「天才」に憧れる人は少なくありません。

ですが、実際に天才と呼ばれる人に出会うことはなかなかないのではないでしょうか。

エジソンやアインシュタインなど、歴史上の人物で天才と呼ばれる人のことは頭に浮かんでも、実際に自分の身の回りにいる人間の中に天才はいるのでしょうか。

ただ頭が良いだけでは天才と言うことはできないですよね。

周囲には秀才と呼ばれるタイプの人はいても、転載はいないと思っている方も多いでしょう。

それでは、どのような特徴を持ち合わせている人が天才と言われるのでしょうか。

自分の周囲の中にも天才と言われるタイプの人がいるかもしれませんよ。

天才によくある20個の特徴とは?

 天才によくある20個の特徴とは、どのようなものなのでしょうか。

天才と呼ばれる人はよくいますが、その中で本当の天才であるのはほんの一握りの人間にすぎません。

ですが、天才と呼ばれている人たちは、以下のような特徴を備えているのではないでしょうか。

天才と呼ばれているだけで、身に着けた能力が添付のものではなく、努力の結果だという人もいます。

ですが、その人たちでも、この中のいくつかの特徴は備えているでしょう。

この20個の特徴のうち、大半が当てはまるという人は天才型の人だということなのかもしれません。

1個だけ、もしくは数個だけしか当てはまらないという方は、残念ながら天才だと言われるタイプではないのかもしれませんね。

複数個当てはまっている人は、努力で人から湛えられる能力を手に入れた人なのかもしれません。

周囲に天才だと呼ばれる人がいたら、または、自分がどのようなタイプなのかを知りたい方は、ぜひ以下の項目をチェックしてみてください。

1. 努力しなくても簡単にこなせてしまう


 天才というと、天賦の才があり、何でも器用にこなすことができるというイメージがありますよね。

確かに「天才」は、天からもらった才能が他の人の平均より抜きんでているため、他の人が努力してできるようになるレベルくらいなら、簡単にこなせてしまうという特徴があります。

そのために、天才肌の人は、基本的に努力していないとみなされてしまうこともあるでしょう。

もちろん、天才型の人も努力を強いていないわけではないのですが、努力をしなくても、一般人の平均よりはずっと高い能力を持っているので、そういったところが「何もしなくても簡単にこなすことができる」と思われてしまう原因になります。

 ただし、天才型の人でも、ある分野のみにしか才能を出すことができないということもあるでしょう。

天才肌の人は、基本的に自分の得意とする分野にのみ長けている可能性が高いのです。

例えば、芸術奈良芸術の分野のみに才能が発揮され、そのほかの部分は一般人と変わらないということが多くあります。

天才ではあっても、オールラウンダーではないということが良くありますので、得意分野の才能を知らなければ天才には見えないということもありえますね。

2. 自信に満ちている

 天才型の人は自信に満ちている傾向にあります。

自分の能力については、自分が一番わかっているため、自信がないということがないのです。

自分が何に対して能力を発揮することができ、どの分野になら秀でているのか理解している人は、その分野において他の人を引き離すだけの能力を持っているので、自信が生まれます。

