恋についてどのようなことを知っていますか?

初めて恋人ができたという人は、まずは幸せ絶頂の状態になるでしょう。

恋人の存在ができたということに対しての幸せ感もありますし、自分の思いが通じた瞬間を思い出すだけで嬉しくて仕方ないはずです。

ですが、その一方で、「付き合って何だ?」と思ってしまうこともあるのではないでしょうか。恋人ができて、その恋人と一度別れて家に帰ったときに、ふとこれからのことを考えて「恋とは何だろう」と思ってしまう人も少なくありません。

恋人が初めてできたという人は、恋が実るまでのイメージだけはしていますが、実際に両想いになってからはどうしてよいか分からなくなるということが珍しくありません。

それは初めてなら当たり前のことですよね。

告白したところで恋が終わるわけではないので、そこから先のことを知らなければうろたえて、どうしてよいのか分からなくなるのが普通です。

恋について何も知らない人は、まずはこれからのことについて勉強をしなければいけないでしょう。

ここでは、付き合ってからのことについて詳しくご紹介します。

️告白成功、いざ交際スタート!

告白が成功した瞬間ほど幸せなものはありませんよね。

自分の生活が大きく変わってしまう瞬間とも言えるはずです。

恋人というのは家族とも違う存在ですし、友人とは確実に違う存在です。

自分にとって、何よりも大切にしなければいけない存在ができるというのは、不思議な感覚ではありますが、それは幸せに違いない感覚なのです。

ところが、交際がスタートしてみると、意外と幸せなばかりではないことに気づくのではないでしょうか。

特に、初めて交際をする人は、「その後」のことを知らないということにも気づくかもしれません。

おとぎ話の中では「二人はそれからも幸せに暮らしました」と終わってしまう、その後にはいったいどのようなことが待っているのでしょうか。

でも付き合うって何をするの?


交際をスタートさせた瞬間ほど幸せなものはないと言っても、付き合うと言っても、そこから何をして良いのか分からないということもあるはずです。

そもそも「付き合う」というのは何なのか、何をするのが付き合うということなのかなど、分からないことばかりでしょう。

恋人が慣れている人なら身を任せることができるかもしれませんが、二人とも初めての状態ではどうしようもなくなってしまいますよね。

付き合うって何なの、と考えたときに、にっちもさっちもいかない状態になってしまうことは珍しくありません。

付き合ってから恋人としたいあれこれ

色々と考えてみると、片想いの時代に「付き合ったらしてみたいこと」を色々妄想していたのではないでしょうか。

恋人に直接妄想していた事実を言うのは恥ずかしいかもしれませんが、交際がスタートしたのなら、それを現実にすることができるのです。

あまりに夢のような話で、現実ではないような気もするでしょう。

ですが、交際するということはそういうことなのです。

好きな人といちゃいちゃすることもできますし、理想的なデートをすることもできるということになります。

付き合ってから恋人としたいあれこれを思い出してみれば、意外と自分の中に「してみたいことリスト」がいっぱいになっているのを見つけることができるのではないでしょうか。

