なんとなく最近恋人のことが好きかどうかわからなくなってきたという悩みを抱えてはいませんか?

最初はあんなに好きだったのに・・・恋人が自分に何かをしてきたわけでもないのに・・・。

なぜか好きかわからなくなっている方へ、なぜ好きかわからなくなってしまっているのかを解決していきましょう!

そして好きかどうか分らなくなってしまったときの、あなたがすべき正しい対処法もご紹介していきますね。

恋人が好きかわからない状態って何?どうすればいいの?

恋人が好きか分らない状態になってしまうと、どうすればいいのか分らなくなってしまいますよね。

そうすればいいの~と思うと間違えた対応をしてしまい、恋人との間に亀裂が入ってしまうこともあります。

あなたは恋人が嫌いになったわけではないはずです。

好きかわからない11個の原因

好きか分らなくなってしまった場合、必ず原因があるはずです。

原因を知ることが解決への近道になりますよ。

まずは原因を見つけるためにも、考えられる原因をご紹介していきますので、照らし合わせて自分に問いかけてみてください。

自分の気持ちが変わった

好きかわからない時の原因として、自分の気持ちが変わったという原因が考えられます。

実際に人間の気持ちは時間が経つと共に徐々に変化していきます。

例え堅く決心したとしても、心から誓っていても、断言していたとしても気持ちというものは変わるものなのです。

必ず自分の言ったことは守る、いくら頑固な人だとしても、気持ちが一切変わらないという人は居ないと言えます。

その為、いくら好きだと思う気持ちが強かったとしても、この人と一生一緒に居ると決めていたとしても、気持ちは変化してしまうものなので、好きではなくなったという可能性も十分にあるのです。

気持ちが変わってしまった原因としては、あなたは手に入りそうで入らない距離にいた恋人、自分が追う形であった恋人に対して、自分のものにしたい、自分だけを見てほしいという気持ちが強かったのでしょう。

しかし、いざ自分のものになった、自分だけを見てくれるようになったときに、気持ちが覚めてしまったと考えられます。

例えるとすれば、自分が欲しくてたまらなかったブランドバックがあって、手に入るまでは強く欲しいと思っていて、手に入った時は飛び跳ねるほどうれしかったはずなのに、一年たった時には、そのかばんへの執着心も薄れ、使う喜びも少なくなってしまうという気持ちと同じ形ですね。

また、手に入らない存在、自分だけを見てくれていない存在時は、自分が欲しいもののなので、かなり評価が高いと勝手に見積もってしまうのです。

一方自分のものになると現実的に相手のことが良く分り、当初の評価との違いが出てくるのです。

その違いを受け止めることが出来ず、好きという気持ちが変わってしまうのですね。

ときめきがない


ときめきが無くなったという事も好きかどうかわからなくなってしまった原因だと考えられます。

付き合った当初は様々な些細なことにときめきを感じていたことでしょう。

ただただ電話がかかってきただけでも、手を繋いだだけでも、一緒に居るだけでもときめきを感じていましたよね?

しかし、例えば1年、又はそれ以上たった恋人にときめくことが少なくなっていませんか?

恋人というよりも家族のように感じてしまっていたり、付き合い立ての時のようにドキドキするような事も減ってきていますよね。

ときめきが無くなり、付き合ったときはデートの待ち合わせよりも何時間も前に起きてメイクやコーディネートをしていたのにも関わらず、今ではすっぴんでもいいかな、服もこないだと一緒でも別にいいかななど思いませんか?

