今の世の中はスピード化社会ですね。

やはり、現代の進化した世の中を渡り歩いていくにはこれぐらいのスピード感が必要なのかもしれません。

ただ、こちらも日本独特のもののようです。

なぜと言うと、日本人は時間にきっちりなところもあり、電車が時刻通りにくるのがある意味当然だと思いますよね。

帝国を守らない交通機関なんて日本では考えられません。

ただ、世界に行くと電車やバスが必ず定刻通りに来るとは限らないようです。

さらに著者は新婚旅行でオーストラリアに行きました。

特に残業がないと言うことで仕事をしている人が羨ましく思う人も多かったようです。

ただ日本に住んだことがあったバスガイドさんの話によると、日本では考えられないことがあると言うのです。

その人はオーストラリアより日本の方が好きだと言っていました。

それは何故かと言うと、修理の依頼をして必ずその日のその時間の通りに来る事は非常に稀なのだそうです。

来れるときに思いつきで来て、さらにいなければそこからまた待たなければならないと言うことでいつまでたっても修理することができないということを嘆いていました。

ですので、現在のこのスピード感が大変と言うのはありますが私たちの生活にとっては非常にありがたいものです。

ただ、自分も自分も子供もそうなのですがどちらかと言うとマイペースでいわばとろいと言われてしまうような人もいます。

話は大きく脱線してしまいましたが、では、現代では適応に困るその遅い人の特徴というのはどのようなものがあるのでしょうか?

遅いのも個性?

この遅いのは現代の風潮によると非常に困った人扱いを受けるところがあります。

ですが、この遅いというの個性の1つなのかもしれません。

ではそのことについてももう少し掘り下げて見ていきましょう。

人のスピードは十人十色


やはり、人によって物事を処理したり理解するスピード鑑定のは十人十色のところがあります。

仕事先でもいませんでしたか?

すごくスピード感がありシャキシャキとたくさんのことをこなしていくけれどミスが多いタイプ、もしくは仕事のペースはゆっくりだけど着実にコツコツとやるタイプといったような感じです。

ただそれはどちらがよくどちらが正しいと言うわけではなく、人それぞれに良いところがあります。

そして、当社は営業所の事務員として働いていましたがやはり仕事のペースが合わないと言うことで営業の人と、その顧客の営業所の人がもめていたような場面も見たことがあります。

このように人のスピード感と言うのは十人十色で、皆が必ずしも合うと言うわけではありません。

スピードの感じ方も違う

また、時間っていうのは本当は同じように流れているけれどそのスピード感の感じ方が違うと言うのも特徴です。

同じ位時間がかかっているかにもかかわらずそこまで遅く感じない時と、とても遅いと感じることがあります。

具体例を挙げると、最近著者の子供の同級生で少々しつこい子がいます。

かなり家の事やりとりの食い違いがあるって言うことがあり、最近はインターホン越しで話すときにスマホで録画をし会話や表情などを記録しています。

かなりしつこく、その子の相手をしている時というのは非常に時間が長く感じました。

けれどこの動画を撮ることによって、実はその子の対応時間っていうのも1分か2分位で決してそこまで長くないっていうことがわかり少々驚いたことがあります。

このように苦痛に感じていると言うことであったり逆に何かを楽しみにしていて仕上がりをずっと待っているって言う時は少々時間の流れが遅く感じることがあるのです。

早すぎることにもデメリットはある


このスピード社会の中、早く済むと言うのは非常に良いことのように思われますよね。

ですが、機械で早くやっているのであればまだしも、人間の手で早めに何でもこなしていく事は意外にもデメリットが発生することがあります。

そして、そのデメリット等特徴についていろいろ見ていきましょう。

1.雑であることが多い

早くスピーディーでかつ、仕上りの質が高ければ言う事はありません。

ですが基本的に仕事が早いと言うことであっても雑であることが多いです。

こちらも仕事をしていた頃に頃にそのような性格が顕著に現れるようなところがあり興味深い思いをしました。

例えばですが基本的に非常にせっかちでなんにでもイライラし早くこなそうとするような人がいました。

ただ、彼の仕事の仕上がりを見るとかなり雑な場面があったのです。

また、ここからは余談ですが、急ごうとするがあまりに逆に時間がかかる場面も見たことがあります。

例えばですが、飲み会があり車で出かけていくって言う時に、著者が運転する車がつくのが遅いと言うことで歩いて行ったのですが結局はその彼を追い抜き自分たちの方が早く着きました。

