手をつなぐことやキスをすることは、恋人や夫婦の間での愛情表現としてよく行われ、お互いに安心感や幸福感に包まれると思います。

しかし付き合う前や、彼氏でもない人から手を繋がれたり、キスされた場合はどうでしょうか?

複雑な気持ちになりますよね。

相手が自分の好きな人か、それとも異性としては見れない人かによっても変わりますが、どんなつもりでしたのか、何か意味があるのか、それともただの勢いか、自分のことをどう思っているのか、頭と心がドキドキぐるぐるとパニックになるかもしれません。

今日はそんな時の男性心理についてみていきたいと思います。

いったい恋人じゃないのにキスや手を繋がれたのはどういう意味なのでしょうか?

男性心理を解説していきます!

恋人じゃないのに…その意味は?

ジェネレーションや育った環境、友達からの影響によって、ある程度の差はあると思います。

しかし、恋人だけがするスキンシップ、好きな人とだけしたいこと、愛がないならするべきではないと感じる行為というラインが世間的な常識としてありますし、個人としてもしっかりとした基準をそれぞれが持っていると思います。

ですから、常識や自分の基準と違うようなことを急にされると、とてもびっくりして、どういう気持ちでしたのか知りたくなりますよね。

恋人じゃないのに恋人みたいなスキンシップ

あなたは、キスやハグ、腕を組んだり手をつなぐことは恋人だけがするスキンシップだと思われますか?

これは人によって意見が分かれると思います。

キスといっても、ほっぺは友達でもいいけど、唇にするのは好きな人じゃないと嫌という方もいるでしょう。

また、腕を組むのなんてなんの意識もしないという方もいれば、触れられただけでドキドキが止まらなくなる人もいると思います。

しかし一般的には、”相手に触れたり、キスをすることは、恋人同士、少なくとも好意を持っている人同士ですることだ”という認識がありますよね。

しかし恋愛は、価値観の違う二人によって始まります。

ですから、軽いスキンシップから恋愛が始まるのか、自分の好意をボディータッチで伝えようとすることもあるでしょう。

頭の中が「?」でいっぱい

あなたは男性から突然抱きしめられたり、キスをされたことがありますか?

もしあるなら、その時どう思われましたか?

「どう思うもなにも、びっくりしすぎて頭の中が真っ白になった」という方が多いと思います。

「どういうこと?」「なんでこんなことしたの?」「私のこと好きなの?それとも遊びたいだけ?」と頭の中がクエスチョンマークでいっぱいになり、どんな意味があるのか、そうなったシチュエーションや、相手のリアクション、その後のアクションなどから、なんとかそうした理由を読み取ろうと必死で考えますよね。

でもその本意はなかなかわからないのではないでしょうか?

シチュエーションに合わせて意味を理解しよう

大抵の女性は、彼氏やパートナーではない男性から、突然キスをされたり、手を繋がれたら、ドキドキし、混乱したりパニックになると思います。

しかし残念ながら、男性の中には、”酔っ払った勢いでキスしてしまった””密室でそんな感じの雰囲気だったから”とただの流れでしてしまったという人もいるのです。

または、”自分に好意があるのか知りたかった””手を繋いでも嫌がれなかったら告白しようと思った”などと、女の子の気持ちを確かめたくてする人もいるようです。

ですから、シチュエーションによってその理由がはっきりしてきそうです。

飲み会の時やクラブで遊んでいる時などは、遊びや勢いでしている場合が考えられますが、何度か二人で出かけた後や、友達だと思っている男子からされた場合は、あなたに好意があり、その気持ちを伝えたかったり、あなたの気持ちを知るためにスキンシップを使っている可能性が高いでしょう。

恋人じゃない人からの○○の意味

愛情表現とされているスキンシップといっても色々ありますね。

ですからこれから、キスや手をつなぐこと以外にも、頭をポンポンしたり、肩を抱き寄せたりなど、好きな男性にされると女の子がキュンとなってしまう仕草と、それをする男性の心理をご紹介いたします。

