小さい頃は特に印象にも残らなかったのに、久々に同窓会で会ったらものすごく印象が変わっていた。

とてもステキな女性になっていた。

なんてことはよくあります。

特に男性は久しぶりに会った女性の姿がガラリと変わっていると、ついときめいてしまうものです。

女子は大人になるにつれてどんどん変わるものなのです。

では、ガラリと変わってしまう女子とは、どのような人のことを言うのでしょうか。

️女子は大人になると全然変わる…

女子は大人になると、雰囲気がガラリと変わることがよくあります。

ギャルっぽい格好や化粧をしていた子が黒髪のとても清楚な雰囲気の子になっていたり、ロングヘアだった子が首が出るくらいのショートヘアになっていたり、痩せてスタイルが良くなっていたり、めがねだったのにコンタクトになっていたり…。

挙げたらキリがないくらい女子はいろいろな変化をします。

もちろん、良い意味でガラリと変わる人もいれば、残念ながら悪い意味でガラリと変わってしまっている人もいると思います。

また「ん??全然変わってない…?」なんて人もいるでしょう。

好きだった彼女が久々に会ったらすっかり太っていて幻滅したなんてパターンもあれば、当時は全然興味もなかったのにすっかりキレイになって好きになりそう…なんてこともあります。

同窓会で会った後にお付き合いに発展して結婚するパターンも多いですからね。

卒業以来に再会した同級生

だんだん歳をとってくると、同窓会などが企画され年に1回はみんなで集まる機会が出来るものです。

高校卒業して以来、全然会ってなかったのに、十数年ぶりにあったらすっかり変わっていたなんていう女子はとても多いです。

一瞬誰だかわからないほどに変わっている子もいるでしょう。

これが、高校卒業ではなく小学校卒業以来会ってない女子であればなおさら誰だかわからないかもしれません。

地元にいる幼馴染


幼なじみとは、長い間疎遠になっていてある日突然出会っても、なぜか普段通り普通に話せてしまうことが多いですね。

地元にいる状態であれば、周りの景色や自宅の感じなどが幼い頃のままですから、どんなに女性が大人になっても、昔の面影を思い出しやすいものです。

その分、大人になったと感じる度合いは少ないこともあるかもしれません。

幼なじみは何歳になっても幼なじみのままです。

大人になってから新たに友人関係を築くのは大変です。

それが異性であればないさらですね。

すでに結婚していたりすれば、新たに異性の友人を作るなんて出来ないです。

それでも幼なじみはずっと疎遠でも友人であることに変わりないのです。

そういう意味では、ガラリと雰囲気は変わってしまっても今まで通り普通に友人として話せるのが幼なじみの特徴かもしれませんね。

ここ数年会っていない友人

数年会ってないくらいでは特に何も変わらないように感じるかもしれませんが、年代によってはそれこそガラリと変化している女性もいます。

数年というのが何歳頃のことかで変わってきます。

小学校から高校くらいまでは数年会わないだけで全く違う雰囲気の女性になっているケースは多いでしょう。

自分というものを探していろいろと見栄を張ったり大人になるための準備として化粧を覚えたり、恋愛を覚えたり…。

めまぐるしく変化するのが10代の特徴ですから、その数年会ってないのであれば、次会った時は全く知らない人と言っても過言ではないくらいになっているかもしれません。

それとは逆に、大学卒業から数年とか、すっかり大人になってからの数年であれば、あまり大きな変化は見られないかもしれません。

それは、すでに自分というものが確立し、自分の見た目というものが安定している大人になったからですね。

結婚や妊娠、出産などをしていればガラリと雰囲気が変わることもあるかもしれませんが、基本的には大人になってからの数年は大きな変化はないケースのほうが多いでしょう。

久々に会うとびっくり!

