社会人になったら、仕事と家の行き帰りだけの毎日になってしまって、恋愛する時間がない!!

…なんて思ってたら、あらら☆意外とすぐ近くにステキな男性が♪

普段は仕事に厳しい自分の職場の上司だけれど、優しくフォローしてくれたり、励ましてくれることもあったり、ミスをかばってくれたり…

いつの間にかそんな上司が、頼もしい一人の気になる男性になっていた、なんて経験はありませんか??

部下から慕われて、上からの信頼も厚く、仕事には厳しいけれど時々見せる笑顔がほんとうにステキで…◎

仕事もできて、頼りになる、そしてスーツ姿がキマッてるかっこいい上司のことが、どんどん好きになってしまっている自分に気づくかもしれません。

でも同じ職場の中での恋愛ってどう動いたらいいか、悩んでしまいますよね。

失敗しちゃったらそこの職場には居づらくなってしまうし…なかなか動き出す一歩が踏み出せないでいる方も多いかもしれません。

同じ職場の上司を好きになってしまった場合、どうしたら成功するチャンスが増えるんでしょうか??

上司好きになってしまった!社内恋愛はアプローチが大事!

職場の中では、やはり上司と部下という関係ですし、その上司には他にもたくさんの部下がいるわけですから、一方的に何も考えずにアタックしていくのは、絶対にしてはいけないことです。

周りに迷惑がかかるほどガツガツ距離感を縮めようとすると、上司も戸惑いますし、もしかするとちょっと引いてしまうこともあるかもしれません。

でも、職場内にはほかにもたくさんのかわいい女の子たちが(-_-;) 

その子たちに先を越されたくはないし、自分だけをどうやったら特別な存在として意識してもらえるんだろう…

そこのバランスがほんと難しいんですよね。

だから、同じ職場内での、いわゆる「社内恋愛」は、アプローチの仕方に工夫をすることが大切なんです。

最初っから「好きなんです、付き合ってください!!」とグイグイ行くよりも、徐々に距離を縮めていって、いつの間にか上司もあなたに好意を持ってくれるようになって、アプローチしてもらえた♪ 

これがいちばんベストな結果ですよね(笑)

では、社内で上司を好きになってしまった場合の、恋愛が成功しやすい、求愛テクニックなるものについて取り上げてみましょう☆

上司を好きになってしまったらやりたい職場恋愛求愛テクニック!


社内での恋愛は確かにとっても気を遣いますし、テクニックは必要にはなりますが、自分も相手も、お互いのことをよく知れるためには絶好の環境といえるでしょう。

基本、毎日朝から夕方まで顔を合わせるわけですし、仕事といえども一緒に時間を過ごせるんです。

こんな良い環境は逃す手はありません♪

少しでも、あなたの存在を「部下の一人」としてではなく、「気になるひとりの女性」として上司に見てもらえるように、さまざまなテクニックを使って臨みましょう!

イベントは逃さない!

どんな会社でも、一年を通して独自のさまざまなイベントが開催されると思います。

たとえば、運動会やボウリング大会、各種スポーツ大会などがあります。

キャンプや温泉、パーティ、社員旅行が行なわれる会社もあるでしょう。

また季節行事として、お花見や夏祭り、バーベキュー、忘年会や新年会などもあります。

会社のイベントは、社員のモチベーションを上げる目的や、普段はあまり会話をする機会のない、他の部署の人たちともコミュニケーションを取ることで、連携を強化したり交流を深める目的で行なわれます。

会社が休みの土、日曜など休日に開催されることも多いので、お休みの日くらい会社からは解放されたい!という気持ちも出るかもしれませんが、ぜひこうしたイベントに積極的に参加しましょう♪

上司は絶対参加を上から要求されていると思いますから、必ず出席します。

普段はスーツ姿しか見れない、上司の貴重な私服姿を見れるチャンスでもあります♪

とびっきりのかわいいファッションコーデをして、上司に「お!なんかいつもの○○さんと雰囲気違うね~」と女として意識してもらえるチャンスでもあります。

また、普段仕事の時はそこまで話しをする時間やチャンスがないと思いますが、こうしたイベントは二人っきりで話せる機会が生まれて、一気に距離を縮められるかもしれませんよ☆

残業を手伝う!