まるで漫画や映画の中のようなことであって、それが自分の身に実際に起こることとは思えないかもしれません。

実際に、現実の恋人同士ではできないということもあるでしょう。

ですが、一般的なことであるのなら、それを我慢している必要はありません。

デートのプランなど、自分のしたいことをきちんと考えてみてください。

️付き合ってからすべき11個のこと


付き合ってからしたいと思っていることが何も浮かばない方もいるでしょう。

交際をスタートさせたときに、そんなことを考えられないくらいに幸せだという人もいるはずです。

ですが、だからと言って何もしなくても良いというわけではないですし、何かをしたいと思う気持ちはたくさんあるでしょう。

そんなときにどのようなことをすれば良いのか、いくつかのヒントをご紹介します。

恋人同士の付き合いはそれぞれ違いますから、必ずしも下記の項を実践する必要はありません。

自分の恋人と、どのようことをしたいのか話し合ってみるのも良いでしょう。

まずは下でどのようなことをするべきなのか、すると良いのかについて見てみてください。

お互いを知るためにたくさん話す

付き合ってからしなければいけないのは、まずはお互いを知るためにたくさん話をするということなのではないでしょうか。

相手のことを知らなければ、相手との恋愛を進めることなどできるはずがありません。

きちんとお互いのことを知れば、相手のことをさらに好きになることができるでしょう。

また、相手のことを知ることで、自分がどのようなことをしてはいけないのか、どのようなことをすれば喜ばれるのかということまで分かるはずです。

恋人になる前の関係が何年も続いているのなら話は別かもしれませんが、その場合でも、知らなかった一面というのは出てくるはずです。

縁が合って付き合うことができたのなら、相手のことをきちんと知ることができるようにしましょう。

付き合っているのに、相手のことを何も知らないというのでは寂しいですよね。

定番のデートスポットへ行く

定番のデートスポットに行くというのも楽しいですよ。

特に、初めての恋人同士という方は、そこに行くことで恋人同士になったということを自覚できるはずです。

最も、誰かと付き合い慣れているという方は、定番のデートスポットは飽きてしまっているかもしれません。

ですが、定番のデートスポットであっても、好きな相手と行くと新鮮な気持ちになるのではないでしょうか。

もちろん、恋人と相談してみることも大切ですが、行きたいと思っているところがあるのなら、そこに行ってデートスポットを楽しむのも良いでしょう。

また、恋人が定番の場所に行きたいと言っているときには、それを頭から否定しないように気を付けてくださいね。

2人にとっての初めて体験をたくさんする

恋人同士になるというのは新しい関係を築くということでおあります。

二人にとって初めての体験というのがたくさんありますよね。

誰かと手を繋いで見たことはあっても、二人でするのはそれが初めてということがよくあるでしょう。

だからこそ、二人にとっての始め手を思い切り楽しむことが大切です。

二人にとっての初めてというものは探せばたくさんあるはずです。

当たり前のようにそれを流してしまうのではなく、初めてのことは一度しかないと思って思いっきり楽しむのが良いですよ。

たくさん写真を撮る

たくさん写真を撮るというのも恋人らしくて良いのではないでしょうか。

写真というのは恋人同士でもなければなかなかとる機会がありませんよね。

また、思い出は一度きりしかありませんから、その一度をきちんと心に残しておくことが大切なのです。

たくさん写真を撮ることで、後から二人で色々なことがあったと振り返ることができるようになります。

写真嫌いの人でも二人で出かけた先で一枚は取るようにしておけば、恋人としての時間を思い出に残すことができますよ。

恋人との写真を整理する時間はまた幸せなものですよね。

折角付き合うことができたのですから、きちんと思い出を自分の中に残しておくためにも、たくさん写真を撮って相手との時間を記録しておくようにしておくと良いのではないでしょうか。

2人の間のルール作り

付き合い始めたのなら、新しい関係がそこにできます。

友人同士としての付き合いよりもずっと密に付き合うものになるでしょう。

それはとても楽しいものではありますが、必ずしも楽しいものであるとは限りませんし、そこにはルールが必要なこともたくさんあります。

恋人同士というのは、書類の内径役だと考えると良いでしょう。

相手との間に書類はありませんが、少なくとも付き合っているということは、相手の行動をある程度縛ることになります。

そこで、きちんと二人の間のルールを作っておくことが必要でしょう。

作るべきルールの種類は以下のようなものになります。

お金の支払い

お金の支払いはきちんと考えておかなければいけません。

金銭関係というのは、トラブルになると百年の恋も冷めるような状態になりかねません。

最初からそんなことを考えるのは嫌かもしれませんが、きちんとルールを作っておくことでトラブルがなくなるでしょう。

お金の支払いをきちんと決めておきさえすれば、デートのたびにお互いにどうしてよいのか分からなくなるということもなくなるはずです。

ルールを作る場合には、取り敢えず、どちらかが損をするということがないようにしてください。

お互いに対等な関係でいることができるようなルールを作るのが一番です。

異性との交友関係

感がなければいけないのは異性との交遊関係もそうですね。

異性との交遊関係というのは、付き合っていない間には自由にすることができますが、誰かとの交際をスタートさせたのなら、異性との交遊関係は限定しなければいけません。

相手がどこまで許してくれるのか、どこから浮気のラインになるのかということは、きちんと決めておきましょう。

自分が浮気ではないと思っていても、相手が浮気だと思ったら、それは浮気になってしまいます。

相手にどんな付き合いをしてほしいのか、どのようなことはしてほしくないのかということは、きちんと事前に宣告しておくことが必要です。

どのようなことをされると不快なのか、というのは最初に伝えるにはあまりにネガティブな話ではありますが、最初に告げておくことで、付き合いを曖昧なままにしなくて済むようになります。

