「あの人は本当にオープンな人で、誰にでも好かれるタイプの人間だよ」と評判の人もいます。

オープンな人と言うのは、何も隠し事がなくておおらかな性格の人のことでしょうか。

そんなオープンな性格の人は、いつも笑顔を絶やさずに、誰とでも平気で付き合うことができるのです。

言葉も乱暴で誰かれなく喧嘩を吹っ掛けるような人にも、ニコニコと話し掛けるようです。

そんな怖い人もオープンな人が近づくと、不思議なものを見ているような違和感を持ちながら睨んでいるのです。

いつものような威勢の良い声も抑えて、話すのをためらって凝視しているようなのです。

どう猛なライオンの前に、突然ポツンと仔犬が立っているような雰囲気なのです。

ライオンにしても、急に別の野獣が前に現れたなら、すぐに戦闘モードに切り替えるのですが、仔犬では襲われる心配もないと判断したのか、まずは不思議そうに睨みつけているはずです。

しかし、格好の獲物であると認識すると、仔犬はライオンに捕獲されて食べられてしまう運命なのです。

オープンな人と言うのは、初めて出会った人にとっては、分かりずらい性格の人のようです。

しかし、しばらく付き合っていると、人によって態度を変えることがない、純粋な人だと分かるのです。

つまり、人によって態度を変えるという打算的な行動をとらない性格の人なのです。

従って、オープンな人は社交性にも優れた人が多いようです。

そして、周りからも声をかけられやすく話しやすい性格なのです。

オープンな性格とは日本語で表現すると、開けっ広げな性格、おおっぴらな性格とも呼ばれます。

日本語だとなんとなく意味が分かるようです。

全てをさらけ出してしまう性格のようです。

オープンな人ってどんな人?実は日本人にはあんまりいなかった

周りから声をかけられやすく仲間が集まる人は、オープンな人に多い傾向です。

いろんな人が集まると、さらにその人達から新しい人脈が膨れて行って、いろんな職業の人が混ざって来るのです。

オープンな人は自分を開けっ広げて見せつけるので、自分の弱みも得意でないこともさらけ出してしまうことができるからです。

すると、この人はこんな人なんだとか、こんなところは自分の方が上手く出来るとか、自然に評価されてしまうのです。

そして、オープンな人が自分の欠点や長所を指摘されて、自分のダメなところや相手の優れたところをしっかりと認める性格なのです。

この点は相手に負けている、勝てないと素直に認めるのです。

これができるので、安心してみんなが集まってくるのです。

そして、負けているところは、しっかりとカバーできるように、みんなの力を借りたり意見を聞いて修正するのです。

この努力の間も、もちろん全てがオープンなのです。

このような性格は、もともと日本人には無い性格です。

というのも、日本人は外見を気にする性格で、古いことわざに「武士は食わねど高楊枝(たかようじ)」というのがあります。

武士は貧しくて食事ができなくても、あたかも腹いっぱい食べたように楊枝(ようじ)を口に咥えて見せるのです。

体面を気にして、やせ我慢をする性格なのです。

また女性も、外見をすごく気にする性格で、いつも化粧をしないと人前には出れなくて、すっぴんは見せられないと思っているのです。

このように、昔から男女ともに体面を気にする性格なので、オープンな人が出てきたのはごく最近なのです。

オープンな性格な人に共通する特徴


オープンな性格の人には、ある共通する特徴があります。

明るくてポジティブ

オープンな人は、自分を開けっ広げにさらけ出すので、人から笑われたり蔑まされたりしても平気な性格です。