残業を一緒に手伝えば、それだけ一緒にいられる時間が長くなる、ということになります。

いつも残業を嫌がらずに、仕事を手伝ってくれる一生懸命なあなたの姿に、上司の好感度が上がるのは間違いありません。

日中の仕事の時は、上司はいろんな人に気を配ってフォローを入れないといけませんから、一人一人を細かく見る時間や余裕はあまりないでしょう。

でも残業となると、全員が残るわけではないので、人数が減っている分、あなた自身のことをよく見てもらえるチャンスだとも言えます。

頃合いを見計らって、そっと抜け出してコーヒーやお茶、栄養ドリンク、飴やガムのようなちょっとしたものを差し入れするのもポイントです♪ 

「お!気が利く子だな♪」と良い印象を持ってもらえること間違いなし!でしょう。

ポイントは上司に逆に気を遣わせたり、警戒されないように、差し入れは「ちょっとしたもの」にするということです。

焦らず、距離は少しづつ縮めていくのが社内恋愛においては重要です。

休日出勤で2人きりを狙って

残業と同じように効果的なのは、休日出勤をして一緒にいられる時間を作ることです。

休日出勤の方が、もしかすると残業よりも二人っきりになれるチャンスを作りやすいかもしれません。

普段の仕事中の時には、それほど私語ができないと思いますが、このような休日の仕事の時だったら、お互いリラックスして、普段は話さないようなことも話題にできるかもしれません。

仕事の悩み相談をすれば、上司としても一男性としても、頼られていると分かって上司も喜ぶに違いありません。

何気ない会話の中で、自分を知ってもらえるようにアピールすることもできます。

また、休憩やお昼のランチタイムも「一緒にどうですか?」と誘うこともできますよね。

こんないいチャンス、利用しない手はありません♪

上司の誘いには断らない

上司の方から、「自分の仕事のアシスタントとして動いてくれないか」とか、「一緒のチームでサポートしてもらえないだろうか」と近頃よくお願いされるな~と思う時は、もしかすると上司の方もあなたに好意を持っている可能性があります。

ハッキリ言って、上司という立場をうまく利用して、少しでもあなたと一緒にいようとしているわけです(笑)

もしかすると上司は、まだあなたに対して「好き」という気持ちまではいっておらず、「気になる」程度なのかもしれません。

でもそうした上司のお願いや誘いを断ってしまうことで、別の女の子と急接近してしまう危険もあります。

自分の業務が忙しくて手が回らない、という場合であったとしても、なるべく誘いを断らないようにしましょう。

また、ランチや仕事帰りの飲みに誘われた場合も、脈ありの証拠でしょう。

それが上司と二人っきりだとしたら、ほぼ確実に上司もあなたに気があります。

基本上司は、周りや本人に誤解を与えないためにも、二人で食事や飲みをしようと誘うことはまずありません。

それがもし二人で…と誘ってきたなら、それはあなたに気がある証拠です。

そうした誘いは、距離を縮められるチャンス!と思って、なるべく予定を調整して受けるようにしましょう♪

最高の笑顔で挨拶

男性は女性の笑顔に弱い生き物です(笑)

毎日忙しいスケジュールをこなして、疲れ切っている上司の心を、“最高の笑顔”で癒してあげましょう♪

朝一番の挨拶も、明るく元気に“最高の笑顔”で、「おはようございます!」と近づきます。

帰りの挨拶も、「お疲れ様でした」と、気持ちを明るくさせる声と表情を意識して行ないましょう。

しかもそれは上司にだけでなく、みんなにすることです。

そうしたあなたの毎日明るい笑顔に上司も癒されたり、元気づけられて、「こんな娘とプライベートも一緒に過ごしたいな」と思ってもらえるはずです。

飲み会は近くの席をキープ

社内で飲み会が開催される時には、さり気なく上司の近くの席をキープしてみましょう♪

近くの席にいると、上司と他の人の会話を盗み聞きすることもできます(笑)上司のお酒や食事の好みなんかも分かりますよね。

上司の好みや嗜好パターンなどが分かると、別の機会にさり気なく、そうした好みに合ったものをプレゼントできたり、話題として触れることができます。

「この子、なんで俺の好み知ってくれてるんだろ」と上司のハートを掴むことができちゃうかもしれません♪

また、近くに座れば、お酒を注いだり、オーダーを頼んであげたりもできちゃいますよね。

「気が利く子だな♪」と好印象を持ってもらえるチャンスです◎

人づてに褒めまくろう

良いうわさも悪いうわさも、社内はあっという間に広まりますよね。

そうしたうわさを利用して、自分の上司への思いを広めてもらっちゃいましょう♪

「○○さんのこういうところを本当に尊敬しているんです」とか「○○さんて、男としても上司としてもかっこよくてパーフェクトですよね♪」と、人づてに上司を褒めまくるんです。