交際期間が長くなれば長くなるほど、相手の知らないことが無くなっていきます。

相手に見せていない姿なども少なくなってきて居ますよね。

どんどんときめきが無くなると、刺激が無くなり恋をしているという気分ではなくなってしまうのです。

恋が終わったともいえますね。

ところが、ここでときめきは無くなっているけど、なんとなく一緒に居ると安心する、一番落ち着く存在、会うとホッとするなどという気持ちがあるのであれば、あなたが彼のことを嫌いになったわけではありませんよ。

安心して信頼できる存在の恋人であるという事です。

物足りない

物足りないという気持ちも好きかわからないという原因の1つとなります。

そんなあなたの恋人はあなたに一途ではないでしょうか。

あなたのためになら何でもすると言っても過言ではないほど、あなたに尽くしてくれている事でしょう。

そんな恋人に対して、なんとなく物足りない気がしてしまっているのですね。

言ってしまえば贅沢な悩みです。

ないものねだりともいえますでしょうか。

具体的に恋人の嫌いになるところ等が無いのです。

相手に対する不満などが何もないのにも関わらず、その何もないことに対してモヤモヤと考えてしまっているのです。

何もないことを深刻に考えて、好きか否かを悩むのは良くありません。

彼にそんな気持ちを伝えてみて真剣に向き合ってみるのも良いですね。

他の男性が魅力的にみえる

他の男性が魅力的に見えてしまっている時も、好きかどうかわからなくなってしまっている原因になってしまっていることがあります。

恋人といるよりも他の男性と居たほうが楽しい、他の男性といたほうが落ち着くなどという気持ちがあり、恋人がすきかどうかわからなくなってしまっています。

そんな時に限って恋人とあまり会えなかったり、話題が無くなり会話がはずまなくなってしまってたりという事がありがちです。

また、恋人との過ごし方はパターン化しているのに、他の男性はお洒落なバーに連れて行ってくれたり、言ったことのない場所に連れて行ってくれたりと、刺激があるから楽しく感じてしまいます。

恋をし始める時、人間の脳ではドーパミンというものやアドレナリンというものが分泌されるという現象が起こります。

その為、ドーパミンやアドレナリンの効果により、ドキドキしたりワクワクするのです。

しかし、その麻薬のような分泌物はいつまでも分泌され続けるものではなく、期限があります。

相手に対して慣れてきてしまうと分泌されなくなり、初期よりもドキドキやワクワクする気持ちが減ってきます。

しかし、高揚感が得られなくなってしまったからと言って新しい男性に変えるというのは良くありません。

だって新しい男性に対して分泌されているドーパミンなども徐々に分泌されなくなってしまうのですよ。

恋をし始めそうな今だけの気持ちである可能性が高いのです。

新しい男性の良いところ、どんなところが好きなのか、今後ずっと好きでいられるのか考えます。

また、今の恋人のどこが良いところなのか、どこに惚れたのか、今後この人と居たほうが幸せなのかを、よく考えてみてください。

彼は出逢ったころと何も変わっていないはずですよ。

あなたの見方が変わってしまっているだけでしょう。

もう一度彼の好きなところ、彼といると落ち着くことなどを思い返し、自分の心と向き合ってみてください。

イライラする言動

イライラする恋人の言動が好きか分らなくなっている原因であるという場合もあります。

先ほども言いましたが、恋をし始めた時はアドレナリンなどが分泌されえているので、何も気にならず、相手の何もかもが素敵に見えてしまいます。

しかし、その分泌が期限を迎えると、恋に盲目になっていた所から目が覚めます。

すると相手の色々な言動に不満を感じるようになってきてしまうこともあるのです。

恋人の食べ方や話し方、クセや好きな事などが何も気にならなかったのに、なんとなく見ていてイライラする、不満を感じるようになることがあるのです。

もしかしたら恋人もあなたに対して何か不満を感じるようになっているかもしれませんよ。

そのため、あなたもイライラする言動を伝えてみたほうが良いのですが、その時は「私の治したほうが良いところ教えて?この先も二人で居られるようにお互いの嫌なところ話し合おうよ。」と一転見てください。

そうすればお互いに嫌なところが改善され、今よりもより良い関係の2人になれることでしょう。

一人のほうが楽


一人のほうが楽という事も好きか分らなくなった原因の1つとも考えられます。

例えば、あなたが飲み会で遅くなると連絡したのにも関わらず、飲み会中に何度もLINEが来て「何時に帰るの?」「まだかな?」などと連絡が来たりしませんか?

