人には必ず、いい面もあれば悪い面もあります。

それは関わる人によって、感じ方も考え方も違うでしょう。

もしあなたが大嫌いな人が居たとします。

あなたは、話をするだけでも剣を感を感じてしまう事でしょう。

ですが、そんな相手に対しても好意を持つ人だって居るのです。

それだけ世界は広く、色々な考え方を持ってる人が居ると言う事が言えるでしょう。

自分の魅力も同じ事がいえます。

あなたがコンプレックスだと思っている自分の特徴も、それを『可愛い』と感じてくれる人が居るかもしれません。

もし、この世の中が絶世の美男・美女しか恋愛する事が出来なかったらどうでしょうか。

あっという間に人間は滅んでしまいます。

人の魅力は見た目だけではありません。

自分のいい所を大事にしていきましょう。

例え、どんなに周りの人から嫌われてしまったとしても自分だけは自分の事を好きで居てあげてください。

長い人生、時には周りと上手く行かない事もあるでしょう。

多くの人に嫌われて消えてしまいたくなる事だってあるかもしれません。

『どうせ』と思い、自分まで自分の事が嫌いになる事だってあり得ます。

ですが、そんな周りの言葉を気にする必要などありません。

そういった物は、大抵言いがかりであり本当の意味で言っている訳では無いのです。

たまたまその時、あなたがターゲットになってしまっただけなのです。

そんな幼稚な事をしてくる人の意見をイチイチ鵜呑みにしては行けません。

相手の気意見に惑わされて、自分の事が嫌いになってしまったらどうでしょうか。

自分のいい所を一番知っているのは自分自身です。

その自分が、自分を否定するような行動を取ればその傷ついた心は誰がかばってくれるのでしょうか。

どんな理由があろうと、自分の事を悪く言う事は良くありません。

本当にやばい!自分を卑下する人は直したほうがいい!