そうすれば、「そういえばこの間□□ちゃんが、○○さんのことすっごく褒めてましたよ」と上司の耳に伝わることは間違いありません。

特に、上司としての仕事ぶりを褒めるのがおススメです。

他の人にそんな風に自分のことを褒めてくれてるんだ、と上司も嬉しくなっちゃって、あなたのことをきっと意識するようになるんじゃないでしょうか☆

出勤、退社時間を合わせる

上司が毎日乗る電車やバス時間が分かれば、偶然を装って、時間を合わせてその電車やバスに乗ってみましょう。

あまり毎日やってしまうのも引かれてしまう可能性もあるので、時々、がポイントです。

通勤の間にプライベートな会話をしたりして、距離を縮めていけるかもしれません。

帰りの退社時間は、お互いの仕事のペースや量も違うので、合わせるのはなかなか難しいかもしれませんが、上司が帰りの準備を始めるタイミングを見計らって、自分も帰り支度を始めましょう。

一緒のエレベーターに乗れたらチャンスですよね!

「お疲れ様です。今日はそのまま帰るんですか?」と聞いてみたら、もしかしたら上司の方から「飲みに行くか」と流れで誘ってもらえるかもしれません。

帰り方向が一緒であれば、「途中まで一緒にいいですか」と言って、一緒に帰りながら話すチャンスも生まれることでしょう。

ランチや食事に積極的に誘う

一緒に働いている他の社員の手前もありますから、ランチに二人で行くために誘うのはなかなか難しいかもしれませんが、最初は二人でなくても、何人かで行く時に上司も誘うことができます。

「今から□□というお店でランチするんですけど、○○さんも一緒に行きませんか?」と積極的に誘えます。

脈ありだと分かっているなら、最初から二人っきりでもいいですよね。

自分が好意を持っていることが伝わりやすいと思います。

帰りはタイミングが一緒だったら、「良かったら飲みに行きませんか?」とか「食事して帰ろうと思ってるんですけど、一緒に行きませんか?」とぜひ積極的にアプローチしてみてくださいね♪

仕事の相談をしてみよう

男性は頼られたり、甘えられたりすると嬉しいです。

それが上司であったならなおのこと、部下から仕事の相談をしたい…と言われたら、頼りにされていることが分かって、きっと嬉しく思うに違いありません。

前もってメールをしておくのも良いでしょう。

「仕事のことで今度ご相談したいことがあるのですが、時間を取っていただけますか」と言っておけば、ゆっくり話せる時間と場所を選んでくれるはずです。

最初っからプライベートな相談を持ちかけると、相手も警戒してしまいますから、最初は共通の話題である仕事のことから相談して、頼りにしていることをアピールするのが良いと思います。

差し入れを持っていく

上司が残業の時、休日出勤をしている時、ちょっと休憩の合間に食べたり飲めるものを差し入れしてみましょう。

小腹が空いているとか、疲れているというその時の状況に応じて、季節に合わせた飲み物や栄養ドリンクを差し入れしたり、軽食のような、パッとつまめるものを差し入れしても良いですよね。

また、お花見やバーベキューなどの会社のイベントに参加する時には、手作りのスウィーツなんかを用意して差し入れするのもポイントです。

女子力アップしますし、上司の女の子としてのあなたの評価もきっと上がるんじゃないでしょうか♪

上司の好みを事前にリサーチして差し入れできたら、なおグッドですね◎

連絡先を交換してみよう

職場の異性に連絡先を聞くのは、けっこう勇気が入ります。

そこまで親しくないのに「え?なんで知りたいの??」と聞かれてしまう可能性もあるからです。

上司だったらなおのこと、普段そこまで接点がなかったら、携帯番号やメルアド、ラインなどを交換するのは緊張しますよね。

「何か理由でもあれば、連絡先を聞きやすいのにな~」と思ってしまいますよね。

そうです、警戒されずに連絡先を聞いちゃうために、理由を作っちゃいましょう!!

