イライラする男性っていますよね。

理由がはっきりしている場合はもちろん、見ているだけでなんとなくイライラするということもあります。

そんな風に思ってしまう自分の心は狭いのかも…なんて思わなくて大丈夫。

誰でもイライラする男の特徴を共感満載の内容でご紹介します。

なんかイライラする・・・。イライラする男ってどんな人?

めんどくさい、しつこい、ねちねち、なよなよしている、などイライラする男にもいろんなタイプがあります。

中にはあらゆる要素を兼ね備えたスーパーイライラする男もいます。

何かしらイライラするポイントをもっている男はとても多いため、今まで出会ったことが一度もないという人はよほど運がいいか、寛容すぎるのかもしれませんね。

イライラする男の29個の特徴を、女性目線で徹底解説!

さて、より具体的な29個の特徴を見ていきます。

読みながら想像するとイライラするかもしれませんが、共感しながら笑い飛ばしましょう。

1.いちいちしつこくて、面倒くさい


全然興味の無い男が食事に誘ってきたら、それだけでも面倒くさいのが女性の本音です。

しかし大人として「あんたには興味ないから」とも言えず、「用事がありますので」などと断るのが適当でしょう。

そこで察してくれる男ならイライラしませんが、勘違い男はそれを言葉通りに受け取るので次の日もそのまた次の日も誘ってきます。

そればかりではなく、LINEやメールで「次はいつ予定が空きそう?」とまでメッセージを送ってきます。

言ってはいけない言葉を吐き捨ててやりたくもなりますよね。

残念ながら彼らは断られていることを本当に理解していないので、傷つけるほどキッパリ言ってあげないとわかりません。

相手を傷つけることを言うのは言う側にもストレスがかかるので本当に面倒くさいです。

2.メールの返信が遅いとうるさい

まぁそもそもイライラする男の話をしているわけですから、その男は彼氏ではありません。

彼氏でもないのにメールの返信速度にあれこれ言ってくる男っていったい何なんでしょう。

さっぱりわかりません。

理解不能です。

暇なのでしょうね。

3.自慢話ばっかり

たまになら「よくがんばったね!」とか「すごい!」とか言ってあげられますが、会うたびに、また会っている間中ちょこちょこ自慢を挟んでくるとイライラするのは当然です。

自慢話にはコミュニケーションが存在しません。

一方的な話題に対してひたすら褒め言葉で反応するだけの機械的なやりとりです。

できれば無視を決め込みたいところですね。

しかし相手が取引先や上司、先輩などがこのタイプだと毎回褒めてあげなければならずストレスがたまります。

自慢話が多い男というのは基本的には小心者で、普段から成功を収める確率が低いタイプです。

プライドは高く承認欲求が強いので男としての魅力を自慢話で補おうと一生懸命やっているのです。

内心では愚かだなと笑ってやるくらいで構いません。

4.女々しい

仕事が忙しいアピールとか疲れたなんてことをよく言います。

あるいは、仕事の悩みなどを相談してくるくせにアドバイスをすると「お前にはわかんねーよ」などと不機嫌になったりします。

結局のところ、ただ共感してほしかったり慰めてほしいだけで冷静な返答を求めていません。

よく女性の相談は既に結論が出ていて共感して欲しいだけ、ただ愚痴りたいだけだと言われていますが、男といえども女々しいタイプはこれが当てはまります。

悩み相談の場合は、女性はただ愚痴りたいだけだと自覚していることが多くありますが、男性の場合は自覚していないことがほとんどです。

自分では冷静にアドバイスを求めているつもりでいるのがやっかいです。

結論は決まっています。

それは「俺のように高尚な悩みはお前には理解できまい」という結論です。

帰って寝てくれと思います。

5.プライドが高くて認めない

無駄なプライドを自信満々で振りかざしてくるタイプです。

仕事がちっとも優秀じゃないのに年齢が上というだけで年下をバカにしたり、女性が成功すると「女は媚びるのが楽でいいよな」などと言ってきたりします。

