人には、色々な性格の人が居ます。

その中には、人として尊敬すべき人も居れば真逆の人もいる事でしょう。

尊敬する事が出来るような素晴らしい人の周りには、それに値するだけの素晴らしい人が集まってくる傾向にあります。

その人が素晴らしいからこそ、素晴らしい人を引きつけるだけの力があるのです。

ですが、その逆も勿論考えられるのです。

人として全く尊敬する事が出来ない人の周りには、どうしてもそういう人が集まってきてしまいます。

そのせいで、あなたにも大きなデメリットがやってくる事もあるかもしれません。

人として尊敬する事が出来ない相手にはいくつかの特徴があります。

その中でも、特に人として最低な行為として考えられて居るのは、人を貶める行為です。

そんな事をする人は、人間として最低でしょう。

そんな最低な行為をする人と一緒に居ては、あなたまでその感覚が普通になってしまう事もあるかもしれません。

悪い物は悪い。

良いものはいい。

その感覚を自分の中でしっかりともっておきましょう。

そこで今回は、人の事を貶めるような行動をしてしまう人の特徴をいくつかご紹介させて頂きます。

その特徴を知る事によって、その可能性がある人を事前に排除する事が出来るかもしれません。

あなたの周りに、その可能性がある人が居るかもしれません。

被害が出てから後悔しても遅いのです。

そうした人とは早めに距離を取る事をおすすめ致します。

️貶める行動をしがちな人の14個の特徴

人として、他人を貶める行為はとても最低な行為です。

そんな事をしている人は、確実に自分の周りから人が離れていってしまう事になるでしょう。

その為、そんな事をしても全くメリットは無く、今すぐ辞めるべき行為です。

ですが、それに気が付く事が出来ないからこそ、人を貶めるような行為をしてしまうのかもしれません。

人を貶めるような人には、共通している特徴があります。

もしあなたの周りに、これからご紹介する特徴を持っている人が居たとしたら、その人は危険人物かもしれません。

あなたの事を困らせる存在となる可能性もあるのです。

そうならない為にも、危険な人は早くから気付いておく事が重要でしょう。

人の悪口を言う


貶めるような行動を取るひとは、基本的に他人の事を傷つける事をなんとも思って居ません。

だからこそ、他人の事を貶める事をなんとも思わないのです。

むしろわざとやっている事だってあるかもしれないのです。

人の悪口を言う事は、行けない事です。

ですが、他人の不幸は蜜の味という言葉もあります。

その言葉からも分かる様に、多くの人は他人の噂話や悪口が好きなのです。

その為、その話題が出ると以上に興奮したり結束する事もあります。

ですが、何事もやり過ぎてはいけません。

多少の噂話なのであれば、人が関わる時には仕方がない事もある事でしょう。

ですが、それが過ぎてしまえば誰かを傷つける事になてしまいます。

もしかしたら、誰かの人生を大きく変えてしまう事もあるでしょう。

また、悪口を言っているといつの日か自分が言われる立場になる事も十分考えられます。

自分が言われる立場になり、初めて他人の痛みに気が付いてももう遅いのです。

その事にも気が付かず、悪口を言っている人は人を貶めるような行為も簡単にしてしまう事でしょう。

不安を煽る

どんなにしっかりしている人でも、自信に満ち溢れて居る人であったとしても必ず何か弱点と言うものがある物です。

仕事で全く隙の無い人も、家庭に帰れば何か問題があるかもしれません。

人によって弱点は違う物です。

それがあるからと言って、人間的に問題がある訳ではありません。

皆それぞれ色々な事を抱えながら生きているのです。

ですが、そんな弱い部分も見つけあえて不安を煽るような事をする人が居ます。

その人が弱る事によって得をするからこその行為の場合もあれば、単に面白いからしているという悪趣味な場合もあります。

不安を煽られた人は、普通ならしないような初歩的なミスをしてしまう事もあるでしょう。

自分らしく過ごす事が出来ず、心が落ち着かなくなってしまいます。

そんな人をする人が近くに居るようなら、今すぐ離れる事をおすすめします。