多くの人は、自分のいい所をきちんと知っています。

それが例え、人に評価される事が無かったとしても、自分で自分を褒めてあげる事が出来るのです。

ですが、それが出来る人ばかりとは限りません。

中には、自分の事が嫌いで嫌いで仕方がないという人も居るのです。

自分の事を嫌いな人は、本気で分の事を嫌いな人も居ます。

そうした人は、自分の事を悪く言う事だって勿論あります。

ですが、自分の事を卑下する人の中には、心の奥底では自分の事を好きだと思っていると言う事もあるんです。

他人から見れば、理解出来ない部分も多々ある事でしょう。

ですが、卑下してしまう人の心理としては誰かに認めて欲しい。

自分の事を評価して欲しいと思って居るのです。

その為、自分を卑下する事によって『そんな事ないよ』という言葉を待て居るのです。

ですが、それをイチイチ相手にしなければならない人はたまった物ではありません。

最初のうちは、みんな真剣に相手をしてくれる事でしょう。

親身になって励ましてくれる事もあるかもしれません。

ですが、いくら真剣に話をしても相手の人がいつまでの自分を卑下し続けて居たらどうでしょうか。

次第に面倒だと感じるようになってしまう事だって十分にあります。

構って欲しいからこそ、自分の事を卑下しているのにも関わらず、それがかえって自分の周りから人を遠ざけてしまう事にも繋がるのです。

また、言葉には力があります。

本心では思っていない事であったとしても、毎日それを言い続ける事によって次第に本当に自分はダメな人間なのでは無いかと思うようになってしまいます。

そうなってしまっては、正に本末転倒です。

自分で自分を深く傷つける事にもなりかねません。

そうならない為にも、自分を卑下する事を止めて下さい。

卑下する人の15個の特徴


自分を卑下してしまう人には、いくつかの特徴があります。

その特徴を知る事によって、相手がどうしてそんな事をしてしまうのかという原因を知る事が出来る可能性もあります。

また、自分自身きがついて居ないだけで自分の事を卑下してしまうような言動をしている可能性もあります。

それを治す為には、自分自身の心の中にある原因を知り、解決する為に行動する事が大切だと言えるでしょ。

物事には、必ず理由があります。

その理由を知る事が出来れば、解決の糸口を掴む事も出来るでしょう。

相手に好かれたい

自分を卑下してしまう人は、基本的に構ってちゃんが多いとされています。

多くの人から注目を集め、自分の事を意識して欲しいと思って居るのです。

その為に、相手から同情去れるよな事を話、相手の関心を自分に向けさせようとするのです。

また、自分がいかにダメで相手が素晴らしいかを伝える事によって相手を持ち上げいい気分にさせようとします。

そうする事によって、相手に好かれようと考えて居るのです。

ですが、そんなうまい具合に物事が運ぶ事などありません。

自分の行動だけに注目して欲しいと考えている人は、ついついその人の行動の裏ばかりを読んでしまいます。

相手が本当に信用してくれているのにも関わらず、相手の事を疑ってしまうのです。

そんな事をしていては相手に嫌われてしまうのも無理無いでしょう。

相手の気持ちを引きたいからと言って、自分の事を悪く言っても相手に好かれる事はありません。

自信家の方も嫌われますが、自分の事を余りにも卑下する方は同じように嫌われてしまう事でしょう。

承認欲求が強い


誰もが、自分の事を認めて欲しいという気持ちを持っている物です。

否定されるよりは、褒められた方がずっと嬉しい気持ちになる事は、当たり前の心理です。

それを承認欲求と言います。

この気持ちは、幼い時から備わっていると言われて居ます。

その為、その気持ちを満たす為に、皆自分の事を他人にアピールするのです。

多くの人の場合には、子供の頃にその欲求を満たす事が出来ます。

そうする事によって、その欲求を抑える事が出来るようになるのです。

ですが、中にはその欲求を満足させる事が出来ないまま大人になってしまう可能性もあります。

そうなってしまうと、常に他人から認められたいという思いが強く、どうにかしてこちらを見て欲しいという気持ちが強く出るようになります。

その結果、自分を卑下してしまうようになるのです。

自分を認めて欲しいのにも関わらず、自分を卑下してしまうのは逆効果のようにも見えるかもしれません。

ですが、自分の事を卑下する事によってその欲求を解決する事が出来るようになるのです。

自分を卑下する人に対して、多くの人は『そんな事ないよ』と慰めてあげる事があるんでしょう。

この慰めてくれる優しさを求めいるのです。

ですが、それも繰り返し行われれば相手は段々面倒になってくる事でしょう。