キレイという価値観は年代によって異なります。

幼い時、若い時、20歳代くらいの時、中年になってからでは「キレイに見える女性」というのは変わります。

幼い時や若い時というのは、どちらかと言えば活発な女子や派手な女子のほうがキレイに見えるものです。

キレイに整った顔立ちの人でも、大人しめで地味だったりすると、キレイには見えないでしょう。

それが、少し大人になってくると見え方が変わってきます。

地味な女子も社会に出て化粧をするようになればそれだけで大きく変化します。

特に大人になってからの「キレイ」の判断材料は顔のきれいさではなく、表情のほうが大事になってくるものです。

ですから、大人になってからは、ただキレイな人よりも人生を楽しく生きていて、表情がいきいきとしていて、自信を持って生活している人のほうが美しく見えるものです。

大人になると、単に顔や見栄えだけでなく、雰囲気も含めてキレイかどうかを判断するようになるので、久々に会うと余計にびっくりしてしまうのだと思います。

ガラリと雰囲気が変わる女子

10代の頃から垢抜けていて、化粧をしていた女子は大人になってもそんなに変化を感じないかもしれませんが、全然垢抜けてなかったり、地味だったりした女子は、さすがに大人になって化粧をしたり着飾るようになりますから、久々に会った時のギャップが大きくなりがちです。

もちろん、10代の頃にバリバリ化粧をしていても、すっかり落ち着いて薄化粧になっている女性もそれはそれでガラリと雰囲気が変わって見えるものです。

それ以外には、人生経験をどう積んだか、どんな人生を歩いてきたかによって、ガラリと印象が変わってしまっている人もいると思います。

家族関係などに悩み、ものすごいストレスを抱えてきた人、厳しい職場で脇目も振らずに日々頑張っている人、結婚して子育てに奮闘している人、会社を立ち上げて順風満帆な生活を送っている人、独身で毎日仕事と趣味に明け暮れて楽しんでいる人。

こういう人生経験もその人の雰囲気をガラリと変える要因の一つになっています。

久々に会って驚くのは、単に顔や服装の変化だけではなく、その人の雰囲気もガラリと変わっていることもあるからなのです。

️大人になるとガラリと雰囲気が変わる女子の10個の特徴


大人になるにつれて、女子はガラリと雰囲気が変わることがあります。

特に目立つことのなかった子もキレイになっていることもありますし、かわいかった子も、大人の女性になるとかわいさにプラスして色気が備わってきます。

女子は少なからず雰囲気が変化するものなのです。

️雰囲気が変わる前は…

雰囲気が変わる前の女子にもある決まった特徴があるものです。

それをいくつかご紹介したいと思います。

垢抜けていない

よくテレビで見る芸能人で考えるとよくわかります。

デビューしたての女子はどこにでもいる普通の女の子に見えても、テレビに出続けているうちにだんだんキレイになっていきますよね。

化粧の仕方が変わったり、髪型が変わったりするためでもあるのでしょうが、それを抜いて考えてもキレイに見えるものです。

つまり垢抜けるということですね。

垢抜けるとは洗練されるということです。

芸能人で考えればテレビに出続けることで出演することに慣れ、芸能人として洗練されてくる、その姿を垢抜けると言います。

素人っぽさがなくなるわけです。

そう考えると、雰囲気が変わる前の女子は素人っぽさ全開でちょっと野暮ったい感じもする人が多いように見えます。

こういう人が社会に出て社会人として洗練されてくるとキレイに見えてくるのです。

【垢抜けるための方法は、こちらの記事もチェック!】

純粋そう

受け答えが素直で、人を疑わず、物事を決してナナメに見ることがないような女子は「純粋そう」だと思われています。

こういう人は若干地味な雰囲気であることが多いですが、男性からは好印象を持たれがちです。

純粋そうな女子は遊んでいる感じがないため、汚れていないイメージが強く、特に成人男性からは好まれるものです。

かえって雰囲気を変えることなくそのまま大人になったほうが良いケースもあるでしょう。

しかし、純粋そうな人の中には地味だったり、天然系だったり、世の中のことを何も知らないような雰囲気があったりする人もいます。

そういう人は社会人から見ると話が合わなかったりして、会話をするのが面倒そうなイメージを持たれ、嫌煙される場合もあります。

メガネをかけている

昔はメガネ女子と言えば、オタクだったり根暗なイメージが強いものでした。

しかし、現在は逆にモテ女子がおしゃれメガネをかけていることもあります。

メガネ女子は時に知的なイメージ、エロティックなイメージ、上品なイメージなど、いろいろなイメージを持たれることもあり、決してマイナスなイメージばかりではなくなってきました。