しかしあくまで、恋人ではない人からのボデイーッタッチですので、お間違えのないように、その意味を読み解くようにしましょう。

手を繋いでくる


あるアンケートによると、付き合う前の女性と手をつなぐことができると答えた男性は、半数強いました。

その理由として、男性は、本能的に女性を守ってあげようという思いを持っています。

ですから、人混みで逸れそうになったり、足元が悪い時、車の往来が激しい時、夜道など”危ないな””大丈夫かな”と感じるようなシチュエーションだと自然と手が出ることもあるそうです。

しかし100%ピュアな本能ではなく、「必要に駆られて」という程で、少し気になる人の気持ちを確かめようとしたり、雰囲気を盛り上げてロマンチックな方向に持っていこうという思惑もあるそうです。

ですから、もし好きな男性と一緒にいるなら、男性の本能が生きるようなシチュエーションを作って、自分の好意も伝えられるようにするのもいいかもしれません。

肩を寄せてくる


男性にとって、肩は一番スキンシップをしやすい場所だと言われています。

ですから、肩をポンと叩いたり、ちょっと抱き寄せるような仕草は、性的な意味は薄く、妹のように可愛く思っていたり、大事な後輩や友人を励ましたり、信頼感を表していることが多いそうです。

好意を抱いていることには変わらないのですが、セクシャルな目的はなく、だたとても可愛く思っていると受け取ることができるでしょう。

もし好きな先輩などから、肩を組まれた場合は、変に誤解したり、ガツガツいかずに、ニコッと最高の笑顔を見せるなら、この笑顔をもっと見ていたいと、彼女として見てもらえるようになるかもしれません。

腕を組んでくる

女性の腕は柔らかくて、プニプニしていることが多いです。

ですからゴツゴツした腕の男性からすると、女性らしさを感じる体のパーツで、触りたくなるそうです。

ですから、腕を組むことは、女性が思うよりも、あなたのことを女性として見ている可能性があります。

とはいっても、下心があるというよりは、少し好意があるくらいの段階らしいので、意識しすぎないようにしましょう。

また腕を絡めることは、所有欲を表している場合もあり、自己主張の強い男性だったり、情熱的な人の場合は、誰かを嫉妬させたり、ただあなたとの距離を縮めようとして行う場合もあるので、感情を振り回されないように冷静に受け流すようにしましょう。

唇にキスをしてくる

唇へのキスは、誰にとっても特別なものですよね。

ですからもし付き合ってもいない相手から、唇にキスをされるということ自体が衝撃となってしまいます。

もし、全くあなたが好意を持っていない人だった場合なら、本当に気持ちが悪くなるでしょうし、セクハラやレイプされたに近い怒りの感情が湧き上がることでしょう。

しかし、好きな男性からだった場合、彼も自分のことが好きなのだと嬉しく感じるかもしれません。

では、男性は恋人ではない女性の唇にキスをするというのはどんな心境なのでしょうか?やはり多くの男性も、女性と同じで、好きな女性にしか唇にキスをすることはないという意見が圧倒的に多かったです。

本気だということ、好きだということを伝えるために唇にキスをすると考えて間違いないそうです。

しかし、”キス魔”という言葉があるように、ベロベロによっていたり泥酔している場合は、すでに理性を失っていて、相手が誰であろうとただ単にキスをしたいという欲望を満たしている状況かもしれませんので、お酒が入っている場合の唇へのキスは注意が必要です。

ほっぺにキスをしてくる

顔を触るのは、あなたに好意を持っている証拠と考えることができます。

しかもただ触るのではなく、キスをしてくるのは、もはや告白と捉えていいでしょう。

ならちゃんと言葉で伝えて欲しいと思うのが女心ですが、男性の中には、言葉にするのは苦手で、行動で表す方が良いと考えたり、もしくはどうしてアクションが先になってしまったという場合があるそうです。

あなたからの好意も感じ取り、かつ自分も好きな場合に、ほっぺにチュッとすることをきっかけにして交際に発展させようと考える、男子は意外と多いようです。

ですから、もしキスを続けてされそうになったら、「付き合うならいいよ」と可愛くいって確認することもできるでしょう。

頭を撫でてくる

女性でも、子供やペットのことを可愛いと思った瞬間に、反射的に頭を撫でていることがありますよね?