いちばん良いのは、イベントの時などに写真をいっぱい撮って、「みんなに送りたいので、連絡先聞いてもいいですか?」と言って、上司の連絡先もさり気なく聞いちゃう方法です。

他にも飲み会の幹事を引き受けて、みんなに連絡するために教えてもらう方法もあります。

あとは、ちょっとわざとらしいので演技力が試されますが(笑)、自分のスマホが見当たらないふりをすることです。

カバンの奥底の方にでも入れといて、「すみません、私の番号伝えるのでかけてもらってもいいですか?」と言ってみましょう。

もちろん連絡先をゲットした後は、その日の夜にでも「今日はありがとうございました。」と短くメールを入れるのもポイントです◎

ちょっとプライベートな質問をしてみる

仕事をしている時はプライベートな話しをしたり、質問することはしません。

というより、基本的に職場の人は仕事上での関係ですから、よほど親しくなりたいと思わない限り、特に異性にプライベートな質問をすることはまず少ないでしょう。

なので、ときどき何気ない会話の中で、プライベートな質問をしてみると、「え?この子もしかして俺に(私に)気があるのかな…」と気になってしまうと思います。

仕事中は公私混同になってしまうので、ランチをする機会や休憩の時、通勤が一緒になった時などに聞いてみましょう。

飲み会の時など、お酒が入ってるときはよりリラックスできて良いかもしれませんね。

「○○さんて休日は何をして過ごしてるんですか?」とか「何人兄弟なんですか?」とか、その人のプライベートが分かる質問をしてみましょう。

たたみかけるように一度にたくさん質問するのではなく、一回に1つか2つの質問に留めておくのが、圧倒させてしまわないポイントです。

会社以外のことで連絡する

仕事が終わって夜になってから、あるいは仕事休みの休日などに、メールやラインをしてみるのも良い方法です。

仕事の相談とか、会社の連絡といった名目ではなく、「特に用はないんですけど、メールしてみました」とか「今日の夜は何を食べたんですか?」といったようにです。

相手もそれを嫌がっている風もなく、素っ気ない返事でもなければ、意外と脈ありと思ってよいでしょう。

少しずつ会社にいる以外に過ごす時間を増やすことで、距離はグッと縮まっていけるに違いありません。

2人だけの秘密を作る

たとえば、上司に個人的な相談に乗ってもらった場合、「このことは○○さんにしか話していないので、他の人には言わないでもらえますか?」と言って二人だけの秘密を作るのも手です。

もし二人で食事をする機会があった時には、「こんなおいしいお店、誰にも知られたくないから会社の人には内緒にしませんか?」と言うのもありですし、

「○○さんと一緒にご飯したなんて同僚にバレたら、ズルいって思われちゃうから、今日のことは秘密にしておいてくださいね♪」なんていうのも良いでしょう。

二人だけの秘密を共有すると、なぜだかドキドキ感が増して特別な関係になったような錯覚に陥ります。

そうすると、その秘密を共有している相手のことをだんだん意識していくようにもなります。

上司と二人だけになった時に、「この間一緒に行ったお店、またみんなには内緒で行きませんか?」とまた誘ってみるのも良いでしょう◎

雰囲気がよかったらデートに誘ってみて

一緒にランチやディナーをしたり、個人的に話す機会が増えると、もしかすると上司の方も自分に好意を持ってくれているのでは?という好感触を感じるかもしれません。

一緒に話しをしていると、お互い和やかな空気で話せるとか、話しがすごく合うなどというと、なおのこと脈ありの雰囲気を感じる時があるでしょう。

そんな時は思いきってデートに誘ってみるのはどうでしょうか。

上司の趣味や好きなことが分かっていれば、そうしたものを事前にリサーチしておいて、「今度どこどこで、○○さんの好きな□□があるみたいなんですけど、一緒に行きませんか?」と誘うこともできます。