とはいえ、学生時代にメガネをかけていると、やはり勉強ばかりしているイメージや地味なイメージが先行してしまうものです。

そういう女子が突然コンタクトレンズにしてくると、ガラッと雰囲気が変わるため、好印象を持たれます。

メイクをしたことがない

スッピンな人が突然メイクをすると、それはかわいく見えるものです。

それは別に大人になってからだけでなく、幼い頃からガラリと雰囲気が変わるのをよく目にしますね。

代表的な行事は七五三です。

かわいく着飾ったりメイクをしたりすると幼い女の子もとてもキレイでカワイイ姿に変わるものです。

メイクは人の印象をとても大きく変化させます。

見た目がキレイに見えるという効果ももちろんありますが、それ以上に大きな効果は自分の心の持ちようが変わることです。

メイクアップには自分がキレイになったと自覚することで、積極的になれる効果があります。

また、メイクの方法によっては、気分を高揚させたり、逆にリラックスさせたりする効果もあり、どのみちすっぴんよりもメイクをしたほうが女性は心も雰囲気もキレイになるのです。

女子校出身

女子校には可愛くてキレイな女子が多いイメージがありますが、必ずしもそうとは限りません。

それは自分を着飾る機会が共学校に比べて減るからです。

共学校だと、常に近くに男子の姿があり、嫌でも自分の見た目や行動を気にせざるを得ません。

思春期ですから、当たり前の反応です。

しかし、女子校は違います。

男子の目がないので、ちょっと恥ずかしいかなと思われるような行動を取っても誰も気にしません。

足を開いて座ろうが、生理の時に使うナプキンを机の上に出しっぱなしにしようが、堂々と教室で着替えをしようが、みんな女子なので全然気になりません。

そうやって自分をキレイに見せる機会が少ないと、なかなか雰囲気も変わらないし、変わりたいと思う機会もありません。

ですので、小さい頃からずっと女子校で過ごしてきた人は、大学等で共学に変わった瞬間にすっかり変わってオシャレになります。

こういう人はとても多いですし、変化が大きい分、突然ガラッと変わって周りの人にびっくりされるものです。

彼氏いない歴=年齢

彼氏がいるといないとでは、キレイな自分を意識する回数が違います。

彼氏が一度でもいたことのある人は現在彼氏がいなくても常に自分の姿を気にしています。

キレイに着飾ろうとしているんですね。

それは見た目だけではありません。

下着など普段は人に見られることのない部分も意識してキレイにしています。

そういう人は心も自信に溢れていてステキな女性の雰囲気がするものです。

ですが、人生で一度も彼氏が出来たことのない人の中には、彼氏を作ることすら諦めている人もいるでしょう。

そういう人は見た目にすら気を使わず適当な服ばかり着回している人もいます。

また、見た目は気にしてキレイにしていても、見えない部分は適当だったりする人もいるでしょう。

そういう人はいざチャンスが巡ってきた時に積極的になれないものです。

そういう人が何かのきっかけで彼氏が出来たりすると、突然ガラッと雰囲気が変わってオシャレになるものですし、気持ちも変化しますので、しぐさなんかも変わってきます。

見た目だけでなく雰囲気からキレイになったりするかもしれませんね。

運動系の部活に所属している

運動系の部活に所属している女子はおしゃれに気を使っている暇なんてありません。

みんな練習に必死に打ち込んでいます。

部活の内容によっては、髪も短く切っていて、カワイイ系というよりも、カッコイイ系の雰囲気が漂う女子も多いでしょう。

そういう人が卒業と共に部活をしなくなって、オシャレに目覚めると印象がガラリと変わるものです。

特に髪型が変わると違う人に見えてしまうくらい印象が変わります。

短い髪だったのが、長い髪になっただけで別人のように見えるかもしれませんね。

黒髪ストレート

黒髪の女子はとても多いです。

昔から中学校、高校共に髪を染めることを禁止している学校が多いですからキレイな黒髪であるイコール学生というイメージも強くありました。