男性も同じで、女性の頭を撫でるときには、小さな子供や小動物を見るかのように、その人のことを可愛らしく思っている可能性があります。

ですから、好きと思ってくれているのは確かなのですが、少し微妙で、ただ保護本能が働いていたり、女性としては脈がない場合もあるでしょう。

しかし、親密な感情を持っていることには変わりないので、自分のことを恋愛対象にしていると勘違いすることのないようにしながらも、良い関係を続けていくなら、お互いにとって居心地の良い存在になるかもしれません。

髪を触ってくる

頭を触ることと、髪の毛を触る意味合いは全く違います。

”髪は女の命”というように、女性の象徴とも呼べるパーツになりますので、髪を触ってくる男性は、あなたに女性としての魅力を感じていると言えるでしょう。

男性が、好みのタイプをあげるときに、ヘアスタイルを含めることからも、男性にとって異性を感じる魅力的なパーツであることがわかりますね。

サラサラで滑らかな美しい髪は、女性の特権とも言えるので、もし好きな男性があなたの髪の毛を触ってきたなら、それとなくあなたの好意も伝えるようにしたらカップルになる可能性はグッと上がるでしょう。

顔を触ってくる

前にも触れましたが、顔を触るのは、とても大胆な行動で、あなたに好意がなければまずはしないことでしょう。

男性がボディタッチをしてくる大きな理由として、触った時のリアクションや反応によって、脈があるかないかを判断するというものがあります。

触り方も、軽くツンツンしたり、どさくさに紛れて触ったり、何かを取るふりをしたり、大胆さは必要になるとはいえ、その場の雰囲気やおどけた感じでタッチすることもできるので、好意があって、距離を縮めたい時に顔に触れてくると判断できます。

ですから、自分も好きと感じている人なら受け入れて、もし付き合う気が全くない人から顔を触られたなら、男性に勘違いさせないようにはっきりとNOの意思表示をしましょう。

ほっぺをつねってくる

ただ触るのではなく、軽くつねるのは、その場を和ませようとしたり、甘えたいという場合があるそうです。

女の子が拗ねたような表情をしたり、ちょっとからかったたタイミングで、なだめたり、自分の発言を笑いに変えたり、女の子の機嫌をあげたり、愛情を持って軽めにつねることに、空気を変えることができるのです。

つねる以外にも、同じ理由でほっぺをツンツンすることも多いでしょう。

男性はいつまでたっても少年のようなところがあるので、好きな女の子をからかったり、女の子にとっては嬉しくない方法でちょっかいをかけてしまうことが、大人になってからもあるのです。

可愛いと思っている子、気になっている子にほどしてしまうのねと、母性で包み込むようにしましょう。

鼻をつまんでくる

女性としては、頬と同じようにドキドキしますが、男性にとっては、鼻は顔の中でもっとも触りやすいパーツだそうです。

もちろん触りやすいと言っても、好意のない女性の鼻は触らないことでしょう。

ですから、ここでも顔のパーツを触る人は、その子のことを可愛いと思っていて、女性の気持ちを確かめたくて触るという原則が当てはまります。

ですから好きな人からされた場合は、ボディタッチを受け入れて自分の気持ちを伝えるようにしましょう。

特に照れ屋さんの男性ほど、照れ隠しで鼻をつまんだりするそうなので、自分も同じように鼻をつまんだり、いたずらっぽく笑ったり、少し控えめのアピールの方が効果的かもしれません。