最初はもちろん体面があるのですが、一度オープンに広げてしまうと怖いものが無くなり、その場を明るく振る舞って自分を納得させるのです。

従って、オープンな人は誰も底抜けに明るくポジティブな性格になっているのです。

どんな難しい場面に遭遇しても、大きな問題が立ちふさがっても、ポジティブに考えて前向きに挑戦するのです。

それらの問題に真正面から挑戦するので、もちろんバイタリティーに溢れているのです。

顔もツヤツヤとして健康そのものなのです。

そんな人がエネルギッシュに活動してくれると、みんなもついていくのです。

オープンな人は明るくてポジティブなのです。

大胆不敵

オープンな性格の人は、いろんな人もいろんな出来事も、真正面から受け入れることができます。

その結果、しっかりと受け取れる時と受け取れずに勢いあまって倒れ込んでしまうこともあるのです。

しかし、倒れ込むようなことになっても、大胆不敵にももう一度チャレンジするのです。

オープンな人は、向かってくる力が強ければ強いほど、ますます燃える性格なのです。

今度はしっかりと受け止めてやるというチャレンジ精神が湧いてくるのです。

上手く行かなかった原因を素早く見つけて、すぐに修正できる能力もあるのです。

同じことを繰り返して失敗することはありません。

とっさに修正することも得意なのです。

おおざっぱ


おおざっぱと言うのを漢字で表すと、「大雑把」と書きます。

難しい字ですが「あいつはおおざっぱな人間だ」というように、性格を表す表現としてよく使います。

おおざっぱという意味は、細かいところまで注意が行き届かず雑であるということです。

そして、全体を大きく捉えることでもあります。

複雑な何かを説明する時に、説明している途中で細かいところが分からなくなってしまった時に、おおざっぱに言うと・・・と簡単に概要をまとめることもあります。

おおざっぱに言われると、時々正確ではないところも出てくるので、おおざっぱな人の言葉は、注意しなくては行けないようです。

ただ、どうでもよいようなことは、時間短縮のためにも、おおざっぱに説明してくれた方が助かることもあります。

おおざっぱな人は、他人のことにはあまり関心がないようです。

自分の領域にまで侵入して来る人間に対しても、必死で排除するようなこともありません。

おおざっぱな人は、他人にはあまり関心がないのです。

たとえ自分の領域を荒らし回ったとしても、その人のことを責めたり、陰でその人の悪口を言い触らすようなこともしません。

文句があるなら、その人に対して直接言うことが良いと考えているからです。

このように、オープンな人の性格は、おおざっぱなことから裏表がないのです。

陰で悪口を言うよりも、直接話し合うことを好むのです。

ただオープンな人が注意することは、何でもおおざっぱに話すことから無神経な言葉を堂々と話す時があるのです。

それによって、無神経な言葉で傷がつくことにもなるのです。

オープンな人は、何でも平等に受け入れることもありますが、時々はおおざっぱな気持ちになってしまった時に、無神経な言葉を平気で話すこともあるので注意が必要です。

このように、オープンな人はおおざっぱなところがあるので、仕事の正確さが問われることもあります。

つまり、オープンな人は好奇心旺盛で大胆なところがあるのでおおざっぱな性格だと思われ、しかも裏表がないところがみんなに注目されて、多くの人が集まってくるのです。

秘密は守れない

オープンな人には、その人柄からたくさんの人が集まって来るといいました。

明るくてポジティブなので、周りの人をあまり警戒しません。

何でも親身になって相談を受けることもあるのです。

