CoCoSiA(ココシア)

太ももフェチな男性が喜ぶポイントはコレだ!

太ももフェチな男性が喜ぶポイントはコレだ!のイメージ写真
「フェチ」とは、フェティシズムが略された言葉で、一般的に「異性の体や行動の一部が特に好きなこと」さらには「性的魅力を感じること」という意味で使われています。

友達の間で「何フェチ?」という話になるときもあると思いますが、そういう場合は、自分が特に魅力を感じる異性のパーツをあげたりしますよね。

女性の間でも、男性の腕フェチ、胸板フェチなど、男性らしいたくましいパーツなどに特に惹かれることがあると思います。

男性も女性に対して色々なフェチがあると思いますが、今回は太ももフェチの男性について紹介します。

この記事の目次

女性には理解不能…。太ももフェチの男性の心理とは?

女性の顔・胸・お尻なども、男性にとっては非常に魅力的なポイントになるそうですが、意外と多いのが太ももフェチです。

そもそも女性の脚が好きな人も多く、しなやかで美しいカーブを描く脚から、セクシーさや弾けるような若さ、色っぽさを感じたり、女性らしい繊細さを感じ、ちょっとした仕草の中で見える脚にドキドキすることも多いそうです。

その脚の中でも特に太ももは、フェチが多く、男性の数だけ好みが別れるとも言われています。

むっちりした肉感、スリムな太もも、筋肉質なたくましいもの、白くすべすべした太ももなど、女性からすると太いのが嫌だとしか思わない太ももでも、男性にはたまらないものらしいです。

太ももフェチの男性はこんな人

太ももフェチな男性
わかりやすい胸やお尻ではなく、太ももに特に注目し、性的魅力や女性らしさを感じるのは一体どんな人なのでしょうか?

フェチの中でも特にマニアックな方なのでしょうか?女性の中で太ももフェチという人をあまり聞かないだけに、どんな男性が女性の太ももを好むのか興味がありますよね。

芸術性が高い

女性の太ももを、美しい芸術品のように感じる人は、美しいものに対するこだわりが強いアーティステックな人です。

ですから、肌質から肌の色、筋肉のつき方から引き締まり具合など、自分の好みをはっきりと持っている場合が多いです。

女性の太ももなら言い訳ではなく、こういうのが自分の好み、もしくはここのラインが自分は美しいと思うと、明確なこだわりと、その人ならではのツボがあるのです。

一流の彫刻などをみると、肉感や筋が丁寧に表現されていて、人間の美しさに感銘を受けることがありますが、太ももフェチな男性は、それに似た感覚を抱くのかもしれませんね。

甘えん坊

甘えん坊な太ももフェチな男性
どんな男性にでもマザコン要素があると言われており、女性に甘えたいという潜在的な願望があります。

男性が甘える時におねだりするのは膝枕ですよね?それによって、女性の太ももの温かさや柔らかさを直で感じて癒されたり、安心感を感じることができるのです。

しかも膝枕中は女性は動けないので、自分が独占できるという満足感も男性にとっては嬉しいものらしいです。

普段はクールな男性でも、二人きりになった時に膝枕をお願いしてくるようなら、とことん甘えさせてあげましょう。

幻想好き

さらに女性に幻想を抱きがちで、自分の中で作り上げた女性像を崇めているような男性も太ももフェチの中に多いと言われています。

これは、芸術性が高いことと共通して、完璧主義でナルシストな性格の男性が多く、「美しいものしか認めない」という自分で定めた美の基準に叶うかどうかを厳しくチェックします。

ですから、自分が納得できるレベルの女性を見つけるとのめり込みますが、少しでも違和感を感じたり、理想と違うなら見向きもしないという極端な反応を示すことも多いでしょう。

太ももフェチの男性が喜ぶポイント

太ももフェチな男性は、美意識が高く、芸術的センスを持っていることがわかりましたが、そんな彼らを惹きつける太ももには、どんな魅力があるのでしょうか?具体的に男性が喜ぶポイントを見ていきましょう。

太すぎず細すぎない太もも

女性は細い脚を美しいと感じますが、男性の好みは女性とは少し違うようです。

ガリガリに痩せていたり、カモシカのような細い脚には魅力を感じず、ある程度のボリュームがある細すぎず太すぎない太ももがベストなようです。

この感覚は男性ならきっとすぐにわかるのでしょうが、女性が想像する場合には、自分の理想を2倍するくらいでもちょうどいいかもしれません。

もちろん太ももが擦れてしまい、隙間が全くないほどにお肉がついていたり、脂肪でぶよぶよ揺れるほどの太ももは男性でもいやだそうですが、ある程度お肉がついた、女性らしい丸みを帯びた太ももがより魅力的だそうです。

弾力

よく”ムチムチ”という形容詞を使って、太もも魅力を表しますが、その音から程よい弾力を感じ取ることができますよね。

押した時に、柔らかいのだけど、弾力があり少し跳ね返ってくるような感触です。

女性は男性に比べて、筋肉量が少なく、脂肪がつきやすいですが、太ももは特に筋肉と脂肪のバランスが最高のようです。

太ももには、表には大腿筋、裏にはハムストリング、内側には内転筋群いう体の中でも特に大きい筋肉があり、スポーツのみならず、日常動作でもよく使われています。

ですから、表面は脂肪がついて柔らかく見えますが、脂肪の下にはしっかりとした筋肉があり、適度なハリや弾力を維持してくれているのです。

魔の三角

魔の三角とは、脚をまっすぐ閉じた時にできる三角の隙間です。

美脚の証明とも言えるこの三角の隙間は、太すぎず細すぎない、ちょうど良いサイズの太ももであることの証拠ともなります。

確かに、隙間がなく太もも同士がピタッとくっついていると、ボテっとした重い印象になり、しまりのないだらしない脚に見えてしまいます。

しかし、微妙な隙間があると、それだけで足にメリハリができ、美しい引き締まった脚に見えるのです。

この隙間がショートパンツやミニスカートから見えると、男性はたまらないと感じるそうです。

引き締まった太もも

弾力がある太ももが好きというポイントと似ているかもしれませんが、ぶよぶよではない少し引き締まった太ももが理想とされています。

アスリートのように筋肉の形が浮き出たりする必要は全くありませんが、ある程度のトレーニングで鍛えられた程よく筋肉がついている脚は、同性から見ても美しいですよね?

膝枕をする時にも、頭が沈みすぎず、どしっとした安定感があり、寝心地が良いのはある程度筋肉がついている太ももです。