きちんと相手との交際関係を魅力的なものにするために、異性との交遊関係についてのルールは決めておいてください。

連絡をマメにする

付き合い始めたのなら、連絡をきちんとマメにするようにしましょう。

恋人になるということは、相手のことをもっとよく知る権利を得たということになります。

さらに言えば、恋人として相手の生活に関わることを許されたということでもあります。

お互いに、お互いがどのようなことをしているのか、どのような生活をしているのかを知るためにも、きちんと相手と連絡を取るようにしましょう。

連絡をマメに取っていることで、心の距離が開いてしまうということもなくなります。

連絡がなければ、相手がどのようなことをしているのか分からなくなりますよね。

それでは、恋人として寂しいのではないでしょうか。

負担にならない程度にはしっかりと連絡を取って、心の距離が開かないようにすることが大切です。

誕生日や記念日をお祝いする

記念日をどのように扱うのかということは、人のよってスタンスは違いますよね。

ですが、誕生日や記念日をお祝いして嫌だと感じる人はいないでしょう。

相手の誕生日を忘れると相手に起こられてしまうこともありますので、きちんとチェックしておくことにしてくださいね。

また、付き合って一年目の記念日などは忘れないようにしておいた方が良いでしょう。

記念日のお祝いの方法なども二人で話し合った方が良いとは思いますが、最初は手探りの状態であったとしても、自分がお祝いをしたいと思っているのなら、きちんとお祝いをすることが良いですね。