髪を染めることを禁止されていると、卒業してすぐにでもやりたくなるものです。

また、パーマも同じです。

大抵の学校では禁止されていますから、これも卒業と同時にかけたくなりますね。

優等生

優等生とは、勉強が出来るだけではなく、素行も良いものです。

学生で素行も良いとなると、前にも書きましたが、黒髪で髪もしっかりまとめている子で、メイクもせず、スカートの丈もそこまで短くなく…と言った子であると思います。

もちろん、優等生っぽいとは外見で判断されるものですので、実際も優等生かどうかまでは判断出来ません。

社会人になってからガラッとイメージが変わっておしゃれになっていた場合は、もともと頭は良くても、性格まで優等生ではなかった可能性もありますね。

処女

特に女の子は恋愛をすると雰囲気がガラッと変わるものです。

特に意識して外見を変えなくても、いきいきとしたキレイなオーラが体全体からにじみ出てきます。

また、大抵の人は、恋愛すると、好きな男性の好みの女性になりたいと思うものなので、外見も彼の好みに近づこうとします。

そうすると、見た目もガラッと変わりますね。

髪が長かったのに、彼がショートの子が好きだからといって突然バッサリと切ったりするような体験は女の子なら誰しも経験があるのではないでしょうか。

恋愛に匹敵するくらい雰囲気が変わる体験として性体験があります。

とはいえ、実際には見た目には大きな変化はないでしょう。

あってもミリ単位の微妙な骨盤の緩み程度であると言われています。

しかし、見た目に変化がないように見えても、なんとなく女になったように見えてくるものですよね。

それは、女性自身が性体験をしたことで、女としての自信を持ったり、彼に対して独占欲が湧いたりするからなのです。

女性ホルモンがバンバン出るので、雰囲気がより女性らしくなるのです。

それに加えて自分をキレイに見せたいという心がけが生まれてきますので、日頃の立ち振る舞いや姿勢も変わってきます。

こういう微妙ないくつもの変化を察知して、周りの人はキレイになったような気がすると思うのです。

️雰囲気がガラリと変わった後…

雰囲気が変わる前と後のギャップがあればあるほど、過去の自分とサヨナラしたくなりますよね。

特に雰囲気が変わってから出会った友達や彼に対して過去の自分を見られるのはとても恥ずかしいものです。

雰囲気が変わると性格も変わります。

同窓会で久しぶりに会った友達で、雰囲気が変わっている子はよくいるでしょう。

さらに性格も全然違うなんて子ももしかしたらいるかもしれませね。

そういう子は外見を変えることで、自分を理想の自分に近づけることが出来ているのでしょう。

そうなると、余計に過去の自分を振り返りたくはないかもしれませんね。

雰囲気が変わるということは、過去との決別を意味している人もいます。

地方から上京した

地元にいたときはジャージ姿で近所をウロウロ出来ても、都会に上京してくるとなかなかそうは出来ないものです。

都会の人はいつも化粧をして着飾って町を歩くイメージがあります。

実際はそうでない人もいるでしょうが、そういうイメージの町に住むと、自分もそうしなければならないような気になるものです。

町のイメージにはさまざまあります。

例えば、白金に住んでいる人はみんな華やかで高級感溢れる服を着ているようなイメージがありませんか?東京下町に住んでいる人は江戸っ子ってイメージがあるかもしれませんし、青山はセレブ的なイメージ、横浜はステキな海の香りがしそうな都会的なイメージがあるでしょう。

しかし、実際に住んでいる人がみんなこういうイメージに合った格好をしているかというと、必ずしもそうでないことはちょっと考えればわかることです。

それでも、自分がその町に住むことになった場合、自分が抱いているイメージに合うような格好をして歩こうと思ってしまうものですし、そうでない格好で歩くことを恥ずかしいと思ってしまいます。

