時代は常に変化しつつありますが、あなた自身今と昔の時代は大きく何が変化していると感じますか?

これは感じ方などは個人差がありますので、様々な意見があると思います。

たくさんの意見がある中で一つの意見をピックアップして考えてみると、今と昔では情報の入手のしやすさのハードルが大きく変化していると捉えることができます。

例えば、一昔前までは何かの情報を入手したりする場合には図書館に足を運んだり、本屋でその情報について書かれている本を探すところから始めなければいけませんでした。

自分が必要としている情報がどの本に書かれているのかということを探したりするのには時間が掛かりますし、そもそも自分が足を運んだお店にはその情報について書かれている本が置いていない場合などもありますので、さらに大きな時間が掛かる事などもありました。

しかしながら今の時代はその行動は時間だけを大きく消費してしまう無駄な行動だと感じる人が一定数いると思います。

実際には無駄なことにはならないと思うのですが、なぜそのように感じてしまうのか考えた時に、それはスマートフォンやインターネットが今の時代は発達しているからです。

今の時代はそれらの便利なアイテムがありますので、自分が調べたい情報を見つける時には大抵の場合スマートフォンでブラウザを起動して気になることを検索すると思います。

そうすることによってすぐに情報を入手することができ、わざわざどこかに足を運ばなくても必要な情報だけをすぐに抜き取ることができるようになるのです。

なので、今の時代は情報入手のハードルがとてつもなく下がっている時代だと判断することができます。

しかし、情報を入手しやすくなったり、情報の駆け巡るスピードが早くなっている今の時代だからこそ、一人一人が危惧しなければいけないことが存在しています。

今回はそんな今の時代だからこそ注意しなければいけないネガキャンをテーマにして、ネガキャンをやるべきではない理由についてご紹介していきたいと思います。

️ネガキャンってなに?

そもそもネガキャンとはどのような意味を持っている言葉なのか、よくわかっていない方もいると思います。

特にインターネットなどから距離を置いているような、ある程度年齢を重ねた方などについては全く意味が分からないと思います。

今はインターネットが主流の時代になっていますので、インターネットが使えて当たり前の時代になっています。

だからこそ、インターネットに関係する言葉などがたくさん生まれていますし、そういった時代背景に関係した言葉などもたくさん生まれています。

なので、インターネットなどについてあまり詳しくないような世代からしてみれば、そもそも言葉の意味が分からないと感じてもそれが当たり前なのです。

しかしながら、時代の流れから逃れる事などはできませんので、どんなに自分が嫌だと思っても今の時代の流れを受け止めなければいけません。

もちろん絶対にインターネットを使いこなさなければいけないというわけではないのですが、ある程度インターネットの知識については身につけておいて損になるようなことはありません。

もちろん、それに関係する言葉も然りです。

なので、わからない言葉があった時にそのまま放置をするのではなく、どのような意味を持っている言葉なのか興味をもって調べてみることによって、それに付随した様々な知識などを見つけるチャンスとして活かすことが出来ます。

ネガキャンという言葉が分からない方は、今回ご紹介する内容を踏まえてどのような言葉の意味を持っているのか知ってみてください。

そして、それに関連した今の時代背景であったり、様々な知識などの関連して身につけるようにしてみましょう。

ネガキャンとは


ネガキャンという言葉は、インターネットなどが発達した今の時代だからこそ急激にその力を強めている言葉になります。

もちろん、インターネットがそこまで発達していなかった時代も存在していた状況ではあると思いますが、情報の巡りが早くなり、たくさんの便利なものが生み出されている今の時代だからこそ、より多く取りざたにされている言葉であると考えることができます。

なので、ネガキャンという言葉を知ることによって今の時代背景を知ることに繋がるようになります。

そして、言葉の意味を知る事によって、私たちは大きなメリットを得られるようになります。

なぜならば、この言葉を知っておくことによって、世の中に存在している様々な情報に不用意に惑わされずに、正しい情報を入手しやすくなる可能性が高くなるからです。

このように考えてみると、ますます意味が知りたくなったと思いますので、具体的な意味、そしてどのような場面で使用されるのかという事などを細かく解説していきたいと思います。

ネガティブ・キャンペーンの略

ネガキャンという言葉はどのような言葉なのかと考えた時に、まず知っていただきたいのがネガキャンという言葉は略称された言葉です。

どのような言葉が略称されてネガキャンという言葉になっているのかと考えた時に、ネガキャンという言葉は「ネガティブ・キャンペーン」という言葉の略称として知られています。