もちろん、その分野以外での自身は生まれないかもしれませんが、得意分野では水を得た魚のようになるでしょう。

自信に満ち溢れた部分が普段の生活の中で出るかどうかは、人に寄ります。

例えば、地震に満ち溢れた部分が、他の分野においても発揮されていることがあります。

他の分野での成績に関わらず、堂々として自分に対する自信を持っている人に特有の輝きがある人もいるのです。

一方で、普段はおどおどと他の人と変わらない様子でも、自分の得意分野を発揮できる場になると自信が出てくる人もいます。

それは個人差が大きいところなので、天才型の人が皆、いつでも自信にあふれた姿でいるわけではありません。

3. アイディアがたくさん浮かぶ


 天才型と言われる人は、その分野においてクリエイティブな才能を発揮します。

絶え間なしに何かを創造することができるので、アイディアがたくさん浮かぶ傾向にあるのではないでしょうか。

頭の中でそのことについて考えていると、新しい案や、人が思いつかないようなアイディアを出すことができるのが天才です。

普通の努力家では、ここまでの域に達するのは難しいでしょう。

努力家の人では、経験に裏打ちされたアイディアなら出てきます。

つまり、経験を積んでいれば積んでいるだけ、アイディアが浮かびやすくなるのです。

ですが、天才型の人は、そういった経験に裏打ちされたアイディアではありません。

自分の脳内でのクリエイティブな才能が発揮されているので、何かに囚われることがない新鮮なアイディアを出すことができる傾向にあります。

しかも、それがまぐれではない証拠に、いくつものアイディアが出てくるのです。

4. 積極性がある

 天才型の人は、自分の得意分野においては積極性があるでしょう。

自分の得意分野に対しては自信を持っているので、積極的にその分野に関わることができるのです。

やはり、自信を持っており、自分がその分野に貢献できると思っている人には積極性が生まれます。

自分自身の能力を信じているからこその積極性なのです。

また、色々なアイディアが浮かんでくるので、それを試すために、自分からその世界で積極的に働こうと考えるでしょう。

才能があって、天才肌の人が、自分の能力を発揮できる場を避けるというのはとてもレアなパターンです。

ほとんどの人は、自分の得意分野には積極的に参入して行こうとするでしょう。

5. 継続は力なりを自覚している

 天才型の人は意外と、継続は力なりという言葉を信じています。

天才肌に生まれたとしても、継続して努力をし続けなければ、その才能を世に発揮することができません。

本当に「天才」と呼ばれる人は、努力をして自分の能力を高めるのです。

世の中で称賛されている人は、天才が自分の力を高めて、常人には達成できないところに上り詰めている姿を見せているのです。

努力が嫌いな一般人ほど、天才になりたいという言葉を口にするかもしれません。

ですが、その言葉を口にすることが、天才との違いを表しています。

本当に天才と呼ばれる人たちは、継続は力なりというのを身をもって知っている人たちなのです。

最も、自分が突出した能力を持っているために、努力すると、それが結果に表れやすく、そのことが努力に対する嫌な気持ちを軽減させていると考えることもできます。

ですが、だからと言って、天才のする努力が一般人より軽いという意味ではありません。

努力をする過程で、その分野のことを嫌いになる確率が低いということは言えるでしょう。

6. 自分の限界を決めない

 天才型の人は、自分の能力の限界をそう簡単に決めません。

自分の能力が高いことが分かっているからこそ、自分の能力には限界がないと思うのです。

限界を決めると、そこまでだとも言いますよね。

中には自分の能力の限界を見限っている人もいるかもしれませんが、その人は、それ以上は伸びないでしょう。

自分の能力の限界を定めずに、どこまでも能力を高く伸ばしている人こそが、一握りの天才の中に名を連ねることができるのです。

7. 自分の才能の活かし方をわかっている

 多くの天才型の人は、自分の才能の活かし方を分かっています。

分かっているからこそ、自分の能力が高いことにも気づきましたし、その世界で活躍することもできたのです。

才能があったとしても、その活かし方が分からなければ意味がありません。

それでは、天才と呼ばれる人にはなることができないでしょう。

よくいう「遅咲き」の人は、天才でありながらも自分の能力の活かし方が分からずに、燻っていた人がようやく花開いたということなのではないでしょうか。

8. 考え方が独創的


 天才型の人は考え方が独創的で、人と似通っていません。

それこそが、天才を天才だと言わせる所以であり、さらには、世の中にはびこる天才のイメージを作り出すものでもあります。

天才と言うと、独創的で、人が気づかないようなことをするイメージがありますよね。

実際に、天才の人は独創的で何かを生み出すことに対して能力が突出している傾向にあります。

クリエイティビティが天才の証拠でもあります。

この能力に関しては、努力だけでは、なかなか補うことができません。

9. 集中力が凄い

 天才型の人は、努力の天才でもあり、さらに集中の天才でもあるようです。

特に、自分の得意分野に関しては、没頭すると時間を忘れてしまうというようなこともあるでしょう。

集中力をもってその分野に臨むことができるので、余計に結果を残しやすいはずです。

集中するということも一種の才能です。

普通の人なら集中力が切れてしまうような場所で、いつまでも集中していられるということは、それは天才だと言えるでしょう。

特にその分野で突出した能力がないはずなのに、集中力だけはほかの人から抜きんでているという人は、まだ磨き方を分かっていないダイヤの原石であるか、もしくは集中の分野における天才か、どちらかなのではないでしょうか。