特に自分の中でおしゃれに目覚めていなくても、住んでいる町のイメージに合わせて自分の雰囲気が変わってしまうケースもあるでしょう。

昔の写真を隠す

前にも書いたように、雰囲気がガラッと変わって新たな自分となり、その自分が新しい友人や彼氏を作った場合、過去の自分を見られるのが非常に恥ずかしく感じるものです。

黒髪にメガネ、ボサッとした印象だったとすると、余計に人に見られたくありませんよね。

そういう自分を変えたくて外見を変えている人はたくさんいます。

過去の自分を知る人がいない土地に移って、新たな自分としてそこで生活していこうと心機一転する人もたくさんいます。

そういう人にとって、過去の自分の姿は嫌悪感すら抱くくらい見たくないものになってしまっているかもしれません。

このような場合、引っ越し先に過去の自分の写真を持って行くなんてことはまずしません。

ですから、新たに出来た友達や彼に過去の自分を見られる機会は少ないでしょう。

しかし、お付き合いしている彼の場合、結婚まで話が進んだりすると、実家に行く機会だって出てきますね。

そうなると、さすがに過去の自分を見られることになってしまいます。

結婚まで話がいっているにも関わらず、過去の写真のせいで別れるなんてことにはならないでしょうが、それでも初めて見せる時には緊張するものだろうと思います。

昔の友達に会いたがらない

昔の写真を隠すことと同じですが、過去の自分と決別して新天地で心機一転頑張っている人は、自分の過去を知っている人に会いたくありません。

過去の自分とは見た目が違うのはもちろんのこと、性格だって変わっているはずです。

例えば、地味で暗いイメージから都会へ出て明るいキャラで頑張っている人がいたとしましょう。

せっかく明るい性格で楽しい毎日を過ごせていたのに、例え都会で会ったとしても、昔の友達の前だとなぜか自分の性格も昔の自分に戻ってしまうものです。

それは、昔の友達というのは、学校で知り合った友達であることが多いからです。

つまり近くに住んでいるとか、同じクラスになったから友達になったわけであって、価値観や性格が合うわけではありません。

当時は性格が合っているように見えていても、社会に出てさらにさまざまな人に出会うと、より自分に合う人に出会えるものです。

そうなると、もう過去の友達は「合わない人」になってしまいます。

しばらく離れて生活していたのであればなおさらです。

環境、価値感…何もかもがますます変わっている可能性だってあるのです。

もし昔の友達に誘われたら、会いたいと思う人はいいですが、そうでない場合はやんわりとお断りするのがベストだと言えるかも知れませんね。

昔の話をあまりしない

昔の話をするというのは、実はあまりよくないことです。

過去の自分ばかりを振り返って「昔は良かった」なんて言っていては、現状は全くよくはなりません。

ですから、昔の話をしないというのは、今現在が非常に充実していることを意味しています。

雰囲気が変わって大人の女性になり、毎日を楽しく過ごしている場合、あえて地味で暗かった昔の話をしようなんて、あまり思いませんよね。

よくお金持ちは昔の話をしないと言います。

お金持ちになれるくらい生活が充実している人は、毎日とてもたくさんのことを考えています。

ビジネスのこと、お金を稼ぐ方法、自分の趣味の時間を捻出する方法、次に行う家族サービスの内容などなど。

秒単位でいくつも同時に考えているので、過去を振り返ったり、懐かしんだりする暇がないのです。

逆に、変化のない、安定的な毎日を送っている人は、そんなに多くのことを考えるということはしません。

毎日をのんびりと平和に過ごします。

そうなると、脳に鮮明に記憶が焼き付いているのは過去の出来事になりますから、昔の話ばかりをするようになります。

昔の話をするかどうかは、今現在の自分の状況が充実しているかどうかで変わってきます。

人生が楽しそう

毎日をストレスフリーに楽しめる人というのは、ありのままの自分を受け入れることが出来ている人です。

自分自身を肯定しながら生きている人ということになります。

つまり、雰囲気をガラッと変えて理想の自分になって毎日を生きている人は多少辛いことがあっても、毎日を楽しく生きていくことができています。

特に自分の理想とする外見に少しでも近づけている場合、自分に自信を持つことが出来ていますので、それ以外の欠点すらもチャームポイントのように見ることが出来たりします。