休みの日ゆっくりと休みたいのに「今日遊びに行くね」と連絡が来てゆっくりできないなど・・・。

束縛が激しく、サプライズなども好き、外出も好きという恋人と付き合っていると、自分の時間が無くなったり、自分の思うように行動できず、一人の方が楽だなと思うようになってしまうのですね。

誰かに愛されるという事は素敵なことですよね、幸せだと思います。

しかし、その中で束縛はストレスを大きく感じてしまうのです。

ハッキリと今日はゆっくりしたい、連絡が返せないなどという事を彼に伝え、それで怒るようであれば、一度冷却期間を作ってみる事をおすすめします。

改善してくれるようなら、様子を見てみましょう。

一度冷却期間を置いたのにも関わらず、久しぶりの休日に会っても鬱陶しい、一人で居たいという気持ちが強ければ、嫌いになってしまった可能性が高いですね。

結婚を考えるような時期になった

あなたと恋人との結婚を考えるようになってきていませんか?

長く付き合ってそろそろ結婚?と周囲の人に言われる、歳的にもそろそろ結婚したいななどという気持ちになってくると、好きか分らないという気持ちになることがあります。

一般的にそのような気持ちになることをマリッジブルーと言います。

いざ結婚となると、この人で本当に良いのか、この人よりも良い人が居るのでは?

などの根拠も無く今の人よりも良い人が居るのではないか、間違えているのではないかという不安に変わってしまうのです。

しかし、本当に今の人よりも良い人を見つけられる宛はありますか?

逆に今の恋人と結婚せずに迎える人生が最悪なものになる、一生結婚できない事もあるという事を考えてみてください。

そんな先までもを考えても結婚したくないと思うのであれば、結婚はやめたほうが良いでしょう。

結婚したらもしかしたら幸せかもという気持ちの方が大きければ、不安にならずそのまま突き進みましょう。

我慢してない?

今何か恋人に対する不満や不安を我慢してしまっていませんか?

不満があるのに我慢している、不安に感じているのに言わずに我慢していると、好きか分らなくなってしまうのです。

しかし、それをあなたは恋人に伝えていますか?伝えずに我慢していると、相手は何も気づかないまま嫌われてしまい、何で振られたの?なんで嫌われたの?と疑問でいっぱいになります。

もしかしたら、伝えれば彼は改心してくれるかもしれないのです。

自分一人の頭の中でモヤモヤしてしまっているから、好きか分らないという気持ちになってしまいます。

価値観の違いに気づいてきた

長く付き合っていると、徐々に価値観の違いに気づいてきて、好きかわからなくなってしまうこともあります。

人は様々な考えを持っていて、様々な育ち方をしています。

自分と全く考えも育ち方も一緒という人と出会うという事はほぼ無いのです。

その為、長く付き合っていてお互いのことを知っていくうちに、徐々に価値観の違いに気づいてくるのです。

食事マナーやお金の使い方、細かいところで言えば朝食のメニュー、柔軟剤の種類など、様々なことに関しての違いに気づき、揉めてしまったりこの人とは合わないなと感じてくるため、好きか分らなくなってしまうのです。

しかし、その価値観の違いはどんな人と付き合っても感じることだと言えますよ。

【価値観の違いについては、こちらの記事もチェック!】

自分の考え方が未熟

自分の気持ち未熟であることで好きか分らなくなってしまっているという事もあります。

付き合っている、結婚するという事は、お互いに与えあう関係になりますよね。

男性の包容力を求める女性は多いのですが、女性にも母性というものが芽生えると相手のことを癒すことが出来ます。

しかし、自分が未熟だと母性が芽生えていないため、相手に対して癒しを与えるという事に気が向かず、自分ばかりが愛されたい、もっと愛してほしい、もっと癒してよ!!と求めることばかりしてしまうのです。