デートに応じてくれたら、それはもうアプローチを進めて良いサインと言えるかもしれません。

頼りになる先輩上司に相談する

社内に信頼できる先輩や上司がいますか?きちんと相談に乗ってくれて、しかも絶対に口外しない、口の堅い先輩や他の上司に話してみることもできます。

自分一人では、なかなか積極的に近づいて好きな上司にアプローチできない場合は、なおさら職場内の信頼できる同性を味方につけると、何かと役立ちます。

一緒にその上司とランチや飲み会に行けるように、声をかけてくれるかもしれませんし、あなたが好きな上司と近くに座れるように便宜を図ってくれたりもするかもしれません。

先輩や上司だと、その気になる上司と対等に話す機会も多いと思うので、あなたの魅力を代わりにアプローチしてくれることもあるでしょう。

そのように周りの協力によってサポートしてもらうというのは、社内だからこそできるテクニックの一つと言えます。

ファンや尊敬している先輩と公言する

最初っから、「私、○○さんのファンなんです~」とか「大大大っ好きな、いちばん尊敬している先輩です!!」と、その本人がいる前で堂々と公言しておくのも良いでしょう。

ただし、あんまり軽い雰囲気でおちゃらけて言ってしまうと、ふざけていると思われて、恋愛の対象から外されてしまう場合もあるので、そこは注意が必要です。

公言しておくと良いメリットは、同じ職場にいる他の女性たちに牽制を与えられる、ということでしょうか。

この上司には手を出さないでおこう…という気持ちになってもらえるかもしれません。

上司好きはここに注意!

さてさて、ちょっとハードルの高そうな、社内での恋愛テクニック、上司との恋がうまくいくための秘訣はいかがでしたか?

意外と難しそうな社内恋愛ですけど、同じ空間にいつも一緒にいる相手だからこそできる、テクニックもさまざまありましたよね。

ぜひできることはなんでもトライしてみてください♪

さて、晴れて上司とうまくいって、両想いになれたとします♪ いよいよ楽しい、上司との恋愛が待っています。

毎日顔を合わせられるし、こんなに幸せな環境ってないですよね☆

でも気を付けなければいけないのは、「公私混同」です。

仕事が終われば恋人同士でも、社内では依然として変わらず上司と部下の関係です。

しかも上司には、自分だけではなく他にもまとめなければならない部下がいます。

では、社内恋愛をする時に、どんなことを気を付ける必要があるでしょうか。

お互いにとっても、一緒に働いている同僚に迷惑をかけないためにも、当然のルールは守って社内恋愛をするのが大切です。

ここからは、上司にいま片思い中の人でも、晴れて上司と両想いになった人でも、ぜひ注意してもらいたいポイントを取り上げたと思います。

特別扱いはしすぎない

たとえ恋人同士になってからでも、お互いに「特別扱い」してもらうことを期待してはいけません。

特に部下の側である女性は、自分がどんなミスをしても絶対に怒らないで欲しいとか、他の人とは違う優しさを見せて欲しいと期待してはいけません。

もちろん上司の側もそうです。

他の部下と、恋人に対する態度に差を見せてしまうことがないように気を付けましょう☆ 「仕事は仕事」、この気持ちをお互い忘れないことが大切です。

味方にする人を選ぶ

会社の中で付き合っていることが周囲に知られてしまうと、仕事がやりづらくなったり、業務に支障が出るので、たとえ社内恋愛が禁止されていなくても、周りには内緒にしたい、というカップルも多いようです。