負担にならない程度に記念日や誕生日も楽しむことが一番です。

2人の距離を近づける

せっかく付き合っているのなら、二人の距離を近づけるようなことをするのはとても大切ですよね。

二人の距離が近付かなければ付き合っている意味がありません。

付き合うということは、それまでよりもさらに近い距離に行くのを許されるという意味でもあります。

恋人同士になったのなら、遠慮する必要はありません。

思いきり相手との距離を近づけてみましょう。

最も、いきなり何でもできるというわけではありませんから、少しずつ相手との距離を近づけられるように頑張ってみましょう。

手を繋ぐ

二人の距離を近づけるためには、まずは手をつなぐところから始めてみましょう。

手をつないでみれば、相手との距離がぐっと近くなったのを感じることができるのではないでしょうか。

手をつなぐことによって、相手との接触が許される関係性になったということが自覚されるはずです。

手をつないで歩いて、恋人同士の指の絡め方をしてみてください。

最初は少し恥ずかしいかもしれませんが、そんな恥ずかしさも付き合ってすぐのころでなければ味わうことができません。

その時間のことを楽しんでくださいね。

腕を組む

手をつなぐのも良いですが、相手と腕を組むというのも良いですね。

腕を組むのは手をつなぐよりも接触が少ないように感じるかもしれませんが、その分だけ身体の距離が近くなります。

相手の体温を感じることもできますから、おすすめですよ。

キスをする

キスをするというのももちろん良いですね。

恋人同士として初めての時には緊張するかもしれませんが、ワンステージ上に行けたような気になるのではないでしょうか。

心の距離もぐっと縮まりますから、すぐには無理でも、恋人として挑戦してみるのは良いことだと思います。

相手の友人関係を知る

恋人同士になったのなら、共通の友人ができるでしょう。

そのためにも、相手の友人関係を知るということも大切なはずです。

相手の友人関係にどのような人がいるのか、相手がどのような人と知り合って来たのかというのは、相手の人柄を知るという意味でも他とても大切なはずです。

友人に紹介する

恋人同士であるのなら、友人に紹介するということも必要かもしれません。

友人に自分が恋人として付き合っている人を紹介するというのは、とても緊張するものではありますが、同時にとても誇らしいものですよね。

恋人にしてみても、自分が友人に紹介されるというのはとても嬉しいものであるはずです。

なぜなら、「友人に紹介できるくらいに自慢の恋人だと思われている」ということを自覚することができるからです。

付き合っているのに誰にも紹介されないというのは不安なものです。

恋人のためにも、自分の大切な友人には紹介しておくと良いかもしれませんね。

相手の家族の話を聞く

付き合っているときになるのは相手の家族の話ですよね。

年齢にもよりますが、ある程度の年齢になってからの付き合いの場合には、相手の家族ともかかわることがよくあるでしょう。

将来的に結婚を見込むような年齢になってからのお付き合いの場合には、特に、将来の付き合いのことも視野に入れておかなければいけません。

相手の家族について何も知らないままでは、何かあって急に会うときに動揺してしまいますよね。

軽くは相手の家族の話を聞いておくのが一番ですね。

どのような家族構成であるのかというのはもちろんですし、家族がどのような人たちであるのかということももちろん知っておくと良いでしょう。

️付き合ってから気をつけたいこと

付き合ってから色々なことをするべきですが、してはいけないこともあります。

付き合い方は色々考えなければいけませんし、恋人同士によって付き合い方は違うものです。

ですが、してはいけないことはどんなカップルでも同じでしょう。

「これをしてしまうと恋人同士としての関係が壊れてしまう」ということもあるのです。

以下にしてはいけないことを挙げるので、これらはしないように気を付けてください。

また、恋人がしてくるようなら、二人で付き合い方について考えてみた方が良いかもしれませんね。

付き合っているからと言って何でもして良いというわけではないということを覚えておきましょう。

連絡頻度を極端に落とさない

恋人同士になると、連絡頻度が極端に落ちてしまうというカップルは少なくありません。

恋人になった安心感から、それまでの熱を保とうという気持ちがなくなってしまうのです。

これは問題ですよね。

恋人になってからが本番だというのに、相手との家系が安定したということが原因で、連絡頻度が落ちてしまい、恋人になってからの温度がそれまでよりも落ちてしまうのです。

付き合う前というのは、連絡手段を使って相手とのつながりを保っていることに必死でしたよね。

恋人という関係になってしまうと、そんなものを頻繁に使っていなくても実際に会う権利がありますし、デートもできます。

そのため、必死に相手と連絡をしている必要がなくなってしまうのです。

そのために連絡手段が落ちてしまうことはよくありますが、それでは相手との距離が空いてしまうはずです。

相手との距離が開いてしまうというのは問題で、それでは恋人の関係を保つことができなくなります。

連絡頻度はあまり落とさないようにして、それまでのエネルギーを付き合ってからも保つことができるようにしておいてくださいね。

気を許しすぎて油断しない

恋人同士になると、相手との関係が安定したように思えてしまいます。

実際には、付き合ってすぐというのは、あまり関係性は安定していません。

付き合って何年もたっているカップルなら安定した関係であると言えるかもしれませんが、付き合ってすぐの時期には、相手のこともよく分かっていませんし、自分たちの関係がどのようなものになるのかということを自分たちでも分かっていないはずです。

そんな関係の時には、気を許しすぎないということも大切です。

もちろん、相手の心を開くことは大切ですが、相手との関係の中で気を許しすぎていると、対油断が生まれてしまいます。

相手の優しさや愛情に胡坐をかくようなことをしてしまう可能性もあるのです。

そのような状態になってしまっては恋人同士の関係は続けられないですから、気を許しても相手との関係に油断して、関係が拗れるようなことをしないように気を付けてください。