逆に積極的にスキンシップをとったり、照れている男性をからかうようなことは、プライドを傷つけたり引かれる可能性もあるのでやめておきましょう。

抱きしめてくる

付き合っていないのに抱きしめるなんてどういう気持ちなのか、女性からしたら理解に苦しむことがありますが、男性側の意見では、大きく分けて2つの理由がありました。

まず一つ目は、その女性のことが好きで、自分を男としてみてもらいたかったり、好きな気持ちが抑えられずに抱きしめてしまうそうです。

これは女性としては、両思いの場合は嬉しいですよね?純粋に好きな気持ちが表れ、かつその思いをハグの強さで表すなんてかなり男性的で女子としてはかなりドキドキしますよね。

キスの時にも考えましたが、男性は言葉で感情を表すよりも、行動が先に出てしまうことが多いようです。

そして二つ目の理由は、ただ体に触れたかったという単純な理由です。

男性は愛情と性的欲求を分けて考えられるそうで、「好きではないけれど、綺麗だから触りたい」「付き合うのは面倒だけど、体の関係を持ちたい」という下心があるそうです。

ですからお酒が入っている場合や、曖昧な行動を繰り返しながら、自分の気分次第で抱きしめてくるような男性は、あなたと真剣にお付き合いする気は無く、遊べたらいいなと思っていると考えてください。

耳元で囁いてくる

囁く言葉が、わかりやすく甘い場合もあれば、別に誰かに聞かれても全く問題ないような場合もあるでしょう。

女性になれていたり、下心があるような場合は、女性が夢見心地になるようなことを耳元で囁くことでしょう。

しかし内容がそれほどない場合でも、あなただけに伝えたいという特別感を意識させる行動になります。

かつ、耳は非常に敏感な場所なので、距離を縮めたり、誘惑したいという心理が働いた時に、耳元で囁いたり、耳にキスをするそうです。

ですから、耳元で囁くような男性には、少し注意が必要でしょう。

あなたも遊びたいと思っている場合は全く問題ありませんが、真面目に彼氏が欲しいと思っている人は、その囁いてくる男性に好意がない場合には、はっきりと線を引くようにするべきです。

もし、少し気になっている男性なら、女性をどうみて、どんな付き合い方をする人なのかをよく観察してから自分の気持ちを進めるようにしましょう。

そうすれば、弄ばれたと感じることを避けることができます。

「好き」と言ってくる

「好き」と「付き合う」ということがイコールではない男性は多いそうです。

もちろん、好きな人にしか「好き」とは言わないので、そこには付き合うことも含んでいると考える男子もいます。

しかし、「人間的に好きだけど、付き合うほどではない」「友達の中ではダントツに気に入っているが、今は誰とも付き合う気がない」など、付き合うこととは分けて考えていて、あえて「好き」とだけいう男性もいるようです。

ですから、好きと言われたとしても、彼女になったつもりになると、後々傷ついてしまうかもしれません。

付き合っているかどうかは、きちんと確認した方がいいかもしれません。

恋人じゃない関係から進展するには

ここまででで、恋人じゃないのにキスやハグなど、恋人のようなスキンシップをはかってきたり、髪や腕を触るなどのボディータッチをする男性の心理を考えました。

結局は、ただ女性の体に触りたいか、相手の気持ちを知りたいか、自分の好意を伝えるためかの3つに分けられるように感じます。

何をされるとしても、その男性との関係性やシチュエーション、その後の反応などで、このどれに当てはまるかを考えるようにしましょう。

次に考えるべきことは、そのスキンシップに対する自分のリアクションで、はっきり関係を断つか、それともその人との関係を進展させて、恋人同士になれるようにするかあなた次第になります。

相手にズバッと聞く

どんなボディータッチであろうとも、そうする男性の心理を知るための一番わかりやすい方法は、はっきり聞くことですよね。

どういうつもりでしたのか相手にズバッと聞いてみるのです。

しかしズバッと聞くといっても、彼といい感じになりたいのなら、感情を害さず、しかも本心を聞きだせるような聞き方をしなければいけません。

しかも自分の好意をなんとなく伝えられて、彼がより自分を意識してくれて、自信を持って告白してくれるようなリアクションができればよりよいですよね。

直接面と向かって聞く

例えば、付き合っていないのにキスされた場合は、遊ばれているのかと不安になる女の子も多いと思います。

そんなモヤモヤした思いを引っ張らないためにも、理想はキスされそうだなと思ったら、もしくはキスされた直後に「付き合ってない人とはキスはできないから、もしキスするならたった一人の彼女として考えてもいいのかな?」などと、可愛く聞くようにしましょう。

