

相手の熱量が追い付くまでは、当たり障りない会話を心がけましょう。

また、話しかけるタイミングも社会人としての節度を守ることが大切です。

休み時間など

会社によって休み時間が決まっている場合と自由な場合とがありますよね。

営業マンだと外回りばかりで休み時間に接触することが難しかったりしますが、それ以外であれば、一緒にランチに行くなどの手段があります。

とくに新卒3年目くらいまでの同期なら皆でランチに行くみたいな流れがまだ残っていたりするので好都合です。

仕事関連の相談などをその人にする

仕事の相談であれば自然です。

ただし、本来は上司や先輩に相談してこそ改善できるわけですから、相談内容は同期にしか話せないようなことが適しています。

それでいて、相手が本気で悩まなくてもいいようなことが良いですね。

人は、自分がすぐ答えられることで相手が助かると快感を覚えるようになっています。

本当は自分でも分かっていることを相手にあえて答えさせ、快感を与えてあげれば良い気持ちにさせることができます。

この良い気持ちが続くと「この人といると気分が良いな」に変わってくる可能性があります。

ただし、あんまりやりすぎると「コイツはそんなこともわからないのか?」と思われたり、相手が調子に乗ったりするのでバランスが大切です。

2.仕事で協力を求めて近付く

相手からすれば迷惑な話ですが「同期だし助けてあげようかな」とは思えます。

毎回残業させられたんじゃたまったもんじゃないですけど「企画を考えてるんだけど意見をくれないかな」とかフラッシュ案で済むようなことだったら楽しめます。

「このデータ入力を明日の朝までに終わらせたいから手伝って」はダメです。

そんなのは時間管理を自分でやって、きっちり業務時間内に終わらせてください。