もういい加減にして欲しいと思う事もあるかもしれません。

劣等感が強い

自分を卑下する人の中には、本当に自分の事が嫌いな人も居ます。

その場合『どうせ自分なんて』という気持ちを強く持っているのです。

だからこそ、他人に対しても自分の事を悪く言ってしまう事もあるのでしょう。

自分の事を悪くいう事によって、どこか心が落ち着くと言う事もあるのかもしれません。

ですが、それを聞かされている相手はどうでしょうか。

きっと嫌な気持ちになるに違いありません。

なんて答えたら良いのか分からずに面倒に感じてしまう事だってあるでしょう。

また、自分自身で自分のことを悪く言っているのにも関わらずそれをする事によって更に自分の心を気づ付けてしまう恐れもあります。

正に本末転倒ではあるものの、自分で話している内容を自分で聞く事によって、更に自分に暗示をかけてしまうのです。

そうする事によって、自分を嫌いな気持ちを更に大きくしてしまい正に悪循環となってしまうのです。

【劣等感が強い人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

安心したい

人に褒められる事は嬉しことです。

ですが、そうそう褒められるタイミングはありません。

大人になれば、更にその機会は減っていく事でしょう。

その欲求を満たす為に、人は他人からの言葉を欲する場合も多々あります。

自分の事を褒めて貰えれば、誰しも嬉しい気持ちになる事でしょう。

そうした言葉を貰う事によって安心する事が出来ます。

その為に、あえて自分の事を卑下して相手に自分のいい所を褒めて貰おうとするのかもしれません。

自分に自信がない

基本的に、自分の事を好きな人は自分の事を卑下しません。

自分の事が好きでは無い・理想の自分になることが出来ないなど、自分に自信が無い人の方がより多く自分の事を卑下するようになります。

自分では意識していなくとも、会話の端々から自分を卑下するワードが次々に出てくる事によって周りの人は聞いていて嫌な気持ちになる事でしょう。

また、最初はそんな風に思っていなかった方も、余りにもその意見を聞かされる事によって、段々それが正しい意見のように思えて来ることもあります。

結果として、自分の価値を自ら下げてしまって居るのです。

それをした所で、自分には何のメリットもありません。

自分のいい所を相手に気が付いて欲しいのであれば周りくどい言い方はせずに素直にアピールして行きましょう。

それをせずに卑下する話ばかりをしていては、周りの人まで洗脳して行く事にもなりかねません。

言葉にはそれだけ強いパワーがあります。

そのパワーをきちんとコントロールする事が出来なければ、自分を苦しめる事にも繋がるでしょう。

【自分に自信がない人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

ネガティブ思考

人間には色々なタイプの人が居ます。

明るい人も居れば暗い人だって居ます。

それぞれいい所があり、悪い面があるのでえしょう。

ですが、暗い人の中にはネガティブに物事を考えてしまう人も居ます。

この場合、メリットを感じる事はあまりありません。

他の人から見ればなんでも内容な事であっても、ネガティブ思考の人の場合には物事を常にマイナスに捉えてえしまいます。

そのせいで、余計に問題を大きくしてしまう事もあるでしょう。

自分で物事を悪化させてしまえば、状況が良くなる事はありません。

ましてや、それを自分だけで解決するならまだしも他の人が巻き込まれるような事があれば段々と周りから人が居なくなってしまう事もあるでしょう。

ネガティブな発言は、自分だけでは無く周りにいる人の気持ちまでも左右してしまう事があります。

周りの人を不快な気持ちにさせない為にもきちんとその事を理解して自分の発言には責任を持つ様にして行きましょう。

表現がきつい

話し方や言葉の選び方は、その人本人の今までの経験によって培われて行きます。

その為、人によっては話し方がきついと感じる事もあるかもしれません。

ですが、それはあえてきつい言いかたをしている時もあれば、自然とそうなってしまって居る場合もあるでしょう。

自然とそうなってしまっているのであれば、それは多少多めに見てあげることも必要かもしれません。

自分のことが嫌い

人には様々な人が居ます。

自分の事が大好きで、どんな人よりも自分が優れていると考える事が出来る人も居れば、自分はどんな人と比べてもダメだと感じる事もあるでしょう。

自分を卑下してしまう人の場合には、自分の事を嫌いだと感じている人も多く居ます。

自分が思う理想の人間と、自分の差を感じそうなる事が出来ない自分に腹を立てて居るのかもしれません。