それだけいろんな人と接することで、周りの人の秘密も知ることになります。

オープンな人にとっては些細なことと思っていても、これだけは誰にも知られたくないという大事な秘密も掴んでしまいます。

そんなオープンな人を狙って、秘密の情報を横取りしようと狙っている人達もいるのです。

おだてられてツイツイ秘密の情報を漏らしてしまうこともあるようです。

また、自分の方からその場を盛り上げようと思って、軽はずみにも秘密情報を漏えいしてしまうのです。

オープンな人は、大事な秘密は守れないのです。

と言うことは、恋愛に関しても、オープンな人はツイツイ口を滑らせてしまうので、こっそりと秘めた恋というのは成立しないようです。

多分「実は、先月から彼女と付き合っているんだ。

いずれ彼女にプロポーズするよ」などと明かしてしまうのです。

内気な彼女ならきっと困惑してしまい、恋が実らなくなることもありそうです。

人懐っこい

オープンな人というのは、誰とでも仲良くしたいという願望があります。

仲良くなって新しい人脈を作りたい気持ちと、自分にないものを身に着けたいという好奇心もあるのです。

誰にでも容易に近づくためには、やさしい雰囲気と笑顔が必要です。

そのためには、人懐っこい性格が役に立つのです。

硬い顔でアプローチしても、警戒されるだけです。

上手くアプローチして話を始めても、コミュニケーションの力が無ければ話が盛り上がりません。

このように、オープンな人は人懐っこくなって上手くアプローチして会話を広げていき、さらに仲良くなるのです。

すると、人懐っこさに引かれて、また魅力ある人が集まってくるのです。

人懐っこさに憧れて男女が集まると、その人達の間で恋愛感情が芽生えますが、当の本人はそんな感情は抜きで人との対話に興味を持つのです。

困ることは、だれかれ区別なく声をかけてアプローチするので、話し掛けられたくない人にとっては迷惑かも知れません。

また、人懐っこい性格なので、頼まれごとも多くなって負担となることもあります。

オープンな性格の人は、そのあたりを上手くコントロールする方法を覚えておく必要もあります。

ひょうきんな性格

オープンな人で、誰かに頼まれるとすぐに取り掛かるような身軽で行動的な性格の人は、ひょうきん者とも言われるのです。

ひょうきんとは、深く考えずに軽率でおどけるように振る舞うことです。

最近では、軽率で滑稽なことをする人をひょうきん者と呼んでいます。

オープンな性格の人と言うのは、すべてひょうきんな性格を持ってはいませんが、頼まれるとどんなことでも実行してしまう行動は、軽率で滑稽とも思われてしまうのです。

ただ、単にふざけてバカみたいなことを敢えてするのをひょうきんと言うと、お調子者のことを差して評価も良くありません。

しかし、難問に突き当ってみんなで解決策を探し続けているが、良いアイデアは生まれません。

こんな時にひょうきんな人がバカみたいなことを提案すると、みんなで笑いながら頭がリラックスするのです。

すると、みんなの頭もリセットされて、次々と解決策が出てきたりするときがあります。

このようなひょうきんな性格は、オープンな人に多いので、オープンな人のひょうきんさが、みんなの原動力になっているかも知れません。

マイペース

オープンな人の大きな特徴は、何ごともマイペースで行えることです。

自分が相手に共鳴すると、誰が何を言おうともマイペースで自分の思うままに行動することです。

もともと、マイペースな人というのは、自己チューだとか自分勝手だとか、あげくの果てには「あいつはKYだから」と批判される人で、そんな人とは関わり合いたくないと思われているのです。