そうやって人の心をもてあそぶような行為をするよな人は、人を貶める事に対してもなんとも思って居ません。

その為、あなたにとってマイナスな存在になる可能性が多々あります。

自分の方が上アピール


人には、いい所もあれば悪い所もあります。

一見いい所しか見えず完璧に見えるような人にも、必ず欠点と言うものはある物です。

その欠点が目立つかどうかだけでしょう。

ですが、人はどうしても他人の方が優れているように見えてしまうものです。

例え全く違いが無かったとしてもです。

だからこそ、人はその違いを過剰に感じ劣等感を抱いたりするのかもしれません。

劣等感を抱くとどうしても卑屈になってしまったりなど、良い事はありません。

ムキになればなる程状況は良くない物へと変わってしまうでしょう。

だからこそ、他人からの挑発などは気にせず、自分の思うままに過ごす事が大切なのです。

世の中にっは、あえて自分の方が偉いとアピールしてくる人も居るでしょう。

そんな事をされれば、色々な事が気になりイライラする気持ちも分かります。

ですが、それは相手が幼稚なのでありイチイチ相手にする必要は無いのです。

そんな事をする人は、人の事を平気で貶めるような人かもしれません。

関係を解消してしまう事もおすすめします。

他人の不幸話を笑顔で聞く

確かに、先ほども紹介させて頂いたように他人の不幸は蜜の味という言葉がある程、他人の不幸話には一種の魅了があります。

笑いながら聞くような話では無い物の、ついつい興味深く聞き入ってしまうなんてこともあるでしょう。

多くの人がその心理を持っているからこそ、世の中からゴシップが無くならず多くの芸能ニュースが連日報道されているのでしょう。

ですが、それも皆笑いながら聞いている訳ではありません。

可愛そうと言いつつもついつい見てしまう。

そんな不思議な感覚なのでは無いでしょうか。

ですが、世の中の人の中には人の不幸を本当に笑いながら見るような人が居ない訳ではありません。

そういった方々は、きっと心の感覚がどこかおかしいのでしょう。

他人の気持ちは勿論、もしかしたら相手の気持ちを考える事すら出来ないのかもしれません。

人の気持ちを考える事が出来ない人は、酷い事も平気でする事が出来ます。

それを酷い事だと感じていないからです。

その為、身近に居る人々に対しても平気で貶めるような行動をしてくる可能性があります。

そうならない為にも、そんな人とは縁を切るべきでしょう。

欲求が強い

 
他人の事を貶めようとする人の場合、常に他人より有意に立って居たいという気持ちを強く持っている場合もあります。

その気持ちがある事によって、自分より少しでも上の立場に居る人の事を疎ましく思い、自分の目の前から排除したいと考えるのかもしれません。

本来、人間に上も下もありません。

どちらが上などという考え方は、当の本人が勝手にしているだけなのでしょう。

ですが、それを気にしない様にしようと思っても出来ない事もあります。

そんな人が、自分を認めて欲しい感情から相手を貶めるような事をするのでしょう。

自分をより評価して欲しいのであれば、他人からの評価を気にする必要などありません。

自分が努力すれば良いのです。

ですが、そんな風に考える事が出来ないからこそ、他人の足をひぱるような事をするのかもしれません。

退屈が嫌い

人間は、ゲームの道具ではありません。

誰かを楽しませる為に存在している訳でも無いでしょう。

ですが、世の中には他人の人生を翻弄して面白がるような人も居ます。

そうする事によって、自分の欲求を満たしているのかもしれません。

退屈は確かに嫌な物です。

何かして時間を潰したいと思うのも、自然な心理でしょう。

ですが、それによって他人の人生をもてあそぶような真似をする人は最低の人間です。

人間のクズと言っても過言では無いでしょう。

そんな人に目を付けられれば、無駄に辛い思いをする事にもなりかねません。

その為にも、まずは関わらない事が一番です。

例えそのターゲットが自分で無かったとしても、その標的がいつ変わるかは誰にも分からないのです。

ですから、自分に目が向く前に、まずはその人と距離を取る事をおすすめします。