ネガティブキャンペーンという言葉を考えた時に、どのような言葉の意味を持っているのかと考えるとある程度意味合いなどは推測しやすくなると思います。

自分なりにどのような意味を持っているのか予想しながらこれからご紹介する正しい意味合いなどを知識として身につけてみてください。

あえて否定的な情報を流して誘導すること


ネガティブキャンペーンはどのような意味を持っている言葉なのかというと「あえて否定的な情報を流して誘導すること」を意味しています。

そもそもネガティブキャンペーンという言葉はネガティブという言葉とキャンペーンという言葉がくっついた言葉です。

なので、それぞれの言葉の意味を考えてみると、ネガティブという言葉は「否定的であるさま、消極的なさま」を意味している言葉です。

そして、キャンペーンという言葉は「組織的宣伝活動」を意味しています。

これら二つの言葉を組み合わせて考えてみると先ほどご紹介した否定的な情報を流して誘導するという意味を連想することができるのです。

ネガティブという言葉が名前に入っている通り、どちらかといえばあまり良い印象を持たないような行動であり、そのような意味を持っている言葉であると捉えることができます。

では、このような意味を持っている言葉と今の時代背景にはどのような関連性があるのかという事などを詳しくご紹介していきます。

競争相手の欠点や難点を批判し評価を落とす

ネガキャンという言葉と今の時代はどのような関係性があるのかと考えた時に、先ほどもお伝えした通り今の時代はたくさんの情報の入手のハードルが下がっています。

それは誰もがスマートフォンを手にしており、インターネットを活用することによって様々な情報入手をすることができるようになっているからです。

しかしながら、インターネット上に存在しているすべての情報は正しいとは限らないのです。

間違っている情報が錯乱している可能性もありますし、かといってすべての情報が間違っているというわけではありませんので、余計にインターネット上から情報を入手するのは難易度が上がっているのです。

なので、何が正しい情報なのかということをよく考えた上で入手しなければいけないのです。

しかしながら、情報の入手のハードルが下がっている今の時代だからこそネガキャンを行うことによって大きな効果を見込むことができる時代になっているのです。

具体的に考えてみると、先ほどお伝えした通りネガキャンは「あえて否定的な情報を流して誘導すること」という意味を持っています。

なので、例えば自分自身と競争相手にあるような相手の否定的な情報などを流す事で、相手にとって不利な状況を作り出すことができるのです。

これが一般的にネガキャンが行われる意味になります。

そうすることによって自分に大きな利益をもたらしたり、有利な立場に立つことが出来るようになるのです。

情報の流れるスピードが速くなった現代だからこそ、ネガキャンの効果はとても大きくなっていると捉えることが出来ます。

工作的な方法で優位にする戦略

人によってはネガキャンと呼ばれる行為に対して、そこまでの悪い事だと感じていないような方も多く存在していると思います。

なぜならば、例えば何かしらの商品がネガキャンが行われたとして、本当に良い商品であればそもそもネガキャンに取り沙汰されるような欠点などはないはずですし、もしも欠点があるなら指摘されて当然だと思っている方がいるからです。

確かにこの考え方は間違っていないのですが、ネガキャンが一般的にあまり良くないと考えられる理由としては、ネガキャンの仕方に問題があるのです。

そもそもネガキャンは工作的な方法で優位にする戦略なので、競争相手にある立場が有利な立場に立つために蹴落とす目的で行われている場合が多いです。

なので、ネガキャンの中には、それほど致命的なミスでもないですし、致命的な欠陥でもないようなことでも誇張して騒ぎ立てたりする場合が多く、いわゆる情報弱者であったり、中立の立場にいるような人をなかば巻き込むような形で騒ぐ場合が多いのです。

そうなると、正しい情報をインターネット上から引き出すことができない人は、あたかもそれが本当に致命的な欠陥だと思い込んでしまって、その商品に対してマイナスな印象を持ったりする可能性が生まれるのです。

たとえその商品が本当はよかったとしても、ネガキャンによってマイナスなイメージを持たされてしまうために、その恩恵を受けることができなくなってしまうのです。

それを踏まえて考えてみるとネガキャンと呼ばれる行為に対しては、あまり褒められた行為ではないと判断することができるのです。

ネガキャンが使われるもの

ネガキャンという言葉の基本的な意味合いについてご紹介していきましたが、ネガキャンという言葉をあまりよく知らなかった方に関しては、現実的にネガキャンがどのような事に対して使われるのかということがよくわかっていない方も多いと思います。