グループの中に混ざっていると、チームワークが上手く行かないと、リーダーに敬遠される存在なのです。

しかし、ちょっと考えてみると、世の中で成功している人達は、意外にもみんなマイペースな人なのです。

ノーベル賞を受賞した学者の人達も、みんなマイペースで黙々と研究に没頭した人達です。

誰がバカにしようと、嘲笑って見ていようと、自分がこうだと思ったことに対して、マイペースで取り組んできた結果、名誉ある賞を頂いた訳です。

誰も見向きもしなかった現象に興味を持って、マイペースで調査と研究を重ね、自分の時間を使い切ってまで努力したのです。

と言うことは、オープンな性格の人でマイペースに行動できる人は、仲間が解決できなかった問題に取り組むと、思わぬ方向に進んで行って解決できるかも知れないのです。

マイペースな人は、そんな魅力も秘めているのです。

自由奔放

オープンな人というのは、周りから見ていてもすぐに分かります。

いろんな人にアドバイスを求められても、数秒間考えた後で「これはこのように考えれば良くて、次はこうするのが最善だと思うよ」などとすぐに解決策を提案するのです。

しかも、その提案内容は時には奇抜すぎて驚くようなこともあるのです。

このような回答がすぐに湧いてくるのは、彼の自由奔放な性格なのです。

普段から、自分がやりたいことを周りに気にせずにやってしまう習慣があるのです。

これをすると、もしかしたら誰かに迷惑が掛かるのではとか、この機械が壊れてしまうのではという心配や不安もないのです。

あくまでも、結果をポジティブに考えて、成功することをイメージしているのです。

過去に同じようなことを別の人が行って、とんでもないことになってしまった、というような過去の出来事にも捕らわれることもないのです。

自由奔放な人の特徴です。

オープンな人には、自由奔放という性格もあるのです。

【自由奔放な人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

物事の本質を理解できる

オープンな人は、過去にもいろいろと失敗を重ねているのです。

うかつにも余計なことに手を出してしまって、損害を被ってしまったとか、親しい人に誤解されて疎遠になってしまったとか、きっといろいろと経験しているはずです。

ということは、過去にいろんな問題に直面した経験があるはずで、この時の経験から物事の本質を理解することは得意かも知れません。

離婚や恋愛のトラブルについてもその本質や解決策も、理解しているはずです。

オープンな人は物事の本質が分かるから、信頼されて人が集まってくるのです。

誰ともでも仲良くなれる

オープンな人と言われる由縁は、誰とでも仲良くなれる性格です。

初めての集会に出かけて、知り合いがほとんどいなくてもすぐに周りの人と打ち解けて仲良くなるのです。

知らない人と初めて会話する時のツカミを知っているからです。

相手のことを上手く聞き出して、それに応えて会話を始めるからです。

どんな話題にも、即座に加わることもできるぐらい知識も豊富なのです。

そして、笑顔で会話を続けるうちに、相手が「そうなんですか!」と感心するような情報も織り交ぜて、もっと聞きたいと思わせるのです。

誰とでも仲良くなるためには、聞き上手でなければなりません。

オープンな人は、聞き上手で誰とでも仲良くなれる性格なのです。

人を疑わない

オープンな人は、考え方もポジティブなので人に対しても同じです。

悪い人などいないというポジティブな考えを持っているのです。

ある意味では性善説なのです。

だから、平気でいろんな人と付き合うことができるのです。

また、おもしろいことにどんな性格の人と接しても、ほとんどストレスが溜まらないようなのです。

あまり仲が良くない性格が合わない人を見るだけで、ストレスが溜まる人もいるようです。

相性が悪い人とは、声を聞いただけでも、笑い声だけでも血圧が上がってしまいストレスが溜まるという場合があるそうです。

相性が合わない人は、自分に都合が悪いことをきっとしようと考えていると懐疑的にもなっています。

ところが、オープンな人はそんな事はまったく考えません。

どんなことをされようとも、自分が思ったことは誰の影響を受けることもなく行えるのです。

ましてや、初めから人を疑うことなんてしないのです。

自分に正直

誰にも影響されずに素直に生きていくということは、ある意味自分に正直なのです。

素直な人は他人をあまり疑いません。

人間の根底には、騙されないかという不安な気持ちがあるために、普通の人は素直にはなかなか生きていけないものです。

しかし、オープンな人は自分に正直で素直なので、頼まれたことはついつい言われたままにやってしまうのです。

自分に正直に生きるということは、自分の感情のままに従うということでもあります。

すると、自分の感情と違った考えの人とは仲良くなれないことになります。

しかし、自分の感情や意見を伝えないということはできない性格なので、意見が割れてしまうことにもなります。

オープンな人が自分に正直に生きるということは、結局は自分の感情のままにわがままに生きるということでもあります。

もし、オープンな人が自分に正直に生きなければ、自分の思いに反することに従うことになるので、自分の力や能力を存分に発揮できなくなるのです。

すると、オープンな人の魅力も半減で周りに人も集まって来ないのです。

オープンな人は、自分に正直なのです。

人間関係のトラブルを引き起こすことも

先ほどでも説明しましたが、自分に正直にわがままに生きる特徴があるので、相手によっては意見が対立してしまいます。

オープンな人に集まってきた人とも、当然人間関係のトラブルを引き起こすこともあります。

特にオープンな人で頑固な性格の人は、自由奔放に対応することから他人とトラブルになりやすく、このようなオープンな人は親身に相談に乗ってくれるが、難しい人でもあると噂が流れることもあります。