10. 意志が強い

 天才型の人の中には、とても意思が強い人が多いようです。

自分の能力が高いことが分かっていれば、それを生かす道も見えてくるでしょう。

周囲の人と比べて自分の能力が高いのに、それを無駄にするなど勿体ないと、高い目標を設定して頑張る人もいます。

また、その分野に対する能力の高さがあるがゆえに、その分野に対する興味深さも他の人に比べて突出しており、それがその分野への意識を高めます。

意識していなくても、その興味の深さや探求心が意志の強さを生み出しているというようなことはあるのではないでしょうか。

11. 少食でスマートな人が多い

 天才型に小食でスマートな人が多いという印象を持つ人もいるようです。

天才の人を集めて統計を取った結果があるわけではないので、本当のところは分かりません。

ですが、一緒に働いていると、そういった傾向を感じる人もいるのではないでしょうか。

例えば、自分の得意分野に没頭しているときには、あまり食事のことを気にしない傾向があり、それが小食であるように思わせているのかもしれません。

また、自分の得意分野に関しては、何を聞かれてもそれほど答えに窮することがないので、どこか余裕のあるスマートな態度で人と接することができるのかもしれません。

もちろん、それ以外の天才型の人もたくさんいるはずですので、小食でスマートではないから天才でもないというような判断をするのではなく、天才と呼ばれる人がこの特徴を持っていると面白い、というような軽い意識でいた方が良いでしょう。

