CoCoSiA(ココシア)

愛してると好きの違いは何?隠れた男性心理を解説します


よく、ラブとライクは違うなんてよく言われますよね。

このように英語で言うと非常にしっくりとくるところがあります。

そして、本当に彼や彼女が好きなのか?と悩んだときに、その正しくラブかライクかで悩むと言う事はよくあるようです。

では、そもそもこの「愛してる」と「好き」と言うのにどのような違いがあるのかと言うと具体的に考えてみないといまいちよく分からないところがあります。

では、この愛してると好きの違い、今風で言うとラブとライクの違いは具体的にどのようなものがあるのだと思いますか?

それを色々とひもといていきましょう。

「愛してる」と「好き」の大きな違い

愛してると好きはそもそも違うところがあるのは何となくわかっていますが、具体的にどのように?と言われると、一瞬考えてしまう事はありませんか?

やはり好きって言うとかなり広範囲な印象があります。

例えばですが、友達も「好き」ですし、犬が「好き」などそのようなものもありますし、愛してると言うと、その好意の加減がより深い感じがします。

ですので、主に恋愛関係的な感じが挙げられる時もありますし、はたまた家族愛のような感じを表すこともあります。

このように、どちらも好きと言う意味合いではありますがかなりニュアンスが違うところがありますね。

では、この2つの大きな違いについて色々と具体的に掘り下げて見ていきましょう。

「愛してる」と「好き」の違い


この店愛してると好きの違いと言うと、色々と違いが出てきます。

では、具体的にどのようなものだと思いますか?そこを掘り下げて見ていきましょう。

好きは代替可能、愛は唯一の存在

やはり、イメージ的に好きって言うとなんとなく軽い感じがしますよね。

確かに失恋するとその当時は落ち込むのかもしれませんが、立ち直りも早くすぐに他の好きな相手を見つけることもできそうです。

でも愛と言うと、失ったもショックがかなり大きく、引きずってしまうこともあります。

著者宅は両親が離婚していますが、一度は愛を持って家族になったわけですが、そこから決別する経験をしているので、やはりその愛が失われた状態がいかに深刻かと言うのも体験してわかっています。

ですので、好きと言うと、恋愛関係の非常に軽いイメージがありますが、愛は非常に深くそれをなくなったときのショックは計り知れないものがあるということです。

やはり、付き合い始めているときは、そこの好きと言う段階ですが、そこからだんだんと関係が深まって愛になっていくところもあります。

例えばですが、著者は具体的に2年以上のお付き合いが続いたら愛に発展する可能性が高いのではないかと思います。

ただ、この年月が経過してお別れになるカップルもいるので、一概には言えません。

やはり愛は年月を持って掘り下げて築いていく関係なのではないかと思います。

好きは欲求を満たす、愛は相手に尽くす


好きと言うと、基本的にその気持ちを満たすところがあります。

例えばですが、好きな人がいて相手からは明らかに嫌がられているけれど、その人から離れると言うのは嫌と言うような掲示板の書き込みを見ることもありますし、好きな人に執着をしている人をよく見る機会があります。

この状態って言うと、自分の好きと言う欲求を満たすだけで、相手の事は基本的に視野に入っていません。

もちろん、皆が皆そのような人ばかりでは無いですが、基本的にこの好きと言う欲求の満たすために色々と手を尽くす感じは否めません。

ただ、愛は相手に尽くすことを意味することが多く、相手が嫌がる事はしないと言うふうに相手の立場に立って考えることができるようになる関係性のことを言うのではないのでしょうか?

確かに、付き合い始めは、このような自分の気持ちを満たすようなところがあるかもしれませんが、だんだんと心に余裕ができ、相手に尽くす気持ちが出てくると言うのもあるのかもしれません。

ですので、好きというと自分の気持ちを押し付けるところがある一方で、愛はとにかく人のために相手のためになるように努力するような状態のことを言うのかもしれませんね。

好きは疑う、愛は信用する

さて、付き合い始めについつい好きすぎて相手を束縛してしまった事はありませんか?

それは、好きな人が他の人に取られたらどうしよう?と言う不安感があるのでところがあるからです。

確かに、そのような疑いを持って接するのは辛いところもありますし、そのような気持ちになるのは無理からぬことです。

ただ、愛はすでに関係性を築いている状態であり、安心して相手を見ていることができます。

ですので、愛しているから束縛すると言うのは違い、愛しているからこそ自由にできるところが大きいのではないのでしょうか?

そして、やはりその愛に発展して気持ちに余裕がある立場にならないと、なかなか関係性を続けるのは難しいところがあります。

それは何故かと言うと、色々と嫉妬深いご主人や奥様との生活が窮屈で離婚したいと言うような書き込みを見ることもあり、確かにそこまでされたら窮屈に感じるだろうなと思うようなケースは多々あります。

ですので、やはり関係性を長く築いていくにはあたっては、この好きだからこそ束縛したいと言う気持ちではなく、信頼できる愛に切り替えることが大切なのかもしれませんね。

好きは想うこと、愛は想いやること

そして、先程のことと少々重なりますが、好きと言うのは相手を一方的に思うところがあります。

ですので、そこに相手の事はそんなに頭に入っていないところがあります。

よく「愛するより愛したい」と言うようなことを言うことがありますよね。

それはこの好きと思うことに幸せを感じているからこそそのような言葉が出てくるのだと思われます。

そして、その状態から愛に発展すると、相手のことを思いやると言う心の友が出来るようになります。