意外と涙もろい

オープンな人は、自分の心にも正直なのです。

知り合った人との嬉しいことや悲しいことなどを、素直に感じてしまうのです。

話を聞いているうちに、心に響くと涙もろくなってしまうこともあるのです。

自分の世界観を持っている

オープンな人には、その魅力に人が集まってくるということを書きました。

自由奔放に生きながら、人が集まってくるというのはどういうことでしょうか?それは、その人が独特の個性や世界観を持っているということです。

誰にも真似ができない、その人だけの世界観を持っているのです。

だから、何事にも自分の感じたままを素直に表現するのです。

その人の世界で、その人の言葉で話すからです。

話した言葉の根拠が分からなくても、自分の世界観からの熱いメッセージは、みんなの心を揺さぶるのです。

その人なら、きっとうまく事が運ぶように思われるからです。

オープンな人は、独特な世界観を持っているものです。

それが拡散されていくとみんなの中でもその人は評判になって、その世界観に触れたいと願い集まってくるのです。

別の見方をすると、みんなはオープンな人の信者や虜になったように見えるのです。

無理に背伸びしない

オープンな人は自分のこともよく知っています。

どんなことが得意だとか、他人にない何を持っているかなど、冷静に自分を見ることができるのです。

自由奔放に生きているように見えても、自分が今何をしているか、次にどうなるかは自覚しているのです。

ただ、周りの人にとっては、その人の行動が読めないだけのことです。

誰かの依頼によって手伝うことになっても、自分ができる範囲はここまでと、キチンと線を引いて分けることも得意なのです。

それを越えて無理に行動すると、自分の能力以上のことが要求されることも理解しています。

決して一線を越えないのです。

オープンな人は、無理に背伸びしないのです。

謙虚で嫌味を言わない

オープンな人は自分に正直なので、自分が感じたままを素直に表現します。

自分の弱点も苦手なこともさらけ出して表に出します。

自分のことは隠し立てしなくて、逆にいろいろと欠点をさらけ出されたり問題視されても平気です。

それがオープンな人の特徴ですから。

その代り、他人のことについては欠点や問題点は話題にはあげません。

自分のことを褒めることもしません。

謙虚で他人に嫌味も言わないのです。

自分は全てをさらけ出してみんなに見せますが、他人についてはとやかく批評はしない性格なのです。

だから、一緒にいても居心地が良いのです。

オープンな性格は損する?得する?

時々あの人はオープンな人だなと思う人がいます。

TVを見ていても、芸能人のなかでもあの人はオープンな人だと思う時があります。

オープンな性格の人は、人生で損するか得するかを考えた時に、どうしてもオープンな芸能人のことを想像してしまいます。

自分のことは、恋愛から私生活、経済的なことまでいろいろとオープンにしている時があります。

ただし、どこまで本当のことを明かしているかは分かりませんが、自分で告白しているのでそれを信じるしかありません。

ネットで探しても、私生活のことまでは書き込みはありません。

それだけの理由でオープンだと思われる芸能人について考えてみると、その人が損しているか得しているかは判断が付きません。

実際には、オープンな性格の人は得するのでしょうか?