でも社内で、自分たちの味方になってくれそうな信頼できる人を、一人か二人選んでおいて、何かあった時にフォローしてもらえるように頼んでおくのは良いことです。

そうすることで、たとえバレそうになった時でも、その人がうまくごまかしてくれて、お互いに仕事しやすい環境を守ってくれることでしょう。

味方になってくれる人は、口の堅い、秘密をきちんと守ってくれる相手を選ぶことが大切です。

わかりやすい態度に出さない

社内で秘密にしている場合でも、公言している場合でも、恋人としての雰囲気やラブラブっぷりを、分かりやすく態度や表情に表すのはタブーです。

仕事場の中に、そうしたラブラブ感を出されると、周囲の人も仕事がやりづらくなります。

恋人である上司に対する、周囲の評価にも影響します。

もしそうした評価が原因で、他の部署へどちらかが移動させられたり、左遷なんかになったら嫌ですよね。

尊敬される上司としての立場を保てるように、どんなにアツアツでもラブラブだったとしても、仕事中はそれを態度に出してはいけません。

仕事に支障が出ないように

好きな人のことをもっと知りたい、近づきたいという気持ちが募っていくと、仕事中でもいろんな質問をしたりして聞きたくなるかもしれません。

でも、仕事中はじぶんのやるべき仕事に集中しましょう。

たくさん私語ばかりが増えて、仕事に支障が出たり影響を及ぼすと、困るのはあなたの好きな上司です。

上司は部下の仕事の全責任を負う立場にあるわけですから、あなたが恋にうつつを抜かして、仕事でミスが増えたり、効率が悪くなると、怒られるのは上司ですし、キャリアアップの査定に響くのも上司なのです。

一緒の空間にいられて嬉しいのは分かりますが、仕事中は仕事に集中できるように努力しましょう☆

会社が禁止だったらルールは守る

会社によっては、社員同士の恋愛を禁止しているところもあります。

恋愛していることがバレると、どちらかが会社を移動したり、左遷になる場合もあります。

会社が禁止しているなら、同じ職場にいる間はそのルールを守って、先に進むのを控える必要もあるかもしれません。

チャンスを待って、どちらかが仕事を変えたとか、部署が移動になった時にアプローチをかけるのでも遅くはありません。

会社には迷惑をかけない

同じ職場での恋愛は、なにかと周囲にいらない気配りや遠慮をさせてしまうことになります。

あまりに好きなことをアピールしすぎて、相手の上司を困らせたり、仕事をやりづらくさせてしまうことがないように気を付けましょう。

また当たり前のことですが、好きになった上司が既婚者であった場合は、なおのこと自分の想いにブレーキをかける必要があります。

不倫はどちらの側にとっても最悪の結果しか生みません。

立場や役職を失うだけでは済まないのです。

会社にも迷惑をかけることになります。

既婚者である上司に好意を抱いた場合は、その感情を「憧れ」だけで終わらせるのが賢明です。

仕事中のアプローチはNG

社内での恋愛を本気で成功に導きたいと思うなら、基本的に仕事中に相手にアプローチしたり、モーションをかけるのは絶対にしてはいけないNG行為です。

公私混同している姿は、社会人としても、ひとりの人間としても“イタイ”存在に映るだけで、決して魅力的な人とは上司の目にも映らないはずです。

それよりも普段は仕事を一生懸命にこなしてくれて、まったく好きなそぶりも見せていないのに、食事や飲み会の席や、仕事の後に話した時に見せてくれる、あなたの女性らしい姿を見た時に、上司もグッと気持ちが掴まれること間違いありません。

上司に甘えすぎない

どんな人でも、どんなに気を付けていても知らずのうちに関係性が表面に表れてしまう事ってあります。

“彼氏”になった上司の方が、ついあなただけには甘くなってしまうことだってあり得ます。

そうした関係性に甘えたり、仕事上に持ち込まないように気を付けるべきです。

二人の関係が職場内で知られているかどうかに関わらず、「ひいき」しているような上司の態度や、それに甘えているあなたの態度は、周りの人のねたみややっかみを生じさせてしまうだけです。

職場の空気が悪くなってしまうと、ずっとそこで二人が働くのは難しくなるかもしれません。

彼が上司という立場であるからこそ、仕事に手を抜かず、どんなめんどくさい仕事でも引き受けて懸命に打ち込むことで、周りとの関係も良いものにできます。

ラブラブっぷりを見せない

当たり前のことですが、職場で他の人のいる前で、見せつけるようにイチャイチャしたり、ラブラブっぷりをアピールするなんて、もってのほかです。

そんなの、ただのバカップルにしか見えませんよね。

社会人としての常識も、人間性も疑われるだけです。

それは、あなただけでなく、上司である彼の立場や評価も下げてしまうことになります。

完ぺきに恋人としての関係と、上司と部下としての関係を切り分けられないのは確かです。

ときどき顔の表情や、仕草に表れてしまう事は誰でもあります。

でも公にアピールすることだけは絶対にやめましょう。

それよりも、二人にしか分からないサインなんかを決めておいて、こっそり楽しむ方がドキドキ感があって逆に燃えるんじゃないでしょうか(笑)

【職場で好きな人にとりがちな行動については、こちらの記事もチェック!】