あなたも恋人に与えるという気持ちが芽生えない限り、二人の関係は続かなくなります。

辛い恋を選んでいるかも

あなた自身が辛い恋を選んでしまっているという事も考えられます。

あなた自身が好きなタイプが少々変わっていて、冷たい人が好き、構ってくれない人が好き、満たしてもらえないことが刺激になるという恋愛感情を持っています。

しかし、冷静に考えたときに、何でこんな人が好きなのだろう、と思ってしまうことがあり、好きか分らなくなってしまうことがあるのです。

しっかりした男性を選ぶと物足りなく感じてしまう、逆にだめな男性を選ぶとドキドキしてしまうのに冷静になると好きかどうか分らなくなってしまうという悪循環に見舞われてしまっているのですね。

好きかわからない時に取るべき対処法

では、好きか分らなくなったときに取るべき正しい対処法についてご紹介しますね。

少し距離をとってみる

好きか分らなくなってしまったときは、少し距離をとってみてください。

距離を置くことで冷静に考え、相手のことを考えることが出来るようになります。

別れることになってしまうという不安もあるかもしれませんが、逆に離れてみて良い結果になるという事も考えられます。

長く付き合えば付き合うほど、一緒に居ることが当たり前になってしまっていたり、客観的になり相手のことをよく考えられますね。

すると会えない時間に本当に好きだという気持ちが戻ってきたり、会いたくてたまらなくなったり、やっぱりこの人しかいないなという気持ちになることが出来ます。

また、相手に距離をとる理由はしっかりと伝えてから距離を置きましょう。

そうすることでお互いにしっかりとその事を考えることが出来ます。

例えば最近冷たいと感じていて不安である、こういう言動がイライラしてしまう、今は一人の時間が欲しいと感じるようになるなどと具体的に距離をとる前に伝えておきましょう。

友達に相談してみる

好きかわからなくなったという事を友達に相談してみるのも良いですね。

第三者からの意見は、あなたは気づかない貴重な意見となります。

お互いのどこが悪いのか、本当に嫌いなのかという事を見出すことが出来るでしょう。

また、人間は悩みを誰かに聞いてもらうだけで、不安が解消されたり、悩んでいたことが解決することがあります。

相手になにか解決策を言われたわけでもないのに、話しているだけで答えが導き出せることがあるのです。

一人で悩んでいるよりも、絶対に友達に相談したほうが早く自分の本当の気持ちに気づくことが出来ますよ。

感情的になってしまい、話したいことを忘れたり、本当は言いたかったことを言えないままになってしまうので、友達に話す前に紙などに相手の嫌な事や悩んでいる気持ちを書いておき、その紙を見ながら話すと良いですよ。

相手と話し合ってみる

相手と話し合ってみてください。

話合いもせず、自分だけがモヤモヤと悩んで別れを告げるのは間違っていますよね。

自分が今不満に思っている事や自分が悩んでいる原因を相手にぶつけてみましょう。

もちろん喧嘩になるかもしれませんし、もしかしたら別れに繋がるかもしれません。

しかし、それがきっかけとなり相手との関係が変わったり、相手が改善してくれるかもしれません。

また、自分の悪いところにも気づけるかもしれませんね。

また、別れるという結果になってしまったとしても、結果的にいつかはそうなる運命、そうなる関係だったという事なので、あなたが話し合いを持ちかけたせいではありませんよ。

期限を決めて決断する

彼とのこれからのことは、必ず期限を決めて決断しましょう。

いつまでもダラダラと悩んでしまうことになります。

いつまでにどうするのかを決めてから、その期間の中でたくさんのことを考えましょう。

そこで見つかった答えがあなたが精一杯悩んだ最善の答えとなりますよ。

ドキドキするのと恋愛が違うことを知る

ドキドキする気持ちと恋愛というものが違うという事をしっかりと知りましょう。

ドキドキするのはドーパミンやアドレナリンの効果もあり、感じることは普通です。

その後それらの分泌物は無くなるのでドキドキした感覚などが無くなるのも普通です。

ドキドキする気持ちはあなたへの快感となるでしょう。

しかし、それがいつまでも続くことが本当に良いことですか?