自分の事を嫌いな人は、知らず知らずのうちに自分の事を悪く言ってしまう事もあります。

その結果、自分を卑下してしまうようになってしまうのです。

自分を卑下したからと言って、状況が良くなる訳ではありません。

そればかりか、自分が悪い事をいう事によって自分自身もまた、その言葉に影響され自分はなんてダメな奴なんだと思ってしまう事もあるでしょう。

言葉には大きな力があります。

マイナスな言葉を常に聞いていれば心はネガティブな方向にうつってしまいます。

しかし、プラスな発言をしていればドンドン心も前向きにする事が出来るでしょう。

自分が嫌いといい、卑下して居る人は自ら自分を苦しめて居るのかもしれません。

依存心が強い

人間は一人で生きていく事は出来ません。

必ず誰かの力を借りて生きています。

だからこそ、多くの人と協力しコミュニケーションを測りながら生きていかなければならないのです。

ですが、それは依存してると言う事にはなりません。

依存とは、自分の考え方も無く相手の考えに同調しているようにみせているだけの人を指します。

それは一緒に生きていくと言う事とは違い、他力本願な生き方だとも言えるでしょう。

そうした人の場合、依存する相手を見つける嗅覚にとても優れて居ます。

依存する事が出来る人を見つければ、あっという間に相手の懐に入ってしまうでしょう。

その際、自分の事をあえて卑下する事によって相手に優越感を与える事が出来ます。

そうする事によって、より気持ちよく相手をする事が出来るのです。

ガラスのハート

自分を卑下する人は、自分自身で自分を傷つけて居ます。

ですが、そんな事をしているのにも関わらず自分を卑下する人の多くは繊細で傷つきやすいガラスのハートを持っている方が殆どです。

本当は傷つき易いからこそ、相手に傷つけられる前に自分でバリアを張っているんです。

それが、自分を卑下するという行動に繋がて居るのです。

相手に傷つけられるくらいなら、先に自分で自分を傷つけてしまおう。

そんな極端な考え方が、自分を卑下する人の心の中には渦巻いて居るのでしょう。

本当は褒められたい

もし、あなたの周りにいる人は自分をとても卑下していたらどうでしょうか。

きっと『そんな事ないよ』と声をかけてあげる事でしょう。

その言葉こそが、本当に求めている物なのです。

自分を卑下する人は、本気で自分がダメな人間だと感じている人も居ます。

ですが、その一方で本心では思っていないのにもかからわず、そういった言い方をする人が居ます。

その人々の心理としては、自分自身で自分の悪口をいう事によって他の人に自分の存在意義を耳止めて欲しいと願って居るのです。

その為に、あえて自分を卑下する事によって相手からの言葉を引き出そうとしているのかもしれません。

それはもはや、無意識のうちに行っている場合もあります。

無意識に行ってしまってるからこそ、タチが悪いとも言えるのかもしれません。

傷つくことが怖い

人は誰しも傷つきたくないと考えて居ます。

だからこそ、自分を守る為に嘘を付いたりするのでしょう。

自分を卑下してしまう人もまた、自分が傷つきたくないからこそあえて自分の事を卑下している場合もあります。

自分の事を自ら卑下する事によって、相手からの攻撃を防ぐ事が出来る様にもなるのです。

他人から言われるくらいなら、自分が先に言ってしまおうという心理なのかもしれません。

ですが。

いくら自分で話した言葉だとしても、結局口から言葉が出た次点で耳には必ず届きます。

だからこそ、傷つく事も十分に考えられるのです。

誰になんと言われても気にしない人も中には居る事でしょう。

ですが一方で、その言葉によって傷つく人も居るのです。

幼少期、十分な愛情を受けてなかった

人の心は、幼少期の経験が大きな影響を及ぼすと言われてきます。

それは、自分を卑下してしまう人にも当てはまります。

と言うのも、人は自己肯定感という感情があります。

これは、自分は素晴らしいと感じる事が出来るかどうかという部分の感情です。

この感情がしっかりと備わって居る人は、自分の可能性を感じ自分は素晴らしい存在だと考える事が出来ます。

その感情が余りにも強い場合には、少々うっとおしい用にも感じてしまうかもしれませんがそれでも自分としても自分の事を好きだと感じながら生きる事が出来るのであれば幸せだと言えるでしょう。

その感情は自分で育てることも出来ますが、基本的には親から与えられる愛情によって育って行きます。

親から無償の愛情を受ける事が出来る事によって自分の考えかたを作って行く事が出来るのです。

ですが、自己肯定感を作る幼少期に、親から十分な愛情を受けることが出来なかった場合、自分を無条件に認めて貰う事が出来ずその感情が満たされないまま大人になってしまう可能性があります。