自分の退屈しのぎの為に、他人を貶めるような事をする人はそう簡単に改心する事はありません。

だからこそ、関わらないのが最も得な方法なのです。

下手に関りをもってしまうと、後から後悔する事にもなりかねません。

表裏がある

世の中に、聖人君主のような人は居ません。

全く悪い心をもたず清く生きる事など、そう簡単に出来る事では無いでしょう。

ですが、それもあくまでも許容範囲無いです。

それが度を過ぎてしまえば、要注意人物として警戒する必要があるでしょう。

人を貶めるような人は、大抵表裏があります。

だからこそ、人を貶めるような事を平気でする事が出来るのです。

好き嫌いが激しい

好き嫌いは誰にでもある物です。

人間には様々なタイプが居るので、自分に合う人も居れば合わないひとも居ます。

それは悪い事ではなく、仕方のない事です。

子供の頃は、誰とでも仲良くしましょうと習って来ました。

ですが、実際そんな事は無理なのです。

ですが、嫌いだからと言って相手を攻撃する必要はありません。

自分が勝手に関わらないようにすればいいだけの話です。

ですが、相手を貶めるような事をする人の場合には、つい相手にちょっかいをかけたくなってしまうのです。

嫌いなら放っておけば良いものの、つい相手の事を考え、何かを仕掛けなくなるのです。

全ての人に好かれようとするのは無理な話です。

例え自分が全く悪く無かったとしても、勝手に嫌われる場合もあります。

そのせいで、相手から無駄に攻撃され貶められてしまうような事もあるかもしれません。

相手の気持ちをコントロールする事は出来ません。

その為、嫌われる事を100%防ぐ事は出来ません。

ですが、少なともあなたが嫌いな人を作らないと言う事は出来るかもしれません。

相手に嫌われていれば、自然と自分も嫌いになります。

だからこそ、他人を嫌う事をまずは止めてみましょう。

何も好きになる必要はありません。

嫌いにならなければ良いのです。

難しことですが、それをする事が出来るようになれば、大人として社会で生きていく際にも困る事が少なくなるでしょう。

上司に媚びる

他人を貶めるような行動を取る人の場合、自分の利益になるような事に対しては積極的に神行動する事が出来る傾向にあります。

必要とあれば、上司に媚びを売る事くらいわけないのです。

上司に気に入られる事によって、自分の将来を安定したものにしたいという考え方があるのかもしれません。

また、同僚よりも上司に気に入られるることによって、いいポディションを確保するつもりもあるのでしょう。

正に長い物に巻かれるタイプであり、策士として綿密な計画を立ててこその行動なのかもしれません。

自分の立場を守るためにはありとあらゆる事をするのです。

また、上司に気に入られる事によって、相手をより簡単に貶める事が出来るようにもなります。

自分の話を簡単に信用してくれる人が傍に居れば、さほど難しい事をせずとも相手を貶める事が出来るからです。

そこまでして相手を貶めたいと思うのかどうかは、一般の人には理解出来ない部分も多々る事でしょう。

しかしながら、そういう人間が居ると言う事もまた事実です。

わざわざ上司に媚びを売る必要はありませんが、少なくとも自分の悪口を聞いてもすぐには信用されないだけの関係性を作っておく事も大切な事なのかもしれません。

【媚びる人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

抜け駆けする

他人を信用していない人は、簡単に人を裏切ります。

だからこそ、人を貶めたりする事が出来るのかもしれません。

他人より自分を優先した結果、抜け駆けするような行動にでる人もまた、同じ事が言えるでしょう。

本当に友達だと思っているのであれば、必要な情報はお互いに共有しようとするはずです。

ですが、それをせずに自分の事だけを考えて優先する人は他人の気持ちを考える力が備わって居ない場合もあり、相手の事を考えるよりもとにかく自分の事を優先するのです。

だからこそ、人間として最低な人を貶めるという行為も平気で行う事が出来るのかもしれません。

他人に情報を与えない