またそのようにバカにしている相手に対しては絶対に謝罪をしません。

仕事上でトラブルが生じた原因が自分にあっても、もっともらしい言い訳を並べ立てて責任転嫁しようとします。

そんな姿は周囲にはバレているのでますます協力を得られなくなりトラブルが頻発しますが、その度に謝罪しないので悪循環を生んでいることが多くあります。

プライベートでも、ゲームで負けそうになると途端に離脱したり、約束に遅れてもバスが遅れたなど、なんだかんだ言い訳をつけます。

また、前置きが長いことも特徴としてみられます。

たとえばお酒に弱いのを隠したくて「昨日仕事が忙しすぎて全然寝れなかったわー体調悪い」などと言います。

これを言っておけば酔ってしまっても「今日はたまたまですからね」と主張できるからです。

様々な場面で保険をかけてきます。

6.自信がありすぎる

「根拠のない」自信があるタイプです。

根拠のある自信を持っているならばカッコイイのですが、「ありすぎる」というのがポイントです。

そんなになんでも自信を持っていられるほど出来た人間などそうそういないのですが、なんの裏付けもなく、何でもできるような気になっていて、またそのように振舞ってきます。

実際には全然何にもできないので、実践を求められると理由をつけて回避する傾向があります。

やってみたらできないことがバレてしまうからです。

口達者というやつです。

こういう人は他人の成功に自分が関与していたかのように話すこともあります。

最初はただの見栄だったはずなのに、繰り返している内に自己暗示にかかって本当に関わったと思い込んでいる場合もあるので、とてもやっかいです。

それが自信につながってしまうのだから面白いともいえます。

あるいは全くイケメンではないのにモテると勘違いしていてグイグイくる男もいます。

なぜそう思えるのかは、もはや美的感覚の違いなのでなんとも言えませんが、その自信の持ちようというかポジティブさはおすそわけして欲しいものです。

7.話を聞かない

自分より下に見ている人の話はほとんど聞きません。

聞いても受け流して数日後に確認すると「そんなの聞いてない」などと主張してきます。

「大事なことは何度も言えよ!俺は忙しいんだから覚えてるわけないだろ!」などと怒鳴ります。

そのくせ自分がした死ぬほどどうでもいい話を覚えていないと激怒するのですから、自己中です。

8.周囲の顔色をうかがう

周囲といっても自分より格上か狙っている女性の顔色だけを伺います。

嫌われないように立ち回り、おべっかを言い、何を言われてもニコニコします。

はたから見ているのもイライラしますが、媚びてこられる方もイライラします。

女性の場合は狙われているのがわかるので若干恐怖でもあるでしょう。

しかも、それだけ顔色をうかがいながらアレコレするのに好かれないのですから、尚更過剰な顔色伺いを始めます。

分け隔てなく、という言葉は彼らの辞書にはありません。

9.いちいち細かい

「こんなところに気が付ける俺って有能」とばかりに細かいことを指摘してきます。

しかも、コピー用紙をホチキスでまとめたら、一枚だけ1mm曲がっているくらいのレベルのことです。

他にも、仕事が忙しい時期にデスクが少し散らかっただけで言ってきたり、飲み会で1円単位の割り勘を提示してきたりなど様々です。

女性としてはとてもイライラする服装や化粧のことも言ってきたりします。

「今日のスカート可愛いのにカーディガンの色が若干合ってないね」「今日ファンデーションののり悪いね」などです。

自分がダサイことや肌がベタベタガサガサでも、それは棚に上げているのでイライラが加速します。

10.マニュアルに縛られる男

これだけがイライラポイントなタイプの男は他がまともだったりするので交友関係が深まってから気づくことがあります。

デートのプランが雑誌の丸写しで、タイムスケジュール通りに行動しようとしてきたり、たとえどんなに女性が「肉を食べたい」と主張しても「女子ってこういうのが好きなんでしょ?」と野菜だらけの店に連れていったりします。