なんでも早く早く!と思っていても仕上がり雑だったり、このように結果的に回り道になる事はよくあることのようです。

2.頭で考えず機械的にやっていることが多い

基本的に、早く仕上がるのはいいことのように思いますが、中には機械的にやっているからこそと言うのもあるようです。

ですので、このような場合は非常に簡単なケアレスミスが発生することがよくあります。

考えてやっていれば普通にわかるような事でも機械的に特に考えることなくやっていたら気がつけないようなこともあります。

ですので仕事においても何においてもやはり少々時間がかかってもきちんと考えながらやるのが良いことも結構あります。

3.歩調を合わせるのが大変

この世の中せっかちな人はたくさんいますが、このような人たちに合わせるっていうの基本的に大変です。

もちろん早く理解をし早く作業こなすと言うことができる人であればそこまで苦痛ではなくても、少々考えてやらなければうまくできないような人であればその歩調合わせるのはかなり大変になります。

遅いことによるメリットは?

スピード化社会において、遅い事と言うとかなり悪い事と言うイメージを持つ人が多いですよね。

とは言え、何でも早ければいいというものではありません。

中には少々時間がかかっても良い物があるものです。

では、この遅い事についての意外なメリットは何でしょうか?

1.丁寧

基本的に仕事が遅いと言われるような人が丁寧であることが多いです。

仕事が丁寧であるからこそミスもなく着実なものができるようになります。

いろいろなタイプの遅いと言うのがありますので一概には言えませんが、よほどうまくできない人と言うことであれば話は別ですが仕事が遅い人は丁寧に行っているというケースが多いです。

ですので、少々スピードが遅くても仕上がりは確実なものが多いようです。

2.ミスが少ない

じっくりと確認しながら進めることから、ミスが少ないと言うところもあります。

ですので、この人に任せていればミスが少なく安全だと言うような解釈をしてもらうこともできるようになります。

やはりどんなに仕事が早くてもミスが多く後で手直しが多いと言うことであれば、結果的に非常に時間がかかることになります。

こちらは人によるのかもしれませんが、注意力の問題もありますが、1から初めから仕上げるよりかは、既に仕上がっているもの間違い探しをする方が少々難しいこともあります。

ですので、少々時間がかかってでもミスが少ないものを仕上げることによって結果的に時間短縮につながることがあるのです。

3.冷静に判断できる

そして、時間をかけているからこそ冷静な判断ができるところがあります。

やはり著者も特にそうなのですが後から色々と冷静に考えた方が良い案が浮かぶっていうのはよくあることです。

また同じの話になって申し訳ないのですが、最近しつこい同級生の子については著者も大変頭を悩ませています。

やはり彼女たちとやり取りをした直後はついついイライラし頭に血が昇るものです。

感情的にいろいろと言ってやりたいって気持ちになることもありますが、あと後で冷静に考えた方がこのように言ったほうが効果的とかちゃんと理解してもらえそうだなと言う案は冷静になった時に出てきます。

もちろん頭のキレが良く一瞬でそのような判断ができる人もいるかもしれません。

やはり冷静に考えるには少々時間がかかる人も多いのではないのでしょうか?
ですので、少々時間をかけてでもゆっくりと物事をこなすことによって冷静な判断ができることもあるのです。

遅い…とろい…と思われてしまう人の10個の特徴

では、今スピード化社会で早くできる人なおかつ正確に仕事がこなせる人が仕事ができる人の条件と言われつつある現状です。

(もちろん仕事によって違いますので、すべてそうだとまでは言いませんが…)

だからこそ、そのようにスピーディーに仕事ができないと言うようなことに悩みを抱いている人も多くいます。

実際に掲示板などを見ていても仕事ができないと言うことで悩みを抱いている人がいます。

では、遅いって言われたりとろいと思われてしまうような人の事故の特徴にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

1.マイペース過ぎる

いろいろな人がいるので一概には言えませんが、マイペースな人っていますよね。

確かに少々マイペースなところがあっても困ることでなければその人の個性の範疇に収まることです。

ですが仕事などのオフィシャルの場でマイペースなのは考えものです。

ただ著者もそのような傾向があるのですが、相手の歩幅に合わせると言うと少々失敗が増えるようなこともあり少々難しいところがあります。

ですので、正直どのようにしたら良いのかと言うような答えを持ち合わせていません。

ですがもし予習ができたり事前に何かができるものであれば、やっておくとうまくいくこともあります。

相手のペースに対する気遣いがない

また、相手のペースに対する気遣いが難しいと言うのもあります。

ただできるかできないかと言うよりかは、極力合わせようと努力することが大切です。

例えばですが、著者はある商品の出荷に関することに関わっていました。

何か機械の在庫がないのかと聞かれて、すぐに回答が欲しいと言うようなことを言われることがよくあります。

ですが、それに対してこちらが早急にできなければ相手はイライラします。

このように相手のペースに対する気遣いと言うのは大切なことです。

2.出来ない、間に合わないのに仕事や依頼を受ける

遅いとかトロイと言われてしまう人の中には、意外と本当に遅かったりとろいって言うわけではなくオーバーワーク気味な人も結構いるようです。

基本的に断れない人に多いようですね。

できなかったり、明らかに間に合わないにもかかわらず仕事の依頼を受けてしまうことによって、時間配分がうまくいかなくなり、結果的に締め切りに間に合わない事態が出てくるのです。