その結果、あえて自分を卑下する事によって周りの人に注目されたいと思う様になってしまうのでしょう。

子供の頃の経験を取り戻す為には、自分自身で努力して行くほかありません。

自分自信を成長させる為には、大人になった今努力して自分の気持ちをコントロールするべきなのです。

人と自分を比べたがる

人間は必ず1人1人違います。

どんなに同じ佳境で育てようとしても、必ず全く同じにはなりません。

良くも悪くも、必ず個性が出てしまいます。

個性が出る事によって、それぞれの人としての魅力もまた変わって来る事でしょう。

その個性を他人と比べる必要はありません。

自分は自分らしくで良いのです。

ですが人はどうしても、自分と他人とを比べてしまう生き物です。

その些細な差が気になり自分よりも相手が優れていると感じる事もあるでしょう。

実際にはそんな差は無かったとしても、自分が勝手にそう思い込んでしまうのです。

そうする事により、自分の良いところに目を向けることが出来なくなってしまいます。

結果として、自分を卑下する様な言い方になってしまう事もあるでしょう。

自分の良さに気がつくこが出来なけば、日々辛い思いをする事になるでしょう。

相手の良いところに沢山気がつくことは、人として素晴らしい事です。

ですが、常に羨んでいても何もなりません。

相手の事を羨ましがるだけでは無く、それを自分のものに出来るように努力をするべきでしょう。

人と自分を比べてしまうなら、それをプラスに変換できるかどうかを考えてみて下さい。

自分にも他人にも厳しい

自分の事を卑下する人の中には、求めている事がとても高い人も居ます。

理想が高いからこそ、それを実現する事の出来ない自分に対してイライラしたり嫌な気持ちになってしまう事があるのでしょう。

自分自身が高い水準を求め、努力する事は素晴らし事です。

ですが、それに他人を巻き込んでは行けません。

自分自身で理想を掲げる事は本人の自由でしょう。

しかし、それを他人に押し付けるような事があれば、互いの関係性は悪化してしまいます。

自分に厳しい人は、つい他人にたしても同じような厳しさを相手に求めてしまう傾向があるでしょう。

ですが、それをしてしまうと互いの関係性が窮屈な物に変わってしまう事もあります。

相手に嫌な思いをさせることになり、結果的にお互いにデメリットしか感じないような関係になる事もあるでしょう。

他人に対してアドバイスをする事も良いでしょう。

ですがあくまでも、それは相手の事を思って話をしてください。

自分の理想を相手に押し付けては行けません。

卑下するってどういう意味?!

ここまで、自分の事を卑下してしまう人の特徴をご紹介させて頂きました。

その為、なんとなくどんな人が自分を卑下してしまうのかというイメージを掴む事が出来たのでは無いでしょうか。

ですが、根本的に『卑下する』という言葉意味を分っている人はどの程度居るのでしょうか。

日本語には本当に様々な言葉があります。

その中には普段余り使わない言葉もあるでしょう。

例えしっかりとした意味を知らなかったとしても、周りの文面からおおよその意味を予測する事は出来ます。

ですが、それではその言葉を覚えた事にはなりません。

ホントに自分の言葉として理解したいのであれば、きちんと意味を知る事が大切でしょう。

そこで、『卑下する』という意味をここでしっかりと復習しておきたいと思います。

基本的な意味

『卑下する』という意味は、へりくだる事やいやしめて見下す事などを示して居ます。

それを自分の当てはめると言う事は、正に自分自身の事を追いつめる行為に他なりません。

そんな事をしても、得する人など誰も居ないでしょう。

ですが、それが分って居てもなお解決する事が出来ないのかもしれません。

卑下するという行為が良くない行為だと気が付く事が出来れば、自分の気持ちを変える事も出来るかもしれませんがそうならないうちは、自分の過ちを正す事は出来ないでしょう。

改善方法を伝授!