好きな人だと嫌われたくない、重いと思われたくないという不安から、なかなか自分から相手の気持ちを聞けない人もいると思います。

男性の多くは自分のいいなりになったり、自分がしたいと思った時にいつでも体の接触を許してくれるような女性のことは軽い女として、真剣には考えてくれなくなります。

ですから、本命の彼女になるためにもはっきりと聞くようにしましょう。

そしてその返事によっては、残念ながら彼が自分のことを真剣に考えていないこともわかるので、そんな場合は次のいい恋を探すように気持ちを切り替えるようにしましょう。

LINEや電話で聞く

直接聞くことが難しい場合は、あとで聞くこともできます。

特に最近ではLINEやツイッターなどのSNSでコミュニケーションをはかることが多く、面と向かって聞くよりも正直な思いを伝えることができたり、気持ち的に楽と感じる人も多いことでしょう。

しかし、LINEでいきなり込み入った内容を聞くことも難しいので、とりあえず前回会ったことに軽く触れたり、感想を簡単に伝えるなどして、相手の出方を見ながら話を進めることが賢明でしょう。

もし、すぐに返事が返ってきたり、返信が遅れた理由をつけてメッセージを送ってきてくれたなら、彼の方もあなたに引き続き関心があると思っても良い、思い切って「自分は嬉しかったけど、どうして手を繋いできたの?」などとストレートに聞いてみることもできます。

しかし、既読スルーや既読にもならない状態がずっっと続くようなら、一回のスキンシップで興味を失ったか、それ以上の関係になるのが面倒になってしまった可能性が高いので、彼の本心を聞くようなことをしても意味がないでしょう。

好きなら想いを伝える

あなたがどう思っているか知りたかったり、告白する前にあなたが自分に好意を持っていることを確かめたくて、ボディタッチをする男性も多いことがわかりましたよね。

ですからあなたがその人に好意を持っているなら、あなたの気持ちを伝えることによって急接近できる確率は高いでしょう。

「ドキドキした」「びっくりしたけど嬉しかった」など、はにかんだ笑顔で自分お気持ちをやんわりと表現するなら、きっと大抵の男性は告白してくれるのと思いますよ。

さらに、もっとストレートに「好き」ということもおすすめです。

好きと言われると、誰でもその人のことをさらに意識するようになると思います。

ましてや可愛いな、気になるなと思っている女性から好きと言われたら、男性としては最後は自分から付き合おうと言おうと思うのではないでしょうか?

【好きな気持ちを伝えたいなら、こちらの記事もチェック!】

嫌ならハッキリ断る

その人との将来が見えない場合は、軽めのボディタッチの段階で、はっきりと断るようにしましょう。

男性は勘違いする生き物で、女性としては、びっくりしたり、どうしてこんなことするんだろうという不安な気持ちから黙っていただけなのに、嫌と言わないならいいのだろう、受け入れているのだろう、もしくは自分のことが好きなのだろうと考えていくそうです。

ですから、嫌な場合は、はっきりと嫌と言わないと、勘違いされたままスキンシップがエスカレートしていきかねません。

残念ながら、触っても大丈夫ならキスをしよう、そしてあわよくばセックスまで持って行こうと考えている男性は多いようです。

特に下心があるボディタッチや、理性を失っているような状況下だと、恋愛というよりは、欲望を満たすことが目的になっていますので、最初の段階で勇気を持ってNOと言いましょう。