今著者はこのように文章書くようなお仕事をしていますが、そこまで生活に関わるようなお金ではないこともあり、基本的に全く無理のない時間で時間配分ができるようになっています。

ですがやはり本職としてこのようなライティングの仕事をしているという人か、会社勤めをしている方あれば、なかなかできそうにないから断るっていうのは難しい人もいるのかもしれませんね。

ただ、会社勤めをしている方がそのような状態の場合は、できるだけできそうにないこととどうしたら良いのかと言う事の相談を上の人にしてみるのはいかがでしょうか。

締め切りという概念が薄い

また、先ほどと少々話は被るのですが、決して仕事自体が遅いとかトロイいるわけではないと言う人もいます。

それはなぜそのように思われてしまうのかと言うと、締め切りという概念が薄いからこそです。

この時までに仕上げないといけないと言う時に仕事が出来上がっていないと、遅いとかとろいと思われてしまいますよね。

ただ仕事をこなす能力に問題があるわけではなく、締め切りに間に合わせようという気概がないというのもあります。

3.完璧主義

また、非常に完璧主義なところがあると言う事から仕事が遅くなったりトロイと言われるところがあるようです。

著者も決して完璧主義なわけではありませんが、ガスの元栓などがして気になりなかなか準備をしてから家に出るまでに時間がかかることがあります。

著者はどちらかと言うとおおざっぱな人間ですが、やはり集合住宅に住んでいると言うこともあり、火災が怖いですのでガスの元栓等の確認を怠りません。

仕事に関しても、完璧主義と言うことであれば非常にゆっくりになってくるかもしれませんね。

もし、その完璧主義を貫きたいと言うことであれば、もし事前に仕事に取り組めるということであれば若干早めに取り掛かったり、どこかに出かける時もかなり時間に余裕を持って出かけることで、この完璧主義と仕事のスピードての料理することができるかもしれません。

ミスが嫌いで慎重になっている

基本的にミスが好きと言う人はいません。

なるべく避けたいものですよね。

でもやはりそれが嫌いなあまり慎重になっていて、なおかつ締め切りに間に合うと言うことであれば問題ありませんが、もし締め切りに間に合わないほどになっているって言うことであれば少々考えものです。

著者も昔はそのようなことに悩んだことがあります。

ですがやはり人間である以上どうしても失敗してしまうというのはあります。

社会人をやっていた頃に思ったのは、たとえミスをしていてもまるで自分のせいではないとでも言いたげにうまく振る舞うような人もいます。

ですので、慎重になるがあまり締め切りに間に合わないケースであれば、少しの失敗はあり得ると言うことで割り切ってみるって言うのも良いのかもしれませんね。

ただ看護師さんなど命に関わる人はそのようなわけにはいかないので難しいところです。

【完璧主義な人の特徴と課題点は、こちらの記事もチェック!】

4.じっくり考えてからの言動がモットー

いろいろと考えるときにじっくりと考えてから言動するのをモットーにしている人だと少々遅いとかとろいって言われるところがあります。

実は著者もこのタイプです。

何かを発言する時は非常にじっくりと考えます。

何故かと言うと失言で失敗した経験があるからです。

著者の子供も同じようなことを言っており、じっくり考えてから色々と答えるところがあります。

ですので、先程のようなしつこい子に矢継ぎ早に色々と言われるとうまく対処ができないような場面もありました。

やはりちょっとその慎重さが非常に良いのですが遅いと思われるところがあるのかなと感じました。

ただ、確かに少々遅いと言うイメージをもたれるかもしれませんが、その人の発言というのは非常に重みが出ることもあるから、じっくりと考えてから言動するのも悪くは無いのかなと思っています。(と、自己弁護^^;。)

言葉のちょっとしたことを覚えており、それをうまく逆手に取るような人もいますので、時々言動に慎重になるってことも大切だなと思うような場面も多々あります。

過去の失敗のトラウマがある場合も

著者も著者の子供もそうなのですが、、やはり色々と失言の経験があって気まずいことがあったと言うこともあり、そのようにじっくりと考えてから発言するようになる場合があります。