自分を卑下してしまう人の中には、もはやそれが癖になっている場合もあります。

ほんとうならどうにかっしてなおしたいのにも関わらず、どうする事も出来ない事もあるでしょ。

しかし、そんな事を繰り返していても自分を傷つけるだけであり、何も良い事はありません。

まず、卑下する事を止めましょう。

それでも、一度癖になってしまった事を治すのには時間とコツが必要です。

そこで、ここからは卑下する事を辞める為にはどうしたら良いかという方法についてご紹介させて頂きます。

効果がある人も居れば、無い人も居る事でしょう。

ですが何もせずにそのままで居れば、確実になおる事はありません。

もし少しでも効果を感じる事が出来るのであれば、それだけでも意味のあることだとは思いませんか。

自分ではなかなかどうする事も出来ない部分も、冷静になって考える事によって解決策を見出す事が出来る様になるかもしれません。

謙虚さと卑下することの違いを知る

人と関わる際は、謙虚な気持ちを持つ事は大事な事です。

ですが、謙虚な気持ちを持つ事と自分の事を卑下するのでは全く意味が違います。

それを混同してしまっている方が多くいます。

最初は謙虚な気持ちのつもりで自分の事を卑下している人も、いつの間にかそれが自分の本心かのように感じてしまう事もあるでしょう。

そんな事をしていては、自分で自分を傷つけるようになってしまう事も考えらえます。

そうならない為には、その二つの違いを自分の中でしっかり理解する事が重要です。

卑下する人との付き合い方

あなたの周りにも、自分を卑下する人はいるかもしれません。

そんな人に出会った時、どんな対処をしてあげたら良いのか分からなくなてしまう事もあるでしょう。

そんな時におすすめな対象方法をご紹介させて頂きます。

卑下してくる人は繊細な方が殆どです。

最初を間違えてしまえば、困った事になる可能性もゼロではありません。

そうならない為にも、自分に害が出ないようにしっかりと対応してください。

共感する

相手の気持ちを受け止め、理解してあげてください。

その際、慰めやり元気づけようとする必要はありません。

とにかく聞いてあげるだけで良いのです。

自分を卑下する人の場合、とにかく自分を褒めて貰おうとあれこれと仕掛けてくる事でしょう。

ですがそれを必ずしも返す必要はありません。

まずは話しを聞いて共感してあげてください。

そうする事によって、気持ちを落ち着かせることが出来るかもしれません。

共感した事によってその人も安心する事が出来るでしょう。

卑下してしまう人の中には、自分に自信が無く安心する事が出来ない場合も多々あります。

そうした人は、話を聞いて共感して貰えるだけで心が落ち着く事も十分あり得るのです。

ポジティブに返そうとしない

相手の事を考えれば、つい慰めたり励ましたくなる事もあるでしょう。

ですが、それをしてしまうと、相手は味をしめ更に自分の事を卑下してくるようになるでしょう。

それは、あくまでも自分の事を見て欲しいから行うパフォーマンスのような物なのです。

そのパフォーマンスにイチイチ付き合って居てはこちらの身が持ちません。

気が付いた時には、べったり依存されてしまっている事もあるでしょう。

そうならない為にも、相手の気持ちを理解しつつも聞き流す事が懸命です。

肯定も否定もし無い。

意外と難しい事ですが、これが一番平和な方法でしょう。

卑下する人は今すぐにでも改善した方がいい!(まとめ)

自分を卑下する事によって、安心を得たいと考える人も居ます。

中には、そうする事によって、自分と他人との関係性を築いていこうとする人も居ることでしょう。

ですが、そんな事をしても、本当の意味での関係を作る事は出来ません。

卑下する事によって、もし他の人が優しくしてくれたとしてもそれは一時的な優しさです。

それが永遠に続くとなれば多くの人はウンザリしてしまう事でしょう。

そのせいで周りからい人が離れていく事だって十分に考えらえます。

また、自分自身がマイナスな発言をする事によって自分の心もまたマイナスな方向に向かわせてしまうと言う事も考えられます。

言葉には力があり、その力のせいで本当はそんな事を思っていなかったとしても気が付いたらその言葉に心を支配されてしまっている事だってあるでしょう。

一度心に根付いた思いは、そう簡単に取れる物ではありません。

自分が自分の事を悪いイメージに洗脳してしまう事になってしまうのです。

卑下する事によって得られるメリットなどありません。

常に自分の事を卑下する事が当たり前になってしまっているかは、是非すぐにそれを止めてください。

そして、自分のありのままの姿を受け入れましょう。

自分の事を一番理解しているのは自分自身です。

その自分が自分の事を嫌いになってしまっては誰があなたの良さに気が付いてくれるのでしょうか。

自分のいい所を伸ばす事が出来るのも、あなただけなのです。