相手を貶めるような行動を取る人の場合、常に相手の上に立ちたいと思っている傾向があります。

だからこそ、相手に特になるような情報を与えようとはせずに、自分の中だけで情報を確保してしまう事もあります。

仕事は本来チームで行うものです。

ですが、業種によっては成績を競うような事もあるかもしれません。

そんな時、少しでも相手の上に立ちたいからこそ、必要な情報を渡さないという暴挙に出るのです。

そうした、自分勝手な行動を取る人の場合はそれがエスカレ―トする事も十分に考えられるでしょう。

結果として、相手を貶めるような事をする事もあるかもしれません。

日頃生活している中で、相手の行動を信用する事が出来ない部分がある場合にはすぐにその人と距離を取る事をおすすめ致します。

噂話が好き

噂話が好きな人は、それだけ人の不幸が好きな人だとも言う事が出来ます。

ある程度の話であれば誰しも一度や二度は経験した事があるかもしれません。

ですが、なんでも感でも手あたり次第に話に首を突っ込み、噂話を聞きつけて来るような人には要注意です。

また、ただ自分が噂話をするのでは無く噂話をばらまくような人は更に注意が必要です。

それによって、人の事を貶めようとすれば簡単にする事が出来るからです。

その為、そうした人と一緒に居る際には自分も噂されていと覚悟しておきましょう。

だからこそ、その人の事を信用せず多くの事を話さないようにして下さい。

信用して話したこともすぐに筒抜けになってしまう可能性があるからです。

噂話が好きな人は、いつ敵になるかも分かりません。

その事を頭の隅に必ず置いておきましょう。

内緒の話をすぐ漏らす

人の秘密を握る事によって、相手より優位に立とうとする人も居ます。

最初はとても親切に近づいてきたのにも関わらず、気が付いたら自分の事をコントロールしようとしているなんて事もあるかもしれません。

さらに言えば、その事を利用してあなたの事を貶めるような行動を取る事だってあるかもしれないのです。

大事な秘密を話す際は、人を選ばなければなりません。

何も考えず、すぐに信用してしまっては後から後悔する事にもなりかねないでしょう。

そうならないようにする為にも、まずは自分自身がしっかりと相手を見極める力を付ける事も大切な事でしょう。

サラッと嫌味を言う

嫌味をいう人には、二つのパターンがあります。

それは本当に心のそこから思っていると言う事。

そうしてもひとつはあえて人が嫌がるような事をいうと言う事です。

他人が嫌がる事をあえていう事によって、その人の気持ちを逆なでする事が出来ます。

そうする事によって相手の可能性を邪魔する事が出来るのです。

嫌味を言ってくる人を、相手にする必要はありません。

例え腹がたったとしても何も言い返さず、無視する事が一番です。

相手にすればする程、相手は楽しんだり付け上がったりするかもしれません。

そうならない為にも、相手にしない事が一番いい方法なのです。

️人を貶める怖い人たち…

人を貶めるような事をする人は、人間として最低な人達です。

ですが、そういった事をする人たちは、見るからに性格が悪いという人は殆ど居ません。

大抵優しくていい人のふりをして近づいて来ることが殆どです。

人を貶める行為は、とても頭を使う物です。

そんな事をする事が出来ると言う事は、それだけ切れる人だと言う事。

性格的にも問題がる事を自分でも理解しているかもしれません。

そんな人の場合、自分をあえて相手に信用させて近づいて来ることもあります。

相手から信用を勝ち取る事によって、より的確に相手を貶める事が出来るようになるのです。

例えどんなに嫌いな人が居ても、そう簡単に人間を貶める事など出来ません。

勝手に心の中で下だと判断し貶める事は出来るかもしれませんが、社会手に貶めるにはそれだけの力が無ければ出来ず、ある程度近い距離の人間しかする事が出来ません。

その為、あなたが気が付かないうちに身近な人によって貶められている可能性がある事も否定出来ません。

気が付いた時には、取り返しの付かない事になっている可能性もある事でしょう。

だからこそ、人を貶めるような人には警戒し、自分の身は自分で守らなければならないのです。

貶めようという思惑にハマらないで!