確かに、失言が多いタイプだとどうしても「ゆっくりと考えてから発言しなさい!」と言われることもあり、どうしてもゆっくりと考えることがあるからです。

やっぱり、失言をしてから周りの反応が非常に冷たいことから、このように考える事がむしろ止められない場合もあります。

ただ、これが悪いこととは思いません。

やはり人間時には色々と慎重に考えて発言するということが大切な場面もあります。

時に言葉も暴力になります。

ですのである程度じっくり考えるって言うことも大切です。

聞かれることがあらかじめ決まっていたり、このような場面がよく出てくるのであれば、どのように言動をするかをゆっくりと事前に考えておくことで慎重な言葉選びとスピードを両立することができるかもしれません。

意見を求められてもすぐに回答できない

そのようなこともあり、意見を求められてもすぐに回答できないところがあります。

事前にこのようなことを聞かれるとわかっているときはさっきのように事前に考えておくと言うことですらすらと意見を求められても答えられることがあります。

ただ突発的な時に、このような意見は言ってもいいのかな?と考えるようなこともあり、すぐに回答できないところがあります。

5.学生時代も遅刻の常習犯

遅いとかとろいって言われる人の中には、やはりこのような時間に間に合わせるっていうのが非常に苦手な人も多かったなのではないのでしょうか?

学生時代であれば、よく遅刻をしていた人もいるのではないでしょうか?

確かに学校であれば会社のように遅刻や欠勤なのでクビになるような事はありませんので、学生時代は遅刻の常習犯と言う人もいたのではないのでしょうか?

やはりそのような遅刻などが多い人は、突然そうなったと言うよりかは昔からそのような傾向にある人も多かったのではないのでしょうか?

もし昔はそうではなかったのにいきなりってことであれば鬱などの病気でそうさせてる可能性もあります。

そのような場合は病院に行くことも検討したほうがいいかもしれませんね。

6.向上心が強くない

遅いって言われたりトロイと言われる人の中にもやはり向上心があまり強くない人がいます。

次こそはこのようにもっと良くなりたいと考えていないところが、早く物事をこなそうと思う心を削いでいるのかもしれません。

ただ世の中には色々な人がいますので、向上心が強いから全て良しと言うわけではないです。

例えばですが、最近1,000,000円生活をしている人が色々と取り上げられるなど、現代の日本人の頑張りすぎな働き方に疑問を呈するような生き方をしているような人が本を多く出版しています。

ですので、向上心があるのはもちろん素晴らしいのですが、そうでないといけない!と言う思い込みばかりでは危険です。

ただやっぱり、どうしても仕事上時間に間に合わせる必要があるような場合は、そのような向上心を持ち合わせておきたいですよね。

7.優先順位の見極めができない

また、こちらも決して仕事こなす能力が遅いとかとろいわけでは無いのだけれど、どういうわけか仕事がうまくこなせないという人は、優先順位の見極めがうまくできない人も結構いるようです。

例えばですが、5時間後に仕上げて欲しい仕事と、2日後に仕上げて欲しい仕事があるにもかかわらず2日後に仕上げる受けるべき仕事を熱心にやっているなどというようなことです。

この例は極端ですが、この優先順位を間違えてるような場面というのは仕事をしているとよく見ます。

このように優先順位の見極めがうまくできていないがために締め切り仕事が間に合わず、この人は仕事が遅いとかとろいと思われてしまうのです。

要領が悪くなってしまう

著者もこのようなタイプの人間ですので少々耳が痛いのですが、優先順位がうまく見極められないがために要領が悪くなってしまうというところが結構あります。

私も今専業主婦として家事と子育てをしていますが、やはり自分の要領の悪さと言うのは自分1人で家事をこなす作業をしているのでそれを痛感するものです。

特に整理整頓や掃除が苦手なため、そういうところでは要領が悪くなってしまっているなと実感しています。

この対処法というとあまり思いつきませんが、しいて言うなら頑張ったらあとに◯◯をしよう!というようなご褒美を考えておくことかもしれません。

著者の子どもにはこのような方法で宿題をさせています^^;。

「ご褒美がないと頑張れない子になる。」と言われているのであまり奨励される方法ではありませんが、致し方ないところがあります^^;。

もし、どうしてもやる気が出ないタイプの方でしたらこれでやる気を絞り出してはいかがでしょうか?

