CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

挑戦心が強い人の14個の特徴


挑戦心を持つのは非常にいい事ですよね。

今も昔も「挑戦心」、つまりチャレンジ精神をもって物事に挑む姿勢というのは、評価されるものだと思います。

この記事では、挑戦心が強い人の14個の特徴と挑戦心を磨く方法、短所などについてご紹介します。

挑戦心が弱いと思う人は、この機会に磨いて見ませんか?
 

挑戦心を持った人になりたい!どうすればなれる?

さてそれではどうやったら、そんな熱い気持ちがほとばしる「挑戦心」を持つことが出来るのでしょうか?

満ち足りた今の時代にあって、何かに挑戦しようと思う気持ちを奮い立たせる術。

今回は挑戦心についてみていきましょう。

挑戦心をもつ人の特徴14個


ではまず、どのようなタイプの人が挑戦心を持っているのか。

逆に言えば挑戦心を持つ人の特徴、ですね。

それを14個、ご紹介して参りましょう。

1.好奇心旺盛

挑戦心をもつ人の特徴の最初の1つ目は「好奇心旺盛」だということです。

何かに対して目標を定め挑戦していこうと思えば、挑戦する候補が1つや2つでは物理的に不都合がありそうですね。

実際問題、よっぽどの強烈な動機によって自分の人生をその挑戦したい事に捧げられる人って、どれくらいいるでしょうか?

恋をすることも恋愛をする事にも邪魔されずにまっしぐらに夢の実現に向けて挑戦できるものを果たして見つけることができるかどうか。

まずはここが最も大きな問題でしょう。

そのためにも挑戦心を持ちたいと思う人はいかなることに対してもなみなみ外れた「好奇心旺盛」であってほしいのです。

職業的にいえば、新聞記者を目指す人は好奇心旺盛、好奇心の塊の人がうってつけ、と聞いた事があります。

確かにあらゆる物事に対して鈍感で感受性が働かず何の興味も示されない人だったら、いくら学力的に優秀であっても新聞記者という職業には向かないかもしれませんよね。

このように飽く事のない「好奇心」でいつも心を充満させている人は、何かに対して挑戦していこうとする姿勢が強いのは疑いようのない事でしょうね。

2.多趣味


挑戦心をもつ人の特徴の2つ目は「多趣味」です。

そう、何かに挑戦したいという気持ちがあるのなら、やはりターゲットは広範囲の中から見つけ出す方が割りかし見つけやすいのではないかと思うのです。

もしあなたが生まれた時から親によって何か一つのものを宿命的に決定されていたら多趣味に走るどころではないでしょう。

しかし、自らの意思で自由に選べるから挑戦心というものは育まれるのです。

最初から誰かに決められた人生では挑戦というよりも「義務」「やらされている」といった感覚の一生になってしまうでしょう。

ただ、多趣味だから一概にいい、とも言いきれません。

あれがダメだったらこっち、こっちがダメだったらこっちと、気持ちが分散してしまって集中できなくなる可能性もあります。

また好きな趣味が3つも4つもあったなら、なかなか、1つに絞り込むのは難しいでしょう。

そういった意味では多趣味系の人は本当の挑戦心を獲得するのに少々、時間を要する事になってしまうかもしれませんね。

3.行動力が高い

挑戦心をもつ人の特徴の3つ目は「行動力が高い」です。

何かに挑戦するためには旺盛な好奇心にプラスして活発な行動力が求められます。

要するに頭で思った事を今度は身体をいかにして動かして実践していくか。

この心と体のバランスが取れていてこそ、挑戦心は実現していくのです。

まあ、普通に何かに挑戦しようと思っている人には普通に行動力もついています。

行動力を発揮させようとしたら、あれこれ考える暇はないでしょう。

考える事は行動してから考えればいいのですから。

ところが挑戦心を持っていながらいつも有言不実行になってしまう人が結構います。

それは失敗したときのダメージを恐れていたり第三者にさんざん自慢して始めたのに結局いつもの優柔不断が邪魔をして最後までやり通せず、言い訳を言うのがカッコ悪いからなのでしょう。

挑戦者に100%の成功確率はありません。

もしかしたら10%以下の可能性に賭けてみる
事も出てくるでしょう。

でも、行動しなければ何も始まりません。

その挑戦が失敗だったのか成功だったのか。

せめてその線引きが分かるくらいの行動は起こしておきたいところですね。

ページトップ