12. 左利きの人が多い

 歴史的な天才の中には左利きが多いようですね。

左利きの人は、全人類の中でも10%程度だと言われています。

この中に、モーツァルトやピカソ、ビル・ゲイツなどの著名人が含まれているため、左利きは天才型と言われているようです。

ただし、その根拠のはっきりしたところは分かっていません。

左利きと右利きでは、普段メインに使っている手が異なるため、少し右脳と左脳で違うところがあるかもしれません。

左利きに天才が多いのが偶然なのか必然なのかは、今後の研究結果に期待するところがありますね。

ですが、周囲の天才と呼ばれている人が左利きだと、何か偶然以上の運命的なものを感じるのは間違いではないでしょう。

13. 小さなことをあまり気にしない


 天才型の人は小さなことをあまり気しない傾向もあります。

天才と呼ばれる人は、とてもスケールの大きな世界を見ています。

自分の突出した能力が、普通に暮らしていればできるような人の輪を越えた場所にあるので、自然と考え方のスケールが大きくなっていくのです。

自分の中にある世界が大きなところを見ていると、必然的に手元の小さなものは見えなくなってしまいます。

他の人から見れば気になるような細かいところにとらわれずに生活しているのは、その一例だと言えるでしょう。

どこか大雑把な性格で、細かいところはあまり気にしないようなおおらかなところがあるのも、天才型の人の特徴です。

ただし、自分の分野にはとても神経質と言う人も多いので、全てにおいて細かいところがどうでも良いというわけではありません。

14. 常識にとらわれない

 天才型の人は、常識にとらわれない思考をすることができます。

努力型の人は、経験や自分の学んできたことを基に発想をするので、どこか常識や先例にとらわれてしまいます。

ですが、天才型の人は、自分の発想のベースが、自分の頭の中にある世界です。

そのため、世の中にそれまで会った常識の混じる発想をすることがないのです。

本人自身も普段からそういったことを考えていれば、どこか浮世離れしたような雰囲気を持っているかもしれませんね。

15. 睡眠時間が短くても大丈夫

 睡眠時間が短くても大丈夫と言う特徴を持っている人もいます。

自分の得意分野に関する仕事では、時間を忘れて没頭してしまうのです。

徹夜していても、自分の得意分野なら平気でできるということがあれば、それは天才型の人の特徴の一つだととらえて良いのかもしれません。

ですが、睡眠時間が短くても大丈夫だと言う人が、必ずしも天才型だというわけではありません。

努力型の人でも、精神や肉体が強い人であれば、徹夜して仕事をすることくらいはできるでしょう。

あくまで、天才型にあり得る特徴の一つだととらえてください。

ただし、有名な天才物理学者のアインシュタインなどは、睡眠時間が長いことで有名でした。

これに関しては個人差も大きい部分かもしれませんね。

16. マイペース

 天才型の人の中には、マイペースな人も多いようです。

自分の能力に従って生きるというのは、他の人とは明らかに歩みが違うでしょう。

そのために、常に人と違った生き方をしてしまうのが天才型の人です。

例え、人と同じ道を歩もうとしているときであっても、やはり、自分の得意分野においては人と同じ速度で歩むことはできません。

そういった能力の大小のようなものを幼少から経験していると、次第に、人に合わせることが馬鹿らしくなっていくでしょう。

とにかく、自分は自分らしく、自分の歩みで過ごそうと考えると、全体的にマイペースな人間になっていくはずです。

 中には、自分の中にある世界や思考に夢中になってしまい、人に合わせることをそもそ考えていない人もいます。

そういった人も、やはりマイペースな生き方をする傾向にあるでしょう。

17. 何かコンプレックスを持っている場合がある

 天才型の人は、幼少期から自分の能力を発揮していることが多いでしょう。

そのために、何か他の人とは違う経験をしてきたかもしれません。

自分の能力が原因でいじめられたという人もいますし、一部の能力が突出しているために、他のできない部分が目立ってしまって気になったという方もいます。

他の人が羨むのような能力を持っているのとは別に、自分の中ではコンプレックスが消えないという人もいるのです。

意外なようにも思えますが、自分の能力そのものをコンプレックスに思っている天才型の人もいます。

突出した能力は人から羨まれる種類のものではありますが、それは、本人にとっては「人と違う場所」としか考えられないものだということがあるのです。

自分の能力を受け入れることができれば自身も着きますが、自分の能力に自信がない人は、そもそも、人と明らかに違う部分がある自分のことを嫌いなのかもしれません。

できすぎる部分を持っているがために、それがコンプレックスになってしまうのは悲しいですね。

18. 周囲との協調性に欠ける

 天才型の人すべてに言えるわけではありませんが、周囲との協調性に欠ける面が見られることもあるのが天才型の人です。

自分の突出した能力のために、周囲にうまく溶け込むことができないのがその理由です。

やはり、群を抜く才能と言うのは、一般人の中に入ると目立ちます。

またその能力のために、一般的な人の考え方が理解できないということもあるのです。

世の中にはIQが高い人のサークルのようなものもあります。

一般的なIQの人とは話が合わないので、そういったIQが高い人同士での交流を大切にしているのです。

周囲の人との協調性に欠けるのは、決して性格が悪いわけではありません。

自分の生まれ持った才能の代償として、周囲と本当の意味で分かりあうことができなくなってしまっていると考えられるのではないでしょうか。

19. 友達よりも自分の世界を大切にする


 天才型の人は、一般的な人とは少し世界観が違う人が多いようです。

一般人の中では、友達や人間関係を大事にする人が多いでしょう。

ですが、天才型の人は、自分の生活を大切にします。

天才が天才と呼ばれる所以は、その脳の中にたくさんのアイディアや才能が詰まっているからです。

自らの中に世界があり、その世界観に従って行動することで成功を掴んできた人が多いでしょう。

必然的に、自分の世界の中に籠った方が能力を発揮できるのです。

また、能力の発揮の有無だけではなく、自分の世界の中にこもっていることが楽しいという人もいます。

自分の頭の中でクリエイティブに何かを考え続けられる人は、友人との会話よりも、自分の世界の中での自分との対話をすることが、何よりの楽しみだということもあり得るのです。