人を貶めるような人は、とても頭がいい策士のような人です。

その為、最初から相手に警戒させるような事はしません。

きっととてもいい人のふりをして近づいてくる事でしょう。

そうして、あなたの信用を得る事によって、より的確に貶める行動にうつるのです。

人を信用する事は大切な事です。

常に疑ってばかりだと、本当に必要な友情も見つける事が出来なくなってしまう事もあるでしょう。

ですが、策士によってもし何か悪い噂を流されたり貶めるような事をされてしまったら、つい相手の人の事を疑ってしまうような行動にでてしまう可能性もあります。

うろたえ、どうしたら良いのか分からなくなってしまう事でしょう。

ですが、そレでは策士の思うつぼです。

あなたが策士の思惑通りに動けば動くほど策士は楽しくて仕方が無くなってしまう事でしょう。

よりあなたを貶める事に快感を抱く可能性もあります。

人間として最低な事ではあるものの、そんな最低な事をする人だからこそ、人の事を貶めるような事をするのでしょう。

だからこそ、策士の思惑にはまるような事をしては行けません。

まずは冷静に物事を観察してください。

まわりの人を見る際も、先入観はさけ誰がどんな行動をしているか冷静に判断する事も大切な事でしょう。

貶める行動をチェックしてなるべく避ける

自分の周りに居る人が、どんな人かを知る為にもまずは行動をチェックしてみてください。

そうして、もし怪しい行動をする人が居れば、その人から距離を取る事が出来るからです。

貶めるような行動をしてくる人に対して、あえて真向から勝負を挑む必要はありません。

もしそんな事をしたら、かえって相手の怒りを買うなど余計に面倒な事になりかねないからです。

自分に害が無い状況なのであれば、尚更先手を取る必要も無いでしょう。

相手の行動を考えそっと離れることが一番ベストな方法です。

️貶める行動をしがちな人の対処法

あなたは、自分の周りに居る人の事をそれだけ信用する事が出来て居るでしょうか。

沢山居る人の中には、どうも自分とは合わない。

あの人と居ると嫌な思いをするなんて事もあるかもしれません。

そんな感は、是非大事にしてください。

人間の第六感と言うものは、意外とバカに出来ない物です。

怪しいと感じる人からは出kだけ距離を取る様にしてください。

また、自分自身に直接的な害が出ない場合にも、他人の事を貶めるような行動を取る人がもし居たら、その人と距離を取る事は重要です。

関わらない

他人んを貶めるような事をする人とは、基本的に関わらない事が一番です。

相手を改心させようとしたり、反省させようとしても無駄な場合が多くかえって被害が悪化してしまうケースも否定出来ません。

また、そういった人はそもそもの性格が歪んでいる場合が多くその人を改心させようと擦っるのであればとてつもない労力が必要となる可能性が多々あります。

あなたがそこまで労力を使う必要はありません。

そっと離れてしまいましょう。

関わらないようにする事によって、相手につけ入る隙を与えないというメリットもあります。

余り関係が深く無い人を貶める事は難しく、疎遠な人がいくら騒いだからといって周りの人もそう簡単に騙される事も無いでしょう。

だからこそ、関わらない様にする事が一番です。

根回しする

どんなに他人の事を貶めようとした所で、他の人が信用してくれなければ貶める事は出来ません。

だからこそ、まずは周りの人を見方に付けることも大切な事でしょう。

例え、相手があなたを貶めようと行動したとしても、あなたの事を本当に信用してくれる人が居ればそんな話に騙されることはありません。

かえってその人の魂胆を見破る事が出来るかも知れません。

だからこそ、周りの人へのアピールは重要なのです。

ですが、アピールする相手を間違えると相手に隙を与えてしまう事になります。

一番信用していた人が、実は裏で手を引く張本人だったなんてこともあるかもしれません。

そうならない為にも、人を選ぶ際には慎重に行う事をおすすめ致します。

相手の行動を予想する