メリット

オープンな人は、誰とでも分け隔てせずに付き合うことができます。

考え方も意見も異なる人でも、堂々と接することもできる大胆なところも持ち合わせているのです。

自由奔放で大胆、しかも損得にこだわらず、自分の思うままに振る舞うのです。

そのポジティブな性格と行動力に共感して、悩んでいる人も集まってくるのです。

何かの期待を込めて、集まってきます。

どのような期待かというと、気が向くと誰も手を付けないことに、真っ正面からぶつかっていくことができるのです。

その勇気と実行力に惚れてしまう殻です。

信頼される

オープンな人の実行力には定評があります。

何か新しいことを成し遂げてくれて、自分達を助けてくれることを期待しているのです。

期待するということは、実は心から信頼してくれているのです。

おまけに、自分のことはオープンに開示しているので、隠し事がないように見られる、つまりは信頼することができる相手だと思われるのです。

自分の弱みまで明らかにすることで、正直者だと思われて信頼されるのです。

そのうえ、何かを手伝ってもらったお蔭で上手く行くと、なおさら信頼度も増すのです。

周りはいつも笑顔

心を開いた仲間たちが集まってくると、誰にも気兼ねすることもなく、本音で議論することも慣れてきます。

オープンな人の感覚を真似する人も出てきて、相手の気持ちも理解できるので、安心して話し合うことができます。

今まで、堅く口を閉ざしていた悩みごとも、オープンに話すことでストレスも解消されるのです。

周りはいつも笑顔で溢れるのです。

素直で成長が速い

オープンな人の特徴は、素直で正直なのです。

自分の欠点も明らかにして、相手の長所にも目を向けて褒めます。

それは、その長所を自分も取り入れようと注目するからです。

貪欲に勉強するのもオープンな人の特徴です。

オープンな人は、同じ場所にずっと停滞している訳ではありません。

自分に正直な気持ちでいろんなことを吸収していくので、素直で成長が速いのです。

デメリット

何事もオープンにすることを避ける人もいます。

そのような人は、会話をしていても急に口を閉ざしたリ敢えて話題を変えたりして秘密にするのです。

どうなっているのか心配をして聞いてきた人にも、決してまともに答えようとしません。

そんなことが続くと、みんなもだんだんと避けるようになってきます。

親しく相談する人もいなくなると、ますます殻に閉じこもってしまい、交流もなくなっていきます。

すると、大事な話題や有益な情報も入らなくなるので、長い目で見ると大変損をしていると思われます。

相手を傷つけることも

自由奔放なところがあるので、ついつい相手が嫌なことでも話してしまうことがあるのです。

秘密のことでもバラシてしまうこともあって、相手を傷つけたり困らせてしまうことも多いのです。

自分ではおおざっぱなことでも、気になる人にとっては重大なことなのですが、それも分からない時もあるからです。

理解されないことがある

おおざっぱな性格で、他人があえて避けているようなことでも、平気でチャレンジすることもあります。

それがあまりにも奇抜なことなら、奇人・変人扱いされて、理解されないこともあります。

それでも、マイペースで押し通すところがオープンな人の特徴です。

恋愛の場面では、好きな人に理解されない時ほど悔しいことはありません。

恋人に奇人と思われないように、その時だけは不注意で相手を傷つけることがないように注意しましょう。

実は日本人にオープンな性格な人は少ない

日本人というのは、昔から我慢をするのが得意な性格です。

苦しくても耐えて我慢するのが美徳とも言われてきました。

お笑い芸人が、自分の家庭生活の中で苦しい事や困ったことなども赤裸々に話をして、観客の笑いを取ることが増えてきました。

芸人は、いろいろとストーリーを考えて企画して、それを元に笑いを取るよりも、楽屋話をしてその場のアドリブで笑いを取るスタイルが増えてきたような気がします。

日本人もやっとオープンな性格を表現し始めたように思いました。

社会環境

最近は、ネットの環境が整い、個人にもスマホの普及率が格段に高くなっています。

街に出ても電車に乗っても、高齢者でもスマホをいじっている光景があります。

このSNSの普及で自分のことを正直に告白したり、それへのコメントを書き込んだり、オープンにする傾向が見えてきたようにも思えます。

アルバイトや仕事でも、24時間働くところがあり、時間の感覚も変わってきたのです。

生真面目な性格

日本人の根本の性格は、真面目なことと正直なこと、約束を守り決めたことは最後までやり抜く忍耐力が強いことです。

おおざっぱで自由奔放の性格とは真逆の性格です。

でも、国際化の中で世界の人々の生きざまを知るにつれて、自由な生き方にも憧れを感じてきたようです。

若い人ほど、自由奔放な暮らしを望むようです。

オープンな人の特徴を知ろう!(まとめ)

オープンな人は、明るくて考え方がポジティブなこと、行動や考え方はおおざっぱで大胆なところに特徴があります。

その他にも、人懐っこい性格で友人が多く社交的であること、マイペースで生活するので自由奔放な人間に見られます。

他人のことにはあまり気を使わないので、相手に迷惑をかけているとか白い目で見られていることも分からない時があります。

こんな時には、感情的なトラブルを引き起こしたリ、秘密をバラされたと非難されることもあります。

チームワークは乱れますが、思いがけないことも起こって上手く進むようになったりと、役に立つこともあるようです。

しかし、オープンな人はまだ少ないので、変わった人だと思われているかも知れません。

ともかく、オープンな人と思われたら、おおざっぱだけれども明るい人間だと見られている訳で、少しは周りに配慮する気持ちを持つことができれば、信頼できる人間として強い絆で結ばれる仲間が増えるはずです。