相手を深く知り相手を思いやり、自分の日常に普通にいる存在になりながらも大切に思い合うという関係が本当の恋愛です。

ドキドキするのは恋です。

恋愛をするのであれば、そのドキドキを求め続けるのは恋愛をするということにはなりませんね。

違いが分かることで、好きかどうか分らなくなっているのではなく、ドキドキすることが減るほど相手のことを知り、相手も自分の事を分ってくれているという事ですね。

別れを想像する

別れを想像してみてください。

相手と別れたときあなたはどうなりますか?

清々しく開放的で幸せな気持ちになれそうな想像が浮かんだら、あなたは恋人と別れるべきです。

しかし、別れを想像した時に、悲しくてしょうがない、辛くて何もできなくなる自分を想像出来たらあなたは恋人と別れるべきではありません。

ただ今の現状に満足できていないだけで、本心は恋人が好きでたまらないのです。

好きかどうか分らなかった気持ちが本当はどうなのかよくわかりましたね。

体の相性で確認

体の相性で確認するのも良いですよ。

本当に嫌いになったのであれば、そのようなスキンシップはできないでしょう。

しようとすれば拒否反応が出るはずです。

しかし、やっぱり幸せな気持ちになれる、この人しかいないと感じたら、あなたは恋人のことがまだ好きなのですよ。

理性で愛せるか、感性で愛せるか

あなたは彼のことを物理的に分析して、理性で彼を愛そうとしているのではありませんか?

しかし、何も考えずただただ彼のことを見たときに、好き、この人しかいないというような感性で愛すことが出来ていません?

理性ではなく感性で相手を好きになることは悪いことではありませんよ。

周囲の人の意見、細かいことなどを考えると、考えれば考えるほど好きか分らなくなってしまいますが、あなたの好きだという気持ちは一番大切にするべきですよ。

他の男性と比較してみる

他の男性と比較してみても良いですよ。

他の男性と恋人を比較した時に、恋人のほうが良いところが有ったり、比べることで恋人の知らなかった良いところを見つける事も出来ますね。

人の恋人よりも素敵な男性と思うと手放したくなくなるはずです。

また、更に良いところを見つけることができ、手放したくなくなるかもしれませんよ。

人を人と比べるという事は良いことでは何のではという罪悪感もあるかもしれませんが、好きかわからなくなったときは比べてみるのも一つの手段となりますよ。

相手のいいところを書き出してみる

相手のいいところを書き出してみるのも良いです。

忘れているだけで恋人にいいところがたくさんあるはずです。

相手のいいところを書きだしていくうちに、忘れかけていたいいところが次々と出てきて、惚れ直すかもしれませんよ。

書いているうち会いたくなったり好きという気持ちが戻ってくることでしょう。

とにかく何でも良いのです。

些細な事でも良いので書き出してみてくださいね。

将来を考えてみる

将来のことを考えてみるのも良いです。

恋人との将来を考えたときにどう思いますか?