自分の生活軸を崩さない

恋人ができると、つい、恋人が生活の中心になってしまうということがよくあります。

何をするにしても恋人のことしか考えられない状態になるのです。

それは、自分の生活軸を乱すということにもなります。

自分の生活軸が乱れてしまっては、それまでと同じようなことはできなくなってしまいますよね。

恋人の所為で自分の生活が壊れてしまっては、だんだんと付き合っていること自体が苦しくなってしまうでしょう。

もちろん、心の中心に恋人のことを置くのは悪くないですが、全ての生活の中心を恋人に置いてしまうのは話が違います。

自分の生活軸を変えるのは相手と同性をしたときだけです。

恋人ができたからと言って、自分の仕事も学業も変わりはないでしょう。

自分の生活、自分の人生を崩すことがないように気をつけながら付き合うようにしてくださいね。

貢ぎすぎない

貢ぎすぎないということも大切です。

恋人というのは対等な存在であることが大切なものです。

そこに金銭的な関係が合ってはいけません。

恋愛は対等な二人がするからこそ楽しいのです。

そこに相手への金銭関係が生じると、対等な関係が壊れてしまうのではないでしょうか。

相手との関係に上下関係ができると健康的な恋人同士には慣れません。

相手の言うことを聞かなければいけない気持ちにもなりますし、逆に「これだけしてあげているのに、どうしてこれしか返してくれないの」と不満がたまる原因にもなります。

相手に貢ぐのは、楽しいこともあるかもしれません。

ですが、恋人同士の中でやりすぎていると、何をしたいのか分からなくなってしまいます。

時折プレゼントをしたり、時折は奢ったりすることが大切かもしれませんが、相手に貢ぐようなことをしていると恋愛感情がだんだんと薄れて行ってしまうでしょう。

何でも許しすぎない

恋人のことは大切だからこそ、何でも許したくなってしまうということもあるでしょう。

何でも自分にできることならしてあげたいと思うかもしれません。

それは確かに大事なことではあるはずです。

恋人は自分の生活の中でも一番大切な存在という人が多いでしょう。

ですが、だからと言って何でも許しすぎるというのはおかしいですよね。

人は誰しも、触れられたくないとことが必ずあるはずです。

絶対にそこに触れてほしくないというところもありますし、また、これはしたくないと思っていることもあるでしょう。

相手のことが好きだから、相手に嫌われたくないからと言って何でも許しすぎるのは話が違うはずです。

相手のことが好きだからと言って何でも許しすぎないように気を付けてくださいね。

過度な束縛をしない

恋人ができると、対相手のことを束縛したくなってしまうものです。

恋人から少し束縛されるくらいがちょうど良いと思っている方もいるかもしれません。

確かに、相手から焼餅を焼いてもらうと嬉しいですよね。

ところが、それは適度な束縛の場合のみです。

中には相手が他の人に近づくのさえ嫌だと考える人もいるでしょう。

過度な束縛の場合には相手を疲れさせてしまいます。

また、相手との関係を築くことが嫌になってしまいます。

過度な束縛をすると、束縛をした分だけ相手の心が離れて行ってしまうと考えましょう。

相手の行動を縛ることができても、相手の心は縛ることができないものです。

自分の行動が相手にとって重くないのかどうか、というところはきちんと見分けなければいけませんね。

しっかり報告をする

しっかりと報告をすることは絶対に必要ですね。

報告を怠ることがないように気を付けてください。

信用している人からしてほしくないことの一つに、「事後報告であること」があります。

さらに人を腹立たせるのが「ほかの人からの報告を先に聞くこと」があります。

事後報告というだけでも腹が立つのに、その報告を他の人から先に受けると恋人のことを信用できなくなってしまうでしょう。

事後報告をしようとしていると、他の人に先を越されてしまう可能性があります。

事前に報告することができれば一番良いですが、大事なことであり、事後報告になってしまう可能性があるのなら、すぐに報告するようにしてください。

恋人のことをないがしろにしているわけではなく、事後報告になってしまった理由もきちんと言えると良いでしょう。

仕事の中では報連相が大事であると言われますが、それは恋人同士の関係性の中でも同じだということを覚えておいてくださいね。

過去の恋バナはしない

過去の恋バナはしないということも大切かもしれませんね。

もちろん、これは恋人によっても異なるでしょう。

かなりあっさりした付き合い方をすることができるカップルであるのなら、過去の恋バナについても軽く話をすることができるかもしれません。

ですが、そんなカップルであったとしても、「過去の幸せな恋の話」は聞きたくないと思ってもおかしくはありませんよね。

過去の恋の話をすることで相手の嫉妬した姿を見ることはできるかもしれませんが、こじらせすぎると、恋人との関係が壊れてしまいます。

恋人とのバランスの良い付き合いができており、かつ相手のことを知るためにあっさりと話をするくらいは良いかもしれませんが、それ以上の深いことは控えておいた方が良いでしょう。

相手と深い付き合いをして、長く付き合ってから間合いの分かっている中で話をするのと、付き合ってすぐに話をするのでは話が違います。

あまり深いことを離さないようにして方が良いでしょう。

️付き合ってからの最初が肝心!

いかがでしたか?

付き合ってからしなければいけないこと、してはいけないことについて理解することができましたでしょうか?

恋人ができるというのはとても嬉しいことですよね。

相手のことを好きになって、それが自分のものになるというのは言葉にすることのできないような幸せを感じるでしょう。

恋人ができるという感覚は、何度も経験していれば慣れてしまいますが、初めての人にとっては全てが胸高鳴る瞬間のはずです。

ですが、そんな人の場合には、これからのことについて想像がつかないのは当たり前です。

そんなときには、上記のようなことに気を付けて交際をスタートさせるようにしましょう。

最初は全てがすんなりいくわけではないと思われますが、お互いに慣れていないのなら、それは当たり前のことですから気にしなくても良いでしょう。

「恋」は「片想い」のイメージがありますが、実際には「恋」は「両想い」になってからが本番です。

片思いから両想いになった人は、そこがゴールだと考えずに、そこから先のことをきちんと考えるようにしてくださいね。

付き合い始めるところでエネルギーが切れてしまわないように、常にきちんと未来を見るようにしましょう。

最も、そこで恋人のことを見るのを忘れてしまっては論外です。

両想いになってからは、恋は二人で作るものとなります。

二人で「付き合ってから」のことをきちんと考えるようにしてくださいね。

【付き合いたてのカップルが気を付けたほうが良いことは、こちらの記事もチェック!】