そこで、ここからはネガキャンという言葉がどのようなものに対して使われるのか具体的にご紹介していきたいと思います。

これを知っておく事によって、どのようなものに対してネガキャンがもちいられているのかある程度注意をしながら情報を受け止めることができるようになります。

そうすることによって、正しい情報と正しくない情報の取捨選択ができるようになります。

それができるだけでも、正しい情報を手に入れられる確率は大きく上がるはずです。

たくさんの情報が入手しやすく、間違っている情報が錯乱している現代だからこそ、この考え方は必ず取り入れる必要性があります。

なので、この機会にネガキャンが使われるものを把握し、知識として身につけるようにしてみてください。

政治・選挙

まずはじめにご紹介するネガキャンが使われるものは「政治・選挙」が存在しています。

元々ネガキャンという言葉が使われるようになった大元としては政治・選挙の世界であると言われています。

なぜならば、政治の世界は当選しなければ意味がありません。

つまり、言い換えれば戦争と同じ位激しい争いになるのです。

そうなれば、自分たちが当選するために必死になりますし、相手の事をネガティブに表現して蹴落としてまで当選したいと思うのは当たり前なのです。

だからこそ古い歴史の中でもネガキャンは特に政治の世界で行われており、ネガキャンの代表例といっても過言ではないのです。

スポーツ

次にご紹介するネガキャンが使われるものは「スポーツ」が存在しています。

スポーツの世界に関してもネガキャンなどがよく行われていますが、例えばインターネット上の話をするならば、インターネット上に存在するスポーツの掲示板などで自分のファンのチームに敵対するチームのネガキャンなどを行ったりする事は日常茶飯事です。

誰だって自分が応援しているチームを認めさせたいと思っているわけですから、このような行動を取ったりしているのです。

このような行動を取って人気を出させたところで、根本的にチームが良くなるわけでもないのですが、ネガキャンを行っている人が一定数いるのも事実なのです。

ゲーム

次にご紹介するネガキャンが使われるものは「ゲーム」が存在しています。

ゲームの世界でもネガキャンはよく行われており、かなり巧妙な方法で行われているのですが、例えばオンラインゲームなどに関しては、わざと自分たちをネガキャンする事で、自分たちに対して有利な優遇措置を得ようとする場合があります。

例えばあるキャラクターが存在して、そのキャラクターをまるで不遇のようにキャンペーンすることで、運営などがそのキャラクターを強化したり、仕様変更などをしたりするように仕向けるということです。

そうすることによって結果的に自分たちに利が向くようにしているのです。

かなり巧妙ですが、実際にこのような行動を取っている人達はかなり多く存在して言うrのです。

次にご紹介するネガキャンが使われるものは「国」が存在しています。

国同士に関してもネガキャンなどはたくさん存在しています。

実際に私たちが所属している日本に関してもネガキャンのターゲットにされたことがたくさん存在しています。

直近の話だと、オリンピック招致の際には日本が原子力発電所の問題があった事を取沙汰にされて、放射線がたくさん存在しており危険な国であるとネガキャンをされたこともあります。

オリンピック招致をすることによって様々な利益を得ることができるため、日本にオリンピック招致をさせないためにこのようなネガキャンが行われていると考えることができ、結果として国レベルでもネガキャンは行われていると判断することが出来るのです。

️ネガキャンをやるべきではない7個の理由

今現在の世の中には、インターネット上や、私たちの身の回りでネガキャンがたくさん溢れていると考えることができます。

しかしながら、世の中がネガキャンで溢れているからといってネガキャンを行うことはおすすめすることはできません。

なぜならばネガキャンをやるべきではない理由がたくさん存在しているからです。

この理由を知ることによって、ネガキャンをすることが現実的にどのようなことを招いてしまうリスクがあるのかということが把握できるようになります。

なので、ここからはネガキャンをやるべきではない理由についていくつかご紹介していきたいと思います。

過去にネガキャンを行ったことがある、もしくはこれからネガキャンを行おうとしているという方はまず思いとどまり、これからご紹介する理由を受け止めた上で、ネガキャンという行動のリスクの部分を把握してください。

信頼を得られない

まずはじめにご紹介するネガキャンをやるべきではない理由としては「信頼を得られない」からという事が挙げられます。

なぜネガキャンをやることによって信頼を得られなくなるのかと考えた時に、まず考えていただきたいのはネガキャンをするという事はネガティブなことを発言するということです。