仕事でマニュアルに縛られている男は、変則的な問題が生じると対応に困っておろおろし、なんとかマニュアル通りに片づけようと尽力しますが功を奏しません。

なにかと融通が利かないので付き合いが多くなるほどイライラする場面が増えていきます。

11.思いやりがない

店員さんへの態度が横柄だったり、込み合った道でゆっくり歩いている高齢の方を押しのけたりするのがわかりやすい例です。

仕事で落ち込んでいる後輩をさらに感情的に叱責して貶めたり、言葉を選ばずに排斥したりなど、相手の境遇や気持ちを考えない言動が目立ちます。

理に適っていることであれば、事実として淡々と述べる人がいますがそれとは違います。

基本的に思いやりがない上に、自分が正しいと思い込んでいるので無茶苦茶なことを平気で言動に表します。

一緒にいると常に責められているような気がして落ち着かなくなる相手です。

12.女心をわかっていない男

「絶対今はホテル行く流れだってでしょうよ」と女性から言いたくなるタイプです。

紳士を気取っているんだかなんだかわかりませんが、ロマンチックなデートをしてホテルのレストランでディナーまでしたのに解散なんてことを平気でやります。

また、初デートで行く場所をとくに聞かされていなかったのに、いきなり公園や山に連れて行ったりします。

服や靴を自分基準で考えているため女性がヒールやスカートで来るかもしれないなんて思いつきもしないのです。

細かなことで言えば、歩幅を合わせてくれない、人ごみを自分だけで縫っていってしまう、興味がある商品の前で立ち止まっているのにどこかへいってしまう、なども傾向としてみられます。

それなのに「今日は楽しかったね!」と言ってくるのですから全く悪気はないのでしょう。

あるいは恋愛に一切関係のない相手でも、女性が「最近太ってきたかもー」とポロッと言っただけなのに「○○のダイエット方法がおすすめだよ」とマジレスしてきたり、髪型をイメージチェンジしたら「前髪切りすぎたんじゃない?」などと言ってきたりします。

13.依存する人


連絡が多過ぎたり「君しかいない」などと女性に言ってくるわかりやすい依存タイプもあれば、毎回高圧的に接してきて主従関係をつくりたがる依存タイプ、マザコン、シスコン、あるいは肉体関係、仕事、趣味に依存しているタイプなど様々です。

依存心が強い人は常に自分の居場所を探し求めています。

理由として一番大きいのは自信のなさです。

先に「自信がありすぎる」男を紹介しましたが、依存型の人もいます。

「自身のある俺」というキャラクターに居場所を見出して依存しているわけです。

とくに仕事に依存している人は熱心なビジネスマンに見えてしまうので要注意です。

実際には仕事でなくても何かに依存できればいいので、その標的がこちらに向かないよう距離をとっておくことが賢明です。

14.仕事ができない

もうそれだけでイライラすること間違いなしでしょう。

仕事ができないことを知っているからには同じ職場なわけで、彼らは確実に迷惑をもたらしてきます。

上司や先輩だったら最悪です。

年功序列的な風土の会社では無能でも役職をもっていたりするので非常にやっかいです。

仕事ができないくせに偉そうだと腹が立ちますが、「僕って全然ダメなんだ」と開き直っていても腹が立ちます。

そんな男のせいでこちらの給料に回ってこないんじゃないか、という気すらしてきます。

今の世の中、一度迎え入れてしまった社員はなかなかクビにできませんから耐えるよりしかたがないのが歯がゆいところです。

15.面倒くさがりで、だらしない

仕事においてはまず「えー」と言います。

後輩や部下はたとえ元々その男性の仕事であっても、書類などを持っていく時は「お願いします」と言うものですが、それに対して露骨に「ありがたがれよ」という態度を見せるためです。

プライベートでの付き合いでは遠出する予定だと面倒くさがる発言をします。

結局は来るくせにいかにも「付き合ってやってる」という言動をするので周囲は少々呆れ気味です。

ファッションからしてだらしないことが多くあり、ヒゲなどもまばらだって気にしません。

部屋も物を出しっぱなし服を出しっぱなしで散らかっています。

ゴミの日の朝に余裕を持って起きたりもできないのでゴミ袋をベランダに放置しがちな傾向もあります。