そもそも欠点というのは、自分の主観から見たものであって、万人から見ても欠点だと言える特徴というのはそうそう存在しません。

欠点はものの見方さえ変えてしまえば長所になります。

例えば、「優しい人」と「優柔不断な人」や「ワンマンな人」「リーダーシップのとれる人」、「短気な人」「頭の回転が速い人」というように、長所と欠点は全く同じ性格で、それぞれ見る人によって良い点に見えるか悪い点に見えるかが変わっているだけなのです。

人生をプラス思考で楽しく過ごしている人には、欠点=マイナスなものというとらえ方はしていません。

欠点を嘆くよりも、さらにより良い人生を手に入れるために努力するほうに力を入れるでしょう。

そういうプラス思考の性格を手に入れるのも、外見を変えることで、理想の自分になっている自信から来ているのです。

行動力がある

行動力のある人というのは、余計な悩みや行動をバッサリと切り捨てている人です。

余計なこと、不必要にやっていることが一つでも減ると、人は考えも行動もブレることなく物事を行動にどんどんとうつしていくことが出来ます。

例えば、一重まぶたを毎日アイプチを使って二重にしている手間を省くために思い切って二重まぶたに整形してしまうと、毎日のアイプチをする時間が減ります。

それに「整形しようかなぁ。

どうしよう…」と悶々と悩んでパソコンのサイトを見て回って情報収集したりする時間が減ります。

人に整形するか相談したりする時間が減ります。

または、話題を他の楽しい話題に割く事が出来ます。

行動力がないと、「やったほうがいいのかもしれないけど、どうしよう…」というタスクがどんどんと溜まっていく傾向にあります。

こうなると、本当にやるべき事が見えてきませんし、あれこれ悩んで結局行動に移せなかったなんてことも増えてきます。

悩んでいることは、思い切ってやってしまう。

不得意分野だと思ったらバッサリと切り捨ててみる。

こんな思い切りが行動力のある人には備わっています。

外見が変わって自分に自信が持てるようになると、自分を変えることに抵抗がなくなります。

それは、最初は外見だけでしたでしょうが、そのうち性格を変えたり、行動を変えたりすることも簡単に出来るようになっていくのです。

こういう「出来る人」になるきっかけになるのも雰囲気をガラリと変えることの良さでもあります。

服装のテイストが全然違う

昔は地味な服、ジャージ、毎日ジーパンなんて人も、大人な女性になると毎日のコーディネートをしっかりと考えるようになります。

これは、就職先の職場にもよるのでしょうが、シックな色合いのジャケットを着てみたり、オフィスカジュアルでちょっとしっかりした大人の服装をするのは、社会に出れば当然のことですので、そこですでに服装は変わってきます。

そして、オフィスでの服装がオシャレな人は、プライベートでの服装にも気を遣うようになるものです。

なぜなら、人はおしゃれになるためにも行動力が大切です。

ただ「オシャレさんになりたいなぁ」と思っていても全くオシャレにはなりません。

では、どうすればいいのかというと、実際にオシャレだと思う服を買って着てみたり、ちょっと高い服を買って着てみたいするようになればいいのです。

そうしていくうちにオシャレに興味が湧いたり、そこまでいかなくても私服を着こなすコツというものがわかってくるのです。

社会人になると、オフィスコーデを嫌でも考えなければいけませんので、自然と服装に興味がいきますし、安い服ではなく、ある程度値段の張る服を用意しておくものです。

こうやって仕事をきっかけに意識せず形から入っていっているので、自然とプライベートでの服装にも気を使えるようになります。

ただ、職場が制服の人は、出勤する格好に全く気を配らない人もいますので、そういう人はなかなかオシャレに気が向かないかもしれません。

そういう場合は恋愛したり、友人と遊ぶ機会が増えることで服装に気を使えるようになるでしょう。

性格は服装からでも変わってきます。

何事もまずは形からと言いますが、性格もまずは服装を変えることで自然と服装に合った性格に変化していくものです。