手で振り払う

はっきりと嫌なことを示す方法を、伸びてきた手を振り払うことです。

それによって、あなたが恋人ではない人から触れられることを、心地よく思っていないことを伝えることができます。

セクハラや酔っ払いの痴漢のような場合は、パンと思いっきり手で払いのけるような毅然とした態度をとることが効果的でしょう。

しかし、好きな気持ちはあるけど、ちゃんと付き合ってからでないと、恋人同士でするようなスキンシップに発展したくないと思う場合は、もう少しソフトに、伸びてきた手を優しく戻したり、「ちゃんと告白してからにしてください」とお願いしながら手で振り払うことができるでしょう。

キスしてきた場合も、手や指で可愛く塞いで、あなたとすることが嫌なのではなく、ちゃんと付き合ってからしたいという態度を示すことができます。

それでも無理やりしようとするなら、その人の人間性が見えたことになり、付き合いたいという気持ちは薄れていくことでしょう。

少し避ける

肩を抱き寄せてきたり、腕を組んできたり、耳元で囁こうとする場合などは、体勢を変えたり、少し力を入れたり、その状況を避けるポジションをとることにより、逃げ出すことができるでしょう。

イメージは猫が体をしならせて、するっと逃げていく感じですね。

それによって、簡単にはいけない女性であることを示すこともできるでしょう。

また、隣に座らない、目を見つめないなど、その人との距離感をいつもより広めにとるようにしましょう。

そうすれば、男性の方もあなたが嫌がっていることもわかるでしょうし、ハンター心に火がついて、直接告白するなど、なんとか自分のものになるように、あなたが望む方法をとってくれるかもしれません。

2人きりにならない

「そんな雰囲気だったから」というのが、女性と遊びでキスしたり、下心からくるボディタッチの大きな原因でしたよね。

ですから、軽く扱われることを望まないなら、密室で2人きりになることや、お酒が入った状態で2人で長時間過ごすことを避ける方が賢明でしょう。

どんなに好意を持っている人との行為だったとしても、勢いだけよりも、きちんと気持ちを確かめ合いながらスキンシップをはかる方が、後々美しい思い出になるのではないでしょうか?

そのためにも、そういう雰囲気にならないように環境に気をつけましょう。

ここぞというタイミングや、ボディタッチをきっかけに一気に恋人同士になりたいという場合も、エスカレートしすぎないような、周りに人がいる公園や、レストランなど、ロマンチックな雰囲気と、行き過ぎない環境というバランスを常に考えて会う場所を選ぶようにしたいですね。

周りの人に聞いてみる

恋をしたり、好きな人ができると、相手や自分のことを、現実よりも100倍よく見てしまったり、周りの気持ちや状況が見えなくなってしまうことがあるかもしれません。

ですから、冷静な判断ができる信頼できる友人に相談するのは、後悔しない恋愛をするとても良い方法でしょう。

気になる彼にも会ってもらったり、一緒に遊ぶようにして、彼のあなたに対する本気度や人間性を冷静に分析してもらうのです。

それによって、あなたには見えていなかったことを教えてもらえることも多いでしょう。

さらには、今後どのように彼にアプローチしたり、恋愛を進めていくべきかのアドバイスを受けることもできるので、幸せになるための味方を増やすつもりで、謙遜に周りの意見に耳を傾けるようにしましょう。

恋人じゃない人との難しい関係

夫婦になるには婚姻届を出した時からと、明快な線引きがありますが、恋人同士になるにはそのようなはっきりしたものはありません。

冒頭でも触れたように、個々の価値観や環境によって恋人という捉え方が全く異なります。

さらに、手を繋いでも友達、彼女でなくても抱きしめるなど、愛情表現を誰とどこまでするかにも違いがあります。

それが男性と女性なら本能的なものや願望の強さなど、根本的な違いがあります。

だからこそ、恋愛は幸せな気持ちにも、どん底の気持ちにもさせる複雑なものなのです。

ですから、できるだけハッピーな恋愛ができるように、まず自分自身の道徳感覚をしっかり持ち、男性の心理や本能をよく理解して、自分自身と相手を尊重する態度を忘れないようにしましょう。