幸せな未来が思い描けましたか?豪華ではないものの普通の日常が待っている気がしませんか?
しかし、逆に最悪な未来が見えたら別れることを考えても問題ないですね。

好きかわからない時に取ってはいけないNG行動

続いて、好きか分らない時にとってはいけないNGな行動についてご紹介していきますね。

浮気

好きかわからない時に浮気をするのはNGです。

好きか分らないという微妙な気持ちのまま、恋人がいるのにも関わらず、他の男性に手を伸ばす・・・。

恋人に対しても他の男性に対しても失礼な行動ですよ。

もし、他の男性の方が良いと思うのであれば、しっかりと恋人と別れてから他の男性に恋をし始めましょう。

他の男性からときめきをもらいながら、恋人で安定感を得るという形に落ち着いてしまうと二股関係というような更に最悪で面倒で、両者を傷つける形になってしまいます。

距離を置いているときなども、つい寂しくなって他の男性と会う事を求めてしまいそうになると思いますが、二人の男性を自分を満たすために利用してしまうのはやめましょう。

相手を否定するような言動

好きか分らなくなったときに相手を否定するような言動を取るのは間違いです。

付き合っているという事は対等な関係ですよね。

好きかわからなくなってもそれは変わりません。

もしかしたらあなたが不満に思っている恋人の言葉や考え、行動は意図的なものではなく、無意識なのかもしれませんよね。

そこで急にあなたから否定するような言動を取られてしまったらどうでしょう。

プライドが傷ついたり、相手の自信が無くなってしまう原因となりますね。

否定するのではなく、伝えましょう。

あなたの考えが正しいとは限りません。

自分も疑う気持ちで、否定するのではなく伝えてください。

また、否定するような言動を取ってしまうと、その後あなたが本当は好きだという気持ちに気づいても取り返しがつかなくなってしまいます。

「あなたはこういうところがダメなのよ!」「あなたのこういうところ本当に嫌い!」という言葉で伝えるのではなく、「あなたのこういうところがこう思うの、あなたはどう思う?」などと言う形で伝えるように心がけたほうが良いですね。

そのほうがあなたも罪悪感に見舞われることはないですし、相手も無駄に傷つくことにならずに済みますよ。

自分勝手な行動

好きな人が好きか分らなくなってから自分勝手な行動をとるのはやめましょう。

もちろん別れてからであれば、どんな行動をとろうとも、関係のないことです。

しかし、付き合っていて自分だけが好きか分らなくなっている時点で自分勝手な行動をとるのは良くありません。

具体的には、付き合っているけれど気持ちが冷めているのだから飲み会に参加して何時まででも飲んでいていいよね。

デートの予定があったけどキャンセル!!などという事です。

自分がしたいこと、自分が欲しい時間のために、自分勝手な気持ちを相手にも共有させ、相手の時間を奪っているのと同じです。

恋人を精神的に疲れさせてしまう事をしているのです。

その後の事も考え、本当に恋人が好きではなくなり、自分の時間や自分の事を大切にしたいのであれば、しっかりと別れてから自分勝手な行動をとりましょう。

すきか分らないけど保留で距離を置き、その間自分は自分勝手に行動しても関係ないという考えは間違えています。

例えあなたの気持ちが揺らいでいても、距離置いていたとしても、恋人は恋人です。

秩序を守っ行動をとり、相手を振り回すのはやめましょう。

相手に別れを告げさせようとしむける

相手に別れを告げさせようと仕向けるのもNGですよ。

自分が好きかわからなくなったけれど、自分から好きか分らなくなったと告げて別れるのは、自分が悪者になってしまったり、別れた後に後悔するかもしれないか、自分からは告げられないのですね。

しかし、相手に別れを告げさせようと仕向けるとより状況は悪い方向へと向いてしまいます。

例えば別れを告げさせようとして、急に連絡しなくなったり、無視したり、他の異性と遊んだり遊んだという事を伝えたり見せたりするような行動で、自分が振られるようにしむけますよね。

しかし、これらの行為は相手があなたのことを嫌いになるというよりも先に、あなたのことが心配でたまらなくなってしまうのです。

また、好きではなくなったのかなどの不安に駆られ、あなたに安心感求めるようにもなります。

綱を二人で引っ張り合い、平均的に保たれていたのにも関わらず、あなたが力を緩めると相手があなたの方へ引っ張られてしまうという状態と同じですね。

そのため、相手はどんどんあなたのことを今までよりも好きになってしまったり、気になってしまうだけで別れるという事には繋がりにくいのです。

恋人を傷つけるだけで終わってしまう可能性もあります。

もし本当に心から恋人と別れたいと思うのであれば、きっぱりと別れを告げるか、少しずつ距離を置き、お互いに気づいた時には恋愛感情が冷め切っていたという形に持っていくのが理想です。

原因と対処をしって、冷静に判断しよう(まとめ)

好きだった人が好きか分らなくなっているときは、必ず何か原因があります。

自分としっかりと向き合い原因を知ることから始めて、自分の本当の気持ちに気づいて上げましょう。

その後は感情的にならずに冷静に分析し、正しい対処法で今後の二人の未来を変えていってみてください。