他人を貶めようとする人の場合は、とても頭が切れる人が多いとされています。

それだに、相手の行動を予測して対処する事は難しい部分もある事でしょう。

ですが、不可能な訳ではありません。

まずは、何事も冷静に考える事が大切です。

相手の気持ちに立ち、次はどんな行動をしてくるのかを予測しましょう。

そうして予測した行動に基いて行動を防ぐ様に心がけて行けば良いのです。

ですが、それをする事が出来る人も居れば出来ない人も居ます。

それをしようとしすぎるあまり、かえって相手の術中にはまってしまう事もあるでしょう。

自分が騙されやすいと感じる人の場合には、迂闊に動かない様にする事も、大切な事でしょう。

真に受けない

他人を貶める事が出来る人は、それだけ口が上手いと言う事です。

その為、ターゲットがあなたでは無かったとしても、多くの人に対して様々な話を曲げて伝えて来る事もあります。

その話を真に受けてしまっては、あなたも知らず知らずの内に他人を貶める事に繋がてしまう事もあるでしょう。

そうならない為には、相手の話しを真に受けない事が大切です。

相手の話を、話半分に聞く事によって自分の中で冷静な部分をもっておく事が出来ます。

そうする事によって、自分自身で正しいかどうかの判断をする事が出来るようになるのです。

どんな情報も、100%正しい物など存在しません。

必ずどこかに漏れがあり、誇張されている場合もあるのです。

だからこそ、自分で考えるスペースをキチンと確保しておきましょう。

あなたが知らず知らずの内にしてしまった行動によって、傷つく人が出る可能性も十分にあります。

自分がされて嫌な事は他人にしては行けません。

それは子供でも分かる事です。

そうならない為にも、相手の気持ちを考え冷静に行動しましょう。

自分の味方をつくる

自分の見方を持つ事は、無いよりも心強いでしょう。

もし、周りの人に誤解されてしまったとしてもたった一人でも信用してくれる人が居れば、勇気をもって行動する事が出来るからです。

味方は数が多ければいいと言うものでもありません。

本当に心のそこから信用する事が出来る相手なのであれば、その数が少なくとも全く問題はありません。

ですが、その味方を作る際は、冷静な判断が求められます。

相手の話を鵜呑みにしすぐに信用しては行けません。

もしかしたら、その人があなたを貶める張本人かもしれないからです。

その為、自分の周りにいる人を冷静に判断し、観察する事も大切な事でしょう。

自分に厳し意見をくれる人程、実は信用する事が出来る相手である可能性も多々あります。

いい言葉ばかりに耳をむけるのでは無く、本当に心のそこからあなたの事を思ってくれている人の言葉を大事にしてください。

️貶めるって人として最低な行為

人の事を貶める行為は、人間として最低な行為です。

そんな事をする人は、人として最低であり、関わる必要がありません。

ですが、そういった行動を取る人の多くはとても賢く一見するととてもいい人のように思える物です。

原因が分からず、落ち込むあなたに対して優しくこえをかけて来ることだってあるかもしれません。

その為、自分の周りに居る人を冷静に判断する事はとても大切です。

先入観をもたず、まず自分の周りに居る人をしっかり観察しましょう。

そうする事によって、怪しい動きをする人を見つける事が出来るかもしれません。

もし、相手が怪しい高度をしているのであれば、それをあえて追求する必要はありません。

そっと距離を取りましょう。

相手を改心させようと思っても、他人の不幸を面白いと感じるような人はそう簡単に心を入れ替える事はありません。

そればかりか、余計に事態を悪化させてしまう恐れもあるからです。

その為、離れる事が一番効果がある行動だと言えるでしょう。

自分に直接的な被害が無かったとしても、あなたが多くの情報を鵜呑みにする事によって結果として全く関係ない人を貶めてしまう事に繋がらないとも限りません。

自分が発する情報に責任を持ち、冷静に行動してください。