ネガティブの発言をする本来の目的としては、ネガティブを示す対象を蹴落としたいという策略があるからです。

実際にそれをすることによって、少なからずそれを信じて真に受けるような人も一定数が存在するでしょう。

しかしながら、すべての人がそうだとは限りません。

すぐに真に受ける人もいる反面、きちんと真実に基づいて公平に物事を判断するような人も一定数が存在するはずです。

それを踏まえて考えてみた時に、ネガティブな発言をすることによって自分自身の信頼を損なってしまう可能性も十分考えられます。

あなたの身近にいつもネガティブな発言をするような人はいませんか?
何かにつけてネガティブな発言をしたり人の批判を行ったりするような人間は必ず信頼を得ることができません。

その逆に常にポジティブな考え方を身につけて、ポジティブな考えやポジティブな発言をするような人の方が圧倒的に人から好かれますし信頼されやすくなります。

なので、ネガキャンをする事によって結果的には自分の信頼を無くしてしまっているという事を知ってください。

それを知る事により、ネガキャンのリスクの部分が見えるようにあるはずです。

イメージが下がるから

次にご紹介するネガキャンをやるべきではない理由としては「イメージが下がるから」という事が挙げられます。

なぜネガキャンをすることによってイメージが下がってしまうのかと考える時に、これは先ほどご紹介した信頼を得られないという項目と似ているのですが、ネガキャンを行うということは必ず自分が率先してネガティブなことを発言するということです。

一般的には相手に対しての悪口や粗を探してそれを露骨に中傷したりするような場合が多いのですが、これを行うことによって悪口を言っている自分を周りにも晒すことになりますので、悪口の多い人間だと思われて周りの自分に対するイメージまで下げてしまうようになるのです。

常に他人の悪口を言ったりするような人間が身近に存在していると想像した時に、おそらくその人間と仲良くなりたいと思ったりするようなことはほぼないと思います。

逆に、常に人の悪口ばかりを言う人間はその人間自体が悪い人間だと思われたり、胡散臭い人間だと思われて、信頼されないばかりか、人間性まで否定されやすくなってしまいます。

そうなってしまうと、自分が話していることに対して耳を傾けてくれるような人間は誰もいなくなります。

自分のことを味方してくれるような人間もいなくなってしまいますので、気がつけば孤独な人間になってしまうのです。

なので、ネガキャンを行うことが結局自分自身のイメージを下げる行為に繋がると判断することができますので、このリスクを考慮した時に必ずやらない方が良いという決断に至るのです。

必ず悪にされる人や物が生まれる

次にご紹介するネガキャンをやるべきではない理由としては「必ず悪にされる人や物が生まれる」という事が挙げられます。

なぜネガキャンをする事により、必ず悪にされる人や物が生まれるのかと考えると、ネガキャンをするということは何かに対してイメージを損なうような悪口を言うということになります。

それを踏まえて考えてみると、当然ながら悪口を言うということは悪者にされてしまうような人間や物が生まれてしまいます。

人に対して悪口を言うのであれば、そういう人間があたかも悪いかのような印象を植え付けてしまいますし、物に対して悪口を言うのであれば、悪い物であるような印象が生まれます。

そうなってしまうと必ず悪者にされる存在が生まれるということになるのはすぐにわかることです。

もちろんそれが目的でネガキャンを行っているのですが、冷静になって考えてみれば、悪者にされてしまうような人や物が生まれるというのは気分が良くないことでもあります。

そのような気分が良くない行いを平気で行うレベルの人間になってしまうと、結局人からは好かれずに、距離を置かれてしまいます。

自分の立場をよく見せたり、自分を有利に立たせようと思ったところで、本当に内面が備わっていなければすぐにボロが出ますし、結局一時の状況変化でしかないのです。

なので、ネガキャンを行うことを平気でするようになれば、必ず自分自身の人間性が浮き彫りになりますし、場合によっては悪にした人から恨まれる可能性もあります。

なので、負の連鎖にしかなりませんので、必ず行わないようにしなければいけません。

雰囲気が悪くなる

次にご紹介するネガキャンをやるべきではない理由としては「雰囲気が悪くなる」という事が挙げられます。

なぜネガキャンを行うことによって雰囲気が悪くなる野かと考えた時に、ネガキャンを行うことによって周りにネガティブな気持ちにさせてしまい、結果的にその場の雰囲気が悪くなってしまうからです。

例えば、大げさな例になるかもしれませんが、みんなで楽しくワイワイ飲んでいる時に一人だけ何に関してもネガティブな発言をしたり、人の文句を言ったりしてその場の空気を乱してしまうような人間はいませんか?