20. 神経質である

 天才の中には神経質である人も多いようです。

自分が能力を発揮することができる得意分野においては、並々ならぬこだわりを持っているので、そのこだわりを守るために神経質になるのです。

その分野のことに素人が口や手を出そうとすると、あまり良い顔はされないかもしれません。

普段温和な人であっても、その分野に関しては神経質になるという人もいます。

また、性格的に神経質であるということも考えられますね。

天才肌の人は自由人と言うイメージもありますが、何か特定の分野においてこだわりを持っているというところからすると、神経質だという特徴もあると考えられるでしょう。

天才の定義

 天才の定義にはどのようなものがあるのでしょうか。

そもそも、天才とはどのような人のことを言うのでしょうか。

上述の特徴を持ち合わせているからと言って必ずしも天才と言うことができないこともあります。

また、親が天才だからと言って子どもが天才になるとは限りませんよね。

天才が全く人生の苦境に達しないということもありません。

実際に、天才とはどのような人のことを言うのでしょうか。

また、天才の上の才能を持つ人間も存在するのでしょうか。

天才の定義についていくつか調べてみました。

1. 辞書で調べてみると

 辞書で調べてみると、天才は「持って生まれた天賦の才がある人」という定義になっていることが多いようですね。

努力によって何かを成し遂げるというよりも、天から与えられた才能をただ行く活かすことができ、100%能力を発揮して世の中に貢献している人と言う意味が強いようです。

もちろん、実際に「天才」と言われる場合には、そういった意味以外のものがこめられることもあります。

ただのほめ言葉として、自分より優れた人相手に使われる意味での「天才」もありますし、天才が必ずしも良い意味で使われることはありません。

一般的には素晴らしい部分がある人のことを天才と呼びますが、辞書的に言うと、もっと狭義のようですね。

2. 生まれつきの天才

 辞書的に言うと、生まれ持っての才能を持った人のことを天才と言います。

普通の人とは、後天的な努力などでは埋められないほどの差があることが分かります。

もちろん、「天才とは1%のひらめきと99%の努力である」という言葉を、天才本人が残しているのですから、努力をしていないわけではないでしょう。

天才も努力をして自分の能力を高めなければ、常に天才でいることができないということです。

ですが、やはり、生まれ持ったものが元々違うというのが天才なのです。

 ちなみに、天才よりもさらに上があります。

天才の上にあるのは「奇才」です。

奇妙の「奇」を使っていることからも分かるくらいに、珍しいほどの才能を持った人のことを言います。

天才で既に生まれつきの能力が人よりはるかに上だった人のことを言うので、奇才はさらに天才よりも珍しいレベルの才能を持った人間だということができます。

さらにその上もあります。

それは「鬼才」です。

この鬼才は、「鬼」と言う字を使っていることからも分かるように、人間離れしているという意味になります。

天才よりもさらに二段階上で、滅多にお目にかかることはできないでしょう。

 もちろん、天才よりレベルが下のものもあります。

よく聞くのは「凡才」や「秀才」でしょうか。

「秀才」は天才よりも二段階下のレベルに位置しており、主に学問分野で使われることがある言葉です。

「秀才」と「天才」の間には「異才」があります。

一般人で頭が良いと言われるのは大半が「秀才」であり、時に「異才」を見る程度なのではないでしょうか。

秀才の下には「英才」「俗才」「凡才」「不才」があります。

これらもあまり使われることがなく、「天才」「秀才」意外の一般的な普通の人のことを「凡才」と呼ぶのではないでしょうか。

こうしていくつかの単語を並べてみると、天才がかなり高いレベルにあり、本当に生まれながらの才能を持った人にしか当てはまらない単語だということも分かりますね。

3.天才は遺伝する?

 知能というものがどのような遺伝子によって成り立っているのかは分かっていない部分も大きいようです。

そのため、天才が遺伝するかどうかは分かっていません。

実際に親から子へ受け継がれる遺伝子の割合を考えると、天才は遺伝しないとも言い切ることができないでしょう。

 天才と呼ばれていた人の子孫が、それほどの大きな業績を残していないというのも事実です。

例えば、モーツァルトの息子も、父と同様に作曲家になりましたが、現代ではモーツァルトの息子の曲が演奏されることはほとんどありません。

アインシュタインの息子は才能があるとは言われていましたが、歴史に残るほどの名前を残したわけではありませんでした。

この例の場合では、親が既に「天才」を越えていた可能性があるため、はっきりとしたことは分かりませんが、子どもが親と同じだけの大きさの才能を受け継ぐことができるわけではないということは分かるでしょう。

もちろん、親の残した名前が大きすぎて、周囲の期待が高まってしまっているため、その期待に届かなかっただけであるという可能性もあります。

ですが、やはり、歴史名を遺すような天才が、同じだけの大きさのものを子孫に残せるとは限らないというのは、はっきりと言うことができるのではないでしょうか。

4. 努力でも天才になれる

 天才でも、全く努力なしに自分の能力を開花させているわけではありません。

やはり、たゆまぬ努力や、研究・仕事に対する熱意を持っていこそ、天才と呼ばれるだけの業績を残すことができたのでしょう。

つまり、努力をしなければ、天才であっても花開くことがないのです。

もちろん、元々持っている素質が違うので、天才が努力した場合にはかなわないかもしれません。

ですが、一般t的に「天才」と言われているだけの人のことは、追い抜かすことが可能でしょう。

一般的に「天才」と呼ばれているだけの人に天賦の才があることは少なく、ほとんどが努力によって自分の能力を高めた人です。

生まれた段階で本物の天才になれないことは分かっているかもしれませんが、一般的に社会の中で言われる「天才」になることは可能です。

努力次第で天才と呼ばれるようになるためには、苦しい道も歩まなければいけないかもしれませんが、それができるのならば、ある意味「努力の天才」であることには違いなさそうですね。

5. 逆境が大きなバネになる

 天才と言われるほどに努力をする人たちは、逆境さえもばねにする力を持っています。

天才と呼ばれる人の業績をドラマ仕立てのようにドキュメンタリーにすることができるのは、そうした人々が逆境にあっても、努力で自分の能力を開花させることができるのが「天才」の特徴です。

それは、本物の天才であっても、努力の上で成り立つ「社会的な天才」であっても同じです。

逆境の中で実力を発揮できるのは、普通の人にはできません。

もちろん、強い精神を持っていることも大切ですが、何よりも、逆境の中でもめげることなく、それをばねにすることができるのは、集中力と努力があるからです。

そして、逆境の中でこそ花開いた能力は、何にも消されることがない大きな花となるでしょう。

その花を見た人が、その人のことを「天才」と呼ぶようになるのです。

ピンチはチャンスです。

逆境の中にいるというときにこそ、天才だと呼ばれるチャンスだと思って頑張りましょう。