8.集中力がない

また、仕事の時間時間や勉強の時間などをしっかりととっているにもかかわらずどういうわけか仕事や勉強の仕上がりが遅い人がいます。

そのような人はなぜかというと集中力がないからです。

著者の子供を見ているとそのようなところを痛感します。

例えばですがやるべきことがあるのに、すぐに宿題を広げてぼーっとしているような場合は集中力がないということが多いです。

例えばテレビなどの音が気になるとかちょっとのことで集中力が途切れてしまうところがあるようです。

ちょっとやっては止まりを繰り返す

そのように要領が悪いタイプであれば、ちょっとやっては止まりでの繰り返します。

ですので仕事の時間や勉強の時間などが十分にあるにもかかわらずかなり仕上がりが遅く、うまくこなせていないということがあります。

これは、仕事に関しても同じような人もいるかもしれませんね。

やはり、このように集中力が途切れがちの人は、仕事をこなす能力や勉強こなす能力についても、遅いとかとろいと言われてしまうことが多いようです。

9.好き嫌いが激しい

好き嫌いが激しいって言うと勝手に食べ物のイメージを持ってしまいますが決してそれではなく、やるべきことややりたいことなどについても同じことが挙げられるようです。

好きなことに関してはすごく速い速度でこなすことができるのだけれど、嫌な事と言うのはかなり遅くなるっていうのはよくあることなのではないのでしょうか?

特にお子さんがいる人だとそれを痛感することが結構あるようです。

好きなことに関してはとことん早いと言うこともあり、中にはそのような好きなことを仕事にしてるような人もいるようですよ。

嫌なことはどんよりとした気分でやるので遅い

これは子供を見ているとみんな思う事かもしれませんが、勉強とか宿題と言うと非常に遅くなることって多くないですか?

著者の子が2人ともそうです。

やはりどんよりとした気分でやるものというのは基本的にやることが遅いです。

それは大人に関しても一緒かもしれませんね。

例えば趣味だったら足取りも軽く楽しくできるのだけれど、仕事となるとついついどんよりとした気分でやってしまいます。

著者も、このような文章を書くのが好きと言うことでこのようなお仕事をしていますが、やはりどうしてもどのようなことを書こうかと思いつかない時は集中力が途切れ、気分がどんよりとし、このような文章作成も非常に時間がかかります。

好きなことを仕事にしているとは思うけれど、このような好きな仕事でもこんなことがあると言うことでそのような変化に著者も少し驚いています。

10.KYである

著者自身がそうですので非常に耳が痛いですが、基本的にKYというのも遅いと言われたりトロイと言われることにつながることがあります。

やはり、人のペースに合わせるって言う事は、たとえ実際に言葉にされていなくてもそれを感覚的に察知し、理解するところにあります。

ですので空気を読むことが難しい人にとっては、そのような空気を肌で感じて頭で理解するという作業が非常に難しいところがあります。

例えばですが、日常生活においては、後ろの人がレジで長々と思っているのにゆっくりと小銭を出ししまったような感じの人がいますよね。

後にたくさんの人が待っているって言うようなことを察知するというのが苦手なこともあり、ゆっくりと小銭を出しているような人もいるようです。

やはり、このような時ある程度周りの空気を読むというか、どのようなシチュエーションなのかっていうの理解する力が必要だと言うのを感じさせます。

周囲や自分自身の状況が理解できないことがある

著者もこういうことが苦手ですので、こちらも非常に耳が痛いのですが、周囲の刻一刻と変化する状況や、自分自身の状況と言うのを正確に把握できていないがためにうまくその場に合わせた行動が取れないということがよくあります。

ですので、そのようなところから例えば仕事についても急いでほしいというような感じを周りが醸し出しているにもかかわらずゆっくりとこなすようなことがあるようです。

周りに迷惑をかけない程度に!

確かに、時間をかけてゆっくり丁寧に仕事をしミスがないような状態にするのは非常に良いことです。

ですが、あまりにもするが時間がかかりすぎたり締め切りに間に合わない程度と言うことになるとかなり考えものです。

ですので、確かにゆっくりとするのは悪いことではありませんが、周りに周りをかけない程度にすることが大切です。

著者もそうですが、中にはそんなにスピーディーに仕事をこなすことが難しいと言う人もいます。

例えば急いだがばかりにミスを連発してしまうなどです。

そのような場合は、なるべく事前にできる事は事前にやっておきましょう。

そしてどうしても臨機応変な態度が必要であったり、スピード感が必要ということであれば、そのような事をあまり要求されないような職場に転職するのも手です。

著者は、そのようなことが大変苦手でしたが、専業主婦になったことでそのような大変さから解放されました。

著者の様に専業主婦になるわけにはいかなくても、少々給料が下がっても違う仕事に就く事も視野に入れてもいいかもしれませんね。