楽しくしているときにネガティブな発言をしたりするような人が近くにいる場合、嫌な気持ちになりますよね。

結局ネガキャンをするということはそれと全く同じようなことをしているということなのです。

悪口なんかを言うよりも、その場を楽しくするように盛り上げる発言をした方が何倍もマシですし、自分自身の心も楽しくなることができますので、たった少し考え方を変えるだけで雰囲気を大きく変えることができるようになるのです。

いつもネガティブなことばかり発言して雰囲気を悪くしてしまっている人は、必ず裏では周りの人から嫌われる結果を招いてしまいます。

なので、ネガキャンをやるべきではない理由としてネガキャンをすることで雰囲気が悪くなるからと断言することができるのです。

人としての印象が悪くなる

次にご紹介するネガキャンをやるべきではない理由としては「人としての印象が悪くなる」という事が挙げられます。

なぜネガキャンを行う事によって人としての印象が悪くなるのかと考えた時に、ネガキャンをすることによって自分のイメージを下げてしまうようになるため、結果として人としてのの印象が悪くなってしまい、嫌われてしまうのです。

考えてみれば当たり前のことだと思いますが、常にネガティブなことを発言するような人間が周りの中心になったり、たくさんの人間から好かれたりするようなイメージをあなたは持っていますか?

必ずそのようなイメージを持っているはずがありません。

なぜならば、そのような人間は存在しないからです。

常に悪口を言ったりネガティブな発言をしたりするような人間は、たくさんの人間の中心ではなく端っこにいる人間であり、ネガティブな発言から周りの人から印象が悪くなってしまって、周りの人間から受け入れられないでい続けるのです。

根本的に自分に原因があることを受け止めず、それでもネガキャンを行い続けてしまうような人間はたくさん存在していますが、それではいつまでたっても未来が変わることがありません。

結局自分が行った行動が自分に返ってくるようになりますので、人の悪口ばかりを言う人間は自分も悪口ばかり言われるような人間になってしまうのです。

だからネガキャンを行うことは人と人の印象が悪くなる為、しないようにしなければいけないと判断できるのです。

幼稚に感じる

次にご紹介するネガキャンをやるべきではない理由としては「幼稚に感じる」という事が挙げられます。

なぜネガキャンを行うことによって幼稚に感じるのかと考えた時に、根本的に考えた人の悪口ばかり言う人間は人間性に問題があったり、大人の考え方ができない人間であると判断されてしまいます。

なぜならば、明るくポジティブな人間性を持っていれば、嫌なことがあったりしたとしても前向きに物事を考えてポジティブな考え方を持てるようになります。

そして、大人の考え方をすることができる人間は悪口を言ったところで何も解決はしないということを理解していますので、悪口を言う暇があるならば自分を高めるために行動したり、よりよくなるためにどうすれば良いのか方法を考えるはずです。

なので結局ネガキャンを行うことによって周りからは幼稚な人間性しか持っていない人間だと判断されてしまうのです。

そうなってしまうと自分のイメージは下がってしまい、関わりたいと思ってもらえなくなったり、信頼されない人間に成り下がってしまいます。

それでも良いならネガキャン行っても良いと思いますが、このような存在になりたいと思える人間はほぼ存在していないと思いますので、結果としてネガキャンはやらない方が良いと判断することができます。

人は意外と細かい部分まで人を見ています。

ちょっとだけならいいやと思ってこそこそネガキャンを行っていたとしても必ずしっぽを掴まれますので、しないようにしてください。

ウザがられる

次にご紹介するネガキャンをやるべきではない理由としては「ウザがられる」という事が挙げられます。

なぜネガキャン行うことによってウザがられるのかと考えた時に、ネガキャンをすることによって周りの人間からは悪い人間性を持った人間だと判断されてしまいます。

ただでさえ悪口を言うような人間は好まれないのに、口を開けばネガティブなことしか言わないような人間ははっきり言って周りからウザがられます。

一度ウザがられれば、必ずそれが伝染して周りも一致してウザがられるようになるのです。

そうなってしまっては、自分を守ってくれるような人間もいなくなってしまいますし、ただ自分が辛くなってしまうだけです。

そうなっても良いと思うような人間はいないはずなので、ネガキャンを言うのはやめるようにした方が賢明な判断です。

️ネガキャンはしない方がいい

ネガキャンがどのような意味を持っており、ネガキャンをすることによってどのようなリスクを背負うのかということがよくお分かりいただけたと思います。

ネガキャンをするということが結果的に考えると自分を不利な立場に追いやっているだけの行為でしかありません。

一時的に自分に有利な状況を作り出せるかもしれませんが、それでも長い目線で見ればそれはちょっとした変化にすぎないのです。

結局自分が良い立場に移行するには、自分自身で頑張って初めて変化を生み出すことができるようになるのです。

それをきちんと踏まえた上で、自分の力を信じて状況変化できるようにしましょう。