CoCoSiA(ココシア)

マスク美人の作り方9個のポイント。これだけやれば誰でも可愛くなれる!


みなさん、誰でも簡単に美人になれる方法があることを知っていましたか??

そんな、「簡単に美人になれるなんて、絶対にありえない!そんな方法あったらとっくにやってるわ!」とおっしゃる方もいるかもしれませんけど、じつは、あるんです。

それも、かなりお安く手に入るアレで・・・。

そう、アレというのは、皆さんが風邪の時につけるであろう”マスク”です!

なんと、自分のお顔に自信がない方でも、マスクをつけるだけで簡単に美人気分を味わえるというんだから、すごいですよね!

マスクなんて、100均でも売っているし、コンビニでも手の入るし、誰でもつけた経験があるのではないでしょうか?

それにしても、「マスク美人というのは何??どうやって作るの?」と思われる方もいるでしょう。

そこで、簡単にマスク美人になるためのポイントをご紹介しちゃいます♡

この記事の目次

️マスク美人の作り方9個のポイント

みなさんは、普段からマスクをつける習慣がありますか?

マスクというと、風邪をひいたとき、さらには風邪などが流行っているときの予防に、そして乾燥している場所での乾燥予防に使っている人が多いでしょう。

しかし、マスクというのはそれだけが使用方法ではありません!

「私だって美人になりたい!」「美人やカワイイ女の子って思われたい!」という女性が使える、ある意味最終兵器だったのです。

例えば、街中でマスクをつけている女性ですごく奇麗だなと思える人とすれ違ったことはありませんか?

マスクをつけているので、顔全体はわかりませんけど、その人の雰囲気とか全体が美人に見えるのです。

それに、歯医者さんに行ったときに、歯科助手のお姉さんたちがみんな美人に見えた時はありませんか?

看護師さんとかも、みんな美人で、「この病院は美人揃いだな~」なんて感じた方も少なくないはず。

これは、みんな”マスク”の力だったりするんですよね。

わたしたちだって、このマスクの力を借りれば、ちょっとは美人の仲間入りになれるはず!

実際、マスクをつけていると「美人ですね」と言われたという女性も多くって、一生マスクをつけていようかな、なんていう方もいます。

マスクをつけると美人・・・。

うれしいような、ちょっと悲しいような感じもしますけど、「美人だな~」なんている目線で見られるなんて、幸せじゃないですか!

そうゆうことなら、マスク美人を目指してみるのも悪くありませんよね!?

ただ、マスク美人というのは、単にいつもの感じにマスクを装着すればだれでも美人に見える、というわけでもなかったりします。

実際、病院に行けば患者さんもマスクをしている人ばっかりですよね?

でも、それでも「美人が多いな」とは感じませんよね。

それに、きっと皆さんも風邪を引いたり、何かの予防でマスクを装着した経験があるかと思いますが、それだけで自分が特別「美人になったわ♪」と思うわけでもないと思います。

つまり、マスク美人になるためには、それなりのポイントがあったのです。

では、どうしたらマスク美人になれるのか、そのポイントをチェックしてみましょう!

アイメイクに気合をいれる

マスク美人になるためにアイメイクに気合を入れている
マスクをすると、他人から見える顔のパーツは限られます。

唯一完璧に見えるのは、どこでしょうか?そう、”目”です!

それで、マスクをしているときに周りの人の目線からすると、あなたの顔の印象として一番に入ってくるのは、目もとなのです。

だから、目もとの印象であなたの顔のイメージの大体の部分が決まるといっても過言ではないでしょう。

実際、マスクをしているときのアイメイクの仕方によって目元の印象を変えるだけで、だいぶその人のイメージも変わります。

だって、思い出してください。

少し前にモノマネメイクで大ブレイクした、ざわちんさんも、マスクをしていましたよね?

ざわちんさんのメイク術は、それはそれはすごくて、目もとメイクとアイブローそしてヘアーアレンジなどで、様々な芸能人になり切っていましたよね!?

様々な美人芸能人たち本人にそっくりの顔を作ることができていました。

それで、マスク美人になるためにまず必要なのは、アイメイクに気合をいれる、ということです!

アイメイクでなりたい自分の顔に近づけることと、マスクがあれば、誰でも簡単に美人になれることができます。

YouTubeなどの投稿でも、アイメイク術などを教えてくれている動画がたくさんありますよね?

どれも、本来の目もととメイク後の目もとを比較すると、元が一緒とは思えない程の違いがあったりします。

それで、目元というのはメイクでかなり盛ることができる箇所です。

アイライン、アイシャドウ、カラコン、つけまつげなどを駆使すると、小さい目がコンプレックスという方も、大きくてぱっちりとした目になれます。

それでまず、マスク美人になるためには、アイメイクに特に力を入れてみましょう。

やりすぎのゴテゴテメイクはNG

ただ、気合を入れすぎてあまりにもゴテゴテのメイクにするのは、あまりお勧めできません。

というのも、マスクをしている顔では、アイメイクが顔全体の印象を左右するほど、良くも悪くも影響力がすさまじいということです。