CoCoSiA(ココシア)

AB型あるあるを29個まとめました。いくつ当てはまる?


高校生の時に血液型と輸血の関係について友達と議論したことを覚えています。

その時に、仲が良かった友達の血液型がO型で、わたしはA型だったのです。

O型の友達はわたしに輸血できますが、A型のわたしの血液はO型の友達には輸血できないということで、友達が不公平だと文句を言っていたことを覚えています。

大学生になってからも、血液型で性格が決まっているとか、恋愛の時に血液型の相性もあるとか、血液型の話題は尽きませんでした。

社会人になってからも、居酒屋でみんなと飲んでいる時に、血液型によって考え方や性格が違っていることを話題にしたものです。

「あいつは、A型だから几帳面だし、彼女はO型だから部屋も散らかっているらしいとか、好き放題に血液型と個性を関連づけていたのでした。

その当時は、A型は堅実派で、B型は天才肌、O型は天真爛漫、AB型は変わり者という性格判断でした。

血液型の性格判断の書物は多く、その記述と多少違っているかもしれませんが、私たちの仲間ではそのように理解していたのです。

日本人は、血液型による性格診断とか相性診断、恋愛診断などが大好きです。

企業でも、プロジェクトチームのメンバーの血液型にも関心を持っているところもあるようです。

日本人の血液型のおよそのバランスは、A型40%、O型30%、B型20%、AB型10%と言われています。

A型とO型で占めないようにB型とAB型を混ぜると、チームの活性化が進むそうです。

海外では、あまり血液型による性格判断には興味がないようです。

欧米では、星占いが主流になっています。

その理由の一つは、日本人のように血液型がバラついていないようです。

例えば、イギリスでは国民の90%弱がA型とO型で占めていて、B型が8%とAB型が3%と圧倒的に少ないためだそうです。

さらに、ブラジル人(ネイティブのインディオ民族系)では、O型が100%となっていて、A型もAB型もB型もいないのです。

この理由は、500年ほど昔に梅毒が流行し、この病気に強い耐性を持っていたO型の人間のみが生き残ったようです。

O型同士の結婚では、O型の子供しか生まれないので、この血統が長年続いているようです。

こんな海外の事情を見ながら、日本人に少ないAB型あるあるをまとめてみました。

AB型は個性的?不思議ちゃんの特徴を覗いてみよう

血液型のなかでも、もっとも少ないタイプのAB型ですが、少ないゆえにAB型男女に色々な噂が絶えません。

日本人にはAB型の割合が多いのですが、世界的に見てもAB型は世界人口の約5%ほどしか存在しないようで、世界的にも週数派の血液型なのです。

AB型の人間は、二重人格であるとか個性的過ぎて変人扱いをされる時もあるとか、個性的な性格であることは間違いなさそうです。

二重人格と言われる理由は、単純ですがAB型とはA型とB型の二つが合わさっていると考えられるからです。

B型が持つ行動的で活発な性格と、おっとり慎重な性格のA型の性格もあるので、その時にどちらの性格が表に出るかで変わると言うのです。

普通の状態ではA型のクールなイメージが先行しているのですが、集中したリ興奮してくると感情をコントロールできないぐらいに感情が高まることがあるようです。

友人の中でもAB型の人を見つけるのが珍しいくらいで、AB型の友人曰く献血センターに献血に行ったところ、センターのみんなが大歓迎してくれたそうです。

献血の時には気持ち良く過ごせるのが唯一の利点だそうです。

血液関連でもう少し書くと、AB型にもトランス型とシス型の二種類あるそうです。

一般的なのはトランスAB型で、この人が結婚して子供が生まれる時には、配偶者がA、B、AB型の場合は子供はこの3種類の血液型の可能性があるのです。

そして、O型の配偶者との間では、OとAB型の子供は生まれません。

全てAかB型なのです。

しかし、シスAB型の人は、O型の配偶者との間の子供にはAB型とO型の子供が生まれる可能性があります。

もしも、AB型の人がO型の人と結婚してO型やAB型の子供が生まれた時は、あなたは貴重なシスAB型ということなのです。

トランスとシス型の違いは、染色体の配置の違いだけで、性格とは関連しないのでこれ以上は説明しません。

そんな事もあってか、何かと分からないことだらけで、AB型の人は不思議ちゃんとも呼ばれているようです。

そんな不思議ちゃんですが、特徴についてまとめてみました。

AB型あるある29選

AB型の人は、周りの人と上手く付き合うことができる性格の持ち主です。

男性も女性も愛想が良くて、初めての人とも気軽に話ができるようです。

どんな時でも冷静に相手を見ているので、相手がどんなことを考えているのか、何を求めているのかなどを、とっさに判断することが得意です。

いろんな性格の人が集まる時でも、公平に接することができて、集団の方向性を作り上げることもできます。

みんなをまとめることができる性格なのです。

そして、その場の雰囲気づくりに貢献できるので、社交的だと思われるのです。

しかし、何かのテーマで議論が始まると、ついつい自分の感情を抑えることができない時が合って、相手に対して思いのままを端的に意見を言う時があります。

自分では、気を配っているつもりなのですが、相手にとっては欠点をズバリとついてくる攻撃的な人間と思われてしまい、嫌われる時もあるのです。

こんなに不思議なAB型の人間ですが、もう少し細かく特徴を考えてみました。

知識欲が旺盛

AB型の人は、何事にも熱心に一生懸命に取り組むのです。